プチプラリップおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • 好みにあった種類で選ぼう
      →種類によって仕上がりや特徴が異なるため、目的やイメージにあうかどうかしっかり見極める。
    • 色の濃さ(発色のよさ)をチェック!
      →同じブランドでも濃く発色するものと薄づきのものがあるため、製品の公式ホームページや口コミを参考に色の濃さをチェックする。
    • ツヤツヤorマット、質感の違いで選ぶ
      →「ツヤが出せるリップだと思ったら、マットっぽくて使いにくかった……」ということにならないためにも、どんな仕上がりなのかを必ずチェックする。
    口紅

    口紅やリップグロスなどのリップカラーは、ひと塗りするだけで顔全体の印象を変えられるメイクには欠かせない存在です。
    ピンクやレッドなどさまざまなカラーが並ぶリップを見ていると、「あれもこれも欲しい!」と思ってしまいますよね。

    「ファッションやTPOにあわせてリップを変えたいけれど、高いものを何本も買っていたらお財布が持たない……」と悩んでいるなら、お手ごろな値段で購入できるプチプラリップを使ってみてください!
    高級ブランドにはない魅力がつまっているプチプラリップについて、選び方や人気の製品をメイク初心者にもわかりやすく解説します。

    目次

    プチプラリップの基礎知識

    リップ 唇

    百貨店で販売されているリップとは違い、1本あたりの値段が安く気軽に手に入れられるのがプチプラリップの魅力です。
    SNSや雑誌で最近注目されよく耳にするワードですが、「どれがプチプラリップなのかはっきりわからない……」と基準がわからず選べない方もいるでしょう。
    お気に入りのプチプラリップを探す前に、まずは基礎知識から身につけていきましょう!

    【こちらもCHECK】リップに関連するおすすめ記事はこちら

    プチプラリップグロスおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.08.30

    プチプラリップコンシーラーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.04

    チョコレートリップおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.03

    プチプラってどのくらいの値段のこと?

    プチプラとは「プチプライス」の略で、比較的安価に購入できるという意味合いを持っています。
    プチプラリップに「○○円以下」という明確な基準はありませんが、2,000円以下で購入できる口紅やグロスのことを指すのが一般的です。

    この記事のランキング部分では定価がすべて2,000円以下のものを紹介します。

    プチプラリップのタイプ(種類)

    安価な値段で購入できるプチプラリップには種類が複数あり、それぞれ仕上がりや使い心地が違います。
    思い描いているイメージにあうリップをゲットしたいなら、種類ごとの特徴を把握しておきましょう!

    スティックルージュ

    リップ スティック

    いわゆる「口紅」と呼ばれるタイプのスティックルージュは、色がはっきり出るのが特徴です。
    しっかりメイクアップしたいシーンや、色が薄いグロスでは唇の血色の悪さが隠せないときにおすすめと言えます。
    グロスタイプに比べると色展開の数が多い傾向にあり、微妙な色の違いを楽しめるのも魅力のひとつです。

    スティックルージュはリップグロスやリキッドルージュよりも保湿成分の量が少なく乾燥しやすいため、下地やリップクリームできちんと保湿してから唇に塗るといいでしょう。

    リップグロス

    リップ

    リップグロスは液状タイプで、唇をふっくらツヤツヤにしてくれるのが特徴です。
    口紅と比較すると発色が淡く、濃い色のリップが苦手な方でもメイクに取り入れやすいことから人気があります。
    たっぷり塗りすぎると油ものを食べたあとのように不自然にテカってしまいますが、薄く膜を張るように塗ると上品なツヤを出せるアイテムです。
    一般的な口紅に比べると保湿成分の量が多く、唇がパサつきにくいのも魅力のひとつ。
    粘度がある液体のため唇にのせるとベタつきを感じますが、口紅では出せないふっくら・ツヤツヤ感が楽しめるでしょう。
    「口紅だと色が濃すぎるし乾燥して唇が汚く見えてしまう……」という悩みを持つなら、リップグロスでメイクアップしてみてください。

    リキッドルージュ

    リップ

    リキッドルージュはスティックルージュの発色のよさと、リップグロスのツヤ感をどちらもあわせ持っているアイテムです。
    「口紅だけではツヤが足りないし、リップグロスだけだと発色が淡くて物足りない……」と感じる方は、こちらを使ってみるといいでしょう。
    しっかりメイクしている雰囲気を出し、唇の存在感をアピールできるのが特徴です。
    アイシャドウやチークを濃いめに入れてこのアイテムを使ってしまうと、顔全体のカラーメイクの主張が強くやりすぎ感が出てしまうことがあります。
    発色もツヤも出せるリキッドルージュは、ほかのポイントメイクの色味を抑えるなどバランスを取るテクニックが必要です。

