ハイライトクリームおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • カラーごとの特徴を理解しておこう
      →カラーが違うと仕上がりにも差が生まれるため、特徴をしっかり理解する。
    • ラメ・パールの質感をチェック
      →光を反射させるラメやパールが配合されていますが、製品ごとにそれらの大きさは異なり、仕上がりのイメージにも差が出ることに注目する。
    コスメ クリーム

    ハイライトクリームは、ツヤ肌メイクをするのに欠かせないアイテムとして注目を集めています。
    「キメが整ってツヤツヤした、素肌から美しく見せるようなベースメイクをしてみたい!」と考えるなら、多くの人に支持されている人気のアイテムを試してみてください。

    メイクアップ初心者でも使いやすい商品のランキングや、基本的な使い方などを徹底解説します!

    ハイライトクリームの基礎知識

    ハイライト コスメ

    雑誌や美容動画で話題を呼んでいるハイライトクリームですが、使ったことがないと役割や特徴がつかめないものです。
    ハイライト探しをはじめる前に、まずはトレンドや人気のブランドなどの基礎知識をチェックしていきましょう!

    ハイライトクリームとは?

    ハイライトとは、鼻や額などのパーツに塗って立体感やツヤ感を強調するメイクアップ化粧品のことで、主にパウダー・スティック・クリームタイプがあります。

    今回の記事で紹介しているクリームタイプのハイライトは、ほかのタイプと比べて保湿力がありしっとり仕上がるのが特徴です。
    「ハイライトを使ってみたいけれど、肌がカサついてきれいに化粧がのらない……」と悩んでいるなら、クリームタイプをチョイスしてみてください。

    【こちらもCHECK】ハイライトに関連するおすすめ記事はこちら

    ハイライトスティックおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.11.14

    ハイライトパウダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.11.07

    プチプラハイライトおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.22

    ハイライトクリームの近年のトレンド

    メイクの仕上がりに差がつくアイテムとして注目されているハイライトクリームは、近年、上品なツヤ感が出せるものがトレンドです。
    今美容業界では、目元や口元の色味を抑え肌にツヤを出して健康的に見せるメイクが流行しています。

    つるんとした潤った肌を主役にしたメイクに挑戦するなら、キラキラ感が控えめのハイライトクリームを使ってみてください。

    ハイライトクリームの人気ブランド

    数多くのブランドから発売されているハイライトクリームですが、そのなかでも特に人気があるブランドについて詳しく解説します。

    キャンメイク

    プチプラコスメを取り揃えていることで有名なキャンメイクは、「かわいい・リーズナブル・高品質」がコンセプトのブランド。
    チークやリップなどのポイントメイクアイテムは1,000円以下で購入でき、「少ない予算でも化粧品が揃えられる!」と人気です。

    ポイントメイクだけでなくファンデーションやフェイスパウダーなど、ベースメイクも質のいい製品が充実しています。
    ハイブランドのようにゴージャスなパッケージではないものの、かわいらしさのある見た目で、10~20代を中心にヒットしているブランドです。

    ハイライトクリームをはじめて買うならここを必ず押さえよう

    雑誌やSNSで注目度がアップしているハイライトクリームは、人気の上昇にともなって新作が次々と発売されています。
    「選択肢が多いのはうれしいけれど、どれを使えばいいのかわからない……」と迷ってしまったら、次の2つのポイントを押さえて選んでみましょう!

    ① カラーごとの特徴を理解しておこう

    ハイライト

    ハイライトクリームは、ホワイトやピンクなどカラーが複数種類あります。
    カラーが違うと仕上がりにも差が生まれるため、特徴をしっかり理解しておきましょう。

    まずクリームタイプのハイライトに多いホワイト・ピンク・ベージュの3色の特徴を解説します。

    ホワイト系

    クリーム コスメ

    クリームハイライトのなかでもよく見かけるホワイト系は、ツヤ感に加えて立体感を作り出せるのが大きな特徴です。
    光をしっかり反射するため陰影をつけやすく、肌のトーンを上げることによるくすみ飛ばし効果も期待できます。

    ただし塗り方を間違えると白くなりすぎて悪目立ちする「白浮き」を起こしてしまうのがデメリット。
    肌に塗る量や手順をしっかり守り、あらかじめハイライトの入れ方を練習しておくといいでしょう。

    ピンク系

    コスメ テクスチャ

    ほんのりピンク色が混ざっているハイライトクリームは、ツヤを出しながら肌に血色感をプラスできるのが特徴です。
    血行不良や疲れによって青っぽくくすんでしまう目元や頬で悩んでいるなら、ピンク系のハイライトクリームを使うといいでしょう。
    ピンクカラーで青みをカバーすることによってくすみを飛ばし、明るくいきいきとした表情が作り出せます!

