カメラバッグおすすめ人気ランキングTOP15!バックパックや可愛い&おしゃれなカメラバッグも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

星野 由布

写真撮影歴10年のカメラ講師 二十歳から趣味でカメラをはじめ、カメラ講師へ
フォトサークルで活動し、撮影会や講評会、写真展開催も経験しました。
フォトコンテスト入賞歴あり。
現在はオンラインでカメラ講師として写真の撮り方を教えています。

    選び方のポイント

    • カメラバッグの大きさを選ぶ
      →カメラ用品以外の荷物を入れることも考慮して、やや大きめのカメラバッグを選ぶことがおすすめ。
    • カメラバッグのタイプを選ぶ
      →各タイプの特徴と用途を照らしあわせてから選ぶことが重要。
    • デザインを重視する
      →ストリートフォトを撮りに行く場合はコンパクトでデザイン性の高いカメラバッグ、アウトドア撮影に出かける際は、スポーティーで大きめのカメラバッグがおすすめ。
    カメラ カメラバック

    カメラバッグといえば、プロが使っているような黒くて無骨なデザインのバッグを想像される方も多いのではないでしょうか。
    趣味でカメラを楽しんでいるユーザーや、これからカメラを始めてみたいという方には、少々取り入れづらい印象です。

    しかし、最近のカメラバッグはおしゃれなものも増えているんですよ。
    もちろんカメラ専用品ですから、機能性も十分備わっています。

    普通のバッグにもカメラは入れられますが、交換レンズや替えのバッテリーを入れるとゴチャゴチャして機材同士がぶつかり、傷や破損の原因にも……。
    大切なカメラを傷つけないためにも、撮影の際はカメラバッグを使いましょう。

    「カメラバッグは種類が多すぎて選び方がわからない!」という方もご安心ください。
    今回は女性カメラ講師の筆者が、カメラバッグの選び方やおすすめのカメラバッグについてじっくり解説します。

    目次



    カメラバッグとは

    カメラバッグ

    カメラバッグとは、カメラやレンズを収納する専用バッグのことです。
    内部にクッション性のあるインナーバッグや仕切りがついており、カメラを傷や落下による衝撃から保護します。

    容量やタイプも豊富にあり、なかには防水機能がついているものや、一見してカメラバッグには見えないファッション性の高いものまであります。

    【こちらもCHECK】カメラ用バッグに関連するおすすめ記事はこちら

    ショルダータイプのカメラバッグおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.22

    カメラ用リュックサックおすすめ人気ランキングTOP13!防水や登山、一眼レフも【2018年最新版】

    2018.04.16

    おしゃれな女子用カメラリュックサックおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.04

    カメラバッグの3つの選び方

    ① カメラバッグの大きさを選ぶ

    カメラバッグ

    カメラバッグを選ぶ際、まず手持ちの機材が収まるか検討しましょう。
    ミラーレスカメラと標準レンズ程度の機材なら、5L以内の小型カメラバッグにも収まります。
    一眼レフと高倍率ズームレンズを持ち運ぶならば大容量タイプが必要です。

    また、カメラ用品以外の荷物を入れることも考慮してやや大きめのカメラバッグを選ぶことをおすすめします。

    そしてサイズ選びで注意したいのが、カメラバッグの内寸。
    カメラバッグの内部はクッションや仕切りがあり、普通のバッグに比べると内寸と外寸の差が大きくなっています。

    「カメラバッグを買ってみたらカメラが入らなかった!」なんてことのないよう、内寸をしっかりチェックしてから買いましょうね。
    特に高倍率ズームなど、長さのあるレンズを愛用している方は要注意です。

    ② カメラバッグのタイプを選ぶ

    カメラバッグ

    カメラバッグの大きさを選んだら、次はどのようなタイプのバッグがいいか考えてみましょう。
    各タイプについて下記にまとめたので、参考にしてください。

    ショルダータイプ

    OUTDOOR ショルダーバッグ OD カメラショルダーバッグ01 3.2L レッド ODCSB01BGD
    OUTDOOR ショルダーバッグ OD カメラショルダーバッグ01 3.2L レッド ODCSB01BGD

