デジタル一眼レフ&ミラーレス一眼カメラ人気ランキングTOP10!初心者用も【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

趣味で写真撮影を始めて10年
40機種以上のカメラでの撮影経験後、プロカメラマンに

コンパクトデジタルカメラからプロ仕様の一眼レフまで各メーカーの40機種以上のカメラで撮影をしてきました。
商用では店舗HP用写真や不動産紹介写真も手がけております。
インスタグラムのフォロワー数は現在3400人を突破。

    選び方のポイント

    • センサーサイズと画素数を理解する
      →現行機種であれば画素数に執着せず用途に応じて選択する
    • レンズ選びの重要性を意識する
      →レンズが揃っているメーカー、レンズが選べるメーカーというのも考慮する

    カメラ 女性 木
    紅葉シーズン到来、そしてイルミネーションもきれいな季節になってまいりました。
    紅葉の鮮やかな色彩や明暗差の激しいイルミネーションの撮影にはやはりデジタル一眼レフカメラが一番。

    普段は携帯やスマートフォンやコンパクトデジタルカメラを使って写真を撮ってきたけど、今年の冬はデジタル一眼レフカメラでワンランクアップの写真に挑戦したい、みんなにSNSで自慢できる写真を本格一眼レフカメラで撮りたいと思っている方、結構いらっしゃいますよね。

    カメラ デジタルカメラ

    デジタル一眼レフカメラはカタログを集めて読んでみても、カメラ屋さんの説明を聞いてみてもいまひとつよくわからず、実際はどう選んだらいいの?という方がたくさんいらっしゃいます。

    本記事ではデジタル一眼レフカメラ&ミラーレス一眼カメラ選びのポイントを、約40機種のデジタルカメラやデジタル一眼レフを使ってきた筆者が独自の視点で徹底解説と、おすすめのデジタル一眼レフカメラ&ミラーレス一眼レフカメラをランキング形式でご紹介。

    カメラの用語は難しそうと構える初心者の皆さんにもわかりやすく解説しますので、コーヒーでも飲みながら肩の力を抜いて読んでみてくださいね。



    デジタル一眼レフ&ミラーレス一眼カメラについて

    デジタル一眼レフカメラとは

    カメラ 女性

    「デジタル一眼レフカメラ」とは聞き慣れない方には理解が難しいですよね。

    実は昔のフィルムを使ったカメラの頃から一眼レフカメラはあり、一眼レフカメラというのはカメラの中にレフレックスミラーという鏡がついていて、レンズから入ってきた光を鏡で反射させてファインダー(のぞき窓)で見る形になっております。

    ファインダーを覗きながらピントを合わせ、シャッターを切った瞬間にミラーが跳ね上がり、ミラーの後ろにあるフィルムにレンズから入ってきた光が感光して写真が撮れるという仕組みになってました。
    目(レンズ)が一つなので一眼、レフレックスミラーの略でレフ、これが一眼レフカメラの名の由来です。

    このフィルム部分を現代の技術で「イメージ・センサー」という部品に置き換え、光を電気信号に変えてデータとしてメモリーカードに保存できる形にしたのがデジタル一眼レフカメラとなります。

    【こちらもCHECK】カメラに関連するおすすめ記事はこちら

    ミラーレス一眼おすすめ人気ランキングTOP15!ミラーレスとは?デジタル一眼との違いについても【2018年最新版】

    2018.07.05

    ポートレートに最適なカメラおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.06

    デジタル一眼レフカメラの特徴

    カメラと男性

    デジタル一眼レフカメラは特徴として、レンズを通した像を鏡で反射させファインダーで覗く機構となっているのでミラーレスカメラのような電子ファインダーでの描写タイムラグが発生せず、動体撮影においては非常に使いやすいカメラです。

    撮影シーンに応じてレンズの交換ができますので、下記にまとめましたさまざまな種類のレンズの使い分け可能な点がデジタル一眼レフカメラの特徴になります。
    レンズが別となる分、コンパクトデジタルカメラに比べますと本体は比較的大きく、レンズ分だけ荷物が増えてしまうという欠点もありますが一番の強みと言えます。

    • 遠くを撮る望遠レンズ
    • 風景を広く撮る広角レンズ
    • 便利なズームレンズ
    • 高画質な単焦点レンズ
    • 特殊効果の魚眼レンズ

    ミラーレス一眼カメラとは

    カメラ ミラーレスカメラ 女性

    ミラーレス一眼カメラはその名の通り、先にお話しましたデジタル一眼レフカメラにあるレフレックスミラーが無いカメラとなります。

    レンズから入ってきた光はミラーが無い為、常にイメージセンサーに当たっていて、その電気信号に変換された像をそのままカメラ背面のモニターや、ファインダーの中の小さなモニターに映し出すような構造になっております。

