メバリング用仕掛けおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • ロッドの投げられる重さの範囲で選ぶ
      →表示以上の重さのメバリング仕掛けを使うと、破損の危険性が高まる。
    • 3種類を一通り選ぶ
      →ジグヘッドリグ、キャロライナリグ、スプリットショットリグの3種類があると、多くの状況に対応できる。
    • 重さを数種類揃える
      →最初は重めのものから順にいくつか購入。
    メバル

    メバルを釣る「メバリング」は、海のルアーフィッシングでも人気の高い分野。
    特に、ほかに釣れる魚が少なくなる秋の終わり頃から春先にかけて、釣り場がメバリングをする人で賑わうようになります。

    メバリングには基本的にワームが多く使われ、ワームを使うためには必ず仕掛けが必要となります。
    メバリングで使う仕掛けにはいくつかの種類があり、状況によって使い分けていくことで釣果を伸ばしていくことができます。

    本記事では、メバリング仕掛けの選び方やおすすめ品を、メバリング歴10年以上の筆者が経験を元にしてご紹介します。
    メバリング仕掛け選びの参考に役立ててください。



    メバリング用仕掛けとは

    メバリング 針

    最初にメバリング仕掛けのことは「リグ」と呼ばれることを知っておきましょう。
    ルアーフィッシングでは用語が英語になっていることが多いので、釣りに慣れながら覚えていくとよいです。

    メバリング仕掛けの種類としては、「ジグヘッドリグ」、「キャロライナリグ」、「スプリットショットリグ」の3種類が基本。
    それぞれの特徴としては、ジグヘッドリグは近距離を丁寧に釣るのに向いており、キャロライナリグは遠投して表層から中層狙いに適し、スプリットショットは遠投と深場攻略がしやすいことが挙げられます。

    またキャロライナリグとスプリットショットリグは、重りの先に「リーダー」と呼ばれる先糸があるため重りからフックが離れており、セットするフックは軽いジグヘッドリグやカブラなどが使われます。

    これらの基本的な特徴を踏まえたうえで使っていくとメバリングでの釣果を伸ばすことができます。

    【こちらもCHECK】メバリングに関連するおすすめ記事はこちら

    メバリングルアーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.10

    メバリングロッドおすすめ人気ランキングTOP30!長さは大切?【2018年最新版】

    2017.11.06

    メバリングジグヘッドおすすめ人気ランキングTOP30!重さや自作のメリットは?【2017年最新版】

    2017.11.01

    メバリング用仕掛けを選ぶときの3つのポイント

    ① ロッドの投げられる重さの範囲で選ぶ

    メバリング 竿

    メバリング仕掛けを使うメバリングロッドには、投げられる重さが表示してあります。
    メバリングロッドは硬さや長さによって適した重さが決まっていますので、メバリング仕掛けの重さはその範囲内で選ぶようにしましょう。

    例えば、メバリングロッドに投げられる重さが10グラムとなっていれば、メバリング仕掛けの重さは10グラムまでにしておきましょう。
    実際はある程度までであればロッド表示以上の重さのメバリング仕掛けを使っても簡単に折れることはありませんが、破損の危険性は高まるので要注意です。

    ② 各種類を一通り選ぶ

    釣り道具

    メバリング仕掛けにはジグヘッドリグ、キャロライナリグ、スプリットショットリグの3種類がありますので、まずはそれぞれを持つのがおすすめです。
    各メバリング仕掛けに得意とする状況があるため、一通り持っておけば多くの状況に対応できるのです。

    現在ではメバリング仕掛けのラインナップは非常に多くなっているので、初心者の方は3種類のメバリング仕掛けを使ってみて基本的な使い方を理解すると、ほかにどんな種類を持っておけばよいのかを理解できると思います。

    ③ 重さを数種類揃える

    釣り道具 はかり

    メバリング仕掛けは、リグに対して数種類の重さを持っておくことが釣果を伸ばすポイントとなります。
    最初は重めのものから選んだほうが釣りがしやすいので、だんだんと軽いものを揃えていくとよいでしょう。

    選ぶときの例としては、ロッドの投げられる重さが10グラムまでとすれば、ジグヘッドリグの場合は3グラム・2グラム・1.5グラム、キャロライナリグやスプリットショットリグの場合は10グラム・7グラム・5グラム・3グラムといったような順で選ぶとよいです。
    メーカーによってラインナップされている重さが違いますが、重たいほうから選ぶことが基本となっています。

    メバリング用仕掛けおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはメバリング用仕掛けのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    筆者がメバリング用仕掛け選びのポイントを踏まえたセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 シマノ ソアレ ウルトラシュート

    これまでにないユニークな形状で、かなりの飛距離が出せるキャロライナリグ用フロート。
    巻いてくるときには「リアリップ」が立ち上がり抵抗となるので、ゆっくりと誘ってくることが可能です。
    メバリング仕掛けの中では重さがかなりある部類なので、メバリングロッド以外にもシーバスロッドやエギングロッドを使ってメバルを狙うこともできます。

    9位 ゼスタ スターヘッド タッチダウン

    キャロライナリグやスプリットショットリグとの組み合わせをおすすめしたいジグヘッドリグ。
    ヘッド形状が起こす水流によって、ワームのアピール度を増してくれます。

    8位 ダイワ 月下美人 月ノ雫2

    飛距離を出しやすくメバルを警戒させにくいキャロライナリグ用フロートです。
    投げて水面に着水したときの音をメバルが水面で捕食するときに出す音に似せているのが特徴。
    そのため、浅い場所で釣る際やメバルが水面に浮いているときにも警戒心を持たせにくい仕様となっています。

