栃木県のお土産おすすめ人気ランキングTOP8【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

槌矢ゆうき

旅行業界4年
好きが高じすぎて添乗員資格を取ってしまったほどの旅スキーな私が、旅のお役立ち情報をみなさまにお届けできればと思います。
    日光東照宮

    北関東に位置し東京からの交通の便もよい栃木県には、都会的な県庁所在地の宇都宮市や、雄大な高原地帯の自然が楽しめる那須高原、国立公園を流れ、穏やかな空気が感じられる日光・鬼怒川など、さまざまな観光名所があります。
    たくさんの顔を持つ栃木県だからこそ、お土産の種類も数多く、何を買ったらいいのか悩んでしまうことも。

    そこでここでは、そんな魅力あふれる栃木県ならではの悩みを、添乗員として何度も訪れたことのある私が解決するお手伝いをしましょう。

    2018年発売開始のおすすめお土産2選

    栃木県は東京からのアクセスがよいため、関東地方で育った方は修学旅行などで訪れることも多い場所です。
    そのため、何度も訪れているけれどいつも同じお土産を選んでしまう方や、定番のお土産は食べつくしてしまったという方もいるのではないでしょうか。

    そんな方のために、新鮮な気持ちで楽しめる2018年発売の新商品をご紹介します。

    日光湯波おかき

    価格:1袋450円

    日光に広がる大自然が生んだ名水と国産米を使い、特産品の日光湯波を練りこんで仕上げた、土地の魅力溢れる「おかき」です。
    カリカリとした食感の小粒のおかきは、軽めな味わいでいくらでも食べてしまえそう。
    味のバリエーションは、しょうゆ味・しお味・一味唐辛子味の3種類で、しっかりと味がついており、おやつはもちろんお酒のおつまみなどでも楽しめます。

    それぞれのパッケージには、観光名所・日光東照宮の『三猿』『陽明門』『眠り猫』が、かわいらしいイラストで描かれていて、お土産に渡しても楽しんで貰えるでしょう。
    県内の土産物屋さんや道の駅、ホテルの売店コーナーなどで購入できます。

    ぬるチーズケーキ

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    [南ヶ丘牧場のぬるチーズケーキ]100g
    価格:650円(税込、送料別) (2018/11/12時点)

     

    楽天で購入

     



    価格:1瓶650円

    那須高原の雄大な自然の恵みをうけた南ヶ丘牧場で育てられている大変希少な乳牛・ガーンジィ牛の、濃厚でうまみの強いミルクを使って作られた「ぬるチーズケーキ」です。
    ビンに詰められているので一見するとジャムのようですが、中身はまるでチーズケーキがそのまま詰まっているかのよう。
    濃厚なチーズの味わいと、たっぷり使われた卵のなめらかさ、そしてしっかりとした甘味とほどよい酸味のバランスが楽しめます。

    味は定番の『ベイクドチーズケーキ』のほか、レモンが香る『レアチーズケーキ』、栃木特産のイチゴ「スカイベリー」を加えたジャムに近い味わいの『いちごのチーズケーキ』の3種類。
    パンやクッキーに塗るのはもちろん、パンケーキに添えたりバニラアイスにかけたりしてもおいしく食べられる、使い勝手のいいお土産です。
    南ヶ丘牧場の売店にて購入できます。

    住所栃木県那須郡那須町湯本579番地 Googleマップ
    アクセス黒磯駅からバス35分
    電話番号0287-76-2150
    営業時間・定休日8:00~17:30 年中無休
    駐車場400台
    公式URLhttp://www.minamigaoka.co.jp/

    【こちらもCHECK】おすすめの旅のお土産を紹介している記事はこちら

    沖縄のお土産おすすめ人気ランキングTOP24【2018年最新版】

    2018.10.26

    兵庫県のお土産おすすめ人気ランキングTOP14選【2018年最新版】

    2018.10.15

    鹿児島県のお土産おすすめ人気ランキング19選【2018年最新版】

    2018.10.02

    栃木県の定番お土産おすすめ人気ランキングTOP5

    まずは「栃木のお土産といえばこれ!」という定番のお土産を見ていきましょう。
    すでに食べたことがある方も多いかもしれませんが、定番と呼ばれるのは、長年たくさんの方に愛され選ばれてきた証拠。
    また駅の売店や道の駅など、さまざまなところで購入できることも魅力のひとつです。

