ハイライトスティックおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • カラーごとの特徴を把握する
      ハイライトスティックにはホワイト系・レッドピンク系・ベージュ系等さまざまなカラーがあるので、購入前には仕上がりの違いやそれぞれどのような肌悩みに適しているのかを理解しておこう。
    • ラメ・パール感が好みにあうかどうか
      →ハイライトスティックにはラメ・パールが入っているが、華やかすぎるとオフィスメイクには取り入れにくくなったりするので、口コミや実店舗で確認し自分の目的にあうものを選ぼう。
    メイク クリーム

    メイクアップコスメのひとつであるハイライトは、肌にツヤを与え立体感ある表情を作り出す注目のアイテムです。
    メリハリのあるメイクアップが簡単にできると使う人が増えていますが、「ハイライトはパウダーやクリームなど種類が多くて選べない……」と迷ってしまいがち。
    そこで「使ってみたいけれど手が出せない」という方のために、この記事ではハイライトスティックの魅力をお伝えします。

    パウダーとクリームタイプでどんな違いがあるのかや、どのブランドの製品が人気なのか、さらに正しい塗り方や使う順番までを徹底解説し、詳しく紹介します!

    目次

    ハイライトスティックの基礎知識

    ルナソル グロウイングデイスティック 01 Lucent ハイライト

    ルナソル グロウイングデイスティック 01 Lucent ハイライト

    雑誌やSNSで人気が急上昇しているハイライトですが、種類がたくさんあるとどれを使ったらいいのか迷ってしまいますよね。
    ハイライトスティックを取り入れたメイクアップをマスターするなら、まずは特徴や人気のブランドなどの基礎知識を身につけましょう。

    ハイライトスティックとは?

    ハイライトとは、ホワイトやピンクなどの明るいカラーを鼻や額などに部分的に入れて、立体感とツヤを出すメイクアップ化粧品のことです。
    パウダー・クリーム・スティックなどの種類があり、それぞれ仕上がりや使い心地が違います。

    今回の記事で紹介しているスティックタイプのハイライトは、ほかと比べて密着力が高くて落ちにくく、時間が経過しても崩れにくいことから人気があります。
    パウダーよりしっとりしていてクリームよりはサラっとした使い心地なのも特徴のひとつ。
    「パウダー状の化粧品だとパサつくけれど、クリームタイプだとベタベタしたりテカったりしてしまう……」という肌質の方に向いているでしょう。
    スティックタイプはブラシを使わず直塗りできることから、メイク道具に慣れていない初心者でも扱いやすいのがおすすめポイントです!

    【こちらもCHECK】ハイライトに関連するおすすめ記事はこちら

    ハイライトパウダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.11.07

    プチプラハイライトおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.22

    ハイライトコスメおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.02.10

    ハイライトスティックの近年のトレンド

    ハイライトスティックは光を反射する効果を応用して立体感を出すアイテムですが、最近は立体感に加え上品なツヤ感の出せる仕上がりがトレンドとなっています。
    つまりラメやパールが細かく、キラキラ感が控えめでツヤを出せるものということです。
    トレンドメイクを再現するなら、頬にほんのりツヤが出せるハイライトスティックを使ってみてください。

    ハイライトカラーといえばホワイト系がメジャーですが、近年はナチュラルメイクのブームでホワイト系よりもなじみがいいベージュやピンク系が流行しています。
    やりすぎ感のない自然なハイライトを入れたいなら、肌に近いカラーを使ってみるとよいでしょう。

    ハイライトスティックの人気ブランド

    陰影をつけてメリハリのある表情を作り出すハイライトスティックは、数え切れないほどのブランドから発売されています。
    「どのブランドから選べばいいのかわからない」と悩んでいる方のために、特に人気のあるブランドについて解説しましょう。
    リピーターが多い注目のブランドなので、特徴をしっかりチェックしてみてください。

    セザンヌ

    セザンヌはリーズナブルで高品質な化粧品を取り揃えていることで有名なプチプラブランドで、シンプル処方にこだわって製品作りをしているのが特徴です。
    中身だけでなくパッケージもシンプルで、年代を問わず使いやすいのも人気の理由のひとつ。
    ファンデーションやリップなどのメイクアップ化粧品だけでなく、スキンケア製品も人気があります。

    ハイライトスティックなどのポイントメイクアイテムは1つ1,000円以下で手に入る価格のものがほとんどで、「メイクを楽しみたいけれど高い予算はかけられない……」と悩んでいる方におすすめのブランドです!

