クレンジングバームおすすめ人気ランキングTOP10!使い方の解説も【2019年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • 普段のメイクに適した洗浄力かどうか
      →洗浄力がどの程度あるのかパッケージだけで判断しにくいときは、口コミや通販サイトのレビューを確認するのがおすすめ。
    • 使用感の好みで選ぶ
      →すっきり感を求めるなら、すすぎが簡単でベタつきが残りにくい使用感のものがおすすめ。さっぱりしたものでは満足できないものは、しっとり感が残るものを選ぶ。
    • 保湿成分をチェック!
      →メイクや皮脂汚れを落としながら乾燥をケアするなら、どのような保湿成分が配合されているかに注目。

    クリーム


    クレンジングバームは、しっとりした洗いごこちが人気を集めている今注目のクレンジング剤です。
    「バームタイプを試してみたいけれどどれから使うべきか悩んでしまう……」という方のために、選び方のコツを紹介!
    人気のクレンジングバームの違いを比較して、お気に入りを見つけてください。
    おすすめクレンジングバームの紹介だけでなく、正しい使い方も解説します!

    目次



    クレンジングバームの基礎知識

    デオドラント クリーム アイキャッチ

    メイク汚れを落とすクレンジング剤は、オイルやクリームなど種類がさまざま。
    そのなかでも今バームタイプがSNSや雑誌で熱い注目を集めているんです!
    クレンジングバームとはどのような特徴があるのか、どのような使い心地なのかを解説します。

    【こちらもCHECK】クレンジングに関連するおすすめ記事はこちら

    毛穴用クレンジングおすすめ人気ランキングTOP13!黒ずみや汚れの解説も【2019年最新版】

    2019.01.27

    クレンジングフォームおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.01

    クレンジングウォーターおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.18

    クレンジングバームとは?

    クレンジングバームとは、バターのような半固形タイプのクレンジング剤のこと。
    常温だとバターのように固まっていますが、肌にのせると体温で溶けてオイル状に変化します。

    クレンジングバームは油分をメインに作られており、ジェルやミルクなど水分の割合が多いクレンジング剤よりも洗浄力があり、メイク落ちに優れているのが特徴です。
    オイルやリキッドに近い洗浄力がありながら、バームに含まれる保湿成分の働きでしっとり仕上がりのも人気を集めているポイント。
    洗い流したあとの肌がつっぱりにくく、メイクがしっかり落ちるクレンジングだと乾燥が気になるという方に向いています。

    クレンジングバームを初めて買うならここを必ず押さえよう

    メイクを落としながら保湿できるクレンジングバームは、人気の高まりから数が増えています。
    どれから試すべきか悩んでしまったら、次に解説する3つのポイントをチェックしてみましょう。

    ① 普段のメイクに適した洗浄力かどうか

    眉 メイク

    クレンジングバームはミルクやクリームよりも洗浄力が高く、濃いめのメイクもすっきり落とせるのが特徴ですが、製品によってメイク落ちに差があります。
    ウォータープルーフのアイメイクまで素早く浮かせられるものから、ナチュラルメイク向けのものまであるため、普段のメイクに適した洗浄力があるかどうかチェックしておきましょう。

    落ちにくいメイクをしている方は、「ウォータープルーフマスカラも落とせる」と記載があるものを選ぶのがベスト。
    洗浄力がどの程度あるのかパッケージだけで判断しにくいときは、口コミや通販サイトのレビューを確認しておくことをおすすめします。

    ② 使用感の好みで選ぶ

    洗顔後の女性

    クレンジングバームは洗い上がりがつっぱりにくいのが特徴ですが、製品によって使用感が違うことを理解しておきましょう。
    水に流れやすくさっぱりした使い心地のものから、クレンジングクリームのように油膜でしっかり覆われている感じが残るしっとりした使い心地のものもあります。

    すっきり感を求めるなら、すすぎが簡単でベタつきが残りにくい使用感のものがおすすめです。
    さっぱりしたものでは満足できないものは、しっとり感が残るクレンジングバームを選びましょう。

    ③ 保湿成分をチェック!

