沖縄のお土産おすすめ人気ランキングTOP24【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

犬家 ちゅら

ペット業界歴16年
トリマー養成学校教師を経て現在はペットサロンを2店舗経営しています。
ペットホテル併設の為、24時間大好きなペット達に囲まれるという贅沢な生活を満喫しています。
《ペットと飼い主様の幸せのお手伝い》
をモットーにお役に立てそうな情報をドンドン発信していきます。

    国内旅行の定番ともいえる「沖縄」には観光地ならではのお土産がたくさんあって、ついついお土産を選ぶのに膨大な時間を費やしてしまいがちです。
    お土産選びも旅行の楽しみのひとつではありますが、せっかくの限られた旅行の時間を有効に使うためにも、訪れたいお土産屋さんの下調べも兼ねて、前もってリストアップをしておきたいところです。
    そこで今回は沖縄で生まれ育った筆者が、幼いころから慣れ親しんできた県民定番のローカルな食品・おやつから、おしゃれ女子達に人気の最新インスタ映えお土産、そしてコストパフォーマンスのよい会社用お土産までを紹介していきます!

    目次



    2018年発売開始、おすすめの沖縄お土産

    まずは2018年に発売開始されたばかりの、最新のお土産から紹介します。

    沖縄の塩を使った島歯みがき

    売上累計30万枚突破のおもしろマスク「ちゅらシーサーマスク」に続く姉妹品として、沖縄コスメを販売する「株式会社ちゅらら」が2018年に販売を開始した「島歯みがき」。
    沖縄産の天然海塩と8種の植物成分、キシリトールが配合された、さわやかな使い心地のジェル状歯みがきです。
    シーサーの乗った屋根瓦が沖縄らしくかわいらしいパッケージで、3本入りなので小分けにできるのもうれしいポイントです。

    取扱い店舗:那覇空港 、 沖縄アンテナショップ(わしたショップの全国直営店)、イオン、サンエー

    【こちらもCHECK】おすすめの旅のお土産を紹介している記事はこちら

    兵庫県のお土産おすすめ人気ランキングTOP14選【2018年最新版】

    2018.10.15

    鹿児島県のお土産おすすめ人気ランキング19選【2018年最新版】

    2018.10.02

    鳥取のお土産おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.10.01

    沖縄県民なじみのローカルお土産人気ランキングTOP5(食品・調味料編)

    5位 サン食品 こーれーぐす


    サン食品 コーレーグス(瓶詰)
    「こーれーぐす」とは本来沖縄の方言で唐辛子のことですが、最近ではこちらの商品のように、島唐辛子を泡盛につけ込んだ調味料のことを指すことが多いです。
    少し入れるだけで辛さと香りが増す薬味で、おもに沖縄そばに使用されますが、チャンプルー(炒め物)などの沖縄料理にもよく使われるので、沖縄の家庭や食堂では常備されている調味料です。
    辛いものが好きな方へのお土産におすすめ。

    4位 サン食品 本場沖縄ソーキそば

    沖縄そばといえば沖縄家庭料理の定番。
    沖縄そばをお土産にした商品がたくさんある中、こちらは沖縄そばの生産量日本一を誇る「サン食品」の商品で、沖縄そばのトッピングとして定番のソーキ(味つき豚肉)までついている割には価格が安くおすすめです。
    大家族へのお土産に、12人前までそろっています。

    3位 上原食品 A1(エーワン)ソース

    A1ソース ( ステーキソース )

    A1ソース ( ステーキソース )

    590円(07/08 14:08時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    沖縄県は昔から輸入肉が安く入っていた影響からステーキ文化が根強くあり、県内には地元の人も通うステーキハウスがたくさんあります。
    こちらの商品も沖縄の家庭やステーキハウスには必ずといっていいほど置いてある調味料で、おもにステーキや焼き肉などの肉料理に使用します。
    野菜やフルーツの甘みの中に、醸造酢の酸っぱさがきいていてクセになる味です。

