カメラ用の三脚おすすめ人気ランキングTOP15!コンパクトで軽量なアイテムについても【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

趣味で写真撮影を始めて10年
40機種以上のカメラでの撮影経験後、プロカメラマンに

コンパクトデジタルカメラからプロ仕様の一眼レフまで各メーカーの40機種以上のカメラで撮影をしてきました。
商用では店舗HP用写真や不動産紹介写真も手がけております。
インスタグラムのフォロワー数は現在3400人を突破。

    選び方のポイント

    • 重量で選ぶ
      →材質や大きさで重量が変わる。軽量であるほど持ち運びに便利。
    • 足をチェック
      →足の段数、ロック方式を確認。
    • 雲台をチェック
      →雲台は大きく分けて2種類ある。


    カメラをはじめていろいろな写真を撮っていくうちに、普通に撮影しようと思ってもどうしてもうまく撮れない写真というのが出てきます。
    例えばきれいな花や昆虫のマクロ撮影であったり、町のあかりがきれいな夜景撮影であったり、満天の星野写真であったり…。
    こういった写真はしっかりカメラを構えて撮影しようと心がけてみても、微妙にブレてしまったりしてなかなかうまく撮影できません。

    こういうときこそが三脚の出番です。

    「芸術写真を撮るわけでもなし、三脚なんて大掛かりなもの必要ないよ~」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、一家に一台ちゃんとした三脚があれば子供さんの学芸会や運動会、旅行の際の家族写真なんかにも役立ちます。

    ここでは各社の三脚を多数使用してきた筆者が三脚の選び方やポイントを徹底解説します!

    これを読んでお気に入りの三脚を見つけてくださいね。

    目次



    カメラ用の三脚を選ぶ3個のポイント

    ① 持ち運びに便利な軽量三脚

    三脚 持ち運び 便利


    三脚は材質や大きさで重量が変わってきます。

    お使いのカメラの大きさや重さによってそのカメラが耐えられる三脚を選ぶのが基本ですが、まず手始めに購入する三脚としては軽量なものがおすすめです。

    三脚に使用されている素材はほとんどがアルミ製かカーボン製で、軽量三脚としておすすめなのはカーボン製です。
    カーボン素材というのは炭素繊維を樹脂などで固めた素材のことで、軽くて強いという特徴があります。
    鉄と比べて約10倍の強度があるにも関わらず、比重は鉄の約1/4と軽量。
    持ち運んで使用することの多い三脚の素材としてはまさにうってつけの素材なのですが、加工の難しさもあって高価になりがちです。

    写真を趣味にしている方になると何台も三脚を所持されている方もいらっしゃると思いますが、一家に一台ということで三脚をお探しになられてるのであれば少々値は張りますがカーボン製の軽量な三脚をおすすめします。

    ② 三脚の足について

    カメラ 三脚 脚


    三脚の足は一番重要なパーツです。

    ほとんどの三脚は足が伸縮するようになっていて、2段、3段、4段と伸縮する段数が商品によっていろいろあります。

    そして三脚の足のロック方法は大きく分けると二種類あります。
    ひとつはレバー式といって足についているロック用のレバーを倒してロックするもの。
    もうひとつはナット式といって各段足の上部についているナット部を回してロックするものです。

    初心者の方はレバー式のほうが一発でロック・解除ができるうえ、ロック状態が目でわかるのでよいでしょう。
    ナット式の場合、高価なものはどの段から回してもロック・解除できるのですが、物によってはロックや解除の順番があったりします。

    しかし見た目の足のスマートさや、セミプロ・プロの方にはナットの回し加減でアングルを微妙に変える方もいらっしゃるようで、使いこなすとナット式のほうが勝手がよいという話もあります。

    ③ 雲台とは?