    ハイライトスティックをはじめて買うならここを必ず押さえよう

    ツヤ肌メイクがトレンドとなっている今、ハイライトスティックは注目を集め、製品の数もどんどん増えています。
    「選択肢が増えるのはうれしいけれど選びきれない!」と困っているなら、次の2つのポイントを基準にして選んでみてください。

    ① カラーごとの特徴を把握する

    テクスチャー ファンデーション

    ハイライトスティックにはホワイトやピンクをはじめ、さまざまなカラーがあります。
    どの色も立体感とツヤを出すものですが、カラーごとの仕上がりや、それぞれどのような肌悩みに適しているのかも違うため、理解しておきましょう。

    ホワイト系

    ハイライトのなかでも最もメジャーなホワイト系は、光の反射力があり、立体感を強調できるのが特徴です。
    立体感をつけやすい点がメリットですが、塗る量を間違えると白さが悪目立ち(白浮き)してしまうことがあります。

    日焼けしている肌や、健康的な肌の色をしている方だと白浮きしてしまいやすいため、ファンデーションやフェイスパウダーでぼかすテクニックが必要です。

    レッド・ピンク系

    少し赤みが混じっているレッド・ピンク系のカラーは、陰影とツヤに加えて血色感を出せる色味です。
    下まぶたや頬に血色感がなく、青っぽくくすんでいる肌で悩んでいる方はこのカラーが適しているでしょう。

    もともと血色感がある肌の色をしている方が使うと赤みが強調されてしまうため、顔が青白くて疲れて見える方におすすめです。

    ベージュ系

    肌の色に近いベージュ系のハイライトは、白浮きしにくくナチュラルに仕上がるのが特徴です。
    ホワイトやレッド・ピンクに比べると光の反射力が弱いため、くっきり陰影はつけられませんが、やりすぎ感が出ないのがメリットのひとつ。
    立体感とツヤを控えめに演出したいなら、ベージュ系のハイライトを選ぶといいでしょう。

    日焼けしている肌や、健康的な肌の色の方で「明るいホワイト系のハイライトでは白浮きしてしまう……」という方にもベージュ系がおすすめです。

    ② ラメ・パール感が好みにあうかどうか

    メイクスポンジ ラメ

    ハイライトスティックには、光を反射するラメ・パールが入っています。
    ラメ・パールの粒が大きいとキラキラして見え、反対に粒が小さいとツヤをまとったような印象に見えるのが特徴です。

    光をしっかり反射してキラキラ見える華やかなハイライトが欲しいのか、オフィスメイクにも取り入れられる控えめなハイライトが欲しいのか、自分の目的にあうものを選んでみてください。
    仕上がりのイメージを確認するには製品の口コミを調べたり実物を店頭で確かめたりするのがベスト。
    気になる製品を動画サイトで検索して、実際に使用している映像を見るのもおすすめです。

    ハイライトスティックの上級者目線の選び方

    メイクアップ初心者でも簡単に陰影をつけられて扱いやすいハイライトスティックは、カラーやラメ・パール感のほかにもチェックしておきたいポイントがあります。
    より満足できる商品選びをしたいなら、次に解説するポイントに注目して製品を比較してみましょう。

    配合されている保湿成分を確認しよう

    EGF配合化粧品

    ハイライトスティックのなかには、肌のパサつきをブロックするために保湿成分を配合しているものがあります。
    肌が乾燥してメイクをすると粉っぽく見えてしまう方は、植物オイル成分などの保湿成分を含むものがおすすめです。
    水分が失われやすい頬や口元は特に乾燥によってカサついて見えるため、保湿成分が配合されているものを使うといいでしょう。

    ただし皮脂の分泌量が多いオイリー肌・混合肌の方は、オイル成分を含むものを使うと化粧崩れを起こしてしまうことがあるため注意してください。
    分泌された皮脂とハイライトに含まれるオイルが混ざり、化粧の層が油分に溶けて崩れてしまうのです。
    皮脂分泌が活発な肌質なら、オイル成分が控えめでサラっと仕上がるものを選びましょう。

    ハイライトスティックの最安値と価格帯の特徴一覧

    ハイライトスティックは人気の上昇とともに製品の数も増えています。
    「化粧品選びは価格が決め手!」と考えているなら、価格帯ごとの特徴をチェックしておきましょう。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約600円台~600円~3,000円約4,000円~
    特徴セザンヌなどのプチプラブランドからは、1,000円を切るリーズナブルなハイライトスティックが発売されています。人気が高いのは600~2,000円程度で購入できるプチプラ品です。
    美容・保湿成分が含まれスキンケア効果がある機能的なハイライトスティックは、2,000円以上の値段で発売されています。
    デパートに店舗があるコスメブランド(デパコス)のなかでも、ハイブランドの製品は価格が高価でパッケージに高級感があります。

