敏感肌でも使える肌に優しいアイシャドウおすすめ人気ランキングTOP7【2019年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • 好み・肌質にあう使用感で選ぶ
      →しっとりした塗り心地が好みならクリームタイプ、ベタつきを抑えたアイシャドウが欲しいならパウダータイプがおすすめ。
    • 欲しいカラーがあるかどうか
      →「オフィスメイクでも使える無難なカラーが欲しい」「トレンドカラーのアイシャドウを買っておきたい」というように、明確に目的を決めておく。
    アイシャドウ

    乾燥や刺激を感じやすい敏感肌は、アイシャドウをのせるとパサつきや肌トラブルが気になって思うようにメイクできないことがあります。
    肌が不安定なせいで化粧のりが悪いと悩んだら、敏感肌向けのアイシャドウを使ってみてください。

    肌負担を軽減した処方のアイシャドウは、トラブルを起こしやすい肌質におすすめです。
    アイメイクをもっと楽しみたいと考えている方のために、敏感肌向けアイシャドウの選び方や人気製品の最新ランキングを紹介します!



    敏感肌向けアイシャドウの基礎知識

    アイシャドウパレット

    敏感肌に適したアイシャドウとは?

    目元が乾燥してアイシャドウがのらない、赤みやかゆみが出やすい……など敏感肌はアイメイクに悩みを抱えがちです。
    バリア機能が低下し外部からの刺激を受けやすい敏感肌は、あわないアイメイク化粧品を使うとトラブルを起こしてしまいます。
    肌トラブルのせいでアイメイクがしづらいと感じたら、敏感肌向けのものに切り替えてみましょう。

    敏感肌でも使えるアイシャドウは、保湿成分が配合されていて乾燥しやすい目元を守ってくれるのが魅力です。
    メーカーによってはアレルギー反応を起こしにくい技術を採用した製品を取り扱っています。

    【こちらもCHECK】アイシャドウに関連するおすすめ記事はこちら

    デパコスアイシャドウおすすめ人気ランキングTOP10【2019年最新版】

    2019.07.29

    アイシャドウチップおすすめ人気ランキングTOP10!洗い方の解説も【2018年最新版】

    2018.10.01

    ラメアイシャドウおすすめ人気ランキングTOP10!塗り方についても【2018年最新版】

    2018.07.29

    アイシャドウのタイプ

    かわいい目元を作るのに欠かせないアイシャドウにはいくつか種類があり、それぞれ使用感や特徴が異なります。
    どのアイシャドウがあうか判断するために、種類別の違いを把握しておきましょう。

    パウダータイプ

    アイシャドウ ブラシ

    パウダーアイシャドウはメジャーなタイプで、多くの化粧品ブランドが取り扱っています。
    パウダータイプはサラサラしていて伸びがよく、メイク初心者でもきれいなグラデーションをつけやすいのが特徴です。

    水分や油分が少ないため肌質や季節によって多少パサつくことがありますが、最近では保湿成分を配合したパウダーアイシャドウが発売され人気を集めています。

    クリームタイプ

    クリームアイシャドウ

    練状のクリームタイプのアイシャドウは、油分をベースにして作られているのが特徴です。
    皮脂が不足して乾燥した肌でもフィットし、ツヤのある仕上がりを求める方に向いています。

    パウダーと比べるとやや伸ばしにくいですが、粉飛びしないのがメリット。
    保湿オイルを多く配合したアイシャドウはツヤが出るのも魅力で、パウダー特有の粉っぽさが苦手な方におすすめです。

    敏感肌向けアイシャドウを初めて買うならここを必ず押さえよう

    目元を彩るアイシャドウはどのブランドも魅力的で、選ぶのに迷ってしまいますよね。
    「敏感肌向けアイシャドウデビューをしたいけれど、どんな基準で選べばいいのかわからない……」と迷ったら次の2つのポイントに注目してみてください。

    ① 好み・肌質にあう使用感で選ぶ

    アイシャドウ

    アイシャドウ選びでまずチェックしておきたいのが、好みにあう使用感かどうかです。
    しっとりした塗り心地が好みならクリームタイプ、ベタつきを抑えたアイシャドウが欲しいならパウダータイプがおすすめ。

