トレーニングベンチおすすめ人気ランキングTOP15!折りたたみ式についても【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

咲大井

スポーツインストラクター歴3年
ベビーヨガライセンス所持

スポーツトレーナーとして、多くの方のボディメイクをサポートしてきました。
現在はベビーヨガを担当しながら2児の子育てを楽しんでいます。
ボディメイクを成功させたい方や、大切な赤ちゃんを想うママとパパに必要な情報を厳選してお伝えいたします。
本当に必要なグッズを手に取って今より快適なライフスタイルをお送りできるようにと願い執筆しているので参考にしていただければ幸いです。

    選び方のポイント

    • 折りたたみ式のものを選ぶ
      →部屋にトレーニングスペースがない方や、ご家族と一緒にお住まいの方はフォーディングベンチがおすすめ。
    • 目的にあうものを選ぶ
      →角度調節のできるベンチが、さまざまなトレーニングに対応できるのでおすすめ。
    • 環境にあうものか確認する
      →トレーニングをしている姿を想定して決めるのがおすすめ。
    • 耐久重量や質を考慮する
      →ガッツリと重量をあげるタイプのトレーニングマスターは、ちょっとやそっとでは動かないベンチを選ぶとgood。
    ベンチ 腹筋
    • ご自宅の一室をトレーニングジムのようにしたい
    • 本格的な肉体改造を一人で集中して行いたい
    • ジムに行けない日も自宅で筋トレを楽しみたい

    そう強くお望みの方は、トレーニングベンチをご自宅に設置してみましょう。
    トレーニングベンチがあれば、鍛えたい部分を効率よく追い込むことができますよ。

    ここでは、フィットネストレーナー歴3年の私が、おすすめなトレーニングベンチをランキング形式でご紹介いたします。

    数あるトレーニングベンチのなかで、一体どれを選んだらいいのかわからない。
    そんな方の参考になるように、選ぶ際のポイントも5つお伝えいたします。

    あなたにあった器具を見つけて、トレーニングライフをより楽しめるようにしていきましょう。



    トレーニングベンチとは

    ベンチプレス


    トレーニングベンチとは、名前の通りトレーニングをする際に使用するベンチのこと。
    ダンベルやバーベルを使った筋トレに励む方にとって、必須アイテムと言えるでしょう。
    トレーニングベンチがあるだけで、筋トレの幅が大きく広がりますよ。

    今まで使用したことがない方も、普段特に意識して使っていない方も、この機会にトレーニングベンチを考慮してみてください。
    トレーニング器具は、選び方によって体に大きな差を生み出します。

    あなたにあったものを見つけて、トレーニング効果を高められるような器具選びをしていきましょう。
    それでは、トレーニングベンチの選び方を5つのポイントに分けてご紹介いたしますので引き続きご覧ください。

    【こちらもCHECK】トレーニング器具に関連するおすすめ記事はこちら

    腹筋トレーニング器具おすすめ人気ランキングTOP12【2018年最新版】

    2018.10.09

    プッシュアップバーとは?おすすめトレーニングや商品をランキング!腹筋への効果ついても【2018年最新版】

    2018.05.14

    フラットベンチおすすめ人気ランキングTOP15!折りたたみ式も【2018年最新版】

    2018.02.22

    トレーニングベンチを選ぶ5つのポイント

    筋肉 男性 上腕二頭筋

    トレーニングベンチ選びに頭を悩ませているみなさまは5つのポイントをおさえて、ご自身にあったベンチを見つけ出しましょう。
    お気に入りの器具をご自宅に設置するだけで、トレーニングへのモチベーションが一気にアップしますよ。
    「今日はなんだかトレーニングの気分ではない」そんな日の支えになってくれるはず。

    まずは、5つのポイントをご覧ください。

    ① 折りたたみ式のものを選ぶ

    女性 トレーニングベンチ 腹筋


    折りたたみができるベンチのことを、フォールディングベンチと言います。
    このベンチの最大のメリットは、部屋の場所をとらないこと。
    必要なときだけ、設置してトレーニングに励むことができますよ。

