アイテープおすすめ人気ランキングTOP9!アイシャドウ・アイプチの解説も【2019年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • まぶたの厚みにあったタイプを選ぶ
      →厚みがある方は、片面・両面タイプ。薄めの方は、片面タイプ・ファイバータイプがおすすめ。
    • テープのカラーで選ぶ
      →クリアタイプはやや白っぽく見えるため、暗い色のアイシャドウを使って目立ちにくくする必要がある。
    目元 アイメイク

    二重メイクグッズにはさまざまな種類がありますが、アイテープは重めのまぶたでもぱっちりした印象の目元を作りやすいと人気があります。
    アイテープにチャレンジしたくても、使い慣れていないとどのタイプの製品を選べばいいのか悩んでしまいますよね。

    そんな悩みを抱えている方のために、使いやすいことで話題になっているアイテープを紹介。
    アイテープの基本的な使い方や、メイクの順番についても解説します!

    目次



    アイテープの基礎知識

    BW ナチュラルアイテープ 素肌タッチのふたえテープ ENT350 (テープ×30回分、スティック×1本)×6個セット

    BW ナチュラルアイテープ 素肌タッチのふたえテープ ENT350 (テープ×30回分、スティック×1本)×6個セット

    ぱっちりした印象の目元を作るアイテープは、「二重に見せたいけれどバレずにメイクしたい……」と悩んでいる方に人気があるアイテムです。
    アイテープはどのような仕組みで二重線を作るのか、タイプ別の特徴・仕上がりの違いなど基礎知識を紹介します!

    【こちらもCHECK】アイテープ・アイプチに関連するおすすめ記事はこちら

    二重まぶたのクセづけグッズおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.27

    市販の夜用アイプチおすすめ人気ランキングTOP10!つけて寝る方法から効果まで【2018年版】

    2018.02.10

    アイテープおすすめ人気ランキングTOP15!夜の使用についても【2018年最新版】

    2018.02.01

    アイテープとは?

    二重まぶた化粧品の一種であるアイテープとは、上まぶたに貼りつけるテープ状のメイクアイテムのことです。
    目のキワにそって貼る形状に作られており、テープがまぶたを折り込むことで二重線を形成します。

    アイテープはまぶたの脂肪が厚く二重のりでメイクしにくい方や、くっきりした二重線を作りたい方におすすめのグッズ。
    メイクの順番を間違えると浮いて見える、端がはがれると不自然に見えバレてしまう……というデメリットはあるものの、まぶたが重いことで悩んでいる方に人気があるグッズです。

    アイテープのタイプ(種類)

    ぱっちり二重を作るアイテープは、好みや目的にあわせて主に3つの種類から選べます。
    はじめてだと「どのタイプを使えばいいのかわからない……」と迷ってしまいますよね。
    まぶたの状態やメイクにあわせてどう使い分けるべきなのか、種類ごとの特徴を把握しておきましょう。

    片面タイプ

    アイテープのなかでもオーソドックスな片面タイプは、まぶた同士を貼りつけずに二重を作れるのが大きな特徴です。
    目を開けたときにテープがまぶたに折り込まれることで二重線ができ、うつむいてもひきつらずナチュラルに仕上がるため人気があります。

    まぶたを引っ張らないため肌への負担が少なく楽ですが、アイシャドウでカモフラージュしないと悪目立ちしやすいのがデメリットです。
    最近では、肌になじみやすいベージュ色がついた片面アイテープが発売され注目されています。

    両面タイプ

    両面タイプは、まぶたが厚くて片面・ファイバータイプでは二重線が作りづらい方に適しています。
    広い範囲を接着すると同時にまぶたを折り込むため、はっきりした二重線をつけやすいのが特徴。

    まぶた同士を接着するため目を閉じるとひきつりを感じるのがデメリットですが、片面タイプやファイバーだと二重線ができないと諦めている方や、メイクして時間が経つと一重に戻りやすいという方におすすめです。

    ファイバータイプ

    ファイバータイプは細い糸状のアイテープで、アイシャドウをのせてもナチュラルに仕上がるのが大きな特徴です。
    テープ自体が細いため目立ちにくいのがメリットですが、まぶたが厚いと二重線が折り込まれにくいのがデメリット。
    比較的まぶたの脂肪が薄い方や、もともと軽く二重線のクセがある方に適しています。

    ファイバータイプには、伸縮性があるものとないものがあります。
    まぶたを折り込んでくっきりした二重線を作りたい方は伸縮するものを、もともと二重のクセが薄くある方やひきつり感が苦手な方は伸び縮みしないものを使うといいでしょう。

    アイテープとアイプチの違いは?