    プチプラリップの近年のトレンド

    最近では、唇に塗ってから色が持続しやすいリップティントが流行しています。
    韓国発祥のこのアイテムは今では世界中で人気を集め、プチプラブランドも続々と新製品を発売して注目を集めているのです。
    通常のリップは顔料で色がつけられていますが、リップティントは唇の縦ジワに入り込んで色が定着する特殊な染料を配合しています。
    飲食をしても色が残りやすく、頻繁に化粧直しできないときに大活躍するでしょう。
    「食事をするとリップがごっそり落ちるのが嫌!」という方におすすめできます。

    このほかにも、マットリップがプチプラブランドから発売されて人気が広まっています。
    マットリップとは下の写真のようにツヤを抑えた仕上がりのもので、トレンドメイクのひとつとしてブームになっているリップです。

    唇 リップ

    マットリップはマシュマロのようなソフトな印象でありがなら、流行をとらえたモードなメイクを完成させることができます!
    おしゃれ感がある仕上がりになるので、オフィスメイクに使うと唇だけ浮いて見えてしまうため注意が必要です。
    思いっきりおしゃれを楽しみたい休日メイクにぜひ取り入れてみてください。

    【こちらもCHECK】リップティント・マットリップに関連するおすすめ記事はこちら

    リップティントおすすめ人気ランキングTOP15!使い方の解説も【2018年最新版】

    2018.11.09

    マットリップおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.14

    プチプラリップをはじめて買うならここを必ず押さえよう

    お手ごろな値段で購入できるプチプラリップは、製品によって使い心地に違いがあります。
    納得できるリップ選びをするために、次の3つのポイントを押えておきましょう!

    ① 好みにあった種類で選ぼう

    リップ (2)

    プチプラリップは、前述の通りおおまかにわけて3種類(スティックルージュ・リップグロス・リキッドルージュ)あります。
    それぞれ仕上がりや特徴が異なるため、目的やイメージにあうかどうかしっかり見極めましょう。
    しっかりメイクした印象にしたいならスティックルージュやリキッドルージュを、ぷるんとしたかわいい印象の唇になりたいならリップグロスを選ぶのがおすすめです。
    TPOにあわせて使い分けられるように、複数の種類のリップを揃えておくと便利でしょう。

    ② 色の濃さ(発色のよさ)をチェック!

    リップ

    リップは製品ごとに発色の濃さが異なり、唇につけたときの印象が大きく違います。
    同じブランドでも濃く発色するものと薄づきのものがあるため、製品の公式ホームページや口コミを参考に色の濃さをチェックしておきましょう。
    唇に塗ったときの使用感を詳しく知りたいなら、動画サイトでレビューを見たり実際に店頭で色を確かめておくのがおすすめです。

    ③ ツヤツヤorマット、質感の違いで選ぶ

    リップ

    リップはツヤツヤに仕上がるものや、モードな印象を与えるマット仕上げのものがあります。
    リップグロスは基本的にツヤツヤしているので選び方は簡単ですが、スティックルージュやリキッドルージュは製品によって仕上がりが違うためよく確認してから購入しましょう。

    同じスティックルージュでもリップグロスのようなツヤが出せるものや、マット寄りに仕上がるものまでラインナップが多彩です。
    「ツヤが出せるリップだと思ったら、マットっぽくて使いにくかった……」ということにならないためにも、どんな仕上がりなのかを必ずチェックしておきましょう。

    プチプラリップの上級者目線の選び方

    メイク全体の印象を簡単に変えられるプチプラリップは、発色や仕上がりの違いのほかにも選び方のコツがあります。
    「お気に入りのプチプラリップを見つけたい!」という方は、次の2つのポイントも押えておきましょう。

    ① 保湿成分を確認しておこう

    EGF配合化粧品

    唇は顔の皮膚のように汗腺や皮脂腺がないため水分が蒸発しやすく、外気の乾燥による影響を受けやすいパーツです。
    唇が乾燥すると皮がめくれたり荒れたりしてしまうため、カサつきが気になるなら保湿成分を豊富に配合したリップを選びましょう。

    ホホバオイルアルガンオイルなどの植物油や、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分が配合されているリップは保湿力があります。
    エアコンが効いている室内や空気の乾燥が進む冬は特に唇が乾燥しやすいため、保湿成分にこだわって選ぶといいでしょう。

    ② 香り成分にも注目!