    フィルムカメラではありえない方式で、デジタルカメラならではと言えるでしょう。

    ミラーレス一眼カメラの特徴

    カメラ レンズ

    ミラーレス一眼カメラはレフレックスミラーが無い分、一眼レフより小さいカメラがほとんどで、場合によってはカバンやポーチにポンと入れられる大きさの物もあります。

    ここまでは携帯電話やスマートフォン、コンパクトデジタルカメラと同じですが、さらに一眼的な要素、つまりレンズを交換できるというのがミラーレス一眼カメラの特徴です。

    ミラーが無いということでレンズマウント部(レンズをカメラに付ける部分)からイメージセンサーまでの距離が短い為、そこに長さ調整をする「レンズアダプター」という物を使用することで、いろんなメーカーの昔のレンズを使うことができるようになります。

    一般的には「オールドレンズ遊び」と言われ、昔の名玉と言われる素晴らしい各社のレンズをミラーレズ一眼に付けて撮影することが流行りました。

    ミラーレス一番の欠点としては、常にセンサーが作動しモニターやファインダーが点灯しているうえ、バッテリーも小型なためデジタル一眼レフカメラよりもバッテリーが持たない傾向にあること。

    昔のミラーレスカメラは連写をするとブラックアウトという現象が起き、ファインダー内が真っ暗になって被写体を見逃してしまうことが多々あったためにミラーレスは連写をすると被写体を見失いやすいカメラと言われてましたが、現在ではそういうこともなく連写時も被写体を見失うなどということも少なくなりました。

    【こちらもCHECK】コンパクトなカメラをお探しの方におすすめ記事はこちら

    デジタル一眼レフカメラ&ミラーレス一眼カメラ選びの2つのポイント

    ① センサーサイズと画素数について

    カメラ イメージセンサー

    デジタル一眼レフとミラーレス一眼、ミラーのあるなしはありますが中に入っているイメージセンサーについてはほぼ同じスペックのものが使われております。

    基本的なセンサーのサイズは3種類で、「フルサイズ」「APS-C」「フォーサーズ」と呼ばれています。

    センサーの大きさはフルサイズ>APS-C>フォーサーズの順となり、センサーサイズの特徴としては、大きいほどよくボケ高感度に強く、対応するレンズが大きく重い、お値段も高め、広角側が使いやすくなるといった点があり小さなセンサーになると逆の傾向になります。

    画素については、よほどの大伸ばしをしたり、パソコンなどで拡大して写真を鑑賞とかしない限りは、正直フルサイズでも1,200万画素もあればA3プリントでも十分になります。
    ただし高画素であれば高画素のメリットもあって、例えばトリミング(写真の一部を切り取る)をする際には絶対的に有利です。

    写真を撮る際に構図からきちんと決めて撮るのがもちろん基本ではありますが、風景写真など広く一枚撮って部分的に拡大し切り出して数枚の写真にしてしまうとか、集合写真で自分の部分だけ切り取るなどというときに、画素が少ないと切り出した写真がギザギザになったりもやっとした感じになったりしてしまいます。

    高画素であれば、小さく切り出して拡大しても普通に撮ったようなきれいな写真ができますので、一般的な高画素機の使い方としてはこういう部分でのメリットのほうがより高く感じることができます。

    しかし基本的には、現行機種であれば画素数はそこまでこだわる必要はまったくありません。
    画素数は買う時は意識して比較してより数値の高いものを求めますが、いざ使い始めると忘れてしまうようなものですので、ひんぱんにトリミングや壁一面の大きな写真を出すという方以外は、画素数に執着する必要はありません。

    ② レンズ選びの重要性

    カメラ レンズ

    きれいな写真を撮る為に一番大事なポイントはカメラ本体ではなく交換レンズです。
    目がすごくいい人でも曇りガラス越しではきれいな景色もきれいに見えないのと一緒で、いくらカメラ本体の性能がよくても光を受けるレンズ、これがよくなくては本来の性能を発揮できません。

    良いレンズの条件としては、解像度が高く細かい所までぼんやりせずしっかり写る、逆光でもコントラストが落ちたりフレア・ゴーストが出にくい、収差(ゆがみ)が出にくいといったところがあります。

    ショップでレンズまで試せたらよいのですが、ネットでもレンズごとの作例や評価がありますので、気になるレンズがありましたら検索してみるのも手となります。

    参考に、レンズの良しあしが誰でもわかる方法も説明します。
    それはずばり、レンズの性能は価格に比例するということで、単純に高いレンズは写りがよく安いレンズはそれなりという点です。

