4Kテレビおすすめ人気ランキングTOP21!機能や価格も紹介【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

藤堂泰寛

元IT管理部

サーバーやパソコンに関する技術や知識に触れてきました。
パソコン周辺機器にはわかりにくい用語や勘違いしやすい項目が多いですが、それをわかりやすく発信していきたいと思っています。

    選び方のポイント

    • 4Kテレビに必要な機能を考えよう
      →例えば録画はブルーレイレコーダーか外付けハードディスクどちらを使用するかで選ぶテレビが変わる。4Kテレビを購入する前には自分が欲しい機能をしっかりとチェックすることが大切。
    • 搭載されているチューナーにも注目!
      →テレビに搭載されているチューナーの性能によっては、4K映像を受信することができない可能性がある。そのため4Kテレビを購入する際は4K対応のチューナーが搭載されているかを確認しよう。
    • 4Kテレビの価格で大まかな性能がわかる!
      →4Kテレビは6万以下という格安なものから10万円以上のハイエンドクラスまでさまざまな商品があるが、価格と性能の比例関係が比較的はっきりしているところが特徴である。機能・性能へのこだわり、用途に応じて最適な商品を選ぼう。
    テレビ

    数年前、4Kテレビがはじめて市場に姿を現したときは、価格が数十万円もする高級家電でした。
    それから年を経ることに4Kテレビの価格は安くなってきましたが、今年は少し事情が違います。

    なぜなら、2018年12月に「新4K8K衛星放送」によって、BSとCSの一部では4K放送が始まるため、各大手家電メーカーは10万円を切る4Kテレビ製品を打ち出してきました。
    さらに2年後である2020年には東京オリンピックが控えているなど、4Kテレビを取り巻く環境はさらに賑わいをみせることでしょう。
    また大手家電メーカー以外でも、50型の4Kテレビが5万円台という格安で、すでに発売しています。

    液晶テレビの寿命は平均で10年と言われていますが、地上デジタル放送の際に購入したテレビの寿命が近づき、4Kテレビの購入を考えている方も多いのではないでしょうか?

    そうなると4Kテレビの購入には知識が必要ですよね。
    4K映像を視聴するためには、4Kテレビだけではなく、搭載されている機能などにも注目する必要があります。
    本記事では4Kテレビの購入に必要な知識と選び方、さらにおすすめの商品も紹介しているので、読めば自分に必要な機能を持った4Kテレビが購入できますよ。

    目次

    4Kテレビをはじめて買うならここを必ず押さえよう

    ① 4Kテレビに必要な機能を考えよう

    テレビ

    4Kテレビを含むテレビ製品は、今やテレビ番組を見るだけの家電製品ではありません。
    映像ソースも地上デジタル放送からBS・CS、さらにインターネットを接続すればインターネット動画配信サービスによる番組や映像作品も視聴でき、また録画機能にも目を向ける必要があるでしょう。

    録画にはブルーレイレコーダーを使用するか、それとも外付けハードディスクを使用するかで選ぶテレビが変わってきます。
    最近のテレビは基本的に外付けハードディスク録画にも対応していますが、まだ未対応の製品もあるので、購入時にはチェックが必要です。
    さらに同時録画数に関わってくるチューナーの数にも目を配る必要があります。

    このように、現代のテレビ製品には購入者が選ばなければならない機能が数多くあるため、自分が欲しい機能を逃さないためにも、テレビを購入する前には自分が欲しい機能をしっかりとチェックしてください。
    欲しい機能が明確になっていれば、製品選びもスムーズに進むでしょう。

    ② 搭載されているチューナーにも注目!

    テレビ

    同時録画数に関わるチューナーですが、4Kテレビではそれ以上に重要な役割を担っています。
    なぜなら、チューナーの機能次第では4K映像を受信することができないからです。

    4K映像を受信できなければ当然映像を見ることはできません。
    2018年12月から一部のBS・CSで4K放送が始まりますが、チューナーの性能によっては見られない可能性があるため、4Kテレビを購入する際は、4K対応のチューナーが搭載されているかをしっかりとチェックしましょう。
    基本的に2018年以降に発売されたテレビ製品には搭載されている場合が多いですが、2017年以前の製品はしっかりとチェックしないと、4K対応のチューナーは別途購入できるため致命的にはならないのですが、ムダな出費が発生してしまいます。

    ③ 4Kテレビの価格で大まかな性能がわかる!