    2位 オキハム じゅーしいの素

    「じゅーしい」とは沖縄の方言で炊き込みご飯のこと。
    こちらの商品は野菜や豚肉が入った沖縄風炊き込みご飯の素で、お米3合と一緒に炊くだけで手軽に美味しい沖縄家庭料理の味を楽しむことができます。
    ほかにもオキハムのじゅーしいの素には、沖縄のソウルフードであるイカ墨やふーちばー(よもぎ)の入ったものもあり、食べくらべをするのも楽しいです。

    【こちらもCHECK】オキハム じゅーしいの素のレビュー動画はこちら

    1位 はま食品 ジーマーミ豆腐

    12個セット 1,620円

    「ジーマーミ」とは沖縄の方言で落花生のことで、生の落花生を砕いて豆乳を絞り、でんぷんだけで固めたものがジーマーミ豆腐です。
    琉球王朝時代から沖縄県民に愛されてきたジーマーミ豆腐を、昔と変わらないレシピで保存料も機械も使わずに手作りで作っているのがこちらの商品なので、生産数は少ないですができたての本来の味を楽しむことができます。
    那覇空港わしたショップや全国の沖縄県の公式アンテナショップ「わしたショップ」、はま食品オンラインショップより購入できます。

    沖縄県民なじみのローカルお土産人気ランキングTOP5(おやつ編)

    5位 丸玉製菓 タンナファクルー

    タンナファクルー11枚

    タンナファクルー11枚

    440円(07/08 14:08時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    沖縄の伝統菓子であるタンナファクルーは、丸玉製菓の創業者である玉那覇(方言でタンナファ)さんが色黒(クルー)だったことからこの名前がつけられました。
    さとうきびから作られた黒糖・小麦粉・卵だけで作られたシンプルな味のお菓子で、黒糖のビタミンとミネラルがたっぷりと含まれているので、ダイエット中の方へのお土産にもおすすめです。
    11枚入りの1枚は「しーぶん」といって、沖縄の方言でおまけの意味です。

    4位 沖縄製粉 ちんびんミックス

    ちんびんミックス 350g

    ちんびんミックス 350g

    310円(07/08 14:08時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    ちんびんは琉球王朝の格式高い料理で、小麦粉と黒糖を溶かして焼いたものをクレープ状に巻き上げたほんのり甘いお菓子です。
    このちんびんミックスは小麦粉と黒糖がすでに混ぜあわされているので、水に溶いてフライパンで焼くだけで簡単にちんびんができあがります。
    パンケーキやクッキーなど、ちんびんミックスのアレンジレシピがクックパッドなどにも紹介されているので、料理好きな方へのお土産にするのもおすすめ。

    【こちらもCHECK】沖縄製粉 ちんびんミックスのCM動画はこちら

    3位 かねよし 黒糖ムーチー

    黒糖ムーチー(黒糖餅粉)500g

    黒糖ムーチー(黒糖餅粉)500g

    430円(07/08 14:08時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    沖縄では旧暦の12月8日に厄除けにムーチー(餅)を食べる風習があります。
    白糖や紅芋、黒糖のほんのりした甘みがついた餅を月桃(サンニン)の葉で巻いて蒸したもので、家庭によって味つけは変わりますが月桃の葉の爽やかな香りが口に広がるのがムーチーの特徴。
    普段は見かけることがありませんが、この時期だけはスーパーなどの店頭に山積みになっています。
    ムーチーの時期にしか沖縄でもなかなか手に入りませんが、最近ではお取り寄せができたり通販サイトで購入できたりもします。

    2位 新垣屋 塩せんべい

    せんべいといっても一般的な米から作る薄焼きのものとは違い、沖縄でせんべいといえばこちら。
    米ではなく小麦粉の生地を油であげて、塩をふっただけのシンプルなものですが、その絶妙な塩加減と厚みがあってほどよいかたさの歯ごたえがクセになる感じで、沖縄の子供からお年寄りにまで昔から愛されている駄菓子です。
    筆者も子供のころは、塩せんべいの隣に必ず売っているチョコレートソースをかけて食べていましたが、今ではお酒のあてにバリバリ食べています。

