チェキinstax miniおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

水澤敬

プロ写真ライター

カメラ・写真関連の月刊商業誌で15年ほどの編集歴があり、常に新しい製品やテクノロジーに触れてきました。
業界経験・人脈を活かし、現在はフリーライターとして活動中。
カメラ以外の商品レビューなども幅広く手がけています。

    選び方のポイント

    • フィルムの画面サイズの特徴を理解する
      →instax miniはカメラ、フィルムともに比較的リーズナブルなので、初心者が気軽に始めるのに適している。
    • 撮影のための機能で選ぶ
      →購入ポイントは、撮影モードや露出、多重露光、バルブ撮影などの機能を利用するかどうかで決まる。
    カメラ 女の子 青空

    撮ったその場で写真を見ることができるという手軽さが受け、パーティーやイベントなどで大活躍のインスタントカメラは最近、若い女性を中心に人気を集めています。
    中でも、富士フイルムが発売している「“チェキ”instax」シリーズは種類も豊富で、かわいいデザインのカメラもたくさんあります。

    「チェキinstax miniで素敵な写真を撮りたいけれど、どのカメラを選んだらいいかわからない」という皆さんに、おすすめのチェキをランキング形式でご紹介します。
    機能などはもちろん、見た目から自分にぴったりのチェキを探し出してみてください!



    インスタントカメラについて

    インスタントカメラとは

    インスタントカメラ


    もともとはポラロイド社が1960年代に日本国内で「ポラロイド120」「ポラロイド160」を販売したのが始まりと言われています。
    写真屋さんへフィルムを現像に出す必要がなく、撮影したその場で写真を見ることができるという画期的な技術で注目を集め、新しい物好きな人たちを中心に普及していきました。

    しかし、2000年代に入り、デジタルカメラの開発・普及が進んで、カメラがフィルムからデジタルへ移行されるようになりました。
    これにより、インスタントカメラの需要が激減し、2008年にはポラロイド社が専用フィルムの生産を打ち切ることを決定したのです(2010年に再生産を開始)。

    一方、国内メーカーの富士フイルムはインスタント写真システム「フォトノマ」を1981年から展開しており、デジタルカメラが普及しても生産を続けていました。
    そして1999年に「フォトノマ」をベースとした「instax」というインスタント写真のシステムを開発したのです。

    この「instax」には種類があり、下記のラインナップが展開されています(各種、フレームカラーのバリエーション有)。

    • 一般に「チェキ」で知られる「instax mini」
    • モノクロの「instax mini モノクローム」
    • 正方形写真の「instax SQUARE」
    • ワイドサイズの「instax WIDE」「instax WIDE モノクローム」

    【こちらもCHECK】インスタントカメラに関連するおすすめ記事はこちら

    インスタントカメラおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.31

    チェキの特徴

    菜の花 写真

    富士フイルムの商標であるチェキには、前述のフィルムフォーマットの種類がありますが、それぞれの特徴は下記になります。

    “チェキ”instax mini

    FUJIFILM インスタントカメラ チェキ instax mini70 ホワイト INS MINI 70 WHITE
    FUJIFILM インスタントカメラ チェキ instax mini70 ホワイト INS MINI 70 WHITE

    広く「チェキ」として認識されているのは「“チェキ”instax mini」でしょう。
    これは写真の画面サイズが横4.6×縦6.2cmと縦長になっています。
    さまざまなキャラクターとコラボしたカメラも多数発売されていますので、選択肢が幅広いのも特徴です。

    “チェキ”instax WIDE

    FUJIFILM インスタントカメラ チェキWIDE instax WIDE 300 INS WIDE 300
    FUJIFILM インスタントカメラ チェキWIDE instax WIDE 300 INS WIDE 300

    本格的な写真を撮りたい人向けなのが「“チェキ”instax WIDE」。
    これは写真の画面サイズが横9.9×縦6.2cmと、一般的な写真の縦横比(アスペクト比)である「3:2」に近いので、ふだんデジタル一眼レフなどで撮影している人なら違和感なく撮影することができる特徴を持っています。

    “チェキ”instax SQUARE

    FUJIFILM ハイブリッドチェキSQ10 インスタントカメラ ホワイト instax SQUARE SQ10 INS SQUARE SQ 10
    FUJIFILM ハイブリッドチェキSQ10 インスタントカメラ ホワイト instax SQUARE SQ10 INS SQUARE SQ 10

