セラミド配合乳液おすすめ人気ランキングTOP8【2019年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • 好みのテクスチャー(液の硬さ)で選ぼう
      →水っぽくサラサラしたものからクリームに近いようなこってりしたものまでテクスチャーや使用感が異なるので、購入前にテスターや口コミで使い心地をしっかり確認しておこう。
    • 使い続けられる価格かどうか
      →効果をしっかり感じたいなら最低でもワンシーズン(3~4ヶ月)使い続けて肌の調子を見るのがベスト。1ヶ月あたりどのくらい予算が必要で、1本でどのくらい持つのか等現実的な価格かどうかを考えよう。
    クリーム

    毎日丁寧にスキンケアしているのに乾燥が気になる……と悩みを抱えている方におすすめなのが、保湿力に優れた「セラミド」を配合した乳液。
    保湿成分にはさまざまな種類がありますが、セラミドは乾燥が進んだ肌をケアするのに適しています。

    今年こそ乾燥による不調を本気でケアしたいと考えている方のために、セラミド配合乳液の特徴や肌状態にあわせた選び方を紹介。
    人気の乳液の使い心地や成分の違いを比べて、お気に入りの1本を見つけてください!



    セラミド配合乳液の基礎知識

    化粧品 乳液 手

    セラミドは保湿成分のなかでも水分を保持する効果に優れていて、最近美容雑誌などでよく特集されています。
    セラミド乳液の役割とは何なのか、どのような特徴があるのかなど、基礎知識をチェックしておきましょう!

    【あわせて読みたい】セラミド化粧品が気になる方におすすめな記事はこちら

    セラミド原液おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.02.01

    セラミド化粧水おすすめランキングTOP15!人気のプチプラやアトピーへの効果についても【2018年最新版】

    2018.01.21

    市販のセラミドクリームおすすめ人気ランキングTOP10!プチプラや無添加タイプまで【最新版】

    2018.01.05

    乳液はどんな役割があるの?

    洗顔後の肌に塗る基礎化粧品は数多くの種類が存在しますが、乳液はスキンケアの最後に使うもの。
    水分に加えて油分を与えることによって乾燥をブロックし、水分蒸発から肌を守る役割があります。

    乳液はフェイスクリームとほぼ同じ働きをしますが、クリームタイプの保湿剤よりもみずみずしくサラっとしているのが特徴。
    クリームでスキンケアの仕上げをするとベタベタしてしまう、テカって化粧が崩れてしまう……という方は、乳液でのケアが向いています。

    【こちらもCHECK】乳液に関連するおすすめ記事はこちら

    プチプラ乳液おすすめ人気ランキングTOP19【2019年最新版】

    2019.02.02

    保湿乳液おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.13

    セラミドってどんな成分?

    美容成分の一種として知られるセラミドは、ヒトの皮膚細胞内に存在しています。
    セラミドは「細胞間脂質」と呼ばれる物質で、細胞と細胞のすき間を埋めるように並んでいるのが特徴。
    ヒトの皮膚にあるセラミドには水分や油分をキープする役割があり、健康な肌環境を作るために欠かせない成分です。

    皮膚に存在するセラミドは年齢を重ねて減少していき、個人差はありますが30歳ころからセラミドの減少による乾燥を感じることがあります。
    このような乾燥トラブルに適しているといわれているのが、セラミドを配合した保湿剤。
    不足したセラミドを外側から化粧品で補うことで水分量や油分量を保ち、乾燥対策できると期待されています。

    【こちらもCHECK】セラミドに関連するおすすめ記事はこちら

    セラミドとは?効果や種類についても

    2018.09.28

    セラミドの種類と特徴

    保湿成分として注目されているセラミドにはいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なります。
    肌の乾燥対策としてセラミド配合乳液を選ぶ前に、種類ごとの違いを把握しておきましょう。

    動物由来のセラミド

    動物由来のセラミドは馬を主に原料としている成分が主流で、化粧品成分表には「ウマスフィンゴ脂質」と表記されています。
    ヒトのセラミドに近く保湿効果を実感しやすいのがメリットですが、原料が高価でこの成分を配合している化粧品は値段が高いのがデメリット。

