ダイエットに最適なグラノーラおすすめ人気ランキングTOP12【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

ヨシ ノリハラ

健康ライター・健康研究家

糖質制限ダイエットを実践し、2年で15キロほどのダイエットに成功しました。
それをきっかけに、身体の仕組みや栄養素について勉強するようになりました。
これらの分野で、家族や友人に自然に勧めたくなる情報を発信中です。

    選び方のポイント

    • 原材料
      →精製されていない穀類を使用したものを選べば、精製されたものより食物繊維が豊富で、お腹の調子もよくなる。
    • 味・食べやすさ
      →砂糖や人工甘味料などは少ないため、ドライフルーツやナッツがブレンドされているものが食べやすい。
    グラノーラ

    現代人の生活は忙しく、ゆっくりと朝食を食べる時間もないもの。
    そんななか、栄養バランスを整えながらダイエットに最適な食品として、グラノーラが注目されるようになっています。
    なかには「美味しい」と感じるものの、砂糖や人工甘味料をたっぷり使った商品もあり、ダイエットに最適なグラノーラを探し出すのはなかなか難しいものです。
    そこで今回は、グラノーラ大好き健康研究家のわたしが、ダイエットに最適なグラノーラを探し出してみました!

    目次

    ダイエットに最適なグラノーラの基礎知識

    ダイエットに最適なグラノーラとは?

    グラノーラ

    朝食・昼食・夕食のいずれかを、カロリーや糖質量の少ない食品にする「置き換えダイエット」が人気ですよね。
    さまざまな食品がありますが、そのなかでもグラノーラは健康的な置き換えダイエットに適しています。
    とくにこの記事のなかで紹介しているダイエットに最適なグラノーラは、食物繊維が多めで血糖値の急上昇を防いでくれるため、体内のインスリンの量が適度に保たれ太りづらくなるというメリットがあります。
    朝の食事を、トーストとジャムとコーヒーからダイエットに最適なグラノーラに替えることで、健康的に痩せ始めることができるはずです。

    【こちらもCHECK】グラノーラに関連するおすすめ記事はこちら

    ダイエットに最適なグラノーラおすすめ人気ランキングTOP12【2018年最新版】

    2018.11.23

    グラノーラバーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.07.26

    グラノーラおすすめ人気ランキングTOP15!食べ方によっては太る?糖質カット商品も紹介【2018年最新版】

    2018.07.24

    ダイエットに最適なグラノーラのタイプ(種類)

    グラノーラ

    ダイエットに最適なグラノーラの選び方として、この記事のなかでは、いくつかの種類に分類してみました。
    グラノーラの原材料は穀類ですので、糖質量は少なくありません。
    しかし、糖質量をできるだけ少なくしているダイエット向きのグラノーラも市販されるようになっています。

    厳密に言えばグラノーラではありませんが、この記事のなかではダイエットに最適なグラノーラとして「ミューズリー」も取りあげました。
    ミューズリーは未精製の穀類を押しつぶし、ローストしたあとナッツやドライフルーツとブレンドしたもので、グラノーラのように油で焼き上げていない分、カロリーが低めです。
    またほとんどの場合、砂糖や人工甘味料を使用していないので、素材そのものの味を楽しむことができるでしょう。

    ダイエットに最適なグラノーラを初めて買うならここを必ず押さえよう

    ① 原材料

    グラノーラ

    ダイエットに最適なグラノーラの原材料は、オーツ麦・小麦・大麦などの穀類が基本で、商品によってはライ麦、米やコーンフレークなどが含まれているものもあります。
    精製されていない穀類を使用したものを選べば、精製されたものより食物繊維が豊富で、お腹の調子もよくなるでしょう。
    アーモンドやヘーゼルナッツ、かぼちゃやひまわりの種などの種子類が豊富に含まれていると、たんぱく質やミネラルが豊富になり一食の栄養バランスがよくなることにも注目できます。
    人工的な甘味料を使用しなくても、ドライフルーツやココナッツチップなどで甘さを増すことができるため、使っているフルーツの種類などもチェックしましょう。