    カメラ 三脚 雲台


    三脚の話でどうしても切り離せない物は雲台です。
    実は本来三脚というと三本の「脚」部分を指し、そのうえのカメラを載せる部分は「雲台」といいます。

    普通一般的に三脚と言ってイメージするものは、実は「三脚+雲台」なんですね。
    雲台というのは三脚足の上についている、一般的には黒い鉄製の部品のこと。
    つまり、三脚に雲台を載せて、雲台にカメラをセットするイメージです。
    高価な三脚になると足だけ・雲台だけ別に売られていて、自分の用途にあうものを組みあわせて三脚を作るようになります。

    雲台は使用方法で大きく分けて2種類あり、3ウエイ式と自由雲台というものです。

    3ウェイ式は3本のレバーが雲台についていて、上下・左右・傾きを調整することができます。
    3ウェイ式の大きな特徴は3つの要素で調整することができることです。
    例えば一度決めた構図から微妙に角度を変えたいときなどの微調整がやりやすいというところです。

    また、3ウェイ雲台にはそれぞれの調整レバーに角度表記がありますので、パノラマ写真を撮りたいときなど上下と傾きを固定して左右だけ角度を見ながら少しずつ動かしていけば、あとできれいに写真を連結させることができます。
    3ウェイ雲台のネックはレバーがついている分かさばることですね。
    三脚をケースなどに入れて持ち運びする際はレバーを三脚から分離して、現地で組み立てたりしないといけない手間があります。

    自由雲台は、その名の通り上下左右の角度を一つのナットで自由に一発で決めることができます。
    ナットを緩めてカメラを構え、構図を決めたらナットを締めて固定するイメージです。
    この方法はスピーディーに撮影を行うことができるため、次から次に構図をガラッと変えていきたいときには便利な方式ですね。
    逆に、ナットを緩めると上下左右に動いてしまうので、微妙に上げるとか右に振るとかいう動きが苦手です。
    運搬に関していえば、雲台自体も出っ張りはナット位なのでそのままケースに入れて持ち運び、現地で出してすぐ使えるので面倒さはありません。

    3ウェイ式と自由雲台、どちらも一長一短の特徴がありますから自分の用途にあわせて方式を決めるようにしましょう。

    【こちらもCHECK】カメラスタンドに関連するおすすめ記事はこちら

    カメラスタンドおすすめランキングTOP10!三脚や一脚、アームについても【2018年最新版】

    2018.02.16

    カメラ用の三脚おすすめ人気ランキングTOP15

    ここからは、おすすめ三脚のベスト15を発表します。

    今回は一般的にいう三脚(三脚+雲台)で販売されているものからおすすめの15品をリストアップ。
    三脚と雲台の組み合わせで各種各様の三脚がありますので、ご自分が使用している姿をイメージしながら見てみてくださいね。

    15位 Velbon 卓上三脚 ULTRA553 mini

    メーカー:ベルボン
    製品型番:412744
    段数:5段
    耐重量:2.5kg
    素材:アルミ
    パイプ系:27mm
    縮長:24.4cm
    全高:63cm
    最低高:17cm
    雲台タイプ:自由雲台
    重量:1,060g

    テーブル三脚クラスのVelbon ULTRA553 miniはとにかく持ち運びに便利。
    縮めた状態の大きさは500mlのペットボトル以下なのでバッグにポンと入れて持ち運びできます。
    テーブルに置いての使用もできる大きさなので、暗いレストランなどでのテーブルフォトなんかにもおすすめです。
    小さいながら耐荷重が2.5kgとしっかりしているのでコンデジやミラーレスはもちろん、中型の一眼レフでも大型レンズをつけなければ使えるようです。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    14,381円

    こんな方におすすめ

    • コンデジなど小さなカメラを使う方
    • テーブルフォトを撮られる方
    • 常に三脚を持ち歩きたい方

    14位 SLIK ミニプロ 7N 2段 卓上三脚


    メーカー:スリック
    製品型番:106594
    段数:2段
    耐重量:2.0kg
    素材:アルミ
    パイプ系:-
    縮長:19.5cm
    全高:45cm
    最低高:14cm
    雲台タイプ:自由雲台
    重量:540g

