敏感肌向け乳液おすすめ人気ランキングTOP5【2019年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • 刺激リスクのある成分がカットされているかどうか
      →アルコール・香料・着色料をカットしてある乳液がおすすめ。
    • 保湿成分に注目!
      →水分キープ力に優れているヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分がおすすめ。
    乳液

    季節の変化やホルモンバランスの影響を受けやすい敏感肌は、スキンケア選びに気をつかう肌質です。
    保湿の仕上げに使う乳液はクリームよりもみずみずしく、ジェルよりもしっとり感が残ることから人気を集めています。
    最近では敏感肌向けの乳液が増えていて、使ってみようと思ってもどれを選ぶべきか悩んでしまいますよね。

    肌質や使用感の好みにあった乳液を探している方のために、最新の人気ランキングをチェックしてみましょう!
    健康的な肌を目指すなら知っておきたい選び方・使い方の基本も解説します。

    敏感肌向け乳液の特徴とは?

    化粧品 乳液 手

    油分と水分をバランスよく補給できる乳液は、化粧水や美容液で整えたあとに使用する基礎化粧品です。
    乳液は洗顔後の肌に油分の膜を作り、乾燥をブロックして潤いを保つ役割を持っています。

    敏感肌は肌表面のバリア機能が弱って刺激を受けやすい状態で、化粧品に含まれる香料やアルコールなどに過敏に反応しやすいのが特徴。
    敏感肌向け乳液は刺激のもとになる成分をなるべくカットしてあり、ヒリつきや赤みを感じやすい肌質でも使いやすいよう処方が工夫されています。

    【こちらもCHECK】乳液に関連するおすすめ記事はこちら

    美白乳液おすすめ人気ランキングTOP10【2019年最新版】

    2019.05.29

    プチプラ乳液おすすめ人気ランキングTOP19【2019年最新版】

    2019.02.02

    乳液おすすめ人気ランキングTOP21!保湿ケアの基本も解説【2019年最新版】

    2019.01.31

    乳液とクリームは併用するべき?

    クリーム

    スキンケアの最後に使用する基礎化粧品といえば、乳液のほかにクリームもあります。
    この2つの基礎化粧品は同じ役割を持っているため、基本的にどちらか一方を使えばOK。
    みずみずしい質感が好みなら乳液を、しっとりした使用感が好みの方はクリームを使うといいでしょう。

    もし乳液を塗って部分的に乾燥が気になる場合は、クリームを重ねづけして潤い補給をしても構いません。
    人の肌は気候や体調によって水分・油分量が変化するため、コンディションにあわせて基礎化粧品を使いましょう。
    クリームを塗るとベタつきやテカリが気になる季節は乳液で仕上げ、空気が乾燥する秋~冬はカサつく部分にクリームを重ねるなど、肌の調子にあわせたスキンケアをしてください。

    敏感肌向け乳液を初めて買うならここを必ず押さえよう

    刺激を感じやすい敏感肌は、毎日のスキンケアにどんな化粧品を使うべきか気をつかうもの。
    ヒリつきや赤みが出やすい肌質にあう乳液を見つけたい……と考えているなら、次の2つの基本ポイントを基準にして選んでみましょう。

    ① 刺激リスクのある成分がカットされているかどうか

    成分 イメージ

    ヒリヒリしやすい敏感肌で悩んでいるなら、刺激のもとになる成分をなるべく避けて基礎化粧品選びをしましょう。
    外部からの刺激を感じやすい肌質の方は、アルコール・香料・着色料をカットしてある乳液がおすすめです。

    パッケージや成分表を見て、これらの成分が含まれていないか確認して選ぶといいでしょう。

    ② 保湿成分に注目!