    油分が多いクリームタイプは皮脂や汗の量が多くなる季節は崩れやすいため、肌質や環境にあわせて選ぶことが大切です。
    気温・湿度が高くなるシーズンでも、目元のカサつきが気になる方はクリームタイプを使うといいでしょう。

    逆に皮脂や汗による崩れが気になる肌質の方は、サラッとした質感のパウダータイプが適しています。

    ② 欲しいカラーがあるかどうか

    アイシャドウパレット

    アイシャドウ選びでは目的にあうカラーがあるかどうかも重要です。
    「オフィスメイクでも使える無難なカラーが欲しい」「お出かけ用にトレンドカラーのアイシャドウを買っておきたい」というように、明確に目的を決めておくと色選びで迷わずに済みますよ。

    アイシャドウはリップやチークなどほかのポイントメイクとの相性を考えて選ぶことも大切です。
    すべてのポイントメイクの色が鮮やかだと派手になりすぎてしまうため、バランスを考慮してカラーを選びましょう。

    発色が控えめなリップを使うときはビビッドカラーのアイシャドウを組み合わせて目元を際立たせたり、存在感があるリップとナチュラルなアイシャドウを組み合わせたりしてバランスを取ると、まとまりのあるメイクに仕上がりますよ。

    敏感肌向けアイシャドウの上級者目線での選び方

    目元の印象を変えられるアイシャドウは、使用感やカラーのほかにも確認しておきたいポイントがあります。
    満足できるアイシャドウを見つけるなら、上級者目線での選び方も取り入れてみましょう。

    ① 保湿成分をチェックしよう

    EGF配合化粧品

    日ごろから目元が乾燥しやすい方は、アイシャドウにどんな保湿成分が含まれているかに注目するといいでしょう。
    皮脂量が少なくカサカサすることで悩んでいるなら、保湿オイルを豊富に配合するものを選ぶのがおすすめ。

    水分量が減少してちりめんジワができてしまう方は、ヒアルロン酸やリピジュア®など水分キープ力のある保湿成分を配合したアイシャドウが適しています。

    ② ラメ・パールの質感で選ぶ

    アイシャドウ ラメ

    アイシャドウは製品ごとにラメやパールの大きさや量が異なり、肌にのせたときの印象に違いがあります。
    キラキラ光を反射して華やかな仕上がりが好みなら、ラメ・パールが大きめのアイシャドウを選ぶといいですよ。

    キラキラ感を抑えた上品な仕上がりを求めるなら、ラメ・パールが細かいものがおすすめ。
    マットな質感が好みならラメ・パール無配合の製品を選んでください。

    敏感肌向けアイシャドウの最安値と価格帯の特徴一覧

    コスメは使い心地や色味だけでなく、値段もしっかり比較して選びたいものです。
    「敏感肌向けのアイシャドウが欲しいけれど、どう予算を決めていいかわからない」と悩んでしまったら、価格帯ごとの特徴を比べてみましょう!

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約1,500円~2,000円~5,000円約5,000円~
    特徴内容量が少なめで小さい単色のアイシャドウは価格が比較的安く、パッケージがコンパクトで持ち運びしやすい製品が多いです。
    単色アイシャドウはチップや鏡がついていないのがデメリットですが、欲しい色だけを購入したい方に向いています。
    肌状態にあわせてアイシャドウを選びたい、保湿成分にこだわりたいという方は、最低2,000円予算があるとベスト。
    複数の色がセットされたアイシャドウが欲しい場合は3,000円以上見積もっておくといいでしょう。
    デパコス(百貨店ブランドのコスメ)から販売されているアイシャドウは価格が高め。
    デパコスブランドは季節限定のカラーを販売することが多く、トレンドをおさえたアイメイクをしたい方におすすめです。

    敏感肌でも使える肌にやさしいアイシャドウおすすめ人気ランキングTOP7

    乾燥や刺激を感じやすい敏感肌でもアイメイクはしたい……という気持ちに応えるアイシャドウの人気ランキングを紹介します。
    カサつくまぶたにもフィットする人気の製品7つを、配合成分や口コミをもとに筆者が「化粧持ち」「発色」「パサつきのなさ」の3つの基準で評価しました。

    使用感やカラー展開の違いを比較してお気に入りのアイシャドウを見つけてください!