    両手が空き、混雑した場所でも体の前にサッと回すだけで邪魔になりにくいメリットがありますが、片方の肩に負担がかかります。
    大容量ショルダーを長時間使うと疲れを感じるかもしれません。

    斜め掛けスリングタイプ

    Amazonベーシック スリングバッグ 4.5L 一眼レフ用 ブラック
    Amazonベーシック スリングバッグ 4.5L 一眼レフ用 ブラック

    両手も空きますし、スリムなものが主流なので周囲の人へも邪魔になりにくいメリットがあります。
    しかし、そのスリムさからたくさん機材を入れることには向きませんし、比較的肩が疲れやすいです。

    バックパック

    Endurance(エンデュランス) カメラバッグ 2気室構造 ロールトップ リュックタイプ
    Endurance(エンデュランス) カメラバッグ 2気室構造 ロールトップ リュックタイプ

    両手も空き、両肩で支えるので疲れにくいタイプです。
    スリムなものから大容量のものまであり、カメラ以外の荷物もたくさん収納できます。
    しかし、人混みや混雑した電車内では周囲の人の邪魔になりやすいので注意する必要があります。

    トートバッグタイプ

    [チャムス] カメラバッグ Camera Tote Sweat Nylon CH60-2183-A046-00 R064 H-Red/Marin
    [チャムス] カメラバッグ Camera Tote Sweat Nylon CH60-2183-A046-00 R064 H-Red/Marin

    片手が塞がりますが、満員電車や混雑したエレベーターなどでも足元に置くことができ邪魔になりにくいです。
    バッグを持ちながらの撮影は難しいかもしれませんが、旅行鞄を兼ねるような大容量タイプを選べば、旅行の荷物とカメラをひとまとめにでき便利ですよ。

    ③ デザインを重視する

    駅 バッグ

    カメラバッグ選びでは、どのようなデザインを選ぶかも大事なポイントになってきます。
    筆者は撮影に出かける際、ストリートフォト撮影用とアウトドア撮影用、2種類のバッグを使い分けています。

    ストリートフォトを撮りに行く場合、行先は当然ながら繁華街や市街地です。
    人の往来の多い場所では、仰々しいデザインのカメラバッグが目立つので、街に溶け込むような普通のバッグに見えるデザインのものを選んでいます。
    撮影のあとにギャラリーや美術館巡りを楽しむことも多いので、なるべくコンパクトでデザイン性の高いカメラバッグがおすすめです。

    アウトドア撮影に出かける際は、スポーティーな大きめカメラバッグを使っています。
    山や海にはあまりお店もありませんので、飲み物やタオルなどカメラ以外の荷物が増えますし、急な雨に備えてレインカバーも持って出かけます。
    それらの大荷物を収納するために、スポーティーで大きめのカメラバッグがおすすめです。

    このように、目的地にあわせてカメラバッグを使い分けると便利で快適に撮影できますよ。

    カメラバッグおすすめ人気ランキングTOP15

    ここまでカメラバッグの選び方について解説してきました。
    ここからは、おすすめのカメラバッグをランキング形式で紹介していきます。
    今回のランキングは容量の小さいものから順に選びました。
    ランキング上位のものほど荷物がたくさん入る大容量タイプになっています。
    「カメラバッグは種類も容量も豊富で、どれを買っていいかわからない!」という方はぜひ参考にしてくださいね。

    15位 OUTDOOR ショルダーバッグ ODCSB01BGD


    【スペック】
    容量:3.2L
    内寸:横幅145mm×高さ200mm×奥行110mm
    外寸:横幅160mm×高さ210mm×奥行140mm
    重量:約210g

    まずはコンパクトで気軽なお散歩撮影にも便利な、小型のバッグから紹介します。
    こちらはアメリカ・ロサンゼルス発のブランド、OUTDOOR(アウトドア)の小型ショルダーバッグです。

    容量は3.2Lと小ぶりなサイズで、カメラ1台と標準レンズがちょうど収まるほど。
    外側についたポケットにはSDカードなど、小さめのアクセサリーが入ります。

    一眼レフ+標準レンズまたはズームキットレンズ程度の装備で気軽に撮影するシーンに向いていますね。
    容量的に大型カメラや長物レンズを入れるのは厳しいので、カメラを始めたばかりの初級機+標準レンズ程度の機材をお使いの方におすすめです。
    小さめショルダーにカメラを入れて、近所をぶらりとお散歩するのも楽しそうですね。