    ただし塗りすぎると赤さが目立ち、ほてったように見えてしまうため少量使用するのがポイントです。

    ベージュ系

    ファンデーション

    ハイライトクリームのなかでも肌に近いベージュ系は、白っぽくならず自然に仕上がるのが特徴です。
    目立ちすぎないほどよいツヤ感が出せ、ハイライトクリーム初心者でも扱いやすいため人気があります。

    ホワイトやピンクに比べると光の反射力がやや弱く、立体感を出す効果が低めなのがデメリット。
    ほんのりツヤを仕込みたい部分にベージュ系を塗り、立体感をはっきり演出したい鼻や額などにはホワイトなどの明るいカラーを塗るなど、使いわけすると思い通りに仕上がるでしょう。

    ② ラメ・パールの質感をチェック

    メイクスポンジ ラメ

    ハイライトクリームには、光を反射させるラメやパールが配合されていますが、製品ごとにそれらの大きさは異なり、仕上がりのイメージにも差が出ることに注目してください。

    粒が大きいラメやパールが入っているハイライトは、肌にのせるとキラキラして見えます。
    反対に粒が小さいものだとキラキラ感は少なく、上品なツヤ感が出るのが特徴です。
    華やかな印象にしたいなら粒が大きめものもを、キラキラしないものが好みなら粒が小さいものを選んでください。
    購入前に口コミを確認したり、店頭に置いてあるテスターで実物を見たりしておくとベストです!

    ハイライトクリームの上級者目線の選び方

    ハイライトクリームの選び方には、色味やラメ・パール感のほかにもチェックしておきたいポイントがあります。
    「納得できるハイライト選びをしたい!」と考えるなら、上級者目線の選び方も確認しておきましょう。

    ① 保湿にこだわって選ぶ

    EGF配合化粧品

    水分や油分が少なくカサつきやすい乾燥肌の方は、保湿成分を配合しているハイライトクリームを選んでください。
    植物オイルやヒアルロン酸などの保湿成分を配合しているアイテムは、スキンケアしながらメイクアップを楽しむことができます。

    ただし皮脂の分泌量が多い方は、植物オイルが含まれているものを使うと化粧崩れを起こしやすいため注意しましょう。
    皮脂が出やすいTゾーン(鼻・額)はオイル成分が控えめなものを、カサつきやすい頬や口元には保湿成分が豊富に含まれているものを使うなど、顔のパーツにあわせて2つ用意するのもおすすめです!

    ② 伸びのよさも要チェック!

    スキンケア

    ハイライトクリームは厚く塗ってしまうと悪目立ちして浮く(白浮き)ことがあります。
    ツヤと立体感を演出しつつ自然に仕上げたいなら、伸びがよくやわらかい質感のものがおすすめです。
    やわらかいハイライトクリームなら、薄く伸ばしやすくヨレや偏りが起きにくいため、メイクに慣れていない方でも簡単に扱えるでしょう。

    ハイライトクリームの最安値と価格帯の特徴一覧

    ハイライトクリームはブランドによって価格帯に大きな開きがあります。
    「化粧品は値段で決めたい」「憧れのデパコスを使うのに、どれくらい予算を用意すればいいのか知りたい!」などと考えるなら、価格帯ごとの特徴を把握しておくといいでしょう。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約650円~1,500円~4,000円約4,000円~
    特徴キャンメイクなどのプチプラブランドのハイライトクリームは、1,000円以下の値段で購入可能。
    価格が安価なものはパッケージが小さめで、持ち運びしやすいのも特徴のひとつ。
    ドラッグストアで取り扱いがある大手ブランド(資生堂やコーセーなど)や、百貨店で取り扱いがあるデパコスブランドまで選択肢が豊富。デパコスのなかでもハイブランドの製品は単価が高く、パッケージに高級感があるのが特徴。

    ハイライトクリームおすすめ人気ランキングTOP5

    肌にツヤを与えて立体感のあるメイクに仕上げるハイライトクリームは、さまざまなブランドから発売されています。
    どの製品を選べばいいのか迷っている方のために、人気のハイライトクリーム5つの使い心地や特徴を徹底解説しましょう!
    ピックアップした商品は、「肌なじみのよさ(白浮きしにくいかどうか)」「伸びのよさ」「しっとり感」の3つの基準で筆者がランクづけしました。

    口コミやテスターを確認して肌なじみのよさや伸びのよさをチェックし、成分表をもとにしっとり感を分析。
    5つの製品の違いを比較して、お気に入りのハイライトクリーム探しをしてみてください!