    テレビ

    4Kテレビは価格と性能の比例関係が比較的はっきりしている家電製品です。
    特に50型台のテレビはこの傾向にあるため、50型台のテレビの各価格帯と特徴を見ていきましょう。

    4Kテレビの価格特徴
    6万円未満「ジェネリックテレビ」と言われる格安テレビの価格帯です。
    解像度は4Kですが、ほかの価格帯のテレビと比べると、ビット深度、フレームレート、色域、輝度に大きな差があります。
    ただし、録画機能などの映像性能以外の機能についてはそれほど変わりません。
    6万円~10万円いわゆるミドルクラスの4Kテレビ製品の価格帯です。
    ほかの価格帯と最も違うのは映像性能で、ジェネリックテレビよりはきれいですが10万円以上のハイエンドクラスにはおよびません。
    10万円以上ハイエンドクラスの4Kテレビ製品の価格帯です。
    ほかの価格帯に比べると映像性能は素晴らしく、映像にこだわりたいのであればぜひ検討したい価格帯と言えるでしょう。
    ただし、映像性能以外の機能については、ほかの価格帯とそれほど変わりません。

    上表のとおり、価格帯で映像性能に大きな差が出るため、価格である程度自分が欲しいテレビの目星をつけることができるでしょう。

    6万円未満のジェネリックテレビは、映像性能こそほかにおよびませんが、そのほかの機能に関してはそれほど変わりません。
    4Kテレビの映像性能にそれほどこだわりがないのであれば、この価格の安さは魅力的です。

    6万円から10万円の価格帯であるミドルクラスは、映像性能もジェネリックテレビ以上ハイエンドクラス未満です。
    映像性能に特段こだわっているわけでないが、そこそこの性能は欲しいという方向けの価格帯となります。

    最後のハイエンドクラスは、映像性能にこだわる方向けの価格帯です。
    コストパフォーマンスという点ではほかの価格帯に比べて劣りますが、解像度以外の画質性能も飛び抜けて高く、ほかの価格帯にはない映像が楽しめるでしょう。

    【こちらもCHECK】4Kテレビに関連するおすすめ記事はこちら

    4Kテレビとは?基礎知識を解説!チューナーについても

    2018.11.10

    60インチ(60型)のテレビ最強おすすめ人気ランキングTOP11!サイズや4Kについても【最新版】

    2018.01.17

    4Kテレビの上級者目線の選び方

    テレビ

    4Kテレビの映像性能にこだわる場合は、有機ELテレビにも注目したいところです。
    有機ELテレビの画質は、上述したハイエンドクラスの4Kテレビをも上回ります。
    従来の液晶画面ではなく、有機ELという特殊な素子を用いており、その画質の違いは一目見てわかるほどです。

    また有機ELテレビは本体サイズが薄く、非常にシャープなデザインであるため、液晶テレビに比べて設置にスペースを取りません。
    さらに消費電力も少なく、まさにいいとこどりの次世代テレビと言えるでしょう。

    各テレビメーカーはこの有機ELテレビをフラッグシップモデル(最高級モデル)と定義づけていることから、性能は最高峰ですが、価格もハイエンドクラスの4Kテレビよりかなり高めです。

    4Kテレビの最安値と価格帯の特徴一覧

    テレビ

    先ほどは50型台に限定した価格帯をご紹介しましたが、ここでは4Kテレビ全体の価格を見ていきましょう。
    4Kテレビの価格は、およそ40,000~100,000円。
    売れ筋・人気の価格帯は約50,000~80,000円となっています。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約40,000円~50,000円~80,000円約100,000円~
    特徴40型・50型のジェネリックテレビが中心の価格帯。50型台と60型台のミドルクラステレビの価格帯で、特に5万円台と7万円の製品に人気が集まっています。50型台と60型台のハイエンドクラステレビのほか、有機ELテレビもこの価格帯です。ほかのジャンルに比べると、高級機にしては売り上げが多いという特徴を持ちます。

    40型台の4Kテレビおすすめ人気ランキングTOP3

    ここからはおすすめの4Kテレビ製品を、以下の7つのランキングに分けてご紹介します。

    • 40型台の4Kテレビおすすめ人気ランキング
    • 50型4Kテレビおすすめ人気ランキング
    • 55型4Kテレビおすすめ人気ランキング
    • 60型4Kテレビおすすめ人気ランキング
    • 65型4Kテレビおすすめ人気ランキング
    • 50型台の有機ELテレビおすすめ人気ランキング
    • 60型以上の有機ELテレビおすすめ人気ランキング

    まずは40型台の4Kテレビおすすめ人気ランキングです。
    今回紹介するすべてのランキングでは、筆者が製品の「映像性能」「付加機能」「コストパフォーマンス」に着目し、総合的に優れたものをランクインしています。

    「映像性能」は画質、「付加機能」は録画機器の対応状況やチューナーなどの性能、外部ポートの数を総合的に評価したものです。
    「コストパフォーマンス」は、映像性能と付加機能を加味した価格帯で、コストパフォーマンスに優れている製品を評価しました。