    ハイライトスティックおすすめ人気ランキングTOP5

    「メイクにハイライトスティックを使ってみたいけれど、どれを試せばいいのかわからない……」という方のために、人気の製品を5つピックアップして紹介します!
    成分表や口コミをもとに「肌なじみのよさ(白浮きのしにくさ)」「化粧持ち」「保湿力」の3つの基準で筆者がランクづけしました。

    製品ごとの配合成分や使い心地を比較し、イメージにあうかどうかチェックしてみてください。

    5位 WHOMEE(フーミー)マルチグロウスティック

    肌なじみのよさ
    化粧持ち
    保湿力
    総合おすすめ度

    内容量:‐
    カラー展開:シマーベージュ、ブロンズ、レッド、ピンクオレンジ(計4色)
    主な保湿成分:セラミド2・3、油溶性ビタミンC、 ビタミンEなど

    WHOMEE(フーミー)は、人気メイクアップアーティストであるイガリシノブさんプロデュースの化粧品ブランド。
    このマルチグロウスティックは「内側から色っぽさがにじみ出るようなイガリメイクが再現できる!」と話題の製品です。
    カラー展開は4色で、そのうち1色(シマーベージュ)がハイライトカラーとして使えます。
    下まぶたに青クマがある方は、レッドやピンク、オレンジを使ってクマをカバーするといいでしょう。

    セラミドや油溶性ビタミンCなど、メイクしながら乾燥をケアする保湿成分も配合されており、肌にのせるとサラっとした質感に仕上がり、ベタベタしないのも高評価ポイントと言えます。
    シマーベージュは白浮きしにくく、ハイライト初心者にもおすすめです。

    肌なじみのよさや保湿力はいいのですが、やや化粧崩れしやすいためキープ力は星2つ半となっています。
    肌がカサついて粉っぽく見えてしまう方におすすめの商品と言えるでしょう。

    【こちらもCHECK】WHOMEE マルチグロウスティックのレビュー動画はこちら

    4位 コフレドール マジカルグロウスティック

    肌なじみのよさ
    化粧持ち
    保湿力
    総合おすすめ度

    内容量:5.4g
    カラー展開:1色のみ
    主な保湿成分:水溶性コラーゲンなど

    カネボウ化粧品の人気ブランド、コフレドールのハイライトスティックはしっとりとした質感が特徴です。
    乾燥した肌を保湿する水溶性コラーゲンを配合しており、カサつく肌を整えながらメイクアップできます。
    しっとり感が強めのスティックのため、肌の水分量が少ない乾燥肌の方にはおすすめですが、オイリー肌や混合肌の方が使うとベタつきを感じてしまう場合があるので注意が必要です。

    この製品は立体感とツヤを与えるだけでなく、毛穴をぼかしてカバーするのも魅力のひとつで、光の反射効果により毛穴のくぼみが見えにくく、つるんとなめらかな質感の肌を演出します。
    下まぶたから頬にかけてくすみと毛穴が気になっている方におすすめの商品と言えるでしょう。

    【こちらもCHECK】コフレドール マジカルグロウスティックのレビュー動画はこちら

    3位 ナチュラグラッセ コレクティング スティック

    ナチュラグラッセ コレクティング スティック 01 ハイライト 部分用フェイスカラー
    肌なじみのよさ
    化粧持ち
    保湿力
    総合おすすめ度

    内容量:4g
    カラー展開:01ハイライト、02スムースマット、03ライトカラー、04ヘルシーカラー
    主な保湿成分:ホホバオイル、オリーブオイルなど

    オーガニック成分にこだわった化粧品が評判のブランド、ナチュラグラッセのコレクティングスティックは肌なじみがよく白浮きしにくいのが魅力です。
    製品には4つのカラー展開があり、そのうち02スムースマット以外の3色(01ハイライト、03ライトカラー、04ヘルシーカラー)がハイライトスティックとして使えます。

    ホホバオイルやオリーブオイルなどの植物オイルを配合しており、乾燥によるカサつきをしっとり潤しながらメイクアップできるのが人気の理由です。
    油分が多めで皮脂による化粧崩れが起きやすいため、乾燥する頬や口元を中心に使うとよいでしょう。
    化粧持ちよりも保湿力を優先させたいと考えている方に向いている製品です。

