犬用マットおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

西村百合子

ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士の資格所持

ゴールデンレトリバーと暮らして20年が経ちます。初代の愛犬が心臓病を患ったことがきっかけとなり、資格を取得しました。
いつまでも健康で犬本来のあるべき姿でいてほしい、という願いからフードをはじめ犬関連グッズにはこだわりを持っています。
私の知識が少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

    選び方のポイント

    • 足・腰に優しいクッション性(衝撃吸収・防音効果)を重視
      →クッション性の高いものは犬の足腰への負担を軽減するだけではなく、マンションなど集合住宅で階下への防音効果の役割も。
    • 走ってもずれない裏面吸着加工が基本
      →吸着加工のされていない犬用マットでは、走っているときだけではなく、犬が歩いているときにもマットが滑ってしまい危険。
    • 丸洗いできることも必須条件
      →一枚だけ取り外して洗うことができるマットなら、汚れたときにそこだけ洗える。
    • 抗菌・消臭加工でいつも清潔に
      →掃除に化学薬品を使用したくない、小さな子供がいるなどの場合は、抗菌加工がされているマットを選ぶ。
    • 室内トイレ派には、はっ水加工が便利
      →室内トイレに限らず、犬が水を飲む場合にもはっ水加工がされているととても便利。
    犬 マット

    犬を室内で飼うことが多くなってきた最近では、犬のための床材「犬用マット」の設置を考える飼い主が増えてきました。
    特にフローリングの床が当たり前となっている昨今、犬の足腰のために滑らない素材の犬用マットを設置する必要があります。
    大手家具メーカーからペット専用のマットが数多く発売されており、なかでも人気となっているのが、1枚ずつはがして洗えるタイルタイプの床材。
    犬用マットとして人気のタイルタイプには、組み合せて使用するジョイントマットと、裏面に吸着機能のついているタイルカーペットの2種類があります。
    どちらのタイプも滑り止め効果はもちろん、汚れが簡単に落とせる、防音効果がある、消臭機能があるなど、犬と暮らすうえで必要な機能を兼ね備えた商品が多いです。
    今回はそのなかでも高機能の商品を紹介します。

    目次

    犬用マットの基礎知識

    タイルカーペット nittan

    タイルカーペット nittan(ニッタン) ホームタイル 吸着・多機能 8枚セット 50×50cm サンド HT302

    犬用マットは、人と犬が快適に共同生活を送るために考えられた敷物のことです。
    通常の敷物とは違い、犬の足が滑りにくい、はっ水または防水、抜け毛飛散防止、ペット臭・アンモニア臭の消臭などの特別な機能が付加されています。
    昨今のペットブームを反映してか、大手家具メーカーや絨毯専門メーカーからペット用として多彩な商品が販売されていることも、犬用マットの大きな特徴です。

    【こちらもCHECK】犬用グッズに関連するおすすめ記事はこちら

    犬用の靴(靴下)おすすめ人気ランキングTOP15!ブーツや滑り止め付きのものも【2018年最新版】

    2018.11.06

    犬用キャリーバッグおすすめ人気ランキングTOP12【2018年最新版】

    2018.10.26

    犬用ボールおすすめ人気ランキングTOP10【2018最新版】

    2018.10.12

    犬用マットとは?

    暮らしやすさや掃除のしやすさからフローリングの床が主流となっている日本の住宅事情ですが、室内で犬を飼うときに問題となるのが、このフローリングの床です。
    フローリングの床には、ツヤ出しや汚れ防止のためにワックスが塗られていることが多く、犬の足が滑りやすくなってしまうのです。
    足が滑ることにより、犬が怪我をしたり、股関節、肘関節を痛めたりしてしまいます。
    犬は座ったり寝たりしている状態から立ち上がるとき、特に足を踏ん張りますが、滑りやすい床ではその踏ん張りが利かず、必要以上に関節や腰に負荷がかかるのです。
    犬は室内でも走ることが多く、爪を立てられないフローリングの床では足が滑って転んでしまい、捻挫や脱臼など怪我をすることも多くあります。
    犬用マットは、そんな犬の日常生活には欠かせないアイテムです。

    犬用マットのタイプ

    犬用マットには、カーペット、EVA素材、コルクなど、表面にさまざまな素材が使われています。
    どのタイプもフローリングの床に使用できますが、素材によって仕様が異なります。
    カーペットタイプは置くだけで床にピタッと貼りつく吸着型、EVA素材やコルクのものは凹凸をつなぎあわせるジョイントタイプが主流で、機能自体に大きな違いはありません。
    ここでは、タイプ別にそれぞれの特徴を紹介します。