    アロマ

    口紅やリップグロスには、香料成分が配合されていることがあります。
    これは製品に含まれている原料特有のにおいを消したり、香りを楽しみながらメイクアップしたりといった目的があるからです。
    感覚にあわない香りのリップを使用すると不快に感じたり気分が悪くなったりしてしまうため、どんな香りなのか確認しておくことをおすすめします。

    香料が配合されている化粧品が苦手な方や、香りつきの化粧品にかぶれやすい体質の方は無香料のリップを選びましょう。

    プチプラスティックルージュおすすめ人気ランキングTOP3

    プチプラリップの基礎知識や選び方がわかったところで、種類別の人気製品を紹介します!
    まずはリップのなかでもオーソドックスなスティックルージュタイプを3つ紹介しましょう。
    配合成分や口コミをもとに「パサつきのなさ」「発色のよさ」を、またプチプラリップ選びでは欠かせない「コストパフォーマンス」も5段階評価しました。

    人気のスティックルージュ3つの違いを比較して、お気に入りの1本を見つけてください!

    3位 ヴィセ アヴァン リップスティック

    ヴィセ アヴァン リップスティック
    パサつきのなさ
    発色のよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:3.5g
    発色:しっかり
    色展開:001トゥルーレッド、002青みピンク、003ホワイトベージュ、004レディッシュブラウン、005ピンキッシュレッド、006ブラウニッシュレッド、007カシスレッド、008マゼンタレッド、009ブライトオレンジ、010フューシャピンク、011ラベンダーパープル、012モーヴピンク、013ベージュレッド、014ダークプラム、015オフブラック、016ミルクホワイト、017ラグーンブルー、018レモンイエロー、019ピンクパープル、020パールベージュ(全20色)
    主な保湿成分:ヒアルロン酸、スクワランなど
    香料:なし

    2018年8月に発売されて以降、発色のよさと色展開の豊富さで人気なのがこちらの商品。
    コーセーのプチプラブランドであるヴィセの「アヴァン」シリーズは、モードなメイクアップが叶うコスメが揃っています。
    このリップスティックは発色がいいですが色味が強すぎず、普段使いしやすいのが高評価ポイントです。
    明るいピンクや深みのあるワインカラーをはじめとして、ブルーやイエローなどトーン調節カラーがあることで注目されています。
    こちらは赤やピンクなどの色に重ねて楽しむもので、リップメイクのニュアンスを変えたいときに重宝するでしょう。
    トーン調節タイプは6色で、ほかはしっかり発色するタイプです。

    ヒアルロン酸やスクワランなど唇を乾燥から守る成分が配合されていて、リップクリームや下地を使わなくてもなめらかに伸びる質感が特徴です。
    プチプラリップにツヤ感と発色を求めている方におすすめできます!

    【こちらもCHECK】ヴィセ アヴァン リップスティックのレビュー動画はこちら

    2位 ちふれ口紅

    パサつきのなさ
    発色のよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:‐
    発色:しっかり
    色展開:421 オレンジ系、212 ローズ系パール、553 レッド系、748 ブラウン系、371 パープル系パール、345 パープル系パール、154 ピンク系、418 オレンジ系、578 レッド系、647 ベージュ系、517 レッド系パール、549 レッド系パール、250 ローズ系パール、121 ピンク系、550 レッド系、416 オレンジ系パール、153 ピンク系、118 ピンク系、(全18色)
    主な保湿成分:ヒアルロン酸、マカデミアナッツ油
    香料:なし

    スキンケアからメイクアップまで幅広いアイテムを取り揃えるちふれの口紅は、コストパフォーマンスと発色のよさに優れているスティックルージュです。
    定価で1本350円(税抜き)と最安値クラスで、「普段チャレンジしない色を使ってみたい」「複数の色を一気に揃えたい!」という方におすすめ。
    一度塗りでしっかり色が出る濃いめの発色で、きちんとメイクをした印象にしたいときに向いています。
    色を薄くナチュラルに仕上げたい場合は、リップクリームや下地に混ぜて塗るとやさしい発色に調節できるでしょう。

    ヒアルロン酸やマカデミアナッツ油などの保湿成分が配合されていますが、潤いの持続力はあまりなく空気が乾燥する季節だとパサつきが気になることがあります。
    ツヤ控えめのややマット寄りな仕上がりのため、テカリをオフしたリップメイクができるものを探している方におすすめです。

