敏感肌向け日焼け止めおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • 肌にやさしいかどうかを確認
      →着色料・香料・アルコール(エタノール)不使用のものを選び、極力肌を刺激しない日焼け止めを使うのがベスト。
    • 紫外線吸収剤フリーがおすすめ
      →紫外線吸収剤が配合されていると肌の乾燥を引き起こしやすいので、フリータイプを選択。
    • 肌の乾燥対策として期待できるものを選ぶ
      →肌の水分が少ないならジェルやミルクを、皮脂分泌が少なくかさつくならクリームタイプをチョイス。
    サングラス 日焼け止め 麦わら帽子

    毎日使う日焼け止めの刺激が気になったり、日中の乾燥が気になったりしていませんか?
    敏感肌は化粧品の刺激に反応しやすく、相性がいい日焼け止めを選ぶのに苦労する肌質です。
    本記事では「そろそろ日焼け止めジプシーから卒業したい!」と考えている方のために、敏感肌向け日焼け止めの最新人気ランキングを解説。
    肌に合う日焼け止めの選び方や、焼かないための正しい使い方まで紹介します。

    マイルドな使い心地の敏感肌向け日焼け止めを使いこなして、白く美しい肌をキープしましょう!

    敏感肌向け日焼け止めとは?

    日焼け止め 子供

    刺激に弱い敏感肌は、相性が悪い化粧品を使ってしまうと赤み・かゆみ・ヒリヒリなどの症状が出やすいです。
    敏感肌向けの日焼け止めは、一般的に刺激を抑えた成分でできており、マイルドな使い心地が特徴となっています。

    刺激になりやすい成分を極力カットし、アレルギー反応を起こしにくいものが敏感肌向け日焼け止めとして販売されています。
    マイルドな使い心地が特徴ではあるものの、肌質によって合う・あわないがあるためポイントを絞って選び分けることが大切です。

    【こちらもCHECK】敏感肌の方におすすめの記事はこちら

    アトピー肌向けボディソープおすすめ人気ランキングTOP5!市販品やミノンについても【2018年最新版】

    2018.08.08

    乾燥肌向けのクレンジングおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.18

    乾燥肌向けのスキンケアおすすめ人気ランキングTOP10!原因と対策についても【2018年最新版】

    2018.01.15

    敏感肌向け日焼け止めの3つの選び方

    「肌にやさしい日焼け止めを選びたいけど、見分け方がよくわからない」と悩む方でも、すぐに敏感肌向け日焼け止めを選べるようになる3つのポイントを解説します。

    ① 肌にやさしいかどうか

    パックスナチュロン UVクリーム(日焼け止め) 45g SPF15/PA++
    パックスナチュロン UVクリーム(日焼け止め) 45g SPF15/PA++
    敏感肌は、バリア機能が低下して外からの刺激に弱い状態になっています。
    多少刺激がある日焼け止めを使っても健康な肌ならバリア機能でダメージを跳ね返しますが、敏感肌は反応してしまうため、日焼け止めは肌にやさしい商品にこだわって選びましょう。

    着色料・香料・アルコール(エタノール)不使用のものを選び、極力肌を刺激しない日焼け止めを使うのがベストです。

    ② 紫外線吸収剤フリーがおすすめ

    [NOV] ノブ UVミルクEX 35g [SPF32/PA+++][日焼け止め][常盤薬品](敏感肌 低刺激用 ノエビア)
    ③ 肌の乾燥対策として期待できるものを選ぶ

    M-mark 日焼け止めローション
    M-mark 日焼け止めローション

    敏感肌は、乾燥すると外的ダメージを受けやすくなる肌質です。
    日中の乾燥対策のためにも、保湿力がある日焼け止めを選びましょう。
    肌の水分が少ないならジェルやミルクを、皮脂分泌が少なくカサつくならクリームタイプを使うと乾燥対策として期待することができます。

    敏感肌向け日焼け止めおすすめ人気ランキングTOP10

    マイルドな使い心地が特徴の敏感肌向け日焼け止めの選び方が分かったら、最新ランキングをチェックしてみましょう。
    使い勝手や紫外線カット力、配合成分にこだわって選べば、お気に入りの日焼け止めに出会えますよ!

    商品のキャッチコピーの横には紫外線カット力を示しているので、そちらも参考にしてください。

    10位 アロベビー UV&アウトドアミスト

    いつでもどこでも使いやすいミストタイプ【SPF15・PA++】

    マイルド志向のブランドであるアロベビーのUVミストが10位。
    日焼け止め効果にプラスして虫除けもできる便利な1本です。
    紫外線をカットする力は弱いですが、こまめに付け直しすればOK。
    外出先での日焼け止めの塗り直しにおすすめです。

    香りは天然精油由来(レモングラス・ローズマリー)で、においに敏感な子供にも好評です。
    紫外線吸収剤フリーで肌負担も感じにくい日焼け止めミストとなっています。

