リンスインシャンプーのおすすめ人気ランキングTOP15 メリット&デメリットについても【2017年度最新版】

選び方のポイント

  • 頭皮の状態で選ぶ
    →パッケージを参考に「保湿重視なのか」「洗浄力重視なのか」を見極め、頭皮にあっている方を選択。
  • 髪のしっとり感で選ぶ
    →しっとり感を求めるなら「オイル」「トリートメント配合」などの表記があるものがおすすめ
  • 安全性で選ぶ
    →肌に優しいリンスインシャンプーが欲しいなら「パラベン(防腐剤)フリー」「保湿」「低刺激」などがラベルに表記されているものを。
シャンプー

みなさんはリンスインシャンプーというものに対して、どんな印象をお持ちでしょうか?
「一回でどちらも済ますことができる」
「しっとり感はあまりないイメージ」
「別々の方が髪や頭皮によいのでは?」など、さまざまな考えがあると思います。
もちろんその通りですし、メリットだけの商品は存在しません。

大事なのは自分にあったものを選べるか、自分のが思う「髪や頭皮をきれいにする」という行為に対してそのリンスインシャンプーが的確かどうかですよね。
ここでは、元美容師の筆者がリンスインシャンプーのメリットやデメリットを解説していくほか「実際どんなものなのか?」という疑問を解消していきます。
リンスインシャンプーにしようか迷っている方や、今のままリンスインシャンプーを使い続けていいか迷っている方の参考になれば幸いです。

目次

リンスインとそうでないシャンプー、どちらがよいのか。

シャンプー 女性


リンスインシャンプーがよいか、それともシャンプーやコンディショナーは分けた方がよいか。
これは、その人が求めるものによって変わります。
時間がもったい無い!という方にとってはトリートメントにかける時間は惜しいことでしょう。
反対に、現在ヘアケアに力を入れている方にとってリンスインシャンプーは選択肢には入らないですよね。

どちらにもコスト面やかかる時間など、メリットデメリットがあります。
まずは「自分が、髪や頭皮をケアするときに最も重視したいのは何なのか?」を考えてみてください。
わからないことがあれば美容師などプロに相談して、自分にあったシャンプー選びをしていきましょう。

【こちらもCHECK】シャンプーに関連するおすすめ記事はこちら

馬油シャンプーおすすめ人気ランキングTOP15!効果や成分についても【2018年最新版】

2018.03.07

フケにおすすめのシャンプー人気ランキングTOP5!フケの原因は頭皮乾燥?【2017年最新版】

2017.12.07

サロンシャンプーのおすすめ人気ランキングTOP10!くせ毛専用や匂いのいいものは?【2017年最新版】

2017.11.08

リンスインシャンプーのメリット

シャンプー 女性


「シャンプーにリンスが入っているメリットって、何があるの?」
それでは、リンスインシャンプーのメリットからご紹介します。
特に「時短」「軽い質感」がリンスインの大きなメリットといえるでしょう。
切り替えると「日々のリンスが面倒」「もっと軽やかな髪がよい」という方にとっては、いいことばかりになるかもしれません。

お風呂でのヘアケアに時間がかからない

シャンプー 女性


リンスインシャンプーの最大のメリットがコレです。
当然ですがシャンプーに髪のツヤを出す、手触りをよくする成分が入っているので洗うだけでよくなります。
特に朝シャンプーする人であれば髪を洗う時間はなるべく短くしたいはず。
バタバタしがちな仕事前の時間にも、さサッと洗い~コンディショニングまで終わらせることができます。

また、大家族でお子さんが多い場合にもおすすめです。
一人ひとり髪を洗ってリンスやトリートメントをして…というのはすごく時間がかかり、家族全員がお風呂を済ますのに時間がかかりますよね。
そういった悩みも解消されます。
そのほか
●湯船に入る時間がゆっくりとれる
●顔や体など、ほかの部分に時間を使える
など、リンスインシャンプーによる時短効果はたくさんあります。「とにかく忙しい!」という方こそリンスインシャンプーを使うべきかもしれません。

すすぎが一回でよい

シャンプー すすぎ


お風呂の椅子に座りながら首を下げシャワーでシャンプーやリンスをすすぐのは腕も首も意外と疲れます。
リンスインシャンプーだとすすぎは一回ですので、負担が減るでしょう。