    ② 味・食べやすさ

    グラノーラ

    日常的に食べ続けるのであれば、味や食べやすさも重要なポイントです。
    この記事では、ダイエットに最適なグラノーラを紹介しているので、砂糖や人工甘味料などは少なめの商品が多め。
    そのため、甘味料に頼らず原材料の穀類が持つ甘みや、ドライフルーツやナッツのブレンド具合で絶妙な食べやすさを実現している商品を探してみました。

    ③ コストパフォーマンス

    グラノーラ

    ダイエットに最適なグラノーラは、毎日食べ続けて真の効果が発揮されると言えるでしょう。
    そのため1食あたりの価格を換算して比較すると、毎日食べ続けるのに適したグラノーラを見つけることができます。
    メーカーにより異なりますが、平均的には1食あたり40〜50gが推奨されています。
    この記事のなかでは、コストパフォーマンスを比較するのに1食あたりの価格を記載するようにしているので、参考になさってください。

    ダイエットに最適なグラノーラの最安値と価格帯の特徴一覧

    グラノーラはスーパーでも専用のコーナーを作っているところが増えており、選択肢が非常に多くありますし、価格も手に入れやすくなっているのがうれしいですね。
    市販のグラノーラは内容量により値段が変わるので、家族の規模や食べる頻度などを考えて、1ヶ月で食べきれるくらいの量を購入するのがよいでしょう。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約200円~600円~1,200円約2,000円~
    特徴200g入りなど容量の少ない市販のグラノーラです。400g〜1kg前後でさまざまな種類があります。一個一個手作りで添加物不使用などこだわりのあるグラノーラです。

    ダイエットに最適なグラノーラおすすめ人気ランキングTOP3

    ここまではダイエットに最適なグラノーラの選び方のポイントを解説してきました。
    ここからは、穀類のほかにナッツやドライフルーツなどの栄養バランスに注目した「原材料」、歯応えや食感などの「味・食べやすさ」、毎日続けやすい価格かどうかの「コストパフォーマンス」などのバランスを見ながら、グラノーラ大好き健康研究家の私のおすすめ商品を分野別に紹介します。

    3位 カルビー フルグラ 糖質オフ 25% 600g×6袋

    カルビー フルグラ 糖質オフ 25%
    原材料
    味・食べやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料:大豆たんぱく、オーツ麦、ココナッツ、ライ麦粉、砂糖、乾燥果実、水溶性食物繊維、豆乳、クルミ、アーモンド、アーモンドパウダー、小麦ふすま~ほか
    内容量:600g
    カロリー:1食(50g)あたり238kcaL
    栄養成分:1食(50g)あたり たんぱく質 8.9g、脂質 12.6g、コレステロール 0mg、炭水化物 25.7g、糖質 18g、食物繊維 6.8g、食塩相当量 0.2g~ほか
    1食(40〜50g)あたりの価格:約48円〜60円(2018年11月12日現在)

    グラノーラといえばカルビーの「フルグラ」が人気ですが、通常のシリーズより25%も糖質オフしたダイエット向けの商品です。
    通常のグラノーラよりも甘さを控えめにしながらも、食べやすさを実現するために生地に豆乳を使用しています。
    トッピングにはレーズンやいちごなどを配合し、自然な甘みが味わえるのが魅力。
    アーモンドやくるみなどのナッツ類を加え、サクサクとした食べ応えにしています。
    しかし糖質が少ないとはいえ、「通常のフルグラと比較すると少ない」という意味なので、他社商品と比較すると1食(50g)あたりのカロリーは多少高めなのは気になるところ。
    1食あたりの価格は50円前後で、十分毎日食べることができる価格です。

    2位 トクホ ケロッグ オールブラン袋 235g×6袋

    ケロッグ オールブラン袋
    原材料
    味・食べやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料:小麦外皮、砂糖、麦芽エキス、食塩、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄~ほか
    内容量:235g
    カロリー:1食分(40g)あたり 141kcaL
    栄養成分:1食分(40g)あたり たんぱく質 6.0g、脂質1.7g 、炭水化物 30.9g、糖質 19.9g、食物繊維 11.0g、ナトリウム 28.9mg、鉄5.0mg、ビタミンB1 0.70mg、ビタミンB2 1.00mg、ナイアシン 6.0mg
    1食(40〜50g)あたりの価格:約50〜65円(2018年11月12日現在)