    2017年春に新たにラインナップされたのが「“チェキ”instax SQUARE」です。
    これは、富士フイルムが「ましかく写真」として提案している画面サイズが6.2×6.2cmの正方形フォーマットのカメラになります。
    かつてフィルム時代に「6×6」という画面サイズのカメラがありましたが、これはそのフォーマットに近いものとなっています。

    それぞれの特徴は以上になりますが、どの「instax」フォーマットにも共通しているのが、写真はすべてISO800という感度設定ということ。
    これは一般的なデジタル写真のISO200という感度に比べて高めになっています。
    その理由は、初心者でも屋内・屋外で手ブレさせずに撮影できる感度として設定されていると言われています。

    ただし、写真の感度を高くすると画質が悪くなるというデメリットがあります。
    最近のデジタルカメラは画像処理の技術が向上して、ISO800まで感度を上げても画質に大きな影響はありません。
    しかし、フィルムではそこまでの技術向上がありませんので、少し粗い写真となる特徴があります。
    そのような粒子の粗い写真が新鮮でおしゃれな印象を与えるため、流行に敏感な若い人たちから人気を集めているのです。

    【こちらもCHECK】チェキに関連するおすすめ記事はこちら

    チェキおすすめ人気ランキングTOP7【2018年最新版】

    2018.08.02

    チェキアルバムおすすめ人気ランキングTOP15!結婚式(ウェディング)用やおしゃれなアルバムも【2018年最新版】

    2018.02.28

    チェキinstax mini選びの2つのポイント

    ① フィルムの画面サイズの特徴を理解する

    写真

    ご説明してきたとおり、チェキに使用されるインスタントフィルム「instax」には3種類のフォーマットが用意されています。
    それぞれと特徴についての説明をしていきましょう。

    instax mini

    若い女性に人気の写真フォーマットで、マジックなどで文字を書き込んだり、パーティーなどで活躍する手軽なインスタントカメラになります。
    カメラの流通量が多く、フィルム(フレーム)の商品バリエーションも豊富なので、お好みのカメラやフィルムの選択肢が多いです。

    また、富士フイルム以外のメーカーからも「instax mini」フォーマットのカメラが発売されています。
    カメラ、フィルムともに比較的リーズナブルなので、初心者が気軽に始めるのに適しています。

    instax WIDE

    本格的な撮影を嗜好する人をターゲットにした写真フォーマットで、販売されているカメラ自体があまり多くありません。
    カメラの流通量が少ないため、必然的にフィルムの価格が高くなる傾向にありますので、用途を明確に意識して購入を検討されている人に向けたカメラという印象があります。

    instax SQUARE

    写真といえば横長の画面というイメージが浸透しているので、正方形の写真フォーマットである「instax SQUARE」はユーザーに新鮮な印象を与えているようです。
    最近では写真投稿SNS「Instagram」の正方形写真が人気を集めているように、今後この写真フォーマットも注目されそうです。

    ただ、発売されて間もないため、現在のところカメラは1機種のみ。
    フィルムもシリーズではもっとも高額に設定されています。

    ② 撮影のための機能で選ぶ

    菜の花 カメラ 撮影

    特に製品ラインナップの豊富な「instax mini」向けのカメラには、高度な撮影機能を搭載したタイプから、シャッターを押すだけのお手軽なタイプまで、購入の選択肢が幅広いのが特徴です。

    購入ポイントは、撮影モードや露出、多重露光、バルブ撮影などの機能を利用するかどうかで決まってきます。
    当然、高度な撮影機能が搭載されれば、そのぶんカメラの価格が上がります。

    またチェキ以外の他メーカーから販売されている「instax」向けのカメラは、独自の特徴がありますが、チェキとの大きな違いはレンズです。
    焦点距離やレンズの明るさなどが、それぞれのカメラで異なりますので、自分の撮影スタイルにあったカメラを選ぶとよいでしょう。

    チェキinstax miniおすすめ人気ランキングTOP10

    ここでは、おすすめのチェキinstax mini人気TOP10をご紹介します。

    チェキをはじめとした「instax」フィルムが利用できる機種の中から、筆者が自信を持っておすすめできるカメラをピックアップしました。
    ご購入の際に参考にしてみてください!

