固形石鹸おすすめ人気ランキングTOP8!洗顔についても【2019年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • 洗浄力が肌にあうかどうか
      →固形石鹸には主に白いタイプと透明なタイプに分けられ、見た目である程度洗浄力を判断できるため、肌にあうかどうか基準のひとつする。
    • 保湿成分をチェック!
      →乾燥しやすい肌質の方は、肌表面の水分保持を助けてカサつきから守る成分を配合している固形石鹸がおすすめ。
    • コストパフォーマンスのよさで選ぶ
      →肌の悩みをケアするには時間がかかるため、長く使い続けられるかコストパフォーマンス面にも注目。
    石鹸

    顔や体を洗うものは洗顔フォームや液体ソープなど種類がたくさんありますが、最近固形石鹸が注目を集めています。
    固形石鹸にはさまざまな魅力がありますが、ほかの洗浄料と比べて何が違うのがわからないと手を出しにくいもの。
    「固形石鹸って肌によさそうだけど、実際どうなの?」と疑問に感じている方のために、人気製品の特徴や使い心地を解説します!



    固形石鹸の基礎知識

    石鹸 手

    固形タイプの石鹸は、古くから生活になじみがある洗浄料です。
    どうして今固形石鹸が改めて話題になっているのか、ほかの洗浄料とは何が違うのかを紹介していきます。

    【こちらもCHECK】固形石鹸に関連するおすすめ記事はこちら

    肌質別洗顔石鹸おすすめ人気ランキングTOP15!毛穴&ニキビ&美白の解説も【2018年最新版】

    2018.11.29

    なまこ石鹸おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.07.29

    レモン石鹸おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.28

    固形石鹸のよさとは?

    固形に押し固められた洗浄料である石鹸は、液体の洗浄料と比べてすっきりとした洗い上がりが多くの人に好まれています。
    石鹸成分は水に流れやすくすすぎが簡単で、ヌルつきを残さずに全身を洗えるのが特徴です。
    クリームや液体の洗浄料に比べて含まれる水が少なく、防腐剤や安定剤などの添加物が少なくて済むのも魅力のひとつ。
    シンプルなスキンケアを好む人が増えている今、添加物が控えめの固形石鹸は人気が拡大しているんです。

    固形石鹸にデメリットはあるの?

    固形タイプの洗浄料は肌にいいというイメージを持つ方が多いですが、実は洗浄力が高いものが多く特徴を見極めて選ばないと洗いすぎを招くことがあります。
    アルカリ性の固形石鹸は皮脂や角質汚れを落とす洗浄力があり、肌質によってはあわないこともあるのです。

    とはいえ、製品ごとに配合されている成分が異なり洗浄力にも違いがあるのが実情。
    油分を落とすパワフルな固形石鹸もあれば、乾燥肌向けの比較的マイルドな洗浄力のものまであります。
    「固形石鹸=肌にやさしそう」と思い込まず、試してみたい固形石鹸が肌にあっているか厳しくチェックして選ぶことが大切です。

    固形石鹸を初めて買うならここを必ず押さえよう

    固形石鹸は国内外問わずさまざまなブランドから発売されていて、どれを使えばいいのか悩んでしまいますよね。
    「せっかく選ぶなら肌にあうものを効率よく探したい!」という方のために、選び方のコツを紹介します。

    ① 洗浄力が肌にあうかどうか

    洗顔

    固形石鹸は皮脂や古い角質を落とすパワーに優れていますが、製品によって洗浄力が異なります。
    固形石鹸には主に白いタイプと透明なタイプに分けられ、以下のような違いがあることを把握しておきましょう。

    • 白い石鹸……泡立ちがよく洗浄力に優れ、洗い上がりがさっぱりしていて皮脂が多い肌質に向いている
    • 透明な石鹸……比較的洗浄力がマイルドで、洗いすぎによる乾燥が気になる方に向いている

    このように固形石鹸は見た目である程度洗浄力を判断できるため、肌にあうかどうか基準のひとつにしてみましょう。

    ② 保湿成分をチェック!