    5位 キャンメイク クリームハイライター

    肌なじみのよさ
    伸びのよさ
    しっとり感
    総合おすすめ度

    内容量:2g
    主な保湿成分:パルミチン酸エチルヘキシル
    色展開:01ルミナスベージュ、03ルミナススノウ
    仕上がりのイメージ:自然なツヤが出る

    プチプラブランドとして知られるキャンメイクのクリームハイライターは、サラっとした使い心地です。
    伸びがいいクリームで初心者が使ってもムラになりにくく、肌になじむとパウダーのような質感に変化してベタつきが残りません。

    ラメ・パールが小さく、白浮きしない上品なツヤ感が演出でき、オンオフ問わず使いやすいのがおすすめポイント。
    植物オイルを配合しておらず、皮脂が出やすいTゾーンに使用してもテカリを起こしにくいのも人気の理由のひとつです。
    保湿成分の数が少ないため、乾燥肌の方はメイク前にフェイスオイルやクリームなどでしっかり潤いを与えてから使ってください。

    こちらは肌への密着力がよく落ちにくいのも魅力のひとつなので、化粧持ちがいいハイライトクリームを探している方にもおすすめできるでしょう。

    【こちらもCHECK】キャンメイク クリームハイライターのレビュー動画はこちら

    4位 エクセル グロウルミナイザー UV

    エクセル グロウルミナイザー UV
    肌なじみのよさ
    伸びのよさ
    しっとり感
    総合おすすめ度

    内容量:35g
    主な保湿成分:シアバターアルガンオイルなど
    色展開:ピンクグロウ、ベージュグロウ(計2色)
    仕上がりのイメージ:ツヤ感が強め

    アイシャドウやリップグロスが人気のプチプラブランド、エクセルのハイライトクリームはツヤや立体感だけでなく透明感を与えられるのが特徴です。
    キラキラ感は控えめですが、パールの反射効果によるツヤ感がしっかり出ます。

    少量使うだけでも顔にツヤと立体感がつけられ、内容量がほかの製品と比べて多くコストパフォーマンスに優れているのも魅力のひとつです。
    単体で使用してテカリや白浮きが気になる場合は、化粧下地やリキッドファンデーションに混ぜて使うと自然に仕上がるでしょう。
    肌に透明感が欲しい方や、夕方になると肌がくすんで見えてしまう方におすすめです!

    【こちらもCHECK】エクセル グロウルミナイザー UVのレビュー動画はこちら

    3位 エトヴォス ミネラルハイライトクリーム

    肌なじみのよさ
    伸びのよさ
    しっとり感
    総合おすすめ度

    内容量:4g
    主な保湿成分:マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリチルレチン酸ステアリル
    色展開:ベージュ(計1色)
    仕上がりのイメージ:自然なツヤ感が出せる

    エトヴォスは、スキンケア成分を豊富に配合したメイクアップコスメが揃っているブランドです。
    このミネラルハイライトクリームは、炎症を抑える成分であるグリチルレチン酸ステアリルや、肌のキメを整える油溶性ビタミンC誘導体を配合していて、さらに潤いと透明感をキープするセピホワイトという成分は乾燥しがちな肌を整えてくれます。
    「ハイライトを使いたいけれど、乾燥して小じわに入り込んでしまう……」という悩みを抱えている方に適しているでしょう。

    肌なじみがいいカラーで白浮きしにくく、自然で上品なツヤ感が出せるのが特徴。
    キラキラしない控えめなハイライトが欲しい方や、乾燥をケアしながらメイクアップしたい方に向いています!