    ケロッグの「オールブラン」は小麦外皮(ブラン)を主に使用したグラノーラで、食物繊維が豊富に含まれているのが特徴です。
    ブランに多く含まれている食物繊維は「不溶性食物繊維」と言われていて、水分を含むとふくらんで腸を刺激するため、便通がよくなることで知られています。
    食物繊維は満腹感を高め、食後の血糖値の上昇も抑える効果も。
    オールブランは、1食(40g)あたりの食物繊維量が11gで、わかりやすく換算するとレタス3.5個分にも相当します。
    この商品は、特定保健用食品 (トクホ)に認定されており「お腹の調子を整える」効果を期待できるため、ダイエットには最適と言えるでしょう。
    人工甘味料や香料などを大量に使用しているグラノーラではないので、甘すぎず、素材の味を感じたい人に特におすすめ。
    牛乳や豆乳、ヨーグルトなどをかけて、フルーツなどを少し入れると自然な甘さが際立って美味しく食べられます。
    1食あたりの価格も50円前後で、ダイエットのために毎朝食べても負担のない価格がうれしいですね。

    1位 日清シスコ ごろっとグラノーラ 糖質50% オフ きなこ仕立ての充実大豆 400g×6袋

    ごろっとグラノーラ 糖質50%
    原材料
    味・食べやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料:粒状大豆たんぱく、水溶性食物繊維、黒大豆、砂糖、食物油脂、オーツ麦、小麦粉、青大豆、きな粉、大豆~ほか
    内容量:400g
    カロリー:1食分(40g)当たり155kcaL
    栄養成分 :1食分(40g)当たり たんぱく質 13.3g、脂質 5.28g、コレステロール 0mg、炭水化物 18.5g、糖質 8.8g、食物繊維 9.7g、食塩相当量 0.37g~ほか
    1食(40〜50g)あたりの価格:約80〜100円(2018年11月12日現在)

    市販されているグラノーラのなかでも人気の日清シスコ「ごろっとグラノーラ きなこ仕立ての充実大豆」の糖質50%オフバージョンの商品。
    原材料としてオーツ麦や大麦に加えて、三種類の大豆(黄大豆・青大豆・黒大豆)を使用しており、きなこ風味が食欲をそそります。
    1食(40g)あたりの糖質量は8.8gで、メーカーの違う市販グラノーラのなかでも際だって低糖質。
    過剰にとりすぎた糖質は、体内で中性脂肪にかわり太っていく直接の原因になるため、糖質制限ダイエット時の朝食にぴったりの商品です。
    1食(40g)あたりの価格は100円に近く、他社商品に比べると若干割高ですが、ほかにはない低糖質のグラノーラであることを考えると納得できますね。
    また、腸内環境を改善するために役立つフラクトオリゴ糖や食物繊維が加えられており、栄養バランスのよいダイエットに最適なグラノーラとしてイチオシです。

    ダイエットに最適なグラノーラ(オーガニック)おすすめ人気ランキングTOP3

    グラノーラは素材の味が生きているのが特徴ですが、その分原材料の質が気になります。
    このランキングでは特にオーガニックの「原材料」をどれほど使用しているか、「味・食べやすさ」が損なわれていないか、際だった「栄養成分」があるかどうかに注目しました。
    ここからは、有機(オーガニック)の原材料を使用したダイエットに最適なグラノーラのランキングをご紹介します。

    3位 ハニーマザー マヌカRAWグラノーラ【お試し35g】×3個 セット

    ハニーマザー マヌカRAWグラノーラ
    原材料
    味・食べやすさ
    栄養成分
    総合おすすめ度

    原材料:国産りんご、非加熱アーモンド、有機デーツ、マヌカハニーUMF10+(ニュージーランド)、非加熱有機ひまわりの種、非加熱有機かぼちゃの種、有機レーズン、ココナッツフレーク、有機メープルシロップ~ほか
    内容量:35g
    カロリー:-
    栄養成分:-

