フェイスクリームおすすめ人気ランキングTOP10!プチプラアイテムも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • 肌悩みにあわせよう
      →製品ごとに配合成分が異なるため、向いている肌質や肌悩みにも違いがある。自分の肌質・悩みに応じて最適なものをチョイスしよう。
    • テクスチャー(クリームの硬さ)をチェック
      →ゆるめでやわらかいものから硬めのものまで製品ごとにテクスチャーが異なるので、使用感が好みにあうかどうかも事前に確認しておこう。
    スキンケア クリーム 笑顔

    乾燥から肌を守りなめらかに整えるフェイスクリームは、スキンケアに欠かせないアイテムのひとつです。
    「フェイスクリームはいろいろなメーカーから売られているけれど、正直どれを選べばいいのかわらかない……」と悩んでいる方のために、選び方のポイントやおすすめのクリームを紹介します。

    フェイスクリームの正しい使い方もマスターして、毎日のスキンケアを見直しましょう!

    目次

    フェイスクリームの基礎知識

    クリーム7

    洗顔後の肌を保湿する基礎化粧品は、化粧水・美容液・乳液などさまざまな種類があります。
    今回紹介するフェイスクリームとはどんな役割を持つのか、ほかの基礎化粧品との違いは何なのかを解説していきましょう!

    フェイスクリームとは?

    顔を保湿するために使うフェイスクリームとは、油分をベースにした基礎化粧品のことです。
    フェイスクリームは化粧水などで肌を整えたあと、スキンケアの最後に仕上げとして使用します。

    化粧水や美容液は水分や美容成分を肌に与えるのが役割であるのに対し、フェイスクリームは潤いを閉じ込めるのが役割。
    スキンケアの最後に油分で保護することで、水分の蒸発を防ぎ乾燥から肌を守ってくれるのです。

    フェイスクリームの人気ブランド

    国内外問わずさまざまなブランドから発売されているフェイスクリームですが、なかでも人気のブランドをご紹介しましょう。
    保湿や美容効果を実感できると人気なのは、以下のブランドです。

    • 資生堂 エリクシール
    • SK-II
    • キールズ
    • ファンケル
    • ルナメア

    これらのブランドは3,000円~購入できるフェイスクリームを取り揃えています。

    「毎日使う基礎化粧品は価格の安さにこだわりたい……」という方は、下のプチプラブランドに絞って選ぶといいでしょう。

    • ルルルン
    • ニベア
    • キュレル
    • なめらか本舗
    • セタフィル

    フェイスクリームをはじめて買うならここを必ず押さえよう

    肌に潤いを閉じ込めて乾燥をブロックするフェイスクリームは、製品ごとに使い心地や肌への効果が異なります。
    満足できるフェイスクリームに出会うためにも、選び方のポイント3つをチェックしておきましょう!

    ① 肌悩みにあわせよう

    スキンケア乾燥

    フェイスクリームは製品ごとに配合成分が異なり、向いている肌質や肌悩みにも違いがあります。
    皮脂分泌が多い肌でも使いやすい、ジェルに近いあっさりしたものや、超乾燥肌向けのこってりしたものなど、製品によって保湿力に差があるのです。
    皮脂が多い肌に油分を与えすぎると、ニキビや肌荒れの原因となってしまうため、オイリー肌・混合肌の方の場合はさっぱりとしたフェイスクリームを使いましょう。

    逆に皮脂の分泌量が少なく肌表面がカサついてしまう乾燥肌の方は、美容オイル成分をたっぷり含んだクリームがおすすめ。
    皮脂不足のせいで粉をふくように乾燥しているなら、皮脂のかわりとなって肌を守ってくれるホホバオイルやスクワランを配合したクリームを選ぶといいでしょう。

    ② テクスチャー(クリームの硬さ)をチェック

    クリーム

    フェイスクリームはジェルのようにゆるめでやわらかいものから、バターのように硬いものまで製品ごとにテクスチャーが異なります。
    肌に直接のせる基礎化粧品は、使用感が好みにあうかどうかも選ぶうえで大切なポイントです。

