プチプラCCクリームおすすめ人気ランキングTOP5【2019年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • 肌にあう色味で選ぼう
      →ベースメイクアイテムを買い替えるときは今の肌トーンにあうかどうかテスターやサンプルなどで試してみる。
    • 乾燥が気になるなら保湿成分をチェック!
      →水分をキープするヒアルロン酸やオイルなどの成分を配合しているものがおすすめです。
    ファンデーション コスメ

    ベースメイクに使用する化粧品は下地やファンデーションなどさまざまな種類がありますが、最近CCクリームの存在が注目を浴びています。
    ナチュラルな仕上がりと軽い使用感が魅力のCCクリームですが、価格が高いものはなかなか手を出しにくいですよね。
    手軽に試せるCCクリームを使ってみたいと考えている方のために、プチプラ品をランキングで紹介します!
    CCクリームの特徴や基本的な使い方もチェックして、ベースメイクの仕上がりをワンランクアップさせましょう。



    プチプラCCクリームの基礎知識

    下地 bb

    くすみや毛穴などを隠して肌を整えるベースメイクアイテムは、特徴を把握して今の肌悩みにあうかどうか見極めて選ぶ必要があります。
    CCクリームはBBクリームやファンデーションと違いがあるのか、どんな悩みをカバーするのに適しているのかをチェックしておきましょう!

    【こちらもCHECK】化粧下地に関連するおすすめ記事はこちら

    CCクリームおすすめ人気ランキングTOP15!韓国のものや敏感肌も【2018年最新版】

    2018.02.10

    化粧下地おすすめ人気ランキングTOP15!下地とは?塗り方についても【2018年最新版】

    2018.01.30

    敏感肌向け化粧下地おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.29

    CCクリームとは?

    新しいベースメイクアイテムとして話題になっているCCクリームは、”Color Control(色をコントロールする)”という英語が由来です。
    1本でベースメイクを済ませる時短アイテムとして使えるほか、化粧下地の代用品としても活用可能。

    CCクリームは肌のトーンやデコボコを補正し、自然に美しく見せるのが大きな特徴です。
    似ているアイテムのひとつにBBクリームがありますが、これは”Blemish(傷) Balm(軟膏)”を意味するもので、美容施術後の肌を守りながら傷跡を目立たなくする目的で開発されています。
    CCクリームはBBクリームと比べてカバー力が控えめで、素肌っぽさを残しつつくすみや色ムラを補正するのが役割です。

    プチプラCCクリームはいくらで買える?

    CCクリームはドラッグストアで購入できるお手ごろなブランドから、百貨店にカウンターを構えるデパコスブランドまで幅広い価格帯の製品があり、どれを選ぶか悩んでしまうもの。
    この記事では「初めてCCクリームを使うならリーズナブルなものから試してみたい」と考えている方向けに、定価(税抜き価格)が2,000円以下で購入できるものをピックアップして紹介します。

    プチプラCCクリームを初めて買うならここを必ず押さえよう

    手間をかけず美肌を作りこめるCCクリームは、プチプラブランドから数多くの製品が発売されています。
    お気に入りのプチプラCCクリームを見つけるためにも、次の2つのポイントを把握してコスメ選びをしましょう!

    ① 肌にあう色味で選ぼう

    ファンデーション

    CCクリームは製品ごとに色味が異なり、カバーするのに適した肌悩みにも違いがあります。
    今の肌トーンにあうかどうかだけでなく、抱えている悩みにマッチしているか確認して購入しましょう。

    普段から顔色が悪く見えがちで血色感がないことで悩んでいるなら、ピンクカラーがミックスされたCCクリームがおすすめです。
    肌に赤みがある方はピンクが混ざったカラーだと赤っぽさが強調されてしまうため、オークルやベージュなどの色味が向いています。

    肌は紫外線量が多くなる季節は日焼けしてトーンが暗くなることがあるため、シーズンごとに色味を見直すことも大切。
    一年通して同じカラーのCCクリームを使うと色浮きの原因となるため、ベースメイクアイテムを買い替えるときは今の肌トーンにあうかどうかテスターやサンプルなどで試してみるといいでしょう。

    ② 乾燥が気になるなら保湿成分をチェック!