    【こちらもCHECK】ちふれ口紅のレビュー動画はこちら

    1位 キャンメイク ステイオンバームルージュ

    キャンメイク ステイオンバームルージュ
    パサつきのなさ
    発色のよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:2.7g
    発色:ナチュラル
    色展開:02 スマイリーガーベラ、03 タイニースウィートピー、05 フローウィングチェリーペタル、06 スウィートクレマチス、09 マスカレードバッド、10 フラワリープリンセス、12 リトルプラムキャンディ、13 ミルキーアリッサム、14 ポピーブーケ、15 エレガントダリア
    主な保湿成分:マカデミアナッツ油、シアバター、スクワラン、ハチミツなど
    香料:なし

    スティックルージュ選びに悩んでいるなら一度試して欲しいのが、人気メイクアップブランド「キャンメイク」のベストセラー製品であるステイオンバームルージュです。
    リップクリームのような保湿力と、仕事にもオフの日にも使いやすいカラーが多くの人に選ばれています。
    植物オイルやハチミツなど乾燥から守る成分が豊富に含まれていて、乾燥しがちな唇をいたわりながらメイクできるのがおすすめポイントです。
    「口紅を使うとパサパサしてしまう……」と悩んでいる方にぴったりと言えるでしょう。

    発色はナチュラルで透明感があり、ほんのりツヤがある仕上がりでメイクアップ初心者から上級者まで納得できるアイテムです。

    【こちらもCHECK】キャンメイク ステイオンバームルージュのレビュー動画はこちら

    プチプラリップグロスおすすめ人気ランキングTOP3

    唇にボリューム感を与えてくれるリップグロスは、かわいらしいリップメイクをしたいときに必須のアイテムです。
    多くのプチプラリップグロスのなかでも屈指の人気を誇る3本を、成分表や口コミをもとに「保湿力」「ベタつきのなさ」「コストパフォーマンス」の3つの基準でランクづけしました。
    発色やつけ心地の違いを比較して、お気に入りの1本を見つけてください!

    3位 オペラ シアーリップカラー

    オペラ シアーリップカラー
    保湿力
    ベタつきのなさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:‐
    発色:ナチュラル
    色展開:01 ピュアレッド、22 ナチュラルピンクN、23 サーモンピンクN、24 ニュアンスピンク、25 コーラルオレンジ、101 レッド、102 ベージュピンク、203 ピンクアプリコット、204 ピュアコーラルN、205 モーヴレッド(全10色)
    主な保湿成分:スクワラン、ハチミツなど
    香料:なし

    ポイントメイクアイテムに定評があるオペラのシアーリップカラーは、唇の血色をよく見せてくれる色味が魅力です。
    ピンクやレッドなど定番色を中心として全10色あり、豊富なカラー展開から選べます。
    もとの唇が透けて見えるナチュラルな仕上がりですが、色が薄すぎずしっかり血色感を与えてくれるのが人気のポイント。
    「透明に近い薄いカラーだと物足りない!」という方におすすめのリップグロスです。

    シアーリップカラーは液体を固形状にする技術を用いて作られた製品で、リップグロスですが口紅のようにスティック形状になっています。
    するする伸びるなめらかなテクスチャーでベタつきを感じにくく、スクワランやハチミツが唇を乾燥から守ってくれるのも人気のポイントです。
    スリムでかさばらず持ち運びに便利ですが、減りが早くコストパフォーマンスがやや悪いのがデメリットと言えます。
    コストパフォーマンスよりも、血色感を与えてくれる発色のよさを優先したい方におすすめです!

    【こちらもCHECK】オペラ シアーリップカラーのレビュー動画はこちら

    2位 マジョリカ マジョルカ ハニーポンプグロスNEO

    保湿力
    ベタつきのなさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:6.5g
    発色:薄づき
    色展開:PK144、PK246、PK247、RD441、BE145(全5色)
    主な保湿成分:ミネラルオイル、アカシアハニー、ローヤルゼリーエキス、ミツロウなど
    香料:あり(オレンジハニーの香り)

    コストパフォーマンス重視でリップグロス選びをするなら、資生堂のプチプラブランド「マジョリカマジョルカ」がおすすめ!
    ハニーポンプグロスNEOは、名前の通りハチミツ成分を豊富に配合しているリップグロスです。
    アカシアハニーやローヤルゼリーエキスなどのハチミツ成分が荒れがちな唇を保湿し、なめらかに整えてくれるでしょう。
    唇をトリートメントしながらメイクアップしたい方におすすめです。

    ややベタつきを感じるテクスチャーですが、保湿力と持ちのよさが魅力。
    色は薄めで「濃いめに発色するリップグロスだと唇が悪目立ちする……」と悩んでいる方におすすめできます。

