【お悩み別】リップケアアイテムおすすめ人気ランキングTOP9【2019年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • 唇の悩み・状態にあうものをチョイスしよう
      →一般化粧品タイプは日常使いに。医薬部外品(薬用)タイプはもう少し乾燥が進むと荒れてしまう場合に。医薬品タイプは炎症を起こし腫れやかゆみが起こっている場合に使用するのがおすすめ。
    • テクスチャー(クリームの硬さ)が好みかどうか
      →ベタつくリップが苦手な方はサラサラしたつけ心地のものを、軽い使用感だと満足できない方はこってりしたテクスチャーのものを、と好みにあわせてチョイスしよう。
    リップクリーム

    顔のパーツのなかでも特に乾燥しやすい唇は、こまめなお手入れが必要です。
    唇がガサガサだと、メイクのりが悪かったりひび割れて痛かったりして気分が下がってしまいますよね。

    ぷるんと潤った唇をずっとキープしたいと考えているなら、今使っているリップケアアイテムを見直してみましょう!
    本記事では、悩みにあわせたコスメの選び方からお手入れのコツまで解説します。

    目次



    リップケアアイテムの基礎知識

    唇は顔と違って皮脂の分泌がないため季節を問わずカサつきやすく、皮膚が薄いため外部からのダメージを受けやすいパーツです。
    こまめにお手入れする必要性はわかっていても、今の唇にあうリップケアアイテムを探し出すのは大変ですよね。
    満足できるものを手に入れるためにも、まずはリップケアアイテムに関する基礎知識を学んでおきましょう!

    【こちらもCHECK】リップケアに関連するおすすめ記事はこちら

    美容家が教えるリップのすべて!今さら聞けないメイク・ケアを徹底解説

    2018.05.14

    唇パック(リップパック)おすすめ人気ランキングTOP8【2018年最新版】

    2018.04.21

    リップトリートメントおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.03

    リップケアアイテムとは?

    今回の記事で紹介しているリップケアアイテムは、唇の乾燥や縦ジワをお手入れするために使う化粧品のことをさします。
    リップクリームやリップ美容液などさまざまな種類があり、「あれもこれも試したい……」と選びきれず迷ってしまうものですよね。
    悩みや目的にあうリップケアアイテムを効率よく見つけたいなら、種類ごとの特徴を把握しておきましょう。

    リップケアアイテムのタイプ(種類)

    唇をなめらかに保つリップケアアイテムは、大まかに以下の種類に分けられます。
    それぞれのアイテムの違いをチェックしてリップケアアイテム探しの参考にしてみてください。

    保湿目的のアイテム

    ドラッグストアやバラエティストアでよく見かけるリップクリームやリップ美容液などは、唇を保護して乾燥から守ることを目的に使う保湿アイテムです。
    この2つのアイテムは厳密な分類はありませんが、「美容液」と記載があるリップケアアイテムは、ヒアルロン酸コラーゲンなどの美容成分がより多く含まれている傾向にあります。

    角質・汚れをオフするアイテム

    唇に余計な角質や汚れがたまってごわついているときに役立つのが、リップスクラブです。
    スクラブとは砂糖など粒々が入ったペーストで唇をマッサージし、角質や汚れを絡めとって落とすもの。

    毎日ではなく週に1~2回程度使うアイテムで、硬くなった唇をやわらかく保つ効果が期待できます。
    リップスクラブは物理的に不要な角質を落とすアイテムなので摩擦刺激が多少あるため、唇の皮膚に炎症などのトラブルがないときにスペシャルケアとして取り入れるといいでしょう。

    【こちらもCHECK】リップスクラブに関連するおすすめ記事はこちら

    リップスクラブおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.03

    リップケアアイテムを初めて買うならここを必ず押さえよう

    唇の潤いを守るリップケアアイテムは種類が多く、ひとつにしぼり込むのがとても大変ですよね。
    「あれこれ目移りしてしまって決めきれない……」と悩む方のために、選び方のポイントを2つ紹介します。