    二重化粧品にはアイテープのほかにアイプチもありますよね。
    アイプチとは化粧品ブランド「イミュ」から販売されている二重のりのことですが、のりタイプの二重化粧品全般がアイプチという俗称で認知されています。
    同社以外から販売されている製品はアイプチという名前ではなく、ブランドごとに商品名が違うため、テープ・のりタイプどちらかしっかり確認して購入してください。

    アイテープはまぶたを折り込むように二重を作れるため、のりタイプ(アイプチ)と比べて二重線がはっきりしやすいのが特徴です。
    また、テープで固定するため持続力が高く、二重のクセをつける効果にも期待できます。
    ただし、まぶたの厚さや筋肉の状態など個人差があるため、過度な期待はしないようにしましょう。

    アイテープはのりタイプに比べてまぶた同士を接着する力が弱めであるため、皮膚のたるみが比較的起きにくいのが特徴です。
    しかし接着する両面タイプやファイバーを毎日長時間使用すると、たるみの原因となります。
    製品に含まれる接着成分によるかぶれ・アレルギーなど肌への影響は、テープ・のりタイプどちらにもあるため、肌が弱い方は慎重に使用しましょう。

    アイテープを初めて買うならここを必ず押さえよう

    二重線を作りやすいと好評のアイテープにはさまざまな形・大きさがあり、どう選んでいいか悩んでしまいますよね。
    まぶたの状態にあったアイテープを探すために、次の3つのポイントをチェックして購入しましょう。

    ① まぶたの厚みにあったタイプを選ぶ

    女性 目

    先ほど種類別の解説で触れたとおり、アイテープはまぶたの厚みによって適したタイプが異なります。
    まずは鏡をみてまぶたの状態をしっかりチェックすることが大切。
    目を自然に見開いた状態でまつ毛にまぶたがかぶさる方は厚みがあり、まつ毛の根元が見える方はまぶたが薄い傾向にあります。

    • 厚みがあるまぶたの方……片面・両面タイプがおすすめ(頑固な一重は両面が◎)
    • 薄めのまぶたの方……片面タイプ・ファイバータイプがおすすめ

    目の形や筋肉のクセによって相性がいいテープの種類は異なりますが、初心者の場合はまぶたの厚みをひとつの基準にして選んでみてください。

    ② テープのカラーで選ぶ

    眉毛 まつ毛 目

    片面タイプのアイテープの購入を検討している方は、テープの色味をチェックしてください。
    接着していない面が見える片面タイプには、色がついていないクリアなものとベージュ色がついているものがあります。
    普段のアイメイクの濃さによって向いているテープのカラーが異なるため、以下の特徴を把握しておきましょう。

    • クリアタイプ……濃い目のアイシャドウを使うときにおすすめ
    • 色つきタイプ……ベージュやコーラルなど肌に近い色みのアイシャドウを愛用している方におすすめ

    クリアタイプは肌に貼りつけるとやや白っぽく見えるため、肌より暗い色のアイシャドウを使って目立ちにくくする必要があります。
    明るめの色味のアイシャドウだと白っぽさがカバーしきれないことがあるため注意しましょう。

    色つきタイプは濃いメイクをしなくても肌になじむように作られていて、ベージュやコーラル系などのナチュラルカラーのアイメイクをするときに向いています。
    使用する人の肌トーンによって貼りつけたときのテープの色味が違って見えるため、アイシャドウでうまくなじませてください。

    アイテープの最安値と価格帯の特徴一覧

    ぱっちり二重を作るアイテープは、メイクするたびに使い捨てるアイテムのためコスト面が気になるものです。
    使い続けやすいアイテープを探すなら、あらかじめ予算を決めて選ぶのがおすすめ!
    アイテープは価格帯ごとにどんな製品が選べるのか、特徴を簡単に解説します。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約100円~300円~1,200円約1,200円~
    特徴アイテープは100円ショップでも手に入ります。
    アイテープ初心者の方は、二重線を作る練習として安価なテープを使ってみるといいでしょう。
    アイテープは1,200円程度の予算があれば好みにあわせた製品が選べます。
    この価格帯は製品の数が豊富なため、目的にあうかどうか特徴をしっかり把握して選びましょう。
    特殊素材を使用しているアイテープはやや高価な傾向があります。

    【片面タイプ】アイテープおすすめ人気ランキングTOP3

    二重メイクをしたいけれど、まぶたを接着するのが苦手……という方におすすめなのが片面タイプのアイテープです。
    どの製品から選ぶか悩んでいる方のために、人気の製品3つをピックアップ!