    1位 ブルーシールアイスクリーム

    沖縄でアイスクリームといえば「ブルーシール」。
    30種類以上のフレーバーがあり、ベニイモ・サトウキビ・塩ちんすこうなど沖縄独特のフレーバーもあり、販売店舗限定フレーバーなどもあります。
    高温多湿な沖縄の風土によくあう、コクがありながら脂肪分が少なくさっぱりとした味わいで、県内の市街地をはじめ食堂やお土産屋さんなど、いたるところで販売されています。

    沖縄のインスタ映えお土産おすすめ人気ランキングTOP5

    5位 35cofee

    サンゴ焙煎ブレンド豆 200g 1,000円

    風化した沖縄のサンゴをコーヒーの焙煎に再利用して、その売り上げの一部をベビーサンゴの移植に寄付する「サンゴ再生プロジェクト」をお店のコンセプトにしている、沖縄のコーヒー屋さん「35cofee」。
    サンゴでじっくりと焙煎されたコーヒーは、まろやかですっきりとした豆本来の味を楽しむことができます。
    35cofeeは主要な駅やホテルなど県内に25店舗あり、お店ではコーヒー豆以外にも、モノトーンのおしゃれなロゴ入りウェアやグッズの販売もあります。
    お店のオンラインショップからの購入も可能です。

    4位 首里石鹸(SuiSavon)

    キューブ石鹸3個セット 1,620円

    パイナップルやシークワーサーなど沖縄の植物や果物など島の原料をベースに使用し、素材と香りに沖縄らしさをとことん追求した石鹸です。
    石鹸の見た目も澄んだ海や鮮やかな太陽など種類ごとにコンセプトがあり、また包装の箱や袋のデザインも商品ごとにストーリー性があっておしゃれです。
    石鹸以外にもハンドクリームなどのスキンケア商品やバスグッズ、雑貨などのカテゴリーもあり、県内の4店舗または空港内の2店舗で購入することができます。

    【こちらもCHECK】首里石鹸のWEB動画はこちら

    3位 ちゅら玉

    ちゅら玉レギュラーストラップ 1,728円

    ちゅら玉は海に浮かぶうき玉をモチーフに作られたアクセサリーでカラーは12色あり、誕生月やそれぞれの色の持つ意味があるので、スピリチュアル好きな方へのお土産や、おしゃれなお守りとしても人気です。
    明るいところで光をため込んで暗いところでほんのりと光りますが、一つ一つが手作りなので、その光り方がそれぞれ微妙に違い、オリジナリティーがあります。
    県内に2店舗、空港ターミナル内に2店舗、また2018年9月にオープンした2位で紹介するマーサンミッシェルの新店舗「マーサンミッシェルカレーテラス」でもちゅら玉が購入できます。

    2位 マーサンミッシェル

    ソフトキャラメル5個入り 580円

    生キャラメルとラスクの専門店で、フレーバーもマンゴー・黒糖・シークワーサーなどと沖縄らしいラインナップです。
    キャラメルの入った缶やラスクの箱のパッケージがおしゃれで、お店も外国の雑貨屋さんのようなかわいらしいディスプレイなので、ぜひ店舗にも足を運んでもらいたいです。
    県内に3店舗、空港内にも店舗があり、ANA国内線では機内販売もされていて、オンラインショップでも購入することができます。

    1位 オハコルテ

    ヒラミーレモンケーキ10個入り 2,000円

    2009年に沖縄に誕生したフルーツタルト専門店オハコルテは、十八番(オハコ)が名前の由来なので毎月18日に新作のタルトが店頭に並びます。
    7cmの大きさにこだわったタルトは、上にたっぷりと旬のフルーツが乗っている割には、時間がたっても水気でふやけることがなくサクサク感が保たれているので、お土産にも最適です。
    オハコルテのお土産として人気が高いのは、沖縄の新鮮なシークワーサー(ヒラミレモン)をたっぷり使った「ヒラミーレモンケーキ」。
    シークワーサーの酸味がさっぱりして、ふんわりやわらかい口当たりなので小さなお子さんのいる方へのお土産としてもおすすめです。
    パッケージはオハコブルーで幸せの青い鳥が描かれたデザインで、シンプルながらもおしゃれ感があり、県内に3店舗、空港内やオンラインショップでも購入することができます。