    3位 パナソニック VIERA TH-43FX600

    パナソニック 43V型 4K対応
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:43型
    • 寸法: 23.2 x 97.4 x 62.4 cm
    • ポート数:HDMI×3、USB×2、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:スマートフォン遠隔操作機能、HDR対応

    映像性能に優れた4Kテレビです。

    本製品の映像パネルには、「4K高輝度IPS液晶パネル」を採用し、昼間の明るい部屋で画面に日光が直接当たっても、通常と変わらない映像が楽しめます。

    HDR規格にはブルーレイディスクでの映像の規格「HDR10」と、BSやCSの4K放送での規格「HLG」の2つがありますが、本製品は両方に対応しているので、それぞれの映像に適したHDRで美しい映像が楽しめるでしょう。

    また、地上デジタル放送などの4Kに満たない映像を4K相当の映像に変換できる「4Kファインリマスターエンジン」を搭載。
    テレビ番組のほか、YouTube動画やネット動画配信サービスの映像作品なども、4Kのきれいな画質で楽しむことが可能です。

    さらにスマートフォンに専用アプリ「TV Remote2」をインストールし起動させれば、スマートフォンで検索したYouTube動画を映し出せるほか、dTVや録画した番組などの一覧が表示されるので、あとはそれらを選択し視聴するだけと、スマートフォンとテレビの優れた部分を融合させた、大変便利で使い勝手のよい機能もついています。

    2位 シャープ AQUOS 4T-C40AJ1

    シャープ 4K対応液晶テレビ AQUOS 4T-C40AJ1
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:40型
    • 寸法: 104.4 x 67.2 x 22 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×2、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×3、BSデジタル×3、CSデジタル×3
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応(W裏録、ダビング対応)
    • 付加機能:Android TV、Amazonプライムビデオ対応、HDR対応

    本製品の最も魅力的な点は画質の高さです。

    本製品の映像性能は「AQUOS 4K Smart Engine」で実現しています。
    8K対応液晶テレビの開発で培った最新映像技術を搭載した本エンジンにより、テレビ番組から動画配信サービスの映像まで質の高い映像を作り出すことが可能です。

    また「4K-Master」機能では、4Kに満たない解像度を持つ映像を4K相当の画質に変換させられるため、地上デジタル放送や2K相当の映像でも4K相当の映像で楽しむことができます。

    さらにAQUOSは色表現に富んでいる機種ですが、本製品にもこれまでのAQUOSの色表現技術を凝縮した「リッチカラーテクノロジー」を搭載。
    HDRにも対応しているため、高い臨場感を持つ映像が楽しめるでしょう。

    また、動画の滑らかさを表すフレームレートも通常の60コマから120コマへと進化しており、動画は滑らかで違和感がありません。
    画質の5つの要素すべてで高いレベルを持つ、映像性能に非常に優れた4Kテレビであることから、映像にこだわる方には非常におすすめできる製品と言えるでしょう。

    映像性能以外にも、本製品では地上デジタル放送、BS放送、CS放送のチューナーをそれぞれ3つずつ搭載し、さらに外付けハードディスク録画や計3つの番組を同時録画する「W裏録」、番組のダビングにも対応しています。

    1位 ハイセンス HJ43N5000

    ハイセンス 43V型 4K対応
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:43型
    • 寸法:20.6 x 96.6 x 60.1 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×3、LAN×1、光デジタル音声出力端子
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:SMART TV機能、Anyview Cast機能、HDR対応

    本製品の最も魅力的な点は搭載された優れたアプリケーションです。
    SMART TV機能は、NETFLIX、YouTube、acTVila 4K、TSUTAYA TVの4つの動画配信サービスに対応しており、これらで配信している映像コンテンツを楽しむことができます。
    映像のダウンロードにはインターネット接続が必要になりますが、映像作品の種類が非常に多く、4Kテレビの楽しさが一気に広がるでしょう。

    また上記の動画配信サービスは、基本的に起動する度にローディングが発生するため、起動までに時間がかかるのですが、本製品はそのローディングを最初の1回のみで済ませることが可能。
    したがって一度起動しさえすれば、あとはローディングに悩まされることなく快適に動画配信サービスを楽しむことができます。

    さらにAnyview Cast機能では、お持ちのスマートフォンの映像をダイレクトに本製品の画面に写すことができ、スマートフォンで撮影した動画を簡単な操作だけで4Kの大画面で楽しめます。