    こんな方におすすめ

    • ミラーレスカメラをお使いの方
    • 一眼レフカメラ初心者の方
    • お散歩用カメラバッグをお探しの方

    14位 ETSUMI & Coleman コラボレーションモデル CO-8719


    【スペック】
    容量:3.5L
    内寸:横幅200mm×高さ160mm×奥行110mm
    外寸:-
    重量:約350g

    14位は、カメラ用品メーカー・エツミと老舗アウトドアメーカー・Coleman(コールマン)とのコラボレーションで誕生したミニトートです。
    容量は3.5Lと小さめで、エントリーモデルのカメラ1台とキットレンズが収まるコンパクトサイズです。
    コールマンのロゴがワンポイントのアクセントになっていて、アウトドア好きの方にはぴったりのカメラバッグですね。

    バッグの形はトートタイプですが、取り外し可能なショルダーベルトが付属しており、肩掛けバッグとしても使える2Wayタイプになっています。
    バッグサイドにメッシュポケットがあり、細々したアクセサリーを入れておけば外からでも中身がわかります。
    レンズキャップを一時的に入れる場所にしても便利そうですね。

    こんな方におすすめ

    • ミラーレスカメラをお使いの方
    • 一眼レフカメラ初心者の方
    • アウトドア派の方

    13位 VANGUARD ショルダーバッグ Sydney IIシリーズ II 18BR


    【スペック】
    容量:3.0L
    内寸:横幅180mm×高さ105mm×奥行160mm
    外寸:横幅310mm×高さ135mm×奥行205mm
    重量:360g

    こちらは台湾のカメラアクセサリーメーカー、VANGUARD(バンガード)のショルダーバッグです。
    容量は3.0Lと小さめのモデルで、エントリーモデル1台と交換レンズ1本程度の機材が入ります。
    カジュアルなデザインで、一見カメラバッグに見えないところもいいですね。

    カラーバリエーションは4色展開で、好みにあわせて選べます。
    さらに、フラップの上部にあるジッパーから直接カメラを取り出せる仕様になっており、機材を素早く取り出したいシーンでも活躍しそうですね。

    こんな方におすすめ

    • ミラーレスカメラをお使いの方
    • エントリーモデルの一眼レフカメラをお使いの方
    • サブ機用カメラバッグをお探しの方

    12位 Lowepro ショルダーバッグ ノバ 170AW 352522


    【スペック】
    容量:5.1L
    内寸: 横幅215mm×高さ205mm×奥行115mm
    外寸: 横幅242mm×高さ245mm×奥行180mm
    重量:約580g

    12位は、アメリカのカメラ用アウトドアギアメーカー、Lowepro(ロープロ)のショルダー型カメラバッグです。
    容量は5.1Lと、一眼レフカメラにも対応できるボリューム。
    メーカーHPの収納例では、17-85mmレンズを装着した一眼レフカメラ、予備レンズ2本、ストロボとなっています。

    アウトドアでの使用を意識され開発されていて、レインカバーが付属していたり、フロントジッパーが止水仕様だったり、機能的な面では安心感がありますね。
    街歩き用ではなく、アウトドアでの使用にも耐えうるカメラバッグをお探しの方にはとてもおすすめのカメラバッグです。

    こんな方におすすめ

    • レインカバー付きのカメラバッグをお探しの方
    • アウトドア用カメラバッグをお探しの方
    • 機能性を重視する方

    11位 NATIONAL GEOGRAPHIC メッセンジャーバッグ


    【スペック】
    容量:5.5L
    内寸:横幅290mmx高さ190mmx奥行100mm
    外寸:横幅320mmx高さ220mmx奥行130mm
    重量:610g

    世界的に有名な自然科学雑誌『NATIONAL GEOGRAPHIC』(ナショナル・ジオグラフィック)と、イタリアの三脚メーカーManfrotto(マンフロット)が共同開発したカメラバッグシリーズから、小型メッセンジャーバッグのご紹介です。