    【こちらもCHECK】オハコルテの紹介動画はこちら

    一般的なお店では買えない沖縄の土産おすすめ人気ランキングTOP3

    ここからは地域限定販売の沖縄県民でもなかなか口にすることにできないお土産から、すぐに売り切れてしまうレアなお土産までを紹介します。
    紹介するお土産は保存料を使っておらず、日持ちがあまりしないので持ち帰ったらすぐに食べてください。

    3位 宇那志豆腐店 ゆし豆腐

    ゆし豆腐248円(1kg)

    ゆし豆腐とは沖縄の郷土料理で、豆乳ににがりをいれて固める前のおぼろ状態のやわらかい豆腐のことで、そのまま醤油をかけて食べたり、出汁と具材を入れて汁物として食べたりします。
    沖縄の糸満市にある宇那志(うなし)豆腐店のゆし豆腐は、豆腐本来の味わいがあり口当たりが良くクリーミーで、しっかりとしたコクもあるので醤油をかけずにそのままいただけます。
    地元密着型をコンセプトにしているお店で、糸満市内のお店にしか卸していないので、県民でもなかなか口にすることができない貴重でおいしい豆腐です。
    売り切れることも多いので、予約を入れておくことをおすすめします。

    住所沖縄県糸満市糸満152 Googleマップで開く
    アクセス那覇市から車で約30分
    電話番号098-992-2522
    営業時間・定休日6:00〜15:00 毎週日曜日定休
    駐車場あり
    公式URLhttp://www.unasitoufu.com/

    2位 中本鮮魚てんぷら店 もずく天ぷら

    もずく天ぷら1個 65円

    沖縄県民は普段からおやつ代わりに天ぷらを食べるので、県内にはたくさんのお持ち帰りのできる天ぷら専門店があります。
    そのなかでもこちらの中本鮮魚天ぷら店は、季節によって違う当日獲れた旬の魚だけを使うため、新鮮でおいしいと県民や観光客の行列が絶えません。
    数ある商品のなかでも特におすすめしたいのが、もずくの天ぷら。
    地元奥武島産の食物繊維がたっぷりと含まれたもずくを使用しているのでヘルシーで、ふわっとした食感に海の香りがただよいます。
    夕方には売り切れていることもあるので、お早めに。

    住所沖縄県南城市玉城字奥武9 Googleマップで開く
    アクセス那覇空港から車で約40分 奥武島の橋を渡ってすぐ右側
    電話番号098-948-3583
    営業時間・定休日[10月~3月]10:00~18:00 [4月~9月]10:00~19:00 毎週木曜日定休
    駐車場あり
    公式URLhttp://nakamotosengyoten.com/

    1位 ぎぼまんじゅう の饅頭

    のまんじゅう 1個150円

    モチモチの生地の中にほんのり甘いあんがたっぷり入った、直径10cmほどの饅頭に、食紅で「の」と書かれた通称「の饅頭」。
    のは「のし」の意味で、昔からお祝いのときなどに縁起ものとしていただいたり配ったりされていて、法事のときなどは「の」を書かずに白いまんじゅうのままで使われます。
    先に紹介したムーチーと同じく月桃の葉で包まれよい香りがして、見た目もおめでたい沖縄の銘菓です。
    家族経営で手づくりしているお店のため、1日に作れる数が1000個ほどと少なく、昼過ぎには売り切れてしまうことが多いので、午前中に行くことをおすすめします。

