ニキビの基礎知識|原因からケア方法まで

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。
    ニキビ 女性

    多くの人が体験する肌悩みのひとつに、ニキビがあります。
    ポツッとできてなかなか治らないと、気持ちまで落ち込んでしまいますよね。
    「ニキビを繰り返さない肌になって、もっとすっぴんに自信を持ちたい」と考えているなら、正しい知識やケア方法について学んでみましょう。

    知っているようで知らないニキビの原因や、日ごろ見落としがちなニキビケアのポイントを詳しく解説。
    年代や肌質にあわせた人気のニキビケア化粧品ブランドについても紹介します!



    そもそもニキビとは?

    一度できると治りにくいニキビは、代表的な肌トラブルとして知られています。
    正しく効果的なスキンケアをするためにも、ニキビに関する知識を身につけておきましょう。

    ニキビの正体は毛穴の炎症!

    毛穴 肌 鼻 口

    多くの人が悩むニキビは皮膚疾患の一種で、医学用語では「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれます。
    ニキビとは皮膚表面にある毛穴のなかが炎症を起こし、腫れあがる肌トラブルのこと。
    ニキビができている人の多くは慢性的な炎症を起こしており、克服するには時間と根気が必要です。

    ニキビは10代に発生しやすいですが、疲れがたまったり栄養バランスが崩れたりすると20代以降でもできることがあります。
    主に顔にできるケースが多いほか、デコルテや背中などに発生することもあるのが特徴です。

    【こちらもCHECK】背中ニキビに関連するおすすめ記事はこちら

    背中ニキビに効くグッズおすすめ人気ランキング15!原因も【2017年最新版】

    2017.12.22

    大きくわけて4種類のニキビがある

    ニキビ

    ニキビは毛穴のなかが炎症を起こす肌トラブルですが、症状によって細かく種類がわけられています。
    今できているニキビがどんな状態でどうケアするべきなのか知るために、4つの種類ごとの特徴を把握しておきましょう。

    ① 白ニキビ

    白ニキビは表面が白くポツッと小さく盛り上がっています。
    ニキビの初期段階で、炎症が起きる手前の状態です。
    白い芯(皮脂のかたまり)を見るとつい押し出してしまいたくなりますが、白ニキビを潰すとそれがきっかけで炎症を起こしてしまうことがあります。

    白ニキビができてもなるべく触れずに様子を見て、潰さずに自然に引くのを待つのがベスト。
    白ニキビは毛穴に皮脂や汚れが残ると発生しやすいため、クレンジングや洗顔をしっかり行って日ごろから毛穴のつまりを防ぐことを意識しましょう。

    ② 黒ニキビ

    毛穴のなかが黒っぽく見えるニキビは、白ニキビの表面が開いて空気が入り酸化することで発生します。
    黒ニキビは皮膚の生まれ変わりで自然になくなっていきますが、長引く場合は皮膚科で処置を受けるといいでしょう。
    白ニキビ同様に自力で潰すと炎症を起こして悪化することがあるため、無意識のうちに触らないように注意してください。

    ③ 赤ニキビ

    白ニキビや黒ニキビが悪化すると毛穴のなかが炎症を起こし、腫れを伴って赤く盛り上がってしまいます。
    赤ニキビは炎症を起こしているため、痛みやかゆみを感じやすいのが特徴です。

    汚れを落としたり保湿したりするだけでは改善しづらく、炎症を抑える成分を配合した医薬品や化粧品でケアする必要があります。
    痛みがひどい場合は皮膚科を受診するといいでしょう。

    ④ 黄ニキビ

    赤く腫れあがった状態が長引いて炎症が激しくなると、毛穴のなかが膿んで黄ニキビになるケースがあります。
    膿ができるほど悪化した場合は、皮膚科を受診して処置を受けるのがおすすめです。

    自力で膿を出そうとすると肌を傷つけてしまい、跡が残ることがあります。
    炎症や化膿を抑える処置をしないと治りにくいため、「ニキビくらいで皮膚科に行くなんておおげさ……」と思わず医師の力を借りてみてください。

    【こちらもCHECK】黄ニキビに関連するおすすめ記事はこちら

    黄ニキビ対策グッズおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.05.23

    ニキビの原因

    「顔にできるニキビをなんとかしたい……」と思ったら、まずは原因を知って正しい対処法につなげることが大切です。
    どうしてニキビが発生するのか、繰り返しできてしまうのかを学んでおきましょう。