    地上デジタル放送、BS放送、CS放送用のチューナーをそれぞれ2つずつ搭載しているほか、外付けハードディスク録画にも対応しており、裏番組の録画も可能です。

    ブルーレイレコーダーやゲーム機などの接続に必要なHDMIポートや、外付けハードディスクを接続するためのUSBポートを多数搭載しているのもポイントの一つ。
    価格が安めであるため、画質はミドルクラスの製品に比べると劣るものの、それ以外の機能では非常に優れており、コスパに優れた4Kテレビと言えるでしょう。

    50型4Kテレビおすすめ人気ランキングTOP3

    次は50型4Kテレビおすすめ人気ランキング。
    評価項目は上述のランキングと同様です。

    3位 LG 50UK6400EJC

    LG 50V型 4K 液晶テレビ 直下型LED VAパネル
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:50型
    • 寸法: 25.9 x 113.3 x 72.2 cm
    • ポート数:HDMI×3、USB×2、LAN×1、光デジタル音声出力端子
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:Bluetooth対応、4K動画配信対応、HDR対応

    テレビの映像、サウンド、アプリケーションを高いレベルで実現したテレビです。

    本製品はHDRに対応しているため明るさの表現に優れており、明るい映像や暗い映像もくっきりと表示することができます。
    また音は立体音場を形成できる「DTS Virtual:X」機能を搭載し、横の音の広がりだけでなく高さの広がりも実現しているため、映像に即したリアルなサウンドが楽しめるでしょう。

    Netflixなどの動画配信サービスもインストール済みで、別売りのマジックリモコンを使用すれば、音声検索もできるため、見たい動画をテレビだけで簡単に探し当てることが可能です。

    2位 ハイセンス 50A6100

    ハイセンス 50V型 4K対応液晶テレビ
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:50型
    • 寸法: 24.4 x 112.7 x 71.8 cm
    • ポート数:HDMI×3、USB×2、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:Anyview Cast機能

    50型台のテレビで5万円台という価格を実現したジェネリックテレビです。
    画質はミドルクラスの4Kテレビには敵いませんが、録画機能は外付けハードディスク録画対応、チューナーも地上デジタル・BS・CS用に2つずつと付加機能は必要な分が揃っています。
    HDMIやUSBなど、外部機器を接続するポートの数も十分です。

    また本製品には便利なAnyview Cast機能を搭載。
    お持ちのスマートフォンの映像をダイレクトにテレビ画面に映せるため、スマートフォンで撮影した映像をご家族みんなで楽しむことができます。
    コストパフォーマンスに優れているので、画質にこだわらないのであれば十分選択肢に入る製品と言えるでしょう。

    1位 シャープ AQUOS LC-50US45

    シャープ 50V型 4K対応液晶テレビ AQUOS LC-50US45
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:50型
    • 寸法: 125.1 x 79.5 x 23.3 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×2、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×3、BSデジタル×3、CSデジタル×3
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:HDR対応

    本製品の最も魅力的な点は映像性能です。

    特に液晶パネルには鮮やかな黒色と反射が少ない「N-Blackパネル」を採用。
    高精細な映像と鮮やかな色、そして明暗表現力に優れているほか反射も少ないため、明るい部屋でもくっきりとした映像を表示させることが可能です。

    本製品の映像性能は「AQUOS 4K Smart Engine」によって実現しており、8K対応液晶テレビの開発で培った最新映像技術を搭載した本エンジンにより、テレビ番組から動画配信サービスの映像まで質の高い映像を作り出します。

    また「倍速液晶技術」により、動画の滑らかさを表すフレームレートを従来の60コマから120コマに増加したことで、素早い動画でも残像を残さず表示。

    さらに液晶テレビが特に苦手としているサウンドですが、本製品には「2.1chフロントオープンサウンドシステム」を搭載し、低音を担当するサブウーファーが組み込まれていることから、迫力ある低音とともに高精細な映像も楽しめます。

    55型4Kテレビおすすめ人気ランキングTOP3

    続いて55型4Kテレビおすすめ人気ランキングです。
    評価項目は上述のランキングと同様です。

    3位 maxzen JU55SK03

    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:55型
    • 寸法: 24.5 x 124.3 x 80.3 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×2、LAN×1、光デジタル音声出力端子
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:-

    本製品は55型のジェネリックテレビです。

    画質はミドルクラスの製品には及ばないものの、外部機器を接続するポート数はHDMIが4個、USBが2個と十分な数が用意されています。
    音声出力で最も効果的な端子である光デジタル音声出力端子も搭載されていて、お持ちの高級スピーカーに接続することも可能です。

    録画機能も外付けハードディスクに対応しており、地上デジタル放送、BS・CS放送それぞれのチューナーを2つずつ搭載。
    55型のなかでは非常にコストパフォーマンスに優れている製品と言えるでしょう。