    ① 唇の悩み・状態にあうものをチョイスしよう

    リップクリーム

    唇を保湿するリップクリームやリップ美容液は、乾燥度合いや状態にあわせて選ぶことが大切です。
    保湿アイテムは配合されている成分によって期待できる効果が異なるため、その違いを理解して選びましょう。
    リップクリームなどの保湿剤は主に以下の3種類に分けられ、それぞれ次のような違いがあります。

    • 一般化粧品タイプ……保湿をメイン効果としたもの
    • 医薬部外品(薬用)タイプ……荒れたりひびわれたりしないように使うもの
    • 医薬品タイプ……炎症を抑えて腫れやかゆみをケアする

    このように種類ごとに使用目的が異なるため、あいまいな基準で選ばず、今の唇の状態にあわせてどのタイプがいいのかしっかり見極めましょう。

    一般化粧品タイプは乾燥から唇をガードするため日常使いするのに向いており、医薬部外品(薬用)タイプは「もう少し乾燥が進むと荒れてしまいそう……」と感じるときに使うのがおすすめです。
    炎症を起こしてしまっている場合は医薬品タイプで保湿をして、腫れやかゆみが引いたら一般化粧品に切り替えて乾燥から唇を守るケアをするといいでしょう。

    ② テクスチャー(クリームの硬さ)が好みかどうか

    リップクリーム

    リップケアアイテムはサラッとしたものからしっとり感が強めのものまで、テクスチャー(液やクリームの硬さ)に違いがあることを理解しておきましょう。
    サラッとしたものはつけ心地が軽く、こってりしたものはベタつきを感じることがあります。

    感覚にあわないものを唇に塗ると不快感を覚えてしまうため、あらかじめテスターや口コミで使用感を確認しておくといいでしょう。
    ベタつくリップが苦手な方はサラサラしたつけ心地のものを選ぶ、軽い使用感だと満足できない方はこってりしたテクスチャーのものを選ぶなど、好みにあわせて選んでみてください。

    リップケアアイテムの上級者目線の選び方

    唇の悩みをケアしてぷるぷるに保つリップケアアイテムは種類が豊富で、目的にあわせて選ぶことが大切です。
    普段のリップケアの満足度をもっと上げたいなら、上級者目線の選び方を取り入れてみましょう!
    一歩踏み込んだリップケアをはじめてみてください。

    くすみが気になるならUV対策ができるものを

    紫外線 太陽

    唇は顔の皮膚と同様に、紫外線を浴びるとメラニン色素が作られてくすんでしまいます。
    「毎日しっかり保湿ケアしているのに、唇がどんよりくすんでいる……」という方は、UV対策できる保湿剤を使ってみましょう!
    紫外線をカットする機能があるリップクリームには、「SPF○○・PA○○」という数値が記載されています。

    日中外出するときは、この数値が記載されているリップクリームを塗ってお出かけするのがベスト。
    口紅やリップグロスを併用する場合は下地として使ったり、化粧直しのときの潤い補給に使ったりするといいでしょう。

    ② 香りが好みかどうかも要チェック

    鼻 口

    鼻に近い唇に使用するリップケアアイテムは、香りがダイレクトに伝わる化粧品です。
    好みにあわない香りのリップケアアイテムは、気分が悪くなったり不快感につながったりするため、購入前に必ず確認しておきましょう。

    「ミント系のスースーする香りが嫌い」「甘いバニラ系は気持ち悪くなってしまう」など、香りの好みには個人差があるもの。
    パッケージに書いてある「○○の香り」という表記を参考にするほか、口コミや購入者のレビューを見て確認するといいでしょう。
    香りに敏感な方は、実物を店頭で確かめてから購入するのがおすすめです。

    リップケアアイテムの最安値と価格帯の特徴一覧

    リップクリーム


    唇のコンディションを保つリップケアアイテムは、製品ごとに価格帯に大きな開きがあります。
    予算をある程度絞り込んで選びたい方のために、価格帯ごとの特徴を解説!
    悩みや目的にあうリップケアアイテムがどのくらいの価格なのかチェックしてみましょう。
    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約100円~300円~3,500円約4,000円~
    特徴唇を保護するのがメインのリップクリームは100円を切るものもあり、パッケージがシンプルで性別を問わず使いやすいのが特徴。医薬部外品から美容成分を豊富に含む美容液タイプまで、幅広い種類がある価格帯です。外資系のデパコスブランドから発売されているリップクリームは4,000円を超えるものが多く、見た目もおしゃれでプレゼントとして人気があります。

     

    【乾燥対策】おすすめリップクリームTOP3

    季節を問わず一年通して乾燥しやすい唇は、こまめに保湿することが大切。
    ずっと使い続けたくなるような保湿アイテムを探している方のために、人気の製品3つを厳選して紹介します。
    日常使いしやすいリップクリームやリップ美容液を、配合成分や口コミをもとに「保湿力」「ベタつきのなさ」「コストパフォーマンス」の3つの基準で評価しました!