    過剰な皮脂分泌

    あぶらとり紙

    ニキビの原因のひとつに、皮脂の過剰分泌があげられます。
    顔の皮膚からは常に皮脂が分泌されており、乾燥や外部からの刺激から守る役割がありますが、肌質や体調の変化によって必要以上に出てしまうことがあるのです。

    過剰な量の皮脂分泌が続くと毛穴に油分がたまり、ニキビの原因菌であるアクネ菌が皮脂をエサにして増えてしまいます。
    アクネ菌が増えると毛穴のなかが炎症を起こし、ニキビが発生するのです。

    ターンオーバーの乱れ

    女性 敏感肌

    通常肌は定期的に表面の角質層が生まれ変わるターンオーバーを繰り返していますが、ニキビができやすい方はこの生まれ変わりサイクルが乱れている場合があります。
    間違ったスキンケアや睡眠不足などが原因で肌にストレスがかかると、ターンオーバーが不順になって余分な角質が残ってしまい、毛穴をふさぎやすくなってしまうのです。
    角質が毛穴をふさぐと内部にたまった油分が外に排出されにくくなり、アクネ菌が増殖しやすい環境を作ってしまいます。

    皮脂の過剰分泌とターンオーバーの乱れが続くとニキビが治りにくい肌環境になり、悪循環に陥ってしまうためこれらの原因にアプローチするケアが必要です。

    どうして肌環境が悪くなるの?

    ニキビの大きな原因である皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れには、さまざまな要因があります。
    人によって違いますが、考えられるのは以下のようなものです。

    • ストレスによる自律神経の不調
    • 睡眠不足
    • 皮脂が出やすい体質
    • 栄養不足
    • 糖分・油分の多い食生活
    • ホルモンバランスの崩れ

    これらの要因が複雑にからみあって肌環境が悪くなるため、ニキビを繰り返すことで悩んでいるなら生活習慣の見直しをしてみましょう。
    具体的にどうすれば対処できるのかは、『新しいニキビを作らせない!内側からのケアもしよう』の見出しで詳しく解説します。

    思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?

    ニキビは年齢を問わず発生する肌トラブルですが、思春期ニキビと大人ニキビの2種類に分けることができます。
    それぞれの違いを知って、ニキビケアに活かしましょう!

    思春期ニキビの特徴

    高校 生徒 制服 女子高生

    10代~20歳前後にできやすい思春期ニキビは、Tゾーン(おでこや鼻周辺)にできやすいのが特徴です。
    成長によるホルモンバランスの影響で皮脂の分泌が活発になって毛穴につまり、アクネ菌が繁殖して炎症を起こすことでニキビができます。

    思春期ニキビはアクネ菌の活動による炎症で皮膚がダメージを受けやすく、長引くと肌に凹凸が残ってしまうのも特徴のひとつ。
    正しい洗顔や保湿で水分と油分のバランスを整え、アクネ菌の増殖を抑える成分を配合した基礎化粧品でケアするのが基本です。

    大人ニキビの特徴

    ニキビ

    20代以降になると、Uゾーンといわれるあご・口元・頬に大人ニキビができやすくなります。
    大人になると忙しさのせいで食事内容が偏ったり、睡眠不足になったりして肌の代謝力が弱まり、毛穴がつまってしまうのです。
    健康で丈夫な肌細胞を作り出す力が弱まっているとニキビができるだけでなく、バリア機能の低下により乾燥や刺激を感じやすくなってしまいます。

    毛穴につまった皮脂や汚れを排出する力が低下した大人の肌は、化粧品だけに頼らず内側からのケアも必要です。
    大人ニキビができやすい肌は外側からしっかり保湿ケアをすると同時に、食事や睡眠などの生活面も見直して根本からの改善を狙いましょう。

    【こちらもCHECK】大人ニキビケアに関連するおすすめ記事はこちら

    大人ニキビに効果的な洗顔料おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.21

    大人ニキビケアグッズおすすめ人気ランキングTOP15!化粧水・洗顔・乳液をまとめてご紹介【2018年最新版】

    2018.02.19

    ニキビ肌を卒業したい!スキンケアのコツを紹介

    ニキビのない美肌を目指すなら、まずは毎日のスキンケアの見直しからはじめてみましょう。
    ニキビ肌向けの基礎化粧品を使用しても、使い方が間違っていると効果が実感できないことがあります。
    負担をなるべくかけずにスキンケアするために、具体的な方法やコツを学んでおきましょう。