    ボトル

    メイクや皮脂汚れを落としながら乾燥をケアするなら、どのような保湿成分が配合されているかに注目しましょう。
    カサつきが気になっているなら、肌を守る植物オイル成分や水分保持を助けるセラミドを配合しているクレンジングバームがおすすめです。

    クレンジングバームの上級者目線の選び方

    ブランドごとにそれぞれ特徴があるクレンジングバームを選ぶなら、細かい違いまでチェックしておきたいですよね。
    より満足できるクレンジング選びをしたいと考えている方のために、上級者目線の選び方2つを紹介します!

    ① ダブル洗顔が必要かどうか

    洗顔

    クレンジングバーム選びでは、ダブル洗顔(クレンジングのあとに洗顔すること)が必要かどうかチェックしておくことも必要です。
    ダブル洗顔は肌に残ったクレンジング剤やメイクを落とすために行うものですが、乾燥しやすい肌質の方にとって負担となることもあります。
    普段から洗いすぎによる乾燥が気になる方や、スキンケアに時間をかけられない方はダブル洗顔不要タイプを選ぶのがおすすめです。

    しっかり洗顔をしないとメイクや皮脂汚れが落としきれず肌がザラザラしてしまう、毛穴の汚れがたまってしまう……という方はダブル洗顔を推奨しているクレンジングバームを選ぶといいでしょう。

    ② 容器形状にもこだわってみよう

    美容品 コスメ 葉

    バームタイプのクレンジングといえば、中身をスパチュラやスプーンですくうジャータイプが一般的です。
    ジャータイプは使う量を調節しやすいですが、「中身をすくって出すのが面倒」「水が入りやすいから劣化が心配」と感じる一面もあります。

    ジャー容器の化粧品を使うのが苦手という方は、チューブタイプのクレンジングバームがおすすめ。
    チューブタイプなら容器を軽く押すだけで中身を出せて水が入りにくいため、衛生的に使い切りたい方にぴったりです。

    クレンジングバームの最安値と価格帯の特徴一覧

    年々取り扱うブランドが増えているクレンジングバームは、製品によって価格に大きな差があります。
    予算や目的にあうクレンジングバーム探しをするために、価格帯の大まかな特徴を把握しておきましょう。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約700円~1,000円~4,000円約4,000円~
    特徴ドラッグストアで購入できるプチプラ品は、1,000円を下回る値段で手に入ります。保湿・美容成分が多く配合されているなど、細かい肌悩みにあわせて選ぶことができます。
    オイルクレンジングのようなパワフルな洗浄力のものから、ナチュラルメイク向けの比較的マイルドな洗浄力のものまで選択肢が豊富です。
    デパコスブランドが発売しているクレンジングバームは洗浄力に優れた製品が多く、濃いめのメイクをしている方に適しています。

    クレンジングバームおすすめ人気ランキングTOP10

    洗浄力がありながら洗いあがりがつっぱりにくいクレンジングバームは、数が多くてどれから試すべきか迷ってしまいますよね。
    満足できるクレンジングバーム選びをしたい方のために、今人気の製品TOP10を紹介します。

    配合成分や口コミをもとに、筆者が「メイク落ち」「保湿成分」「コストパフォーマンス」の3つの基準でランクづけしました!
    使用感や美肌効果の違いを比較して、今の肌状態にあったクレンジングバーム探しをしてみましょう。

    10位 DUO ザ クレンジングバーム

    メイク落ち
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:90g
    保湿成分:コラーゲンヒアルロン酸など
    洗い上がり:しっとり
    洗浄力:マイルド
    ダブル洗顔:不要

    軽いメイクを落としてしっとり仕上げるクレンジングが欲しい方におすすめなのがこちら。
    クレンジングバーム人気の火付け役として知られるデュオのクレンジングバームは、コラーゲンやヒアルロン酸など肌の潤いを守る成分を豊富に配合しています。

    多少皮膜感が残る使い心地ですが、20~30回しっかりすすぐことでヌルつきが気にならなくなりますよ。
    強すぎないマイルドな洗浄力で、比較的軽いメイクをしている方におすすめ。
    さっぱりしすぎるクレンジングだと、洗いあがりの乾燥が気になる肌質の方に適しています。