    ここではそんな、栃木県の定番お土産をランキング形式で紹介します。

    5位 レモン牛乳キャンディー

    価格:1袋270円

    栃木県内の売店やサービスエリアなどでよく見かける、黄色い牛乳パックのパッケージに入った「関東・栃木レモン」は、通称レモン牛乳と呼ばれ、たびたびTVの旅行番組などでも取り上げられています。
    そんなレモン牛乳を、お土産として配りやすいキャンディにしたのがこの商品で、味はミルクキャンディーに近く、爽やかな酸味が感じられます。
    パッケージのイラストや名称から誤解されがちですが、実は原料のレモン牛乳にレモンは入っていないので、すっぱいものが苦手な方でも美味しく食べられるでしょう。
    駅やホテルの売店、街中のちょっとしたお土産物屋さんでも購入することができる、栃木を代表するお菓子です。

    4位 宇都宮カクテル 栃乙女ダイキリ


    価格:1本514円

    宇都宮産のブランドいちご「とちおとめ」を使用した、リキュールベースのお酒です。
    イチゴのカクテルというだけあって甘味は強めですがしつこい印象はなく、さっぱりとしたやさしい甘さとイチゴの風味のバランスのよさが魅力で、ソーダ割りにしても美味しいですし、甘いお酒が好きな方ならロックでも楽しめるでしょう。

    ナイトバーの多い宇都宮発祥の商品で、優秀なバーテンダーと雰囲気のよいバーを集めた宇都宮カクテル倶楽部が監修した、確かなおいしさをお土産に持ち帰れる一品と言えます。
    おしゃれなラベルデザインは、お土産やプレゼントはもちろん、自分へのご褒美にもぴったりです。

    3位 きぬの清流

    価格:5個入り486円、8個入り756円、12個入り1,080円 ほか

    日本で最初に制定された国立公園である日光国立公園、そこを代表する銘菓が『きぬの清流』です。
    通常は油や水を混ぜて作るクッキーを小麦粉と卵だけで作った口当たりの軽さが特徴で、2枚のクッキーのあいだにこしあんをはさんだ小倉味が一番人気。

    しっとりとしたやわらかい食感と控えめかつ上品な甘さで、子供から高齢の方まで楽しめる和洋折衷のお菓子です。
    定番の小倉味以外にも、栃木名産であるとちおとめ味や、より和風の味を楽しめる栗味のほか期間限定の味もあり、お気に入りを選ぶのも楽しみの一つと言えるでしょう。

    2位 日光ラスク 匠味


    価格:10枚入り540円、20枚入り1,080円 ほか

    全国名水百選にも選ばれた尚仁沢名水を使って原料となるフランスパンから焼き上げて作る、一つひとつ手作りのラスクです。
    サクサクとした軽い食感と優しくしっかりとした甘味、そしてじんわりと染み込んだバターの風味が口いっぱいに広がり、幸せな瞬間を味わえるでしょう。

    ポップでかわいらしいパッケージには、日光を代表する観光名所・日光東照宮の眠り猫・三猿・陽明門がイラスト調にデザインされており、もらった方は一目で日光のお土産だとわかるところがポイントです。

    1位 御用邸チーズケーキ


    価格:1個1,280円

    自然豊かで牧場の多い那須高原は、新鮮な牛乳がとれることからチーズケーキづくりが盛んで、なかでも特に人気が高いチーズケーキが、チーズガーデンオリジナルの『御用邸チーズケーキ』です。
    何種類もの新鮮なクリームチーズを独自の特別な配合でブレンドし、素材の持つおいしさを最大限に生かしているのが特徴と言えるでしょう。