    植物由来のセラミド

    コメ・ユズ・こんにゃくなどの植物から精製されるセラミドは、原料が安価で化粧品の製造コストを下げられるのがメリット。
    化粧品の成分表には「コメスフィンゴ糖脂質」「ユズセラミド」などと表記されています。
    ほかのセラミドと比べると保湿力に対する満足度はやや劣るものの、動物性の原料を避けて化粧品を選びたい方にはおすすめできる成分です。

    ヒト型セラミド(おすすめ成分)

    酵母から作られるヒト型セラミドは皮膚内に存在するセラミドに近く、保湿力・浸透力に優れているのが特徴です。
    ほかのセラミドに比べて保湿力をより実感しやすく、乾燥に悩んでいるならヒト型セラミドを選ぶといいでしょう。

    化粧品成分には、「セラミドAP」や「セラミド1」など、「セラミド+アルファベット(または数字)」と表記されているため、これを目印に選んでください。
    以前は数字で表記されるのが一般的でしたが、最近は国際ルールにのっとってアルファベット表記に変更している企業が増えています。
    化粧品に配合される主なセラミドは以下の5つです。

    新名称旧名称
    セラミドEOPセラミド1
    セラミドNS(またはNG)セラミド2
    セラミドNPセラミド3
    セラミドAG(またはAS)セラミド5
    セラミドAPセラミド6II

    合成セラミド

    合成セラミドは「ラウロイルグルタミン酸ジ」「ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド」などと表記される成分で、セラミドに似た働きをする合成成分のことです。
    浸透性がほかのセラミドよりも低く肌表面にとどまるのが特徴のひとつ。

    角質層に浸透しにくく刺激を与えにくいため、バリア機能が弱った敏感な肌でもヒリヒリ・チクチクを感じにくいのもメリットです。

    セラミド配合乳液を初めて買うならここを必ず押さえよう

    肌を乾燥から守るセラミド配合乳液は、人気の拡大で発売するブランドが増えています。
    数多くある化粧品のなかからひとつを選ぶのが大変……と悩んでしまう方のために、初めて買うなら押さえておきたいポイントを2つ紹介!
    満足できる乳液選びのコツをチェックしていきましょう。

    ① 好みのテクスチャー(液の硬さ)で選ぼう

    ボディミルク アイキャッチ

    セラミド乳液を選ぶならまず確認しておきたいのがテクスチャー(液の硬さ)です。
    乳液は水っぽくサラサラしたものからクリームに近いようなこってりしたものまであり、製品ごとに使用感が大きく異なります。

    好みにあわないテクスチャーの乳液は不快感を与えてしまい、スキンケアの満足度を下げてしまうため、テスターや口コミで使い心地をしっかり確認しておきましょう。

    ② 使い続けられる価格かどうか

    財布 カード

    基礎化粧品は長くコツコツ使い続けてこそ、本来の美容効果を感じられるものです。
    乾燥した肌の調子を立てなおすのには時間が必要なため、セラミド配合乳液を選ぶ際は継続して購入できるかよく考えておきましょう。
    基礎化粧品の効果をしっかり感じたいなら、最低でもワンシーズン(3~4ヶ月)使い続けて肌の調子を見るのがベスト。

    高級な乳液を背伸びして買っても続かなければ効果が期待できません。
    気になっている乳液は1ヶ月あたりどのくらい予算が必要なのか、1本でどのくらい持つのか……など、現実的な価格かどうかをしっかり考えてから購入しましょう。

    セラミド配合乳液の上級者目線での選び方

    保湿力に定評があるセラミド配合乳液は、成分を細かく分析することでよりスキンケアの満足度を上げることができます。
    ずっと使い続けたくなるような1本を探し当てるために、上級者目線での選び方も取り入れてみましょう!