    お部屋にトレーニングスペースがない方や、ご家族と一緒にお住まいの方はフォーディングベンチがおすすめ。

    また、転勤などにより引っ越しをする回数が多い方も折りたたみ式の方が便利かもしれませんね。
    そんな利便性に優れているフォーディングベンチのデメリットは、耐久重量が比較的低いため高重量に耐え難いところがあげられます。
    例えば、ベンチプレスを100kg以上に挑戦する方などは、注意が必要です。

    セーフティーバーを必ずセットして、危険のないようトレーニングに励んでくださいね。
    もちろん商品によって異なるので、詳細を把握しておくことが大切。
    ご自宅で行う筋トレ程度では、耐えることができると言われていますよ。

    ② 目的にあうものを選ぶ

    トレーニングベンチ

    ここも重要度が高いポイントだと言えます。
    トレーニングベンチには、種類がいくつかあるため鍛えたい部分を追い込めるトレーニングを実践できるものを選ぶ必要があります。

    この選択を誤ってしまうと、実践したい筋トレができないもどかしさを味わうことになります。
    しっかりと目的にあったものを選んでいきましょう。

    それでは、詳しくトレーニングベンチの種類についてご紹介いたします。
    トレーニングベンチは主に下記4つに分けられます。

    • フラットベンチ
    • 床と平行でシンプルな作りをしているため、耐久重量が高いメリットがあります。
      広背筋を鍛えるワンハンドローイングなどのトレーニング時に大活躍するベンチ。

    • インクラインベンチ・デクラインベンチ
    • 角度の調節をすることができます。

    • アジャスタブルベンチ
    • フラットベンチとインクライン、デクラインベンチの役割をたったひとつで果たします。
      この器具さえあればなんでもできるという安心感も与えてくれる優れたベンチ。
      比較的高価なうえ重量もあるため自宅におく際は、念入りに確認しなければなりません。

    • フォールディングベンチ
    • 折りたたみ可能なトレーニングベンチ

    トレーニングベンチはトレーニングのバリエーションも豊富で人気の高い器具だと言えます。
    しかし角度が固定されているものもあり、そういった本格的なベンチはご自宅には向いていないかもしれませんね。
    できれば調節のできるベンチの方が、さまざまなトレーニングに対応してくれるのでおすすめですよ。
    種類が豊富なトレーニングベンチを選ぶ際は、種類ごとの特徴を理解して選ぶといいでしょう。

    【こちらもCHECK】インクラインベンチ台の解説に関連するおすすめ動画はこちら

    ③ 環境にあうものか確認する

    音楽鑑賞


    環境のことをしっかりと考慮したうえで、トレーニングベンチを購入してください。
    ベンチの幅のことだけを考えて購入して、いざバーベルやセーフティーバーを設置した際に、壁に当たってしまいトレーニングができない。
    そんな残念な結果にならないように、トレーニングをしている姿を想定して決めるといいでしょう。

    とくに、小さなお子さまや、妊娠中の方がご自宅にいらっしゃる場合は、トレーニングを行っても危険ではないのかをしっかり考えなければなりません。
    ベンチを設置する際は、ダンベルやバーベルも一緒に購入することが多いです。

    重さのある器具なので、危険も伴うことを忘れてはいけません。
    環境にあわせて、折りたたみ式のものを選んだり、フラットのものを選ぶ必要があります。
    今一度ご自宅の配置などを頭に思い浮かべながら設置できる器具を選んでくださいね。

    ④ 耐久重量や質を考慮する

    ベンチプレス


    「トレーニングベンチならどれでも頑丈だろう」と思いがちですが、実はふらついてしまうベンチや、倒れやすいベンチも存在します。
    質や、耐久重量を把握して商品をお選びください。

    頑丈なものであれば、フィットネスジムに設置してあるような安定感も得られます。
    安心してトレーニングに励めるように、耐久重量や質を考慮するといいですね。

    商品の詳細にも記載されているものも多いので、必ず目を通すようにしてください。
    ガッツリと重量をあげるタイプのトレーニングマスターは、ちょっとやそっとでは動かないベンチを選ぶとgood。