    ナッツ・フルーツ・ハチミツに含まれるビタミンやミネラル、酵素は熱に弱く簡単に失われてしまいます。
    そこで、低温乾燥・低温調理により、すべての原材料に熱を加えていない(非加熱)高品質の有機グラノーラが開発されました。
    原材料はできる限り農薬や化学肥料を使用していない有機(オーガニック)で、素材の質を感じられる自然な美味しさが特徴です。
    ニュージーランドの大自然で抗生物質を使用しないオーガニック養蜂で収穫された、品質の高いはちみつ「マヌカハニー」と、すべてオーガニックのドライフルーツなどで自然な甘みを実現しています。
    小麦・卵・乳製品などを使用していないため、アレルギーの子供も安心して食べられるのもうれしいですね。
    この商品はお試しサイズで小さめの35gあたり約200円ですから、大手メーカー商品に比べると割高で朝食に毎日食べるのは経済的ではありません。
    価格が高い分ランキングは少し低めになりましたが、美味しさと質の高さは抜群のオーガニックグラノーラですので、たまに味わうぜいたくなおやつ代わりにいただきたい逸品です。

    2位 ラブクランチ オーガニックグラノーラ ダークチョコレートマカロン 325g

    原材料
    味・食べやすさ
    栄養成分
    総合おすすめ度

    原材料:有機押しオート麦、有機さとうきび糖、有機食用ひまわり油、有機ココナッツ、有機チョレートチップ、有機ココア、有機米澱粉~ほか
    内容量:325g
    カロリー:1食(30g)あたり 150kcaL
    栄養成分:1食(30g)あたり たんぱく質 2g、脂質 6g、炭水化物 20g(糖質:18g、食物繊維:2g)、ナトリウム 50mg、食塩相当量 0.1g

    アメリカで最も人気のあるグラノーラメーカー「ネイチャーズパース」の人気商品。
    有機オート麦を原材料のベースに有機ココナッツ、有機チョコレートチップを加えた自然な甘みが美味しいグラノーラです。
    牛乳や豆乳、ヨーグルトをかけて食べるとココナッツとチョコレートの甘さがほんのりと感じられて、なかなかやめられなくなりますよ。
    朝食だけではなく、間食・おやつなどにも適しています。
    チョコレートチップが入っているので、夏場などの保管場所に注意しましょう。
    1食あたりの価格は、メーカーが推奨する30gで計算すると約90円前後(2018年11月12日現在)になり、毎食食べても負担のない価格です。

    1位 ネイチャーズパース オーガニック ココナッツチア グラノーラ

    原材料
    味・食べやすさ
    栄養成分
    総合おすすめ度

    原材料:有機押しオート麦、有機さとうきび糖、有機食用大豆油、有機ココナッツ、有機玄米粉、有機チアシード、有機オート麦シロップ、塩、有機糖蜜~ほか
    内容量:350g
    カロリー:1食分(55g)あたり270kcaL
    栄養成分:1食分(55g)あたり たんぱく質 5g、脂質 11g、糖質 30g、食物繊維 6g、ナトリウム 50mg、オメガ3脂肪酸 720mg

    2位の商品と同じ「ネイチャーズパース」の、オーガニックグラノーラで定評のある商品です。
    有機オート麦を原材料のベースに、有機さとうきび糖や有機ココナッツが入って甘い独特の風味を醸しています。
    有機チアシードが加えられていることで、血液をサラサラにする「よい油」であるオメガ3脂肪酸や食物繊維、たんぱく質が豊富になっており一食で朝食の栄養バランスが整うのが特徴。
    1食(50g)あたりの価格は約100円(2018年11月12日現在)で、大手メーカーの販売するグラノーラと比較しても遜色ありません。
    オーガニックにこだわる方で、毎朝グラノーラが食べたい方にはイチオシの商品ですね!