    10位 FUJIFILM “チェキ”instax mini 8+


    使用フィルム:富士フイルム インスタントカラーフィルム instax mini
    フィルムサイズ:86mmx54mm
    画面サイズ:62mmx46mm
    レンズ:沈胴式フジノンレンズ2群2枚
    焦点距離(35mm判換算) 開放f値:34mm相当 f 12.7
    手ブレ補正:なし
    最短撮影距離:60cm
    サイズ:幅116mmx高さ118x奥行68mm 重さ307g

    パステル調のカラーがかわいいチェキの定番モデル。
    カラーバリエーションは5色(バニラ、ミント、ストロベリー、ハニー、ココア)で展開しており、お好みのカラーが選べます。

    カメラの形状も若い女性に向けた角の取れたやわらかいデザイン。
    簡易的な露出計が搭載されており、「明るさ調節ダイヤル」を回すことでシチュエーションに適した露出で撮影できます。
    電源は単3電池2本なので、旅行先で電池切れしてもコンビニなどで買えるため心配ありません。

    実売8,000円弱とリーズナブルなので、チェキ初心者に最適のモデルです。

    9位 FUJIFILM “スマホ de チェキ” instax SHARE SP-2


    使用フィルム:富士フイルム インスタントカラーフィルム instax mini
    フィルムサイズ:86mmx54mm
    画面サイズ:62mmx46mm
    プリント画素数:800×600ドット
    プリント解像度:320dpi
    プリント可能画像フォーマット:JPEG、PNG
    画像書き込み時間:約10秒(画像データ受信完了後、フィルム排出まで)
    サイズ:幅89.5mmx高さ131.8x奥行40mm 重さ250g

    厳密に言えば、これはチェキカメラではありませんが、お手持ちのスマートフォン(スマホ)で撮った写真をチェキのインスタントフィルムにプリントできる製品なので、ここに入れることにしました。

    スマホとWi-Fiで接続し、画像を転送して写真プリントする仕組みですが、その際に専用アプリを使って自分好みの調整ができる「カスタムフィルター」で加工もできます。
    もちろん、デジタルカメラで撮影した画像もチェキでプリント可能。

    実売16,000円ほどで、持ち運びできるプリンターが購入できるということで人気のある製品です。

    8位 FUJIFILM instax WIDE 300


    使用フィルム:富士フイルム インスタントカラーフィルム instax WIDE
    フィルムサイズ:86mmx108mm
    画面サイズ:62mmx99mm
    レンズ:沈胴式フジノンレンズ2群2枚
    焦点距離(35mm判換算) 開放f値:35mm相当 f 14
    手ブレ補正:なし
    最短撮影距離:90cm
    サイズ:幅168mmx高さ95x奥行121mm 重さ612g

    クラシカルなデザインで、往年のポラロイドを彷彿とさせる「instax WIDE」フィルム用のカメラになります。
    チェキ(instax mini)の2倍という画面サイズのため、パーティーやイベントなどの撮影に向き、撮る人数が多くても表情までちゃんと写せるのが特徴です。

    最近では、プロの写真家が本格的な撮影のために使うケースも増加しています。
    ただ、サイズが大きめで電源も単3電池を4本使うので重くなります。

    カメラ自体の価格は10,000円ちょっとでリーズナブルなのですが、専用フィルムが20枚入りで2,500円前後と1枚あたり100円を超えるため、少しランニングコストが高くなってしまいます。

    7位 FUJIFILM “チェキ”instax mini 25


    使用フィルム:富士フイルム インスタントカラーフィルム instax mini
    フィルムサイズ:86mmx54mm
    画面サイズ:62mmx46mm
    レンズ:沈胴式フジノンレンズ2群2枚
    焦点距離(35mm判換算) 開放f値:34mm相当 f 12.7
    手ブレ補正:なし
    最短撮影距離:50cm
    サイズ:幅112mmx高さ121x奥行51mm 重さ275g

    “ひょうたん”のような形状をしたかわいらしいカメラです。
    「チェキ”instax mini 8+」の上位機種にあたり、より高機能でしっかりと撮影できる製品になります。

    しかも、軽量でコンパクトなサイズにもかかわらず、価格が7,500円弱とリーズナブルなので、こちらをランキング上位に入れました。
    カラーはホワイト1色ですが、現行品として「“チェキ”instax mini 25 リラックマ」「“チェキ”instax mini 25 ぐでたま」などのキャラクターコラボ製品も販売されています。

    6位 Lomography Lomo’Instant Camera Honolulu


    使用フィルム:富士フイルム インスタントカラーフィルム instax mini
    フィルムサイズ:86mmx54mm
    画面サイズ:62mmx46mm
    レンズ焦点距離(35mm判換算) 開放f値:27mm相当 f 8
    手ブレ補正:なし
    最短撮影距離:40cm
    付属品:魚眼レンズ、ポートレイトレンズ、クローズアップレンズ