    【こちらもCHECK】エトヴォス ミネラルハイライトクリームのレビュー動画はこちら

    2位 スリー シマリング グロー デュオ

    肌なじみのよさ
    伸びのよさ
    しっとり感
    総合おすすめ度

    内容量:‐
    主な保湿成分:チャ種子油、アルガンオイル、ゴマ種子油、シアバターなど
    色展開:01、02(計2色)
    仕上がりのイメージ:自然なツヤが出せ、血色の悪さもカバーできる

    メイクアップアーティストや美容家も使い心地のよさを認めているのが、デパコスブランド、スリーのハイライトクリームです。
    左側はほんのり赤みがあるカラーで、頬にのせると自然な血色感とツヤがプラスでき、右側は立体感を強調したい部分に塗るカラーです。

    わざとらしくない自然な明るさで、ハイライト初心者でも白浮きしにくいのがおすすめポイント。
    植物オイルを配合しており、カサつく肌を保湿しながらメイクできると好評です。
    乾燥と血色の悪さをメイクでカバーしたい方や、ツヤや明るさが控えめで自然に仕上がるハイライトクリームを探している方にぴったりでしょう。
    左側にセットされているカラーはハイライトとしてだけでなく、アイシャドウやリップカラーとして使えるのも高評価ポイントです!

    【こちらもCHECK】スリー シマリング グロー デュオの使い方動画はこちら

    1位 コスメデコルテ ディップイングロウ

    肌なじみのよさ
    伸びのよさ
    しっとり感
    総合おすすめ度

    内容量:‐
    主な保湿成分:ダマスクバラ花エキス、レモン果汁エキス、スクワランなど
    色展開:001ホワイトパール(計1色)
    ラメ・パール感:細かいラメが上品に輝く仕上がり

    白浮きしにくく肌に伸ばしやすいと人気なのが、コーセーが展開するデパコスブランド、コスメデコルテのディップイングロウです。
    ほどよく光を反射する細かいラメは悪目立ちせず、オフィスメイクに取り入れてもナチュラルに仕上がります。

    人の皮脂に近い構造をしているオイル成分であるスクワランを配合しており、乾燥をケアしながらツヤ肌を作れるのが人気のポイントです。
    スクワランは浸透性に優れていて、ベタつきやテカリを感じにくいのが特徴であることから、「しっとり感は求めたいけれど、ベタっと重い使い心地は苦手……」という方におすすめできます。
    ケースが小さいため持ち運びしやすく、外出先で使いやすいのも人気の理由のひとつ。
    伸びがよく簡単に均一になじませられるため、メイク初心者でも扱いやすいでしょう。

    ハイライトクリームの使用上の注意点

    内側からあふれ出すようなツヤと立体感ある表情を作り出すハイライトクリームは、使用するうえでいくつかの注意点があります。
    肌トラブルやメイクの失敗を避けてハイライトを入れるために、次の2つのポイントを守って使用しましょう!

    ① 肌にあわない場合は使用を中止する

    スキンケア乾燥

    ハイライトクリームを使いはじめてから、かゆみ・赤み・ヒリつき・かぶれなどの肌トラブルが発生した場合は、使用を中止してください。
    配合されている成分が肌にあわず、アレルギー反応を起こしている可能性があります。
    多くのハイライトクリームには、酸化鉄や酸化チタンなどの金属を含む鉱物(ミネラル)が配合されており、これがアレルギー反応を引き起こすことがあるのです。

    金属アレルギーがない方でも、植物エキスやアルコールなどにかぶれてしまうことがあります。
    今までに化粧品による肌トラブルの経験がある方は、二の腕の目立たない部分でパッチテストをしておくといいでしょう。
    パッチテストとは肌質や体質に化粧品があっているかを確かめる作業で、以下の手順で行います。

    パッチテストのやり方

    1. お風呂上りの清潔な二の腕に、テストしたい化粧品を10円玉大塗る
    2. 30分放置し化粧品がなじんだころ、肌に赤みやかゆみがないかチェックする
    3. さらに塗ってから48時間後の肌をチェックし、異常がないことを確認する

    この3ステップを実施し、肌に異常がなければ顔に使用しても構いませんが、化粧品は塗ってすぐ反応が出るときと数日経過してから反応するときがあるため、必ず2回チェックしてください。

    ② 少量ずつ肌にのせていこう

    フェイスクリーム

    ハイライトクリームは少量でもしっかり光を反射し、肌を明るく見せることができます。
    量を使いすぎると塗った部分だけ明るくなりすぎ、白浮きしてしまうため注意しましょう。
    パッケージや商品詳細に書かれている使用目安量(例:米粒大、パール大)を一気に全部肌にのせるのではなく、少しずつなじませてください。
    使用しているファンデーションやフェイスパウダーによって仕上がりに差が出るため、量を調節しながらメイクアップしましょう。

    ハイライトクリームは塗りすぎると化粧崩れもしやすくなります。
    薄く均一に肌に伸ばすことを意識し、ほんのりツヤと輝きが出る程度に仕上げてください。

    ハイライトクリームの使い方を解説

    ハイライトクリームは、正しい順序で使用しないとヨレや白浮きの原因になってしまいます。
    ファンデーションの種類に応じたメイクの順序や、美しく仕上げる塗り方のコツをマスターしましょう!