    15位のベルボンのミニ三脚よりさらに小さい三脚です。
    段数も2段しかなく、一番高くした状態で45cmですので小さな花のマクロ撮影とかテーブルフォト用の三脚としての使用がメインになりますが、三脚を自分の胸に当てることでカメラを固定するという驚きの使い方もできます。
    三脚の使用が難しい所で威力を発揮しそうな三脚です。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    8,433円

    こんな方におすすめ

    • コンデジなど小さなカメラを使う方
    • テーブルフォトを撮られる方
    • 三脚を使用できないところで最大限ブレを防止したい方

    13位 JOBY フレキシブルミニ三脚 ゴリラポッド マグネティック


    メーカー:JOBY
    製品型番:JB01506-BWW
    段数:-
    耐重量:-
    素材:アルミ
    パイプ系:-
    縮長:16.2cm
    全高:16.2cm
    最低高:-
    雲台タイプ:自由雲台
    重量:63.5g

    足がくねくね動いて自由な角度で構図を決めることができるゴリラポッド。
    三脚としての使用もよいのですが、ゴリラポッドのよさは巻きつけて使うことにあり。
    道端のフェンスや柱などに巻きつけて使えば好きな高さで使うことができます。
    さらにこのマグネティック仕様は足の先に強力磁石がついていて、鉄製の物であればそのままつけることができるのでさらに便利ですね。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    1,825円

    こんな方におすすめ

    • テーブルフォトで使用する方
    • コンパクトカメラや小さなミラーレスで使用される方
    • よく自撮りされる方

    12位 Tycka 4段 アルミ製

    メーカー:Tycka
    製品型番:TK102
    段数:4段
    耐重量:12kg
    素材:アルミ
    パイプ系:26mm
    縮長:36cm
    全高:141cm
    最低高:-
    雲台タイプ:自由雲台
    重量:1,400g

    Tyckaのアルミ製で便利な4段三脚です。
    この三脚の売りは変幻自自の使用方法にあります。
    まず持ち運びは三脚の足部分を雲台方向にくるっとひっくり返すことでコンパクトに。
    三脚としての使用時はカメラを逆さ向けに設置できるので、地面すれすれからのショットも可能。
    また、足を取り外せば一脚にもなるという、使い道いろいろな便利三脚です。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    10,990円

    こんな方におすすめ

    • 三脚も一脚も欲しい方
    • コンパクトな三脚をお探しの方
    • 超ローアングルで撮影したい方

    11位 Velbon レバー式 EX-440N 4段 小型 3Way雲台付 アルミ製

    メーカー:ベルボン
    製品型番:EX-440N
    段数:4段
    耐重量:1kg
    素材:アルミ
    パイプ系:-
    縮長:47cm
    全高:153cm
    最低高:44.5cm
    雲台タイプ:3WAY雲台
    重量:1,180g

    三脚メーカーで有名なベルボンの4段アルミ三脚です。
    雲台は3WAY、カメラ取付部はDIN規格のクイックシュー搭載でカメラの脱着を素早く行うことができます。
    お値段も手ごろなので、とりあえず最初の一台としてよいと思います。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    3,974円

    こんな方におすすめ

    • お手ごろな三脚をお探しの方
    • クイックシュータイプの雲台がついた三脚をお探しの方
    • 3WAYタイプの雲台をお探しの方

    10位 Velbon トラベル三脚 CUBE 8段 小型 自由雲台付

    メーカー:ベルボン
    製品型番:CUBE
    段数:8段
    耐重量:400g
    素材:アルミ
    パイプ系:-
    縮長:24cm
    全高:94cm
    最低高:24cm
    雲台タイプ:自由雲台
    重量:390g