    表面にベタつきが残るフェイスクリームが苦手なら浸透性のよいものを選びましょう。
    分子を細かくしたナノ化成分(加水分解ヒアルロン酸や加水分解コラーゲンなど)やカプセル成分を配合したものは浸透が比較的早く、肌表面にベタつきが残りにくいです。

    あっさりしたフェイスクリームだと満足できない方は、しっとり感を得られるオイル成分を配合したものがおすすめ。
    硬めでしっとり感があるフェイスクリームが好みの方は、シアバターやカカオバターなどの天然油脂を配合しているものを選ぶといいでしょう。

    【こちらもCHECK】シアバターに関連するおすすめ記事はこちら

    シアバターとは?効果や使い方についても

    2018.07.25

    シアバターおすすめ人気ランキングTOP15!効果や使い方も【2018年最新版】

    2018.03.09

    シアバターのハンドクリームおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.30

    フェイスクリームの上級者目線の選び方

    スキンケアの最後に使用するフェイスクリームは、選び切れないほど数多くの製品があります。
    「確実に満足できるクリームが欲しい!」と本気で考えているなら、上級者目線の選び方も取り入れてみてください。

    毎日のスキンケアがもっと楽しくなる、3つの選び方のコツを紹介します。

    ① 香り成分に注目!

    香油 ラベンダー オイル

    フェイスクリームには香料成分が配合されいるものと、そうでないもの(無香料)があります。
    香り成分はスキンケア時のリラックス効果を高め、心の疲れを癒してくれるのが大きな魅力ですが、体質によっては香料にアレルギー反応を起こしてしまうことがあるため注意しましょう。
    香料に反応しない体質であれば問題ありませんが、過去に香料を配合した化粧品でニキビや肌荒れなどのトラブルが発生してしまった方は無香料の製品を選んでください。

    ② 有効成分をチェックしておこう

    EGF配合化粧品

    フェイスクリームのなかには、厚生労働省が認可した有効成分(薬用成分ともいわれる)を配合している製品があります。
    これらの成分を配合している化粧品は、パッケージに「医薬部外品」または「薬用化粧品」と記載され、効果が明記されているので、「肌荒れをケアしたい」「美白ケアをしたい」という具体的な目的がある場合は、その悩みに応じた有効成分を配合したフェイスクリームを選びましょう。

    市販されているフェイスクリームに配合されることが多い有効成分と特徴は、以下の通りです。

    • グリチルリチン酸ジカリウム……抗炎症効果を持ち、ニキビや肌荒れケアに向いている
    • トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)……皮膚の血行アップ効果と抗酸化作用により、ニキビや肌荒れをケアする
    • ビタミンC誘導体……シミやくすみのもとになるメラニン色素の生成を抑制する美白成分
    • トラネキサム酸……メラニン色素の生成を抑制する美白効果に加え、抗炎症効果も持つ

    ニキビや肌荒れをケアしたい方は、抗炎症効果や抗酸化作用がある成分を配合したクリームがおすすめ。
    普段から紫外線を浴びる機会が多い方は、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸などの美白有効成分を配合したフェイスクリームを選んでください。

    【こちらもCHECK】美白クリームに関連するおすすめ記事はこちら

    プチプラの美白クリームおすすめ人気ランキングTOP5!顔にもボディにも使える【2018年最新版】

    2018.01.11

    美白クリームおすすめ人気ランキングTOP15!保湿&プチプラで選ぶ商品と効果についても【2017年最新版】

    2017.12.08

    ③ 季節にあわせたクリーム選びを意識する

    女性 秋 ニット

    日本は季節ごとに気温や湿度が大きく変化するため、必要なスキンケアもその都度変わることを覚えておきましょう。
    気温と湿度が高くなる春~夏は皮脂の分泌量が増え、ベタつきやテカリが出やすくなります。
    この季節に油分を過剰に与えてしまうとニキビや肌荒れができやすいため、夏季はさっぱりしたフェイスクリームがおすすめです。
    皮脂の分泌量が多いオイリー肌や混合肌の方は、夏場は水分の割合が多いジェルクリームを使いましょう。