    【こちらもCHECK】ナチュラグラッセ コレクティング スティックのレビュー動画はこちら

    2位 セザンヌ ハイライトスティック


    セザンヌ ハイライトスティック  パール入りホワイト
    肌なじみのよさ
    化粧持ち
    保湿力
    総合おすすめ度

    内容量:‐
    カラー展開:01パール入りホワイト(計1色)
    主な保湿成分:ヒアルロン酸、コラーゲン、メドウフォームオイルなど

    「安いのに使いやすい!」と評判なのが、プチプラブランドとして知られるセザンヌのハイライトスティックです。
    肌へのフィット力に優れ、時間が経過しても崩れにくいのが特徴のひとつ。
    保湿成分としてオイルが配合されていますが、油分の量が控えめでサラッとしており、皮脂分泌が活発な肌でも崩れにくく化粧持ちがいいのが高評価ポイントです。

    光をしっかり反射するホワイトカラーで、直塗りすると立体感がはっきりとつけられますし、またナチュラルなツヤを足したい場合には、肌に直接塗らず指にとってなじませるといいでしょう。
    600円台とメイク初心者でも手を出しやすい価格で、ハイライトデビューの方にぴったりです。

    【こちらもCHECK】セザンヌ ハイライトスティックのレビュー動画はこちら

    1位 メイベリン マスターストロビングスティック

    メイベリン マスターストロビングスティック 02 ピンク メイベリン マスターストロビングスティック 02 ピンク
    肌なじみのよさ
    化粧持ち
    保湿力
    総合おすすめ度

    内容量:10g
    カラー展開:01ヌード、02ピンク(計2色)
    主な保湿成分:シアバターなど

    ハイライトスティック選びに迷ったらまず試して欲しいのが、プチプラブランドとして人気があるメイベリンのマスターストロビングスティックです。
    内容量10gで1,000円台とコストパフォーマンスに優れており、白浮きしにくい色味でナチュラルに仕上がるのが魅力のひとつ。

    肌への密着力がよくて崩れにくく、化粧持ちのよさを求める方も満足できます。
    自然に仕上げるなら01ヌードカラー、血色の悪さをカバーしながらメイクするなら02ピンクカラーがあり、「真っ白なホワイトカラーを使ったら、塗った部分だけ不自然に見えてしまった……」という経験を持つ方にもおすすめです。

    【こちらもCHECK】メイベリン マスターストロビングスティックのレビュー動画はこちら

    ハイライトスティックの使用上の注意点

    肌にツヤと立体感を与えるハイライトスティックには、使用上の注意点がいくつかあります。
    メイクアップを楽しむためにも、次に解説する3つのポイントを守って使用しましょう!

    ① 肌トラブルが起きたら使用を中止する

    ニキビ 肌荒れ

    ハイライトスティックを使いはじめてから、肌がかぶれたりヒリヒリしたりするなど異常を感じたら、すぐに使用を中止してください。
    皮膚の炎症は製品に含まれる成分にアレルギー反応を起こして生じている可能性があります。
    無理に使い続けると皮膚の状態が悪化してしまうため注意しましょう。

    今までに化粧品によるかぶれや肌荒れを起こしたことがある方は、目立たない場所に少量塗って1日過ごし、トラブルが起きないことを確認してから顔に使うようにしてください。
    化粧品によるトラブルを頻繁に起こしてしまう方は、一度皮膚科を受診してアレルギー検査を行ってみることをおすすめします。

    ② 塗りすぎは厳禁!少量を意識して使おう

    鼻 ブラシ メイク

    ハイライトは適量使えば自然に仕上がりますが、塗りすぎると悪目立ちしてしまいます。
    ハイライトスティックは密着力が高く一度塗ると取れにくいため、いきなりたくさんの量を塗るのではなく、少量ずつ様子を見ながら顔にのせていきましょう。
    ほんのりツヤが出てトーンアップする程度にとどめ、塗りすぎないように気をつけてください。

    ③ 明るい場所で仕上がりを確認する

    ファンデーション メイク

    ハイライトスティックを使ってメイクを一通り終わらせたあとは、窓際など明るい場所で全体の仕上がりをチェックしてください。
    室内灯でメイクして自然に仕上げたつもりでも、太陽光で確認すると不自然に見えることがあります。
    日中のおでかけにハイライトを使用するなら、最後に必ず太陽光の下でメイクの仕上がりを確認しておきましょう。
    飲み会など夜のおでかけ前にメイクアップをするときは、室内灯の光がしっかり届く場所で行ってください。

    ハイライトスティックの使い方をマスターしよう!