    目的にあったものでなければ、お部屋の置物になってしまうケースも……。
    せっかく購入するのであれば、筋トレ内容にあったベンチを選びましょう。

    ⑤ 予算にあわせて選ぶ

    財布 電卓


    トレーニングベンチの商品を見てみると、値段もピンからキリまであります。
    まずは、予算を決めてからそれにあった商品を探し出しましょう。
    長く使うものなので、質をしっかりと見極めることが大切。

    ガッツリ鍛えたいのに、耐久性がなくベンチがふらついてしまう場合には、せっかくのトレーニングに集中できません。
    筋トレライフを楽しむことが第一なので、ストレスを感じない器具を見つけてくださいね。

    トレーニングベンチおすすめ人気ランキングTOP15

    ここまではトレーニングベンチの選び方について詳しくお伝えしてきました。
    ここからはトレーニングベンチをランキング形式でご紹介いたします。

    数あるトレーニングベンチの中から優れているものばかりをピックアップしたので、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

    15位 リーディングエッジ フラットベンチ

    リーディングエッジは、フラットベンチで特におすすめな商品。
    耐久性も高く200kgまで耐えることができるため、ダンベルやバーベルを持っても安心です。
    U字レッグの幅が広くなっているため、トレーニングの負荷がかかってもぶれることなく安定してくれます。

    ダンベルフライや、ダンベルプレスはもちろんのこと、ワンハンドローイングなどの左右バランスが崩れやすい種目も難なくこなせますよ。

    ご自宅で、肉体改造に励みたい方はぜひリーディングエッジのフラットベンチをご検討ください。

    見た目は、やる気のでるカラーである赤と黒の二色でとてもシンプルなデザイン。
    シンプルなトレーニングルームに憧れている方は、この商品がうってつけですよ。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    6,480円

    こんな方におすすめ

    • フラットベンチが欲しい
    • 機能性よりも安定感重視
    • 高重量でのトレーニングを行う

    14位 WILD FIT トレーニングベンチ

    この商品は、ベンチプレス専用のもの。
    バーベルを設置するためのラックがあるため、スペースに限りがある方もWILD FITの器具でベンチプレスをこなすことができます。
    耐荷重量150kgまで対応しているので、上級者にも安心してトレーニングに励んでいただけます。

    さらに、ベンチプレスだけではなく、フラットベンチと同様な使用方法ができるため筋トレの幅も広がりますね。
    このベンチの注意する点は、折りたたみ式ではないということ。

    また、バーベルやウエイトはセットではないため別途購入が必要になります。
    ベンチプレスを行う上でセーフティーバーの設置は基本的なルールです。

    この商品には、セーフティーバーがついていないためご自身で用意しなければなりません。
    誰かにサポートしていただける環境が整っている場合でも、セーフティーバーの設置はしておくようにしてくださいね。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    10,900円

    こんな方におすすめ

    • ご自宅でベンチプレスを行いたい
    • 大胸筋を効率よく鍛えたい
    • ダンベルとバーベルは持っている

    13位 FIELDOOR フラットベンチ

    安定感抜群なフラットベンチ。
    見た目がおしゃれでインスタ映えするトレーニングベンチでもあります。

    ご自宅のトレーニングスペースをワンランクアップしたい方におすすめです。
    ワインレッドとブラックで統一されているためやる気が湧いてくるカラー設定なのも魅力的。
    耐荷重量は、260kgまで対応可能なため上級者の方にも満足できるトレーニングをこなせます。

    足元に滑り止めがついているため、トレーニング時のブレを防いでくれますよ。
    見た目、安全性ともにレベルの高いFIELDOOR フラットベンチ。
    ご自身のボディラインと一緒にトレーニングルームも極めたい方は、この商品がおすすめです。

    Amazon商品価格(2018年2月9日時点)