    一口食べると豊潤なチーズの風味が口いっぱいに広がり、なめらかな舌ざわりとしっとりとした食感、そして上品な甘さとチーズ本来の酸味が絶妙なバランスで合わさり、食べる手が止まらなくなるほど。
    高級感あるデザインの外箱と、常温で持ち歩ける便利さも、お土産として人気のポイントとなっています。

    【こちらもCHECK】御用邸チーズケーキ動画はこちら

    一般的なお店では買えない栃木県のお土産おすすめ人気ランキングTOP3

    栃木県内でなら比較的どこでも買えるお土産は、帰りの駅などで慌てて買うこともできるため、時間のないときには便利ですね。
    でもせっかくその土地まで行ったのですから、時間に余裕があればそこでしか買えないお土産選びをゆっくり堪能したいところ。
    そんなときにぜひお勧めしたいお土産をご紹介しましょう。

    3位 古印最中

    価格:1個147円、3個入り500円、7個入り1,080円 ほか

    古くから知徳・学問の里として知られる栃木県足利市。
    その歴史と文化の象徴である古印をかたどったのが、この古印最中です。
    最中の皮は薄くて軽くさっくりとした印象の口あたりで、中の粒あんはずっしりと重みを感じるほどたっぷり入っています。
    餡の多さに少し驚いてしまいますが、甘さは控えめで小豆のうまみをじっくりと味わえるでしょう。

    最中の形は角印形と長印型の二種類が入っており、パッケージと商品説明しおりのデザインは相田みつをさんの手によるものと、外身も中身も楽しめる素晴らしい和菓子と言えます。

    製造販売元である香雲堂の直営店舗で購入できます。

    住所栃木県足利市通4-2570 Googleマップ
    アクセス足利駅から徒歩17分
    電話番号0284-21-4964
    営業時間・定休日9:00~19:00 年中無休
    駐車場4台
    公式URLhttp://koundohonten.jp/

    2位 ふじのはなゼリー

    価格:10個入り450円

    夜をいろどるイルミネーションと、「その美しさは世界一だ」といわれている見事な藤棚の回廊で有名な、栃木県足利市のあしかがフラワーパーク。
    そのあしかがフラワーパーク限定のお土産が『ふじのはなゼリー』です。
    藤のシロップがふくまれているゼリー菓子で、あざやかな藤色の一口大のゼリーが、まるで藤の花のように詰められ目を楽しませてくれます。

    つまようじなどで穴をあけると皮がぷるりとむける昔懐かしいタイプのゼリーで、弾力のある歯ごたえとやわらかな甘味、そして噛むたびに口いっぱいに広がる藤の風味がとてもおいしいゼリーです。
    そのままでももちろんおいしいですが、冷蔵庫で冷やすとさらにおいしくなるので、お土産で渡す際は「冷やして食べて」とおすすめするとよいでしょう。

    住所栃木県足利市迫間町607 Googleマップ
    アクセスあしかがフラワーパーク駅から徒歩3分
    電話番号0284-91-4939
    営業時間・定休日9:00~18:00(イベント等により変動あり) 2月第3水・木曜日、12月31日休業
    駐車場6000台
    公式URLhttps://www.ashikaga.co.jp/guide/shop.php

    1位 揚げゆばまんじゅう

    価格:1個200円、2個400円、3個600円 ほか

    昭和33年創業の伝統あるお店の店頭で販売されているのが、この『揚げゆばまんじゅう』です。
    日光名物のゆばと豆乳からつくられた生地でこしあんを包んだまんじゅうは、製造元のさかえや自家製衣をつけてカラッと揚げられ、うっすらと塩がまぶされています。

    甘味と塩味の絶妙なバランスと、植物性油で揚げたさっぱりとした揚げ物の香ばしさで、ついつい何個でも食べてしまえるほどおいしいです。
    製造過程で使う水はすべて地元日光の名水を使用しているので、その土地をまるごと味わえるお土産に最適な和菓子と言えるでしょう。

    住所栃木県日光市松原町10-1 Googleマップ
    アクセス東武日光駅から徒歩1分
    電話番号0288-54-1528
    営業時間・定休日9:00~18:00 不定休
    駐車場徒歩5分圏内に有料駐車場あり 駐車場ページ/
    公式URLhttp://www.sakaeya.net/