    富士フイルム「instax mini」フォーマットのインスタントフィルムを利用するロモグラフィー社のカメラの最大の特徴はレンズです。

    チェキのレンズに比べて明るく、しかもアタッチメントレンズが3本も付属。
    この商品は「Lomo’Instant Camera」の限定カラーで、南国・ハワイの雰囲気をイメージしたおしゃれなデザインで人気を呼んでいます。

    ロモグラフィー社のカメラ独特のレンズによる味には定評があり、トイカメラのようなイメージの写真を撮ることができます。
    なお、メーカー直販サイトでは定期的にセールを行っているので、値引き情報をチェックしてみるとよいでしょう。

    5位 FUJIFILM “チェキ”instax mini HELLO KITTY


    使用フィルム:富士フイルム インスタントカラーフィルム instax mini
    フィルムサイズ:86mmx54mm
    画面サイズ:62mmx46mm
    レンズ:沈胴式フジノンレンズ2群2枚
    焦点距離(35mm判換算) 開放f値:34mm相当 f 12.7
    手ブレ補正:なし
    最短撮影距離:60cm
    サイズ:幅116mmx高さ118x奥行68mm 重さ307g

    「ハローキティ」と「チェキ」の限定コラボモデルです。
    ハローキティのかわいらしいパッケージとチェキ用の絵柄フィルム、シール、ショルダーストラップといった限定アイテムが付属するファンに大人気のカメラとなっています。

    カメラの機能・性能は「“チェキ”instax mini 8+」と同じものとなっていますが、カメラのデザインがハローキティを模したものとなっているのが特徴。
    筆者は「カメラは使ってナンボ」という考えですので、このカメラなら持ち歩いて撮影するのが楽しくなることは間違いありません。

    4位 FUJIFILM “チェキ”instax mini 90 ネオクラシック


    使用フィルム:富士フイルム インスタントカラーフィルム instax mini
    フィルムサイズ:86mmx54mm
    画面サイズ:62mmx46mm
    レンズ:沈胴式フジノンレンズ2群2枚
    焦点距離(35mm判換算) 開放f値:34mm相当 f 12.7
    手ブレ補正:なし
    最短撮影距離:30cm
    サイズ:幅113mmx高さ92x奥行57mm 重さ296g

    まるでクラシックカメラのような渋いデザインが魅力のカメラ。
    カラーバリエーションはブラックとブラウンの2色展開しており、搭載されている撮影モードが多いのが特徴で、露出も4段階の設定が可能となっています。

    また、コンパクトデジタルカメラに搭載されている「マクロモード」のような簡易的な機能も搭載されているため、接写にも強いのがポイント。
    シャッターボタンを押している間ずっとシャッターが開く「バルブモード」や、「二重露光モード」など、高度な撮影も楽しめる本格派です。

    3位 Leica ライカ ゾフォート


    使用フィルム:富士フイルム インスタントカラーフィルム instax mini
    フィルムサイズ:86mmx54mm
    画面サイズ:62mmx46mm
    レンズ:AUTOMATIK-HEKTORレンズ
    焦点距離(35mm判換算) 開放f値:34mm相当 f 12.7
    手ブレ補正:なし
    最短撮影距離:30cm
    サイズ:幅124mmx高さ94x奥行58mm 重さ305g

    言わずと知れた高級カメラブランド「ライカ」のインスタントカメラです。
    洗練された高級感のあるデザインは、さすがライカという印象を受けます。

    レンズも専用設計のため、チェキシリーズとはかなり異なる写真になります。
    どちらかというと、カラーフィルムよりも白黒フィルムのほうが、よりライカらしい味を表現できるでしょう。

    価格はチェキとしては少し高価な実売35,000円前後ですが、ライカのカメラを3万円台で購入できるというのは大きな魅力。
    なお、チェキシリーズは写真がカメラの上部から排出されますが、このカメラは横方向に排出されるという特徴があります。

    【こちらもCHECK】ライカ ゾフォートに関連するおすすめ動画はこちら

    2位 FUJIFILM “チェキスクエア”instax SQUARE SQ10


    使用フィルム:富士フイルム インスタントカラーフィルム instax SQUARE
    フィルムサイズ:86mmx72mm
    画面サイズ:62mmx62mm
    レンズ焦点距離(35mm判換算) 開放f値:28.5mm相当 f 2.4
    イメージセンサー:1/4型 CMOSセンサー
    記録画素数:1920×1920ピクセル
    ISO感度:100-1600(自動切換)
    シャッター速度:1/2-1/29500秒(自動切換)
    最短撮影距離:10cm
    サイズ:幅119mmx高さ127x奥行47mm 重さ450g