    6,970円

    こんな方におすすめ

    • 器具の見た目も重要
    • 耐荷重量が高いフラットベンチを検討中
    • ブレない滑り止めがついているものが欲しい

    12位 PURE RISE フラットインクラインベンチ


    この商品の最大の特徴は、角度調整が細かく行えること。
    なんと、バッグシートが11段階で座面シートは3段階も調整可能。
    インクラインでのトレーニングを頻繁に行う方にとって、少しの角度のズレも気になるはず。

    そんな方にとってこの優れた調節機能はうれしいポイントですよね。
    「耐荷重量の詳細は記載してありませんでしたが、150kg〜200kgまで対応できた」という口コミもあります。
    一般的な筋トレメニューは問題なく行えるので、安心してトレーニングに励めますよ。

    また、この商品は組み立て式なのでご自身で作り上げることが苦手な方には向いていないかもしれません。
    簡単な作業であればこなせる方なら、すぐに組み立てることができるそうです。
    インクラインベンチへのこだわりがある方は、PURE RISEのフラットインクラインベンチをお選びください。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    14,800円

    こんな方におすすめ

    • ベンチの角度にこだわりがある
    • 高機能なベンチが欲しい
    • 長く使えるもの

    11位 MRG フラットインクラインベンチ


    コチラの商品は、調整に優れたインクラインベンチ。
    座面が3段階、バックシートは6段階調節が可能なので、トレーニングの幅が広がりますね。

    また、最大のメリットは高機能なうえに、コストパフォーマンスのよさがあげられます。
    基本的に、ベンチのなかでもインクライン調節機能付きなものは高価で手の届かないものばかり。

    しかし、MRGのフラットインクラインベンチは、価格も優しいためご自宅に設置するにはおすすめな商品です。
    角度調整を行う際には、ピンをさしてダイヤルを回すタイプなので、安定感があります。

    トレーニングをしながらガタガタ音がなってしまうような、不安定な器具では筋トレに集中できないため、ダイヤル式がよいのかもしれませんね。
    ご自身の手でしっかりと固定して、安定した状態で筋トレに励みましょう。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    14,980円

    こんな方におすす

    • インクラインでの筋トレを頻繁に行う
    • 角度調節せの安定感が重要
    • コストパフォーマンスが高いものが欲しい

    10位 YouTen フラットベンチ

    フラットベンチで折りたたみが可能な商品は極めて少ないですが、YouTenのベンチは折りたたみ対応しています。
    お部屋のスペースが限られている方や、使用しないときはタンスや押し入れに収めたい方にとって打って付けの器具。

    250kgに対応できるため、高重量な筋トレも安心して行うことが可能。
    ダンベルトレーニングばかりではなく、バーベルでの筋トレも実践する方には、おすすめなベンチです。

    数多くのベンチを改良して、2017年に作られたものなので機能性も高く人気が急上昇していますよ。
    低コストなうえ、見た目も機能も優れているため、初めて器具を購入する方にはYouTenのフラットベンチを選ぶとgood。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    4,980円

    こんな方におすすめ

    • 折りたたみ式のフラットベンチが欲しい
    • 安定感があり、高重量でも対応できるものがいい
    • 低コストなフラットベンチをGETしたい

    9位 IROTEC フラットベンチEX

    筋トレ器具はIROTECと言えるほど信頼度の高いメーカーのフラットベンチ。
    このベンチの特徴は、足が3点になっていること。
    一般的なベンチは、U字のものが多くトレーニングの際に引っかかってしまうケースも少なくありません。
    これは大きな事故に繋がります。

    そのような事態を避けるためにも3点での足で構成されたベンチは、優れたアイテムだと感心します。
    トレーニング時のストレスを感じさせないように、3点足のベンチはおすすめです。

    耐久重量の情報が記載されていないため、こちらで公表することができませんが『160kgのベンチをこなせた』というお声もあがっているため、一般的な耐久重量と大差ないと考えられます。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    12,960円