    昔のレンズでも一緒でよいレンズは中古価格も落ちにくいので、逆に言えばカメラ本体なんかより資産性が高くリセールの期待もできます。

    初心者の方におすすめのレンズ

    Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM
    Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

    最後に一つ私からのおすすめをご紹介します!
    きれいな写真、作品と呼べる作品を撮りたければぜひ単焦点レンズ、初心者の方なら、まずは50mmのf1.8を使ってみてください。

    良いレンズは高いというようなことを申しましたが、各社このクラスのレンズは写りがよい割に値段がそんなに高くないのが特徴で、CANONの50mmf1.8はSTMの現行タイプで15,000円程で、旧タイプだと中古で10,000円切っている破格の名レンズ。

    素晴らしい写りに対してあまりに価格が安い為、通称「撒き餌レンズ」とも呼ばれていました。
    写りがよくて安いので皆購入しやすく、このレンズを使ってしまったが為にもっといいレンズ、もっといいレンズとどんどん高いレンズを求めてくれるだろうというメーカーの狙いがあるのではという巷の噂がたつほどです。

    CANONの50mmf1.8はきれいなボケとしっかりした写りを楽しめますので、初めてカメラを買う際にレンズキットではなくボディと50mm1本やズームレンズキット+50mmというのもきれいな写真を楽しむ一つの手になります。
    カメラ選びのポイントの一つとしてレンズの重要さから、レンズが揃っているメーカー・レンズが選べるメーカーというのも考慮したほうがよいでしょう。

    おすすめのデジタル一眼レフ&ミラーレス一眼カメラ人気ランキングTOP10

    これより、おすすめのデジタル一眼レフ&ミラーレス一眼カメラ人気ランキングTOP10をご紹介します。
    約40機種のデジタルカメラやデジタル一眼レフを使ってきた筆者が独自の視点選びましたのでぜひ参考にしてください!

    10位 SIGMA SD Quattro

    SIGMA ミラーレス一眼 sd Quattro

    SIGMA ミラーレス一眼 sd Quattro

    78,647円(07/08 01:29時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    【基本性能】
    ・タイプ:ミラーレス
    ・レンズマウント:シグマSAマウント
    ・画素数:3,320万画素(総画素)/ 2,950万画素(有効画素)
    ・撮像素子:APS-C 23.4mm×15.5mm CMOS
    ・ローパスフィルターレス:あり
    ・撮影感度:標準 ISO100 - 6400 
    ・記録フォーマット:JPEG/RAW
    ・連写/秒:4.3コマ/秒
    ・シャッタースピード:1/4,000 - 30秒
    ・液晶モニター:3インチ 162万ドット
    ・ファインダー:電子ビューファインダー
    ・ファインダー倍率:1.1倍
    ・AFシステム:フォーカスポイント9点選択モード/自由移動モード
    ・手ブレ補正機能:無し
    ・電池:専用電池 BP-61
    ・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード
    ・動画:無し
    ・無線:無し
    ・サイズ(幅×高さ×奥行):約147×95.1×90.8mm
    ・重量:約625g

    SIGMAのSD Quattroはミラーレス一眼の割に大きい・手振れ補正は付いていない・ファインダーもモニターも今時のカメラに比べ解像度が低い・高感度がダメ・オートフォーカスのスピードが遅いと、不便な点やダメな点を書きだしたらキリが無いです。
    ではなぜここに取り上げるかというと、それは一番重要な写真の画質がマイナスポイントを加味しても、それを凌駕する程に素晴らしい。
    このカメラのセンサーはFoveonX3と言って、RGB別のセンサーを三層に積んだ形となっています。

    FoveonX3を搭載したカメラはSIGMAしかなく、SIGMAでしか味わえない高画質があります。
    初心者の方にはおすすめはできませんが、画質のためなら不便さもいとわないという方は一度試す価値のあるカメラになります。

    9位 PENTAX KP

    【基本性能】
    ・タイプ:一眼レフ
    ・レンズマウント:ペンタックスKマウント
    ・画素数:2,496万画素(総画素) /2,432万画素(有効画素)
    ・撮像素子:APS-C 23.5mm×15.6mm CMOS
    ・ローパスフィルターレス:あり
    ・撮影感度:標準 ISO100 - 819200 
    ・記録フォーマット:JPEG/RAW
    ・連写/秒:7コマ/秒
    ・シャッタースピード:1/24,000 - 30秒
    ・液晶モニター:3インチ 92.1万ドット
    ・ファインダー:ペンタプリズム
    ・ファインダー倍率:0.95倍
    ・AFシステム:フォーカスポイント9点選択モード/自由移動モード
    ・手ブレ補正機能:5軸手ブレ補正
    ・電池:専用電池 D-LI109
    ・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード
    ・動画:フルHD
    ・無線:WIFI
    ・サイズ(幅×高さ×奥行):約131.5×101×76mm
    ・重量:約643g