    ダイエットに最適なグラノーラ(グラノーラバー)おすすめ人気ランキングTOP3

    グラノーラは持ち運びして外で食べるのには適していませんが、グラノーラバーなら職場でも昼食でも食べやすいでしょう。
    このランキングでは、どんな穀類やナッツを使って本格的なグラノーラを再現しているかを「原材料」の項目でチェックし、毎日食べ続けるものなので「味・食べやすさ」「コストパフォーマンス」を基準に評価しています。
    ここでは、手軽で値段も安いおすすめのグラノーラバーを選びましたので、参考にしてみてください。

    3位 ウィータビックス アルペンシリアルバー フルーツ&ナッツト28g×5本

    原材料
    味・食べやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料:全粒オート麦、米、全粒小麦、ぶどう糖液糖、レーズン、ブドウ濃縮果汁、へーゼルナッツ、アーモンド、全乳粉、砂糖~ほか
    内容量:140g(28g×5本)
    カロリー:(28g)あたり109kcaL
    栄養成分:(28g)あたり 熱量109KcaL、たんぱく質2.0g、脂質2.2g、炭水化物21.1g、ナトリウム30mg
    1食(28g)の価格:約120円(2018年11月12日現在)

    ウイータビックス社は、英国王室御用達のシリアルメーカーとして知られる老舗です。
    原材料として米・オーツ麦・小麦などの穀類をベースにしており、レーズン・ナッツ(アーモンド、ヘーゼルナッツ)で歯応えのある食感を生み出しています。
    28gのグラノーラバーが5本入っていますが、それぞれ個包装なので外出先などでも持ち運びしやすく、食べやすいのがメリット。
    ただし一般のグラノーラの一食分推奨量は40g〜50gなので、この商品のみを一食分にするのは少し足りない可能性があります。
    ダイエット時の間食・おやつなどに最適と言えますね。

    2位 ウイダー inバー プロテイン グラノーラ(12本入×1箱)

    ウイダー inバー プロテイン グラノーラ
    原材料
    味・食べやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料:大豆パフ、大豆たんぱく、水あめ、砂糖、レーズン、オーツ麦、ドライクランベリー、カラメルシラップ~ほか
    内容量:30g
    カロリー: (1本30g)あたり106kcalL
    栄養成分:(1本30g)あたり たんぱく質 10.5g、脂質 0.7g、炭水化物 14.4g、食塩相当量 0.4g~ほか
    1食(1本30g)あたりの価格: 150円(2018年11月12日現在)

    グラノーラ風味に仕上げた「ウィダーin」シリーズのプロテインバー。
    大豆とオーツ麦を原材料のベースに、レーズンやクランベリーなどのドライフルーツを混ぜて焼き上げたグラノーラになっています。
    際だった特徴として1本(30g)あたり0.7gの低脂質でありながら、10.5gのたんぱく質を含むため、ダイエット中の栄養補給に最適です。
    特にダイエット中は魚や肉などのおかずを減らすことが多く、体を作る原材料であるたんぱく質が不足してしまうことが多いため、意識して摂取する必要があります。
    1本あたりの価格は他社商品と比べて安くはありませんが、たんぱく質をしっかり摂取すると満腹感があるので、最終的なコストパフォーマンスはよくなることでしょう。
    朝食・昼食・夕食のいずれかをこのグラノーラバーに置き換えることで、栄養バランスの点でも効果的なダイエットになりますね。

    【こちらもCHECK】ウイダー inバー プロテイン グラノーラのレビュー動画はこちら

    1位 アサヒグループ食品 バランスアップ フルーツグラノーラ 150g×5箱

    原材料
    味・食べやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料:小麦粉、グラノラ(オーツ麦、シリアルパフ、砂糖、食用油脂)、レーズン、ライ麦、コーンフレーク、伊予柑ピール加工品、ココナッツ~ほか
    内容量:150g
    カロリー:1袋(30g)当たり 133kcaL
    栄養成分:1袋(30g)あたり たんぱく質 2.3g、脂質 5.2g、炭水化物 20.3g、糖質 18g、食物繊維 2.3g、食塩相当量 0.24g~ほか
    1食(30g):あたりの価格 約60円(2018年11月12日現在)