    EGF配合化粧品

    朝のメイク前に丁寧に保湿ケアをしても乾燥が気になる方は、保湿成分にこだわってCCクリームを選んでみましょう。
    空調が効いたオフィスや紫外線を浴びる環境にいると肌が乾燥しやすくなるため、水分をキープするヒアルロン酸やオイルなどの成分を配合しているものがおすすめです。

    肌の皮脂量が少なめでカサつきやすいならオイル成分(ホホバオイルスクワラン)を豊富に含むものを、皮脂が多いのに水分量が低下しやすい肌なら水ベースの保湿成分(ヒアルロン酸やコラーゲンなど)をメインに配合しているCCクリームを選んでみてください。

    プチプラCCクリームおすすめ人気ランキングTOP5

    自然に肌悩みをカバーするプチプラCCクリームは、どのブランドの製品も魅力的で選ぶのに迷ってしまいますよね。
    お気に入りの1本を見つけたいという方のために、人気の5つのCCクリームをランキングで紹介します。

    配合成分や口コミをもとに、筆者が「補正効果」「保湿力」「コストパフォーマンス」の3つの基準で評価しました。
    製品ごとの違いや成分を比較し、今の肌悩みにあうプチプラCCクリームを見つけてください!

    5位 インテグレート ミネラルベース CC

    インテグレート ミネラルベース CC
    補正効果
    保湿力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:20g
    カラー展開:ピンクベージュ(全1種)
    主な保湿成分:ステアリン酸など
    UVカット数値: SPF30/PA+++

    資生堂のプチプラブランドであるインテグレートは、「手ごろな値段で質のいいベースメイクが買える!」と人気。
    保湿力がやや低いため乾燥肌にはやや不向きですが、カサつきが気になるならメイク前にフェイスオイルやクリームで油分を補っておくといいでしょう。

    サラっとした質感でベタつきにくく、テカリが気になる普通肌~オイリー肌の方におすすめ。
    カラーはほんのりピンクがかったベージュ色で、自然にくすみをカバーできるのが特徴です。
    シミやそばかすまでしっかり隠すカバー力はないため、薄づきで透明感ある仕上がりが好みの方に向いています。

    4位 メイベリン ピュアミネラル CC ブライトアップ

    補正効果
    保湿力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:30mL
    カラー展開:01ブライトオークル、02ピンクベージュ(全2種)
    主な保湿成分:ステアリン酸、マンニトール
    UVカット数値:SPF37/PA+++

    「しっかりスキンケアしているのに肌のくすみが気になる……」という悩みを抱える方におすすめなのが、メイベリンから発売されているピュアミネラルCCブライトアップです。
    クリームのなかには色ムラを補正をする成分を含んだカプセルが配合されているのが特徴のひとつ。軽くタッピングしながら肌になじませることでカプセルが弾け、色素が発色して毛穴やくすみをカバーしてくれます。

    カラー展開がオークルとピンクベージュの2種類あり、肌の悩みにあわせて選べるのもおすすめポイント。
    くすみを自然に飛ばしたい方はブライトオークルを、血色感がないことで悩んでいる方はピンクベージュを選ぶといいですよ。
    ステアリン酸やマンニトールなど肌の潤いを保つ成分が含まれていますが、保湿力はノーマルで普通肌~オイリー肌の方におすすめ。
    ベタつかない仕上がりが好みの方や、圧迫感がない軽いつけ心地のCCクリームを探している方に向いています。

    【こちらもCHECK】メイベリン ピュアミネラル CC ブライトアップのレビュー動画はこちら

    3位 KO・GA・OH!(コガオウ) ウォータリーフィットCCジェル

    KO・GA・OH!(コガオウ) ウォータリーフィットCCジェル
    補正効果
    保湿力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:30g
    カラー展開:ライトオークル、ナチュラルオークル(全2種)
    主な保湿成分:ヒアルロン酸、コラーゲン、アルガンオイル
    UVカット数値:SPF32/PA+++

    プチプラスキンケア製品を取り揃えるウテナのウォータリーフィットCCジェルは、軽いつけ心地と保湿力を求めている方におすすめ。
    ジェルベースでクリームのようにベタつかず、サラっとみずみずしい使用感のベースメイクアイテムが好きな方に向いています。
    伸びがよくムラになりにくい質感で、手早く均一に広げられるのも人気のポイント。
    日常使いしやすいUVカット数値で、買い物や短時間のおでかけにぴったりです。

    肌を持ち上げて引き上げる3D復元型ゼリーを配合しており、たるみを引き締めて小顔に導いてくれるのも魅力のひとつ。
    カバー力が控えめで素肌っぽさを残せるCCクリームで、軽くトーンアップさせたい方や毛穴やフェイスラインのたるみを補正したい方におすすめです。

