【カラーリスト厳選】市販のヘアカラーおすすめランキングTOP10!人気カラーのピンクやグレー&メンズ用も【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

木村 雅人

美容師歴8年
カラーリスト


トレンドカラーや、定番のカラーまで幅広く興味を持って、老若男女問わず、多くのお客様に喜んで頂けるように日々努力しています。

    選び方のポイント

    • できるだけダメージの少ないものを選ぶ
      →髪の毛や肌を痛める、必要のない成分が含まれていないかをチェック。
    • アルカリカラーと酸性カラーの特徴で選ぼう
      →ナチュラルな髪色で長持ちする「アルカリカラー」か、髪の負担が少なく発色のよい「酸性カラー」かを、自分の目的に沿って選ぼう。

    ヘアカラー


    ヘアカラーについて疑問や気になることがある方や、これから実際にヘアカラーをしてみようという方に向けた記事です。

    某サロンで人気の現役ヘアカラーリストがこれまでの経験を元にカラーの基礎知識や、サロンでは教えてくれないヘアカラーの落とし穴などを説明していきます。
    ヘアカラーの魅力をみなさまに知っていただきたいので、最後までしっかりと解説していきます!

    目次

    カラー材を選ぶ前に注意すること

    ① できるだけダメージの少ないものを

    ダメージヘア


    ヘアカラーには1剤と言われるアルカリ剤と2剤と呼ばれる過酸化水素水というものが存在します。
    それらが作用して色素を抜いたり、また新たに色素を入れたりしているのです。

    カラー剤を選ぶ際に気をつけなければいけない点が「本当に必要な成分だけで構成されたカラー剤か?」という点です。

    必要のない成分が含まれている場合、髪の毛や肌にダメージを与えてしまいます。
    よくお聞きする肌荒れや、かゆみといったトラブルにも関係してきますので、しっかりチェックしておきたいですね!

    【こちらもCHECK】ダメージの少ないヘアカラーおすすめランキングの記事はこちら

    傷まない?ダメージが少ない市販ヘアカラーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.08.13

    ② 自分の目的にあったカラー剤かしっかり確認

    ヘアカラー

    目的にあったカラー剤を使用することはとても大切なことなので事前にチェックしておきましょう。

    こちらを間違えてしまうと、しっかり処理をしても希望の仕上がりにはなりません

    チェックするポイント

    ・カラー剤の種類(アルカリカラー、酸性カラーなど)
    ・希望色にしたいレベルが合っているか
    ・希望色にしたい髪色と購入を考えているカラー剤の色味は合っているか

    主に、上記のポイントを意識して選んでいきましょう。

    【こちらもCHECK】ヘアカラーする前に読んでおきたいおすすめ記事はこちら

    ヘナカラーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.26

    ヘアカラートリートメントおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.16

    ヘアカラーシャンプーおすすめ人気ランキングTOP10!市販品もランクイン【2018年最新版】

    2018.01.11

    カラー材の種類の選び方

    カラー剤には数多くの種類があります。
    では一体、自分の目的にあったカラー剤はどんな種類なのでしょう。
    それぞれの特徴を細かく解説していきます。

    ① アルカリカラーで染める

    LUCIDO-L (ルシードエル) ミルクジャムヘアカラー #ヘーゼルナッツ (医薬部外品) (1剤40g 2剤80mL TR5g)
    LUCIDO-L (ルシードエル) ミルクジャムヘアカラー #ヘーゼルナッツ (医薬部外品) (1剤40g 2剤80mL TR5g)

    アルカリカラーとは、1剤と2剤を混ぜあわせキューティクルを開き、髪の毛の内部の染料を脱色させ、新たに染料を浸透させていくカラー剤のことです。

    こちらは一般的なカラーと呼ばれ、大半の方はこちらのカラー剤を使用されております。

    こんな方におすすめ

    ・ナチュラルな髪色を目指されている
    ・ヘアカラーの持ちを長くしたい
    ・低コストで髪染めをしようと考えている

    ② 酸性カラーで染める

    ブローネヘアマニキュア アッシュブラウン クシ付
    ブローネヘアマニキュア アッシュブラウン クシ付

    ほかにも、よくお聞きになる草木染め、ヘアマニュキアなど(酸性カラー)があります。

    酸性カラーは染料の粒子が大きいため髪の毛の内部まで浸透しません。
    ですが、明るい色を出しやすいため、ビビッドな赤色や緑色といった色を好む若い世代の方々におすすめ。