    EGF配合化粧品

    敏感肌はバリア機能が弱っている影響で水分が蒸発しやすく、保湿力のある乳液で足りない潤いを補う必要があります。
    乾燥が進んでカサつきやゴワつきが気になるなら、どんな保湿成分が配合されているかに注目してみてください。
    保湿ケアをしてもすぐに肌の乾燥を感じる方は、水分キープ力に優れている以下の成分がおすすめです。

    • ヒアルロン酸
    • コラーゲン
    • セラミド
    • ワセリン
    • アミノ酸

    このほかにも、油分が不足して肌がつっぱりやすいならオリーブやホホバなどのオイル成分を配合している乳液を選ぶといいですよ。

    敏感肌向け乳液の上級者目線での選び方

    国内外問わずさまざまなメーカーから販売されている敏感肌向け乳液は、選択肢が多くひとつにしぼり込むのに時間がかかりますよね。
    「せっかく買うなら今の肌にあう乳液を探したい!」と考えているなら、上級者目線での選び方もチェックしておきましょう。

    ① 肌悩みにあう乳液を選ぼう

    スキンケア 鏡 女性 肌

    乳液選びに迷ってしまったら、今抱えている肌悩みに適しているかどうかに注目してみましょう。
    「乾燥だけでなく肌荒れも気になる」「紫外線ダメージをケアしたい」など、現在のスキンケアでは足りないポイントをイメージして選ぶのがおすすめです。

    ニキビ・肌荒れが気になるなら抗炎症成分を配合しているものを、紫外線ダメージをケアしたいなら美白成分を配合しているものを選んでみてください。

    ② 続けられる価格かどうか

    財布

    弱ったバリア機能を立て直すには、長期戦を見込んでスキンケア製品を選ぶことが大切です。
    肌状態にあう敏感肌向け乳液が見つかっても、使用期間が短いと化粧品が持つ効果を実感しにくくなってしまいます。

    まずは1本じっくり使い、肌にあっていると感じたら最低でもワンシーズン(3~4ヶ月程度)使い続けるのがおすすめ。
    継続して購入できるかどうか内容量と価格をしっかり比べて乳液選びをしてみましょう。

    ③ ミニサイズから試すのもおすすめ

    ミニサイズ ボトル

    「今まで使ったことがない化粧品をいきなり現品で購入するのには抵抗がある……」という方は、ミニサイズやサンプルから試してみるといいでしょう。
    敏感肌向けのスキンケア製品を取り扱うブランドの多くは、肌にあうか試すのに適したミニサイズセットを販売しています。

    じっくり試したい方は、サンプルを使ってみてトラブルが起きなかったらミニサイズを購入し、手応えがあったら現品を購入するといいですよ。

    敏感肌向け乳液の最安値と価格帯の特徴一覧

    刺激を感じやすい敏感肌向けの乳液は、価格をしっかり比べて選びたいもの。
    目的や好みにあう乳液を手に入れるにはどのくらいの予算が必要なのか、最安値と価格帯の特徴を解説します!

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約700円~1,500円~4,000円約5,000円~
    特徴プチプラブランドから販売されているシンプルな処方の乳液や、ミニサイズセットは1,000円以下の値段で購入できます。売れ筋の乳液は~4,000円程度で購入でき、ドラッグストアやバラエティストアで気軽に試せるのが特徴です。
    資生堂やコーセーなどの大手ブランドの乳液は取り扱い店舗が多く、美容部員に肌状態を相談しながら基礎化粧品を選ぶこともできます。
    ドクターズコスメや百貨店ブランドの乳液は少量で高価な製品が多く、1本1万円を越えるものも存在します。

    敏感肌向け乳液おすすめ人気ランキングTOP5

    メイクや紫外線、そして化粧品による刺激を受けやすい敏感肌。
    最近はマイルドな使用感にこだわって作られた基礎化粧品が続々と発売されていて、どの乳液を使えばいいのか迷ってしまいますよね。

    敏感肌向け乳液選びに悩む方のために、最新のおすすめランキングを紹介します!
    人気の製品5つを、配合成分や価格をもとに筆者が「肌なじみのよさ」「保湿成分」「コストパフォーマンス」の3つの基準で評価しました。

    5位 dプログラム モイストケア エマルジョン R

    肌なじみのよさ
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:100mL
    保湿成分:濃グリセリン、ワセリン、エリスリトールなど
    薬用成分:グリチルリチン酸ジカリウム、トラネキサム酸