    ボトル

    肌の水分量が少なく洗顔後のつっぱりや乾燥が気になる……という方は、石鹸中に含まれる保湿成分に注目するといいでしょう。
    乾燥しやすい肌質の方はヒアルロン酸セラミドなど、肌表面の水分保持を助けてカサつきから守る成分を配合している固形石鹸がおすすめです。

    「皮脂汚れをすっきり落としたいけれどしっとり感も求めたい!」という方は、洗浄力と保湿力を兼ね備えている石鹸を選ぶといいでしょう。

    ③ コストパフォーマンスのよさで選ぶ

    財布

    固形石鹸は数百円でセット購入できるものから数千円のものまで、価格に大きな差があります。
    価格だけでなく1個あたりのグラム数も違うため、ずっと使い続けられるかどうかしっかり考えて選びましょう。

    高級な石鹸を背伸びして使っても、継続できなければ一時的な効果にとどまってしまいます。
    肌の悩みをケアするには時間がかかるため、長く使い続けられるかコストパフォーマンス面にも注目してください。

    固形石鹸の上級者目線の選び方

    製品ごとに特色がある固形石鹸ですが、先に紹介した3つのポイントに加えて知っておきたい上級者目線の選び方があります。
    成分を細かくチェックして石鹸選びをするなら、次の点にも注目してみてください!

    「薬用」タイプは特定の肌悩みを持つ方におすすめ

    炭石鹸

    固形石鹸のなかには、パッケージに「薬用」または「医薬部外品」と記載されている製品があります。
    これは厚生労働省から認可を受けている有効成分を配合しているもので、肌荒れなどの悩みを抱えている方におすすめです。
    薬用石鹸に配合されることが多い有効成分と、それぞれの働きを確認しておきましょう。

    • イソプロピルメチルフェノール……ニキビや体臭のもとになる雑菌の繁殖を抑える
    • グリチルリチン酸ジカリウム……赤みや炎症を抑える

    イソプロピルメチルフェノールは抗菌剤として用いられるもので、ニキビや体臭を日ごろからケアしたい方に適しています。
    グリチルリチン酸ジカリウムは炎症を伴う肌荒れをしやすい肌質の方におすすめ。
    このような薬用成分ごとの働きの違いを理解して、今抱えている悩みにあうかどうか判断してみましょう。

    固形石鹸の最安値と価格帯の特徴一覧

    肌の汚れをさっぱり落としてくれる固形石鹸は、製品ごとに価格差があります。
    価格帯ごとの大まかな特徴を把握して、予算や目的にあう固形石鹸探しの参考にしてみましょう。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約100円~200円~1,000円約1,500円~
    特徴ドラッグストアやコンビにで購入できるプチプラ石鹸は非常に安く、セット販売されているものだと1個100円を切る製品もあります。薬用成分や保湿成分を配合している石鹸など種類が豊富で、肌質や肌悩みにあわせて選べるのがポイント。海外発のブランドや高級スキンケアブランドの固形石鹸は高価な傾向があり、高いものだと3,000円以上する製品もあります。
    高級品は香りがいいものやパッケージがおしゃればものがあり、プレゼントとしても人気です。

    さっぱり派におすすめ!固形石鹸人気ランキングTOP3

    汗や皮脂汚れをすっきり落としたいなら、洗い上がりがさっぱりした使い心地の固形石鹸がおすすめ!
    さっぱり系のものを試してみたいという方向けに、人気の固形石鹸3つを配合成分や口コミをもとに筆者が「汚れ落ち」「泡立ちのよさ」「コストパフォーマンス」の3つの基準でランクづけしました。

    3位 カウブランド青箱

    汚れ落ち
    泡立ちのよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:85g×6(計510g)
    薬用成分:‐
    保湿成分:乳脂(牛乳)
    香り:クセのないフローラル系

    牛乳成分を配合しているカウブランドの青箱は、やさしい石鹸の香りが広がるベストセラー商品。
    クセのないフローラル系の香りは子供から大人まで人気があり、家族みんなで使いやすいと好評です。
    「無香料タイプの石鹸は物足りないけれど、ハーブや甘い香りなどクセがあるものは避けたい……」という方におすすめ。

    カウブランドの青箱は1個あたり約50円というリーズナブルな値段も魅力のひとつ。
    1パック6個に小分けされていて、お風呂用・キッチン用・洗面台用と使い分けできて便利です。

    さっぱりした洗い上がりながら、乳脂のしっとり感もほどよく残るのが人気のポイント。
    やや泡立ちはゆるいですが、水の量を少なめにしてボディタオルや洗顔ネットで包み込むように泡を作るといいですよ。
    オーソドックスな固形石鹸が欲しい方や、コストパフォーマンスを優先して石鹸選びをしたい方におすすめです!