    あくまで髪表面に付着するので頭皮には浸透しないめトラブルも起きにくいです。
    そのため白髪染めとしても選択されるお客様も多数おります。

    こんな方におすすめ

    ・髪への負担を抑えたい
    ・発色を重視されている
    ・インナーカラーなど、ワンポイントでアクセントをつけたい

    【こちらもCHECK】ヘアマニキュアおすすめ人気ランキングの記事はこちら

    ヘアマニキュアおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.30

    ③ レベルと色味とは

    カラーレベルの表記について勘違いされている方が多いと思われます。

    しかし、ただレベルを上げれば明るい〇〇色になるわけではないのです。

    例えば、最近流行りのピンク色にしたい女性に対し13レベルのピンクで染めてもきれいなピンク色には、ならないケースが多いです。
    一度もカラーされてない方でしたら金髪もしくは、オレンジ色に近いお色になります
    その理由に、13レベルのカラー剤だと色素が薄くピンクがきれいに発色されないからです。

    また、一番きれいに発色がよく出ると言われているのは、9レベルと言われています。

    セルフカラーの手順を徹底解説

    まずは下準備

    ハケ、手袋、カップ、ダッカール(ヘアピン、ゴムでも可)は準備しておくと非常に効率もよくきれいにムラなく染めることができます。

    手袋はカラー剤に付属されていることが多いですが、必ずチェックしましょう。
    手袋をしないとカラー剤が手に付着し、こちらはなかなか落とすのが難しいので必ず用意しましょう。

    ハケとカップはあると非常に便利です。
    手で塗るより、ハケを使って塗った方が全体に均等に塗ることができので、これによりムラが少なくなります。
    ハケで塗っていく際、カップがあるとカラー剤を取り出しやすいのでセットで用意されることをおすすめしています。
    最後にダッカールは、髪の長い女性におすすめ。
    髪をまとめて処理するとカラーをする時間も短縮できますので準備しておきましょう。

    これもあると便利!

    ・保護クリーム
    こちらはカラー剤から顔周り、耳、首元を守ってくれます。
    カラー剤を弾いてくれるので皮膚に浸透しません。
    つける場合は髪の毛に付着しないように注意しましょう。

    ・ラップ
    こちらは塗布が終わったときに、髪の毛全体を覆うように使用します。
    カラー剤の乾燥対策に期待でき、頭から発している熱を保温してくれます。
    カラー剤は保温してあげることで、美しい仕上がりに!

    ・クシ(大きいサイズ)
    ムラ対策として、塗布が終わったら全体になじませるように使用しましょう。

    【こちらもCHECK】セルフカラーのやり方を解説している動画はこちら

    カラーリングの際、押さえておきたいポイント

    ① 髪の毛も準備する

    女性 シャンプー

    髪の毛には目には見えない”ほこり”や”油”が私生活のなかで付着しています。
    カラーリングをする前はシャンプー、もしくはお湯洗いします。
    髪に付着している汚れが染めを悪くすることもありますので必ず行いましょう。
    カラー初心者の方は髪の毛が濡れている状態の方が塗りやすいため、濡れた状態でカラーができるメリットもあります。
    こちらも勘違いされているのですが、ウェット状態であってもカラーは可能!

    ② カラー剤はたっぷりと!

    市販のカラー剤をすでに使われたことがある方はご存じかもしれませんが基本的に内容量は多めになっています。
    特にメンズの方だと半分くらい余ることもよくお聞きします。

    余った分を捨ててしまうという方や、次回に取っておくという方がいらっしゃいますが言語道断です。
    理想のカラーにするにはたっぷりと全体に使用するのが大切!

    髪の毛がカラー剤を吸収していくのでだんだんと量は減っていきます。
    カラーリングをするときは余っていてもさらに追加で塗っていきましょう!
    薄く塗ってしまうと染まりも悪くなってしまうので要注意。

    ③ 放置時間は厳守

    塗り終わって家事をしたりテレビを見たりなど、なにかに夢中になって商品に記載されている放置時間を過ぎてしまったことはありませんか?