    口コミや製品の特徴を筆者が分析し、「取れにくさ」「肌なじみのよさ(ナチュラルに仕上がるかどうか)」「コストパフォーマンス」の3つのポイントでランクづけしました。

    3位 プリュドール ふたえ用アイテープ ナチュラル

    プリュドール ふたえ用アイテープ ナチュラル
    取れにくさ
    肌なじみのよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:80本(40組)
    テープのカラー:ベージュ色

    アイテープ特有のテカリが気になる……という方におすすめなのが、二重グッズを取り揃えるプリュドールのふたえ用アイテープナチュラルです。
    このアイテープは貼りつけたうえからメイクできるタイプで、アイシャドウでカモフラージュしてより自然に見せることができます。
    テープ自体が肌に近い色をしているため、ナチュラルなアイメイクで仕上げてもバレにくいのが人気のポイント。
    接着力もあり取れにくく二重線をキープしやすいのも高評価できる理由です。

    幅がやや広めに作られているため、細めのアイテープでは二重線が作りにくいという方に向いています。
    まぶたに貼ってサイズが大きいと感じた場合は、両端をカットして使うといいですよ。

    【こちらもCHECK】プリュドール ふたえ用アイテープ ナチュラルの使い方動画はこちら

    2位 ディーアップ ワンダーアイリッドテープ 片面タイプ

    ディーアップ ワンダーアイリッドテープ
    取れにくさ
    肌なじみのよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:144本(72組)
    テープのカラー:薄いベージュ

    ナチュラルなアイメイクをすることが多い方に人気なのが、つけまつげが有名なディーアップが販売しているワンダーアイリッドテープです。
    テープのうえからメイクができないため濃い色のメイクをするとやや浮いてしまいますが、ベージュ系の薄めのアイシャドウとは相性がいいのが特徴。
    水や汗で取れにくいためキープ力があり、二重線が長持ちするのも魅力のひとつです。

    テープの幅がやや小さめに作られているため、もともとうっすら二重のクセがある方やまぶたにあまり重さがない方に向いています。
    72組入って1,000円以下とコストパフォーマンスもよく、二重線を作りやすくするプッシャーもついているため片面アイテープデビューの方にぴったり。

    【こちらもCHECK】ディーアップ ワンダーアイリッドテープの使い方動画はこちら

    1位 BW ナチュラルアイテープ 素肌タッチのふたえテープ

     素肌タッチのふたえテープ
    取れにくさ
    肌なじみのよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:60本(30組)
    テープのカラー:ベージュ色

    素肌になじむ片面アイテープが欲しいという方におすすめなのがこちら。
    BW(ビューティーワールド)が販売している素肌タッチのふたえテープは、装着感が軽くテープを貼っていることを忘れてしまうような使い心地で人気を集めています。

    このテープはまぶたに溶け込むような色設計になっているのが特徴。
    アイシャドウを使わない日の二重線作りや、素肌に近い淡いカラーのアイシャドウを普段から使うことが多い方におすすめです。
    テープのうえからメイクができないため、アイシャドウを使用する場合は貼りつける前にアイメイクをしておいてください。

    水や汗に触れると取れやすいものの、その分オフしやすいのがメリットのひとつ。
    接着力が強いアイテープははがすときに負担を感じてしまう……という悩みを持つ方にもぴったりです。

    【こちらもCHECK】BW ナチュラルアイテープ 素肌タッチのふたえテープの使い方動画はこちら

    【両面タイプ】アイテープおすすめ人気ランキングTOP3

    重めのまぶたでも二重線を作りやすい両面タイプを使ってみたい!という方向けに、人気がある製品の特徴や違いを比較して紹介します。
    口コミを元に、筆者が「接着力」「化粧持ちのよさ」「コストパフォーマンス」の3つの基準でランクづけしました!