    1袋に3枚のビスケットが入ったタイプで、気軽に食事代わりに食べることができるグラノーラバー。
    通常のグラノーラと同じように小麦、オーツ麦、ライ麦などの穀類をベースに、ドライフルーツやナッツを混ぜて固めて焼き上げています。
    食感はサクサクしてクッキーのように食べやすいですが、1食あたりのカロリーや糖質量などは、市販のグラノーラとほぼ同じですので、おやつ代わりに食べてしまうと太ってしまうので気をつけましょう。
    朝食、昼食、夕食のいずれかを、このグラノーラバーに替えることで置き換えダイエットに成功している人も多くいます。
    一食分に相当する1袋(30g)は約60円とコストパフォーマンスも抜群で、毎日続けるのにも最適で、手軽にダイエットに使えるグラノーラとしておすすめです。

    ダイエットに最適なグラノーラ(ミューズリー)おすすめ人気ランキングTOP3

    ミューズリーは、グラノーラと違い油を使用して焼き上げていないのでカロリーが低めです。
    ミューズリーの場合は、シンプルな素材ゆえに穀類とナッツ・ドライフルーツの組み合わせで大きく味が変わるために「原材料」「味・食べやすさ」を評価基準にしました。
    また、毎日続けられるように市販のグラノーラと価格比較をして「コストパフォーマンス」を計算して順位をつけています。
    おすすめのミューズリーを3商品選びましたので参考にしてください。

    3位 カントリーファーム フルーツナッツミューズリー 750g

    カントリーファーム フルーツナッツミューズリー
    原材料
    味・食べやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料:フレーク(オート・小麦・ライ麦・ライス・コーン)、レーズン、砂糖、食塩、麦芽エキス、ナッツ類~ほか
    内容量:750g
    カロリー:(100g)あたり 370kcaL
    栄養成分:(100g)あたり たんぱく質 11.4g、脂質 7.9g、炭水化物 67.5g、ナトリウム 16mg、食物繊維 8.2g
    1食(40〜50g)あたりの価格:約40〜50円(2018年11月12日現在)

    カントリーファームのミューズリーは原材料として、オート麦・小麦・ライ麦・米などの穀類にたくさんのナッツ(カシューナッツ、アーモンド、ヘーゼルナッツ)やひまわりの種をブレンドしているので、歯応えのある食感が特徴です。
    「フルーツナッツミューズリー」という商品名からすると予想外ですが、ドライフルーツはレーズンのみで甘さは控えめ。
    ドライフルーツよりナッツが多めのミューズリーが好きな方に最適です。
    もちろん、人工甘味料や香料などは使用されていません。
    1食あたりの価格に換算すると、市販のダイエットに最適なグラノーラと比較しても安価でおすすめです。

    2位 アララ デラックスミューズリー 800g

    アララ デラックスミューズリー
    原材料
    味・食べやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料:オーツ、フレーク(麦芽・小麦・大麦)、サルタナレーズン、ナツメヤシ、ひまわりの種、ヘーゼルナッツ、アーモンドフレーク、カルダモン~ほか
    内容量:800g
    カロリー :(100g)あたり 384kcaL
    栄養成分 :(100g)あたり 糖質 69.6g、たんぱく質 8.8g、食物繊維 9.0g、脂質 5.9g、ナトリウム 6.5mg
    1食(40〜50g)あたりの価格: 約45〜60円(2018年11月12日現在)

    輸入食品店でもよく販売されている「アララ」の売れ筋ミューズリーです。
    原材料としてオーツ麦、小麦、大麦などの穀類に、レーズンやナツメヤシなどのドライフルーツの適度な甘さが絶妙にマッチしています。
    砂糖・甘味料・香料などを一切使用していないのもダイエットには最適です。
    面白い工夫として、ココナッツ・バナナ・ひまわりの種などが薄くチップ上になって入っているので、見た目以上にサクサクして食べやすい食感があります。
    1食あたりに換算すると、市販の安いダイエット向けグラノーラと同じくらいの価格ですので、毎朝食べても負担にならなくて経済的です。