    ちょっと特殊な形の三脚、ベルボンのCUBEです。
    名前の通り、見た目は長方形の板のような感じでコンパクトにバッグなどに収納でき、使用する際はスルスルと簡単に伸ばして使うことができます。
    ただあまり重いカメラを載せるのは難しいので、あくまでコンパクトカメラ用くらいの感覚での使用がよいと思います。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    4,399円

    こんな方におすすめ

    • コンパクトカメラやミラーレスの三脚をお探しの方
    • 持ち運びに便利な三脚をお探しの方
    • 収納にかさばらない三脚をお探しの方

    9位 SLIK カーボン一脚兼簡易三脚 スタンドカーボン

    メーカー:SLIK
    製品型番:604S
    段数:4段
    耐重量:1kg
    素材:カーボン
    パイプ系:-
    縮長:64.4cm
    全高:159.9cm
    最低高:60cm
    雲台タイプ:自由雲台
    重量:399g

    この三脚は胴長で足の部分が極端に短く、どちらかといえば一脚に近い三脚です。
    自立させて使うには足が短いので倒れる可能性もあり、一脚の延長として常に傍について使うのがベターでしょう。
    省スペースで立てることができるので、学芸会などの学校行事などで椅子の下に立てられて便利です。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    11,750円

    こんな方におすすめ

    • コンパクトな三脚をお探しの方
    • 学芸会などの撮影に使いたい方
    • 一脚と同じような感覚で使いたい方

    8位 SLIK 三脚 エイブル 300 HC 3段 中型

    メーカー:SLIK
    製品型番:A300HC
    段数:3段
    耐重量:2kg
    素材:アルミ
    パイプ系:-
    縮長:68.5cm
    全高:179.2cm
    最低高:43.9cm
    雲台タイプ:自由雲台
    重量:2730g

    SLIKのマルチアングル仕様の三脚です。
    マルチアングルというのは、エレベータ部分に自由に動くアームがついており、そのアームの先にカメラを設置できるようになっています。
    入れない花壇の奥の花にアプローチしたり、超ローアングルから撮影したりと普通の三脚では撮れない写真を撮ることができます。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    15,060円

    こんな方におすすめ

    • 自由なアングルで写真を撮りたい方
    • 立ち入れない場所の奥にアプローチしたい方
    • 重量はあまりこだわらない方

    7位 Manfrotto 三脚 190Go! アルミ 4段 3ウェイ雲台キット

    メーカー:Manfrotto
    製品型番: MK190GOA4TB-3W
    段数:4段
    耐重量:4kg
    素材:アルミ
    パイプ系:-
    縮長:56cm
    全高:158cm
    最低高:7cm
    雲台タイプ:3WAY
    重量:2,420g

    有名三脚メーカーであるマンフロットの3WAY雲台つき、アルミ製4段三脚です。
    耐荷重が4kgですので中型一眼レフカメラにそこそこ大きなレンズをつけても大丈夫でしょう。
    しっかりした作りですので風にも強そうですが、その分重量が若干重めです。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    25,725円

    こんな方におすすめ

    • しっかりした三脚をお探しの方
    • 3WAY雲台つきの三脚をお探しの方
    • 重量はあまり気にされない方

    6位 SIRUI SNシリーズ フラットカーボン三脚 4段

    メーカー:SIRUI
    製品型番: S-1204-N+G10X
    段数:4段
    耐重量:12kg
    素材:カーボン
    最大パイプ系:25mm
    縮長:56cm
    全高:148cm
    最低高:26.5cm
    雲台タイプ:自由雲台
    重量:1,500g

    SIRUIの4段カーボン三脚です。
    メーカーが公表している耐荷重の数値は12kgとにわかに信じるのはどうかとも思いますが、なかなかしっかりしています。
    持ち運び時はフラットな形状になったり、足を取り外して一脚としての使用も可能で、使い勝手と機能を両立した三脚と言えるでしょう。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    46,179円