    タイルカーペットタイプマット

    表面はカーペット素材、裏面には吸着機能が施されています。
    フローリングの床にぴたっと吸着するため、部屋全体に敷き詰めれば一般的なカーペットに見劣りしません。
    カーペットタイプの特徴は、滑り止めとしての効果が高く、また見た目に高級感があることです。
    最近では、カーペットの毛を短くカットし爪が引っ掛かるのを防止したものや防ダニ、はっ水加工が施されているものがペット用として販売されています。

    ジョイントタイプマット

    ジョイントタイプとは、凹凸を組み合わせて敷き、面積を自由に調節できるマット。
    中面、裏面にはクッション性の高いウレタンのような「EVA素材」が使用されています。
    表面は、EVA素材そのままのもの、カーペット、コルク、木目調とさまざまです。
    ジョイントタイプは、クッション性が高いことと汚れを拭き取りやすいことが最大の特徴。
    最近では厚手のものや1枚のサイズが大きなものも発売され、用途別に使い分けられることから、人気が高まっています。

    ホットカーペットタイプ

    パピーやシニア、また寒がりの犬のために需要が高まっているのが、ホットカーペットタイプ。
    ホットカーペットタイプのマットには、暖房温度、オンオフを調整できるタイマーがついた「電気を使用するタイプ」、保温材を電子レンジで温めて使用する「電子レンジを使用するタイプ」、犬の体温を利用して温める「発熱素材を使用したタイプ」の3種類があります。
    電気を使用するタイプと電子レンジを使用するタイプは、特に注意が必要です。
    何にでも興味を示す子犬や噛み癖のある犬は、コードや保温材をかじってしまう危険性があります。
    また、目を離したときにタイマーの不具合などで犬の体温以上に温度が上がる可能性も考えられます。
    そこでおすすめしたいのは、持ち運びも簡単で、停電や温度調節に関係なく使用できる犬の体温を利用して温めるタイプです。
    最近では発泡素材、アルミ素材などに加え最新素材を採用した商品が多く販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

    犬用マットの近年のトレンド

    少し前までは、犬用マットといえば薄手のEVA素材が主流でした。
    最近では、見た目には犬用マットとはわからないほどデザインの凝ったものや、犬用にこだわってさまざまな機能が付帯されたものが、大手家具メーカーや絨毯専門メーカーから多く販売されています。
    特に1枚のサイズが大きなもの、クッション性の高いもの、汚れが簡単に落ちるものがトレンドです。

    犬用マットを初めて買うならここを必ず押さえよう

    さまざまなタイプがありどれを買うか迷ってしまう犬用マットですが、必ず押さえておきたいポイントは5つ。
    犬の足腰保護、清潔をキープするための5つのポイントについて解説します。

    ① 足・腰に優しいクッション性(衝撃吸収・防音効果)を重視

    マルカン スーパーホットボアマット

    マルカン スーパーホットボアマット L

    犬用マットを選ぶうえで、重視したいポイントの第一はクッション性です。
    クッション性の高いものは犬の足腰への負担を軽減するだけではなく、マンションなど集合住宅で階下への防音効果の役割も果たしてくれます。
    犬用マットの厚さは、4mm厚から20mm厚まで幅広く販売されています。
    ドアの開閉が気になる廊下は薄手のマット、犬が普段生活をする室内では厚めのマットと、使用場所によって厚さを変えて選ぶことも賢い選択方法の一つです。

    ② 走ってもずれない裏面吸着加工が基本

    おくだけ吸着 ペット用撥水タイルマット

    おくだけ吸着 ペット用撥水タイルマット 8枚入 ブラウン

    元気はつらつな犬は、どんなに静止しても室内を走ってしまいます。
    裏面に吸着加工のされていない犬用マットでは、走っているときだけではなく、犬が歩いているときにもマットが滑ってしまい危険です。
    裏面にしっかりとした吸着加工がされているマットを選びましょう。

    ③ 丸洗いできることも必須条件

    おくだけ吸着 ペット用撥水タイルマット2

    おくだけ吸着 ペット用撥水タイルマット 8枚入 ブラウン

    毎日掃除をしていても、犬と一緒に暮らしているとトイレの粗相や吐き戻しなど、においや汚れが気になります。
    そこで選びたいのが、丸洗い可能で何度洗濯をしても機能が低下しないマット。
    一枚だけ取り外して洗うことができるマットなら、汚れたときにそこだけ洗えるので、ストレスもたまりません。

