アジングタックルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 応用が利きやすいロッドを選ぶ
      アジングタックルにおけるロッドは、7~7.6フィート前後の長さで、投げられる最大の重さが7~10グラム程度のものがおすすめ。
    • リールは2,000以下の番手で浅溝スプールを選ぶ
      →アジングでは4ポンド以下の細いラインを使うので、選ぶときには浅溝スプールと言われるモデルを選ぶことも必要。
    • 軽さを重視して選ぶ
      →軽いことによって持つ手にムダな力が要らず、アジの小さなアタリも感じ取れるようになる。

    魚 アジ


    アジングは小型のルアーを使ってアジを狙う釣り方で、エサを必要としないので仕事帰りに楽しむ釣り人も多いです。

    このアジングでは繊細なタックルが使われており、選び方によって釣りのしやすさが変わり、釣果にも影響が出てきます。
    アジングタックルはアジの特徴にあわせて作ってあるため、ほかの釣りでの道具が応用しづらいところもあります。

    本記事においてはアジング歴10年以上となる筆者がアジングタックルの選び方からおすすめ品までをご紹介。
    ぜひアジングタックル選びの参考にしてください。



    アジングタックルとは

    釣り竿 リール


    アジングタックルは大きく分けてロッドとリールで構成されており、それぞれアジングロッド、アジングリールと呼ばれ、リールがロッドの下側に付くスピニングタイプがほとんどを占めています。

    アジングロッドはアジの小さなアタリを敏感に感じ取っていく必要があるため、反発力が高いながらも細身であるのが特徴。
    アジングリールに関してはロッドとのバランスを取るため小型のスピニングリールで、ハンドル1回転あたりの巻き取りが中程度~高速のリールが使われる傾向があります。
    これらを基本にしてアジングタックルは選んでいくのがおすすめです。

    【こちらもCHECK】アジングタックルに関連するおすすめ動画はこちら

    【こちらもCHECK】アジングに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングとは?ロッドやリール&仕掛けの解説や初心者向け動画も

    2018.03.19

    アジングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!選び方や注意点も【2018年最新版】

    2017.12.08

    アジングジグヘッドおすすめ人気ランキングTOP10!重さや形状も【2017年最新版】

    2017.12.04

    アジングタックル選びの3つのポイント

    ① 応用が利きやすいロッドを選ぶ

    釣り 釣り竿


    アジングではハードルアーやワームを使ってアジを狙い、ワームの釣りでは1グラム程度のおもりから、10グラム程度までの重さのものを使っていきます。

    釣りをする場所は水面から足元までに高さがあったり、風や波が強いとき弱いだったりとさまざまな状況があります。
    釣り場に行く前には状況が判断できるところできないことがありますので、応用が利きやすいロッドを選んでおくのがよいでしょう。

    アジングタックルにおけるロッドは、具体的には7~7.6フィート前後の長さで、投げられる最大の重さが7~10グラム程度のものがおすすめです。

    ② リールは2,000以下の番手で浅溝スプールを選ぶ

    リール


    アジングタックルにおけるリールは大きさが数字で表されており、2,000以下の番手を選ぶとタックル全体のバランスが取れるようになります。
    また、アジングでは4ポンド以下の細いラインを使いますので、選ぶときには浅溝スプールと言われるモデルを選ぶことも必要です。

    浅溝スプールは見た目でも判断できますが、多くのメーカーで番手に「S」の表示がつくようになっていますので、それを目安にして選ぶとよいでしょう。
    浅溝スプール搭載のアジングリールは同時にラインが切れないようにする機構の「ドラグ」も微調整が効きやすいのでおすすめします。

    ③ 軽さを重視して選ぶ

    電子機器 はかり


    アジングタックルにおいてはロッド、リールともに軽さを重視して選んでみてください。
    軽いことによって持つ手にムダな力が要らず、アジの小さなアタリも感じ取れるようになります。

    一部のメーカーを除いて、アジングタックルには「自重」の表示がありますので、それを目安にして選ぶとよいでしょう。
    自重に関しては価格が上がるとともに軽くなっていくことがほとんどとなっていますので、選ぶときの目安になります。

    アジングタックルおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはアジングタックルのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    筆者がアジングタックル選びのポイントを踏まえたセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 シマノ 16 ヴァンキッシュ C2000HGS


    自重:155グラム
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):80センチ
    ドラグ最大値:3キログラム

    回転時の立ち上がりが速く軽い「クイックレスポンスシリーズ」のフラッグシップモデル。
    パーツの全体的な軽量化と、巻き心地が滑らかな「マイクロモジュールギア」によって高い感度を持ち、アジの小さなアタリも取りやすく、ファイトの主導権を握りながら釣りができるリールです。

    9位 ヤマガブランクス ブルーカレント 74II


    長さ:7.4フィート
    ティップ:チューブラーティップ
    継数:2本
    ルアー重量:0.3~8グラム

    シャープな調子が特徴のヤマガブランクスの人気モデル。
    アジングタックルをしっかり使える中~上級者向けのロッドとなりますが、その分感度や軽さを実感しながら釣りができるロッドとなっています。

    8位 ダイワ 月下美人 16 MX 2004DH


    自重:230グラム
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):64センチ
    ドラグ最大値:2キログラム

    ダブルハンドルが標準で装着してあるダイワのライトソルトウォーター用スピニングリール。
    ダブルハンドルはシングルハンドルに比べて巻き取るときのブレが発生しにくいのが特徴で、リトリーブしながらのアジングで特に効果を発揮してくれるリールとなっています。