    もしくは長い時間置いた方がしっかり染まると思っていませんか?

    商品に記載されている放置時間は、購入されたカラーの色に染まるベストタイム!
    放置時間を長くしてしまうと思った以上に髪の毛の色が明るくなってしまったり、逆に暗くなりすぎたりとする原因に繋がります。

    このようなケースを避けるためにも、携帯などのタイマーを使用してしっかりと時間を守りましょう!

    【こちらもCHECK】泡カラーの使い方を紹介している動画はこちら

    セルフヘアカラーでグラデーションはできる?

    グラデーション


    色の差を出すことにより、周りと差がつく”グラデーションカラー”。
    セルフカラーでは無理だと諦めていませんか?

    実は、きちんとポイントを知っていればセルフでもグラデーションカラーはできるんです!
    実際にサロンでも使われているテクニックで一番簡単なものをご紹介させていただきます。

    ブリーチは必須

    きれいなグラデーションにしたいならブリーチは必須です。
    ブリーチは中間より少し下から毛先にかけて行いましょう。

    ブリーチをしないと思い通りの色にはまずなりません。
    微妙な色の違いが、色ムラのように見えてしまうことも……

    “雑に”塗る!?

    次に、塗るときに心がけていただきたいことが”適当に塗ること”です。
    セルフグラデーションをされた方の失敗で多いのが、色の境目がパキッと分かれてしまっていること。

    髪の長い方であれば根元から中間よりも少し下くらいにかけて落ち着いた色を塗っていき、毛先までの毛に手袋をした手で明るいカラー剤を揉みこむように塗布していきましょう。

    全体に同じカラー剤を使用しても9レベル程度のカラーでしたら、ブリーチによってグラデーションは完成します。
    しかし、より差をつけたい方は違う色のカラー剤を使用するといいでしょう。

    カラーバターやカラーマニキュアを毛先に使用するとおしゃれでビビッドな仕上がりになります!

    【こちらもCHECK】市販ブリーチ剤を使ったセルフグラデーションヘアカラーのやり方を解説している動画はこちら

    【こちらもCHECK】ブリーチ剤おすすめ人気ランキングの記事はこちら

    ブリーチ剤おすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

    2018.04.04

    セルフヘアカラー人気おすすめランキングTOP10

    カラー剤の選び方や、カラーリングの手順について解説してきました。
    いよいよここからはヘアカラーおすすめ人気ランキングをご紹介!

    10位 フレッシュライト ミルキーヘアカラー ミラーアッシュ

    内容量:40g+80ml アフターカラートリートメント15g

    このカラー剤のいいところはなんといってもすべての髪質に対応しているところ!
    個性的でかわいい系の髪色に染められたい方におすすめ。

    発色もきれいでムラも出にくいです。
    美容師の筆者が、サロンで染めたのかと思う仕上がりに!

    9位 ホーユー ビューティラボ ホイップヘアカラー

    内容量:1剤40g+2剤80g+美容液5ml

    カラーネームもかわいく、おしゃれなカラー!
    きれいに染まることで有名な商品です。
    発色がよくにおいも少ないのがうれしいですね。

    リッチショコラとは、明るめ赤味寄りのブラウン系のカラーです。
    元から赤みが強い方や、現在黒髪で髪色を少し明るくされたい方におすすめ!

    8位 フェアリー 3Dカラー 65 マロングラッセ

    内容量:40g+60ml+40g

    美容院でも使用されているカラー剤のメーカーが出しているカラー剤です。

    なんと光が当たる角度によって色の見え方が微妙に変わります!
    さすが3Dカラー!
    普通のカラー剤を一通りやってしまってカラーに飽きてきてしまった方も新しいカラーに挑戦されてみては?

    うれしいことにカラーリング後のアフターケアのためにトリートメントが付属されていまので、カラーリング後も艶と潤いキープができちゃいます。

    7位 リーゼ プリティア泡カラー ナチュラルアッシュ

    内容量:108ml
    今人気のアッシュカラーをナチュラルに仕上げることを目的としたカラーになっておりますので、ブリーチされたくない方やちょっと色を明るくしたいが茶髪は抵抗ある方におすすめになっています。
    落ち着いたアッシュを選ばれるならコレ!