    【こちらもCHECK】カウブランド青箱のレビュー動画はこちら

    2位 ペリカン石鹸 ForBack

    薬用石鹸ForBack 135g

    薬用石鹸ForBack 135g

    398円(09/21 14:14時点)
    Amazonの情報を掲載しています
    汚れ落ち
    泡立ちのよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:135g
    薬用成分:イソプロピルメチルフェノール&グリチルリチン酸ジカリウム
    保湿成分:濃グリセリン、ベントナイトなど
    香り:シトラス系

    背中やデコルテなど、皮脂の分泌量が多いパーツの毛穴づまりが気になる方にぴったりなのがこちら。
    パーツケア石鹸を豊富に取り揃えていることで人気があるペリカン石鹸のForBackは、汚れを吸着する泥成分ベントナイトとタンパク汚れを分解するパパイン酵素を配合しているのが特徴。
    毛穴にたまった油分や不要な角質をすっきり洗い流し、つるんとした肌に整えてくれます。
    泥成分入りの石鹸は泡立ちがクリーミーでへたれづらいため、ふわふわの泡で洗いたい方にぴったりです。

    背中やデコルテだけでなく全身にも使えますが、洗浄力が高めに作られているので皮脂分泌が少ない手足を洗うとカサついてしまうことも。
    全身の皮脂汚れを落としたいなら、週に数回程度スペシャルケアとして使うといいでしょう。
    洗浄力がマイルドな石鹸だと毛穴づまりを起こしニキビができてしまう方や、皮脂や角質汚れがたまっているのが気になる方におすすめです!

    1位 ねば塾 白雪の詩

    汚れ落ち
    泡立ちのよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:180g×4(計720g)
    薬用成分:‐
    保湿成分:‐
    香り:無香料

    ねば塾の白雪の詩は石鹸成分のみで作られた純石鹸で、香料などの添加物を含んでいないのが特徴です。
    余分な汚れをさっぱり落とす洗浄力と泡立ちのよさが好評で、男女問わず多くの人に愛されています。
    1個あたり180gと大きめで長く使え、価格も非常に安く家族でシェアするのもおすすめです。

    白雪の詩には保湿成分は配合されていませんが、ほかの純石鹸に比べて洗い上がりがつっぱりにくい使用感が特徴。
    シンプルで洗い上がりがカサつきにくい固形石鹸を探している方にぴったりです。
    泡切れがよくヌルつきが残りにくいため、手洗い用や食器用の石鹸として使うのもおすすめ。
    自宅にストックしておいて損はない、使い勝手のいい固形石鹸です。

    しっとり派におすすめ!固形石鹸おすすめ人気ランキングTOP3

    肌が乾燥しやすいけれどヌルつきやすい洗顔料やボディソープが苦手という方は、しっとり仕上がる固形石鹸がおすすめ!
    カサつきを抑えながら汚れをすっきり落とせると人気の固形石鹸3つを紹介します。
    成分表や口コミをもとに、筆者が「保湿成分」「泡立ちのよさ」「コストパフォーマンス」の基準で評価しました。

    3位 エテュセ 薬用スキンバージョンアップ クリーミーソープ

    エテュセ 薬用スキンバージョンアップ クリーミーソープ
    保湿成分
    泡立ちのよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:90g
    薬用成分:グリチルリチン酸ジカリウム
    保湿成分:ヒアルロン酸、カモマイルエキス、酵母エキスなど
    香り:無香料

    肌の水分量をキープしながら汚れを落としたい方におすすめなのが、メイクアップから基礎化粧品まで幅広く取り揃えるエテュセの固形石鹸です。
    肌の潤いをキープするヒアルロン酸やカモマイルエキスなどを配合しており、乾燥しやすい肌の洗浄に向いています。
    ふんわりエアリーな泡が手早く作れるのが人気のポイントで、泡立てが苦手な方にぴったり。
    単価は1,200円台とやや高めですが、減りが遅く少量でもよく泡立つためコストパフォーマンスは悪くありません。

    この石鹸は、肌の炎症を抑える薬用成分であるグリチルリチン酸を配合しているのも特徴です。
    赤みや炎症を伴うニキビ・肌荒れをケアしながら洗浄したい方に適しています。
    洗顔用石鹸として売り出されていますが、全身用として使ってもOK!肌の調子が不安定になりやすい方や、洗浄後のつっぱりが気になる方におすすめです。