    【こちらもCHECK】DUO ザ クレンジングバームのレビュー動画はこちら

    9位 イヴサンローラン トップ シークレット クレンジング バーム

    メイク落ち
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:125mL
    保湿成分:シアバター、オリーブオイルなど
    洗い上がり:さっぱり
    洗浄力:高め
    ダブル洗顔:不要

    高級化粧品ブランドとして知られるイヴサンローランのクレンジングバームは、メイクと肌のザラつきをすっきり落としたい方におすすめ。
    毛穴に入り込んだ汚れを素早く浮かせる洗浄力があり、ハードなメイクをさっぱりオフしたい方に向いています。
    洗浄力は高めですが、シアバターやオリーブオイルなど保湿成分の働きで洗いあがりがつっぱりにくいのがおすすすめポイント。

    高級デパコスブランドらしく価格は高価ですが、潤いを残して洗う使用感とザラつきを落とす美肌効果で多くの人に愛されています。
    皮脂や角栓のせいで化粧ノリが悪いと悩んでいる方や、濃いめのメイクを手早く落とせるクレンジングバームを探している方におすすめです。

    8位 エスティローダーアドバンスナイト マイクロクレンジングバーム

    メイク落ち
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:70mL
    保湿成分:ローマカミツレ花油、アルゲエキスなど
    洗い上がり:さっぱり
    洗浄力:高め
    ダブル洗顔:不要

    人気デパコスブランドとして知られるエスティローダーのマイクロクレンジングバームは、「油膜感が残らないのに肌がカサつきにくい!」と人気がある製品。
    数あるクレンジングバームのなかでも比較的高価ですが、メイク落ちのよさとつっぱり感のなさを両立した使用感でリピーターを増やしています。
    同ブランドの人気製品ダブルウェアシリーズのファンデーションもスピーディーに落とせる洗浄力があり、毛穴に入り込んだメイクや皮脂をすっきりオフする使い心地が評価されています。

    ローマカミツレ花油やアルゲエキスなど、厳選された保湿成分がクレンジング後の乾燥をブロック。
    すすぎが簡単でバームの油分が肌に残りにくく、重たい質感のクレンジングが苦手な方におすすめです!

    7位 クリニーク テイク ザ デイオフ クレンジングバーム

    メイク落ち
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:125mL
    保湿成分:サフラワー油
    洗い上がり:さっぱり
    洗浄力:高め
    ダブル洗顔:必要

    すっきり汚れを落とせて油膜感が残りにくいものが欲しい!という方におすすめなのが、デパコスブランドとして知られるクリニークのクレンジングバームです。
    サラっとした質感のオイルをベースにしていて洗い上がりがヌルヌルせず、油膜で覆われている質感が苦手な方にぴったり。
    落ちにくいファンデーションやマスカラも浮かせる洗浄力があり、キープ力がある化粧品を普段から使用している方におすすめです。

    メイクに素早くなじんで水に流れやすく、スピーディーにクレンジングできるのが人気の秘密。
    しっとり感は控えめで、さっぱりした仕上がりのクレンジングバームが好みの方や皮脂で肌がベタつきやすい方に適しています。

    【こちらもCHECK】クリニーク テイク ザ デイオフ クレンジングバームのレビュー動画はこちら

    6位 ルルルン クレンジングバーム

    ルルルン クレンジングバーム
    メイク落ち
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:90g
    保湿成分:シアバター、ローヤルゼリータンパクなど
    洗い上がり:しっとり
    洗浄力:高め
    ダブル洗顔:不要

    フェイスマスクでおなじみのルルルンから2018年11月に発売されたクレンジングバームは、他社ブランドを追い上げる勢いで人気を獲得している注目の製品です。
    このクレンジングバームは、メイクオフ成分が肌に直接触れない「ガードハウス製法」を採用しているのが特徴。
    この製法を用いることで、洗浄力の高さと洗いあがりのつっぱり感のなさを両立させました。

    落ちにくいファンデーションやアイメイクもスルっと浮かせることができ、濃い目のメイクをしている方にぴったり。
    メイクを落とすだけでなく、不要な角質をオフするアスパラガス茎エキスが肌のザラつきやくすみをケアしてくれます。
    ダブル洗顔不要タイプですが、やや油膜感が残るためヌルつきが気になるときは洗顔してもOK。
    メイク落ちのよさとしっとり感をどちらも求めている方や、角質ケアができるクレンジングバームを探している方におすすめです!