    7位 オサジ ニュアンス アイシャドウ

    オサジ ニュアンス アイシャドウ
    化粧持ち
    発色
    パサつきのなさ
    総合おすすめ度

    内容量:2g
    カラー展開:d01芳醇、d02面影、d03陽炎、d04間、d05落陽、w01雫、w02雨音、w03葉陰、w04浮遊、w05声(全10色)
    形状:パウダー
    保湿成分:ホホバオイル、ワセリンなど(カラーによって違いあり)

    2018年に新登場したジャパンブランド、オサジのニュアンスアイシャドウは、大人っぽいメイクをしたい方にぴったり!
    深みのあるオレンジや淡くてやわらかいピンクをはじめ、ブラウンやシルバーなど使いまわしがきくカラーが充実しているのがポイントです。
    キラキラ輝きのある仕上がりですがラメが悪目立ちせず、深みがあるのにくすまない絶妙な発色で注目を集めています。

    全体的に発色が控えめで、「アイメイクをしたいけれど濃い色だとリップとケンカしてしまう……」と悩んでいる方におすすめ。
    密着力は普通で長時間経過すると少し色落ちしてしまうため、アイシャドウベースを併用してフィット力を上げるといいですよ。

    6位 24h cosme ミネラルクリームシャドー

    24h cosme ミネラルクリームシャドー 24h cosme ミネラルクリームシャドー
    化粧持ち
    発色
    パサつきのなさ
    総合おすすめ度

    内容量:2.5g
    カラー展開:01マットブラウン、02グロッシーブロンズ、03シャイニーピンク、04パールホワイト(全4色)
    形状:クリーム
    保湿成分:ツバキオイル、ホホバオイル、ウメ果実エキスなど

    お手ごろなミネラルコスメブランドとして人気の24hコスメから販売されているミネラルクリームシャドーは、目元がカサついてメイクがのらないと悩んでいる方に向いています。
    ツバキオイルやホホバオイルなどの油性成分をはじめ、ウメ果実エキスやアロエベラ葉エキスなどの植物エキスを配合しているのが特徴です。

    発色が控えめでオンオフ問わずに取り入れやすく、薄く伸ばせばアイシャドウベースとしても使えます。
    明るめのカラーはハイライトとしても活用でき、マルチな使い方ができることも高評価できるポイント。
    アイクリーム感覚で使えるアイシャドウを探している方や、控えめな発色のアイシャドウが欲しい方におすすめです!

    5位 ナチュラグラッセ アイカラーパレット

    ナチュラグラッセ アイカラーパレット
    化粧持ち
    発色
    パサつきのなさ
    総合おすすめ度

    内容量:3.8g
    カラー展開:02オレンジゴールド、03ピンクブラウン、04ヌードベージュ、05ブラウンベージュ(全4色)
    形状:パウダー
    保湿成分:スクワラン、オリーブオイル、ホホバオイル、アルガンオイルなど

    メイクしながらスキンケアもできるナチュラグラッセのアイカラーパレットは、使いまわしがきくブラウン系のアイシャドウを探している方におすすめです。
    ラメの粒が細かくギラギラせず、仕事にもお出かけにも使いやすい自然な発色が特徴。
    目元に深みを与えてくれるのに顔色が悪く見えないカラーで、1つ手元にあると毎日のメイクに役立ちますよ。

    オリーブやホホバなどの植物由来成分を配合しており、パウダーにありがちな粉飛びを起こしにくいのも人気のポイント。
    ナチュラルな色合いで発色はやや控えめで、鮮やかなアイシャドウが苦手な方にぴったりです。

    4位 エトヴォス ミネラルアイバーム

    エトヴォス ミネラルアイバーム
    化粧持ち
    発色
    パサつきのなさ
    総合おすすめ度

    内容量:1.7g
    カラー展開:サニーピンク、シナモンオレンジ、アッシュグレイ、ジンジャーゴールド、モカブラウン、ピンクフィズ、シャンパンアイボリー(全7色)
    形状:クリーム
    保湿成分:ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、リピジュア®、ヒアルロン酸など