    【こちらもCHECK】揚げゆばまんじゅうの動画はこちら

    【会社におすすめ】コストパフォーマンスのいい栃木県のお土産3選

    親しい恋人や友達、家族に渡すお土産は、気心が知れていることもあってある程度自由に選べるものです。
    自宅で食べるお土産なら切り分けて食べるものでも問題なく持ち帰れますが、難しいのが会社やサークルなど、たくさんの人に渡す場合。
    作業中につまむかもしれないので食べやすいものでなければいけませんし、人数が多いのでコスト面も気がかりでしょう。
    そんなときにおすすめの、分けやすくて食べやすいコストパフォーマンスのいいお土産をご紹介します。

    カントリーマアム とちおとめ


    価格:16枚700円

    農園の素朴なクッキーをイメージして作られた全国的に人気のお菓子・カントリーマアムの栃木県限定フレーバーが、この『カントリーマアムとちおとめ』です。
    表面はさっくりとした香ばしいくちあたりで、中はふわりとやわらかいクッキーにホワイトチョコとスイートチョコの白黒2種類のチョコチップが練りこまれています。
    クッキー生地には栃木県産ブランドいちごの「とちおとめ」が練り込まれており、チョコの甘味にいちごのほどよい酸味が加わってあとを引くおいしさです。

    多くの人に知られている定番お菓子の限定フレーバーなので人を選ばず渡すことができ、また1枚づつ個包装になっているので職場などで配りやすいのもポイントと言えるでしょう。

    宇都宮の餃子煎餅

    価格:30枚入り1,188円

    パッケージの焼き餃子の写真が食欲をそそる、栃木県宇都宮の餃子をイメージしたおせんべいです。
    たっぷりと練り込まれたニンニクを中心とした餃子の具材の風味が、一口食べるごとに本物の餃子を食べているかのようにジューシー。
    またサクサクとした薄焼きせんべいの食感は、まるで焼き餃子の羽根を食べているかのようです。

    1枚づつの個包装になっていてお値段もリーズナブルなので、たくさんの人に配るのには最適のお土産ですが、ニンニクがかなり強く効いているので気をつけてください。

    大麦ダクワーズ


    価格:4個入り540円、8個入り1,361円

    泡立てた卵白のメレンゲをアーモンド風味に焼き上げたフランスの伝統菓子ダクワーズを、国産大麦で作ったのがこちらのお菓子です。
    さっくりとした独特の口あたりのダクワーズ生地で、麦こがしとアーモンドクリームがはさんであり、食べる前から麦のいい香りが楽しめます。

    大麦の風味が香ばしく、ポン菓子のような懐かしい食感と上品で控えめな甘さが美味しさの理由です。
    モンドセレクション金賞を受賞したこともあるこのお菓子は、きっとさまざまな年代の方に喜んでいただけるでしょう。

    Amazonや楽天で買える栃木県のおすすめお土産3選

    現地でお土産を選ぶのはとても楽しいのですが、重かったり要冷蔵だったりと、さまざまな理由で持ち帰りを断念してしまうこともあるでしょう。
    そんなときにおすすめなのが大手通販サイトです。
    ここでは現地で買って帰りにくいものを中心に、通販サイトでも購入できるお土産をご紹介します。

    日本酒ゼリー 酒蔵めぐり

    栃木市では江戸時代から日本酒の製造が盛んに行われており、蔵の街とも呼ばれています。
    そんな蔵の街栃木市に酒蔵を構える6つの酒造の日本酒を使って、つるりと食べられる口当たりのよさを実現したゼリーが、この『日本酒ゼリー酒蔵めぐり』です。
    一口食べるとふんわりとした日本酒の味が口いっぱいに広がり、ほのかな甘味が感じられる風味の豊かさと、つるんとしたのど越しのよさが楽しめます。

    日本酒の旨味は残しつつ独特のクセをなくしたゼリーなので、日本酒が好きな方はもちろん、普段日本酒を飲まない方にもお勧めできるでしょう。
    アルコール分が入っているため、未成年の方やアルコールが苦手な方には注意が必要です。