    6位 アンナドンナ エブリ ヘアカラー


    内容量:1剤40g+2剤80ml

    こちらの商品は、評判のカラー剤。
    カラー剤独特のピリピリした痛みが苦手な方におすすめ。

    カラーリングでご使用する道具一式も付属されているのでうれしいですね。
    液は塗りやすいクリームタイプで、初心者の方でも簡単にムラなく染め上げることができます。
    カラーは今流行のベージュ系をチョイス。
    かわいらしい、やわらかい、優しいイメージで好感度UP!

    5位 ホーユー ビューティーン メイクアップカラー

    内容量:32g+96ml+美容液5ml

    髪の毛のお悩みで多いのが、赤味が残ってしまうことではないでしょうか。
    また、黄味が強くて悩まれている方もいらっしゃると思います。
    カラーで絶対に知っておきたいのが補色です。
    黄味が強すぎてなかなか思ったアッシュにならない方は紫系のカラー剤を使用しましょう。
    黄味を打ち消してくれるので、思い通りの仕上がりになります!

    4位 リーゼ プリティア泡カラー ピンクベリー

    内容量:108ml

    定番のピンク系のカラー。
    赤みが強い方ですと非常に発色がよく、きれいなピンク味が出ます。
    満足できるかわいらしさで、イメージも格段とよくなります。
    泡タイプですので、根元から毛先までムラなく塗れて美容院に行って染めるのと差があまりないくらい発色がよいです!

    3位 ルシードエル ミルクジャム ヘアカラー

    内容量:1剤40g+2剤80ml+トリートメント5g

    こちらを使用していただければ、ブリーチなしでも明るい髪色にできます。
    クシとボトルが一体型になっているので泡タイプとは違った感じで塗りやすいです。
    ムラなく、明るく、きれいな発色を求められている方におすすめ!

    2位 ブローネ 泡カラー 1AH アッシュベージュ

    内容量:108ml

    アッシュベージュを求められる方はサロンでも多くいらっしゃいます。
    この色は非常に発色させるのが難しいのですが、コチラのカラー剤なら再現できます!
    最初は落ち着いたダーク系なのですが、数日経つと思い通りの明るいアッシュベージュに仕上がっていきますよ♪

    1位 リーゼ プリティア泡カラー クールアッシュ

    内容量:108ml

    コスパも発色もよく、流行のクール系のアッシュ!
    クール系のアッシュで染めると、透明感が出て表情が非常にやわらかくなります。
    また小顔効果があるのも人気の秘訣です。
    女性に大人気のカラーになっており、サロンワーク中でもこの色にして欲しいとご要望が多いです。
    クール系ですので、大人っぽさが増しますね♪
    ぜひ、クールアッシュにしてみてください。
    新しい自分になれるかも。

    カラー別おすすめ人気ランキングTOP3

    カラー


    ここからはカラー別のおすすめランキングをご紹介していきます!
    なりたいカラーが決まっている方はぜひ参考にしてくださいね。

    ピンク系カラーおすすめ人気ランキングTOP3

    3位 ホーユー ビューティラボ ホイップヘアカラー

    内容量:40g+80ml+5ml

    ホイップクリームの泡タイプ。
    セルフカラーがはじめての方でも簡単♪
    光に透かすと非常にきれいなピンク味がでます!
    シェイカーがついているので、用意する道具も少なくコスパを重視される方におすすめ。
    はちみつと植物・果実成分といった、潤い成分がたっぷりと入っています。
    ホイップはキメがとても細かくムラなく染めやすいカラー剤です。

    2位 リーゼ プリティア泡カラー

    内容量:1液34ml+2液66ml アフターカラーヘアパック8g

    定番の泡タイプ。
    シルクエッセンス(毛髪保護成分)とローヤルエキスゼリー(潤い成分)配合。
    染めた後も指通りなめらかで、しっとりとした髪に導きます。
    カラー剤の独特なにおいを抑えたタイプなのでヘアカラーのにおいが苦手な方でもご使用いただけます。
    ふんわりとしたかわいらしいピンクの仕上がりに。

    1位 ホーユー ビューティーン メイクアップカラー

    内容量:40g+88ml 美容液5ml

    発色を重視される方におすすめしたいアイテムです。
    特にブリーチをされて金髪に近い方は、本当にきれいな濃いピンクになります!
    このシリーズはトレンドカラーを幅広く展開。
    なかでもこちらのベビーピンクというお色は染まりが濃く、とてもきれいに発色してくれますよ!