    【こちらもCHECK】maxzen JU55SK03のレビュー動画はこちら

    2位 ソニー ブラビア KJ-55X8500F

    ソニー SONY 55V型 4K対応 液晶
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:55型
    • 寸法: 31.5 x 123.1 x 77.6 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×3、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:AndroidTV対応、works with alexa対応、HDR対応

    本製品の魅力は高い映像性能と操作性の高さにあります。

    スマートフォンに搭載されているAndroidと同じ感覚でテレビが操作できる「AndroidTV」に対応していることから、動画配信サービスの操作のほか、アプリも必要に応じてダウンロードし、スマートフォンと同じ感覚でテレビの操作が可能です。

    またスマートスピーカーは音声によってインターネットでの買い物や電化製品の操作が可能ですが、本製品はスマートスピーカーである「Amazon Echo」シリーズと連携しており、同じように音声による操作もできるようになります。

    映像性能ではHDRに対応しているほか、動画の滑らかさを表すフレームレートも従来の60コマから120コマへと増加し、スポーツなどの動きの速い映像でも残像を防ぎ滑らかです。

    さらにテレビのスピーカーは大きさが小さいため、人間の声が聞こえにくいといったデメリットがありますが、本製品には「ボイスズーム機能」を搭載しているため、全体の音量を変えることなく人間の音声だけを大きくすることもできます。

    1位 LG 55UJ630A

    LG 55V型 4K 液晶 テレビ HDR対応 IPS Wi-Fi内蔵 LG 55V型 4K 液晶 テレビ HDR対応
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:55型
    • 寸法: 25.9 x 124.9 x 78.6 cm
    • ポート数:HDMI×3、USB×2、LAN×1、光デジタル音声出力端子
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:HDR対応

    本製品の魅力は映像性能と操作性の高さです。

    HDR10やHLGという2つの規格に対応する「Active HDR」を搭載。
    この2つの規格はそれぞれブルーレイディスク映像とBS・CS映像用の規格ですが、本製品では映像ソースを自動的に読み取ることで映像に適したHDRを適用させられるため、映像のあるがままの色や明るさを忠実に表現できるのです。

    また本製品では4K未満の解像度の映像を、自動的に4K相当の画質まで変換させることができ、地上デジタル放送やBS・CS放送といった、まだ4K映像がない映像ソースでも4K相当の高画質が楽しめます。

    さらに本製品のリモコンは直感的に操作がわかるように設計されており、通常のテレビ番組に関するボタンのほか、動画配信サービスもボタン1つで起動でき、よく使用するお気に入りのアプリケーションは「お好みボタン」として番号ボタンに割り当てることも可能です。
    映像性能がよいだけでなく、使い勝手にも注力したテレビと言えるでしょう。

    60型4Kテレビおすすめ人気ランキングTOP3

    次は60型4Kテレビおすすめ人気ランキングです。
    評価項目は上述のランキングと同様です。

    3位 パナソニック VIERA TH-60EX850

    パナソニック 60V型 4K対応 液晶テレビ
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:60型
    • 寸法:30 x 144.7 x 81.6 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×3、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:HDR対応、ハイレゾ音源対応

    本製品の最も魅力的な点はサウンドです。

    液晶テレビは本体サイズの薄さからスピーカーのスペースを確保することが難しく、サウンドに関してはそれほど期待できないのですが、本製品はそのサウンドに果敢に挑戦したと言えます。

    本製品のスピーカーは高音担当のツィーター、中音担当のミッドレンジスピーカー、低音担当のウーファーに分かれています。
    基本的に液晶テレビのスピーカーは、スピーカーを設置するスペースがないことから1つのスピーカーで上記の3つの音すべてを担当するのですが、それだとどうしても高音の伸びが悪かったり、低音のパワーが低かったりと、各音を十分に再生することができません。

    その問題を解決したのが本製品で、高音はどこまでも伸びやかに、低音はよりパワフルに響かせることができ、さらに高精細サウンドである「ハイレゾ音源」にも対応しているため、4Kの高精細映像をオーディオ並のサウンド環境で楽しめるでしょう。

    2位 LG 60SJ8500

    LG 60V型 4K 液晶 テレビ HDR対応
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:60型
    • 寸法: 28.5 x 133.8 x 82.7 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×3、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:HDR対応

    本製品の魅力は映像性能の高さで、液晶パネルには「Tru Nano Display」を採用していることから、1mmの100万分の1の大きさである「1nm(ナノメートル)」の極小粒子を敷き詰めたTru Nano Displayによって、非常に高精細な映像が作り出せます。
    またTru Nano Displayは、どの角度から見ても正面で見ているときと同じ色彩を表現できるため、多人数でも問題なく映像が楽しめるのです。