    【こちらもCHECK】マジョリカ マジョルカ ハニーポンプグロスNEOのレビュー動画はこちら

    1位 フローフシ LIP38℃ 11 リップトリートメント

    フローフシ LIP38℃ 11 リップトリートメント
    保湿力
    ベタつきのなさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:6.5mL
    発色:薄づき
    色展開:+5℃(コーラルオレンジ)、+3℃(コーラルピンク)、+1℃(クリスタルピンク)、±0℃(クリスタル)、-2℃(アイスグリーン、全5色)
    主な保湿成分:エンドミネラル®、ラ・フローラ、ヒアルロン酸、コラーゲン
    香料:なし

    マスカラやアイライナーが人気のフローフシから発売されているリップトリートメントは、唇の温度感をテーマにしたリップグロスです。
    唇の血色を明るく見せるなら+5℃、逆に赤みを抑えて落ち着いた印象にするなら-2℃というように選ぶのが特徴。
    全体的に薄づきで、±0℃は透明カラーで寝るときのリップケアにも使えます。
    サラサラした軽いテクスチャーでベタつきにくく、唇同士がはりつくようなベッタリ重いリップグロスが苦手な方におすすめと言えるでしょう。

    このリップグロスは唇用美容液としての機能も持っていて、乾燥しやすい唇をなめらかに整えてくれるのも魅力のひとつです。
    フローフシ独自の美容成分エンドミネラル®や、「潤い菌」といわれるラ・フローラがぷるんと潤った状態をキープしてくれます。
    独自成分の働きで「落ちたあとも潤いが続きやすい」とアマゾンや楽天の口コミで評価されています。
    唇の血色感が悪く悩んでいる方や、保湿効果に優れているリップグロスを探している方におすすめです。

    【こちらもCHECK】フローフシ LIP38℃ 11 リップトリートメントのレビュー動画はこちら

    プチプラリキッドルージュおすすめ人気ランキングTOP3

    リキッドルージュといえば高級ブランドの化粧品というイメージがありますが、プチプラコスメのブームにより最近はお手ごろ価格でゲットできるものが増えています。
    安くて使い勝手がいいと人気の3つのリキッドルージュを、成分表や口コミをもとに「保湿力」「発色のよさ」「コストパフォーマンス」を評価しました!

    3位 キスミーフェルム 紅筆リキッドルージュ

    保湿力
    発色のよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:1.9g
    発色:しっかり
    色展開:01 やわらかなピンク、02 上品なレッド、03 健康的なベージュ、04 自然なベージュ、05 華やかなレッド、06 明るいレッド、07 華やかなローズ、08 落ち着いたローズ(全8色)
    主な保湿成分:シアバター、コラーゲン、コラーゲンなど
    香料:なし

    ほどよいツヤ感と発色のよさで人気を集めているのが、伊勢半のプチプラブランドであるキスミーフェルムの紅筆リキッドルージュです。
    リップブラシが一体化している容器で、底の部分にあるダイヤルを回すことでブラシ部分にリキッドルージュが染み出してきます。
    口角(唇の端)や輪郭に沿って塗りやすく、唇の存在感を際立たせてしっかりメイクに仕上げたい方におすすめです。
    リキッドルージュのなかではツヤ感がやや控えめなので、ぷるぷるの唇に仕上げたい場合はリップグロスを重ねるといいでしょう。

    シアバターやコラーゲンなどの美容成分を配合しており、唇を乾燥から守る保湿力も優秀です。
    発色がよくしっかりメイクした印象に仕上がりますが色味が落ち着いているため、オンオフ問わず使いやすいのも人気のポイントと言えるでしょう。
    上品で大人っぽいリップメイクをしたい方におすすめです。

    【こちらもCHECK】キスミーフェルム 紅筆リキッドルージュのレビュー動画はこちら

    2位 メディア リキッドグロウルージュ

    保湿力
    発色のよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:2.5g
    発色:ナチュラル
    色展開:RD-02、BE-03、BE-02、BE-01、OR-01、RD-01、RS-03、RS-02、RS-01、PK-03、PK-02、PK-01(全12色)
    主な保湿成分:シアバター、ヒアルロン酸など
    香料:なし

    保湿力があって色持ちがよくコストパフォーマンスに優れていると高く評価されているのが、カネボウのプチプラブランドであるメディアのリキッドグロウルージュです。
    飲食などで落ちてしまったあとも潤いが続く保湿力で、唇の乾燥をケアしながらリップメイクできます。
    発色は濃すぎず薄すぎず、血色をよく見せて顔色をアップさせるナチュラルな仕上がりです。
    「濃いめのルージュは苦手だけど、発色が淡いものだと顔色が悪く見えてしまう」と悩んでいる方にぴったり。

    グロスのようなツヤ感があり、ぷっくりボリュームのある唇に見せてくれるでしょう。
    伸びがよくベタつきにくい質感で、ベッタリ重さのあるテクスチャーのリキッドルージュが苦手な方におすすめです!