サラサラな質感が手に入る

ロングヘア 女性


すべてではありませんが、多くのリンスインシャンプーは仕上がりが軽めになる傾向があります。
これはシャンプーの「汚れや油分を落とすため」の成分とリンスの「髪を守りツヤを出す」成分が混ざっているため。
その結果重くなりすぎず、適度なツヤとサラッとした軽い質感が手に入るのです。
髪が太く全体の質感が重く見えがちな方にとって、リンスインシャンプーや軽めのトリートメントはおすすめです。

コストパフォーマスがよい/場所を取らない

貯金


普段シャンプーとリンス(そのためコンディショナーやトリートメント)を買っていた場合、当然2本分のお金がかかりますがその点リンスインシャンプーで済ませると、一本分の値段ですみます。
普段使ってる商品の価格によりますが、人によっては「シャンプー・リンス代が半分になる」ということも十分ありえるでしょう。
また、ボトルが一本でよいのでお風呂場がすっきり見えます。

リンスインシャンプーのデメリット

シャンプー


続いてデメリットについてご紹介。
重たい質感、まとまり感、頭皮のケアを重視する方は、リンスインに切り替える前に一度よく考えた方がよいかもしれません。

保湿力、手触りのしっとり感が弱い

毛先 女性


汚れを落とすシャンプーの成分と髪をコーティングするリンス成分がミックスされているため、トリートメントやリンスを単体で使った場合よりも髪のしっとり感やまとまり感は落ちます。
「ダメージがひどい」「枝毛や絡まりがひどい」「艶や重たさを演出したい」こういったケースに当てはまる場合はリンスインシャンプーではなく別々の商品を使った方がよいです。

また、リンスインには髪の内側までアプローチできる商品が少ないです。
美容室で髪内部までトリートメントを浸透させても、家で使っているものがリンスインだとトリートメントの「持ち」は悪くなるでしょう。
これらのことからリンスインシャンプーを勧めない美容師も多いです。
リンスインシャンプーの質感では物足りない場合、洗い流さない(アウトバス)トリートメントを使用するとよいです。
アウトバストリートメントは、髪の表面をコーティングし乾燥から髪を守ったり質感を重くする効果があります。
通常の流すタイプのトリートメントとは違い「外側をコーティングする」のが主な目的ですので、リンスインシャンプーの性質とぶつかりあわずうまく髪に馴染みます。

種類が少なめ

お風呂 シャンプー


ネットでも店頭でも、個別の商品に比べてリンスインシャンプーは種類が少ないです。
そのため細かい髪質の違い、ダメージの大きさ、癖の具合に対応しきれないですよね。
また、人によっては「どれを使っても違いを感じない」となりやすいのもリンスインの特徴です。
洗う成分と守る成分が混在しているため、商品によっての個性は出にくいですね。(特に安い商品はその傾向が強いです。)

頭皮の状態をコントロールしにくい

ブラシ ケア


リンスの成分は、髪を守るためのシリコンなどを含むことがあります。
しかし頭皮にとってシリコンは不要なもの。
髪を守るための成分も、毛穴に詰まるとトラブルの元となります。
始めから頭皮ケアまで考えて作られたリンスインシャンプーであれば大丈夫ですが、そうでなければ洗った後しっかりすすぐことが必要になるでしょう。
現在頭皮が乾燥していたり皮脂脂が多かったりする方は、これらのことを念頭において使うシャンプーを決めましょう。

リンスインシャンプーを使うと禿げるのか?

リンスに含まれるシリコンのせいで「リンスインシャンプー=ハゲる」という意見もありますが、一概にそうではありません。
ハゲるのはあくまでも「頭皮にとって不要なものが毛穴に詰まりっぱなし」である場合です。
よほど雑なすすぎかたをしていない限りは「リンスインシャンプーで髪抜けまくる・ハゲる」ということはありません。
心配であれば、念入りに泡をすすぐ、頭皮に影響のないリンスインシャンプーを選んでおく。
このような対策をしておきましょう。また、本当にお悩みなのであれば医師や美容師にアドバイスを求めるのも大事です。

リンスインシャンプーの後にトリートメントはOK?NG?