    こんな方におすすめ

    • ハーブの香りが好き
    • 紫外線吸収剤フリーの日焼け止めが欲しい
    • 外出先で気軽に塗りなおししたい

    9位 コーセー カルテ クリニティ マイルド プロテクター UV

    紫外線吸収剤フリーなのに白浮きしにくい!【SPF50+・PA++++】

    優れた紫外線カット力とマイルドさを兼ね備える、カルテクリニティのUVローションが9位。
    サラサラとした軽い付け心地でローションのようにサッとなじみ、化粧下地として使うこともできます。

    紫外線吸収剤フリーなのに白浮きしにくく、ファンデーションの色味を邪魔をしません。
    ヒト型セラミドを配合し、刺激に弱い敏感肌を守ります。

    こんな方におすすめ

    • 乾燥しない日焼け止めが欲しい
    • ヒリヒリ・かゆみを起こしやすい
    • 白く浮かない日焼け止めを探している

    8位 アルージェ ホワイトニング UVデイエッセンス

    紫外線をカットしながらホワイトニングケアができる【SPF21・PA++】

    敏感肌向けスキンケアブランドであるアルージェは、紫外線をカットしながらホワイトニングケアできる日焼け止めを発売しています。
    メラニンの生成を抑える薬用成分を配合した医薬部外品で、荒れやすい敏感肌を落ち着かせる成分も配合。
    無香料・無着色・ノンアルコール・紫外線吸収剤不使用で、肌へのやさしさにこだわる方でも使えます。

    こんな方におすすめ

    • 美白ケアをしたい
    • 肌荒れを起こしやすい
    • やさしさに徹底してこだわりたい

    7位 ママバター UV ケアクリーム

    シアバター配合で肌を守りながら紫外線をカット【SPF20・PA++】

    オーガニック素材を使用したスキンケアブランドとして知られるママバターは、シアバター配合で素肌に潤いを与えながら紫外線対策ができるクリームを発売しています。
    紫外線吸収剤タイプでやや白浮きしやすいですが、肌に透明感を与えるため「あえてこのクリームを下地に使うと、肌のトーンを上げられる!」と口コミが寄せられている日焼け止めです。

    石鹸で落とせて肌負担が少なく、マイルドさを優先するならおすすめ!

    こんな方におすすめ

    • 肌へのやさしさを優先させたい
    • 肌のトーンを明るく見せたい
    • シアバター配合化粧品に興味がある

    6位 ユースキンS UVミルク

    潤い成分その葉エキス配合【SPF25・PA++】

    ユースキンのUVミルクは、潤いを与えるその葉エキスを配合しています。
    中程度の紫外線カット力を備えながら肌の潤いを守ることができる優秀な日焼け止めで、愛用者も多いです。

    石鹸で落とせて肌負担が少なく、紫外線吸収剤フリー。
    クリームのようなこってりした使用感でパサつきにくいのも特徴です。

    こんな方におすすめ

    • 重めのテクスチャーが好き
    • 紫外線吸収剤フリーの日焼け止めを使いたい
    • 乾燥から肌を守りたい

    5位 アクセーヌ マイルドサンシールド

    紫外線と乾燥から守るマイルドな日焼け止め【SPF28・PA++】

    アトピー肌でも使える日焼け止めとして名高いのが、アクセーヌのマイルドサンシールド。
    保湿ヴェールを作るヒアルロン酸とセラミドを配合していることで評価されています。

    刺激を徹底的に排除したマイルドな使い心地で、肌質・季節を問わずに1年中使えるのもポイントです。

    こんな方におすすめ

    • アトピー肌
    • 日中の肌の乾燥が気になる
    • 紫外線吸収剤フリーの日焼け止めを使いたい

    4位 ライオス サンスクリーンスプレーレモン

    紫外線吸収剤をコーティングすることで肌負担を軽減【SPF50+・PA+++】

    ライオスは、高い紫外線カット力と肌へのやさしさを両立したUVスプレーに定評があるブランド。
    紫外線吸収剤の優れた紫外線カット力を生かしつつ、特殊なシルクコーティング技術により肌負担を減らすことに成功しています。
    紫外線吸収剤フリータイプの日焼け止めでは白浮きしてしまう方に適していますね。

    サッと吹きかけてUV対策が完了する手軽な製品で、外出先での化粧直しや髪の紫外線対策にも使えますよ。

    こんな方におすすめ

    • スプレータイプの日焼け止めが欲しい
    • 紫外線吸収剤フリータイプだと白浮きが気になる
    • 髪の紫外線対策をしたい

    3位 M-mark 日焼け止めローション

    白浮きしにくい紫外線散乱剤を使用【SPF20・PA++】

    紫外線吸収剤フリータイプにありがちな白浮きを意識し、分散性のいい紫外線散乱剤を配合したこちらの日焼け止めは、サラッとして塗りやすいと評判。
    乳液状で伸ばしやすく、顔・体どちらにも使えるタイプです。