    1位 オルビス エッセンスグロスルージュ

    オルビス エッセンスグロスルージュ
    保湿力
    発色のよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:7g
    発色:しっかり
    色展開:アプリコットベージュ、ビターレッド、ピーチブルーム、フランボワーズフィズ、フレンチローズ、プラリネショコラ、マンダリンレッド(全7色)
    主な保湿成分:ヒアルロン酸、コラーゲン、ハチミツなど
    香料:なし

    普段使いしやすいカラーが魅力であるオルビスのエッセンスグロスルージュは、「発色・保湿力・ツヤ感どれもゆずれない!」という方におすすめです。
    しっかりメイクをしている発色のよさがありながら、口元が浮かない肌なじみのいい色でTPOを問わずに使えることから人気があります。

    ヒアルロン酸やコラーゲンなど唇の潤いを保ちふっくら見せる美容成分を配合しており、乾燥や縦ジワをカバーしてぷるんとボリュームのあるリップメイクが可能です。
    手ごろな値段でありながら内容量が7gと多めで、コストパフォーマンスに優れているのも高評価ポイントと言えるでしょう。
    毎日使いできるリキッドルージュが欲しいなら、ぜひオルビスをチェックしてみてください!

    【こちらもCHECK】オルビス エッセンスグロスルージュのレビュー動画はこちら

    プチプラリップティントおすすめ人気ランキングTOP3

    スティックルージュなど一般的なリップとは違い染料を配合しているリップティントは、飲食でリップが落ちたあとも色が残って血色感が続くことから人気が拡大しています。
    注目のプチプラリップティント3本を、配合成分や口コミをもとに「保湿力」「色持ち」「コストパフォーマンス」の基準でランクづけしました!

    3位 オペラ ティントオイルルージュ

    オペラ ティントオイルルージュ
    保湿力
    色持ち
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:‐
    発色:しっかり
    色展開:01 レッド、02 ピンク、03 アプリコット、04 オレンジ、05 コーラルピンク、06 ピンクレッド(計6色)
    主な保湿成分:スクワラン、アルニカエキスなど
    香料:なし

    口紅のようにしっかり発色するリップティントを探している方におすすめなのが、オペラのティントオイルルージュです。
    名前の通りオイル感があるリップティントで、ツヤっぽく仕上がるのが特徴です。

    オイル配合ですがサラサラした質感のスクワランをベースにしているためベタベタせず、軽いつけごこちであることも人気の理由と言えます。
    一度塗りでしっかり発色し色持ちもいいため、頻繁に化粧直しできないシーンで役立つでしょう。
    発色は濃いめでしっかりメイクをした印象になり、「淡いリップだと唇の血色の悪さがカバーされない……」と悩んでいる方におすすめです。
    保湿力はあまり高くないため、乾燥を感じる場合はリップクリームや透明グロスを併用してください。

    【こちらもCHECK】オペラ ティントオイルルージュのレビュー動画はこちら

    2位 エクセル リップケアオイル

    保湿力
    色持ち
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:4.1g
    発色:ナチュラル
    色展開:ルビーレッド、チェリーピンク、ハニーピーチ、トマトレッド、アイシーダズル
    主な保湿成分:スクワラン、ホホバオイル、シアバターなど
    香料:なし

    グロスタイプのリップティントを探している方におすすめしたいのが、普段使いしやすいポイントメイクアップコスメが充実しているエクセルのリップケアオイルです。
    名前の通りリップケアしながらメイクできるのが特徴で、乾燥しがちな唇をしっとりと整えてくれます。
    ティント初挑戦の方はもちろん、「色持ちがいいティントは唇がパサついてしまう……」と悩みを持つ経験者にもおすすめ。
    スクワランやホホバオイルをはじめとした7種のオイルが配合されており、リップティントのなかでも特に保湿力があると人気です。

    テクスチャーはやや重さがあり粘度は高めで、しっとりした質感のリップが好みの方に向いているでしょう。
    レッドやピンクはパッケージを見ると色がはっきりしていますが、実際に唇にのせると透け感があってナチュラルな印象です。
    時間が経つにつれ唇の水分に反応して色が定着して発色し、保湿も色持ちも持続力があってカラーも揃っている一押しリップティントと言えます。

    1位 キャンメイク ステイオンバームルージュ ティントタイプ

    キャンメイク ステイオンバームルージュ ティントタイプ
    保湿力
    色持ち
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:2.5g
    発色:ナチュラル
    色展開:T01 リトルアネモネ、T02 ハッピーチューリップ、T03 ルビーカーネーション、T04 チョコレートリリー(全4色)
    主な保湿成分:ミネラルオイル、ヒアルロン酸、ハチミツなど
    香料:なし