    横長の四角いフォルムで、容量は5.5Lと小型のタイプ。
    ミラーレスカメラや、エントリーモデルの一眼レフカメラを入れるバッグとしておすすめします。

    バッグの素材は水を弾く撥水加工が施されています。
    レインカバーつきの商品には防水性能で劣りますが、急なにわか雨に見舞われても、バッグに水が染みこみにくい仕様はうれしいですね。
    南半球の海をイメージしたという、鮮やかな色合いがファッションの差し色としても使えそう。
    女性が持っていても違和感のない、おしゃれなデザインが魅力的な商品です。

    こんな方におすすめ

    • 撥水素材のカメラバッグをお探しの方
    • ミラーレスカメラをお使いの女性
    • おしゃれでコンパクトなカメラバッグをお探しの方

    10位 Amazonベーシック ショルダーバッグ


    【スペック】
    容量:5.7L
    内寸:横幅254mm x高さ 127mm x 奥行178mm
    外寸:横幅305mm x 高さ178mm x 奥行229mm
    重量:約725g

    Amazonオリジナルのカメラ用ショルダーバッグを紹介します。
    こちらのカメラバッグ、なんといってもコストパフォーマンスの高さが素晴らしいですね。

    内部のインナーケースや小物整理用のポケット、三脚固定用のベルトまでついて、3,000円以下のお値段とは驚きです。
    Lサイズとなっていますが、容量は5.7Lとやや少なめです。
    カメラ以外に交換レンズを入れることも考慮し、MサイズよりはこちらのLサイズをおすすめします。

    「なるべく安いカメラバックがよい」という方にはおすすめの商品。
    しかしこの値段ですから、デザインはいたってベーシックなカメラバッグです。

    こんな方におすすめ

    • コスパのいいカメラバッグをお探しの方
    • デザインはあまりこだわらないという方

    9位 ETSUMI カメラバッグ ディースペック E-3379


    【スペック】
    容量:5.6L
    内寸:横幅280×高さ200mm×奥行100
    外寸:-
    重量:630g

    カメラアクセサリーメーカー、エツミのメッセンジャー型カメラバッグのご紹介です。
    スポーティーな印象のカジュアルなデザインで、フリップには中身が飛び出さないよう留め具がついています。
    このフリップ部分とバッグの底部には防水素材が使われています。

    しかし、サイドや背面は防水仕様ではありませんので、耐水性に関してはあくまで一時しのぎだと考えておいてください。
    容量は5.6Lで、標準レンズ~中望遠レンズをつけたままのカメラも収納可能。
    メーカーの収納例ではカメラ+レンズ、交換レンズ1本、外付けストロボが入ってぴったりといった感じです。
    メッセンジャーバッグのようなデザインですから、自転車移動が多いという方にはうってつけのバッグですね。

    こんな方におすすめ

    • 一眼レフ初級機~中級機をお使いの方
    • ちょっとした防水機能も欲しいという方

    8位 HAKUBA 防水カメラバッグ M 6.1L SST-DCM


    【スペック】
    容量:6.1L
    内寸:横幅280mm×高さ210mm×奥行105mm
    外寸:横幅310mm×高さ260mm×奥行140mm
    重量:約900g

    カメラアクセサリーメーカー、ハクバの防水カメラバッグのご紹介です。
    防水素材の生地を溶着加工して成型され、さらにポケットには止水ファスナーが使用されています。
    雨が染みこみやすい縫い目や隙間のない構造で、防水性は非常に高くなっています。
    本格的なアウトドアにも耐えうる心強い商品ですね。
    容量は6.1Lで、収納例ではレンズを装着した一眼レフカメラと交換レンズ1本、タブレットとなっています。

    こんな方におすすめ

    • 防水性能の高いカメラバッグをお探しの方
    • アウトドアでの使用をお考えの方
    • 全天候型のカメラバッグをお探しの方

    7位 Manfrotto メッセンジャーバッグ Windsorコレクション LF-WN-MS


    【スペック】
    容量: 7L
    内寸:横幅320mmx高さ220mmx奥行100mm
    外寸:横幅345mmx高さ240mmx奥行110mm
    重量:690g