    気温と湿度が下がりはじめる9~10月になると、夏向けのスキンケア製品では保湿力が物足りなくなってきます。
    「同じものをいつも通り使っているのに、最近乾燥してきた……」と感じたら、保湿力がより高いフェイスクリームに変えましょう。
    皮脂分泌量が減って肌表面がカサついてきたら、油分の割合が多いこってりしたフェイスクリームに切り替えてください。

    【こちらもCHECK】保湿ジェルに関連するおすすめ記事はこちら

    保湿ジェルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.12

    フェイスクリームの最安値と価格帯の特徴一覧

    スキンケアの仕上げに使うフェイスクリームは、製品ごとに価格に大きな開きがあります。
    予算をあらかじめ決めてからフェイスクリームを選びたいのなら、価格帯ごとの特徴をチェックしておきましょう!
    初心者におすすめなのは、1,500~4,000円の価格帯です。

    この価格帯は選択肢が広く肌悩みにあわせてチョイスしやすいため、「とにかく安いものが欲しい!」というこだわりがなければ、最低でも1,500円以上の予算を用意しておくといいでしょう。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約500円~1,500円~4,000円約10,000円~
    特徴ドラッグストアやバラエティストアなどで販売されているリーズナブルなフェイスクリームは、1,000円を切る製品が多く並んでいます。資生堂やコーセーなど有名化粧品ブランドから発売されている製品が多く、ドラッグストアや化粧品コーナーでは美容部員(ビューティーカウンセラー)に肌悩みを相談しながら選べる場合もあります。
    製品の数が多いため肌悩みや好みの使い心地にあわせて選びやすく、初心者におすすめの価格帯です。
    百貨店コスメ(デパコス)のフェイスクリームは高価で、ハイブランドになると10万円を超える製品もあります。

    フェイスクリームおすすめ人気ランキングTOP5

    肌に油分の膜を作って保護するフェイスクリームは、数え切れないほどのブランドから発売されています。
    「多すぎてどれを試せばいいのかわからない!」という方のために、人気のフェイスクリーム5個の特徴や使い心地を徹底解説。

    配合されている保湿成分をもとに「保湿力」を、肌なじみがいい成分を配合しているかどうかで「浸透力」を分析!
    基礎化粧品を選ぶうえで必ずチェックしておきたい「コストパフォーマンス」は、内容量と値段から評価を算出しました。
    使い心地や美容効果の違いを比べて、今の肌状態にあうフェイスクリームを見つけてください。

    5位 SK-II R.N.A. パワー ラディカル ニュー エイジ

    保湿力
    浸透力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:80g
    主な保湿成分:ガラクトミセス培養液、ナイアシンアミド、シアバターなど
    有効(薬用)成分:‐
    テクスチャー:やわらかく伸びがいい質感
    香料:あり(紅茶のような香り)
    向いている肌質:乾燥肌

    高級スキンケアブランドとして世界中で人気があるエスケーツーから発売されているこのクリームは、乾燥によるダメージを感じている方におすすめです。
    肌のキメを整えるブランド独自の成分「ピテラ™」とナイアシンアミドが、潤いとハリを与えふっくらした印象に導きます。
    乾燥が進んだ肌をしっかり保湿するシアバターを配合しており、浸透はやや遅めで、ゆっくり肌になじんでいく使い心地と、しっとり感が残る仕上がりが特徴です。

    表面がカサついて肌のツヤがないことで悩んでいる方や、さっぱりしたフェイスクリームでは満足できない方にぴったり。
    単価が高くコストパフォーマンスの評価は低いものの、保湿力や独自成分による美肌効果を実感しやすいのがおすすめポイントと言えるでしょう。
    空気の乾燥が進む季節や、年齢を重ねて頬の毛穴の開きやたるみが気になってきたら取り入れたいフェイスクリームです。

    【こちらもCHECK】SK-II R.N.A. パワー ラディカル ニュー エイジのレビュー動画はこちら

    4位 エリクシール ホワイト スリーピングクリアパック C

    エリクシール ホワイト スリーピングクリアパック C
    保湿力
    浸透力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:105g
    主な保湿成分:水溶性コラーゲン、ヨクイニンエキスなど
    有効(薬用)成分:トラネキサム酸
    テクスチャー:みずみずしいジェル状
    香料:あり(フローラルの香り)
    向いている肌質:すべての肌質