    ④ 抗菌・消臭加工でいつも清潔に

    おくだけ吸着 ペット用撥水タイルマット 8枚入

    おくだけ吸着 ペット用撥水タイルマット 8枚入 ブラウン

    犬と暮らしていて気になることは、独特のペット臭や雑菌の繁殖です。
    特にカーペットタイプのマットは、室内トイレやトイレトレーニング中の子犬によるアンモニア臭、ドッグフードのにおい、ペット独特の体臭など、さまざまなにおいがしみつきます。
    そのため、消臭加工がされているマットがおすすめ。
    ジョイントタイプに多いEVA素材のマットは爪による傷がつきやすく、そこから雑菌が繁殖することもあります。
    抗菌加工が施されているマットは数が少ないですが、掃除に化学薬品を使用したくない、小さな子供がいるなどの場合は、抗菌加工がされているマットを選びましょう。

    ⑤ 室内トイレ派には、はっ水加工が便利

    おくだけ吸着 ペット用撥水タイルマット 8枚入 ブラウン

    おくだけ吸着 ペット用撥水タイルマット 8枚入 ブラウン

    室内トイレに限らず、犬が水を飲む場合にもはっ水加工がされているととても便利です。
    はっ水加工は、ある程度の汚れも防止してくれます。
    ただし、はっ水加工がされているからといって安心せず、濡れたらすぐに拭き取る、汚れを見つけたらすぐに拭き取るなどの気配りは必要です。

    犬用マットの上級者目線の選び方

    フローリングの床に敷くだけで、犬にとってはいいことずくめの犬用マットですが、さらにうれしい機能が付加されたマットを選ぶと快適な環境作りができます。
    犬用、ペット用だけでなく、ベビー用のマットも選択肢に入れると機能以外にデザインなど選択の幅が拡がりますよ。

    ① 防ダニ加工があれば安心

    ピタッと吸着タイルマット 大判サイズ モノグラム柄

    ピタッと吸着タイルマット 大判サイズ モノグラム柄 ベージュ 6枚

    最近では、ダニの繁殖を抑える防ダニ加工が施されたマットが多く販売されるようになりました。
    常にエアコンなどで一定以上の室温が保たれている部屋では、ダニが死滅することはありません。
    さらに、どんなに気をつけていても散歩でダニをつけて帰ってくる可能性があります。
    冬でも暖かい室内はダニが好む環境のため、防ダニ加工されているマットは飼い主にとってうれしい限り。
    特にアウトドアで遊ぶのを好むアクティブな犬の場合は、必須です。

    ② 床暖房またはホットカーペットに対応しているものを選ぶ

    東リ ウィズペットフロア モカ

    東リ ウィズペットフロア モカ 40cm×40cm WPF03

    最近の住宅に多くなってきた床暖房。
    足元がポカポカ暖かく空気を汚さないことから人気ですが、犬用マットを選ぶときには必ず「床暖房対応」と明記してあるものを選ぶことが大切です。
    床暖房に対応していないマットを敷いてしまうと、マットの吸着機能が効かなかったり、床暖房に不具合が出てしまったりする場合があります。
    購入の際は、床暖房耐熱試験による耐熱温度が明記されているものを選びましょう。

    ③ ノンホルムアルデヒド仕様なら安心

    ピタッと吸着タイルマット 大判サイズ

    ピタッと吸着タイルマット 大判サイズ モノグラム柄 ベージュ 6枚

    ホルムアルデヒドとは、主に住宅用の接着剤や塗料に含まれている揮発性の有機化合物です。
    空気中に飛散したホルムアルデヒドを吸い込むと、目、鼻、喉、皮膚のかゆみなどアレルギー症状や呼吸器障害を発症することがあります。
    人間より低い位置で生活している犬には、このホルムアルデヒドによるアレルギー症状の発症が心配です。
    犬用マットを選ぶときは、ノンホルムアルデヒドまたは低ホルムアルデヒドと明記してあるものを選ぶのがおすすめです。