髪 ケア


リンスインシャンプーで洗った後にトリートメントはアリかナシか。
結論からいうと「基本的にはナシ」です。髪がすでにリンス成分である程度覆われているため、トリートメント成分が毛髪の内部まで浸透しにくいことが考えられます。
トリートメントを重視して行いたいのであれば、シャンプーとトリートメントを順番に使うのがおすすめです。
(使っても無意味ということではありません。重さや手触りはよくなりますが、奥までは浸透しないということです。)

リンスインシャンプーの選び方

シャンプー

頭皮の状態で選ぶ

シャンプー


頭皮の状態が荒れていたり、皮脂が多い場合。
この状態の頭皮にリンスの成分はあまりよい影響をもたらしません。
そのため
ノンシリコンである
・荒れている頭皮には保湿重視(天然由来であればなお可)
・脂っぽい頭皮には洗浄力重視
これらのことを念頭において選びましょう。
ノンシリコンのリンスインであれば、頭皮に余計な成分を残さずに済みます。
また、種類は少ないですが頭皮の状態別のラインナップもあります。
パッケージを参考に、「保湿重視なのか」「洗浄力重視なのか」を見極め、頭皮にあっている方を選ぶようにしたいですね。

髪のしっとり感で選ぶ

シャンプー


リンスインシャンプーの売りは「洗う」と「ケアする」が同時にできる事。
そのためどうしてもしっとり感が弱くなる傾向があります。

ただし、中にはコンディショナーを使った場合と同じくらいのしっとり感を与えてくれるものもあります。
しっとり感の強いリンスインシャンプーはお値段も張りますが、髪のまとまり感は納得のいくものになるでしょう。
「面倒だからリンスインシャンプーがよい。でも保湿も手放したくない」こんな方は、少し高めの商品をチェックしてみましょう。
特に「オイル」「トリートメント配合」などの表記があるものがおすすめです。
反対に、ノンシリコンのリンスインシャンプーはしっとり感が弱いので注意してください。

安全性で選ぶ

シャンプー タオル


「低刺激」と表記されているリンスインシャンプーだと、敏感肌のお子さんの頭も洗ってあげられます。
そのため、お母さん層の方であれば「皮膚への優しさを最優先」という基準で選ばれる方も多いです。
そういったもの欲しい方は「パラベン(防腐剤)フリー」「保湿」「低刺激」などがラベルに表記されているものを優先的に選ぶとよいでしょう。
ただし、これらのものはお父さん世代の加齢臭を抑えるにはパワー不足な面もあります。
低刺激なものを選ぶ際は、お父さんのシャンプーだけ別に用意してあげた方がよいということも覚えておいてください。

リンスインシャンプーの使い方

シャンプー 泡


使い方は基本的に普通のシャンプーと同じで大丈夫です。
髪を濡らし、泡を立て洗い、すすぐ。
この流れは普通の物と共通しています。

注意点があるとすれば「洗う前・後のすすぎを長めに行うこと」でしょう。
リンスインシャンプーはよくも悪くも「シャンプーとリンスの中間」の商品です。
いつものシャンプーと比べ洗い上がりが自分にあわなかったり、頭皮にリンス成分が残る可能性があります。
そのため、
●髪を濡らす段階で落ちる汚れはしっかりと落としておくこと。
●リンス成分が残らないよう、洗い終わったら念入りにすすぐこと
これらのことを意識して使うようにしたいですね。

リンスインシャンプーのおすすめ人気ランキングTOP15

ここからは、実際に人気のリンスインシャンプーの中からおすすめの物をご紹介いたします。

15位 ソフトインワン シャンプーすっきりデオドラント

●メーカー:ライオン株式会社
●内容量:520ml
髪の毛に重点を置くリンスインシャンプーが多いですが、こちらは頭皮のにおいケアやフケ・かゆみにまでアプローチできるよう作られています。
リンスインシャンプー派かつ頭皮ケアをしたい方の頼れる味方になってくれるでしょう。
内容量が多く、詰め替え用が売っているお店が多いので、末長く納得して使えるはずです。
ソフトインワンは全3種類ありますが、どれも男女問わず頭髪ケアがしやすいことが魅力ですね。

14位 海の潤い藻 リンスインシャンプー

●メーカー:クラシエ
●内容量;520ml
海藻由来の成分で、髪をまとまりのあるツヤツヤな状態に仕上げてくれます。
また、防腐剤であるパラベンを不使用となっています。
肌が弱い方、髪の毛を集中的にまとまりある感じにしたい方にぴったりです。

13位 ビューア スカルプリンスインシャンプー

●メーカー:熊野油脂
●内容量;700ml
「使う量を気にせず、たっぷりの泡で洗いたい」そんな方に間違いなく合うリンスインシャンプーです。
泡立ちが非常によくリンスインシャンプーの「泡立ちにくい」というイメージを覆す作りとなっています。
700mlの大容量ですので、思う存分もこもこ泡だてて洗ってしまいましょう。
頭皮の状態をよく保つ有効成分も配合。頭皮ケアも狙えます。