    寝ているあいだに美白と保湿の集中ケアができると人気なのが、資生堂のスキンケアブランドであるエリクシールのスリーピングクリアパックCです。
    つけたまま寝られるパックとして作られており、美白有効成分であるトラネキサム酸が紫外線ダメージをケアしてくれます。
    夜専用のスリーピングパックのため、就寝時に使用してください。

    ジェルの膜が肌をしっかり覆って乾燥をブロックし、翌朝まで潤いが続く保湿力が魅力のひとつ。
    浸透スピードは遅く、塗った直後は肌表面にややベタつきが残ってしまうのが難点で、髪が顔にかかると貼りつくことがあるため、スリーピングジェルパックを塗るときは、ターバンやヘアピンで髪をあげて使うのがおすすめです。

    水をベースにしたジェルパックのため、油分が多めのクリームを使うとニキビができやすいオイリー肌・混合肌にぴったりと言えるでしょう。
    肌に潤いを閉じ込める効果に優れているため、乾燥肌の方のスキンケアにも適しています。

    【こちらもCHECK】エリクシール ホワイト スリーピングクリアパック Cのレビュー動画はこちら

    3位 キールズ クリーム UFC

    保湿力
    浸透力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:49.5g
    主な保湿成分:スクワラン、アンズ核油、アボカド油、オリーブ油、コメヌカ油、アンタークチシンなど
    有効(薬用)成分:‐
    テクスチャー:やわらかく伸びがいい質感
    香料:なし
    向いている肌質:すべての肌質

    肌質を問わず使いやすいフェイスクリームとして世界的に人気なのが、アメリカのスキンケアブランドであるキールズのクリームUFCです。
    皮脂の代わりとなって肌を守るスクワランや植物オイルを配合しながらも、浸透力があり、油っぽさが残らない使用感が人気の秘密と言えるでしょう。
    テカリやすい肌質でもベタつきを感じにくく、乾燥が進む冬場でも頼れる保湿力の高さが魅力です。

    このフェイスクリームには、南極の氷河に生息している微生物から採取される、アンタークチシンという糖タンパク質を含むエキスが配合されており、肌の水分キープをサポートしてくれます。
    混合肌から乾燥肌まで幅広い肌質に向いていますが、植物オイルを豊富に含むためニキビができやすい肌質の方だと、毛穴づまりを起こしてしまうことがあるので、乾燥が気になる肌質で比較的ニキビができにくい方におすすめと言えるでしょう。

    【こちらもCHECK】キールズ クリーム UFCのレビュー動画はこちら

    2位 ルナメアAC ジェルクリーム

    保湿力
    浸透力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:60g
    主な保湿成分:天然ビタミンE、大豆リン脂質、グリセリン、スクワランなど
    有効(薬用)成分:グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル
    テクスチャー:ジェルに近いみずみずしい質感
    香料:なし
    向いている肌質:オイリー肌・混合肌

    大人ニキビに悩んでいるなら一度試して欲しいのが、富士フイルムのスキンケアブランドであるルナメアACのジェルクリームです。
    名前の通りジェルに近いみずみずしいタッチで、肌にスッと吸い込まれるような浸透力のよさが特徴。
    水分不足に陥りがちな混合肌でも満足できる保湿力があり、乾燥から肌をしっかり守ってくれます。

    肌の炎症を抑える抗炎症成分のグリチルレチン酸ステアリルと、ニキビの原因のひとつである油分の酸化を抑えるトコフェロール酢酸エステルを配合しており、使い続けることでニキビができにくい肌環境ヘと導いてくれます。
    ポンプ式で中身に触れずにクリームを出すことができ、衛生的に使いきれるのも魅力のひとつと言えるでしょう。
    繰り返し大人ニキビができてしまうオイリー肌や混合肌の方、ジェルに近い軽いタッチのフェイスクリームが好みの方におすすめです。