    クレンジングのコツ

    オイル クレンジング ボトル

    1日の終わりに使うクレンジングは、メイクだけでなく毛穴に残っている余計な皮脂や汚れを落とす役割があります。
    クレンジングをするときに注意したいのが、強くこすらずにメイクを落とすことです。

    「力を入れてこするとしっかり落ちそう……」とイメージする方もいますが、圧をかけてクレンジングするのはNG!
    パールやラメなどの粒子が肌を傷つけてニキビが悪化する可能性があるため、なでるように肌に伸ばしてください。
    ふき取りタイプのクレンジングは摩擦ダメージが加わりやすいため、コットンがなくてもメイクが落とせるオイルやジェルタイプなどがおすすめです。

    また、クレンジングは時間をかけすぎずに手早く行うのもポイント。
    じっくり肌になじませていると必要な潤いまで奪ってしまうため、メイクがなじんだらすぐに洗い流しましょう。
    落ちにくいアイメイクや口紅などのポイントメイクは、専用のリムーバーで先に落としてから顔全体のクレンジングをするとベストです。

    【こちらもCHECK】クレンジングに関連するおすすめ記事はこちら

    クレンジングおすすめ人気ランキングTOP15!クレンジングとは?やり方のポイントも【2018年最新版】

    2018.01.24

    オイルクレンジングおすすめ人気ランキングTOP10!ニキビへの使い方も【2018年最新版】

    2018.01.08

    クレンジングジェルおすすめ人気ランキングTOP15【2017年最新版】

    2017.12.08

    洗顔のコツ

    女性 洗顔

    クレンジングのあとや寝起きに行う洗顔は、アクネ菌のエサになる皮脂を落とす大切なステップです。
    肌をいたわって洗浄するためには、弾力のある泡を立てることが重要。
    手のひらが肌に触れないように泡で包み込み、摩擦を与えないように洗ってください。
    泡立たない洗顔料は肌をこすって傷つけやすいため、赤みやヒリつきが出ないか様子をうかがいながら使うといいでしょう。

    洗顔はクレンジング同様に、時間をかけすぎないのがポイントです。
    製品によっては「○分程度肌にのせて置いてください」という説明が書いてありますが、特に指定がない場合は1分程度ですすぎましょう。
    肌が乾燥しやすい方は30秒程度ですすいでもOKです。

    【こちらもCHECK】洗顔料に関連するおすすめ記事はこちら

    ニキビ肌向け洗顔料おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.23

    大人ニキビに効果的な洗顔料おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.21

    洗顔料おすすめ人気ランキングTOP15【2017年最新版】

    2017.11.30

    保湿ケアのコツ

    アイクリーム

    クレンジングと洗顔が終わったら、足りない水分や油分を補う保湿ケアを正しく行いましょう。
    ニキビ肌を保湿するうえで注意したいのが、フェイスマッサージやコットンの使用による摩擦です。
    フェイスマッサージは血行アップによる美肌効果が期待できますが、ターンオーバーの乱れや炎症を起こしているニキビ肌には負担となってしまいます。
    肌の調子が悪いときはマッサージを避け、シンプルなスキンケアを心がけるといいでしょう。

    コットンは顔全体にムラなく化粧品を行き渡らせることができる一方、手でつけるよりも摩擦が加わりやすいため注意してください。
    肌のうえをすべらせるようにコットンを当てると、繊維による刺激を受けてしまいます。
    手からこぼれ落ちやすいサラサラした化粧水をコットンでなじませたいときは、肌にやさしく押し当てるように使うといいでしょう。

    【こちらもCHECK】保湿ケアに関連するおすすめ記事はこちら

    ニキビに最適な乳液おすすめ人気ランキングTOP6【2018年最新版】

    2018.09.09

    ニキビ肌に最適な美容液おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.29

    新しいニキビを作らせない!内側からのケアもしよう

    ニキビはスキンケアの方法を見直すことが大切ですが、外側からだけでなく体の内側からもアプローチする必要があります。
    肌の土台を整えてニキビを繰り返さない環境を作るために、内側からのケア方法も実践してみましょう。