    Manfrotto(マンフロット)のメッセンジャー型カメラバッグを紹介します。
    こちらのメッセンジャーバッグは、フリップの上部にあるジッパーから直接内部の機材にアクセスできます。
    素早くカメラを取り出したいとき、フリップを開ける動作なく使用できて便利ですね。
    光沢のあるグレーの生地にレザーの装飾が、トラディショナルな英国風でタウンユースにも映えそうです。

    こんな方におすすめ

    • 素早くカメラを取り出したい方
    • デザインを重視する方

    6位 カメラバッグ ショルダーバッグ MOUTH バケットマウス (MSB09112-BK/EC)


    【スペック】
    容量:7L
    内寸:横幅225~335mm×高さ160mm×奥行130mm
    外寸:横幅280~310mm×高さ185mm×奥行140mm
    重量:約600g

    大阪梅田発のカメラバッグブランド、MOUTH(マウス)のカメラバッグを紹介します。
    “日常に馴染むおしゃれなカメラバッグを”というブランドコンセプト通り、ありそうでなかった個性的デザインのカメラバッグ。
    バッグの容量は7Lと、デザイン性の高いカメラバッグにしてはまずまずの大きさです。
    メーカーの収納例では、レンズ付きのエントリーモデルと交換レンズ2本が収容されています。

    こんな方におすすめ

    • おしゃれなカメラバッグをお探しの方
    • タウンユースをお考えの方

    5位 HAKUBA カメラバッグ ルフトデザイン スウィフト SLD-SW03-SBMNV


    【スペック】
    容量:7.8L
    内寸:横幅330mm×高さ150mm×奥行150mm
    外寸:横幅350mm×高さ300mm×奥行210mm
    重量:約1,160g

    5位は、ハクバのがま口式ショルダーバッグをご紹介します。
    バッグのメインジッパーが大きく開くよう設計されていて、機材の出し入れがスムーズに行えます。
    がま口のヒンジを内側に折り込めば、開いたままの状態で保持が可能です。

    内容量も7.8Lとショルダーバッグとしては大きめで、カメラ本体や交換レンズのほかに、ストロボやタブレットも収納できます。
    さらに、三脚を固定できるベルトも付属しています。
    しかし、それだけの機材を持ち運ぶのは大変だと思いますので、車移動での使用や旅行用のバッグとして使うのがおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • カメラが取り出しやすいカメラバッグをお探しの方
    • 大容量カメラショルダーをお探しの方

    4位 Kenko カメラリュック Lecce AOC-LC1RK TGR


    【スペック】
    容量:8.0L
    内寸:横幅350×高さ380×奥行150mm
    外寸:横幅360×高さ390×奥行160mm
    重量:420g

    カメラ用品メーカーケンコーのかわいいカメラリュックを紹介します。
    こちらの商品はリュックスタイルとトートスタイルの2種類の持ち方ができる2Way仕様が特徴的です。

    内部は簡易2気室構造となっており、取り外し可能な仕切りで簡易的にカメラとほかの荷物を分けることができます。
    仕切りを完全に取り外せば、普通のバッグとしても使用できます。

    機材収納例はミラーレスまたは小型一眼レフと交換レンズ2本となっていますが、機材以外の荷物はバッグの上部に入れるといいでしょう。
    荷物が多くなりがちな女性におすすめしたいカメラバッグです。

    こんな方におすすめ

    • カジュアルなカメラリュックをお探しの方
    • カメラと荷物を分けて収納したい方

    3位 ONA カメラバッグ THE CAMPS BAY ONA5-008RT


    【スペック】
    容量:-
    内寸:横幅260mm×高さ410mm×奥行120mm
    外寸:横幅395mm×高さ440mm×奥行190mm
    重量:2,100g

    3位にご紹介するのは、ニューヨーク発のカメラバッグブランド・ONA(オーナ)の大容量カメラリュック。
    公式HPのカタログによると、70-200mm f2.8レンズを付けたままの一眼レフカメラを、そのまま収納できる設計になっていますね。
    大口径レンズもつけっぱなしにできる収納力はさすがです。

    ONAのカメラバッグはデザイン性にも優れていますが、すべてハンドメイドで製作されているこだわりも特筆すべきところ。
    熟練された工房職人の手仕事を感じさせる、スタイリッシュで本格派のカメラバッグです。