    佐野ラーメン 宝来軒

    栃木県佐野市で昭和5年に創業以来その味を守っている佐野ご当地ラーメン、老舗宝来軒のラーメンが自宅で楽しめるお土産セットです。
    太い青竹を使って手打ちしたコシの強い手打ち麺と、とんこつ・鶏ガラ・野菜を独自にブレンドしたタレをつかったスープが特徴。
    お店の味を忠実に再現したこの商品があれば、自宅でいつでもラーメン屋さん気分が味わえるでしょう。

    ファンの多い老舗店の味なので、自宅用お土産はもちろん、ご近所や親戚などにも喜ばれるに違いありません。

    うつのみや 清源の焼き餃子


    日本有数の餃子の街として知られる宇都宮で、1625年に創業した餃子の老舗「青源」の味を、そのまま自宅で味わえる商品です。
    カリッと焼き上げられた香ばしい皮と、シャキシャキした野菜、ジューシーな肉汁溢れるお肉の味は病みつきになります。

    酢醤油で食べることが多い餃子ですが、こちらのお店の特徴は味噌ダレをつけて食べるところ。
    味噌独特のコクと酸味が、餃子の旨味をさらに強めてくれます。
    自分へのお土産にして旅行を思い出すもよし、実家や友人へのお土産にして一緒に楽しむのもいいでしょう。

    必ず立ち寄りたいおすすめのお土産屋【栃木県編】

    ① 日光ろばたづけ製造本舗 本店

    野菜や薬味をたまり醤油に漬け込んで作る伝統のろばた漬けを、日光東照宮への献上品にもなったたまり醤油を使って作ったのがこの『日光ろばた漬け』です。
    しっかりとした濃い味に漬け込まれたお漬物を試食しながらゆっくり選べるのが、この店舗のうれしいポイント。

    平成21年にリニューアルしたばかりの本店は、日本家屋のような瓦屋根が特徴で、天然の丸木を使ったテーブルが温かみを感じる店内の休憩所では、旅の疲れを癒しながらお土産選びができます。

    お店で買えるおすすめの商品:日光ろばたづけ栃木産だいこん

    価格:280g入り648円

    地元栃木県壬生町で作られる歯切れのいいやわらかな大根「あきまさり2号」を使った定番中の定番です。
    一口食べると、味わい深い醤油で漬けられたしっかりとした味としゃきっとした歯ごたえ、伝統のお漬物のどこか懐かしい香りが口いっぱいに広がり、食べ慣れたお漬物の新しい面が楽しめるでしょう。

    漬け汁までしっかりと大根の甘みと旨みが溶け込んでいて、お漬物自体を食べ終わったあとでも、ご飯に掛けたりお吸い物にしたりとムダなく味わえるところもおすすめのポイントです。

    住所栃木県日光市文挾町438 Googleマップ
    アクセス文挟駅から徒歩7分
    電話番号0288-27-1122
    営業時間・定休日8:30~17:30 元日のみ休業
    駐車場5台
    公式URLhttp://robata.co.jp/publics/index/24/

    ② お菓子の城 那須ハートランド

    お菓子の製造元が経営する「お菓子作り」のテーマパークです。
    おいしいお菓子が食べられる喫茶コーナーや製造ラインが見学できる工場見学コーナー、お菓子作りが体験できるコーナーに年末から春にかけていちご狩りも楽しめるいちご園など、お菓子にまつわるさまざまなことを詰め込んだまさに「お菓子の城」。
    家族連れはもちろんカップルや友人同士でも楽しめます。

    また立ち寄り温泉や地元の食材をふんだんに使ったレストランもあり、丸一日楽しめる充実した施設で、もちろんお土産も豊富です。
    ただ買い物をするだけでなく、楽しい時間を過ごせるのがうれしいポイントと言えるでしょう。