    季節の変わり目にときどき肌が敏感になる……という方におすすめなのが、資生堂の敏感肌向けブランドのdプログラムから販売されているこちらの乳液です。
    アルコールや香料など敏感肌にとって負担となる成分をカットしてあるだけでなく、薬用成分を配合しているのが特徴。
    炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムと、抗炎症・美白効果が期待できるトラネキサム酸が赤みを抑えて健康的な肌に導きます。

    サラサラした使用感でベタつきが残りにくく、肌なじみのよさを追求してあるのも人気のポイント。
    セラミドやヒアルロン酸は入っていませんが、エリスリトール(糖質)やワセリンなど保湿性に優れた成分を厳選して配合してあります。
    赤みや肌荒れを抑えつつ美白ケアもしたい方や、肌なじみのよさを優先して乳液を選びたい方におすすめです!

    4位 カルテ クリニティ モイスト エマルジョン

    肌なじみのよさ
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:100mL
    保湿成分:水素添加大豆リン脂質、コレステロール、ゼニアオイエキスなど
    薬用成分:グリチルリチン酸ジカリウム

    コーセーのカルテクリニティから販売されているモイストエマルジョンは、肌のバリア形成に関係しているコレステロールに着目した乳液です。
    コレステロールは外部からの刺激をはね返すバリア機能をサポートする成分として最近注目されており、赤みや乾燥が気になる方にぴったり。
    炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムを配合した薬用処方で、荒れがちな肌をいたわりながら保湿ケアできます。

    テクスチャーがやや硬めの乳液ですが伸びがよく、肌にのせるとサラッとベタつきが残りにくいのもおすすめポイント。
    保湿力は中程度で水分量が低下した肌だと少し物足りなさを感じるため、美容液やクリームなど肌質にあわせて基礎化粧品を組み合わせるといいでしょう。
    肌のバリア機能を立て直したい方や、素早くなじむ乳液を探している方におすすめです。

    【こちらもCHECK】カルテ クリニティ モイスト エマルジョンのレビュー動画はこちら

    3位 無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ

    肌なじみのよさ
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:50mL/200mL/400mL
    保湿成分:グリコシルトレハロース、オリーブ果実油、ホホバ種子油など
    薬用成分:なし

    毎日使う基礎化粧品はなるべく予算を抑えて選びたい……と考えているなら、無印良品の敏感肌用乳液・高保湿タイプがおすすめ。
    サイズが3種類あり、ビッグサイズの400mLでも1,500円以下(定価)とリーズナブルな価格設定が魅力的です。
    本製品は上の画像の高保湿・さっぱり・しっとりの3タイプあり、肌質や好みの使用感にあわせて選べます。
    高保湿タイプは3タイプのなかでも仕上がりがもっちりしていて、軽い使用感の乳液では満足できない方におすすめです。

    肌なじみはゆっくりめでややヌルつきが残りますが、コットンを使用してムラなく伸ばせばスッと浸透します。
    保湿力はノーマルで肌の水分・油分量が少ない方だと物足りなさを感じることがあるため、肌質・気候にあわせて美容液やクリームを併用するといいでしょう。

    【こちらもCHECK】無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプのレビュー動画はこちら

    2位 コラージュ 薬用保湿乳液

    肌なじみのよさ
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:80mL
    保湿成分:セラミド2、水溶性コラーゲン液など
    薬用成分:γ-オリザノール、グリチルレチン酸ステアリル

    肌の皮脂・水分量が少なく乾燥しやすいことで悩んでいるなら、持田製薬会社のコラージュから販売されている薬用保湿乳液がおすすめ。
    皮脂の分泌を促すオリザノールを配合しており、油分不足でカサつく肌をなめらかに導くのが特徴です。
    保湿成分のなかでも優秀なヒト型セラミドも入っており、乾燥対策に重点を置いた作りになっています。

    炎症を抑える薬用成分であるグリチルレチン酸ステアリルが、敏感肌に起きがちなトラブルを落ち着かせるのも魅力のひとつです。
    肌なじみはややゆっくりですが浸透するとベタつかず、メイクの邪魔にならないのもおすすめポイント。
    原価が高いヒト型セラミドを配合しているため少し値段が張るものの、乾燥のせいで敏感になりやすい肌質なら試してみたい乳液です。