    2位 アクセーヌ フェイシャルソープAD

    保湿成分
    泡立ちのよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:100g
    薬用成分:‐
    保湿成分:スクロース、ソルビトールなど
    香り:なし

    敏感肌・アトピー肌に人気のブランド、アクセーヌの固形石鹸はマイルドな洗い心地が特徴です。
    香料やアルコールなど敏感な肌に負担になりやすい成分をカットした処方で、赤みやヒリヒリが出やすい方におすすめ。
    スクロースやソルビトールなど肌の潤いをキープする成分が配合されていて、カサつきを抑えながら皮脂汚れをすっきり落とせるのが人気の秘密です。

    泡立ちがとてもよく、クッション性のある泡が簡単に作れるの高評価ポイント。
    摩擦ダメージに弱い肌を濃密な泡が包み込み、不要な汚れをマイルドに落としてくれます。
    デパコスブランドの製品としては比較的安価でコストパフォーマンスがよく、洗顔用として発売されていますが全身の洗浄にもおすすめ。
    刺激を感じにくい固形石鹸を探している方や、モコモコの泡が作れるものが好みの方にぴったりです!

    1位 カウブランド石鹸 赤箱

    カウブランド石鹸 赤箱
    保湿成分
    泡立ちのよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:100g×6個(計600g)
    薬用成分:‐
    保湿成分:乳脂、スクワラン
    香り:やさしいローズ調

    牛乳石鹸の赤箱は、リーズナブルな価格と洗いあがりのつっぱり感のなさに定評がある固形石鹸です。
    保湿成分にスクワランが入っており、適度なしっとり感を与えつつ不要な皮脂を落とせる絶妙な洗浄力が人気を呼んでいます。
    香りはキツさのないローズ調でクセがなく、清潔感がある印象。
    残り香はほんのりある程度でシャンプーやボディクリームの香りを邪魔しません。

    赤箱の石鹸はキメ細かく濃密な泡が作れるのも高評価ポイントで、クッション性のある泡で顔や体を洗いたい方にぴったり。
    コストパフォーマンスにこだわって選びたい方や、クセのない固形石鹸を探している方におすすめです。

    【こちらもCHECK】カウブランド石鹸 赤箱のレビュー動画はこちら

    いい香りの固形石鹸おすすめ人気ランキングTOP2

    「固形石鹸には使い心地だけでなく、香りのよさも求めたい」という方のために、香りに定評がある製品を2つ紹介します。
    それぞれ筆者が「泡立ちのよさ」「つっぱり感のなさ」「コストパフォーマンス」の3つの基準で評価しました。
    香りの広がり方や使用感を比べて、お気に入りの固形石鹸を見つけてください!

    2位 サンタマリアノヴェッラ ミルクソープ

    泡立ちのよさ
    つっぱり感のなさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:100g
    薬用成分:‐
    保湿成分:牛乳
    香り:ガーデニア、カーネーション、ジャスミン、アイリス、ローズ、バーベナ、ビオレッタ、無香料(計8種)

    世界最古の薬局として800年の歴史を誇るサンタマリアノヴェッラは、華やかで上品な香りのオーデコロンやソープを取り揃えているブランド。
    保湿成分として牛乳が入った石鹸で洗い上がりがつっぱりにくく、それでいてヌルつきが残らないため肌質を問わず人気があります。

    お花をモチーフにした7種類の香りから選べ、サンタマリアノヴェッラ初心者におすすめなのはジャスミンやローズなど王道のフローラル系です。
    泡立ちはやや弱めでゆるいですが、水を少なめに泡を作るといいですよ。
    はっきり香りが広がる固形石鹸で、小さく切って巾着袋に入れてフレグランスとして使うのもおすすめ。
    衣類と一緒に置いて香りを移して楽しむこともできます。
    フローラル系の香りがしっかり広がる固形石鹸が好みの方や、石鹸の本場ヨーロッパの製品を使ってみたいという方におすすめです!