    ハイライトクリームを塗る順序

    アイシャドウ メイク

    ハイライトクリームは、使うファンデーションがリキッドかパウダーかによって肌になじませる順序が異なります。
    いつも使っているファンデーションのタイプにあわせた順序を確認しておきましょう。

    パウダーファンデーションを使用している場合

    ファンデーション

    パウダータイプのファンデーションとハイライトクリームを併用するときは、以下の順序で使ってください。

    1. 化粧下地
    2. ハイライトクリーム
    3. ファンデーション
    4. アイメイク・チークなどのポイントメイク

    洗顔してスキンケアをし、化粧下地で肌を整えたらハイライトクリームを塗ってください。
    化粧下地に含まれる水分や油分が完全に乾ききる前にハイライトクリームを塗るとなじみやすく、境界線が目立ただず自然に仕上がります。

    そのあとに塗るパウダーファンデーションは、力を入れずにやさしくのせていくのがポイント。
    肌にこすりつけるようにファンデーションを重ねると下地やハイライトがヨレてしまうため注意しましょう。
    美しく仕上げるなら、スポンジではなくファンデーション用のブラシを使うのがおすすめです。

    リキッド・クリームファンデーションを使用している場合

    ファンデーション

    液状のファンデーションとハイライトクリームを併用するときは、以下の順序で肌に塗ってください。

    1. 化粧下地
    2. ファンデーション
    3. ハイライト
    4. フェイスパウダー
    5. アイメイク・チークなどのポイントメイク

    下地とファンデーションでベースメイクを作ったら、そのうえにハイライトクリームをのせてメイクアップスポンジで叩き込むようになじませてください。
    ハイライトクリームを塗ったら一度フェイスパウダーで余計な水分や油分を抑え、肌表面をサラサラの状態にするのがポイントです。
    フェイスパウダーで整えることでアイシャドウやチークなどのポイントメイクがヨレにくくなり、美しく仕上がるでしょう!

    指やスポンジで上手にぼかして仕上げる

    メイク スポンジ

    ヨレや偏りのない美しい仕上がりを目指すなら、ハイライトクリームを肌に塗ったあと「ぼかす」テクニックを取り入れてみましょう!
    ハイライトクリームを塗るだけで終わらせず、そのうえから軽く叩いてなじませてぼかしを入れてください。

    下の動画では、ハイライトクリームをスポンジでなじませるやり方がチェックできます。
    1:00を過ぎたあたりからハイライトクリームの叩き込み方が確認できますよ。

    目の下など細かい部分にハイライトクリームをなじませる場合は、動画のように先がとがっているスポンジが適しています。
    硬いスポンジだと圧力がかかりすぎて化粧がヨレてしまいやすいため、やわらかめのものを使うのがおすすめです!

    Amazonのハイライト人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    ハイライトクリームで肌にツヤと透明感をプラスしよう!

    モデル メイク

    ハイライトクリームは、ツヤと立体感が簡単に演出できるとても便利なアイテムです。
    今まで使ったことがない方はメイクの仕上がりの差にきっと驚くはず。

    「メイクをしっかりしているのに、なんとなくメリハリがない」「肌にツヤがなくてパサついて見える」と悩んでいるなら、ハイライトクリームの出番です。
    目的や好みにあったテイストのものを選び、正しい塗り方を実践すれば初心者でも簡単に扱えますよ。

    トレンドのツヤ肌になれるハイライトクリームを使いこなして、「あれ、今日は肌がきれいだね!」といわれる仕上がりを目指しましょう!

    【あわせて読みたい】コスメに関連するおすすめ記事はこちら

    ハイライトパウダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.11.07

    クマを消すのに最適な化粧品おすすめ人気ランキングTOP10!コンシーラーの即効性についても【2018年最新版】

    2018.05.30

    涙袋アイシャドウおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.21

    コンシーラーおすすめ人気ランキングTOP15!コンシーラーとは?使い方についても【2018年最新版】

    2018.05.05

    ハイライトコスメおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.02.10

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。