    こんな方におすすめ

    • リーズナブルな価格設定のもの
    • 機能性が高くストレスフリーなベンチ
    • 信頼性の高いメーカーのもの

    8位 IROTEC マルチポジションベンチ

    IROTECのアジャスタブルベンチです。
    インクライン、デクライン、フラットとしても使用できるマルチなトレーニングベンチ。

    体を全体的に鍛えてたくましくしたい方や、ほどよく筋肉をつけてメリハリボディを手に入れたい方はマルチなベンチがおすすめ。
    デザイン性も優れていて、黒と赤でシンプルなのも魅力的。
    バックシートは7段調整なので、こだわりがある方も満足できる器具ですよ。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    27,000円

    こんな方におすすめ

    • デザイン性も重要
    • トレーニング種目の幅が広い方
    • マルチベンチを検討中の方

    7位 マッスルプロジェクト インクラインベンチ

    マッスルプロジェクトの、インクラインベンチはシートの幅が広いことが特徴的。
    体格のよい方や、安定感のあるベンチがお好きな方はこの商品がおすすめです。
    幅の広さだけではなく、耐荷重量が300kgまで対応してくれます。

    これは、トレーニング上級者の方や、高重量な筋トレをこなす方はうれしいポイントですね。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    9,800円

    こんな方におすすめ

    • 耐荷重を重視しているもの
    • 高重量トレーニングをこなす方
    • 安定感のある器具が欲しい

    6位 ボウフレックス5.1 アジャスタブルベンチ

    機能性を重視している方はこちらの商品がおすすめです。
    アジャスタブルベンチなので、フラットはもちろんのことインクライン、デクラインにも対応できますよ。

    この商品は角度調整を細かく行えることも魅力のひとつ。
    ベンチの幅が広いため、ベンチプレスやダンベルプレスを行う際に可動域が狭まる心配もあります。

    体格のよい方には問題なく使用できますが、小柄な女性は可動域が気になるかもしれません。
    デザイン性が高く、お部屋のイメージを大きく変えてくれますよ。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    39,990円

    こんな方におすすめ

    • 機能性が高いものが欲しい
    • 筋トレの種目が豊富な方
    • 本格的なマシンが欲しい

    5位 WASAI フラットベンチ

    WASAIのベンチは、折りたたみ式なのでコンパクトに収納できます。
    コストパフォーマンスもよく、高重量にも耐えれるベンチです。
    水平に調節ができるゴムがついているため、グラつきを防げることも魅力のひとつ。

    トレーニングベンチは長期間使用し続けることで、体重やダンベル、バーベルなどの重量によって傾いてしまうケースも。
    そのような事態を避けれるので、長期間愛用できますよ。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    4,980円

    こんな方におすすめ

    • 低コストなトレーニングベンチが欲しい
    • コンパクトに収納できるものがいい
    • 長期間使い続けたい

    4位 YouTen マルチシットアップベンチ

    名前の通り、マルチな機能性が特徴的なトレーニングベンチです。
    この商品は、主にシットアップを行うためのもの。

    お腹周りの贅肉を落としたい方や、バキバキなシックスパックを手に入れたい方はシットアップベンチで鍛えあげましょう。
    腹筋だけではなく、ベンチの調整を細かく行えるため、さまざまなトレーニングをこなすことができますよ。

    シートに厚みがあるので、トレーニング中の不快感が解消されることもメリットのひとつ。
    折りたたみが可能なので、使用しないときはコンパクトに収納することができます。

    ベンチを使用して、胸や背中などの大筋群のみならず、お腹や二の腕、インナーマッスルも鍛えたいという方におすすめな商品です。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    5,580円

    こんな方におすすめ

    • 腹筋も鍛えられるベンチが欲しい
    • すでにダンベルやバーベルを持っている
    • 機能性が高いものを手に入れたい

    3位 WASAI マルチベンチ

    3位にランクインしたのはWASAIのマルチベンチ。
    この商品はたったひとつで、お腹、背中、胸など全身をもれなく鍛えることができます。

    バッグシートの角度調整が細かくできるため、フラットからインクラインまで幅広くトレーニングを楽しめますよ。
    ベンチの分厚いシートが筋トレ中の体に優しくフィットしてくれます。