    スティックルージュ部門でも登場したキャンメイクのステイオンバームルージュは、ティント配合タイプも発売されています。
    もとの唇の色が透ける程度という自然な発色で、オンオフ問わずに使いやすいことが人気の秘密です。
    1本580円(定価・税抜)というリーズナブルな値段も魅力のひとつと言えるでしょう。

    ステイオンバームルージュシリーズの特徴である保湿力の高さも高評価ポイントで、ヒアルロン酸やハチミツなどの保湿成分が乾燥をブロックし、唇にツヤを与えてくれます。
    このリップティントの色自体がやや薄めであるため、はっきりした色味は唇に残りません。
    色持ちはほかのティントと比べてやや低めの星3つですが、淡くナチュラルな発色のものを探している方にはぴったりです。
    店頭ではティント染料を配合していない通常タイプと一緒に陳列されているため、種類を間違えないように注意してください。

    【こちらもCHECK】キャンメイク ステイオンバームルージュ ティントタイプのレビュー動画はこちら

    プチプラマットリップおすすめ人気ランキングTOP3

    モードメイクに欠かせないマットリップは、最近プチプラブランドから相次いで新作が発表されています。
    「マットリップにチャレンジしてみたいけれど、あまり予算はかけられない……」という方にぴったりな人気の3本の特徴や使い心地を徹底解説!
    成分表や口コミをもとに「パサつきのなさ」「色持ち」「コストパフォーマンス」をランクづけしました。

    3位 レブロン カラーバースト マットバーム

    パサつきのなさ
    色持ち
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:2.1g
    発色:ナチュラル寄り
    色展開:10 イルーシブ、15 サルトリー、35 ミスチバス、45 ストライキング、70 カシスレッド、50 ラズベリーレッド(全6色)
    主な保湿成分:シアバター、マンゴー種子油、ヤシ油など
    香料:あり(ミントの香り)

    リップカラーに定評があるプチプラブランド、レブロンのマットバームはしっとり感を求める方におすすめの1本です。
    シアバターやマンゴー種子油などの成分がリップクリームのような保湿力を実現し、ツヤをオフしたマット仕上がりなのにパサつきにくいと多くの人に評価されています。

    スティック状のマットリップで、クレヨンのように先が尖っているため唇の輪郭に沿ってきれいに塗りやすいのもおすすめポイントです。
    レッド系はしっかり色が出ますが、そのほかのピンクやオレンジ系は色が濃すぎない自然な仕上がりとなっています。
    ナチュラルメイクにも取り入れやすく、色持ちがいいのも人気の秘密。
    「テカテカしないリップが欲しいけれど、色が濃すぎるものは避けたい」「唇を血色よく見せてくれる明るいレッドやオレンジのマットリップを探している」という方にぴったりと言えるでしょう。

    【こちらもCHECK】レブロン カラーバースト マットバームのレビュー動画はこちら

    2位 メイべリン ビビッドマットリキッド

    メイべリン ビビッドマットリキッド
    パサつきのなさ
    色持ち
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:5.0mL
    発色:しっかり
    色展開:MAT12、MAT11、MAT10、MAT7、MAT6、MAT4、MAT2
    主な保湿成分:‐
    香料:なし

    発色・色持ち重視でマットリップを選ぶなら、リキッドタイプのこちらがおすすめ!
    メイベリンのビビッドマットリキッドは、はっきりした色味で唇の存在感を際立たせてくれます。
    植物オイルやヒアルロン酸などは配合していませんが、唇がパサつきにくいベース剤(ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2など)を使用しているため、乾燥を感じにくいのがおすすめポイントです。

    深みのあるプラムやレッドなど渋めのカラーが充実しているのも特徴で、色持ちがよく頻繁に化粧直しがいらないのも高評価ポイントと言えるでしょう。
    濃いめのカラーでモードなメイクをしたい方におすすめのマットリップです!