    3位 ニベア ディープモイスチャーリップ

    保湿力
    ベタつきのなさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:2.2g
    主な保湿成分:オリーブオイル、アロエエキス、ビタミンEなど
    UVカット機能:SPF20/PA++
    香り:4種類から選べる(無香料、はちみつ、オリーブ&レモン、バニラ&マカダミア)
    テクスチャー:やわらかい

    コンビニやドラッグストアで気軽に入手でき、保湿力もあると人気なのがニベアのディープモイスチャーリップです。
    唇の荒れやひび割れをブロックする有効成分を2種(ビタミンE、グリチルレチン酸ステアリル)配合している医薬部外品タイプで、炎症を起こしてしまう前にケアしておきたいという方にぴったり。
    紫外線をカットする効果も期待でき、リップメイク前に下地として使うのもおすすめです。

    テクスチャーがやわらかくて伸びがよく、ツヤのある仕上がりになるのも特徴のひとつ。
    口紅の上に重ねると自然にツヤ感をプラスできますよ。
    しっとり感がありややベタつきがある使い心地のため、こってりしたリップクリームが好みの方におすすめです。

    2位 ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー

    保湿力
    ベタつきのなさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:40g/80g/200g
    主な保湿成分:ワセリン
    UVカット機能:なし
    香り:なし
    テクスチャー:やわらかい

    シンプルでお手ごろ価格のリップクリームが欲しいという方におすすめなのが、世界的に知られるヴァセリンのオリジナルピュアスキンジェリーです。
    ワセリンをメインに作られた保湿剤で、香りがないため香料成分を避けてリップケアしたい方に適しています。
    やわらかく唇全体に伸ばしやすいテクスチャーでクセがなく、リップケアだけでなく全身の乾燥対策にも使える万能保湿剤です。

    たっぷり塗るとベタついてしまうものの、薄く伸ばせば唇が張りつくような感覚もなくメイクの邪魔にもならないことから、多くの方に愛されています。
    荒れを抑えたりボリュームを出したりなどの効果はないシンプルな製品で、保護膜を唇表面に作って乾燥をブロックすることに特化したリップクリームです。
    コストパフォーマンスに優れているものを探している方や、香りがないリップクリームを探している方に適しています。

    1位 メディプラス リップクリーム

    保湿力
    ベタつきのなさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:3g
    主な保湿成分:ホホバオイル、ヒト型セラミド、コラーゲン、ナンバンクサフジ種子エキスなど
    UVカット機能:なし
    香り:なし
    テクスチャー:硬め

    こまめにリップクリームの塗りなおしができずに困っているなら、オールインワンゲルが有名なメディプラスがおすすめ。
    保湿成分のなかでも特に水分キープに優れているヒト型セラミドを配合しており、頻繁に塗りなおさなくても潤いが続くと好評です。
    ナンバンクサフジ種子エキスが乾燥や紫外線によるストレスから唇を守り、荒れやカサつきを繰り返しにくい状態に導いてくれます。

    1本1,000円強と単価は高いですがテクスチャーがやや硬めで減りにくく、コストパフォーマンスに優れているのもおすすめポイント。
    保湿力がありながらベタベタしない使い心地で、重たい質感のリップクリームが苦手な方に適しています。

    【縦ジワ対策】おすすめリップクリームTOP3

    唇に縦ジワがあると見た目年齢に影響したり、口紅が入り込んだりしてしまいますよね。
    そんな悩みをケアしてくれる縦ジワ対策におすすめのリップクリーム・リップ美容液を、3つ厳選して紹介!
    配合成分や口コミをもとに筆者が「保湿力」「ボリュームアップ効果」「コストパフォーマンス」の3つの基準でランクづけしました。