    さらに本製品には独自の「True Color Accuracy」技術が搭載されており、色彩情報の処理能力を飛躍的に向上させるこの技術によって、色の再現性は従来の6倍にもおよび、4K映像の色彩を余すことなく表現しています。

    1位 シャープ AQUOS 4T-C60AJ1

    シャープ 4K対応液晶テレビ AQUOS 4T-C60AJ1
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:60型
    • 寸法: 162.6 x 94.5 x 26.1 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×2、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×3、BSデジタル×3、CSデジタル×3
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:AndroidTV、COCORO VISION搭載、HDR対応

    本製品には「COCORO VISION」が搭載されています。
    これは、視聴するテレビ番組や利用した時間帯などからユーザーの好みなどをAI(人工知能)が自動的に学習することで、ユーザーが好みそうな番組の提案などを音声で知らせてくれる機能です。
    そのほかにもユーザーが近づくと自動でテレビの電源を入れてくれたり、テレビ番組以外の情報も教えてくれたりしますし、またスマートフォンとも連携でき、人気のテレビ番組や現在放送している番組の人気ランキングなども知ることが可能です。

    さらに本製品にはAndroidTVが搭載されているので、Androidスマートフォンと同じ感覚で検索したり、好きなアプリをダウンロードして使用したりもできます。
    本製品のリモコンは音声入力にも対応しているため、見たい番組名や俳優の名前をリモコンに話しかけるだけで該当の番組を検索することも可能。

    このような利便性のほかに映像性能でも優れた性能を持ち、明るさの表現力を高めたHDRに対応しているほか、色彩豊かな表現力を実現した「リッチカラーテクノロジー」や従来の2倍のフレームレートなど、洗練された映像性能はAQUOSシリーズならではと言えるでしょう。

    65型4Kテレビおすすめ人気ランキングTOP3

    次は65型4Kテレビおすすめ人気ランキング。
    評価項目は上述のランキングと同様です。

    3位 東芝 REGZA 65M520X

    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:65型
    • 寸法: 31.3 x 145.4 x 87.1 cm
    • ポート数:HDMI×3、USB×2、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×2、BS4K対応×2、CS4K対応×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:HDR対応

    本製品は2018年から始まるBS・CS放送の4K放送を受信できるチューナーを搭載しており、別売りの4K対応チューナーをわざわざ購入する必要がないため経済的です。

    電波で送信されてくる放送映像につきもののノイズですが、本製品はBS・CS放送の4K映像をより美しく表示させるための機能が満載で、ノイズで失った情報を補完する機能に優れています。

    「BS/CS 4KビューティX」は映像をブロックに分け、ブロック単位で失われた映像信号を補完することで、BS・CS4K放送の本来の美しさを再現。
    また「4Kカラーテクスチャー復元」機能によって、失われた色表現も細部まで質感豊かに再現します。

    さらにBS・CS放送ばかりではなく、本製品に搭載された「みるコレ」によって動画配信サービスも楽しめますし、好きなタレントや動画のジャンルで検索すれば、お好みの動画を簡単に見つけ出すことも可能です。

    2位 ソニー ブラビア KJ-65X9000F

    ソニー SONY 65V型 4K対応 液晶 テレビ ブラビア KJ-65X9000F
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:65型
    • 寸法: 29.7 x 144.7 x 89.8 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×3、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:AndroidTV、COCORO VISION搭載、HDR対応

    本製品にはAndroidTVが搭載されています。
    動画配信サービスなどの操作や検索がスマートフォンと同じ感覚で使用できるAndroidTVですが、本製品は内蔵された高性能CPUによって、AndroidTVの操作をストレスなく行うことが可能です。
    従来のモデルでは操作のもっさり感が大きなデメリットとなっていましたが、その点が大分改善されています。

    また本製品にはソニーの新技術「X-Motion Clarity」が搭載されており、動きの速い動画をより滑らかに表現できるだけでなく、バックライトを制御することで残像感を抑え、よりくっきりとした動画の表示が可能となりました。

    さらにHDRに対応しているほか、ソニーの独自技術「X1 Extreme」と「X-tended Dynamic Range PRO」の連携によって表示する映像を分析し、光の度合いを制御。
    まるでその場にいるかのような臨場感ある映像が表示できます。

    【こちらもCHECK】ブラビア:X9000Fシリーズの商品紹介動画はこちら

    1位 LG 65UJ630A

    LG 65V型 4K 液晶 テレビ HDR対応 LG 65V型 4K 液晶 テレビ HDR対応
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:65型
    • 寸法: 33.6 x 147.1 x 91 cm
    • ポート数:HDMI×3、USB×2、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:HDR対応