    住所沖縄県那覇市首里久場川町2-109 Googleマップで開く
    アクセス沖縄都市モノレール(ゆいレール)「儀保」駅または「首里」駅より徒歩5〜6分
    電話番号098-884-1764
    営業時間・定休日9:00~16:00または17:00まで(売り切れ次第閉店) 毎週日曜定休
    駐車場あり
    公式URLなし

    【こちらもCHECK】ぎぼまんじゅう店内や商品がわかる動画はこちら

    【会社におすすめ】コストパフォーマンスの良い沖縄の土産3選

    歩 サーターアンダギー


    歩のサータアンダギー
    家庭それぞれの味があるほど頻繁に家でも作る、沖縄の代表的な銘菓「サーターアンダギー」のサーターは砂糖、アンダギーは揚げ物の意味です。
    サーターアンダギーを販売しているお店は県内にたくさんありますが、こちらは沖縄県民がわざわざ買いに行くほどのおいしさで、表面はサクッとしていて中はふんわりやわらかく、時間がたっても脂っこくならないのでお土産にも最適です。
    沖縄のメインストリートである国際通り近くの牧志第一公設市場2Fに店舗があり、空港内のショップやまたお取り寄せでも購入ができます。

    御菓子御殿 紅いもタルト

    こちらも沖縄のお土産としては定番の紅いもタルトですが、数ある商品のなかでもやはり元祖紅いもタルトのお店である「御菓子御殿」がおすすめ。
    良質の紅いもと上質なバターが使用されていて、甘過ぎない紅いも本来の甘みと味を楽しむことができます。
    また御菓子御殿の恩納店では、紅いもタルト手作り体験ができ、それをお土産としてお持ち帰りすると会社での話も弾みそうです。

    【こちらもCHECK】御菓子御殿 紅いもタルト製造工場の動画はこちら

    新垣菓子店 ちんすこう


    琉球銘菓 新垣ちんすこう 子亀六角箱
    沖縄の銘菓としては定番中の定番であるちんすこうは、琉球王朝時代から存在するお菓子で、当時は王族や貴族だけが祝いごとなどのときに食べていたものが、現在では沖縄県民の一般的なおやつどころか沖縄のお土産代表として日本全国で知られています。
    数あるちんすこう専門店のなかでも「新垣菓子店」は、琉球王朝で仕えていた包丁役の子孫が開いた、沖縄を代表する老舗のちんすこう専門店で、黄色い箱のパッケージでも有名です。
    黒糖だけではなく、最近では紅いもや塩味などさまざまなフレーバーのちんすこうがあり、単価も安いので会社などで数多く配りたいときのお土産としてはおすすめです。

    【こちらもCHECK】新垣菓子店の店舗紹介動画はこちら

    Amazonや楽天で買える沖縄のおすすめお土産3選

    サン食品 ジャンボオリオンビアナッツ


    ジャンボ オリオンビアナッツ
    「オリオンビアナッツ」には、沖縄の地ビール「オリオンビール」を作るときにできるビール酵母が使われています。
    ビール酵母には胃腸病や高血圧の予防をしてくれる働きがあり、そのビール酵母を沖縄ならではのフレーバー(タコス島唐辛子・ウコンカレー・アーモンドチーズ)に練りこんだ、沖縄のヘルシースナックです。
    おやつとして、お酒のあてとして、子供から大人まで楽しむことができます。

    赤マルソウ 沖縄豚肉みそ

    沖縄豚肉みそ 140g×3個

    沖縄豚肉みそ 140g×3個

    1,020円(07/08 14:08時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    疲労回復の手助けをしてくれるビタミンB1が豊富に含まれる沖縄産豚肉を使用した、あんだんすー(味噌を豚のラードで炒めた油みそ)はもともと各家庭で作られる保存食でしたが、最近では市販の商品がたくさん出ていて、お手軽に沖縄の家庭の味を楽しむことができます。
    そのなかでも赤マルソウの肉みそは米みそと麦みそがバランスよく調合されていて、みその甘みと豊かな香りが特徴的で、ご飯のお供として最高です。
    姉妹品の島唐辛子が入った「沖縄豚肉みそ うま辛」もおすすめです。