    ④ ジョイントマットの端を埋めるサイドパーツつきのものを選ぶ

    アイリスオーヤマ ジョイントマット グレー/ホワイト 1畳用 (18枚セット) 極厚1.8cm JMRN-318 18枚入

    アイリスオーヤマ ジョイントマット グレー/ホワイト 1畳用 (18枚セット) 極厚1.8cm JMRN-318 18枚入

    ジョイントタイプのマットには、マット同士をつなげるために凹凸になっています。
    サイドパーツはこの凹凸を埋めるためのパーツで、パーツを凹凸にはめこむことによって端の凸凹がなくなります。
    サイドパーツは必需品で、これを使用しないと足が引っかかったり、かじってしまったりするなどのトラブルが起こる可能性も。
    格安のものは、このサイドパーツが別売であったり販売されていなかったりするので、購入時に確認しましょう。

    ⑤ ベビー用マットも選択肢の一つに

    アイリスオーヤマ ジョイントマット

    アイリスオーヤマ ジョイントマット グレー/ホワイト 1畳用 (18枚セット) 極厚1.8cm JMRN-318 18枚入

    ベビー用として販売されているマットの多くは滑りにくく、はっ水または防水、消臭など犬用マットと同じ機能が付加されています。
    犬用マットを探していて、自宅のインテリアや趣味にあうデザインのものがなかった場合、チェックしたいのがベビー用マットです。
    ベビー用にはやわらかい色調のマットやイラスト入りのマットもあるので、選択肢として候補に入れると犬用マット選びが楽しくなりますよ。

    犬用マットのジョイントタイプとタイルカーペットタイプの価格と特徴を比較

    犬用マットとして部屋全体に敷き詰めるものは、ジョイントタイプとタイルカーペットタイプの2種類。
    ジョイントタイプは、クッション製の高いEVA素材を使用したものがおすすめです。
    カーペットと変わらない高級感のある犬用マットを探している場合には、裏面に吸着処理が施された吸着型タイルタイプがおすすめ。
    ジョイントタイプのサイズが60cm角と大きなものが主流であることに対し、タイルカーペットタイプは25cm角~60cm角と幅広いサイズ揃えがあり、また廊下に敷きやすい長方形も揃っています。
    どちらのタイプも滑り止め、防音、はっ水など犬用マットとしての機能は充実しているので、部屋のインテリアや好みでチョイスすることが可能です。
    ここでは、どちらのタイプも30cm角1枚あたりの価格を比較します。

    タイプ価格帯特徴
    ジョイントタイプ(サイドパーツつき)約82円~約600円ジョイントタイプのマットは厚みによって価格が変動。EVA素材を使用していない薄手のものには格安品もありますが、クッション性、防音性、はっ水性などの機能に不安があります。
    タイルカーペットタイプ約75円~約500円タイルカーペットタイプのマットは、毛足の長さや厚みに加え、防炎、防汚、防水、防ダニなど付帯されている機能によって価格が変わります。

    犬用マット・ジョイントタイプおすすめ人気ランキングTOP4

    ここからは、犬と暮らすうえで外せないポイントをおさえた仕様で人気の犬用マット・ジョイントタイプの製品をご紹介!
    ホリスティックケア・カウンセラーの目線で見た、滑りにくさ、足腰を守るために必要なクッション性があることに加え、犬が粗相してしまっても掃除がしやすい点などを評価しています。

    4位 高機能 デニム ジョイントマット

     高機能 デニム ジョイントマット
    クッション性
    防水性
    滑りにくさ
    総合おすすめ度

    サイズ:60×60cm、30×30cm
    厚み:6mm
    素材:表地 デニム100%、中材・裏面 EVA樹脂
    毛足:約1mm
    機能:防音、キズ防止、低ホルムアルデヒド、ホットカーペット・床暖房対応
    洗濯:手洗い
    カット:はさみ・カッター使用可
    原産国:中国
    洗濯:手洗い
    取付方法:置き型

    魅力ある商品とサービスを提供することがモットーの、インテリアアイテムをデザインするグラムスタイルがリリースするジョイントマットは、本物のデニムをEVA樹脂に貼りつけた今までにはないデザインのもの。
    60cmタイプと30cmタイプがピタリと組みあわせられる設計のため、好みのサイズを作ることができます。
    デニムタイプは全2色、組みあわせ可能なカーペットタイプのSARARIシリーズは全9色と豊富なカラーバリエーションで、どの色やテクスチャーも自由に組み合わせることが可能です。
    お部屋のアクセントとして、個性豊かな組みあわせを考える飼い主向きのバリエーションが特徴です。
    もちろんEVA素材の特徴である弾力性、保温性、断熱性、衝撃緩和に優れ、汚れた部分は水洗い可能、壁際まで敷き詰められるサイドパーツつきで、隙間なく設置できます。