    まるでジェネリックテレビのようなコストパフォーマンスを持つ製品です。
    価格は安いですが、本製品はこれまで紹介してきたLGテレビ製品と同じく、映像性能や利便性に優れています。

    搭載されているwebOSは、まるでスマートフォンのOSであるiOSやAndroidのような直感的でわかりやすい操作性を持ち、見たい動画配信サービスの選択や検索のほか、リモコンにも動画配信サービスボタンがついているため、はじめての使用でも戸惑うことがありません。

    映像性能もHDRに対応しているほか、4K未満の解像度を持つ映像を4K相当の画質に変換する映像技術も搭載。
    どのような映像でも4Kテレビならではの高解像度で楽しむことができるでしょう。

    50型台の有機ELテレビおすすめ人気ランキングTOP3

    ここからは50型台の有機ELテレビおすすめ人気ランキングTOP3です。
    評価項目は上述のランキングと同様です。

    3位 パナソニック VIERA TH-55FZ950

    パナソニック 55V型 4K対応 有機EL テレビ VIERA Ultra HD
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:55型
    • 寸法: 30 x 122.8 x 77.4 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×3、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×3、BSデジタル×3、CSデジタル×3
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:HDR対応

    本製品にはこれまでのビエラシリーズで培われてきた技術を進化させた高画質エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」を搭載。
    有機ELパネルに最適化するようにチューニングされたこのエンジンにより、特に明暗の表現力が大幅に強化されています。

    また本製品に搭載された「スマートTVアプリ」では、動画配信サービスやゲームなどをダウンロードし、楽しむこともできます。
    チューナーは地上デジタル放送、BS・CS放送それぞれに3基搭載されていて、2つの裏番組を同時録画することも可能です。

    【こちらもCHECK】ビエラFZ950シリーズの商品紹介動画はこちら

    2位 ソニー ブラビア KJ-55A8F

    ソニー SONY 55V型 有機EL テレビ OLED ブラビア KJ-55A8F
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:55型
    • 寸法:25.5 x 122.6 x 71.7 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×3、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:HDR対応

    本製品にはこれまでのブラビアシリーズで培ってきた映像技術がふんだんに盛り込まれており、これを有機ELパネルと融合させることで、これまでの映像性能を凌駕した映像が楽しめるでしょう。

    また本製品に搭載されたAndroidTVにより、スマートフォンに搭載されているAndroidと同じような感覚で、インターネット関連の操作が可能です。
    動画配信サービスによる動画も、有機ELパネルならではの高精細な映像で楽しむことができるでしょう。

    さらにリモコンに話しかけるだけでテレビ番組や動画配信サービス、録画番組の検索が可能。
    スマートスピーカーである「Amazon Echo」シリーズとの連携も予定されており、使い勝手にも気を配った有機ELテレビ製品と言えます。

    【こちらもCHECK】ソニー KJ-55A8Fのレビュー動画はこちら

    1位 LG OLED55B8SJB

    LG 55V型 4K 有機EL テレビ ドルビービジョン対応
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:55型
    • 寸法: 22.5 x 122.9 x 75.9 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×3、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:HDR対応

    有機ELパネルを一手に製造しているLG社の55型有機ELテレビで、4K液晶テレビと比べると、特に光の表現に違いがあります。

    有機EL素子は素子一つひとつが自身で発光するため、素子毎に光の強さが調節でき、液晶ではできないこの細かな光の調整が、豊かな明るさの表現を引き出しています。
    また本製品は4つのHDR規格に対応しており、さまざまな映像本来の姿を忠実に再現することが可能です。

    60型以上の有機ELテレビおすすめ人気ランキングTOP3

    最後は60型以上の有機ELテレビおすすめ人気ランキングです。
    評価項目は上述のランキングと同様です。

    3位 パナソニック VIERA TH-65FZ950

    パナソニック 65V型 4K対応 有機EL テレビ VIERA Ultra HD プレミアム対応
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:65型
    • 寸法: 30 x 144.9 x 89.8 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×3、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×3、BSデジタル×3、CSデジタル×3
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:HDR対応

    上述した55型の有機ELテレビ「TH-55FZ950」の65型版です。

    本製品にも、ビエラシリーズの映像技術を進化させた高画質エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」が搭載されています。
    明暗の表現力が大幅に強化されているほか、ビエラ独自の「有機ELパネル制御技術」により、液晶が苦手とする一部分だけが明るくなるようなシーンでも忠実に再現が可能です。

    また55型製品と同じく本製品にも、地上デジタル放送、BS・CS放送のチューナーは3基ずつ搭載されているので、裏番組を2つまで同時録画できます。

    2位 ソニー ブラビア KJ-65A8F

    ソニー SONY 65V型 有機EL テレビ OLED ブラビア KJ-65A8F 4K対応
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:65型
    • 寸法: 25.5 x 144.7 x 84.1 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×3、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:HDR対応