    【こちらもCHECK】ピンク系カラーに関連するおすすめ記事はこちら

    ピンク系市販ヘアカラーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.12

    グレーカラーおすすめ人気ランキングTOP3

    3位 エンシェールズ カラーバター ヘアカラー ヘアマニキュア

    内容量:200g

    とにかくグレーカラーにしたい人はコレ!
    ヘアマニキュアなのでダメージの心配もありません。

    色持ちが悪い場合はシルバーシャンプーと併用しましょう!
    色持ちの良さに差がだいぶ付きますので、何回も染めなおすよりもおすすめしております。

    2位 アンナドンナ エブリ カラートリートメント

    内容量:160g

    毛髪の量が多い方でもたっぷりと使えます!

    カラートリートメントとは、徐々に髪表面に染料が付着していくので
    定期的に使用すれば、自慢のグレーカラーの髪になりますよ。

    1位 ビューティーン メイクアップカラー

    内容量:40g+88ml+5ml

    トレンドカラーの定番。
    しっかりと濃く入り発色はとても鮮やかです。

    グレーにしたいのであれば、まずはこちらから試してみるといいでしょう。
    サロンで染めたような仕上がりになると評判。

    【こちらもCHECK】メイクアップカラー グレーアッシュのレビュー動画はこちら

    グレージュカラーおすすめ人気ランキングTOP3

    3位 パルティ泡パックヘアカラー

    内容量:ベースウォーター75mL+クリーム75g+ヘア美容液5mL

    「そんな派手なグレージュにしたくない。」「髪色が明るすぎるのはバイトや仕事でちょっと……」という人は必見です。

    内容量が若干少なくなっておりますので、ロングヘアの方や、毛量が多い人は二個買っておくと残量に心配なく全体にたっぷりと塗布することができます。

    定番の泡タイプなのではじめて染める方でもばっちり。

    2位 エブリ ヘアカラー

    内容量:40g+80ml

    1剤40gに対し、二剤が80mlという配合のため、混ぜあわせてみるとクリーム状に近く、とても塗りやすいです。

    あまり頭皮にも負担をかけない成分で構成されているのにも関わらず満足できる発色。
    明るいグレージュにされたい方でしたら一度お試しを!

    1位 ビューティーン メイクアップカラー

    内容量:40g+88mL+5mL

    グレージュと言えばここのカラー剤は間違いないです。

    トレンドカラーに自信があるシリーズなのでいまどきのおしゃれなグレージュ味をばっちり出してくれます。
    泡立つ乳液タイプのカラー剤なので発色の良さとムラ軽減対策がされている文句なしの品です。
    サロンでも取り入れているカラー剤のメーカーの商品になりますのでサロンクオリティーのカラーが実現。

    暗めのヘアカラーおすすめ人気ランキングTOP3

    3位 フレッシュライト 泡タイプカラー シュガーアッシュ

    内容量:105ml

    染め上がりの質がよく、今人気の外国人風カラーのようなおしゃれな色味がでます!
    暗めアッシュ系のなかでも定評があり、髪の毛を暗くされたい女性が多く使用しています。
    色抜けした後もとてもきれいに発色するのでおすすめ!
    容量もしっかりと入っているので、ロングヘアの女性の方びもおすすめです。

    2位 シュワルツコフ カラースペシャリスト N5 ナチュラルブラウン

    内容量:50g+ 50g+1mL+22.5g+22.5g

    ヘアカラーによるダメージを気にされている方は多いと思います。
    こちらのカラー剤には、カラー直後にご使用いただけるトリートメントが付属。
    さらにアフターケア用に3週間後にも使えるトリートメント剤も付属されているので、ヘアダメージが進んでいる方でも使うことができます!