    5位 Laminaze(ラミナーゼ)モイストクレンジングバーム

    メイク落ち
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:120g
    保湿成分:ホホバオイル、アルギニン、フラーレンなど
    洗い上がり:しっとり
    洗浄力:高め
    ダブル洗顔:不要

    「クレンジングバームに興味があるけれど、ジャー容器は使うのが面倒……」と悩んでいる方におすすめなのが、シンプルなスキンケアを提案するラミナーゼのモイストクレンジングバームです。
    肌の潤いを残しながら濃い目のメイクまですっきり落とす使い心地で、汗や皮脂をはじく日焼け止めやファンデーションを普段使いしている方にぴったり。

    ラミナーゼのクレンジングは、エイジングケア成分として知られるフラーレンを配合しています。
    フラーレンは、肌老化の一因である活性酸素を除去する効果が期待されている抗酸化物質。
    肌で年齢を感じるようになってきた方におすすめの成分で、クレンジングしながらエイジングケアできると注目を浴びています。
    しっとり仕上がるクレンジングバームが好みの方や、チューブタイプのクレンジングを探している方におすすめです!

    4位 ナーセリー クレンジングバームゆず

    メイク落ち
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:91.5g
    保湿成分:メロンプラセンタ、ユズ種子油、ヒアルロン酸、コラーゲン、カンゾウ根エキスなど
    洗い上がり:さっぱり
    洗浄力:ノーマル
    ダブル洗顔:不要

    京都のエステサロンから生まれたブランド「ナーセリー」は、フルーツ成分を配合したクレンジングが人気です。
    爽やかなゆずの香りが心地よく広がるクレンジングバームは、87%植物由来成分で作られています。
    メロンプラセンタやユズ由来のオイルが肌を乾燥から守り、コンディションを整えるカンゾウ根エキスやシャクヤク根エキスが肌の不調にアプローチ。
    さっぱりした使い心地でヌルつきが残りにくく、こってりしたクレンジングバームが苦手な方向けです。

    洗浄力はノーマルで、軽いパウダーメイクはすっきり落とせますが、ウォータープルーフだと肌に残ることがあります。
    汗や皮脂をはじくアイメイクをしている方は専用のリムーバーで落としてから使うといいでしょう。
    植物由来成分を中心に作られたクレンジングを探している方や、洗浄力が高すぎないクレンジングが欲しい方におすすめです。

    3位 ザ・ボディショップ サンプチュアス クレンジングバター CA

    ザ・ボディショップ サンプチュアス クレンジングバター CA
    メイク落ち
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:90mL
    保湿成分:カモマイルエキス、シアバター、オリーブオイルなど
    洗い上がり:しっとり
    洗浄力:高め
    使い方:乾いた肌用・ダブル洗顔推奨

    ボディバターが有名なザ・ボディショップのクレンジングバターは、乾燥による肌の不調を感じている方におすすめ。
    リキッドファンデーションやマスカラをスルっと落とす洗浄力がありながら、もっちり仕上がる使い心地で人気を集めています。
    シアバターやオリーブオイルなど肌を保護する油脂を配合しており、乾燥肌でも満足できる保湿力が高評価ポイント。
    まるでクレンジングクリームで洗ったようなしっとり感が残ります。
    油膜感が残るため、多少ヌルつきがあっても気にならないという方におすすめです。

    このクレンジングには、荒れがちな肌の調子を整えるカモマイルエキスが配合されています。
    乾燥が進むと肌の調子が不安定になるけれど、濃いめのメイクもしっかり落とせるクレンジングバームが欲しい……という方におすすめです!