    1位 ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク

    ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク
    肌なじみのよさ
    保湿成分
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:100g
    保湿成分:アミノ酸、グリセリン、スクワランなど
    薬用成分:なし

    第一三共ヘルスケアのスキンケアブランド、ミノンのモイストチャージミルクは「しっとり潤う乳液が欲しいけれどベタつくのは嫌!」という方におすすめ。
    肌のバリア機能をサポートするアミノ酸を11種配合しており、乾燥肌でも満足できる保湿力が人気を呼んでいます。
    しっとり感が得られるテクスチャーですが肌がベタベタせず、なじみが早いため忙しい朝でも使いやすいのが魅力。
    クリームはベタッと重さが気になる、でもサラサラした乳液では満足できない……と悩んでいる方にぴったりです。

    価格は100gで2,000円(定価)と決して安くはありませんが、高すぎず継続して使いやすいのも高評価ポイントのひとつ。
    浸透性・保湿力・価格のバランスが取れていて、敏感肌向け乳液選びに迷ったらまずは試してみたい製品です。

    【こちらもCHECK】ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルクのレビュー動画はこちら

    敏感肌向け乳液の使用上の注意点

    ヒリつきや赤みが出やすい敏感肌向けの乳液は、正しく使ってこそ本来の効果を実感できるもの。
    健康的な肌を目指すなら、次に解説する2つの注意点を守ってスキンケアしましょう!

    ① 肌トラブルが起きた場合は使用を中止する

    肌 トラブル くすみ にきび

    敏感肌向けの乳液はマイルドな処方にこだわって作られていますが、肌質・体質によってはあわないことがあるため慎重に選びましょう。
    「アレルギーテスト済み」「スティンギングテスト済み」と表示がある製品でも、注意書きに「すべての方にアレルギーや皮膚刺激がおきないわけではありません」と記載されています。
    乳液を使いはじめてから肌に炎症やヒリつきなどのトラブルが起きたら、使用を中止しましょう。

    化粧品の使用による肌トラブル・アレルギー反応をたびたび起こしてしまう方は、皮膚科を受診してスキンケア方法を相談するなど対処してみてください。

    ② こすらずやさしくなじませる

    化粧水 コットン 女性

    保湿ケアをする際、手についつい力が入ってしまう……という方は要注意!
    バリア機能が弱っている敏感肌は摩擦刺激を受けやすいため、圧をかけずにすべらせるようになじませてください。

    コットンを日常的に使用する方は特に注意が必要です。
    コットンはムラなく肌に伸ばせるメリットがある一方、繊維による摩擦刺激のリスクがあります。
    スキンケアにコットンを使うとヒリつきやすい方、赤みが出やすい方は、手を使ってやさしくなじませるのがおすすめです。

    Amazon&楽天の乳液人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    敏感肌向け乳液で健康的な素肌を目指そう!

    美肌 笑顔

    外部刺激をはね返す力が弱くなっている敏感肌は、ヒリつきや赤みを感じやすく肌トラブルを起こしやすいのが特徴です。
    肌悩みが複雑な敏感肌向けに作られた乳液は、刺激を感じやすい肌質でもヒリヒリしにくい処方にこだわって作られています。

    敏感肌向け乳液はブランドによって保湿力や使用感に違いがあるため、成分表や口コミをしっかり確認して選んでみましょう。
    化粧品によるトラブルを起こした経験がある方は、サンプルやミニサイズから試して肌にあうか様子を見てみるのもおすすめです。
    マイルドな使い心地が特徴の敏感肌乳液で保湿ケアを続けて、トラブル知らずの健康的な肌を目指しましょう!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    【あわせて読みたい】乳液に関連するおすすめ記事はこちら

    セラミド配合乳液おすすめ人気ランキングTOP8【2019年最新版】

    2019.01.28

    ニキビに最適な乳液おすすめ人気ランキングTOP6【2018年最新版】

    2018.09.09

    保湿乳液おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.13

    アルビオンの乳液おすすめ人気ランキングTOP5!使い方も【2017年最新版】

    2017.12.21

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。