    1位 エルサンクジャポン 有機シリアルビオミューズリープレミアム 480g

    有機シリアルビオミューズリープレミアム
    原材料
    味・食べやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料:有機フルーツ(レーズン・アプリコット・アップル)、有機フレーク(大麦・コーンフレーク・スペルト)、有機種(ひまわり・かぼちゃ)~ほか
    内容量:480g
    カロリー:1食(40g)あたり161kcaL
    栄養成分:1食(40g)あたり たんぱく質 3.7g、脂質 2.9g、糖質 26.1g、食物繊維 2.9g、ナトリウム 36.0mg
    1食(40〜50g)あたりの価格:約70〜80円(2018年11月12日現在)

    エルサンクジャポンの有機(オーガニック)ミューズリーは、厳選した農場と契約をし原材料の質を高めていることで有名。
    原材料としてオーツ麦、大麦、コーンフレーク、小麦などの有機(オーガニック)穀類に、数種類のドライフルーツと種子類がミックスされており、砂糖・甘味料・香料などを加えなくても、自然な甘みで美味しく食べることができます。
    パッケージには「52%」の表記が大きく書かれていますが、これはドライフルーツ、ナッツなどの最も美味しいブレンドの割合を意味しています。
    「52%」シリーズは商品ごとにシリアルとドライフルーツの組み合わせなどが異なっていますが、この商品はレーズンに加え、アプリコット、アップルなどが用いられているのが特徴。
    オーガニックのミューズリーでありながらも、1食あたりに換算すると市販のダイエットに最適なグラノーラの平均的な価格と大差ないので、ミューズリー選びに迷った場合はイチオシの商品です。

    ダイエットに最適なグラノーラの使用上の注意点

    ① 食べるタイミング

    グラノーラ

    糖質量やカロリーが少ないグラノーラは、置き換えダイエットに最適です。
    朝食・昼食・夕食のいずれかをダイエットに最適なグラノーラに置き換えることで、自然に体重は落ちてくることでしょう。
    そのなかでももっともおすすめなのは、朝食をグラノーラにすることです。
    朝食の準備のためにたくさんの時間を使うのは難しいものですが、グラノーラなら牛乳などをかけるだけですぐに食べることができますし、栄養バランスもよくなります。
    なかなか朝食を食べる時間のゆとりがない方は、この記事のなかで紹介したグラノーラバーなどを通勤時や始業前などに一口食べるのもおすすめです。

    朝の目ざめに最適のグラノーラ

    ランキングには含まれませんでしたが、ダイエットに最適なグラノーラのなかでも朝食におすすめな商品をご紹介します。

    エスプレッソグラノーラ

    原材料:オーツ麦・メープルシロップ・クルミ・アーモンド・コーヒー~ほか
    内容量:270g
    カロリー:1袋あたり約180~250kcaL
    栄養成分 –
    1食(40〜50g)あたりの価格:約192-240円(2018年11月12日現在)

    余計なものは何も入っていない「硬派」の本物商品としておすすめしたいのが、日本初のグラノーラ専門店「GMT」のエスプレッソグラノーラです。
    特徴として、オーツ麦などの原材料と有機珈琲を砕いて混ぜあわせているため、牛乳や豆乳を注ぐとコーヒーの香りが漂います。
    深い味わいのあるカフェインの苦みが、朝の目ざめに最適なグラノーラですね。
    砂糖や人工甘味料、香料などは一切使用せず、天然の甘味料としてメープルシロップのみを用いています。
    商品は手作りで一つひとつ袋詰めされており、ナッツ(クルミやアーモンド)の量によってカロリーや栄養成分は変化するため公開されていません。
    専門店のグラノーラは手間がかかっている分、1食あたりの価格は高くなりがち。
    普段の朝食に食べるには少しためらわれますが、ぜいたくしたい気分の休日の朝などに食べるコーヒー味の本格グラノーラは大人の楽しみとなりそうです。

    ② 美味しく食べる工夫

    グラノーラ

    ダイエットに最適なグラノーラに牛乳や豆乳、ヨーグルトなどをかけて食べると、たんぱく質の割合が増えるためいっそう栄養バランスがよくなります。
    我が家でも、オーツ麦をベースにしたミューズリーにヨーグルトをかけて、自作の干しぶどう酢やバナナなどの果物を追加して朝食にしています。
    今回紹介した商品はダイエットに最適なグラノーラですので、味つけは全体的に薄めで物足りないと感じる人もいることでしょう。
    好みにあわせて美味しい味付けの市販のグラノーラ(日清シスコ・ケロッグ・カルビーなど)と半分ずつ混ぜて食べるのも、飽きずに続けていく秘訣になります。