    こんな方におすすめ

    • 軽くてしっかりした三脚をお探しの方
    • 三脚も一脚も欲しい方
    • 持ち運びしやすい三脚をお探しの方

    5位 GITZO 三脚 トラベラー三脚キット2型 4段 中型 自由雲台

    メーカー:GITZO
    製品型番: GK2580TQR
    段数:4段
    耐重量:7kg
    素材:カーボン
    最大パイプ系:-
    縮長:43cm
    全高:154cm
    最低高:32cm
    雲台タイプ:自由雲台
    重量:2,090g

    誰もが憧れるジッツオのカーボン製三脚です。
    信頼できる強度と軽さが売りで、耐荷重7kgは大型の一眼レフカメラをもしっかり支えることができます。
    世界的に有名な三脚ブランドのカーボン三脚ですのでお値段はそれなりに高くなってしまいますが、写真を末永く趣味にしていこうとお考えの方は、あとからよいものを買いなおすのではなく最初からよいものを買ったほうがよいかもしれません。
    そういう意味では間違いなく長く使える一台です。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    132,752円

    こんな方におすすめ

    • 軽くて強い三脚をお探しの方
    • 末永く愛用したい方
    • ジッツオのブランドに憧れる方

    4位 SLIK 三脚 カーボンマスター 823 HC 3段 中型

    メーカー:SLIC
    製品型番: CM823HC
    段数:3段
    耐重量:2kg
    素材:カーボン
    最大パイプ系:-
    縮長:70.5cm
    全高:217.7cm
    最低高:42.6cm
    雲台タイプ:自由雲台
    重量:2,510g

    SLIKのマルチアングル仕様のフラッグシップモデルというべき三脚です。
    材質はカーボン製で、最大高は217cmと必要十分な高さまで伸びます。
    また、エレベーター部に「スライディングアームⅡ」と呼ばれるアームを装備し、アームを自在に動かすことで普通の三脚では難しい角度からの撮影ができるのも特徴です。
    非常に自由度の高い三脚で、どんな方にもおすすめできます。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    32,800円

    こんな方におすすめ

    • 大きなカーボン三脚をお探しの方
    • 自由の効くアングルで撮影したい方
    • クイックシューつきの自由雲台をお探しの方

    3位 Velbon ウルトラロック ULTREK

    メーカー:Velbon
    製品型番: UT-63
    段数:6段
    耐重量:3kg
    素材:アルミ
    最大パイプ系:30mm
    縮長:28.2cm
    全高:155cm
    最低高:33.2cm
    雲台タイプ:自由雲台
    重量:1,620g

    ベルボンの持ち運びに便利なULTREKシリーズの三脚です。
    耐荷重が3kgなので中型の一眼レフカメラの使用でも大丈夫だと思います。
    また、セットの自由雲台は大型のストップネジと緩める・締める力加減をコントロールできるトルク調整ネジを採用。
    セットするカメラの重さにあわせてストッパーのトルクを調整できるのは非常に便利です。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    24,684円

    こんな方におすすめ

    • 軽くて持ち運びやすい三脚をお探しの方
    • 自由雲台でアングルを頻繁に変えて撮影される方
    • 中型一眼レフでの使用を検討されている方

    2位 Manfrotto アルミ3段+3Way雲台

    メーカー:Manfrotto
    製品型番: MK055XPRO3-3W
    段数:3段
    耐重量:8kg
    素材:アルミ
    最大パイプ系:-
    縮長:74cm
    全高:183cm
    最低高:22cm
    雲台タイプ:3WAY雲台
    重量:3,490g

    一般的なアルミ三脚として、強度と性能、価格のバランスがよく取れている三脚です。
    3WAY雲台ですので細かな構図の調整が可能。
    花や風景をじっくり撮影される方におすすめしたい三脚です。
    アルミ製なので重量がそこそこありますが、その重さのおかげで少々風がある日の使用でもふらついたりすることなく使用できます。
    また、「イージーリンク」という第三のアームを取りつけることができる仕様になっており、別売のアームを取りつけることでレフ板やアクセサリー、スピードライトを設置することができます。
    基本はしっかり、工夫次第でさまざまな使い方ができる面白い三脚です。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    29,800円