    お店で買えるおすすめの商品:御用邸の月

    価格:4個入り535円、5個入り760円、6個入り885円 ほか

    日本全国のお菓子を集めた全国菓子大博覧会にて橘花榮光章を受章したこともあり、栃木県推奨銘菓のひとつにもなっているのが『御用邸の月』です。
    たっぷりの生クリームで風味豊かに練り上げた濃厚なオリジナルカスタードクリームを、ふんわりとしたカステラ生地でくるんだ洋菓子。
    しっとりとしたやや硬めのクリームの口あたりが楽しめます。

    甘さはやや控えめで全体的に軽い仕上がりなので、甘いものが好きな方はもちろん、普段あまりお菓子を食べないという方にもお勧めできます。
    そのままでももちろん美味しいですが、夏の暑い時期は少し冷やして食べるのがおすすめです。

    住所栃木県那須町高久甲4588-10 Googleマップ
    アクセス黒磯駅からバス15分
    電話番号0287-62-1800
    営業時間・定休日9:00~17:30(連休中など変更あり) 年中無休
    駐車場500台
    公式URLhttps://www.okashinoshiro.co.jp/

    ③ バウムクーヘン工房 はちや

    国立公園日光でのびのび育てられたニワトリからとれる新鮮な卵と、良質な生乳の乳脂肪分だけを使って作られた希少なバター、カルピスバターを使ったオリジナルバウムクーヘンの専門店。
    東武鉄道の鬼怒川温泉駅から歩いて1分という好立地で、鬼怒川観光の帰り道にも立ち寄りやすく便利です。

    看板商品のバウムクーヘンはもちろん、たっぷりの生クリームを巻いて作るバウムロールや、一口大にカットしたバウムクーヘンを敷き詰めたカップの上に、ソフトクリームを盛りつけたバウムソフトなど商品も充実しています。
    店舗2階にはレストランが併設されており、時間に余裕があるときには地産地消の食材を使ったランチなどが楽しめるのもおすすめポイントと言えるでしょう。

    お店で買えるおすすめの商品:ろっくバウムスティック

    価格:1本750円

    やわらかいもっちりとした食感の中身と、カリっと香ばしい外側とのバランスが素晴らしい人気商品ろっくバウムを、スティック状にした店頭限定商品。
    鬼怒川渓谷の荒々しい自然の岩肌をイメージして焼き上げられたハードタイプのバウムクーヘンで、歯ごたえのよさと上品な甘さ、あと味までしっかり残るカルピスバターの濃厚な風味が楽しめます。

    大きいサイズのろっくバウムは公式サイトから通販で購入できますが、ちょっとしたお土産には大きなものだとなかなか渡しづらいもの。
    店頭限定のろっくバウムスティックなら、渡すのも食べるのも簡単なのでお土産にも便利でおすすめです。

    住所栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396-10 Googleマップ
    アクセス鬼怒川温泉駅から徒歩1分
    電話番号0288-77-1453
    営業時間・定休日9:00~17:00 不定休
    駐車場10台
    公式URLhttps://hachiya-nikko.jp/index.html

    【こちらもCHECK】バウムクーヘン工房 はちやのCM動画はこちら

    栃木の魅力がつめこまれたお土産を楽しく選ぼう!

    新緑の神橋

    都心からも手軽に行ける栃木県には、銘菓やB級グルメなど、おいしい名物お土産がたくさんあります。
    旅行や出張などではお土産選びも楽しみのひとつ。
    たくさんのお土産のなかから「これ!」という逸品を、ぜひ探してみてください。

    【あわせて読みたい】栃木旅行を予定しているあなたにおすすめ記事はこちら

    モバイルバッテリーおすすめ人気ランキングTOP21!飛行機持ち込みや容量の解説も【2018年最新版】

    2018.11.07

    【飛行機や長距離バスでも】ぐっすり睡眠できる耳栓おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.10.16

    サンコーのスーツケースおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.09.21

    ディズニーのスーツケースおすすめ人気ランキングTOP3【2018年最新版】

    2018.06.29

    スーツケース用の鍵おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.18

    ABOUTこの記事をかいた人

    槌矢ゆうき

    旅行業界4年
    好きが高じすぎて添乗員資格を取ってしまったほどの旅スキーな私が、旅のお役立ち情報をみなさまにお届けできればと思います。