    【こちらもCHECK】メイべリン ビビッドマットリキッドのレビュー動画はこちら

    1位 メイベリン カラーセンセーショナル リップスティック ロージーマットコレクション

    パサつきのなさ
    色持ち
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:3.0g
    発色:しっかり
    色展開:OR629 コーラル ヌード、BE630 サテン ベージュ、PK631 クラッシー ピンク、RS632 フロスティ ローズ、RS633 センシュアル ローズ(全5色)
    主な保湿成分:ハチミツ、ヒアルロン酸など
    香料:なし

    アメリカ発の世界的人気コスメブランド、メイベリンのマットリップの「ロージーマットコレクション」は日本人の肌にあわせて開発されたシリーズです。
    全体的にヌードカラーを意識したやさしいカラーで、しっかり色づきますが肌なじみがいいのが人気のポイントと言えるでしょう。
    発色が鮮やかすぎないため唇が浮いて見えず、メイク初心者でも使いやすいことが高く評価されています。

    マットリップといえば唇に塗るとパサつくイメージがありますが、カラーセンセーショナルリップは保湿力があり乾燥を感じにくいのもおすすめポイントです。
    マットに仕上げたいけれどパサつきは抑えたいという方や、肌になじむヌードカラーのマットリップが欲しい方にぴったりと言えます!

    【こちらもCHECK】メイベリン カラーセンセーショナル リップスティックのレビュー動画はこちら

    プチプラリップの使用上の注意点

    唇をかわいく彩ってくれるプチプラリップは、使用するうえでいくつかの注意点があります。
    デリケートなパーツである唇をいたわりながらメイクを楽しむためにも、次の3点を守って使ってください。

    ① 唇にあわない場合は使用を中止する

    マットリップ 女性 唇

    唇は顔の皮膚と比べて薄くてやわらかく、外部からの刺激を受けやすいパーツです。
    新しいリップを使いはじめて唇がヒリヒリしたり赤くなってしまったりしたら、使用を中止してしてください。

    普段化粧品によるトラブルがあまり起きない方でも、刺激に弱い唇は口紅やグロスが原因で割れたり荒れたりすることがあります。
    「敏感肌じゃないし、少しくらいかゆみやヒリつきがあっても大丈夫……」と油断せず、少しでも唇の調子がおかしいと感じたら使用をやめましょう。

    ② きちんとクレンジングする

    オイル クレンジング ボトル

    口紅やグロスを塗った日は、1日の終わりにクレンジングしてしっかり落としましょう。
    飲食をしてリップが落ちているようでも、配合されている油分などが唇に残っていることがあります。
    化粧品成分が唇に残ると刺激のもとになってしまうため、丁寧にクレンジングしてください。
    顔全体のクレンジングをするときに唇にも塗り、縦ジワにそってやさしくなでるように落としましょう。
    洗い流す際にクレンジング剤が口の中に入るのが嫌な方は、コットンに含ませて拭き取るタイプのポイントメイク落としがおすすめです。

    【こちらもCHECK】クレンジングに関連するおすすめ記事はこちら

    プチプラクレンジングおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.17

    ホットクレンジングジェルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.29

    クレンジングおすすめ人気ランキングTOP15!クレンジングとは?やり方のポイントも【2018年最新版】

    2018.01.24

    ③ 異臭・変色があれば使わない

    リップケア

    リップは唇に直接触れる化粧品であることから、唾液に含まれる雑菌による変質のリスクがあります。
    開封後は時間が経つにつれ雑菌の影響で変質してしまうため、なるべく早く使い切りましょう。
    リップは開封後半年~一年程度使用できますが、使い方や保管状態によってはそれよりも早く変質してしまうことがあります。

    以前はしなかった異臭がしたり、色が変わってしまったりしたら思い切って捨ててください。
    衛生面が気になる方は、リップを一度スパチュラ(化粧用の小さいヘラ)に取ってからリップブラシで唇に塗るのがおすすめです。

    Amazon&楽天の口紅・リップ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    プチプラリップでメイクをもっと楽しもう!

    リップ メイク

    ポイントメイクアイテムのひとつであるリップは、どんなカラーを使うかによって顔の印象が大きく変わります。
    ピンクやレッドなどカラーバリエーションも豊富で、「あれもこれも欲しい……」と思うこともあるでしょう。
    新しいカラーにチャレンジしたくても予算がないと悩んでいるなら、手ごろな値段で購入できるプチプラリップを使ってみてください!

    プチプラコスメのブームで最近は安価で良質なリップが増えていて、ティントやマットタイプなど流行アイテムも気軽に試せます。
    リップは種類ごとに使用感や仕上がりが大きく違うため、イメージにあうかどうかしっかり見極めて選んでみてください。
    低予算でもかわいい唇になれるプチプラリップで、もっとメイクを楽しみましょう!

    【あわせて読みたい】リップに関連するおすすめ記事はこちら

    リップ・口紅ブランドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.30

    赤系リップおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.23

    コーラルピンク系リップおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.18

    ベージュ系リップおすすめ人気ランキングTOP10!プチプラも【2018年最新版】

    2018.04.17

    ウォーターティントおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.26

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。