    こんな方におすすめ

    • しっかりした三脚をお探しの方
    • 一台の三脚を簡易スタジオのように使いたい方
    • 三脚の重さにこだわらない方

    1位 GITZO 三脚 トラベラー 2型 カーボン 4段 QDボール雲台キット

    メーカー:GITZO
    製品型番: GK2545T-82QD
    段数:4段
    耐重量:12kg
    素材:カーボン
    最大パイプ系:-
    縮長:44.5cm
    全高:165.5cm
    最低高:32cm
    雲台タイプ:自由雲台
    重量:1,840g

    耐荷重12kgとしっかりした造りの三脚でありながら、カーボン製の素材により重量は2kgを切る軽量なGITZOの三脚です。
    GITZOのトラベラーシリーズは三脚足がエレベーター方向に折り畳むことができるので、持ち運びも楽に行えます。
    耐荷重は大きく重さは軽く、移動時はコンパクトになり、しっかりした雲台のついたこのモデルは三脚に求める機能全部入りといってよいでしょう。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    138,800円

    こんな方におすすめ

    • 持ち運びしやすく軽い三脚をお探しの方
    • 大きなカメラとレンズを使用される方
    • 耐荷重の心配をせず使用したい方

    コンパクトで軽量なカメラ用の三脚おすすめ人気ランキングTOP3

    ここからはコンパクトさに特化した三脚TOP3をご紹介します!

    3位 METRIX 卓上三脚/ミニ三脚  ミニテーブルポッド

    メーカー:METRIX
    製品型番: WT0117BK
    段数:1段
    耐重量:800g
    素材:プラスチック
    最大パイプ系:-
    縮長:-
    全高:10cm
    最低高:10cm
    雲台タイプ:-
    重量:68g

    この三脚はミラーレスカメラやコンパクトカメラで使用することが前提ですが、足を畳むとグリップのようになり、そのまま自由雲台に載せて使用することもできる優れものです。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    145円

    こんな方におすすめ

    • コンパクトカメラのテーブル三脚をお探しの方
    • 三脚のグリップとして使用されたい方
    • 安価なコンパクト三脚をお探しの方

    2位 Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B


    メーカー:Manfrotto
    製品型番: MTPIXI-B
    段数:1段
    耐重量:1kg
    素材:アルミ
    最大パイプ系:-
    縮長:-
    全高:13.5cm
    最低高:13.5cm
    雲台タイプ:自由雲台
    重量:231g

    カメラと一緒にいつも持ち歩きたい大きさのコンパクトな三脚です。
    自由雲台がついていますので、テーブルフォトなどにぴったりでしょう。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    2,209円

    こんな方におすすめ

    • テーブルフォトをよく撮られる方
    • いつも三脚を持ち歩きたい方
    • 自由な構図を取りたい方

    1位 Manfrotto ミニ三脚 POCKET S ブラック MP1-BK


    メーカー:Manfrotto
    製品型番: MP1-BK
    段数:-
    耐重量:0.6kg
    素材:zamak
    最大パイプ系:-
    縮長:0.75cm
    全高:2.1cm
    最低高:0.8cm
    雲台タイプ:-
    重量:4.54g

    この三脚はカメラの底に常時つけて使用する、究極のコンパクト三脚です。
    あまり重いカメラに使用することは不可能ですが、コンパクトカメラに常設しておくと、ちょっとしたテーブルフォトなどに便利ですね。

    Amazon商品価格(2018年3月5日現在)

    1,591円

    こんな方におすすめ

    • 三脚を別で持ち歩くのが嫌な方
    • 思ったときにいつでも三脚を使いたい方
    • テーブルフォトをよく撮影する方

    カメラ用の三脚使用上の注意点

    ①カメラとレンズの重さに三脚が耐えられるか?