    3位 ディーアップ ワンダーアイリッドテープ エクストラ

    ディーアップ ワンダーアイリッドテープ エクストラ
    接着力
    化粧持ちのよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:120本

    二重グッズでおなじみのディーアップが販売しているアイテープ「エクストラ」は、接着力重視で両面タイプを探している方におすすめ。
    テープの素材がやや硬めのためまぶたをしっかり折りこむことができ、重さのあるまぶたでもはっきりした二重線が作りやすいと好評です。

    まぶた同士を接着するパワーはありますが、アイシャドウをのせて時間が経つとテープの端が剥がれやすいのがデメリット。
    濃いアイメイクをしないけれど二重線を作りたいという方や、やわらかいアイテープだと二重線がぼんやりしてしまうという方におすすめ!

    【こちらもCHECK】ディーアップ ワンダーアイリッドテープ エクストラの使い方動画はこちら

    2位 デコラティブアイズ 埋没式ふたえテープ(超強力タイプ)

    デコラティブアイズ 埋没式ふたえテープ
    接着力
    化粧持ちのよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:126本

    コストパフォーマンスのよさで両面アイテープを選びたい、という方におすすめなのがこちら。
    カラーコンタクトやつけまつげなどを展開するデコラティブアイズのアイテープは、「重めのまぶたでも二重が作りやすい!」と好評です。
    この超強力タイプは接着力があり、まばたきをしても取れにくいのがおすすめポイント。
    テープの端がチクチクしにくい形状で初心者でも使いやすく、両面タイプデビューの方にぴったりです。

    アイシャドウをのせると端が浮きやすく化粧持ちがやや悪いため、油分が少ないアイシャドウを使ったり外出先で二重のりを使用して化粧直ししたりするのが、きれいな二重線をキープするコツ。
    皮膚にぴたっと密着するため、オフする際はお湯でしっかりふやかしてやさしく落としてください。

    1位 ディーアップ ワンダーアイリッドテープ マイルド

    ディーアップ ワンダーアイリッドテープ マイルド
    接着力
    化粧持ちのよさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:120本

    チクチクしないアイテープが欲しい!という方にぴったりなのが、ディーアップのワンダーアイリッド「マイルド」タイプです。
    やわらかいテープで装着している部分がチクチクしにくく、名前の通りマイルドなつけ心地が特徴。
    接着力がありメイクをしても浮きにくいキープ力も魅力のひとつです。

    コストパフォーマンスもよく、毎日使いする方でも続けやすい価格というのも人気の理由。
    硬めのテープだと目の端に刺さって違和感を覚えてしまう、メイクしてもバレにくい両面アイテープが欲しいという方におすすめ!

    【ファイバータイプ】アイテープおすすめ人気ランキングTOP3

    アイテープのなかでもバレにくいと好評のファイバータイプは、さまざまなブランドから販売されていてどれを選ぶべきか迷ってしまうものです。
    使いやすいファイバーアイテープを探している方のために、人気のある製品3つをピックアップして紹介します。
    口コミや特徴を筆者が分析し、「接着力」「キープ力」「コストパフォーマンス」の基準で評価しました!

    3位 オートマティックビューティ メジカルファイバー

    オートマティックビューティ メジカルファイバー
    接着力
    キープ力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:60本

    アイテープのテカリが気になるという方におすすめなのが、二重グッズを豊富に取り揃えるオートマティックビューティーのメジカルファイバーです。
    目立ちにくい透明ファイバーで、伸び縮みしないタイプのためひきつり感が少ないのが人気のポイント。
    二重線を折り込む力はやや弱いため、まぶたが薄く二重のクセがつきやすい方に向いています。

    伸縮しないため表情の動きで取れることがありますが、装着中にプチッと切れないのがメリットのひとつ。
    伸びるタイプだとファイバーが切れて二重が取れてしまう……という悩みを持つ方にもおすすめです。

    2位 BN マイクロファイバーN レギュラー クリア

    接着力
    キープ力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:128本

    ファイバータイプ初心者におすすめなのが、アイメイク製品を豊富に取り揃える株式会社ビー・エヌのマイクロファイバーです。
    128本で1,000円程度とお値打ち価格で、「ファイバータイプのつけ方を練習したい!」という方にぴったり。
    リニューアルして接着力がアップし、二重線を作りやすくなっているのもおすすめポイントです。

    ファイバーの伸縮力がやや弱いため、二重のキープ力は中程度。
    長時間のお出かけの際はスペアを持っていって貼りなおしをするか、取れかけてきたら二重のりで化粧直しするといいですよ。
    伸縮力がソフトな分、ひきつりを感じにくいのがメリット。
    しっかり伸び縮みするファイバーは引っ張られる感じがして苦手、という方におすすめです!