    1位 オルナ オーガニック 石鹸

    オルナ オーガニック 石鹸
    泡立ちのよさ
    つっぱり感のなさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:100g
    薬用成分:‐
    保湿成分:コラーゲン、ヒアルロン酸、ヒト型セラミド
    香り:柑橘系

    疲れた気分をリフレッシュしてくれる柑橘系の香りが広がるオルナオーガニックの石鹸は、美容成分を豊富に含んでいるのが特徴です。
    コラーゲンやヒアルロン酸に加え、洗浄時の保湿に適したヒト型セラミドを配合。
    香りを楽しみながら肌の保湿ケアもできる石鹸として人気があります。

    モコモコの泡が簡単に作れる泡立ちのよさと、1個で約2~3ヶ月使えるコストパフォーマンスのよさも魅力。
    ヒト型セラミドを配合している石鹸としてはリーズナブルで、顔にも全身にも毎日惜しみなく使えます。
    ナチュラルな柑橘系の香りが好みの方や、肌の潤いを保ちながら汚れを落とせる固形石鹸を探している方におすすめです。

    固形石鹸の使用上の注意点

    汗や皮脂汚れをすっきり落とせる固形石鹸は、使ううえでいくつかの注意点があります。
    肌トラブルなどを避けて心地よくスキンケアするためにも、次の3つのポイントを守りましょう。

    ① 肌に異常を感じたら使用を中止する

    マットリップ 女性 唇

    固形石鹸を使っているうちに赤みや肌荒れを起こしたり、かゆみやアレルギー反応を起こしてしまったりした場合は使用を中止しましょう。
    肌トラブルが起きてしまうのは、石鹸に配合されている成分が体質にあっていない可能性が考えられます。
    固形石鹸はアルカリ性で皮脂や古いタンパク汚れをしっかり落とす洗浄力があるため、体質や肌質によっては洗いすぎを招くことがあるため注意しましょう。
    肌にあう洗浄剤が見つからない、繰り返し荒れてしまって症状がツライ……というときは皮膚科に相談してみるのもおすすめです。

    ② しっかり泡立てて洗う

    顔や体を石鹸で洗うときは、摩擦を与えないように弾力のある泡を作ることが大切です。
    ゆるい泡で洗うとこすれによる赤みや乾燥を起こしやすくなるため、洗顔ネットやボディタオルでしっかり泡立てましょう。
    濃密な泡を作るコツは以下の通りです。

    • 水を少しずつ加える
    • ネットやタオルをこすりつけず、石鹸をやさしく包むように泡立てる

    石鹸は泡立て時の水が多いと気泡がつぶれやすいため、少量ずつ足していくのがポイント。
    洗顔ネットやボディタオルがたっぷり水気を含んでいると泡立ちにくいため、軽く湿る程度に濡らしておくといいでしょう。
    そしてもうひとつ意識したいのが、石鹸を強くこすりつけないことです。
    ごしごし力をいれると泡がつぶれてしまうため、圧をかけずにふんわり包み込むように泡立てるといいですよ。

    ③ 水気を切って保管する

    石鹸

    固形石鹸は水に長く触れていると洗浄成分が溶け出してしまい、本来の洗浄力や泡立ちが失われてしまいます。
    使用後に泡がついたまま放置したり、水切れが悪い場所で保管したりすると劣化したり溶けて崩れてしまうため注意しましょう。

    やわらかい石鹸は閉め切った浴室に置きっぱなしだと溶けやすいため、風通しがいい環境で保管してください。
    窓を開けたり換気扇を回すなど、湿度の管理をするのが劣化を防ぐのには大切です。
    浴室の風通しが悪い場合は湿気がたまりにくい場所に移しておくといいでしょう。

    Amazon&楽天の固形石鹸人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    固形石鹸で肌の汚れをすっきりオフしよう

    女性 背中 お風呂 バスタオル

    固形石鹸は肌にヌルつきが残らないさっぱりした使い心地で、汗や皮脂汚れをしっかり落とすことができます。
    製品によって配合されている成分や泡立ちに違いがあるため、肌質や調子にあわせて選んでみてください。

    皮脂量が多くてベタつきが気になるなら洗浄力が高めのものを、乾燥しやすいなら保湿成分を配合したものがおすすめ。
    バスタイムにリラックス効果を求めるなら好みの香りがついている製品を選んでください。
    固形石鹸で不要な汚れをさっぱり落として、クリーンな肌をキープしましょう!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    【あわせて読みたい】固形石鹸に関連するおすすめ記事はこちら

    ジャムウソープ・石鹸おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.17

    デリケートゾーン石鹸おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.05.09

    米ぬか石鹸おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.06

    ピーリング石鹸おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.16

    炭石鹸おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.02.14

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。