    【こちらもCHECK】ザ・ボディショップ サンプチュアス クレンジングバター CAのレビュー動画はこちら

    2位 菊正宗 米と発酵のクレンジングバーム

    菊正宗 米と発酵のクレンジングバーム
    メイク落ち
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:93g
    保湿成分:ヒアルロン酸、コメエキス、アミノ酸など
    洗い上がり:さっぱり
    洗浄力:やや高め
    ダブル洗顔:不要

    酒造メーカーとして知られる菊正宗が発売しているクレンジングバームは、米由来の保湿成分を配合しているのが特徴。
    コメエキスや酵母エキスなど、肌の潤いをキープしてキメを整える美容成分をふんだんに使用しています。

    ヌルつきが残りにくいさっぱりしたバームですが洗いあがりが乾燥しにくく、それでいて落ちにくい日焼け止めやファンデーションがすっきり落ちる使用感が人気のポイント。
    美容成分を多く配合しているクレンジングバームとしては価格設定が良心的で、「美容効果を求めたいけれどコストパフォーマンス面も譲れない!」という欲張りな方におすすめです。

    1位 ink.(インク)クレンジングバーム

    ink.(インク)クレンジングバーム
    メイク落ち
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:90g
    保湿成分:ホホバオイル、ヒアルロン酸、コラーゲン、ヒト型セラミドなど
    洗い上がり:さっぱり
    洗浄力:高め
    ダブル洗顔:不要

    洗浄力がありながらつっぱりを感じにくく、そしてコストパフォーマンスもいいと人気なのがこちら。
    高品質なスキンケア製品をリーズナブルな価格で提供するブランド「インク」のクレンジングバームは、保湿力に優れたヒト型セラミドを3種類配合しています。
    ヒト型セラミド配合のクレンジングは乾燥肌をいたわりながらメイクを落とすことができ、肌のつっぱりやパサパサ感を気にしている方にぴったりです。

    水になじみやすくさっぱりした洗いあがりですが、ほどよく肌の潤いを残してくれる絶妙な使用感が人気のポイント。
    メイク落ちもよくスピーディーにクレンジングでき、ダブル洗顔不要なためスキンケアにかける時間が短縮できます。
    肌の乾燥をケアしながらクレンジングしたい方や、ベタベタ感が残りにくいバームを探している方におすすめです!

    【こちらもCHECK】ink.(インク)クレンジングバームのレビュー動画はこちら

    クレンジングバームの使用上の注意点

    1日の汚れをリセットしながら肌を保湿できるクレンジングバームは、使用するうえでいくつかの注意点があります。
    肌トラブルを避けて楽しくスキンケアするために、次の4つのポイントを守って使いましょう!

    ① 推奨されている使用量を守る

    クリーム ボウル

    クレンジングバームを使うときは、必ずパッケージや容器を見てメーカーが推奨している量を確認しておきましょう。
    製品ごとに推奨されている量は違い、パッケージに「さくらんぼ2粒大」「付属のスプーン山盛り1杯分」などと記載されています。
    量が少ないとメイク落ちが悪くなったり肌に摩擦ダメージが加わったりするため、適量使用するように意識しましょう。
    逆に多すぎると、洗いすぎによる乾燥やつっぱりを感じることがあるため注意してください。

    ② 肌に異常を感じたら使用をやめる

    肌 トラブル くすみ にきび

    クレンジングバームを使いはじめてから、赤みやヒリつきを感じるようになった……と感じた場合は使用を中止しましょう。
    配合されている成分が肌質にあっておらず、アレルギー反応を起こしている可能性があります。
    「もったいないから最後まで使いきろう」と無理をすると肌トラブルが深刻化することがあるため、異変を感じたら使わないのが正解です。

    新しいクレンジングバームに切り替えてからニキビができやすくなった、という場合も使用を見合わせましょう。
    洗浄力不足や配合されているオイルの毛穴づまりがニキビの原因になることもあるため、肌の調子が悪くなったら違うクレンジングを試してみてください。

    ③ ごしごしこすらない

    水 洗顔

    メイクを落とすときに力を入れてごしごしこするようにクレンジングすると、肌に負担をかけてしまうため注意しましょう。
    メイク化粧品に配合されている粒子が肌を傷つけ赤みや肌荒れを引き起こすことがあるため、すべらせるようなタッチでやさしくクレンジングしてください。
    メイクを落とすときは、力を入れるよりも小さな円を描くようにクルクルなじませる方が汚れがしっかり落ちます。
    スキンケアのときに力を入れるクセがある方は、肌負担をかけないように意識してみましょう。