    【こちらもCHECK】赤マルソウ 沖縄豚肉みその紹介動画はこちら

    比嘉製茶 さんぴん茶 ティーバッグ

    沖縄のソウルドリンクであるさんぴん茶は、いわゆるジャスミンティーと同じです。
    台湾からジャスミンティーを輸入したときの名前が、中国語で香片茶(シャンピェンチャー)だったことから、沖縄ではさんぴん茶と呼ばれるようになりました。
    こちらの比嘉製茶さんぴん茶は、ジャスミンの花の香りづけを何度も繰り返して作られているため、香りは強く苦みが少ないのが特徴で、ティーバッグなので手軽に沖縄の味を楽しむことができる商品です。

    必ず立ち寄りたいおすすめのお土産屋【沖縄編】

    ①デポアイランド

    美浜アメリカンビレッジ内にあるリゾートタウンで、130店舗もの個性的なショップが集結する街のようなつくりになっています。
    敷地内には今話題の壁画のフォトスポットや、海岸沿いの遊歩道ではフォトジェニックな沖縄の景色にも出会えます。
    買い物も楽しめて、おしゃれな写真も撮れる、沖縄へ行ったらぜひ訪れて欲しいおすすめスポット。
    デポアイランド内の数あるお店から、今回おすすめしたいお土産屋さんは「沖縄の島ぞうり専門店」です。

    OKICHU/沖忠の島ぞうり

    島ぞうり通常型 1,250円

    島ぞうりとはいわゆるビーチサンダルのことで、沖縄では昔から日常的に使用していて、軒先に島バナナと島ぞうりが吊るされている風景がよく見られたものです。
    沖忠の島ぞうりは、すべての工程を沖縄の工場で職人の手作業により行われていて、大量生産されるサンダルにはない楽な履き心地と耐久性があります。
    ぞうりの台部分のカラーバリエーション19色、鼻緒部分のカラーバリエーション12色と豊富なカラーから好きな組みあわせを選ぶことができ、またサイズバリエーションは15cmから29cmまで対応。
    さらに名前やイラストのレーザー彫刻や、オリジナルプリントもしてもらえるので、オリジナリティーあふれる島ぞうりを手に入れることができます。

    住所沖縄県中頭郡北谷町美浜9−1 デポアイランドビルE棟1階 Googleマップで開く
    アクセス那覇空港より車で40分 桑江バス停から徒歩約5分
    電話番号098-926-1133
    営業時間・定休日10:00~21:00
    駐車場あり
    公式URLhttps://www.simazouri.jp/

    【こちらもCHECK】デポアイランドの紹介動画はこちら

    ② わしたショップ国際通り本店

    沖縄のアンテナショップであるわしたショップの「わした」は「私たち」の意味で、沖縄のあらゆる特産品や伝統工芸品、泡盛から本まで揃っていて、沖縄の代表的なお土産はほとんどこちらで購入することが可能。
    また2階には美ら海水族館のアンテナショップ「うみちゅらら」が入っており、美ら海水族館限定のオリジナルお菓子や雑貨、ぬいぐるみなどが購入でき、ミニ水族館でチンアナゴにも会えます。
    ここではうみちゅららで購入できるおすすめのお土産「うみちゅらら雪塩黒糖和ラスク」を紹介します。

    うみちゅらら雪塩黒糖和ラスク

    8袋入り 1,146円

    こちらのラスクが購入できるのは、沖縄美ら海水族館とアンテナショップ“うみちゅらら”のみ。
    テレビなどで活躍中のパティシエ辻口博啓氏が監修した、黒糖の甘さとコク、そして雪塩のしょっぱさが絶妙な味わいのラスクです。
    2015年には同じく辻口氏監修のラスク第2弾、マンゴーピューレの甘酸っぱさがさわやかな「マンゴー和ラスク」も発売され、こちらもお土産として人気です。
    時間がなくて美ら海水族館まで行けなかった方でも、うみちゅららでミニ水族館とお買い物をお得に楽しむことができます。