    こんな方におすすめ

    • 大容量のカメラバッグをお探しの方
    • 上質なカメラバッグをお探しの方

    2位 NATIONAL GEOGRAPHIC


    【スペック】
    容量:13.3L
    内寸:横幅380mm×高さ270mm×奥行130mm
    外寸:横幅400mm×高さ300mm×奥行190mm
    重量:1,360g

    2位はナショナルジオグラフィックの少し変わったカメラバッグをご紹介します。
    こちらのカメラバッグは、ショルダーとしてもリュックとしても使えます。

    ベルトを付け替えることで、横長ショルダー&手持ちスタイルとリュックサックのスタイルを切り替えることで、2つの使い方ができます。
    軽い機材のときはショルダー、重い機材のときはリュックにする、という使い方が疲れにくくておすすめですよ。

    撥水素材が使われているので、少々の雨でも安心できますね。
    機能性とデザインを兼ね備えた、とてもおすすめのカメラバッグです。

    こんな方におすすめ

    • 機能性の高いカメラバッグをお探しの方
    • 撥水素材のカメラバッグをお探しの方

    1位 thinkTANKphoto シンクタンクフォト リリーディアン 003691


    【スペック】
    容量:-
    内寸:横幅310mmx高さ240mmx奥行135mm
    外寸:横幅350mmx高さ250mmx 奥行155mm
    重量:1,000g

    1位は、アメリカのカメラバッグメーカー・thinkTANKphoto(シンクタンクフォト)と、ピューリッツァー賞受賞経験を持つ女性カメラマンが共同開発したカメラバッグです。
    女性プロカメラマンたちの「機能性とデザインを兼ね備えた上質なバッグを!」とのニーズから生まれた本格仕様になっています。

    収納可能な機材の目安はレンズを装着した一眼レフカメラ1台、交換レンズ2~3本、10型タブレットまたは11型ノートPC1台程度です。
    レインカバーが付属しており、雨の日の撮影にも使えますね。
    ショルダーベルトに滑り止めがついていたり、フロントポケットの内部にも細かい仕切りがあるなど、細部にまでこだわって作られているのがわかります。

    こんな方におすすめ

    • 雨の日でも使えるカメラバッグをお探しの方
    • 上質なカメラバッグをお探しの方

    カメラ用バックパックおすすめ人気ランキングTOP3

    ここまでおすすめのカメラバッグを15商品紹介してきました。
    続いてはカメラバックパックのランキングを紹介します。
    重い機材を持ち運びたい方は、ショルダーよりもバックパックが疲れにくくておすすめですよ。

    3位 Lowepro カメラバッグ ストリートライン BP 250 369469


    【スペック】
    容量:11L
    内寸:横幅250×高さ450×奥行100mm
    外寸:横幅335×高さ520×奥行130mm
    重量:1,150g

    3位はLowepro(ロープロ)のシックなグレーのカメラバックパック。
    見た目は普段使いもできそうなスタイリッシュさですが、撥水素材で製作された防水仕様のバックパックです。

    ポケット部分には止水ファスナーが使われていて、雨の侵入を防ぎます。
    容量は11Lで、メーカーの収納例によると標準レンズ装着の小型一眼レフカメラ・交換レンズ1本・13インチノートPCと小物類が収まる大きさです。
    インナーケースを外して普段使いのバッグとしても使えそうですね。
    特にノートPCを持ち運びたいとき、防水機能付きというのは心強いです。

    こんな方におすすめ

    • 普段使いもできるカメラリュックをお探しの方
    • 防水機能のついたカメラリュックをお探しの方

    2位 aosta カメラリュック FONTANA II IS AOC-FT1ISRK RD


    【スペック】
    容量:10.0L
    内寸:横幅280×高さ340×奥行130mmm
    外寸:横幅300mm×高さ430mm×奥行210mm
    重量:2,160g

    個性的な機能がついたカメラ用バックパックのご紹介。
    こちらのバックパック、なんと座ることができます。
    最大100kgまで耐えられる鉄フレームが内蔵されていて、バッグに腰掛けながらの撮影が行える、珍しいタイプのバックパックです。

    鉄道写真やご来光の撮影など、長丁場になりがちな撮影シーンでも活躍しそうな機能ですよね。
    内部にはカメラの収納に特化された仕切りがあり、200-500mmなどの超望遠レンズもカメラに装着したまま収納できます。
    簡易レインカバーが付属していますので、防水対策もばっちりです。