    3位 DHC エクストラモイスチュア リップクリーム

    保湿力
    ボリュームアップ効果
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:1.5g
    主な保湿成分:オリーブオイル、メドウフォーム油、マグワ根皮エキス、ザクロ花エキスなど
    UVカット機能:なし
    香料:なし
    テクスチャー:伸びがよく軽い

    「最近唇に年齢が出てきたような気がする……」と悩んでいる方におすすめなのが、DHCが発売しているエクストラモイスチュアリップクリームです。
    唇のエイジングケアをしたい方に向けて作られたもので、紫外線による細胞のダメージをケアするマグワ根皮エキスやザクロ花エキスがハリのある口元に導いてくれます。

    オリーブオイルやメドウフォーム油が配合されていて、乾燥によってごわついた唇表面をやわらかく整えるのも特徴のひとつ。
    保湿してもなんとなく唇が硬くて化粧のりが悪い、と悩んでいる方におすすめです。
    香料はありませんがオリーブオイル特有の原料臭を少し感じる場合があります。
    唇のエイジングケアを本格的にはじめたい方や、スティックタイプのリップケアアイテムでサっとお手入れしたい方にぴったりです!

    2位 フローフシ LIP38℃ 21 リップトリートメント


    フローフシ LIP38℃ 21 リップトリートメント +1℃
    保湿力
    ボリュームアップ効果
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:6.5mL
    主な保湿成分:乳酸菌、シアバタースクワラン、コラーゲン、ヒアルロン酸など
    UVカット機能:SPF20/PA++
    香り:なし
    テクスチャー:サラサラ軽い
    その他:カラー展開5色あり(+5℃・コーラルオレンジ、+3℃コーラルピンク、+1℃ベビーピンク、±0℃クリスタル、-2℃アイスグリーン)

    マスカラやアイラインなどポイントメイクに定評がある化粧品ブランド、フローフシのリップトリートメントは、保湿成分として乳酸菌の一種であるラ・フローラ(R)を配合しているのが特徴です。
    このリップトリートメントが人気なのは、菌の働きで人が本来持つ皮膚の潤い機能をサポートする効果が期待できるため。
    肌の常在菌に働きかける乳酸菌が、飲食をしたあとも潤いが続きやすい環境に整えてくれますよ。
    ほんのりツヤが出るグロスのような使用感ですがベタつきがなく、サラサラ軽いためこってりしたリップ美容液が苦手な方にぴったり。
    無香料のため、香り成分を避けてリップケアしたい方におすすめです。

    SPF20/PA++のUVカット機能があり、日中降り注ぐ紫外線から唇を守ってくれるのも高評価ポイント。
    普段のメイクにグロス代わりとして使うのはもちろん、自宅での保湿ケアにもおすすめです。
    カラーは5色展開で、ベビーピンクとクリスタルは透明に近いカラーで保湿ケア用にぴったり。
    コーラルオレンジとコーラルピンクは唇の血色を見せたいときに向いていて、アイスグリーンは唇の赤みをトーンダウンさせたいときに適しています。
    ベタつかないリップ美容液を探している方や、乾燥が進んで縦ジワが目立ちはじめた方におすすめです。

    【こちらもCHECK】フローフシ LIP38℃ 21 リップトリートメントのレビュー動画はこちら

    1位 ディオール アディクト リップ マキシマイザー

    保湿力
    ボリュームアップ効果
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:6mL
    主な保湿成分:ヒアルロン酸、コラーゲンなど
    UVカット機能:なし
    香り:あり(バニラ系の香り)
    テクスチャー:こってり重め
    その他:カラー展開7色あり(ピンク、コーラル、ベリー、ラズベリー、ホロパープル、ホロピンク・限定色ローズウッド)