    3位 I LOVE BABY(アイラブベビー) 抗菌 ジョイントマット

     I LOVE BABY(アイラブベビー) 抗菌 ジョイントマット
    クッション性
    防水性
    滑りにくさ
    総合おすすめ度

    サイズ:32×32cm
    厚み:14mm
    素材:EVA樹脂
    毛足:なし
    機能:抗菌効果、防炎性、防音、衝撃吸収効果、滑り止め加工、保温効果、ノンホルムアルデヒド、床暖房対応
    洗濯:手洗い
    カット:はさみ・カッター使用可
    原産国:台湾
    洗濯:手洗い
    取付方法:置き型

    I LOVE BABY(アイラブベビー)は、ママと赤ちゃんが快適に過ごすためのアイテムを集めたセレクトショップ。
    このジョイントマットも、ハイハイの赤ちゃんに安心な、有害物を一切使用していないマットです。
    大腸菌、黄色ブドウ球菌などの繁殖を防ぐ抗菌加工がされているため、ワクチン接種が終了していないパピーのハウスにも安心して使用できます。
    落ち着いたツートンカラーのマットは、正方形につなげると195×195cmサイズとなり、パピーサークルやケージ内に設置するのにちょうどいい大きさ。
    スクエアのパーツとエッジコーナーがセットになっているので、ラグマットのように使用できます。
    ジョイントマットには珍しく収納ケースつきで、必要のないときには収納できることも魅力です。

    2位 極厚ジョイントマット 【やさしいジョイントマット】

    やさしいジョイントマット
    クッション性
    防水性
    滑りにくさ
    総合おすすめ度

    サイズ:60×60cm
    厚み:20mm
    素材:EVA
    毛足:約1mm
    機能:防音、防水、キズ防止、断熱効果、低ホルムアルデヒド、ホットカーペット・床暖房対応
    洗濯:手洗い
    カット:はさみ・カッター使用可
    原産国:中国
    洗濯:手洗い
    取付方法:置き型

    通常のジョイントマットの厚みが10~15mmであるのに対し、こちらは極厚の20mmとさらに防音、断熱効果、クッション性を高めたタイプです。
    パピーやシニア、室内トイレ派にはうれしい、お手入れが楽な防水機能つき。
    残念ながら、角を埋めるサイドパーツが別売りのため、高機能ながら2位となりました。

    【こちらもCHECK】やさしいジョイントマットの使い方動画はこちら

    1位 タンスのゲン 【滑りにくいジョイントマット】 ぴたっと ウッド

    滑りにくいジョイントマット ぴたっと ウッド
    クッション性
    防水性
    滑りにくさ
    総合おすすめ度

    サイズ:60×60cm
    厚み:10mm
    素材:PE、OPP、EVA樹脂
    毛足:なし
    機能:ノンスリップ、防音、保温、弾力 ノンホルムアルデヒド、床暖房対応
    洗濯:手洗い
    カット:はさみ・カッター使用可
    原産国:中国
    洗濯:水洗い
    取付方法:置き型

    フローリング派にうれしい木目調の滑りにくいジョイントマット。
    滑ると評価されていた従来の木目調ジョイントマットに防滑フィルムを貼ることで、靴下でも滑りにくい設計が施された「タンスのゲン」オリジナル商品です。
    EVA素材の特徴である弾力性、防音性、保温性、耐久性に優れ、汚れや引っかき傷などの衝撃にも強いため、犬のいる家庭にも向いています。
    このオリジナルジョイントマットは、1枚が通常サイズの2倍ある大判サイズなので、ジョイント部分が少なく強度がアップしているのが大きな特徴です。
    ペット用ではありませんが、犬と同じように室内で遊ぶ・汚すといった小さな子供の安全性を十分に考慮しており、犬を飼っている家庭にも十分に対応しています。
    この価格でサイドパーツがセットされているところも魅力です。

    犬用マット・タイルカーペットタイプおすすめ人気ランキングTOP4

    こちらも滑りにくさ、爪のひっかりにくさ、足腰を守るために必要なクッション性、犬が粗相しても掃除がしやすいなどのポイントを評価。
    人にも犬にも快適な犬用マットのタイルカーペットタイプの製品を紹介します!