    7位 シマノ ルアーマチック S76UL


    長さ:7.6フィート
    硬さ:ウルトラライト
    ティップ:ソリッドティップ
    継数:2本
    ルアー重量:0.8~12グラム

    最大で12グラムまでの重さに対応できるアジングロッド。
    ハードルアーからワームでのさまざまなリグまで広く対応してくれる汎用性の高いロッドです。

    6位 ダイワ 15 レブロス 2004H


    自重:235グラム
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):75センチ
    ドラグ最大値:2キログラム

    コストパフォーマンスが高いダイワのエントリーモデル。
    価格は安くとも「大口径スプール」や「ツイストバスターⅡ」によって、トラブルも少ないので初心者の方におすすめです。
    使っているときにはハンドルを固定しているスクリューの緩みに気を付けながら使ってみてください。

    【こちらもCHECK】ダイワ 15 レブロス 2004Hに関連するおすすめ動画はこちら

    5位 メジャークラフト ファーストキャスト アジソリッド FCS-S682AJI


    長さ:6.8フィート
    ティップ:ソリッドティップ
    継数:2本
    ルアー重量:0.6~10グラム

    繊細なティップが特徴的で価格も安めのアジングロッド。
    エントリーモデルとして最適で、アジングに手軽にチャレンジしたい方におすすめです。

    4位 シマノ 17 アルテグラ C2000S


    自重:205グラム
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):66センチ
    ドラグ最大値:3キログラム

    シマノ独自の「コアプロテクト」によって高い防水構造を持たせてあるアジングリール。
    実売1万円前後でありながら、「HAGANEギア」や「X-SHIP」による強固なギア構造、手元に重心を近づける「Gフリーボディ」によって高いバランスを持ったリールとなっています。

    3位 メジャークラフト TRUZER トルザイトリング アジングモデル TZS-S742AJI


    長さ:7.4フィート
    ティップ:ソリッドティップ
    継数:2本
    ルアー重量:0.6~10グラム

    「トルザイトリング」という軽量なガイドリングを搭載したモデル。
    今までよりもガイドリングの厚みを抑えられたことによって、キャスト時のライン放出抵抗が少なくなり、より遠くまで投げることができるようになっています。
    このガイドが搭載されているアジングロッドは少ないので、ぜひ使ってみてほしいモデルです。

    2位 ダイワ 17 セオリー 1003

    ダイワ 17 セオリー 1003

    ダイワ 17 セオリー 1003

    22,999円(06/18 19:01時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    自重:155グラム
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):60センチ
    ドラグ最大値:2キログラム

    ハイエンドモデルに匹敵する軽さを持ったミドルクラスのアジングリール。
    セオリーシリーズの最初のラインナップにはなかった番手ですが、釣り人の要望が高かったためこの1,000番のモデルが追加されています。
    防水機能を高めるための「マグシールド」機構、軽い回転を生み出してくれるザイオン製のエアローターを使用することで高い実釣性能を持つおすすめのリールです。

    1位 ダイワ 月下美人 76L-T


    長さ:7.6フィート
    硬さ:ライト
    ティップ:チューブラーティップ
    継数:2本
    ルアー重量:1.5~7グラム

    チューブラーティップを搭載した、使う仕掛けを選ばないオールマイティーなアジングロッド。
    滑りにくいグリップやラインに優しいKガイドを搭載したモデルとなっています。

    【こちらもCHECK】ダイワ 月下美人 76L-Tに関連するおすすめ動画はこちら

    アジングタックルを使用するうえでの2つの注意点

    ① 繊細なので取り扱いに注意

    釣り竿 リール ルアー


    アジングタックルでのロッド、リールはどちらも軽く作り上げるために細かったり、素材を薄くしたりする工夫がしてあります。
    これらは正しい使い方を行っていれば破損することはなく、ある程度の耐久性も持っていますが、間違った使い方をするとやはり破損の可能性がでてきます。

    破損の原因で最も多いのが強い衝撃を与えてしまうことですが、ロッドを振るときに周りに障害物がないかどうかを確認する、リールを置くときにゆっくりと置くことを徹底すれば防ぐことが可能です。
    また、釣りが終わったあとはそのままにせず、シャワーで塩水や汚れを落として乾燥させるようにしてください。

    ② リールのドラグ設定は必須

    リール


    アジングで使うラインは細いので、リールのドラグ設定をしっかり行っておくようにしましょう。
    アジングタックルで使うスピニングリールはスプールの上についている「ドラグノブ」で調整するようになります。

    ロッドにリールをセットしてラインを通した状態で、ラインの最大強度の半分から3分の1程度にするのがアジングではおすすめです。
    ドラグ調整は「ドラグチェッカー」というアイテムもありますが、アジングのようなライトタックルにおいてはペットボトルに水を入れて重さ調整をして、それをラインに結んで負荷を掛けて調整するといった方法でもよいでしょう。

    アジングタックルでライトゲームを楽しもう

    魚 アジ


    アジングタックルではアジはもちろんのこと、メバルやカマス、メッキといった小型のフィッシュイーターを狙うこともできるので、取り扱いには注意しながらやってみるのもよいでしょう。
    釣れた魚は新鮮なうちに締めて、塩焼きやフライにして食べてみるのもおすすめです。
    ぜひご紹介してきたアジングタックルを参考にしながら、ご自身にあったものを選んで釣りを楽しんでみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    タックルバッグおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.30

    アジングラインおすすめ人気ランキングTOP10!理想の太さやフロロカーボンラインとは【2017年最新版】

    2017.11.21

    アジングリールおすすめランキングTOP10!シマノやダイワが人気?【2017年最新版】

    2017.11.17

    夜釣り用ヘッドライトおすすめ人気ランキングTOP25【2017年最新版】

    2017.11.01

    アジングルアーおすすめ人気ランキングTOP10!仕掛けや重さの違いは?【2017年最新版】

    2017.10.27