メバリングルアーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • それぞれの種類をまずは1つずつ選択
      →「ハードルアー」、「ソフトルアー(ワーム)」、「ジグ」の3種類があると多くの状況に対応できる。
    • 重ためのルアーを選ぶ
      →初心者には扱いやすい3グラム以上のルアーがおすすめ。
    • 色(カラー)は2種類以上を用意
      →より多くのカラーを持っていると状況に応じて使い分けられる。
    メバル

    メバルは釣りの対象魚が少なくなる冬から春にかけて人気のターゲットです。
    メバルは最大で30センチ程度になり、小さいながらも引きが強く、そして食べて美味しいことから多くの釣り人がシーズンになると狙うようになります。

    メバルをルアーで釣ることを「メバリング」と呼び、多くのルアーが使われます。
    しかし、現在では流行とともに非常に多くのメバリングルアーが登場しているので、初心者はどれを選ぶべきか迷ってしまうことも多いでしょう。

    本記事では、メバリングルアー歴10年以上となる筆者が選び方やおすすめ商品をご紹介しますので、ぜひメバリングルアーを選ぶ際の参考してください。



    メバリングルアーとは

    メバリングルアー

    メバリングルアーには、プラスチックでできたものや生分解性素材のもの、金属で作られたものなど、多くの種類があります。
    硬いプラスチックで作られたものは「ハードルアー」、やわらかいプラスチックや生分解素材で作られたものは「ソフトルアー(ワーム)」、金属で作られたものは「ジグ」と呼ばれます。

    それぞれのメバリングルアーは、メバルの活性や、水の透明度、釣る時間帯が昼なのか夜なのかなど、多くの要因に沿って使い分けていくことが必要です。
    特に目が大きくて良いメバルに対してのメバリングルアーは、より多くの種類を持っている方が釣果を出すために有利となることが多いです。

    【こちらもCHECK】ルアーに関連するおすすめ記事はこちら

    シャッド(ルアー)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.09

    ショアジギングルアーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.02.08

    シーバスルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類やカラーも【2018年版】

    2018.01.11

    メバリングルアーの3つの選び方

    ①それぞれの種類をまずは1つずつ選ぶ

    メバリングルアー

    メバリングルアーには大きく分けて「ハードルアー」、「ソフトルアー(ワーム)」、「ジグ」の3種類があります。
    それぞれおおまかな特徴として、ハードルアーは動きが大きくアピール力が大きい、ソフトルアーは静かで自然なアクションが得意、ジグは重たく飛距離を出しやすく深い場所で釣りやすいことが挙げられます。

    メバリングルアーを選ぶときにはまずこの3種類が1つずつ買うと、多くの状況に万遍なく対応でき、使い分けがしやすいのでおすすめです。
    それぞれのメバリングルアーをさらに細分化して、細かな使い分けをするのは釣りに慣れたあとで考えれば問題ありません。

    【こちらもCHECK】メバリングルアーに関連するおすすめ記事はこちら

    メバリングジグヘッドおすすめ人気ランキングTOP30!重さや自作のメリットは?【2017年最新版】

    2017.11.01

    メバリングワームおすすめ人気ランキング10選!仕掛け方やカラーの違いも【2017年最新版】

    2017.10.25

    ②重ためのルアーを選ぶ

    メバリングルアー

    メバルは非常に目がよく、繊細な釣りをする方が多くなってきているため、メバリングルアーには1グラム以下のものも多く販売されています。
    しかし、メバリングルアー初心者の方がこのような軽いルアーを使っていると、投げにくかったりトラブルが多かったりしてとても扱いにくいでしょう。

    そのためメバリングルアーを最初に選ぶ際は、3グラム以上のものをおすすめします。
    重ためのルアーを使って投げ方や巻き方の基本を知ってから、軽いルアーを使うことで上達も早まることでしょう。

    ③色(カラー)は2種類以上用意する

    メバリングルアー

    メバリングルアーには、非常に多くの色がラインナップされています。
    ルアーフィッシングにおいて色のことは「カラー」と英語で表現されることが多く、カラーを変えながら釣りをする「カラーローテーション」はルアー釣りで重要なポイントとなります。

    メバリングルアーのカラーは、メバルのエサとなる魚や小動物に近い地味めなもの、エサとは似つかないような派手なものをそれぞれ持っておくのがおすすめ。
    地味なカラーとしてはベイトフィッシュカラーやラメ入りカラー、派手なカラーとしてはピンクやイエローが最初に持つものとしておすすめです。

    気に入るメバリングルアーが定まったときに、より多くのカラーを持っているとベター。
    ちなみに筆者は、1つのルアーに対して5色ほど種類を持つようにしています。

    メバリングルアーおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはメバリングルアーのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    筆者がメバリングルアー選びのポイントを踏まえたセレクトしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 エコギア グラスミノー S

    大型メバルに効果的なシャッドテールタイプのワーム。
    引っ張ってくるだけでテールがプルプルと震えてアピールしてくれます。
    アピールの強さからあまり小型のメバルが喰い付いてきにくいのが特徴です。

    9位 ダイワ 月下美人 小鉄

    飛距離が出て引っ張るだけで大きなアピールが出せるメタルバイブレーション。
    2つラインを結ぶアイがあり、前に付けると振動が速く小さくなり、後ろに付けると振動が幅広く大きくなります。
    昼間の釣りで使いやすいメバリングルアーとなっています。

    8位 シマノ ソアレ メタルショットTG

    タングステンで作られていて、小さくても重さがあるジグです。
    投げて引いてくるだけでも左右にテールを振るアクションを出せます。
    ロッドでリズミカルに操作して使うのも効果的なアイテム!