    ダンベルプレートを置く場所の確保してあるため、おしゃれに設置できることもうれしいポイント。
    組立が簡単にできるため、届いてすぐにトレーニングを行えますよ。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    5,980円

    こんな方におすすめ

    • 信頼性の高いメーカーのものが欲しい
    • 角度調整が細かくできるものがいい
    • トレーニング中にベンチの硬さが気になってしまう

    2位 ウルトラスポーツ トレーニングベンチ

    大人気のウルトラスポーツが開発したトレーニングベンチ。
    折りたたみ式のベンチですが、機能性が非常に高くフラットの状態からインクラインまで調整ができます。
    すごいことはそれだけではなく、最大耐荷重量がなんと500kg !

    高重量でトレーニングに励む方にとってとても安心感のあるベンチですよ。
    バーベルを使用するハードなトレーニングから、部分的なダンベルトレーニングまで幅広く大活躍してくれること間違いなし。

    完成品が届くので組立る必要がないので、楽々トレーニングを開始できます。
    使用しないときには、コンパクトに折りたたんで収納ができるメリットも。
    オールブラックでシンプルな見た目も人気な理由のひとつです。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    10,999円

    こんな方におすすめ

    • コンパクトに収納できるトレーニングベンチが欲しい
    • 筋トレ内容の幅が広い
    • 高重量トレーニングをこなす

    1位 ファイティングロード (FIGHTINGROAD) キングofベンチ

    1位に輝いたのは、機能性が優れているファイティングロードのキングofベンチ。
    たった一台で、ベンチプレスやインクラインベンチプレス、レッグカール、シットアップなど体の隅々まで鍛えあげることができます。

    ご自宅で本格的な肉体改造に励むならばこの商品がぴったり。
    これさえあれば、ほかに器具を付け足す必要がないほど重要なものが揃っています。
    器具自体にダンベルプレートを設置できる場所が確保してあることも魅力的です。

    本格派なトレーニングベンチをご検討中の方は、ファイティングロードのキングofベンチがおすすめです。

    Amazon商品価格(2018年2月26日現在)

    19,710円

    こんな方におすすめ

    • 高機能なベンチが欲しい
    • 本格的な肉体改造を自宅でこなしたい
    • 高重量トレーニングをよく行う

    【こちらもCHECK】ファイティングロードに関連するおすすめ記事はこちら

    ファイティングロードおすすめ人気ランキングTOP15!ダンベルとプレートやサンドバックも【2017年最新版】

    2017.12.08

    トレーニングベンチ使用上の3個の注意点

    トレーニングベンチ ベンチプレス


    トレーニングベンチは筋トレ種目の幅を大きく広げてくれる必須アイテム。
    ベンチを利用して、全身をもれなく鍛えることできっと理想のボディラインを手に入れることができますよ。

    使用方法は簡単ですが、3つの注意点を頭の片隅においておく必要があります。
    ぜひ、3つのポイントをおさえておきましょう。

    ①トレーニング前後のストレッチを欠かさず行う

    ストレッチ 女性


    『スポーツジムに通っていたときは、トレーニングの流れや周りの雰囲気にのまれてストレッチをしていたものの、自宅で筋トレをするようになってからは、ついつい省いてしまう。』という方も少なくありません。

    トレーニング前後に行うストレッチは、怪我を予防するだけではなく、トレーニング効果を高める働きもしてくれます。
    体が温まっていない状態で、筋トレに励むと筋肉に酸素を届けにくくなり、せっかくのトレーニング効果が軽減してしまうことも……。
    そのような事態を避けるためにも、必ずストレッチを行うようにしてくださいね。

    また、筋トレ後にストレッチを行うことで筋肉痛を和らげる効果も期待できます。
    トレーニングによって傷のついた筋繊維を素早く修復させて、次回の筋トレもベストコンディションで行えるようにしましょう。

    ここで、トレーニングベンチに座ったままでできるストレッチ方法を、簡単にご紹介させていただきます。
    太ももをしっかり伸ばせるストレッチなので、足のトレーニングに励む日に挑戦していただけると幸いです。