    カメラ レンズ 重さ


    三脚には小さなものから大きなものまで種類はさまざまです。
    それぞれの三脚には耐荷重というものがあって、「何kgまでの重さに耐えられますよ」ということが決まっています。

    ここで注意しなくてはならないのは、耐荷重はカメラだけの重さではないということです。
    三脚にかかる重さはカメラ+レンズ+フラッシュなどの周辺機器となりますので、大きな望遠レンズなどを使う予定のある方は、その重さに耐えられるような三脚を探すよう心がけましょう。
    また、耐荷重内ギリギリだと場合によっては耐えられないことがあります。

    ご自身のカメラシステムの総重量が、三脚メーカーが表記している耐荷重の半分~2/3位に収まるよう、余裕を見た商品選びも大事です。

    ②三脚禁止の場所って一脚はいいの?

    三脚 男性

    各地の行楽地では、場所によってカメラ撮影はOKだけど三脚を立てることは禁止といったところがあります。
    「三脚はダメだけど一脚はいいの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、基本的に三脚禁止の場所というのはおおむねたくさんの方々が訪れる場所であったり、三脚を立てることで事故が起こる可能性のある場所です。
    よって、三脚禁止というのは写真撮影のために場所を取ってはいけませんと解釈するべきで、一脚においても使用は差し控えるか、その場所を管理されてる方に確認してから使用するようにしましょう。

    ③三脚の使用は周りの人に配慮して

    写真 三脚 配慮


    三脚の使用が許可された場所においても、人が多く集まる観光名所などでは三脚はほかの人の通行の妨げになることがありますので、周りの方に配慮して設置するようにしましょう。
    特に人が歩く歩道などは三脚に人が当たることでけがをされたり、自分のカメラが転倒して壊れたりと、周りの方との大きなトラブルのもとになります。

    また、景色や被写体をひとり占めするようなかたちでの三脚の設置もマナーとして控えるべきです。
    写真を撮っていると夢中になるあまり「もっといい場所へ」と、つい周りが見えなくなり自分中心の行動をしがちになります。

    常に冷静に、周りの方に気を配りながら撮影するようにしましょう。

    【こちらもCHECK】荷物をコンパクトにまとめるカメラバッグに関連するおすすめ記事はこちら

    ショルダータイプのカメラバッグおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.22

    カメラ用リュックサックおすすめ人気ランキングTOP13!防水や登山、一眼レフも【2018年最新版】

    2018.04.16

    カメラバッグおすすめ人気ランキングTOP15!バックパックや可愛い&おしゃれなカメラバッグも【2018年最新版】

    2018.02.27

    カメラに三脚があれば写真の幅が広がります

    写真 三脚 星空


    三脚を使うと写真の世界がぐっと広がります。
    今まで撮れなかった素敵な写真が簡単に撮れるようになります。

    お気に入りのカメラと三脚を持って撮影に出かけましょう!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】カメラに関連するおすすめ記事はこちら

    ミラーレス一眼おすすめ人気ランキングTOP15!ミラーレスとは?デジタル一眼との違いについても【2018年最新版】

    2018.07.05

    カメラケースおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.16

    カメラレンズおすすめ人気ランキングTOP15!種類や掃除も【2018年最新版】

    2018.03.01

    カメラバッグおすすめ人気ランキングTOP15!バックパックや可愛い&おしゃれなカメラバッグも【2018年最新版】

    2018.02.27

    カメラストラップおすすめ人気ランキングTOP15!革製やおしゃれなアイテムのセレクトに付け方の解説も【2018年最新版】

    2018.02.19

    ABOUTこの記事をかいた人

    趣味で写真撮影を始めて10年
    40機種以上のカメラでの撮影経験後、プロカメラマンに

    コンパクトデジタルカメラからプロ仕様の一眼レフまで各メーカーの40機種以上のカメラで撮影をしてきました。
    商用では店舗HP用写真や不動産紹介写真も手がけております。
    インスタグラムのフォロワー数は現在3400人を突破。