    ① 保湿力で選ぶなら「ヒト型セラミド」がおすすめ

    EGF配合化粧品

    前述の通りセラミドには複数の種類がありますが、保湿力を優先して選びたいならヒト型セラミドを配合した乳液がおすすめ。
    ヒト型セラミドはほかの種類と比べて皮膚へのなじみがよく、保湿効果をより実感しやすいといわれています。
    日ごろから乾燥が気になるなら、成分表をチェックしてヒト型セラミドが含まれているものを選ぶといいでしょう。

    ② 敏感肌なら刺激を感じにくいものが◎

    女性 敏感肌

    ヒトの肌表面には外部からの刺激や異物の侵入を防ぐバリア機能が備わっていますが、乾燥が進むとこのバリアが壊れてしまいます。
    もともとバリア機能が弱く肌が敏感な方や、乾燥のせいで以前より敏感になったと感じている方は、刺激を与えにくいセラミド配合乳液を選びましょう。
    刺激リスクがあると考えられるアルコールや香料を配合していないものを選ぶ、角質へ刺激を与えにくい合成セラミドを配合している乳液を選ぶなど工夫してみてください。

    【こちらもCHECK】敏感肌用化粧品に関連するおすすめ記事はこちら

    敏感肌向けスキンケアおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.30

    敏感肌向け化粧水おすすめ人気ランキングTOP15!プチプラと美白についても【2018年最新版】

    2018.01.24

    敏感肌用化粧品おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.20

    セラミド配合乳液の最安値と価格帯の特徴一覧

    セラミド配合乳液はブランドによって価格に大きな差があり、「どのくらいお金をかければいいかな?」と迷ってしまいますよね。
    目的や好みにあう乳液がどのくらいの予算で購入できるか知りたい……という方のために、価格帯ごとの大まかな特徴を紹介します。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約500円~800円~5,000円約5,000円~
    特徴安価で続けやすいセラミド配合乳液は、インターネットで手軽に入手できます。
    高級ブランドのようなパッケージのおしゃれ感はありませんが、シンプルな化粧品でも構わないという方におすすめです。
    最近ではドラッグストアでもお手ごろなセラミド配合乳液が入手できます。
    成分にこだわり(防腐剤などの添加物を含まないなど)があるブランドは、価格がやや高めです。
    高級感を売りにしているブランドが販売しているセラミド配合乳液は高価で、なかには1本1万円を超えるものまであります。

    セラミド配合乳液おすすめ人気ランキングTOP5

    「洗顔後きちんと保湿しても潤っている感じがしない」「乾燥が進んで敏感になりがち」……そんな悩みを抱えている方に、おすすめのセラミド配合乳液を5つ厳選して紹介します。
    成分表や口コミをもとに、一押しの乳液を筆者が「保湿力」「浸透のよさ」「肌へのやさしさ」の3つの基準で評価しました!
    使い心地や配合セラミドの種類を比較して、お気に入りの1本を見つけてください。

    5位 エトヴォス モイスチャライジング セラム

    保湿力
    浸透のよさ
    肌へのやさしさ
    総合おすすめ度

    内容量:50mL
    配合セラミドの種類:セラミドEOP、セラミドNS、セラミドAG、セラミドNP、セラミドAP
    その他の成分:アミノ酸、シアバタースクワランホホバオイルなど
    アルコール:なし
    香料:合成香料不使用(天然精油の香料を配合)

    防腐剤やシリコンを配合していないスキンケア製品を取り揃えているエトヴォスのモイスチャライジングセラムは、美容液兼乳液の働きをする保湿剤です。
    サラっとしたジェル状のテクスチャーでなじみがよく、ベタつきを残さず潤いをチャージ。
    軽いつけ心地ながら乾燥を集中ケアできるジェル乳液で、皮脂テカリとカサつきを同時に抱えるインナードライ肌(乾燥性脂性肌)のお手入れに適しています。
    保湿力は優秀ですが使用感が軽いため、しっとりした仕上がりが好みの方はモイスチャライジングセラムの使用後に薄くクリームを重ねるといいでしょう。

    ヒト型セラミドを5種類配合しているほか、水分キープを助けるアミノ酸や肌を保護する膜を作るスクワランやホホバオイルを含んでいます。
    合成香料は入っていませんが、精油を配合していてナチュラルなラベンダーの香りがするのが特徴。
    エトヴォスのスキンケアシリーズは敏感肌のファンも多いですが、過去に精油の成分でかぶれた経験がある方は、サンプルセットから試してみるといいですよ。
    複数のヒト型セラミドを配合したものを使ってみたい方や、ベタつきと乾燥を同時に抱える肌質の方にぴったりです。