    しっとりツヤのあるアイメイクが好みなら、ミネラルコスメを取りそろえるエトヴォスのミネラルアイバームがおすすめ。
    オイルベースのアイシャドウでパサつきを感じにくく、アイクリームで保湿したようなしっとり感が続きます。

    エトヴォスのアイシャドウは専用クレンジングが不要で、洗顔料とお湯で落とせるのも特徴。
    落ちやすいだけに化粧持ちはやや悪いものの、崩れた部分をスポンジでおさえて塗りなおせば簡単に直せます。
    パッケージが小さくかさばらないため、持ち運びやすいのもおすすめポイントです。

    ミネラルアイバームは全体的にナチュラルでくすみがかった発色が特徴で、ビビッドな色味のアイシャドウが苦手な方に向いています。
    はっきり発色させたいときは、ミネラルアイバームをベースにしてパウダーアイシャドウを重ねるといいですよ。

    【こちらもCHECK】エトヴォス ミネラルアイバームのレビュー動画はこちら

    3位 アクセーヌ フェイスカラー アイシャドウ

    アクセーヌ フェイスカラー アイシャドウ
    化粧持ち
    発色
    パサつきのなさ
    総合おすすめ度

    内容量:-(記載なし)
    カラー展開:ES06オリーブグリーン、ES05アクアブルー、ES04オーキッドモーブ、ES03ハニーブラウン、ES02ナチュラルオレンジ、ES01ロゼブラウン(全6色)
    形状:パウダー
    保湿成分:ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)など

    敏感肌向けデパコスブランドとして知られるアクセーヌのアイシャドウは、パウダーなのに粉っぽくならない仕上がりが特徴です。
    保湿オイルを配合したパウダーアイシャドウで、乾燥しやすいまぶたにのせても粉飛びしにくいと口コミで評価されています。

    アクセーヌのアイシャドウは、アレルギーの原因となりやすい顔料が肌に直接触れない技術を採用しているのも魅力のひとつ。
    かぶれや金属アレルギーを起こしにくいアイシャドウを探している方におすすめです。
    1つのパレットに3色入っていてグラデーションがつけやすく、ブラウンやオレンジ系はアイメイクだけでなくチークやシェーディングにも使えますよ。

    2位 MiMC ミネラルクリーミーシャドー

    化粧持ち
    発色
    パサつきのなさ
    総合おすすめ度

    内容量:-(記載なし)
    カラー展開:01センシブル、02クローム、03セレニティ(全3色)
    形状:クリーム
    保湿成分:野菜油、スクワラン、アサイーオイルなど

    スーパーフード由来の天然成分を配合したコスメを展開するMiMC(エムアイエムシー)のミネラルクリーミーシャドーは、ツヤのある目元を演出したい方におすすめ。
    繊細で上品なラメが入っていて濡れたようなツヤ感が出せるのが特徴です。

    植物由来オイルやスクワランなど保湿成分を豊富に配合していますが、ジェルとクリームのような軽いテクスチャーでベタベタしないのも人気のポイント。
    明るい発色で存在感あるアイメイクに仕上がります。
    時間が経つと二重幅に入り込んでしまうことがあるため、アイシャドウベースを併用したり夕方になったら軽く化粧直しをするといいでしょう。

    【こちらもCHECK】MiMC ミネラルクリーミーシャドーの紹介動画はこちら

    1位 SUQQU デザイニング カラー アイズ

    化粧持ち
    発色
    パサつきのなさ
    総合おすすめ度

    内容量:5.6g
    カラー展開:01 優芍薬(YUUSHAKUYAKU)、02 光橙花(HIKARITOUKA)、03 紅雅(BENIMIYABI)、04 絢撫子(AYANADESHIKO)、 06 宵紅 (YOIBENI)、08 光焦 (HIKARIKOGARE)、09 涼月 (RYOUGETSU)、10 夕茜 (YUUAKANE01126)、11 深楓 (FUKAKAEDE)、12 幻光茜 (GENKOUAKANE)、13 月霞 (TSUKIKASUMI)、14 彩漆 (IROURUSHI)、126 蒼流星 (AORYUUSEI) ・(全13色)
    形状:パウダー
    保湿成分:ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ホホバオイル、ローヤルゼリーエキスなど