    グラノーラは「アサイーボウル」の材料としても使われていおり、市販のダイエットに最適なグラノーラに一手間加えて、アサイーのスムージーやバナナやイチゴなどの果物でボリュームアップすれば、腹持ちがよく午前中いっぱい元気に活動できますよ。

    ③ 食べ過ぎに注意

    グラノーラ

    グラノーラがダイエットに最適といっても、食べ過ぎてしまえば太ってしまうでしょう。
    特に注意しなければならないのは、食べやすいのでお菓子のようにして間食し過ぎてしまう危険です。
    ミューズリーはそのままではあまり味がしませんが、上手に焼き上がっているグラノーラはそのまま食べても美味しいですし、お腹が空いているときには、ドライフルーツやナッツの歯応えで止まらなくなってしまうこともあります。
    この記事で紹介したグラノーラは1食(40〜50g)あたり150〜200kcaLのものが多いので、もしボリボリと100g以上食べてしまうようなことがあれば、あっという間にポテトチップス1袋(500kcaL前後)の高カロリーなおやつになってしまうので注意が必要です。
    食べ過ぎを予防するためには、グラノーラは「食事」として、朝・昼・晩のいずれかの時間に食べると決めてしまうのがいいでしょう。

    ダイエットに最適なグラノーラと糖質制限の相性は?

    グラノーラの原材料はオーツ麦・小麦・大麦などで、糖質が含まれていないわけではありません。
    この記事で紹介したダイエットに最適なグラノーラの平均糖質量は、1食(40〜50g)あたり15〜20gでした。
    もちろん、これはご飯を茶碗一杯(150g)食べた時の糖質量55.1gや、食パン1枚(60g)を食べた時の26.6gに比べると低糖質といえますが、「食べ過ぎ」てしまうと、糖質制限ダイエットを行っても意味がなくなるので注意しましょう。

    糖質制限ダイエットに最適なグラノーラは、この記事で紹介した「日清シスコ ごろっとグラノーラ 糖質50%オフきなこ仕立ての充実大豆」で1食あたり糖質量8.8gです。
    大豆を主原料にしているため、たんぱく質が豊富なのもよいところですね。

    Amazon&楽天のグラノーラ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    ダイエットに最適なグラノーラで健康的な朝食を

    グラノーラ

    糖質が少なめで食物繊維がしっかり含まれているグラノーラを朝食にすれば、意識しなくても自然にダイエットができるはず。
    砂糖や人工甘味料に頼らず、穀類やドライフルーツ、ナッツの自然な味わいを楽しむにつれて、だんだん普段の食事を選ぶ味覚のセンスも磨かれていきます。
    この記事を参考にしていただき、ダイエットに最適なグラノーラを選んで健康的なライフスタイルを築いていきましょう。

    【あわせて読みたい】ダイエット向け食品に関連するおすすめ記事はこちら

    ダイエットに最適なシリアルおすすめ人気ランキングTOP12【2018年最新版】

    2018.11.16

    置き換えダイエットおすすめ人気ランキングTOP10!効果についても【2018年最新版】

    2018.08.08

    オートミールおすすめ人気ランキングTOP10!食べ方や効果についても【2018年最新版】

    2018.08.04

    ヨーグルトおすすめ人気ランキングTOP15!ダイエット向けも【2018年最新版】

    2018.07.31

    プロテインバーおすすめ人気ランキングTOP15!摂取効果や自作プロテインレシピも【2018年最新版】

    2018.05.31

    ABOUTこの記事をかいた人

    ヨシ ノリハラ

    健康ライター・健康研究家

    糖質制限ダイエットを実践し、2年で15キロほどのダイエットに成功しました。
    それをきっかけに、身体の仕組みや栄養素について勉強するようになりました。
    これらの分野で、家族や友人に自然に勧めたくなる情報を発信中です。