    「リップ美容液といえばこれ!」というほど人気が定着していのが、デパコスブランドとして有名なディオールのマキシマイザー。
    ヒアルロン酸やコラーゲンなど唇表面の潤いを保ってぷるんと見せる成分を配合しているほか、血流を刺激するトウガラシ由来エキスが入っているのが大きな特徴です。
    マキシマイザーは唇にのせるとピリピリし、スパイスによる刺激でボリュームをアップさせる「プランプ効果」が期待できるリップ美容液。
    唇の縦ジワやボリューム不足をケアしてふっくら見せてくれる使用感は、発売以来多くのリピーターを生み出しています。
    ややこってりした重めのテクスチャーで少しベタついてしまいますが、唇へのフィット力があり持ちがいいのが魅力のひとつです。

    マキシマイザーはほぼ透明のカラーである「ピンク」が定番品でしたが、2019年1月に新色が加わり全7色(うち限定色1つ含む)にラインナップが一新!
    新色はリップメイクしながら乾燥や縦ジワをしっかりケアしたい方にぴったり。
    ぷるんとボリューミーな唇を目指すなら、1度は試しておきたいリップ美容液です。

    【こちらもCHECK】ディオール アディクト リップ マキシマイザーのレビュー動画はこちら

    【ごわつき対策】リップスクラブおすすめ人気ランキングTOP3

    「しっかり保湿しているのに唇がごわごわ・ザラザラする……」と感じたら、リップスクラブでのケアを取り入れてみてください。
    注目度がアップしている人気のリップスクラブを3つ厳選し、筆者が「角質除去効果」「使いやすさ」「コストパフォーマンス」の基準で評価しました!

    3位 ディオール アディクト スクラブ&バーム

    角質除去効果
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:3.5g
    香り:あり(バニラのような甘い香り)

    「お出かけ先でも手軽に使えるリップスクラブが欲しい!」という方にぴったりなのが、有名デパコスブランドのディオールから発売されているこちらの製品。
    リップクリームのように筒型の容器に入っており、数mm繰り出して唇をやさしくマッサージするように使います。
    なじませていくうちに細かい砂糖の粒が溶けるため、洗い流しをしなくてもいいことが大きな特徴。
    指に取る必要もなく、手を汚さずに気軽にスクラブケアができると評判です!

    容量が少なくデパコスブランドらしい高級な値段設定でコストパフォーマンス面はやや劣るものの、持ち運びしやすく洗い流さずに手早くケアできるのが高評価ポイント。
    「手間をかけたくないけれど、唇のごわつきを取ってなめらかにしたい」という方におすすめのリップスクラブです。

    【こちらもCHECK】ディオール アディクト スクラブ&バームの口コミ動画はこちら

    2位 サラハップ リップスクラブ ブラウンシュガー

    角質除去効果
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:14g
    香り:計3種類から選べる(バニラビーン、ピンクグレープフルーツ、ブラウンシュガー)

    アメリカ発の自然派化粧品ブランドであるサラハップのリップスクラブは、ホホバオイルやコメヌカエキスなど唇をなめらかに保つ植物由来成分を配合しています。
    リップスクラブのなかでも値段は高めですが、1回の使用量が少ないためコストパフォーマンスに優れているのが人気のポイント。
    唇がつるつるになって自然にトーンアップする使い心地は、多くの美容マニアのハートをつかんでいます。

    種類はバニラビーン・ピンクグレープフルーツ・ブラウンシュガー3つから選べ、どれもわざとらしさがないナチュラルな香りと好評。
    植物由来の成分をメインに作られた化粧品が好みの方や、高級ブランドのリップスクラブを使ってみたいという方におすすめです!

    1位 ラッシュ リップスクラブ バブルガムフレーバー

    角質除去効果
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:20g
    香り:計4種類から選べる(バブルガムフレーバー、チョック、ミツバチ、ミントフレーバー)

    リップスクラブを試してみたいと考えているなら、イギリス発の自然派ブランドであるラッシュがおすすめ!
    20gで1,000円強(店頭価格)というプチプライスで、リップスクラブのなかでは特にコストパフォーマンスに優れていることで人気があります。
    好みや気分にあわせてキャンディの香りのバブルガムフレーバー、チョコレート系のチョック、ハチミツの香りがするミツバチ、スーッと爽快なミントフレーバーの4種から選べるのも魅力のひとつです。

    ラッシュのリップスクラブは植物オイルなどの保湿成分を配合しており、角質ケアをしながら唇に潤いを与えられるのも人気のポイント。
    細かい砂糖の粒が不要な角質を落とし、つるつるの唇に導いてくれます。
    ベッタリ感がないサラサラしたスクラブのため、一度にたっぷり唇にのせるとポロポロ落ちてしまうことも。
    分量を間違うとマッサージしにくくなってしまうため、少しずつ唇にのせていくといいでしょう。
    コストパフォーマンスに優れたリップスクラブが欲しい方や、甘い香りを楽しみながらケアしたい方におすすめです!