    住所沖縄県那覇市久茂地3-2-22 JAドリーム館 Googleマップで開く
    アクセス沖縄都市モノレール「ゆいレール」県庁前駅より徒歩3分
    電話番号098-864-0555
    営業時間・定休日10:00~22:00 年中無休
    駐車場あり 買物2000円以上1時間無料
    公式URLhttp://umichurara.com/

    ③ 第一牧志公設市場

    「沖縄の台所」と呼ばれる第一牧志公設市場は、戦後のヤミ市から60年以上続いている市場で、400軒ほどあるお店のほとんどが創業50~60年と歴史のある市場です。
    1階の市場内には、沖縄近海でとれた色鮮やかな魚や県産野菜や果物など、沖縄の毎日の食卓に欠かせない食材がところ狭しと売られています。
    また2階の食堂では、1階の市場で買った食材を有料で調理してもらえるので、買ったばかりの新鮮な沖縄食材をその場で楽しむことができます。
    この市場で今回おすすめのお土産として紹介するのは、海のキャビア「海ブドウ」です。
    空港やお土産屋さんでも手に入りますが、市場で買うほうがより新鮮な海ブドウをより安く購入することができます。

    海ブドウ


    品質と鮮度にこだわった 生海ぶどう
    200g 300円~(市場内価格)

    プチプチの食感と海の味がクセになる海ブドウはグリーンキャビアとも呼ばれますが、正式名称はくびれのあるツタの意味で「クビレズタ」。
    海藻なのでついつい冷蔵庫に入れたくなりますがそれはだめで、海ブドウは温かい海に生息しているので適温は15~28℃です。
    冷蔵庫では寒すぎてしおれてしまうので、風通しのよい室内の日かげに置いておくのがベストです。
    粒の大きさや茎がついているかいないかでランクが分かれていて、Aランクが一番高級とされています。

    住所沖縄県那覇市松尾2-10-1 Googleマップで開く
    アクセスゆいレール牧志駅より徒歩約9分・美栄橋駅より徒歩約10分・空港より車で約16分
    電話番号098-867-6560
    営業時間・定休日8:00~21:00(店舗により異なる) 毎月第4日曜日(12月を除く)
    駐車場なし 徒歩3分のところに有料駐車場有 タイムズ松尾2丁目第3(8台) 最大24時間800円 Googleマップで開く
    公式URLhttps://kosetsu-ichiba.com/

    【こちらもCHECK】第一牧志公設市場に行ってみた動画はこちら

    お土産を買いつつ充実した沖縄旅行を!

    数ある沖縄のお土産の中から、送る人に喜ばれそうなものをあらかじめ調べて売っている場所もチェックしておくことで、よりスムーズに買い物ができ、たくさんの時間を観光などに費やすことができます。
    またお土産で荷物がたくさんになってしまったときは、ほとんどの大手のお土産屋さんなら、自宅への配送サービスも行っているので利用するとよいでしょう。
    この記事が少しでもみなさまのお役に立てて、沖縄の旅が充実した楽しいものとなりますように。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    【あわせて読みたい】沖縄旅行を予定しているあなたにおすすめ記事はこちら

    【飛行機や長距離バスでも】ぐっすり睡眠できる耳栓おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.10.16

    サンコーのスーツケースおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.09.21

    飛行機内に持ち込めるモバイルバッテリーおすすめ人気ランキングTOP5!航空会社の規定も【2018年最新版】

    2018.08.17

    スーツケース用の鍵おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.18

    ソフトスーツケースおすすめ人気ランキングTOP8【2018年最新版】

    2018.05.11

    ABOUTこの記事をかいた人

    犬家 ちゅら

    ペット業界歴16年
    トリマー養成学校教師を経て現在はペットサロンを2店舗経営しています。
    ペットホテル併設の為、24時間大好きなペット達に囲まれるという贅沢な生活を満喫しています。
    《ペットと飼い主様の幸せのお手伝い》
    をモットーにお役に立てそうな情報をドンドン発信していきます。