    【こちらもCHECK】ルナメアAC ジェルクリームのレビュー動画はこちら

    1位 アンドミライ スキン アップジェルクリーム

    AND MIRAI アンドミライ スキン アップジェルクリーム
    保湿力
    浸透力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:85g
    主な保湿成分:スクワラン、野菜油、酒粕エキスなど
    有効(薬用)成分:‐
    テクスチャー:ジェルに近いみずみずしい質感
    香料:あり(柑橘とハーブの香り)
    向いている肌質:オイリー肌・混合肌・普通肌

    ブルーライトによる肌弾力低下に注目して作られたのが、ファンケルが展開するブランドであるアンドミライのスキンアップジェルクリームです。
    ファンケルはパソコンやスマートフォンから発生するブルーライトが、肌の弾力を低下させるという研究結果を出しています。
    スキンアップジェルクリームはブルーライトを跳ね返すイエローバリア成分を配合しており、現代人女性ならではの肌悩みをケアするのが特徴。

    ジェルに近いやわらかいテクスチャーで、皮脂分泌が多いオイリー肌や混合肌におすすめです。
    油分の配合量がフェイスクリームとしては比較的控えめで、皮脂が少なく肌表面がカサついてしまう乾燥肌にはやや物足りなさを感じてしまう可能性があります。

    「超乾燥肌だけど、ブルーライトをケアできるこのクリームを使ってみたい……」という方は、アンドミライのスキンアップジェルクリームを塗ったあとにフェイスオイルや別のクリームを重ねづけするとよいでしょう。
    スキンアップジェルクリームを美容液感覚で使って、ブルーライト対策をはじめてみてください!

    プチプラフェイスクリームおすすめ人気ランキングTOP5

    「毎日使うフェイスクリームは、リーズナブルなものにこだわりたい……」という方のために、総合ランキングで登場した製品のなかから2,000円以下で購入できるプチプラ品をピックアップ!
    お手ごろな価格がうれしいフェイスクリーム3つを、「保湿力」「浸透力」「コストパフォーマンス」の3つの基準で筆者がランクづけしました。

    5位 ニベア クリーム

    保湿力
    浸透力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:169g
    主な保湿成分:ミネラルオイル、ワセリン、スクワラン、ホホバオイル
    有効(薬用)成分:‐
    テクスチャー:硬め
    香料:あり(花をイメージしたフローラル系)
    向いている肌質:乾燥肌

    肌の皮脂分泌量が少なく表面がカサついてしまう悩みを持つ方におすすめなのが、プチプラブランドの代表格であるニベアのクリームです。
    ミネラルオイルやワセリンなどしっとり感を得られる油成分をベースに作られていて、テクスチャーは硬めで浸透スピードは遅め。
    手のひらで温めてから顔に伸ばすとなじみがよくなります。

    皮脂分泌が多い肌にとっては油分が多すぎるため、皮脂不足で悩む肌質の方におすすめです。
    油膜を作って乾燥をブロックするシンプルなクリームは、顔だけでなく手や体の保湿ケアにも使えるでしょう。
    大容量で価格が非常に安く、コストパフォーマンスはランキング中トップクラスなので、乾燥肌向けのこってりしたフェイスクリームを手ごろな値段で購入したいという方におすすめです。

    【こちらもCHECK】ニベア クリームのレビュー動画はこちら

    4位 ルルルン モイストジェルクリーム

    ルルルン モイストジェルクリーム
    保湿力
    浸透力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:80g
    主な保湿成分:スクワラン、ホホバオイル、マカダミアナッツオイル、ヒアルロン酸、リピジュア ® など
    有効(薬用)成分:‐
    テクスチャー:ぷるぷるしたジェルのような質感
    香料:あり(シトラスラベンダーの香り)
    向いている肌質:すべての肌質

    フェイスパックが人気のブランドであるルルルンのフェイスクリームは、水のなかにオイル成分を閉じ込めたジェルクリームタイプです。
    みずみずしい質感で伸びがよく、少量でもしっかり潤う使い心地が高評価のポイントとなっています。
    スクワランやホホバオイルなどの油分が配合されていますが水ベースのため、油っぽさが残りません。