    ストレスや睡眠不足にしっかり対処する

    人はストレスがかかったり睡眠不足が続いたりすると自律神経が乱れ、肌の皮脂分泌が過剰になることがあります。
    皮脂は肌を守るために欠かせないものですが、必要以上に分泌されると悪影響を与えるため注意しましょう。
    ストレスや睡眠不足を放置せず、できる範囲で少しずつ解消していくことはニキビのない肌作りにとても大切です。
    せっかく質のいい化粧品でケアしても、自律神経が乱れていると肌環境が改善されにくいため、スキンケアの一環として取り組みましょう。

    特に現代人は、スマートフォンやパソコンから発せられるブルーライトで脳が刺激され睡眠不足になりやすいため、寝る前の習慣の見直しからはじめるといいでしょう。
    就寝前の1時間は液晶画面を見るのをなるべく控え、眠りやすい環境を整えましょう。
    「スマートフォンを見る習慣は急にやめられない……」という方は、ブルーライトをカットする画面フィルムや専用めがねを使用して、できることからはじめてみてください。

    食生活の改善も忘れずに

    サラダ

    肌細胞は常に生まれかわり、内側から外側に押し出されてターンオーバーを繰り返しますが、食生活が乱れて栄養素が不足すると細胞の代謝が不十分になり、ニキビができやすくなってしまいます。
    栄養素をバランスよく取ることを心がけ、特に代謝を助ける働きがあるビタミンやミネラルが不足しないように注意しましょう。

    緑黄色野菜やフルーツ、海藻や大豆などを食事に取り入れるのがおすすめです。
    毎日自炊するのが難しい環境であれば、食事だけで改善せずにサプリメントで栄養を補給してもOK。
    ただしサプリメントはあくまでも栄養補助のための食品であるため、食事をきちんと取ったうえで活用してください。

    血行不良に注意!

    コーヒー 本 足

    入浴をシャワーだけで済ませていたり運動不足になったりすると、血行が悪くなりニキビができやすい肌環境になってしまいます。
    血行不良になると健康な肌細胞を作るのに欠かせない栄養素や酸素が行き渡らなくなり、肌の不調につながってしまうのです。
    ストレスや睡眠不足を特に感じておらず、食事にも気をつかっているのにニキビができやすい方は、血流をアップさせるケアをしてください。

    全身湯船に浸かって体を温めたり、軽い運動をしたりすることを習慣にしましょう。
    運動はウォーキングやストレッチなど、心肺機能や筋肉に大きな負担がかからないものからはじめてみてください。

    ニキビ肌におすすめ!スキンケアブランド5選

    繰り返すニキビをなんとかしたいと思ったら、毎日使う化粧品の見直しをしてみましょう。
    「どれから使っていいのかわからない……」と悩んでいるなら、ニキビケアに定評があるブランドを試してみてください。
    人気ブランド5つについて、成分の特徴や向いている肌質を解説します!

    常盤薬品 ノブ

    医薬品や化粧品を手がける常盤薬品のブランド、ノブは肌質や年代にあわせて選べる豊富なラインナップが魅力です。
    思春期ニキビ向けの「ノブ Aシリーズ」や、大人ニキビ向けの「ノブ ACシリーズ」など年代にあわせて選ぶことができますよ。

    ノブはドラッグストアやバラエティストアでの取り扱いがあり、専門店に行かなくても購入できる手軽さもおすすめポイントのひとつ。
    スキンケア製品だけでなく、ファンデーションやチークなどのメイク用品も充実しているブランドです。

    【こちらもCHECK】ノブ ACアクティブスキンケアのレビュー動画はこちら

    オルビス 薬用クリアシリーズ

    オルビス(ORBIS) 薬用クリア3週間体験セット

    オイルカット処方の化粧品を取り揃えているオルビスの薬用クリアシリーズは、周期的にできる大人ニキビ向けのブランドです。
    ホルモンバランスが崩れることが原因でニキビができてしまう肌環境に着目して作られていて、生理前後に不調に陥りやすい方におすすめ。

    オルビスは専門店や通販で購入でき、はじめてでもトライしやすいミニセットが販売されています。
    オイル成分が配合されていない比較的さっぱりした使い心地で、テカリやすい肌質の方やベタベタする基礎化粧品が苦手な方におすすめです!