    4位 サンゲツ スタイルキット カット (KIT-60)

    サンゲツ スタイルキット カット
    クッション性
    防水性
    滑りにくさ
    総合おすすめ度

    サイズ:40cm×40cm
    厚み:8.2mm
    素材:表面 BCFナイロン100% 、裏面 フェルトバック+裏面吸着加工
    毛足:カット
    機能:防炎、制電 、 防汚性、 消臭、防ダニ 、 床暖房対応
    洗濯:手洗い
    カット:はさみ・カッター使用可
    原産国:日本
    取付方法:吸着

    壁紙をはじめ、カーペット、カーテンといったインテリアをトータルに商品開発しているサンゲツ。
    このスタイルキットは、リーズナブルながら高機能であることを目的にリリースされているタイルタイプのカーペットです。
    吸引力の強力な掃除機やロボット型掃除機を使用してもずれない吸着力を持ちながら、何回もはがしたり、貼ったりできる特殊吸着加工が施されているところが大きな特徴です。
    ふわふわでやわらかい質感ながら、ダストポケット効果によるダニやホコリの舞い上がりを抑制、フェルト、樹脂層、繊維の3層構造で衝撃も緩和します。
    気になる犬特有のにおいを軽減する消臭機能も付帯されているところもうれしい機能の一つ。
    残念ながらはっ水加工がされていないため、4位の評価となりました。

    【こちらもCHECK】サンゲツ スタイルキットの動画はこちら

    3位 おくだけ吸着 ペット用撥水タイルマット

    おくだけ吸着 ペット用撥水タイルマット
    クッション性
    防水性
    滑りにくさ
    総合おすすめ度

    サイズ:30×30cm
    厚み:4mm
    素:表面 ポリエステル100%、裏面 アクリル樹脂(カテキン入り)
    毛足:カット
    機能:アンモニア消臭加工、はっ水加工、床暖房対応
    洗濯:洗濯機
    カット:はさみ・カッター使用可
    取り付け:吸着
    原産国:日本

    リーズナブルな価格で惜しげもなく取り替えができることから人気の「おくだけ吸着」マット。
    厚手のマットがトレンドの昨今ですが、厚さ4mmと薄手のこのマットはドアの開閉の妨げになることがなく、廊下など敷く場所を選びません。
    室内トイレ派やパピーにはうれしいはっ水加工に加え、アンモニア消臭加工がされているため、気になるペット臭を抑えてくれます。
    繰り返し洗濯機で洗っても、吸着機能、消臭機能が持続されるところも人気の秘密。
    全8色と豊富なカラーバリエーションで、お部屋のインテリアにあわせてコーディネート可能です。

    2位 nittan(ニッタン) ホームタイルHT302

    nittan(ニッタン) ホームタイル
    クッション性
    防水性
    滑りにくさ
    総合おすすめ度

    サイズ:50×50cm
    厚み:9mm
    素材:原着ナイロン100%
    毛足:カット
    機能:防ダニ(増殖抑制タイプ)、防音、制電、遊び毛、ホルムアルデヒド対策済み、床暖房対応
    洗濯:洗濯機
    カット:はさみ・カッター使用可
    取り付け:吸着
    原産国:日本

    1874年創業の老舗絨毯専門メーカーが、ペットのために開発したタイルカーペットがこのホームタイルシリーズです。
    賃貸マンションでも安心して使用できる独自の防音設計が特徴。
    しっかりとした厚みがある7層構造で、犬の足腰に優しいばかりではなく、階下への防音効果も発揮、また冷暖房効果も高めてくれます。
    ハウスダストはもちろん、特に長毛種の悩みの種である抜け毛の空中浮遊をキャッチする特殊構造もうれしい特徴。
    豊富なカラーバリエーションの無地タイプに加え、ストライプ柄タイプ、ポイント柄タイプのほか、トイプードル、シバ、フレンチブルドッグなど10犬種が描かれたDog Loversタイプもラインナップされ人気です。

    1位 東リ アタック270 キャンバスファイン

    東リ アタック270 キャンバスファイン
    クッション性
    防水性
    滑りにくさ
    総合おすすめ度

    サイズ:40×40cm
    厚み:9mm
    素材:BCFナイロン100%
    毛足:カットパイル
    機能:防汚(はっ水、はつ油)、防ダニ、遮音、静電、遊び毛、エアファイン加工、スムース加工、低炭素、床暖房対応、ホルムアルデヒド対策済み
    洗濯:手洗い
    カット:はさみ・カッター使用可
    取り付け:吸着
    原産国:日本