    水分量キープに優れたヒアルロン酸とリピジュア ® を配合しており、乾燥からしっかり肌を守ってくれます。
    浸透力がありなじみはいいですが、たっぷり塗ってしまうと肌にベタつきが残るため少量ずつ使用するのがおすすめ。
    肌の油分と水分のバランスが崩れてしまっている方や、「乾燥肌だけれど油っぽいフェイスクリームが苦手……」という方に適したフェイスクリームと言えるでしょう。

    【こちらもCHECK】ルルルン モイストジェルクリームのレビュー動画はこちら

    3位 なめらか本舗 リンクルクリーム

    保湿力
    浸透力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:50g
    主な保湿成分:スクワラン、豆乳発酵液、ヒト型セラミドなど
    有効(薬用)成分:‐
    テクスチャー:濃厚でこってりした質感
    香料:なし
    向いている肌質:乾燥肌

    乾燥による小ジワが気になるなら、お手ごろな価格と保湿力の高さが人気を呼んでいるなめらか本舗のリンクルクリームがおすすめです。
    豆乳発酵液やスクワランが乾燥した肌に潤いを与え、水分蒸発をブロック。
    保湿成分のなかでも水分キープ力があるヒト型セラミドを配合しており、しっとり感が続きます。

    濃厚でこってりした質感ですが伸びがいいテクスチャーで、浸透力に優れているのもおすすめポイントです。
    美容成分をカプセル化して配合することで浸透力をアップさせ、ベタつきのなさと保湿力の高さを両立しました。
    乾燥を集中ケアしたい方や、しっとりモチモチした仕上がりが好みの方におすすめします。

    2位 キュレル クリーム ジャー

    保湿力
    浸透力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:90g
    主な保湿成分:グリセリン、スクワラン、ユーカリエキスなど
    有効(薬用)成分:アラントイン(抗炎症成分)
    テクスチャー:やわらかく伸びがいい質感
    香料:なし
    向いている肌質:すべての肌質

    「しっかり潤うのにベタつかない!」と楽天やアマゾンで高評価されているのが、敏感肌向けスキンケアブランドのキュレルのクリームです。
    無香料タイプで香りつきの化粧品が苦手な方におすすめで、顔だけでなく全身のケアにも使えます。

    肌の水分キープを助けるユーカリエキスが乾燥した肌を潤し、浸透性に優れたスクワランオイルが油膜を作って乾燥をブロック。
    やわらかくするする伸びる軽い使用感ですが、水分量が少ない肌でも満足できる保湿力を備えています。

    炎症を抑える成分としてアラントインを配合しており、ニキビや肌荒れをケアできるのもおすすめポイントと言えるでしょう。
    オイリー肌から乾燥肌まで幅広く対応しているクリームを探している方にぴったりです。

    皮脂分泌量が多い肌なら使用量を少なめにし、カサつく乾燥肌の場合は重ね塗りをするとよいでしょう。
    ベタつきを感じにくいため、首やデコルテまで保湿ケアをしたいという方にもおすすめです。

    【こちらもCHECK】キュレル クリームのレビュー動画はこちら

    1位 セタフィル モイスチャライジング クリーム

    保湿力
    浸透力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:566g
    主な保湿成分:グリセリン、アーモンド油、ワセリンなど
    有効(薬用)成分:‐
    テクスチャー:伸びがよくやわらかい質感
    香料:なし
    向いている肌質:すべての肌質

    保湿力と浸透力のよさを両立し、価格面も優れていることで人気を集めているのが、セタフィルのモイスチャライジングクリームです。
    アメリカで生まれたブランドであるセタフィルの保湿アイテムは、アレルギーやアトピー持ちの体質でも使いやすいと日本でも人気が高まっています。

    566gの大容量サイズで、顔だけでなく、首や体など全身にたっぷり使えるのが魅力のひとつ。
    クリーム自体はこってりしていますが肌にのせるとするする伸び、スッと吸い込まれるように浸透していきます。

    香料が入っていないため香りつきの化粧品が苦手な方にもぴったりでしょう。
    クセがないクリームで肌質を問わずに使用でき、皮脂量が多い肌質なら薄めに、乾燥が気になる肌質なら重ね塗りするのがおすすめです。

    【こちらもCHECK】セタフィル モイスチャライジング クリームのレビュー動画はこちら

    フェイスクリームの使用上の注意点

    肌を乾燥から守るフェイスクリームは、正しく使ってこそ本来の効果を実感できます。
    肌トラブルを避けてスキンケアするためにも、次に解説する3つのポイントを守って使いましょう!