    4位 キュレル 乳液

    キュレル 乳液 120mL

    キュレル 乳液 120mL

    1,456円(07/24 07:39時点)
    Amazonの情報を掲載しています
    保湿力
    浸透のよさ
    肌へのやさしさ
    総合おすすめ度

    内容量:120mL
    配合セラミドの種類:合成セラミド
    その他の成分:アラントイン、ユーカリエキス、スクワランなど
    アルコール:なし
    香料:なし

    肌のバリア機能が弱って敏感になりがちな方におすすめなのが、花王のスキンケアブランドであるキュレルの乳液です。
    この乳液は、肌表面にとどまって潤いをキープする合成セラミドを配合しているのが特徴。
    ベタインやグリセリンなど比較的刺激を与えにくいベース剤を使用している乳液で、敏感肌のことを考えた成分構成が魅力的です。
    合成セラミドのほかにユーカリエキスやスクワランなどバリア機能の働きを助ける成分を組み合わせており、乾燥や外部刺激から肌を守る効果が期待できます。
    浸透はややゆっくりですがサラっと軽いつけ心地でベタベタせず、メイク前でも手早くスキンケアできると好評です。

    この乳液は抗炎症成分であるアラントインを配合しているのも特徴のひとつ。
    炎症を伴うニキビや肌荒れを落ち着かせながら乾燥ケアができますよ。
    キュレルは全国のドラッグストアで広く取り扱いがあり、手が届きやすい価格であることから人気があります。
    ミニサイズのセットも販売されているため、初めての方でも気軽にお試しできるのもポイント。
    肌のバリア機能低下が気になる方や、ドラッグストアで手に入るセラミド配合乳液を探している方にぴったりです!

    【こちらもCHECK】キュレルのケア方法動画はこちら

    3位 うる肌うるり

    保湿力
    浸透のよさ
    肌へのやさしさ
    総合おすすめ度

    内容量:120mL
    配合セラミドの種類:セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP
    その他の成分:フィトスフィンゴシン、アミノ酸、ヒアルロン酸など
    アルコール:なし
    香料:なし

    うる肌うるりはオールインワン化粧品で、洗顔後これ1本だけでスキンケアできる手軽さが多くの人に支持されている商品。
    ジェルと乳液の中間のようなテクスチャーで肌へのなじみがよく、こってりした基礎化粧品が苦手な方にぴったりです。
    ヒト型セラミドを3種類配合しているほか、バリア機能をサポートする植物由来成分であるフィトスフィンゴシンを含んでいます。

    アルコールや香料を含んでいないことに加え、ヒリヒリ・チクチク感のありなしをチェックするスティンギングテストを実施しているのも特徴のひとつ。
    なるべく刺激を避けてスキンケアをしたい方に適しています。
    オールインワン化粧品のため、スキンケアにかける手間とコストを全体的にカットできるのも魅力的。
    節約をしながらヒト型セラミド乳液で手軽にケアしたい方に最適です!

    【こちらもCHECK】うる肌うるりのレビュー動画はこちら

    2位 KISO ヒトミドミルク V

    保湿力
    浸透のよさ
    肌へのやさしさ
    総合おすすめ度

    内容量:40g
    配合セラミドの種類:セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP
    その他の成分:フィトスフィンゴシン、アミノ酸、プロテオグリカンなど
    アルコール:なし
    香料:なし

    シンプルなパッケージと品質のよさでファンを増やしているKISOの乳液は、分子を細かく分解し角質への浸透性をアップさせた「ナノヒト型セラミド」を配合しているのが特徴。
    肌なじみがよくサラサラした仕上がりで、皮脂でテカリやすいのに乾燥もするインナードライ肌でもベタつきを感じにくいことが人気を集めています。

    肌のキメを整えるアミノ酸を14種類配合しているほか、保水性に優れたプロテオグリカンという成分を含み水分キープ力に特化しているのも魅力的。
    保湿力は求めたいけれどこってりしたテクスチャーの乳液が苦手という方や、水分量の低下に悩んでいる方にぴったりです。

    1位 ノブIII ミルキィローション

    保湿力
    浸透のよさ
    肌へのやさしさ
    総合おすすめ度

    内容量:80mL
    配合セラミドの種類:セラミドNP
    その他の成分:グリチルレチン酸ステアリル、ヒアルロン酸、ベタイン、スクワランなど
    アルコール:なし
    香料:なし