    こんな方におすすめ

    • 待ち時間の長い撮影スタイルの方
    • 座れるカメラリュックを体験してみたい方

    1位 Endurance(エンデュランス) カメラバッグ 2気室構造 ロールトップ


    【スペック】
    容量:約18L(最大約22L)
    内寸:横幅280mmx高さ280mmx奥行140mm
    外寸:横幅300mmx高さ510mm(最高約690mm)×奥行225mm
    重量:1,980g

    プロ監修のカメラ用バックパック・Endurance(エンデュランス)を1位としてご紹介します。
    一眼レフカメラ・ノートPC・1~2泊の荷物までひとつにまとめられるよう企画されたというこちらの商品。
    プロカメラマン・中原一雄氏の監修によって開発された、こだわりのバックパックです。

    内部は2気室構造になっていて、上部は荷物用スペース、下部がカメラ機材スペースになっています。
    カメラ機材スペースへは、バッグ正面とサイドジッパーの2か所からアクセス可能で、標準ズームレンズ付一眼レフデジカメ・交換レンズ3~4本+αと、かなりの機材収納力です。

    バッグ中央部・サイドポケットのどちらにも三脚固定用のギミックが仕掛けられ、荷物のバランスによって三脚を固定する場所が選べます。
    上部の荷物室も、A4が横向きに入るほどのスペースがあり、縦方向はロールトップになっていて高さの調節が可能です。
    撮影先で荷物が増えたときは、荷室を拡張できますね。

    こんな方におすすめ

    • 撮影旅行にも使えるカメラバッグをお探しの方
    • 大容量で使いやすいバックパックをお探しの方

    かわいい&おしゃれなカメラバッグおすすめ人気ランキングTOP3

    最後に、かわいいくておしゃれなカメラバッグを紹介します。
    女性でも普段使いできそうな、おしゃれなカメラバッグばかりです。
    ぜひご覧くださいね。

    3位 Elly Factory エリーファクトリー プレッピー カメラバッグ


    【スペック】
    容量:-
    内寸:横幅240mm×高さ210mm×奥行115mm
    外寸:横幅270mm×高さ220mm×奥行135mm
    重量:590g

    デートにも持っていけそうな、かわいいカメラバッグのご紹介です。
    コロンとしたスクエア型で、プレッピースタイルのファッションにあわせてもかわいいですね。
    内部は取り外し可能な仕切りがついていて、自由にレイアウトできます。
    小型の一眼レフやミラーレスをお使いの女性におすすめです。

    こんな方におすすめ

    • ミラーレスカメラをお使いの方
    • ガーリーなカメラバッグをお探しの方

    2位 チャムス カメラバッグ Camera Tote Sweat Nylon CH60-2183-A046-00


    【スペック】
    容量:-
    内寸:-
    外寸:横幅235mm~330mmx高さ210mmx奥行100mm
    重量:約400g

    カジュアルなトートバッグ型カメラバッグです。
    バイカラーのおしゃれなデザインで、普段使いでも活躍しそうですね。
    ショルダーベルトがついているので、肩掛けバッグとしても使えますよ。
    サイズは小さめですので、ミラーレスカメラなどのコンパクトな機材を収納するのがおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • カジュアルファッションに合うカメラバッグをお探しの方
    • ミラーレスカメラをお使いの方

    1位 ONA カメラバッグ THE CAPRI ONA5-009RT


    【スペック】
    容量:-
    内寸: 横幅350 X 高さ260 X 奥行100 mm
    外寸: 横幅380 X 高さ280 X 奥行140 mm
    重量:1,200g

    大人の女性にぜひおすすめしたい、上質なカメラトートのご紹介です。
    ONA(オーナ)はニューヨークのカメラバッグブランドで、機能性とファッション性、それに品質にもこだわった上質なカメラバッグを数多く発売しています。
    こちらの商品はオフィスカジュアルにもあわせられそうな品のよさ。
    通勤用バッグとして使っても違和感のない、落ち着いたデザインになっています。