    お色はナチュラルブラウンです。
    「真っ黒は嫌だけど、明るすぎる茶髪も嫌だ!」にという方はこちらを使用しましょう!

    1位 ウエラトーン2+1 クリームタイプ 6CL キャラメルブラウン

    内容量:60g+60g+7.3ml

    サロンでも取り扱われているメーカーから。
    仕上がりは大人っぽい自然なやわらかい印象に。
    ツヤ感もよく、肌の色が透けて見えますので表情が明るくなり、周りの人との差がでること間違いなし!

    きれいにツヤがでるようにツヤ出しエッセンスもついていて、内容量も多く、カラーに使用する道具一式も付属されている点もうれしいですね。
    赤味が強い方は「マットブラウン(6GM)」を使用しましょう!

    【こちらもCHECK】暗めのヘアカラーに関連するおすすめ記事はこちら

    市販の黒染め剤おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.10

    アッシュ系市販ヘアカラーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.12

    メンズカラーおすすめ人気ランキングTOP2

    コーヒー 男性


    パッケージを見てもわかるように、これまで紹介してきたカラーは基本的に女性向けの商品です。
    男性が使用することも可能ですが、やはり理想はメンズ用のカラーを使うことです。

    メンズヘアカラーおすすめランキングをご紹介いたします!

    2位 リーゼプリティア メンズ泡カラー カフェブラウン

    内容量:70ml

    定番中の定番色!
    メリットは手順通りにやれば絶対失敗しないこと。
    髪をきれいに染めたい方でしたらこちらを選びましょう。

    泡タイプなので根元までしっかりと付着し、染めムラを限りなく軽減しているのも選ぶポイントです!

    1位 サイオス ヘアカラークリーム 3A アッシュベージュ

    内容量:50g+50g

    メンズに大人気のアッシュベージュ。
    女性受けもバッチリ!
    最近のタレントやモデルさんもこの色にされている方を雑誌やテレビでよく見かけます。

    アッシュ系により透け感がでて表情が明るく、ベージュが落ち着きと、暖かい優しいイメージを叶えてくれます。
    ワックスなどで仕上げるときも陰影がでやすい色なのでセットしたときに立体感がでて◎。

    【こちらもCHECK】メンズヘアに関連するおすすめ記事はこちら

    メンズ用ヘアスプレーおすすめ人気ランキングTOP10!軟毛用の使い方も【2018年最新版】

    2018.05.10

    メンズ向け市販ヘアカラーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.02

    メンズヘアワックスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.06

    市販ヘアカラーの2018年の流行を先取り

    ヘアカラー


    2017年はアッシュ系、グレー系とピンク系が大流行。
    SNSでもこれらのキーワードをよく目にした方も多いのではないでしょうか。

    2018年はアッシュ系やグレー系に変わり、だんだんと流行のヘアカラーがダーク系に移っていきます!

    「イノセント」、「ブルージュ」、「アイスグレー」といったカラーがキーワードになってくるでしょう。

    髪の毛はファッションの一部。
    理想のヘアカラーでなりたいおしゃれを楽しみましょう!

    カラーはある程度の知識と準備さえしっかりとしていればとても簡単です!
    セルフカラーをされる際は、自分の目的にあった物を選び丁寧に行いましょう♪

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】
    ヘアケア・カラー・スタイリングに関連するおすすめ記事はこちら

    カラーワックスおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.08.18

    ヘアチョークおすすめ人気ランキングTOP15!落とし方や使い方も【2018年最新版】

    2018.05.15

    ヘアケアグッズおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.29

    ヘアクリームおすすめ人気ランキングTOP22!オーガニックや使い方についても【2018年最新版】

    2018.03.23

    ヘアカラーシャンプーおすすめ人気ランキングTOP10!市販品もランクイン【2018年最新版】

    2018.01.11

    ABOUTこの記事をかいた人

    木村 雅人

    美容師歴8年
    カラーリスト


    トレンドカラーや、定番のカラーまで幅広く興味を持って、老若男女問わず、多くのお客様に喜んで頂けるように日々努力しています。