    【こちらもCHECK】ラッシュ リップスクラブのレビュー動画はこちら

    【番外編】口唇炎・口角炎用のリップケアアイテム2選

    唇の乾燥が進んでひび割れ皮むけをして炎症を起こしたときは、医薬品リップの出番です。
    「保湿するだけではケアが追いつかない……」というときに向いている医薬品リップ2つを、配合成分や使い心地を比較して紹介します!

    ① モアリップN


    【第3類医薬品】モアリップN 8g
    内容量:8g
    有効成分:アラントイン、グリチルレチン酸、ビタミンE、ビタミンB6、パンテノール
    テクスチャー:やわらかめ

    全国のドラッグストアで広く取り扱われているモアリップNは、値段がお手ごろで医薬品リップ初心者でも購入しやすい医薬品リップ。
    炎症を抑えるアラントインとグリチルレチン酸や、皮膚の修復を助けるビタミンEが荒れがちな唇をケアしてくれます。
    やわらかく伸びがいいテクスチャーでベタつきを感じにくく、グロスのようなベッタリ感がないことも多くの人に愛されている理由。
    軽い炎症やひび割れをケアしたい方に適しています。

    ② デンタルピルクリーム

    内容量:5g
    有効成分:プレドニゾロン、セチルピリジニウム塩化物水和物
    テクスチャー:やわらかめ

    デンタルピルクリームはひび割れた部分が腫れている、唇の端が切れて荒れている……というトラブルに適した医薬品リップです。
    抗炎症成分であるプレドニゾロンが皮膚の炎症をしずめ、殺菌成分であるセチルピリジニウム塩化物水和物が細菌感染や化膿から唇を守ります。
    やわらかいテクスチャーで保湿力もあり、乾燥をケアしながらトラブルを落ち着かせることができますよ。

    リップケアアイテムの使用上の注意点

    皮膚組織が薄く乾燥しやすい唇は、正しくケアしてこそ健康的な状態をキープできます。
    唇のトラブルを避けて楽しくリップケアをするためにも、次の3つの注意点を守って使用しましょう。

    ① 唇に異常が現れたら使用を中止する

    マットリップ 女性 唇

    リップケアアイテムを使っているうちに乾燥がひどくなったり、ひび割れや炎症を起こしたりした場合は使用を中止して様子を見ましょう。
    製品に含まれている成分にアレルギー反応を起こしている可能性があります。
    「せっかく買ったし使い切らないともったいない」と無理にケアを続けると、症状が深刻化することもあるため注意しましょう。

    ② 炎症やひび割れがひどい場合は医師に相談する

    女性 医師

    しっかり保湿しても唇の炎症やひび割れがよくならず、腫れや痛みが続くときは皮膚科を受診しましょう。
    細菌感染や皮膚疾患が原因で唇にトラブルが起きているときは、セルフケアで対処しきれないことがあります。
    炎症が長引くと跡が残ることもあるため、症状がツライときは医師に相談して適切な処置を受けてください。

    ③ 使用頻度を守る

    唇 リップ 女性

    乾燥や縦ジワのない唇を目指すためには丁寧なケアが必要ですが、やりすぎは唇に負担を与えて悪影響を及ぼすこともあるため頻度を守って行いましょう。
    リップクリームやリップ美容液などの保湿剤を使う場合は、1日最大5回程度を目安に唇に塗ってください。
    こすれによる刺激に弱い唇は保湿剤を塗る際の摩擦ダメージを受けやすいため、頻繁に使いすぎるとトラブルの原因になってしまいます。