    7位 アルカジックジャパン スプリットシンカー

    ラインを沿わせてセットできるスリットが入ったスプリットショットリグ用シンカーです。
    メバルが喰い付いた感覚が手元にダイレクトに伝わってきやすく、ストッパーによって重さの付け替えも簡単。

    6位 ハヤブサ メバル専用ジグヘッド ストロングまっすぐ FS202

    このジグヘッドリグは、ワームを真っ直ぐにセットすることが苦手な方におすすめ。
    掛けるためのフックとは別にあるシャンクに真っ直ぐ通せば、メバルに違和感を与えやすいワームの不自然な曲がりを防ぎやすいです。

    5位 ブリーデン ライトリグシンカー

    ブラック塗装によってメバルに警戒されにくい、スプリットショットリグ用シンカーです。
    メバルがこのシンカーを追いかけてくるような集魚効果が期待できます。

    4位 オーナー カルティバ 流弾丸 JH-85

    オーナー(OWNER) 流弾丸 JH-85 1.3g

    オーナー(OWNER) 流弾丸 JH-85 1.3g

    288円(05/30 18:27時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    2つのラインアイの使い分けが可能となっているジグヘッドリグ。
    先端側のアイに付ければ軽く引きながら浮き上がる姿勢で誘い、後方のアイに結べばレンジキープして一定層を探っていくことができます。

    3位 シマノ タイディ ソアレ アウトシュート

    こちらは、ラインを切らずにセットできるキャロライナリグ用シンカーです。
    ジグヘッドリグと組み合わせれば、ラインにセットしたり取り外したりすることで手前から遠くまで広い範囲を釣ることができますよ。

    2位 プロズファクトリー ラバースプリットショット

    ラインに噛ませるだけで仕掛けのセットが完了する、初心者も簡単に扱えるスプリットショットリグ用シンカー。
    ラバーが貼ってあるのでラインを傷めにくいです。

    1位 メジャークラフト ジグパラヘッド スイムモデル JPHD

    使いやすさが好評のジグヘッドリグ。
    単体はもちろんのこと、軽いウエイトに関してはキャロライナリグやスプリットショットと組みあわせても使い勝手が高いです。

    【こちらもCHECK】メジャークラフト ジグパラヘッド スイムモデルに関連するおすすめ動画はこちら

    メバリング用仕掛けを使用するうえでの3つの注意点

    ①リグや状況によってフッキング方法を使い分ける

    釣り人

    メバリング仕掛けでは、フッキング方法を使い分けることでしっかりとメバルの口にフックを掛けることができます。
    ジグヘッドリグはメバルが喰い付いてきたら即座に鋭くロッドをあおってフッキングし、「リーダー」があるキャロライナリグやスプリットショットリグはラインのたるみを巻き取りながら大きくロッドを移動させるイメージでフッキングするのが基本です。

    さらに、メバルの活性が高いときは強めに速く、活性が低いときは弱めにゆっくりとフッキングすると、より掛かりやすくなります。
    フッキングは慣れも必要となるので、何度もメバリング仕掛けを使って釣りをすることで少しずつ理解していくとよいでしょう。

    【こちらもCHECK】リグに関連するおすすめ記事はこちら

    フロートリグおすすめ人気ランキングTOP5!フロートリグとは?【2018年最新版】

    2018.05.18

    【こちらもCHECK】メバリングの釣り方に関連するおすすめ動画はこちら

    ②重さごとに区分けして保管する

    重り

    メバリング仕掛けでは重さごとに区分けして保管するようにしておきましょう。
    メバリング仕掛けは小型なので、数百円で購入できる小さなルアー用ケースで十分です。

    見てすぐに重さを見分けるために、メバリング仕掛けのパッケージの重さが表示されている部分を切り取ってケースに貼ったり、ウエイト表示用シールを利用したり、工夫をしてみるとよいでしょう。

    ③ティップへの巻き込みに注意

    リール

    メバリングで使うロッドは細く繊細に作られていますので、メバリング仕掛けをティップ(先端部)に巻き込まないように注意しましょう。
    巻き込んだままさらに強い負荷を掛けてしまうと、ロッドティップを破損してしまうことがあります。

    もし巻き込んでしまった場合は、ドラグを緩めてラインをゆっくりと出すようにしてください。
    巻き込んだときにスピニングリールのベールを返してラインを出すことで、ベールを返すときにはラインが引っ張られるように力が掛かるので注意してください。

    【こちらもCHECK】スピニングリールに関連するおすすめ記事はこちら

    バス釣りスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.11.17

    メバリング用仕掛けは使い分けがポイント

    メバル

    メバリング用の仕掛けはワームやカブラといった疑似餌を使うため、使い方によって釣果が変わることが非常に多いです。
    ジグヘッドリグ、キャロライナリグ、スプリットショットリグというメバリング用仕掛けの各種類をまず使ってみると、それぞれの使い分け方が徐々に分かってくると思います。

    今回ご紹介したランキングのおすすめ品は、「使いやすさ」を基準にセレクトしているので、ぜひ購入時の参考にしてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣り用品に関連するおすすめ記事はこちら

    コマセミキサーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.11

    シマノのスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.06.28

    アジングリールおすすめランキングTOP10!シマノやダイワが人気?【2017年最新版】

    2017.11.17

    メバリングリールおすすめ人気ランキングTOP10!シマノやダイワの特徴は?【2017年最新版】

    2017.10.26

    メバリングワームおすすめ人気ランキング10選!仕掛け方やカラーの違いも【2017年最新版】

    2017.10.25