    1位 メザイク フリーファイバー

    接着力
    キープ力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:60本

    伸縮力があり二重線が長持ちすると品質に定評があるのが、メザイクのフリーファイバーです。
    テープが縮む力でまぶたをしっかり折りこみ、くっきりした二重線を作りやすいのが人気のポイント。
    こちらの製品は貼って時間が経つと皮脂となじんで粘着力がアップするのが特徴で、キープ力に優れているのも高評価できる理由です。
    1本あたりの価格は他社に比べると割高ですが、二重線の作りやすさと持ちのよさから手放せないと多くのリピーターを生み出しています。

    伸縮力があるため人によっては多少ひきつりを感じてしまいますが、縮む力が弱いファイバーだと二重線がはっきりしないという方にはぴったり。
    表情の動きやまばたきにあわせて伸び縮みするため持ちがよく、接着力・キープ力優先で選びたい方におすすめです!

    【こちらもCHECK】メザイク フリーファイバーの使い方動画はこちら

    アイテープの使用上の注意点

    ぱっちりかわいらしい目元を作るアイテープは、使用するうえでいくつか注意しておきたいことがあります。
    目の粘膜周辺は皮膚が薄く敏感で、丈夫な肌質の方でもトラブルを起こしてしまうことがあるのです。
    うっかり油断して目元を傷つけないよう、次の3つの注意点を守って慎重に使用しましょう!

    ① かゆみ・赤みが出たら使用を中止する

    目 下 クマ

    アイテープを目元に貼ってかゆみや赤みなどの異常を感じたら、すぐに使用を中止してください。
    体質によってアイテープに含まれる接着成分にアレルギー反応を起こすことがあるため、注意が必要です。
    粘膜周辺は化粧品成分を吸収しやすいため刺激を感じやすい部分で、今まで保湿剤やメイクアップ化粧品でトラブルが起きたことがない方でもかぶれることがあります。
    かゆみ・赤み・腫れなど皮膚トラブルがおさまらない場合は、眼科・皮膚科を受診し適切な処置を受けましょう。

    また目の形にアイテープがあっていないと、まばたきをする際に皮膚がこすれて炎症を起こすケースもあります。
    アイテープを貼った状態でまばたきをし、皮膚に強く食い込んだり端が刺さったりする感覚があるなら形があっていないサイン。
    「せっかく買ったしもったいない……」とムリに使い切ろうとせず、より小さいサイズのアイテープを試すなど目の形にあった製品に切り替えましょう。

    ② ファイバータイプは引っ張りすぎに注意

    目

    目立ちにくくナチュラルに仕上がると人気のファイバータイプは、貼りつける際に引っ張りすぎないように注意しましょう。
    強く引っ張って貼ると切れてしまったり、皮膚が伸びてまぶたのたるみの原因となったりします。
    製品のパッケージや説明書に書かれている、テープを伸ばす長さの目安を確認してください。

    ③ 皮膚を引っ張らずにやさしくオフしよう

    クレンジング

    アイテープを外すときに注意したいのが、皮膚に負担をかけずにオフすることです。
    テープを引っ張るように外してしまうと皮膚に負担がかかり、炎症やたるみなどの肌トラブルを起こす原因となります。

    目元の皮膚は薄くとても繊細なため、引っ張って外すのは厳禁。
    アイテープはクレンジング剤やお湯に触れると接着力が弱まり外しやすくなります。
    洗浄剤を使って接着成分を落としやすくしてからアイテープを外すように意識しましょう。
    落ちにくいアイライナーやマスカラを併用する場合は、部分用のクレンジング(アイメイクリムーバー)を使用してきちんとメイクを落としてください。

    アイテープとアイシャドウ、メイクの順番は?

    女性 アイメイク

    ぱっちり二重を作るアイテープを使うとき迷うのが、アイメイクの順番です。
    アイシャドウをまぶたにのせる手順を間違ってしまうと、テープが貼りつかなかったり外出先ではがれやすくなったりと、メイクの仕上がりに影響が出てしまいます。

    二重メイクを楽しむために、タイプ別の正しいメイクの順番を把握しておきましょう!