    角質を落としザラつきをケアするリップスクラブは、週1~2回程度の頻度で行ってください。
    毎日スクラブでケアすると唇を守るのに必要な皮膚まで落としてしまい、乾燥や炎症のリスクが高まります。
    ザラつきが特に気になるときに行う程度にとどめ、スクラブでケアしたあとは保湿をして唇の柔軟さを保ちましょう。

    乾燥の集中ケア「リップパック」のやり方・注意点

    唇の乾燥を集中的にケアする美容方法のひとつに、リップパックがあります。
    自宅にあるもので手軽にできると雑誌やSNSで人気が広まっていますが、やり方を一歩間違うとトラブルのもとになることも。
    唇のコンディションをキープするためにリップパックを取り入れたい方のために、正しいやり方や注意点を解説します。

    用意するもの

    リップクリーム

    リップパックは数分間唇を保湿剤で覆って潤いを与える美容方法で、以下の2つがあれば簡単に実践できます。

    1. 唇の大きさにカットしたラップ
    2. リップクリーム、またはリップ美容液

    ラップをカットするのが面倒な方や、ラップ同士が張りついて扱いづらい場合は下のようなリップパック専用のアイテムを使うのがおすすめです。


    アストレアヴィルゴ リップラップシート

    この製品は口元を覆うサイズにカットされたシートをあぶらとり紙のように1枚ずつ引き出せるようになっていて、ラップを用意する手間が省けるアイテム。
    手軽にリップパックを続けたい方にぴったりです!

    基本的な手順

    リップ 女性

    リップパックをするときは、以下の手順で行ってください。

    1. 洗顔や入浴をして唇のメイク・汚れをしっかり落とす
    2. 唇にリップクリームを厚めに塗り、口元にラップをかける
    3. 数分(3〜5分程度が目安)放置しラップをはずす
    4. 唇に残った余分なリップクリームを拭き取る

    この4ステップを行うと唇に保湿成分がなじみ、乾燥をケアできます。
    コツは唇を清潔にしてからパックすることと放置時間を守ること。
    唇に食べ物やメイクの油分が付着しているとパックの効果を実感しにくいため、洗浄してから行うのがベストです。
    リップパックは時間を置きすぎると唇の皮膚がふやけてかえって乾燥しやすくなるため、3~5分程度の時間で完了させてください。

    ハチミツでパックしない!必ず化粧品を使用すること

    はちみつ

    リップケアアイテムには保湿剤としてハチミツなどの天然成分が使用されています。
    これらは食品としても身近な原料のため、「スーパーで売っているハチミツでもパックできるのでは……?」と考えがちです。
    しかし、食品として売られているものはアレルギー物質がカットされていないため肌に直接塗ってケアするのには向いていません。

    荒れた皮膚組織にハチミツなどの食品を塗り続けているとアレルギー反応を起こす体質になってしまう可能性があるため、リップパックは必ず化粧品を使用してください。
    化粧品の原料として配合されているハチミツはアレルギー物質がカットされており、食品として売られているものとは違いがあります。

    ハチミツに限らず食品を直接塗るとアレルギー反応を誘発してしまうことがあるため、唇のケアには使わないように注意してください。

    Amazon&楽天のリップケアアイテム人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    リップケアアイテムを使いこなしてぷるぷるの唇を目指そう!

    リップ 女性

    顔のなかでも唇は特に乾燥しやすいパーツで、ケアを怠ると縦ジワや皮めくれが目立ってしまいます。
    「日常的なケアの必要性はわかっていても、どんなリップケアアイテムを使っていいか悩んでしまう!」というときは、悩みにあったものを見極めて選んでみましょう。
    乾燥ダメージを集中ケアしたい、縦ジワを目立ちにくくしたい……など、抱えている悩みごとに適しているリップケアアイテムは異なります。
    製品ごとの特徴や違いを理解して唇の状態にあったものを選び、毎日のリップケアに活用してみてください!

    【あわせて読みたい】リップに関連するおすすめ記事はこちら

    リップティントおすすめ人気ランキングTOP15!使い方の解説も【2018年最新版】

    2018.11.09

    リップクリームおすすめ人気ランキングTOP12!話題のキュレルについても【2018年最新版】

    2018.09.27

    リップ・口紅ブランドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.30

    リップエッセンスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.03

    リップオイルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.14

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。