    太もものストレッチ方法

    1. トレーニングベンチに浅く座る。
    2. 正面を向いたまま足を大きく開く。
    3. そのまま腰をひねるようにして、おへそを右側に向ける。
    4. 両足のつま先も右側に向ける。
    5. 左足の付け根が伸びていることを感じながら30秒間ゆっくりと呼吸をする。
    6. 反対側も同様にストレッチをする。

    【こちらもCHECK】ふくらはぎをストレッチする方法解説動画はこちら

    ②運動・休養・栄養のバランスを整える

    食事 料理

    筋トレで理想の肉体美を手に入れたいならば、運動と休養、栄養のバランスを整えることが重要。
    毎日筋トレに励むことで筋肉が休まる時間がなくなってしまい、トレーニング効果が期待できなくなるケースも少なくありません。

    自宅に器具があると、ついつい筋トレをしてしまいがちですが、筋肉に休養をたっぷり摂ってあげることも大切ですよ。
    トレーニングによって傷のついた筋繊維が修復されるまでに必要な時間は、24~72時間という説が有力。
    毎日トレーニングに励むのではなく、最低でも1日は休む時間を作ってあげましょう。

    そして、筋トレ後にはタンパク質を摂取して筋肉の成長をサポートしてくださいね。
    タンパク質は、鶏肉や魚、大豆製品に多く含まれています。
    食材で摂ることが難しいようであれば、プロテインで効率よく摂取するのもアリ。
    筋肉を作るために栄養と、休養をしっかりおさえておくといいでしょう。

    ③トレーニング中の環境管理

    トレーニング機器 ダンベル

    ご自身で購入したトレーニングベンチで筋トレに励む際には、十分な注意が必要です。
    特にベンチプレスを行う方は、セーフティーバーを必ずつけるようにしてください。
    トレーニング中に気を失ってバーベルが落ちて怪我をする非常に危険な事故をよく耳にします。
    スポーツクラブでは、そのような事故が起きないようにトレーナーが常にベンチ周辺を確認しています。

    しかしながら自宅でのトレーニングは監視している方がいないことがほとんどです。
    万が一のときに助けることができないので、セーフティーバーをつけて事故のリスクを軽減させましょう。

    また、手が滑ってダンベルやバーベルが落ちてしまうことも少なくありません。
    近くにお子さまやご家族の方がいない状態で、筋トレに励むといいでしょう。

    Amazon&楽天のトレーニングベンチ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    MYトレーニングベンチでボディメイクを成功させよう

    男性 腹筋


    自分だけのトレーニングベンチを手に入れて、筋トレに励んでみましょう。
    ベンチさえあれば、ダンベル・バーベルを使用した筋トレ以外にも、自重トレーニングも行えるため、鍛え方の幅が大きく広がります。

    全身をガッツリ追い込むことができるので、あなたもトレーニングベンチをご自宅に設置して、理想のボディラインをGETしてくださいね。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】トレーニングに関連するおすすめ記事はこちら

    腹筋ローラーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.02.13

    ヨガポールおすすめ人気ランキングTOP15!使い方や効果も【2018年最新版】

    2018.02.09

    トレーニング用縄跳びおすすめ人気ランキングTOP15!消費カロリーや跳び方とダイエット効果も【2018年版】

    2018.01.12

    ジムおすすめ人気ランキングTOP10!都内や筋トレ&女性向けも【2018年最新版】

    2018.01.12

    腹筋マシンおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.01.04

    ABOUTこの記事をかいた人

    咲大井

    スポーツインストラクター歴3年
    ベビーヨガライセンス所持

    スポーツトレーナーとして、多くの方のボディメイクをサポートしてきました。
    現在はベビーヨガを担当しながら2児の子育てを楽しんでいます。
    ボディメイクを成功させたい方や、大切な赤ちゃんを想うママとパパに必要な情報を厳選してお伝えいたします。
    本当に必要なグッズを手に取って今より快適なライフスタイルをお送りできるようにと願い執筆しているので参考にしていただければ幸いです。