12位 大島椿 オイルシャンプー

●メーカー:大島椿株式会社
●内容量;400ml
椿オイルを使用した、ツヤ効果を期待できるリンスインシャンプー。
きしまず、指通りも滑らかで重くなりすぎません。
洗浄力が少し強めなので、頭皮が荒れている方は注意。反対に、ベタつきが気になる方にはおすすめ。痒みやフケもすっきりと落としてくれます。

11位 キーシャイン オールインワンヘアシャンプー

●メーカー:ロッシモイストエイド
●内容量:400ml
シャンプーにトリートメント成分を配合したタイプ。リンスインシャンプーの一種ですが、従来のものよりさらにしっとり、重い質感に仕上がります。
「ヘアケアはシャンプーだけで終わらせたいけど、しっとり感は欲しい」こんな女性にベストマッチします。
汚れを落す力がマイルドで、カラーやパーマで痛んだ髪の毛も優しく洗い上げてくれる点も魅力。
コスパもよく近年の人気商品の一つです。

10位 ママアクアシャボン フローラルシャンプー

●メーカー:アクアシャボン
●内容量:500ml
家族みんなで使うことを想定に作られたリンスインシャンプーです。
刺激が比較的弱く、頭皮や肌が敏感なお子さまでも使うことができます。
シャンプー嫌いなお子さんの頭皮を、素早くリンスまで仕上げることができるでしょう。
果物/花(20種類以上)から抽出した保湿成分を配合。
乾燥によるフケにも効果的で、ピリピリした感覚を寄せ付けません。
「とにかく肌に優しいものを使いたい。」こんなお母さん、主婦の方におすすめです。

9位 DINOMEN 薬用スカルプケア リンスインシャンプー

 

●メーカー:ディノメン
●内容量;1,000ml
頭皮が気になる男性向けリンスインシャンプーのなかでは成分、容量に対してコスパがよい商品。
「そろそろ、ちょっといいシャンプーで頭皮を労りたい」こんな方の頭皮ケア入門用シャンプーとして人気です。
頭皮に優しい成分を多く配合しているため、泡立ちが少し物足りなく感じる場合もあります。
しかし、それを補ってあり余る保湿成分のよさがウリです。
1,000mlという容量も魅力。
たっぷりと使って重いきり頭皮ケアをしたい!という男性のニーズに応えます。

8位 シーブリーズ リンスインシャンプー

●メーカー:資生堂
●内容量;600ml
洗い上がりのサラサラ感、すっきり感で選ぶならこちら。
しっかり目の洗浄力と爽やかな香りが人気のリンスインシャンプーです。
ネットで買うと1mlあたり1円を切る安さも魅力的ですね。
学生からファミリー層まで幅広く支持されています。
頭皮のにおいが気になる若者や、スポーツでかいた汗のにおいが気になる方にぴったりです。

7位イオニート エッセンス Vシャンプー モイスト

●メーカー:イオニート
●内容量;500ml
リピーター続出の高級リンスインシャンプーです。
500mlで約5,000円ほどですが、頭皮の悩みがなくなった、ずっとこれしか使っていないなどの口コミが多数。
指通りがスルスルになるので「リンスインシャンプーにしたいけど、長さはロングだし、痛んでいるし…」こんな悩みをお持ちの女性でも満足いく洗い上がりに。
髪を本気でいたわりたい女性でも、納得して使えるリンスインシャンプーの一つ。 
「リンスイン」というワードへのイメージが変わります。

6位 草根木花 ハーブモイストシャンプー

●メーカー:BIKEN
●内容量:400ml
クリーミーな泡立ちと、髪の毛・頭皮両方にアプローチできる配合が魅力的なリンスインシャンプーです。
コラーゲンを配合しており、頭皮のハリ、髪のツヤをアップしてくれます。
洗浄力が優しく設定されています。
ガシガシ洗ってベタつきを落としたい男性には少し物足りないかもしれません。
使用する際はぬるま湯でのすすぎ時間を長くする必要があります。
お湯で落ちるレベルの汚れはあらかじめ落としておきましょう。泡立ちがよくなり余計な量を使わなくて済みます。

5位 竹炭竹酸駅配合 潤竹シャンプー

●メーカー:潤竹
●内容量:300ml
炭洗顔のリンスインシャンプーバージョン、といったところでしょうか。
炭の粒子が頭皮毛穴から汚れをかき出してすっきりと洗い上げてくれます。
また、独自成分の「竹酢液」は保湿成分に優れており地膚をしっとりと仕上げます。
乾燥によるフケが気になる方にとって人気のようです。
パッケージの見た目に反してりんごやアンズを彷彿とさせる強目のよい香りがします。