    こんな方におすすめ

    • 上質でおしゃれなカメラバッグをお探しの方
    • 汎用性の高いカメラバッグをお探しの方

    カメラバッグの使用上の3つの注意点

    ここまでおすすめのカメラバッグのランキングを紹介してきました。
    お気に入りのカメラバッグは見つかりましたか?
    撮影時には便利なカメラバッグですが、使用するにあたっていくつか注意する点があります。
    今回はカメラバッグを使うとき、気をつけていただきたいこともあわせて解説します。

    ①撮影から帰ったらカメラを取り出しましょう

    カメラ バッグ

    カメラの持ち運びには非常に便利なカメラバッグですが、カメラの保管場所としてはおすすめできません。
    カメラやレンズにとって、ホコリと湿気は大敵です。
    保管方法を誤ると内部にホコリが入り込んだり、レンズにカビが生えてしまいます。

    カメラバッグの内部には、外から持ち帰ったホコリも入り込んでいますし、湿度管理もできませんので、撮影から帰ったら必ずカメラを取り出しましょう。

    ② 雨の日は特にご注意ください!

    カメラ 雨 バッグ
    カメラの保管に適した湿度は40%~50%です。
    乾燥しすぎもよくありませんが、高湿度の環境はカメラやレンズがカビる原因になります。
    特に、雨で濡れたカメラバッグの中にカメラを入れっぱなしにする、というシチュエーションにはご注意ください。

    バッグの内部も湿度が高くなっていて、カビが発生しやすい環境になっています。
    帰宅したらできるだけ早めにカメラを取り出し、乾燥した場所で保管してください。
    カメラバッグバッグも濡れたまま放置しておくと、カビや型崩れが発生します。

    乾燥した場所に吊るして、バッグを乾かしてくださいね。
    レインカバーがついているタイプは、乾いた布で水滴を拭き取ってから広げて乾かしておきましょう。

    ③ 汗をかいた日はカメラバッグもお手入れしましょう

    デジカメ 撮影

    汗をたくさんかいた日は、カメラバッグにも汗が染みこんでいます。
    そのまま放置すると、カビやにおいが発生しやすくなりますよ。
    カメラバッグを長持ちさせるためにも、きちんとお手入れしていきましょう。

    ショルダーベルトやバッグの裏側など、体と密着する部分を清潔な布で拭いてください。
    汚れがひどい場合は、硬く絞った濡れ雑巾で軽く叩くように拭くといいですよ。
    汚れを拭き取ったあとは、風通しのよい場所に吊るして陰干しし、バッグをしっかり乾かしましょう。

    Amazon&楽天のカメラバッグ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    カメラバッグはカメラの味方

    カメラ 三脚 バッグ
    カメラバッグはクッション性や使いやすさを考えて作られた、カメラの強い味方です。
    普通のバッグにカメラを入れることもできますが、万が一バッグをぶつけたり落下させたときのダメージは計り知れません。

    カメラを本格的に楽しむなら、あわせてカメラバッグも購入したほうが安心して撮影に集中できますよ。
    写真撮影を思い切り楽しむためにも、お気に入りのカメラバッグを見つけてくださいね。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】カメラに関連するおすすめ記事はこちら

    ネオ一眼おすすめ人気ランキングTOP5!ネオ一眼の解説も【2018年最新版】

    2018.07.29

    ミラーレス一眼おすすめ人気ランキングTOP15!ミラーレスとは?デジタル一眼との違いについても【2018年最新版】

    2018.07.05

    カメラ用の三脚おすすめ人気ランキングTOP15!コンパクトで軽量なアイテムについても【2018年最新版】

    2018.03.05

    カメラストラップおすすめ人気ランキングTOP15!革製やおしゃれなアイテムのセレクトに付け方の解説も【2018年最新版】

    2018.02.19

    カメラスタンドおすすめランキングTOP10!三脚や一脚、アームについても【2018年最新版】

    2018.02.16

    ABOUTこの記事をかいた人

    星野 由布

    写真撮影歴10年のカメラ講師 二十歳から趣味でカメラをはじめ、カメラ講師へ
    フォトサークルで活動し、撮影会や講評会、写真展開催も経験しました。
    フォトコンテスト入賞歴あり。
    現在はオンラインでカメラ講師として写真の撮り方を教えています。