    2017年春に発売されたばかりの「ましかく写真」が楽しめるチェキシリーズ初のスクエアフォーマットのカメラになります。
    カラーはブラックとホワイトの2色展開で、スタイリッシュなデザインと高いホールド性が特徴です。

    しかし、このカメラの最大の特徴は、デジタル画像を保存できるという点にあります。
    「ハイブリッドインスタントカメラ」という名称なのですが、このメリットはフィルムカメラと異なり、撮影する画像を液晶で確認できること。

    デジタルカメラを使っている人なら当たり前に感じますが、画像確認ができなかったインスタントカメラに、この機能が搭載されたのは非常に大きなことなのです。
    これにより、撮影を失敗する心配が減りました。

    また、撮影・プリントしたら消失してしまった写真もSDメモリーカードに保存することができます。
    この機能で実売26,000円ちょっとの価格なら、非常にお買い得。
    ただし、フィルム「instax SQUARE」は10枚で1,100円くらいなので少し高価という点は注意しなければなりません。

    【こちらもCHECK】instax SQUARE SQ10に関連するおすすめ動画はこちら

    1位 FUJIFILM “チェキ” instax mini 70


    使用フィルム:富士フイルム インスタントカラーフィルム instax mini
    フィルムサイズ:86mmx54mm
    画面サイズ:62mmx46mm
    レンズ:沈胴式フジノンレンズ2群2枚
    焦点距離(35mm判換算) 開放f値:34mm相当 f 12.7
    手ブレ補正:なし
    最短撮影距離:30cm
    サイズ:幅99.2mmx高さ113.7x奥行53.2mm 重さ281g

    豊富な6色のカラーバリエーション(ホワイト、イエロー、ブルー、レッド、ブラック、ゴールド)と飽きのこないデザインで老若男女問わず人気の高いモデルです。

    機能面では「“チェキ”instax mini 90 ネオクラシック」に少し劣りますが、代わりに若い女性に人気の「セルフィーモード」と「セルフショットミラー」が搭載され、自撮りを楽しむことができます。

    また「セルフタイマーモード」に2枚連写機能があるため、同じ写真が2枚プリントできるのも特徴となっています。
    初心者から上級者まで、幅広く撮影を楽しめるチェキシリーズのスタンダードモデルと言ってよいでしょう。

    【こちらもCHECK】FUJIFILM “チェキ” instax mini 70に関連するおすすめ動画はこちら

    Amazon&楽天のインスタントカメラ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    チェキinstax miniで写真を楽しもう

    カメラ 撮影 グループ

    チェキは撮影したら、すぐに写真がプリントで見られるという魅力があります。
    撮影した人に渡すのも良し、写真を壁に貼って飾るのも楽しみ方のひとつ。

    本格的な写真を撮影できる機種から、気軽に始められるフルオートの機種までラインナップが豊富なのも、チェキシリーズの特徴となっています。
    また、デザインやカラーもバリエーションがいろいろ用意されていますので、ぜひ手に取ってインスタントカメラの楽しさを感じてみてください。

    そして、これが重要なのですが、写真は紙で見ることで人間の印象に強く残るという特性を持っています。
    これがデジタルカメラにはないチェキの大きな魅力となっているのです。

    写真プリントを楽しむためには、自宅でインクジェットプリンターなどを介して出力しなければなりませんが、チェキならその場で写真プリント出力できて手間が必要ありません。

    ぜひ、お気に入りのチェキを手に、写真を楽しんでみてください。
    新しい発見があるかもしれません!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】カメラアプリ・グッズに関連するおすすめ記事はこちら

    カメラアプリおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.08.02

    カメラケースおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.16

    カメラバッグおすすめ人気ランキングTOP15!バックパックや可愛い&おしゃれなカメラバッグも【2018年最新版】

    2018.02.27

    カメラストラップおすすめ人気ランキングTOP15!革製やおしゃれなアイテムのセレクトに付け方の解説も【2018年最新版】

    2018.02.19

    おしゃれな女子用カメラリュックサックおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.04

    ABOUTこの記事をかいた人

    水澤敬

    プロ写真ライター

    カメラ・写真関連の月刊商業誌で15年ほどの編集歴があり、常に新しい製品やテクノロジーに触れてきました。
    業界経験・人脈を活かし、現在はフリーライターとして活動中。
    カメラ以外の商品レビューなども幅広く手がけています。