    タイルカーペットの老舗・東リ独自のコンセプトが詰まったアタックシリーズは、カラフルなデザインと使い勝手のよさが特徴です。
    このキャンバスファインはペット仕様として設計されているため、飼い主の「欲しい」機能がすべて網羅されています。
    フッ素樹脂加工により汚れがつきにくく、はっ水・はつ油性を表面にもたせているため、お手入れがカンタン。
    さらに犬の爪の引っ掛かりを防ぐカットパイルには、ゴミやホコリを取り除きやすいスムース加工、静電気の発生防止加工が施され、掃除のしやすさも追求しています。
    多機能ながらカラーも14色と豊富で、置きたい場所にあわせて好きなサイズにカッターやハサミでカットできるので、インテリアとコーディネートすることも可能です。
    裏面には特殊加工が施され、床面にも傷をつけずしっかりと吸着、耐久性、防炎性も高い優れもの。
    4人に1人がリピートするという高リピート率を誇る人気の犬用マットです。

    犬用マット・ホットマットタイプおすすめ人気ランキングTOP2

    ここからはホリスティックケアカウンセラーが安全性の観点から見た、ホットマットの製品を紹介します!
    犬用ホットカーペット、マットには、電気を使うホットカーペットタイプ、電子レンジで中材を温めるタイプ、発熱素材を使用したタイプの3種類がありますが、電気タイプ、電子レンジタイプはコードや中材をかじることが心配です。
    ここではケージやキャリーでも使用できサイズも豊富な、犬の体温で発熱するタイプの犬用ホットマットをご紹介します。

    2位 ワン・ニャン快適HOTマット

    クッション性
    防水性
    滑りにくさ
    総合おすすめ度

    サイズ:M 40×50cm、L 50×60cm
    厚み:20mm
    素材:外カバー 綿、ポリエステル、本体カバー:不織布、中材・保温層 発泡ポリエチレンシートエアキャップ・アルミライナー・特殊アルミ4層シート(不織布+透明ポリエチレンフィルム+アルミ+透明ポリエチレンフィルム)、断熱材 発泡ポリウレタンシート
    毛足:なし
    機能:体温反射タイプ発熱機能
    洗濯:洗濯機(外カバー)
    カット:はさみ・カッター使用不可
    取り付け:置き型
    原産国:日本(外カバー 中国製)

    マットに犬が乗るだけで、犬の体温を利用してマット自体が発熱し表面温度が上昇するという4層構造が採用されているマットです。
    その仕組みは最下部の断熱層によって床からの冷気を遮断、上に重ねられた特殊アルミ4層シートそして2種類の保温層によって犬の体温を熱反射アルミ層で反射、特殊空間層で保温するというもの。
    この特殊アルミ構造は、NASAのために開発された技術を転用したもので、アメリカでは緊急救命医療の現場でも使用されている優れもの。
    検証実験によるデータから、発熱タイプのマットのなかでは最も暖かく、暖かさを長時間維持できることが実証されています。
    家のなかではもちろん、車やアウトドアでも活躍してくれること間違いなしです。

    1位 マルカン スーパーホットボアマット

    マルカン スーパーホットボアマット
    クッション性
    防水性
    滑りにくさ
    総合おすすめ度

    サイズ:レギュラー 30×45cm、S 50×40cm、M 60×50cm、L 70×60cm
    厚み:レギュラー 1cm、S 1.3cm、M 1.3cm、L 1.3cm
    素材:表生地 ポリエステル100%、芯材 発泡ポリエチレン、裏面 不織布
    毛足:5mm
    機能:体温反射タイプ発熱機能
    洗濯:手洗い(外カバー)
    カット:はさみ・カッター使用可
    取り付け:置き型
    原産国:中国

    犬が大好きなフワモコのボア生地を外カバーに使用し、中材にカーボン入り発泡ポリエチレンを使用した暖かマットです。
    犬の体温で発熱するカーボン入りマットに気泡の細かいボアの暖かさが加わり、犬に十分な暖かさを得ることができます。
    裏面には滑り止め加工がされているので、フローリングの床に置いても滑ることはありません。
    こういったマットには珍しく、自由なサイズにハサミでカットできるので、ケージやキャリーのサイズにあわせてカットすることで、室内はもちろんお出かけのときにも使用できます。
    マットごと手洗いでき衛生的ですが、はじめのうちはボアの色落ちがあるので単体で洗うのがおすすめ。
    豊富なサイズバリエーションもうれしいポイントです。