    ④ クレンジングに時間をかけすぎない

    時計 砂時計

    「クレンジングは時間をかけてゆっくり行うほど汚れが落ちる気がする……」と考えている方は要注意!
    クレンジングにかける時間が長すぎると、必要な潤いまで奪って肌が乾燥しやすくなることがあります。
    洗いすぎによる乾燥トラブルを防ぐためにも、時間を守ってクレンジングしましょう。

    バームタイプのクレンジングは製品によって洗浄力が違い、推奨されている時間が異なります。
    使用前に必ずパッケージを見て、どのくらいの分数でクレンジングを済ませるのか確認しておきましょう。
    特に説明書きに時間の指定がない場合は、30秒~1分ほどで洗い流すのがベストです。

    クレンジングバームの使い方のコツを紹介

    汚れ落ちと保湿力を両立したクレンジングバームは乾燥しやすい肌にとってありがたいスキンケアアイテムですが、正しい使い方をしないと本来のよさを実感できません。
    クレンジングバームが持つ効果を引き出すために、基本的な使い方をマスターしておきましょう!

    顔に「点置き」してから広げるのがおすすめ

    顔 クリーム

    クレンジングバームを手に取ったら、まずは上の写真のように顔のパーツごとにわけて点置きしましょう。
    容器から出したバームを一箇所だけにのせて広げるとムラになりやすく、均一に洗浄しづらくなってしまいます。
    5点にわけて顔にのせると顔全体にスピーディーに広げることができ、手早く確実に洗浄できますよ。

    ヌルつきが気になるときは丁寧にすすぐ

    洗顔3

    メイクを浮かせるのが終わったら、次はぬるま湯に乳化させて洗い流しに移ります。
    ここで覚えておきたいのが、顔表面に付着しているバームをぬるま湯を包みこむように丁寧に洗いながすことです。
    オイルやリキッドに比べてやや乳化しづらいバームは、顔にぬるま湯を当てるだけでは流れません。

    洗い流す前にまずはぬるま湯で濡らした手で顔全体をやさしくなでて、肌についているバームとお湯をなじませてください。
    それからぬるま湯で20~30回程度すすぎましょう。
    すすぐときはごしごし手を押し当てず、摩擦ダメージを与えないよう注意して洗い流してください。

    すすぎのお湯の温度がポイント

    湯 熱い 蛇口

    体温に近い温度で溶けるクレンジングバームは、冷たい水だと落ちにくく肌に残留してしまうことがあります。
    すすぐときの温度は、体温よりほんの少し低い35℃程度で行うのがベストです。
    熱さや冷たさを感じない人肌の温度のお湯で洗い流すことを意識しましょう。

    熱さを感じる温度のお湯で洗い流すとバームに含まれる保湿成分や必要な皮脂が流されてしまい、つっぱりを感じる原因となります。
    習慣づいてないと面倒ですが、美肌を守るためにはとても重要なことです。
    毎日の洗顔時のお湯の温度に気を配るのもスキンケアの一環だと考え、丁寧に行ってください。

    Amazon&楽天のクレンジング人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    クレンジングバームでつるすべ美肌を目指そう!

    美肌 スキンケア

    汚れ落ちのよさとしっとり感を両立したクレンジングバームは、乾燥トラブルに悩む方にぴったりです。
    「オイルやリキッドだと肌がカサついてしまうのに、ミルクやクリームだとメイクが落としきれない……」と感じたら、バームタイプの出番。
    肌の上でとろけていく質感のクレンジングバームは、毛穴に入り込んだ汚れをしっかり落としながら保湿ケアも一緒にできます。
    製品によって洗浄力や洗い上がりの質感が異なるため、好みにあわせて選んでみてください。

    クレンジングバームを使いこなして、毛穴汚れが気にならないなめらかな美肌をめざしましょう!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】クレンジングに関連するおすすめ記事はこちら

    クレンジングウォーターおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.18

    プチプラクレンジングおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.17

    ホットクレンジングジェルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.29

    クレンジングシートおすすめ人気ランキングTOP10!肌に悪いリスクについても【2018年最新版】

    2018.03.27

    敏感肌向けクレンジングおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.29

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。