    ① 使用量を守る

    スキンケア クリーム タオル

    肌の水分蒸発をブロックする役割を持つフェイスクリームは、使用量を守って使うことがとても大切です。
    製品ごとに推奨されている使用量は異なるため、必ずパッケージを確認してから使ってください。
    フェイスクリームの箱や容器の表示を読むと、「(例)使用量の目安:パール一粒分」など記載があるのでチェックしておきましょう。

    フェイスクリームを必要以上に塗ると、肌に油分を過剰に与えることにつながり、毛穴づまりを起こしてニキビや肌荒れのもとになってしまいます。
    それだけでなく、肌表面の水分と油分のバランスが崩れ、バリア機能を低下させる可能性もあるので注意しましょう。

    ② 肌トラブルを起こしたら使用を中止する

    ニキビ

    新しいフェイスクリームを使いはじめてから、赤み・ヒリヒリ・荒れなどの異常が現れたら使用を中止しましょう。
    配合されている成分が肌にあっておらず、アレルギー反応を起こしている可能性があるので、「せっかく買ったし、最後まで使い切らないともったいないな……」と無理に使い続けないでください。

    化粧品によるトラブルが深刻化し、ただれや水ぶくれなどの症状が出た場合は皮膚科を受診しましょう。

    今までに化粧品が原因で肌荒れやかぶれを起こした経験のある方は、顔にいきなり使うのではなくパッチテストをすることをおすすめします。
    パッチテストとは二の腕に化粧品を塗り、アレルギー反応が起きないかどうかチェックするものです。
    やり方は以下の手順で行ってください。

    • お風呂上りの清潔な状態の二の腕に、テストしたい化粧品を10円玉大塗る
    • 化粧品が浸透した30分後肌の様子を確認し、異常がないかチェックする
    • はじめに化粧品を塗ってから48時間後の肌の様子を確認する

    化粧品は塗った直後に反応が出る場合と、数日経ってから出ることがあります。
    体質や体調によって反応までのスピードが異なるため、30分後と48時間後の2回チェックしておきましょう。
    2回とも肌に異常がなければ顔に使用してください。
    テスターやサンプルで試し塗りができない製品を購入する場合は、口コミで刺激を感じにくいかどうかを確認しておくのがおすすめです。

    ③ こすりつけるように塗るのはNG!やさしくなじませよう

    スキンケア マッサージ

    フェイスクリームを塗り込みながらマッサージする習慣がある方は、力加減に注意しましょう。
    フェイスマッサージは適切に行えば筋肉のコリを取ったり血行不良をケアしたりできますが、力を入れてしまうと肌にダメージを加えてしまいます。
    皮膚が引っ張られてたるみの原因となったり、摩擦によって肌表面が傷つき肌荒れにつながったりしてしまうのです。

    フェイスクリームを塗るときは、なでるようなタッチでなじませてください。
    気温が下がる冬場はクリームが固まって伸びにくいため、手のひらで温めてから顔に塗るといいでしょう。

    セルフマッサージは肌トラブルのもとになりやすいため、あまりおすすめできません。
    顔をすっきりさせたい場合は首や肩のストレッチをして、リンパや血液の流れをよくするケア方法を取り入れてみてください。

    フェイスクリームの基本的な使い方をマスターしよう!

    スキンケアの最後に使用するフェイスクリームのパッケージを見ると、「化粧水などで肌を整えたあとに使用してください」と書いてあります。
    しかし、スキンケアに慣れていないと「これだけだと詳しい使い方がわからない……」と困ってしまうものです。

    フェイスクリームは基本的な使い方をしっかりマスターすると、製品が持つ美容効果を実感しやすくなるので、知っているようで知らないフェイスクリームの使い方のコツをチェックしておきましょう!