    片面タイプの場合

    まぶた同士を貼りつけない片面タイプは、基本的にアイメイクを完了させてから使用します。
    テープの上からアイシャドウを塗ってもパウダーがうまくのらず、白っぽく浮いてしまうためメイクをしてから貼りましょう。

    一部の製品はテープを貼ってからメイクができる特殊な素材で作られているものもあります。
    必ず使用前にパッケージをよく読んで正しいメイクの順番を確認しておきましょう。

    両面タイプの場合

    まぶたを接着させる両面タイプを使うときは、アイテープで二重線を作ってからアイメイクをしてください。
    アイシャドウをのせてからテープを貼ると、メイクした部分が折り込まれて見えなくなってしまいます。

    アイテープの上からメイクをするときは、強く圧をかけずにアイシャドウをのせるのがポイント。
    まぶたを引っ張ったり圧をかけたりすると接着が取れることがあるため、やさしくメイクをするように心がけましょう。

    ファイバータイプの場合

    ナチュラルな仕上がりで人気のファイバータイプは、貼りつけてからアイシャドウをのせます。
    先にメイクをしてしまうとファイバーが貼りつきにくいため注意しましょう。
    「メイクを完成させてから二重線を作りたい……」という場合は、専用のアイテムを使うといいですよ。

    ふたえチップ

    アイテープの仕上がりをキープするコツ

    アイテープユーザーは「メイクしたてはぱっちり二重でも、時間が経過するとはがれてしまう……」という悩みをかかえがち。
    出先で二重が崩れてしまうとがっかりしてしまいますよね。
    どうすればメイクの持ちがよくなるのか、はがれにくくするコツを紹介します!

    メイク前にまぶたをきれいにしておこう

    あぶらとり紙

    アイテープを使ってメイクアップしたときは、まずは貼りつけたい部分を清潔にしておくことがポイント。
    余分な皮脂や汗が肌表面にあるとテープの接着力が弱くなってしまうため、汚れをしっかりオフしておきましょう。

    表面にしっとり感が残る美容液やクリームをまぶたに塗るとアイテープが貼りつきにくいため、サラッと仕上がる保湿剤で整えておくのがおすすめです。

    目元はパウダーシャドウで仕上げるのが◎

    アイシャドウ カラー 単色

    アイテープは油分や水分が付着すると接着力が弱くなってしまいます。
    リキッドやクリームタイプの化粧品を使うとアイテープがはがれやすくなるため、サラサラした仕上がりのパウダータイプのアイシャドウでメイクするといいでしょう。
    テープの接着力を邪魔しないアイシャドウが欲しいなら、成分表を見てスクワランや植物オイルがなるべく含まれていないものをチョイスしましょう。

    油性成分を含まないパウダーアイシャドウを探すなら、肌負担が少ないことで注目されているミネラルコスメブランドがおすすめ。
    下の写真のオンリーミネラルのアイシャドウは、ミネラル100%で油分や乳化剤を含んでいないのが特徴。
    サラッとした使用感でアイテープの接着の邪魔になりにくい処方で、アイテープ愛用者にぴったりです!

    応急処置は二重のりを使うのがおすすめ

    メイク 失敗

    アイテープがはがれにくいように工夫しても、時間が経つと表情の動きや皮脂のせいで部分的に取れてしまうことがあります。
    外出先でアイテープの端がはがれて浮いてしまったときは、応急処置として二重のりを使うのがおすすめ。

    はがれてしまった部分に二重のりを塗り、指先や綿棒で軽くテープを押さえるように接着するといいですよ。
    アイテープをして外出するときは、二重のりを持ち歩いてきれいなアイメイクをキープできるよう工夫してみてください。

    Amazon&楽天のアイテープ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    アイテープでぱっちり目元をゲットしよう!

    目元

    二重メイクアイテムのひとつであるアイテープは、「一重で目元が厚ぼったくて自信が持てない」「左右の二重幅が非対称でアンバランスに見える」という悩みに応えてくれるグッズです。
    アイテープは主に片面・両面・ファイバーの3種類あり、まぶたの厚みや目の形にあわせて選ぶことが大切。

    メイクのしやすさや接着面の広さなど製品ごとの特徴を把握して、アイテープをフル活用してみてください!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    【あわせて読みたい】アイメイクに関連するおすすめ記事はこちら

    プチプラアイクリームおすすめ人気ランキングTOP12!小じわ対策商品も【2018年最新版】

    2018.10.02

    二重美容液おすすめ人気ランキングTOP5!効果や使い方&口コミについても【2018年最新版】

    2018.07.25

    アイプチテープおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.27

    アイメイクリムーバーおすすめ人気ランキングTOP5!落とし方も【2018年最新版】

    2018.03.26

    アイプチおすすめ人気ランキングTOP15!やり方のコツについても【2018年最新版】

    2018.01.21

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。