    常盤薬品が展開するスキンケアブランド、ノブは刺激を避けて保湿ケアしたい方におすすめです。
    香料やアルコールをカットして刺激リスクを下げ、敏感肌でも比較的ヒリヒリしにくいベース剤(ベタインなど)で作られているのが特徴のひとつ。
    製品中のヒト型セラミドは1種類と少ないものの、ヒアルロン酸やスクワランなど潤いをキープする成分をバランスよく配合しているのが高評価ポイント。
    刺激に弱い肌をやさしく潤す乳液を探している方にぴったりです。

    伸びがいいテクスチャーで浸透性に優れており、メイク前に使ってもベタつきが残りにくいのもポイント。
    「こってりした乳液は苦手だけど、保湿力も譲れない!」と考えている方に適しています。

    【こちらもCHECK】ノブIII ミルキィローションの商品紹介動画はこちら

    【1,000円以下】プチプラセラミド配合乳液おすすめ人気ランキングTOP3

    「セラミド配合乳液で乾燥を集中ケアしたいけれど、値段が高くて続けられない……」とコスト面で悩んでいる方のために、1,000円以下でも購入できるプチプラ乳液を紹介します!
    安くて保湿に優れているセラミド配合乳液を、成分や口コミをもとに筆者が「保湿力」「浸透のよさ」「コストパフォーマンス」の3つのポイントで評価しました。

    3位 菊正宗 日本酒の乳液

    保湿力
    浸透のよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:380mL
    配合セラミドの種類:セラミドEOP、セラミドNS、セラミドAP
    その他の成分:コメ発酵液、アミノ酸、フィトスフィンゴシンなど
    アルコール:なし
    香料:あり

    コストパフォーマンスを優先して選びたい方にぴったりなのが、日本酒製造メーカーとしても有名な菊正宗の乳液。
    日本酒由来の保湿成分(アミノ酸)に着目して開発されたスキンケアシリーズで、380mLの大容量で1,000円以下というリーズナブルな価格設定が人気を呼んでいます。

    ほんのり日本酒の香りがする乳液で、比較的さっぱりした使い心地が特徴。
    塗りたては肌表面に少しベタつきが残るものの、数分経過してゆっくり浸透するとサラサラした肌ざわりに変化します。
    軽いつけ心地のため、しっとり重めの乳液が好みの方だと物足りなさを感じることも。
    しっとりしすぎる乳液だとベタつきが気になる方や、大容量でコストパフォーマンスがいい乳液を求めている方に最適です。

    【こちらもCHECK】菊正宗 日本酒の乳液のレビュー動画はこちら

    2位 明色化粧品 セラコラ 保湿乳液

    保湿力
    浸透のよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:145mL
    配合セラミドの種類:セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP
    その他の成分:加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、フィトスフィンゴシンなど
    アルコール:なし
    香料:なし

    しっとりモチモチの仕上がりが好みの方にぴったりなのが、プチプラコスメを数多く扱う明色化粧品のセラコラ保湿乳液です。
    安価ながらヒト型セラミドを3種類配合しており、乾燥した肌をしっかり潤します。
    コラーゲンやヒアルロン酸などセラミド以外の保湿成分も充実しており、ワンコインながら水分キープ力に優れていることがポイントです。

    こってりした使い心地でやや浸透は遅く、乾燥が進んでごわついた肌だと表面にベタつきを感じることもあります。
    ベタつきを残さずに使いたいなら、乳液の前に導入美容液を塗るなどして肌を整えておくといいでしょう。
    さっぱりした乳液では物足りないと感じる方や、アルコールや香料を配合していないプチプラ乳液を探している方に最適です。

    1位 なめらか本舗 リンクル乳液

    保湿力
    浸透のよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:150mL
    配合セラミドの種類:セラミドNS
    その他の成分:豆乳発酵液、ダイズイソフラボン、ダイズステロール、スクワランなど
    アルコール:あり
    香料:なし