    ホホバオイルやグリセリン配合でしっとり仕上がり、伸びがいいのにしっとり潤う使用感が特徴。
    潤いを補給しながら紫外線をカットすることができます。

    こんな方におすすめ

    • 保湿しながら紫外線をカットしたい
    • 白浮きしにくいタイプを探している
    • ノンシリコンコスメが好き

    2位 ノブ UVミルクEX

    ウォーターベースで軽い付け心地!【SPF32・PA+++】

    敏感肌専用ブランドのノブからウォーターベースで軽い付け心地のUVミルクが発売されています。
    お湯でサッと落とせて肌負担が少なく、子供から大人まで使える日焼け止めです。

    紫外線吸収剤不使用で肌にやさしく、ベタつく使用感の日焼け止めが苦手な方でも快適に毎日使えますよ。

    こんな方におすすめ

    • お湯で落ちるタイプが好み
    • 紫外線吸収剤フリーの日焼け止めを使いたい
    • 肌荒れを起こしやすい

    1位 パックスナチュロン UVクリーム

    合成界面活性剤不使用で肌負担をカット!【SPF15・PA++】

    シンプルに肌をケアするナチュラル志向ブランドのパックスナチュロンを1位に。
    「紫外線カット力は低めだけど、アレルギーを持つ肌質でも使える!」と口コミで評価されています。
    ナチュラル素材でできているためやや伸びは悪いものの、スキンケアオイルを数滴混ぜて使うとするする伸びて扱いやすいですよ。

    ミネラルファンデーションの下地として、短時間のおでかけの紫外線対策としておすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 紫外線吸収剤フリーの日焼け止めを使いたい
    • 肌へのやさしさを優先したい
    • 紫外線対策したい

    【こちらもCHECK】ノブ 「UVミルクEX」を紹介している動画はこちら

    敏感肌向け日焼け止めの使用上の3の注意点

    マイルドな使い心地が特徴である敏感肌向け日焼け止めは、正しく使うことで紫外線から肌を守ることができます。
    トラブルを起こさないためにも次に解説する3つの注意点を守って使いましょう!

    ① 肌に異常を感じたら使用を中止する

    敏感肌向けの日焼け止めは全般的にマイルドに作られているものの、肌質によっては刺激を感じてしまう場合があります。
    かゆみ・炎症などの異常を肌に感じたら、使用を中止してください。
    「敏感肌向けの化粧品だから」と油断すると、深刻な肌トラブルを引き起こす可能性があります。

    塗ってすぐにヒリヒリ・かゆみを感じるなら洗い流すなどして肌から除去し、しっかり保湿して様子を見ましょう。
    肌の違和感が続いて炎症などが引かないなら、皮膚科を受診して適切な処置・治療を受けてください。

    敏感肌向けに作られた化粧品で度々刺激を感じる肌質なら、1度アレルギー検査を受けてみることをおすすめします。

    ② クレンジング剤などでしっかり落とす

    敏感肌向け日焼け止めは、肌負担を軽減するため石鹸などで簡単に落とせる製品が多くなっています。
    ただ、顔に塗った場合はクレンジング剤を使ってしっかり落とすのがおすすめです。
    顔は体と違って皮脂分泌が盛んで、古い角質と皮脂・日焼け止めが混ざり合って石鹸だけでは落ちにくいことがあります。

    肌に日焼け止めが残留するとニキビなどのトラブルにつながるため、顔に使用した場合はクレンジングでしっかり落としましょう。

    ③ こまめに塗りなおす

    日焼け止めは塗ってから時間が経つほどに効力が弱まってしまいます。
    2~3時間ごとにこまめに塗り直さないと、日焼け止めを使用していても焼けてしまうことがあるため注意しましょう。

    メイクの上から日焼け止めを塗りなおすなら、ミストやスプレータイプの日焼け止めがおすすめ。
    ムラなく広がって、メイクを崩さずに紫外線対策をすることができます。

    敏感肌向け日焼け止めでマイルドにUV対策をしよう!

    日焼け止め9

    毎日降り注ぐ紫外線から肌を守る日焼け止めは、スキンケアに欠かせない大切なアイテムです。
    化粧品成分に反応しやすい敏感肌は日焼け止め選びに悩みがちですが、選び方のポイントをしっかり押さえましょう。
    正しい使い方をマスターして生活に取り入れれば、美しい素肌をキープすることができます。

    マイルドな使い心地の敏感肌向け日焼け止めで、肌負担が少ないUV対策をしてください!

    【あわせて読みたい】敏感肌向け日焼け止めに関連するおすすめ記事はこちら

    日焼け止めスプレーおすすめ人気ランキングTOP15!効果や髪についても【2018年最新版】

    2018.05.25

    ファンデーションおすすめ人気ランキングTOP15!マット肌や選び方についても【2018年最新版】

    2018.01.26

    日焼け止め効果のある化粧下地おすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.12.27

    日焼け止めクリームおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.12.19

    日焼け止めおすすめ人気ランキングTOP15【2017年最新版】

    2017.12.13

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。