    「発色がいいパウダーアイシャドウが欲しいけれど、乾燥のせいでパサつくのは嫌だ!」と悩む方にぴったりなのが、デパコスブランドのスックから販売されているデザイニングカラーアイズです。
    見たままの発色が叶うと人気のパウダーアイシャドウで、おしゃれな色の組み合わせが話題を呼んでいます。
    4色セットのパレットでグラデーションを作りやすく、色展開も豊富で好みにあわせて選べるのも魅力的です。

    保湿オイルを配合したパウダーで乾燥しがちな敏感肌にもフィットし、鮮やかな発色が続くのも人気のポイント。
    時間が経過してもヨレたりキメに入りこんだりせず、化粧持ちのよさを求める方におすすめです。

    【こちらもCHECK】SUQQU デザイニング カラー アイズのレビュー動画はこちら

    敏感肌向けアイシャドウの使用上の注意点

    目元の印象を簡単に変えられるアイシャドウは、使用するうえでの注意点がいくつかあります。
    肌トラブルを防いで楽しくメイクアップするために、次の3つのポイントを守って使いましょう!

    ① 肌にあわない場合は使用を中止する

    目 下 クマ

    敏感肌向けのアイシャドウは肌負担を軽減してありますが、体質にあわずアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。
    アイシャドウを塗って目の周辺にかゆみや刺激を感じたら使用を中止しましょう。
    使用後に目やまぶたに違和感が残って気になる場合は専門医に相談してください。

    ② 肌に残らないようしっかり落とす

    クレンジング 女性

    目元のトラブルを防ぐためにも、メイク後はアイシャドウが肌に残らないようしっかり落としましょう。
    敏感肌向けのアイシャドウのなかには石鹸や洗顔料で落とせる製品がありますが、クレンジングが必要なケースもあります。

    皮脂量が多い肌質の方や石鹸で落ちない下地・ファンデーションを使っている場合は、目元まで丁寧にクレンジングしてください。

    【こちらもCHECK】クレンジングに関連するおすすめ記事はこちら

    オイルフリークレンジングおすすめ人気ランキングTOP5【2019年最新版】

    2019.10.09

    クレンジングクリームおすすめ人気ランキングTOP10【2019年最新版】

    2019.10.03

    クレンジングバームおすすめ人気ランキングTOP10!使い方の解説も【2019年最新版】

    2019.02.03

    ③ 使用期限を過ぎたアイシャドウは使わない

    カレンダー

    アイシャドウを使ううえで気をつけておきたいのが、使用期限を守ることです。
    一般的にメイクアップ化粧品は未開封で3年、開封後は1年使用できるように作られています。
    期限を超えると成分が酸化して変質してしまうため、開封して長期間経過した化粧品は使わないようにしてください。

    防腐剤をカットした無添加化粧品ブランドのアイシャドウは開封後の期限が1年よりも短いことがあるため、購入時に確認しておきましょう。

    Amazon&楽天のアイシャドウ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    敏感肌でも使える肌にやさしいアイシャドウでメイクを楽しもう!

    女性 外人 メイク アイシャドー

    バリア機能が低下して乾燥や刺激を感じやすい敏感肌は、メイクアップ化粧品選びに気をつかう肌質。
    特にデリケートな目元に使うアイシャドウは、敏感肌特有の悩みにあったものを選ぶことが大切です。

    敏感肌でも使えるアイシャドウは、アレルギー反応を起こしにくい技術を採用したり保湿成分を配合したりなど工夫されています。
    「アイメイクをしたいけれど赤みや乾燥が気になる……」と悩んだら、敏感肌向けのアイシャドウを試してみてください!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    【あわせて読みたい】アイシャドウに関連するおすすめ記事はこちら

    グレー系アイシャドウおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.27

    マットアイシャドウおすすめ人気ランキングTOP5!プチプラアイテムも【2018年最新版】

    2018.07.04

    涙袋アイシャドウおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.21

    オレンジ系アイシャドウおすすめ人気ランキングTOP10!一重向けメイクや使い方のコツも【2018年最新版】

    2018.05.15

    アイシャドウパレットおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.05.11

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。