    顔に立体感やツヤをプラスできるハイライトスティックはとても便利なアイテムですが、使ったことがないと塗り方や順番がわからず戸惑ってしまうもの。
    ハイライトを効果的に入れるためにも、スティックタイプの基本的な使い方をマスターしておきましょう!

    塗る場所はどこ?

    ハイライト

    ハイライトは基本的に、顔の高い位置やくすみが気になりやすい下まぶたに塗ります。
    上の写真の「highlight」と書かれている場所にスティックを直接あて、指やスポンジでなじませましょう。
    一気にたっぷり塗ると白浮きしてしまうため、ほんのり明るくなる程度の量を少しずつ塗るのがポイントです。
    スティックタイプのハイライトを使ったことがない方は、下の動画で塗り方をチェックしてみてください。

    3:10すぎあたりからスティックハイライトの使用方法が解説されているので、動画を見ながら塗り方を練習してみてください!

    ファンデーションの種類別!ハイライトスティックを塗る順番

    女性 スティックファンデーション

    ハイライトスティックは、使用しているファンデーションの種類によって塗る順番が異なります。
    正しい順番で塗らないと化粧が崩れてしまったり、ハイライトがヨレたりする原因となるため使用前に必ず把握しておきましょう。

    液状ファンデーションと併用する場合

    ファンデーション

    リキッドやクリームなど、液状のファンデーションとハイライトクリームを組み合わせる場合は次の順序で使用してください。

    1. 化粧下地
    2. リキッド(またはクリーム)ファンデーション
    3. ハイライト

    下地とファンデーションを塗って肌になじませたら、ハイライトスティックを肌に軽く当てて塗っていきます。
    ハイライトを線状に引いたあとは、指やスポンジでぽんぽん叩き込むようになじませてください。
    ハイライトをきれいにぼかしたら、フェイスパウダーやチークなど次のステップに移りましょう。

    【こちらもCHECK】リキッドファンデに関連するおすすめ記事はこちら

    プチプラリキッドファンデーションおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.26

    リキッドミネラルファンデーションおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.02.10

    リキッドファンデーションおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.12.14

    パウダーファンデーションと併用する場合

    ファンデーション

    パウダータイプのファンデーションとハイライトスティックを併用する場合は、次の手順でメイクアップしてください。

    1. 化粧下地
    2. ハイライトスティック
    3. パウダーファンデーション

    この場合は化粧下地を顔全体になじませ、そのあとにハイライトスティックを使うのが基本です。
    油分が少なくサラサラした質感のものであればファンデーションのあとに使ってもヨレにくいですが、基本的にはファンデーションの前に使用してください。

    ハイライトスティックのうえにパウダーファンデーションを重ねる際は、圧をかけずにふんわり塗るように心がけましょう。
    力を入れてファンデーションを塗るとハイライトがヨレてしまうため注意してください。
    ハイライトを崩さずきれいに仕上げたいなら、ブラシでパウダーファンデーションを肌にのせるのがおすすめです。

    【こちらもCHECK】パウダーファンデに関連するおすすめ記事はこちら

    パウダーファンデーションおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.12.16

    Amazonのハイライト人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    ハイライトスティックでメリハリのある表情をゲットしよう

    まつげ メイク

    「しっかりメイクしているのに立体感が出ない」「肌にツヤがなくて疲れて見える……」こんな悩みを持っているなら、毎日のメイクアップにハイライトスティックを取り入れてみてください。
    メイク初心者でも扱いやすいスティックタイプは、簡単に立体感やツヤを出すことができますよ。
    プチプラブランドからデパコスブランドまで選択肢が豊富なので、仕上がりのイメージや好みのブランドで選ぶとよいでしょう。

    ハイライトスティックを使いこなして、メリハリのある表情を作り出してみてください!

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】コスメに関連するおすすめ記事はこちら

    ハイライトクリームおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.11.10

    ハイライトパウダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.11.07

    トレンドはこれ!人気のデパコスアイテムおすすめランキングTOP15|2018年最新版

    2018.10.20

    【美容家厳選】チークおすすめ人気ランキングTOP24!20代・30代・40代の年代別から上手にのせるコツまで|2018年最新版

    2018.07.06

    フェイスパウダーおすすめ人気ランキングTOP15!プチプラやブラシも【2018年最新版】

    2018.03.26

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。