4位 カウブランド 無添加シャンプー サラサラ

●メーカー:COW
●内容量:500ml
「低刺激」と表記されているリンスインシャンプーは値段が高くなる傾向がありますが、こちらの商品は約800円ほどとお手ごろ。
リピーターも多く、髪や頭皮が気になり始めた方にとって手に取りやすい存在となっています。
使用しているコンディショニング成分(リンス成分)はヤシ油などの天然のもの。
敏感な方でも使い続けることができるでしょう。
2017年にリニューアルした際値上がりしてしまいましたが、内容成分を考えればコスパは悪くありません。

3位 薬用 渋柿リンスインシャンプー

●メーカー:熊野油脂
●内容量:400ml
リンスインシャンプーのなかでは珍しく「頭皮のにおい」に特化した商品となっています。
柿渋に含まれるポリフェノール(抗酸化成分)が、頭皮から出る加齢臭や皮脂脂臭をカット。
「自分最近くさいかな?」と感じるアラサー、アラフォー層から人気です。
痒みや髪のダメージは「自分事」ですが、においは相手にも影響を与えます。
頭皮臭が気になる方は早めのケアをしてみましょう。

2位 メリット リンスのいらないシャンプー

●メーカー:花王
●内容量:200ml
リンスインシャンプーといえばコレ!という方も多い定番商品の一つ。
どこのお店にも並んでおり価格的にも手に取りやすい。
そのためどんな商品かは説明不要かもしれませんね。
特別な成分は配合されていませんが、泡立ちがよくちょうどよいすっきり感が得られます。
「信頼できるものが欲しい」「特にこだわりがない」という方はメリットで十分だと考えられます。
成分的に優れたシャンプーはほかにもありますが、長年の信頼性や万人に受けるクオリティ、そしてコストパフォーマンスのよさからこのランクにいたしました。

1位 スティーブンノル クレンジングコンディショナー

●メーカー:スティーブンノル
●内容量:500mml
厳密には「リンスインシャンプー」ではなく「汚れを落とせるリンス」という商品です。
頭に刷り込みながらマッサージすることで、毛穴の汚れをかき出しつつ頭皮に潤いを与えていきます。
当然、シャンプーではないため泡がありません。
しかし、頭皮を大切にしたい方や「新しい頭髪ケアをやってみたい」という方にはぴったりではないでしょうか。
マッサージ習慣が身につけば頭皮の血流がよくなり髪の質感も艶が出ます。そういった意味でも優れた商品ですので、美意識の高い方におすすめです。

お家にあるシャンプーとリンスを混ぜてリンスインシャンプーを作れる?

リンスインシャンプーは、ただ単にシャンプーとリンスを混ぜたものではありません。
それぞれの水に溶けるスピードの差を利用し、化学的なバランスを調整して作られています。
そのためお家にあるシャンプーとリンスを混ぜても、リンスインシャンプーになるどころか、泡が立たずシャンプーの役割もリンスの役割も果たさなくなります。
ですので絶対に「自分で作ろう!」などとは考えないようにしましょう。

Amazon&楽天のリンスインシャンプー人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


リンスインシャンプーで健やかな頭皮と髪を手に入れよう

シャンプー 女性


リンスインシャンプーはメリット、デメリットがありますが、うまく自分にあったものを選べると時間短縮効果や自分の魅力を高めるヘアケアに活用できます。
どのリンスインシャンプーも使い方・洗い方に大差がないからこそ、「選び方」に気をつけたいですね。
どれを使うかで髪や頭皮の状態がガラッと変わるのも、リンスインシャンプーの魅力です。
「これだ!」というリンスインシャンプーを選び取り、理想の頭髪状態を手に入れてみてください。

【あわせて読みたい】シャンプーに関連するおすすめ記事はこちら

シャンプーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.03.20

シャンプーセットおすすめ人気ランキング10選!プレゼントも【2018年最新版】

2018.01.15

ヘアカラーシャンプーおすすめ人気ランキングTOP10!市販品もランクイン【2018年最新版】

2018.01.11

オーガニックシャンプーおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

2017.12.19

美容師が選ぶ市販のメンズシャンプー人気ランキングTOP15!コスパ最強は?【2018年最新版】

2017.11.06

ABOUTこの記事をかいた人

仁六(ニロク)

元美容師、現美容ライター。毛髪科学やネイル、スキンケアが大好きで、各種資格やディプロマを所有しております。「美容の知識を、もっとわかりやすく」をモットーに知識をご提供いたします!