    乾燥すると目元や口元に小じわが目立つことで悩んでいるなら、全国のドラッグストアで広く取り扱っているなめらか本舗のリンクル乳液。
    小じわを目立たなくする効能効果試験済みで、手ごろな値段で年齢サインをケアしたい方に向いています。
    配合セラミドは1種と少なめですが、スクワランやダイズステロールなどのセラミド以外の保湿成分が肌の水分をキープ。
    1,000円以下で乾燥小じわケアができることに加え保湿力もあり、セラミド配合乳液初心者にぴったりです。

    しっとり感が残る使い心地ですが肌表面がベタベタしにくく、浸透性に優れているのも人気のポイント。
    手早くスキンケアしたいメイク前の保湿に適しています。

    【こちらもCHECK】なめらか本舗 リンクル乳液のレビュー動画はこちら

    セラミド配合乳液の使用上の注意点

    乾燥した肌をしっとり潤すセラミド配合乳液は、正しく使用してこそ本来の効果を感じられます。
    肌への負担を減らして楽しくケアするためにも、次に解説する3つのポイントを守って使いましょう!

    ① 肌に異常が現れたら使用を中止する

    肌 トラブル くすみ にきび

    セラミド配合乳液を使いはじめたらニキビや赤みが出たり、ヒリヒリ刺激を感じたりしたら使用を中止しましょう。
    化粧品に配合されている成分が肌質にあわず、アレルギー反応を起こしている可能性があります。
    乾燥が進んで肌のバリア機能が低下しているときや、敏感肌の方は化粧品によるトラブルが起きやすいため、新しい乳液を使いはじめる際は以下の手順でパッチテストをしてから顔に使うといいでしょう。

    1. 入浴後に二の腕の内側に乳液を塗る(100円玉程度の大きさ)
    2. 乳液を塗って3日間肌の様子を観察し、トラブルがなければ顔に使う

    化粧品によるかぶれを起こしたことがある方は、このやり方でテストしてから顔に使ってください。
    テスト中の数日間は入浴しても問題ありませんが、強くこするように洗浄するのは避けましょう。

    ② やさしく肌になじませる

    保湿

    肌は摩擦刺激によるダメージを受けやすく、基礎化粧品をこすりつけるようになじませると肌荒れやヒリつきなどのトラブルにつながることがあります。
    セラミド配合乳液を肌に塗るときは摩擦を与えないよう、なでるようなタッチで伸ばしていきましょう。
    コットンは繊維による摩擦が起きやすいため、使用するなら細心の注意が必要です。
    コットンで乳液を肌になじませて赤みやヒリつきが出てしまったら、手でつけるようにしましょう。

    ③ 1回あたりの使用量を守る

    乳液 イメージ

    セラミド乳液を塗る前に確認しておきたいのが、1回当たりの使用目安量です。
    基礎化粧品はメーカーが推奨している量より少ないと保湿が不十分になったり、摩擦によるダメージを受けやすくなったりします。
    逆に量が多すぎると肌のベタつきや油分の与えすぎによるバリア機能の乱れを招くため、適量を守って使いましょう。

    セラミド配合乳液で乾燥を寄せつけない素肌になろう

    美肌 女性

    肌に潤いを与える保湿成分は数多くありますが、そのなかでもセラミドは水分と油分のキープ力に優れていることで注目を浴びています。
    セラミド配合乳液は保湿力がありながらベタつきが残りにくい使い心地で、「しっかり保湿したいけれどクリームだとベタベタする」「みずみずしい使い心地の基礎化粧品が好み」という方におすすめです。

    セラミドは種類によって保湿力や使用感が異なるため、肌の状態にあわせて選んでみてください。
    乾燥を寄せつけない美肌を目指すために、セラミド配合乳液をスキンケアに取り入れてみましょう!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】スキンケアに関連するおすすめ記事はこちら

    美白化粧水おすすめ人気ランキングTOP15!効果やシミを防ぐための対策も解説【2018年最新版】

    2018.10.02

    混合肌向けスキンケアグッズおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.08.24

    化粧水のおすすめランキング!正しい塗り方やコットンパック&毛穴ケアについても【2018年最新版】

    2018.07.30

    アルガンオイルとは?使い方や気になる効果についても

    2018.07.26

    【美容家が選ぶ】コスパ最強のプチプラ化粧水おすすめランキング!30代・40代向けから美白も|2018年最新版

    2018.07.16

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。