    こちらの製品は、上述のランキングで紹介したソニー製55型有機ELテレビ「KJ-55A8F」の65型版です。
    55型と同じく優れた映像性能のほか、AndroidTVによる快適な操作性や音声検索機能も搭載されています。

    1位 LG OLED65B8SJB

    LG 65V型 4K 有機EL テレビ ドルビービジョン対応 外付けHDD録画対応
    映像性能
    付加機能
    コストパフォーマンス
    総合
    • 画面サイズ:65型
    • 寸法: 22.5 x 144.9 x 88.4 cm
    • ポート数:HDMI×4、USB×3、LAN×1
    • チューナー:地上デジタル×2、BSデジタル×2、CSデジタル×2
    • 録画機能:外付けハードディスク録画対応
    • 付加機能:HDR対応

    有機ELパネルの製造を手掛けるLG社の65型有機ELテレビです。
    パネルの制作を一手に担っているだけあり、有機ELテレビではLG社が非常に強く広いシェアを誇っています。

    従来のモデルと最も違う点は音声検索です。
    これまでは音声検索をすると画面一面に専用画面が表示され、視聴中の番組などの妨げとなっていたのですが、本製品はこれを解決しました。
    現在放送している番組や録画番組だけでなく、これから放送する予定の番組も一括で検索できるなど検索機能も向上。

    また4K液晶テレビに導入されていたwebOSも搭載されているため、動画配信サービスなどのアプリ起動やインターネットでの検索も簡単な操作で行えます。
    別売りのマジックリモコンを使えば音声検索やハンズフリーでテレビ操作も可能です。
    他社の製品と比べるてコストパフォーマンスに非常に優れている点も大きなポイントと言えるでしょう。

    4Kテレビの音質が物足りないと感じたらシアターバーの導入を検討

    最近のテレビは昔に比べてかなりの薄型化を遂げました。
    その一方で、大きなスピーカーユニットを使用できず、人の声が聴き取りにくくなるなど、音質が悪くなるという弊害が生じました。

    4Kテレビの上位モデルのなかには画面の両サイドに大型スピーカーを採用して音質の向上を図ったものもありますが、液晶のスタンダード機では4Kの画のクオリティに比べて音質が貧弱なことが往々にしてあります。

    テレビを視聴していて出演者の声が聴き取りにくくて改善したいと感じたら、サウンドバーの導入をおすすめしたいです。
    サウンドバーは棒状のスピーカーのことで、本格的なサラウンドシステムに比べると臨場感は劣りますが、テレビの前にすっきりと置ける設置性の高さに加え、数万円で購入できる手軽さが魅力。

    美しい4Kコンテンツに相応しい上質なサウンドを求めるなら、導入を検討してみてください!

    【こちらもCHECK】サウンドバーに関連するおすすめ記事はこちら

    サウンドバーおすすめ人気ランキングTOP15!音質比較も【2018年最新版】

    2018.03.07

    Amazon&楽天の4Kテレビ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    望み通りの4Kテレビを手に入れよう!

    テレビ

    今回は4Kテレビについてご紹介しました。
    有機ELテレビについてはまだまだ製品数が少なく、現状ではLG社の一人勝ちとなっています。

    しかし、4K液晶テレビについては登場当時に比べると種類は増え、現在では豊富な選択肢があります。
    上述した4Kテレビの選び方を参考にしながら、自分にあった4Kテレビを手に入れてください。

    【あわせて読みたい】テレビに関連するおすすめ記事はこちら

    55インチ(型)テレビおすすめ人気ランキングTOP15!サイズ選びの方法や、大きさについても解説【2018年最新版】

    2018.07.07

    コスパ最強激安液晶テレビおすすめ人気ランキングTOP5!小型液晶も【2018年最新版】

    2018.05.31

    32インチ(32型)のテレビおすすめ人気ランキングTOP15!サイズや視聴距離についても【2018年最新版】

    2018.01.29

    50インチ(50型)のテレビ最強おすすめ人気ランキングTOP15!サイズや視聴距離についても【2018年版】

    2018.01.27

    40インチ(40型)のテレビおすすめ人気ランキングTOP10!サイズや視聴距離についても【2018年版】

    2018.01.24

    ABOUTこの記事をかいた人

    藤堂泰寛

    元IT管理部

    サーバーやパソコンに関する技術や知識に触れてきました。
    パソコン周辺機器にはわかりにくい用語や勘違いしやすい項目が多いですが、それをわかりやすく発信していきたいと思っています。