    犬用マットの使用上の注意点

    フローリングの床での室内飼いの犬には必要不可欠とも言える犬用マットですが、使用には次のことに気をつけましょう。

    ① 汚れや傷みがひどい場合は、買い換える覚悟を

    高機能 デニム ジョイントマット

    高機能 デニム ジョイントマット ウレタン 洗える 手洗い 低ホルムアルデヒド 防音 キズ防止 フローリング保護 カット可能 【デニムタイプ/ライトブルー/30x30cm/9枚入り】

    こまめに掃除や洗濯をしていても、汚れや傷は気になるもの。
    犬がマットを掘ってしまったり、粗相をしてしまった場合は、躊躇せずに買い換えるのがおすすめです。
    カーペットタイプは購入時期のロットによって色の誤差が出ることもあるので、同じ色ではなくツートンカラーにしたり、ポイントカラーを使用したりと、アイディア次第でお部屋の模様替えもできてしまいます。
    ジョイントタイプ、タイルタイプどちらも1枚毎に交換できることが大きなメリットです。
    製品によっては1枚でも購入可能なものもあるので、セットで購入するときにバラ売りがあるか確認しておくといいでしょう。

    ② 子犬期は使い捨てを想定しましょう

    子犬 マット

    子犬は、トイレの失敗はもちろん、食べこぼし、吐き戻しなど予想以上にマットを汚します。
    特にパピーサークルのような狭い場所では、使用するマットの数も少ないため、同じ場所が汚れがち。
    自分のにおいがついているところを好むため、同じ場所でトイレの失敗をしてしまったり、同じ場所で寝ていたりします。
    子犬にはまだ免疫がないため、少しの雑菌でもアレルギーのような症状を起こすこともあります。
    子犬期に犬用マットを使用する場合は、こまめに新しいものと交換して、いつでも清潔な状態を保ちましょう。

    ③ タイルカーペットタイプは爪の引っ掛かりに要注意

    おくだけ吸着マット グラデーション

    18枚組(1畳分)(おくだけ吸着マット グラデーション柄) H35304(サイズはありません ア:グレー)

    タイルカーペットタイプには、毛先がカットされているタイプと、ループ状になっているタイプの2種類があります。
    今回紹介したのは爪が引っかかりにくいカットタイプですが、ループタイプは歩いているだけでもループに爪が引っかかることがあります。
    犬の爪は内側に丸まっている形状をしているので、一度引っかかってしまうと取れにくく、最悪の場合は爪が折れてしまうことも。
    室内で飼っている犬は比較的爪の伸びが早いので、ループタイプのマットを使用する場合は、最低でも2週間に一度は爪切りをするか、カットタイプのマットと交換することがおすすめです。

    Amazonの犬用マット人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    好みのデザインの犬用マットを選んで快適な生活空間を作りましょう

    サンコー はっ水 洗える おくだけタイルマット

    サンコー はっ水 洗える おくだけタイルマット 養生保護マット おくだけ吸着 TRILU TILE MATS 8pas 同色8枚入 ライトブルー KL-67

    犬を飼っている家には、必需品とも言える犬用マット。
    最近では、犬用マットも色、柄ともにカラフルなものが多く販売されています。
    お部屋の雰囲気にあわせてカラーを選んだり、犬のスペースだけ違うカラーにしたりと選び方は千差万別。
    買い方のポイントは、交換することを考慮したカラー選び。
    敷きたい部分のサイズが決まったら、2色、3色と同じサイズのタイルを選んで気分によって色を変えるのも楽しいですね。
    犬用マットと考えずにインテリアの一部として、ぜひ快適な生活空間を演出してください。

    【あわせて読みたい】犬用グッズに関連するおすすめ記事はこちら

    犬用食器おすすめ人気ランキングTOP12!プラスチック製・ステンレス製・陶器製の種類別に紹介【2018年最新版】

    2018.10.11

    犬用ドライヤーおすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

    2018.10.10

    犬用リュックキャリーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.10.04

    犬用シャンプーおすすめ人気ランキングTOP24!やり方や頻度の解説も【2018年最新版】

    2018.10.01

    犬用お散歩バッグおすすめ人気ランキングTOP6【2018年最新版】

    2018.09.28

    ABOUTこの記事をかいた人

    西村百合子

    ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士の資格所持

    ゴールデンレトリバーと暮らして20年が経ちます。初代の愛犬が心臓病を患ったことがきっかけとなり、資格を取得しました。
    いつまでも健康で犬本来のあるべき姿でいてほしい、という願いからフードをはじめ犬関連グッズにはこだわりを持っています。
    私の知識が少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。