    【こちらもCHECK】KO・GA・OH!(コガオウ) ウォータリーフィットCCジェルのレビュー動画はこちら

    2位 リンメル CCクリーム エアリーフィニッシュ

    リンメル CCクリーム エアリーフィニッシュ
    補正効果
    保湿力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:30g
    カラー展開:001明るい肌色、002自然な肌色(全2種)
    主な保湿成分:ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワランなど
    UVカット数値:SPF50+/PA++++

    補正効果と保湿力にこだわるなら、イギリス発のプチプラブランドであるリンメルが発売しているこちらのCCクリームがぴったり!
    毛穴や色ムラを補正して肌を自然にトーンアップさせ、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が乾燥ダメージから守ってくれます。
    スクワランなどのオイル成分が配合されていますがベタつきがなく軽い使用感で、肌の水分と油分のバランスを整えながらメイクできると人気です。

    他社のCCクリームと比較するとカバー力があり、「肌悩みを隠したいけれどリキッドファンデーションは厚塗り感が気になる!」という方におすすめ。
    薄く塗り広げるとほどよく素肌っぽさを残せ、肌悩みがある部分は重ね塗りするとしっかりカバーできますよ。
    紫外線カット力が高めに作られているため、頻繁に化粧直しできないときや日差しが強い季節のメイクアップに適しています。

    【こちらもCHECK】リンメル CCクリーム エアリーフィニッシュのレビュー動画はこちら

    1位 毛穴パテ職人 ミネラルCCクリーム

    補正効果
    保湿力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:30g
    カラー展開:ナチュラルマット、エンリッチモイスト、ブライトアップ(全3種)
    主な保湿成分:ヒアルロン酸、ヒト型セラミド、 スクワランなど
    UVカット数値:SPF50+/PA++++

    「皮脂テカリを起こしやすいけれど乾燥も気になる!」という方におすすめなのが、下地やフェイスパウダーなどベースメイクを扱う毛穴パテ職人のミネラルCCクリーム。
    毛穴のデコボコやくすみをしっかりカバーしてつるんとした肌に見せる補正効果に優れており、ファンデーションなしでもきれいに仕上がると好評です。

    ヒアルロン酸やヒト型セラミドなど保湿成分を豊富に含んでおり、日中の乾燥ダメージから肌を守ってくれるのも魅力のひとつ。
    マット(ナチュラルマット)とツヤ(エンリッチモイスト・ブライトアップ)の2種類の仕上がりから選べ、肌質や季節にあわせて使い分けるのもおすすめです。
    CCクリームのなかでもUVカット数値があり、頻繁に化粧直しできないときに頼れるのも人気のポイント。
    つるんとした毛穴レス肌を目指したい方や、皮脂テカリと乾燥の両方に悩んでいる方に適したCCクリームです。

    【こちらもCHECK】穴パテ職人 ミネラルCCクリームのレビュー動画はこちら

    プチプラCCクリームの使用上の注意点

    時短メイクが叶う便利なCCクリームは、正しく使ってこそ本来の効果を楽しめるアイテムです。
    肌トラブルや化粧崩れを防いでメイクアップするために、次に解説する3つの注意点を守って使いましょう!

    ① 肌にあわない場合は使用を中止する

    女性 唇 トラブル

    新しいCCクリームを使いはじめてから、肌にかゆみや荒れなどの異常が現れたら使用を中止しましょう。
    配合されている成分が体質にあっておらず、アレルギー反応を起こしている可能性があります。
    今までに化粧品でトラブルを起こしたことがある方は、肌の様子を見ながら慎重に使ってください。

    ② 塗りすぎは厳禁!適量を意識しよう

    ファンデーション

    CCクリームを塗るときは、パッケージに書かれている使用量を守ることが大切です。
    必要量以上使いすぎるとメイクの層が厚くなり、表情の動きや皮脂による崩れを起こしやすくなるため注意しましょう。

    肌悩みが気になる部分に少量重ね塗りする程度なら問題ありませんが、たっぷり重ねると化粧崩れしやすくなります。
    表情筋が大きく動く目元・口元や皮脂量が多い鼻周りは時間の経過とともにヨレやすいため、このパーツは薄く伸ばすことを意識するといいでしょう。