    【こちらもCHECK】オルビス 薬用クリアシリーズのレビュー動画はこちら

    富士フイルム ルナメアAC

    カメラ用フィルムの技術を化粧品に応用して開発している富士フイルムのブランド、ルナメアACは乾燥と大人ニキビをケアしたい方にぴったり。
    ニキビの原因である毛穴づまりをすっきり落とすクレンジングや洗顔フォームは、汚れ落ちとつっぱり感のなさを両立しています。
    化粧水やジェルには、毛穴の油分になじんで有効成分を届ける「アクネシューター®」という独自成分を配合。
    内部が乾燥しやすい大人ニキビ肌を潤しながら、炎症や毛穴づまりをケアできます。

    保湿力があるだけでなく、ニキビがある肌でもヒリヒリしにくいマイルドな使い心地も人気の秘密。
    発売当初は通販がメインでしたが、最近ではドラッグストアでの取り扱いも広がり購入しやすくなっています。
    さっぱりしたニキビケア化粧品では満足できない方や、マイルドな使い心地にこだわりたい方におすすめのブランドです。

    【こちらもCHECK】富士フイルム ルナメアAC スキンコンディショナーのレビュー動画はこちら

    アクセーヌ

    人気デパコスブランドとして知られるアクセーヌは、とにかく刺激を避けてケアしたいという方にぴったり。
    アトピー肌のユーザーが多いスキンケア・メイクアップブランドで、アレルギーリスクがある成分を極力カットした製品作りが特徴です。
    化粧水やクリームなどの保湿アイテムだけでなく、日焼け止めやファンデーションもおすすめ!

    ベースメイクアイテムは色素が肌に直接触れない特殊な加工がされており、肌負担を軽減してあるのが特徴です。
    刺激を感じにくい化粧下地や日焼け止めを探している方は、一度試してみてください。
    アクセーヌは全国の百貨店に店舗があり、カウンセラーに肌悩みを相談しながらスキンケアを見直せるのも魅力のひとつです。

    【こちらもCHECK】アクセーヌのメイク方法動画はこちら

    資生堂 dプログラム

    d プログラム バランスケア エマルジョン R 1

    資生堂のスキンケアブランドであるdプログラムは、現代人にありがちな悩みにあわせた4種類のラインナップがあります。
    ニキビができやすい肌向けには「バランスケア」と「アクネケア」の2シリーズがあり、今抱えている肌トラブルにあわせてチョイスできますよ。
    ニキビ向けの2つのシリーズには、抗炎症作用と美白効果を持つトラネキサム酸が配合されています。
    炎症を伴うニキビをケアするだけでなく、紫外線ダメージやニキビ跡のケアも一緒にしたい方におすすめできるブランドです。

    dプログラムはスキンケアだけでなく、化粧下地やファンデーションも取り扱いがあります。
    ベースメイクアイテムには抗炎症成分であるグリチルレチン酸ステアリルが配合されており、ニキビをケアしながら肌悩みをカバーできますよ。

    楽天のニキビ肌用スキンケア人気ランキング

    楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    正しいスキンケアでニキビを繰り返さない肌を目指そう!

    美肌

    美肌の大敵であるニキビは、炎症の状態や年代にあわせた正しいケアを積み重ねることで少しずつ克服できます。
    洗顔や保湿を丁寧に行うだけでなく、体の内側からのケアもすることでニキビを繰り返しにくい健康的な肌を目指せますよ。
    化粧品だけに頼ったケアだと一時的な効果にとどまってしまうため、外側と内側の両方からアプローチするように心がけましょう。
    ニキビの種類や状態にあった化粧品でケアをして生活習慣も見直せば、肌はきっと応えてくれるはず。

    ニキビに対する正しい知識を身につけて、トラブルを繰り返さない美肌を手に入れましょう!

    【あわせて読みたい】ニキビケアに関連するおすすめ記事はこちら

    肌質別洗顔石鹸おすすめ人気ランキングTOP15!毛穴&ニキビ&美白の解説も【2018年最新版】

    2018.11.29

    洗顔ブラシおすすめ人気ランキングTOP15!毛穴が広がる効果やニキビにも【2018年最新版】

    2018.04.24

    ニキビ肌向け日焼け止めおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.10

    ニキビ跡に最適な化粧水おすすめ人気ランキングTOP15!プチプラの商品も【2018年最新版】

    2018.01.30

    ミルククレンジングおすすめ人気ランキングTOP10!敏感肌&ニキビ向けも【2017年最新版】

    2017.11.29

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。