    7位 バークレイ ガルプ! SWベビーサーディン 2インチ

    においの強さと味によって強烈にメバルへアピールしてくれる一品。
    ジグヘッドリグやキャロライナリグなど、多くのメバリング用仕掛けに対応してくれます。
    メバルの活性が低いときに使うと、特に効果的ですよ。

    6位 マリア ポケッツ ミノー F55

    小魚をイメージさせやすい浅い水深を泳ぐハードルアー。
    メバルの活性が高く、水面近くに浮いているときに効率的に釣ることが可能です。
    価格の安さも魅力で、カラーを多く揃えやすいのもメリットのひとつ。

    5位 メジャークラフト パラワーム カーリーテール

    このワームのポイントは曲がりくねったテール。
    ジグヘッドリグにセットして上下にゆっくりとアクションさせるリフト&フォールで使うのがおすすめです。
    ボディー素材がやわらかく、メバルの喰いが弱いときでも活躍してくれますよ。

    4位 ラパラ アイスジグ

    ロッド操作によって左右上下にダートアクションしてくれるジグ。
    もともとは、凍った湖の上で氷に穴を開けてそこから糸を垂らして使うものでしたが、昼間に使うメバリングルアーとしておすすめです。
    投げて使うこともできますが、おすすめなのは足元にある海藻周りや見えるメバルに対して使ってみることです。
    投げずにアクションさせてメバルの反応を見ながら釣れるので、初心者の方がデイゲームで釣りをするときに使いやすいでしょう。

    3位 ダイワ 月下美人 ビームスティックゼロ

    とても耐久性のある素材を使ったワームです。
    メバリングルアーでワームは必須となり、特に夜の釣りにおいて効果を発揮してくれます。
    初心者のみならず、2~3グラムの重めのジグヘッドで投げてゆっくり巻いてくる使い方がおすすめです。

    2位 ダイワ 月下美人 クロスビーム 1.5インチ

    ボディーにクロス状のパーツが設けられているワーム。
    小さいですが各パーツが抵抗となってくれるので操作感が失われにくく、メバリング初心者の方でも使いやすいです。
    スプリットショットリグやジグヘッドリグにセットして使ってみてください。

    【こちらもCHECK】ダイワ「月下美人 クロスビーム 1.5インチ」の水中動画はこちら

    1位 ラッキークラフト ワンダー60 ESG

    飛距離を出しやすく、使い方もゆっくり巻くだけでOKのハードルアー。
    弱めのアピールなので、ハードルアーがよいのかワームを使ったらよいのかがわからないときに、とりあえず投げてみるのもおすすめです。

    メバリングルアーを使用するうえでの3つの注意点

    ①針は常にチェックして使う

    ダイワ  AC-031 サファイヤヤスリ
    ダイワ AC-031 サファイヤヤスリ

    メバリングルアーを扱うロッドやラインは繊細で強いパワーを持っていないため、針は常に鋭い状態を保って使う必要があります。
    目安としては、爪に針先を立てたときに簡単に滑らないくらいの鋭さがあるとよいでしょう。

    また、何かに引っ掛かったときには、針先をチェックするのはもちろん、錆びているようなものは強い力が掛かったときに折れることもありますので使用を控えることをおすすめします。

    メバリングルアーには、交換用フックや針先を研いで鋭くできる「フックシャープナー」というものがありますので、これらを利用して針が常によい状態で使えるようにしてください。

    【こちらもCHECK】フックシャープナーの使い方を紹介している動画はこちら

    ②種類で分けて保管する

    ルアー ケース

    メバリングルアーには、ハードルアー、ソフトルアー(ワーム)、ジグがあることを解説しましたが、それぞれをケースや販売時のパッケージに分類して保管しておきましょう。

    理由は、種類によるメバリングルアーの硬さの違いによって、ぶつかって傷つけ合ったり、ソフトルアーの素材の違いによって溶けたりするからです。

    ハードルアーとジグに関してはルアー釣り専用のケースで、ソフトルアー(ワーム)に関してはパッケージのまま保管することをおすすめします。

    【こちらもCHECK】おすすめのルアーケースを紹介している記事はこちら

    ルアーケースおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.16

    ③なるべくぶつけないようにする

    岩場

    メバリングルアーは、小型で繊細に作られているものが多いです。
    そのため、投げたときに障害物にぶつけたり、巻き上げるときに足元の岩などに強くぶつけないように注意しましょう。

    また、ぶつけたときにはメバリングルアー本体はもちろんですが、針も変形したり先がつぶれたりすることがありますので、同時にチェックするようにしましょう。

    メバリングルアーで冬の釣りを楽しもう

    メバル

    メバリングルアーをはじめとしてエサ釣りよりもルアー釣りのほうが難しいと考える方は多いことでしょう。
    しかし、準備するものや仕掛けのセット、動かし方などを総合的に考えれば、ルアー釣りのほうが比較的易しいことが多いです。

    メバリングはルアー釣りのなかでも掛かる費用が少なめで、特に春先になると荒食いと呼ばれるエサを活発に追い回す行動によって比較的メバルが釣りやすくなります。

    今回ランクインしたメバリングルアーを使って、ぜひメバルを狙っていただきたいです!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】メバリンググッズに関連するおすすめ記事はこちら

    メバリングタックルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.27

    メバリングラインおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.15

    メバリング用仕掛けおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.11

    メバリングロッドおすすめ人気ランキングTOP30!長さは大切?【2018年最新版】

    2017.11.06

    メバリングリールおすすめ人気ランキングTOP10!シマノやダイワの特徴は?【2017年最新版】

    2017.10.26