    ③ 使用後はクレンジングでしっかり落とす

    マスカラ クレンジング

    軽い使用感のCCクリームは、一般的なベースメイクアイテムに比べ肌負担が少ないのが魅力のひとつです。
    最近では肌負担が少なくクレンジング不要のベースメイクが増えています。
    「肌にやさしい=クレンジングがいらない」というイメージが浸透していますが、CCクリームを使った日はクレンジングでしっかりメイクを落としましょう。

    一部のCCクリームはクレンジング不要と明記されているものがありますが、マイルドな洗顔料だと落としきれないことがあります。
    洗顔料だけで落とせると書いてある製品でも、洗いあがりにベタつきやヌルつきが気になる場合はクレンジングを併用してダブル洗顔するといいでしょう。

    【こちらもCHECK】クレンジングに関連するおすすめ記事はこちら

    クレンジングバームおすすめ人気ランキングTOP10!使い方の解説も【2019年最新版】

    2019.02.03

    毛穴用クレンジングおすすめ人気ランキングTOP13!黒ずみや汚れの解説も【2019年最新版】

    2019.01.27

    クレンジングフォームおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.01

    プチプラCCクリームとほかのベースメイクアイテムは併用してもいいの?

    ファンデーションの代わりとして使える便利なCCクリームですが、肌のコンディションによっては物足りなさを感じてしまうこともあります。
    「汗をかく季節はマットに仕上げたい」「もう少しカバー力が欲しい」という悩みを感じたとき、どうやってほかのベースメイクアイテムと組み合わせるのかを解説!
    コンディションにあわせて賢くCCクリームを使いこなすコツをマスターしましょう。

    テカリや崩れが気になるならパウダーでおさえる

    パウダー

    気温が高くなってくる季節、CCクリームだけでメイクを済ませると時間の経過とともにテカリが気になることがあります。
    皮脂の分泌が活発でテカってしまうときは、フェイスパウダーを使うのがおすすめ。
    パウダーが余計な油分を吸着してテカリを抑えてくれますよ。

    顔全体にパウダーをのせると目元や頬がパサついてしまう方は、皮脂分泌が多いTゾーン(額と鼻)のみ使用するのがベスト。
    気候や肌質にあわせてフェイスパウダーをプラスし、テカリ対策をしてみてください。

    CCクリームならではの素肌っぽさをキープしたい方は、カバー力が控えめな透明カラーのフェイスパウダーを重ねるのがおすすめ。
    肌の赤みや色ムラが気になる方は、ベージュやオークルなどの色味のがついているフェイスパウダーを使うといいでしょう。

    【こちらもCHECK】フェイスパウダーに関連するおすすめ記事はこちら

    フェイスパウダーおすすめ人気ランキングTOP15!プチプラやブラシも【2018年最新版】

    2018.03.26

    カバー力重視のフェイスパウダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.26

    フェイスパウダーブラシおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.20

    しっかりカバーしたい日はファンデーションを重ねる

    ファンデーション

    紫外線ダメージや肌荒れが気になるときは、薄づきのCCクリームだけでは肌悩みをカバーしきれないときもありますよね。
    カバー力が足りないと感じたら、CCクリームを下地として使ってファンデーションを重ねてもOKです!

    しっかりメイクした印象の肌にするならカバー力があるリキッドやクリームファンデーションを使うのがおすすめ。
    「リキッドファンデーションは厚塗り感が出てしまう……」と気になる方は、パウダータイプのファンデーションを重ねてベースメイクをしてみてください。

    Amazon&楽天のCCクリーム人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    プチプラCCクリームで透明感ある肌を作りこもう!

    美肌 女性

    CCクリームは自然にくすみや毛穴をカバーし、素肌から美しいような印象を簡単に作れるベースメイクアイテムです。
    リキッドファンデーションやBBクリームだと厚塗り感が気になってしまう方や、パウダーファンデーションだとパサつきや乾燥が気になる方にぴったり。
    2,000円以下で購入できるプチプラ品なら、初めてでも気軽にチャレンジできますよ。

    CCクリームは製品ごとに補正力や使い心地が異なるため、違いをしっかり把握して今の肌悩みにあっているか確認して選んでください。
    肌のトーンをコントロールするCCクリームを上手に使いこなして、ナチュラルで透明感あるメイクを楽しみましょう!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    【あわせて読みたい】化粧下地に関連するおすすめ記事はこちら

    30代向け化粧下地おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.02.19

    40代向け化粧下地おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.02.13

    毛穴カバー化粧下地おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.27

    カバー力の高い化粧下地おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.24

    日焼け止め効果のある化粧下地おすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.12.27

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。