    化粧水→美容液→クリームの順で塗る

    美容品 コスメ 葉

    複数の基礎化粧品を使用するとき、洗顔後にまずは化粧水をなじませましょう。
    美容液をスキンケアに取り入れている方は、化粧水がなじんだら美容液を塗ってください。
    次にフェイスクリームを塗るのですが、ここでポイントになるのが肌になじませるタイミングです。

    美容液を塗ってすぐにフェイスクリームを塗ってしまうと、肌表面に残った水分とフェイスクリームの油分がお互いをはじいてなじみません。
    この状態だとフェイスクリームが浸透しづらく、肌表面にベタつきやテカリが残ってしまうのです。

    美容液を塗ったあとは、肌表面の水分が蒸発したタイミングでフェイスクリームを塗るのが正解。
    化粧水とフェイスクリームだけでスキンケアするときも同様で、肌表面の水分が蒸発してサラっとした状態になったらすぐにクリームを塗りましょう。
    時間の目安としては、化粧水や美容液を塗ってから1~2分後のタイミングがおすすめです。

    【こちらもCHECK】スキンケアに関連するおすすめ記事はこちら

    混合肌に最適な化粧水おすすめ人気ランキングTOP7【2018年最新版】

    2018.10.16

    【美容家が選ぶ】コスパ最強のプチプラ化粧水おすすめランキング!30代・40代向けから美白も|2018年最新版

    2018.07.16

    資生堂の化粧水・美容液・乳液おすすめ人気ランキングTOP15!HAKUやONE by KOSEの新製品情報も【2018年最新版】

    2018.05.15

    Tゾーン(額・鼻)やあごは少なめに塗ろう

    毛穴 肌 鼻 口

    フェイスクリームを顔に伸ばすときは、Tゾーンとあごに塗る量を控えめにすることを意識してください。
    Tゾーンは皮脂の分泌量が多いパーツであるため、少量のフェイスクリームでも十分に保湿できます。
    Tゾーンにフェイスクリームを塗りすぎるとテカリやニキビのもとになるため注意しましょう。

    あごは皮脂腺が少なく乾燥しやすいパーツですが、油分を与えすぎると毛穴づまりを起こしてニキビができやすくなってしまいます。
    「あご部分の乾燥が気になるけれど、クリームを塗ると肌荒れしてしまう……」という方は、油分がより少ない乳液やジェルで保湿するといいでしょう。

    Amazon&楽天のフェイスクリーム人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    肌状態にあったフェイスクリームで美肌を目指そう!

    スキンケア 美肌 モデル

    「毎日丁寧にスキンケアをしているのに、肌が乾燥してカサつく……」と感じたら、フェイスクリーム選びの見直しをしてみてください。
    今の肌状態にあったフェイスクリームを使うことで、スキンケアの満足度はもっと上げられます!
    フェイスクリームは製品ごとに配合成分や向いている肌質が異なるため、抱えている悩みに適しているかどうかをしっかり確認してから選びましょう。

    日本は季節ごとに必要なケアも変わるため、気候に応じたフェイスクリームを選ぶこともポイントのひとつです。
    夏はさっぱりしたものを、冬は乾燥をしっかりケアできるものを使ってください。
    今の肌状態に適したフェイスクリームに切り替えて、乾燥やトラブルを寄せつけない美肌を目指しましょう!

    【あわせて読みたい】フェイスクリームに関連するおすすめ記事はこちら

    プラセンタクリームおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.27

    アイクリームおすすめ人気ランキングTOP15!効果についても【2018年最新版】

    2018.01.31

    市販のセラミドクリームおすすめ人気ランキングTOP10!プチプラや無添加タイプまで【最新版】

    2018.01.05

    オールインワンクリームおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.12.21

    保湿クリームおすすめ人気ランキングTOP15!美白や全身用と使い方も【2017年最新版】

    2017.12.12

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。