    ペンタックスのカメラは総じて価格の割に機能が豊富なイメージがあり、機能的に他社で言えば1クラス上の機種がライバルと言える非常にコストパフォーマンスが高いカメラです。
    好き嫌いの分かれるところではありますが、昔の一眼レフっぽいとんがり頭が目を引きますがデジタル一眼レフなので、このとんがり頭の中に大きなプリズムが入っています。

    特徴としては、ボディ内に手振れ補正機能を搭載していてレンズを問わず手振れ補正が効くことに加え高画素でありながら高感度も強いので、室内やホールなどの暗い場所でも手持ちできれいな写真が撮れること。
    K-5やK-3ユーザーからも機能面・画質面で高評価をもらっているカメラになります。

    8位 OLYMPUS OM-D EM-10 MarkⅢ

    【基本性能】
    ・タイプ:ミラーレス
    ・レンズマウント:マイクロフォーサーズマウント
    ・画素数:1,720万画素(総画素)/ 1,605万画素(有効画素)
    ・撮像素子:フォーサーズ4/3型 LiveMOS
    ・ローパスフィルターレス:あり
    ・撮影感度:標準 ISO100 - 6400 拡張 25600
    ・記録フォーマット:JPEG/RAW
    ・連写/秒:8.6コマ/秒
    ・シャッタースピード:1/16,000 - 60秒
    ・液晶モニター:3インチ 104万ドット
    ・ファインダー:アイレベル式OLEDビューファインダー
    ・ファインダー倍率:1.23倍
    ・AFシステム:121点コントラストAF
    ・手ブレ補正機能:5軸手ブレ補正
    ・電池:専用電池 BLS-50
    ・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード
    ・動画:4K
    ・無線:WIFI
    ・サイズ(幅×高さ×奥行):約121.5×83.6×49.5mm
    ・重量:約362g

    オリンパスはデジタルになってしばらくはEシリーズとしてデジタル一眼レフを作っていましたが、昨今は一眼レフタイプのミラーレスであるOM-DシリーズとコンデジタイプのミラーレスであるPENシリーズの2本柱になってます。

    本機はそのOM-Dシリーズの中の入門機になりますが、機能的には中級機に匹敵する程のパフォーマンスを持ってます。
    入門機でこの強力な手振れ補正を搭載しているのはおそらくこのカメラだけであり、フォーサーズなのでレンズも小さく軽く、デザインもかわいい一眼タイプなのでこれから写真をやりたい女子の方々には、写真を撮っているご自身の姿も絵になるこのカメラはおすすめです。

    7位 PENTAX K-1

    【基本性能】
    ・タイプ:一眼レフ
    ・レンズマウント:ペンタックスKマウント
    ・画素数:3,677万画素(総画素)/ 3,640万画素(有効画素)
    ・撮像素子:フルサイズ 35.9mm×24mm CMOS
    ・ローパスフィルターレス:あり
    ・撮影感度:標準 ISO100 - 204800
    ・記録フォーマット:JPEG/RAW
    ・連写/秒:6.5コマ/秒
    ・シャッタースピード:1/8,000 - 30秒
    ・液晶モニター:3.2インチ 103.7万ドット
    ・ファインダー:ペンタプリズム
    ・ファインダー倍率:0.7倍
    ・AFシステム:33点測距(中央25点はクロスタイプ)
    ・手ブレ補正機能:5軸手ブレ補正
    ・電池:専用電池 D-LI90P
    ・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード
    ・動画:フルHD
    ・無線:WIFI
    ・サイズ(幅×高さ×奥行):約136.5×110×85.5mm
    ・重量:約925g

    それまで何度も噂が出ては消えていたペンタックスのフルサイズデジタル一眼レフカメラ、2016年にようやく登場しました。
    カメラの特徴としては、フルサイズのデジタル一眼レフカメラでボディ内に手振れ補正機能が搭載されていること。

    手振れ補正に使う微妙にセンサーを動かす機能を使用し、星を追尾するアストロトレーサー機能や、ピクセルを微妙にずらして4枚撮った写真を重ね合わせさらに高精細な写真を作るRSS(リアルレゾリューションシステム)も搭載しています。

    モニターも可動式なのですが縦位置でも可動モニターが使える画期的なシステムを採用しており全部入りと言われる当機は、機能と価格のバランスがよいカメラです。

    6位 SONY α6500

    【基本性能】
    ・タイプ:ミラーレス
    ・レンズマウント:α Eマウント
    ・画素数:2,500万画素(総画素)/ 2,420万画素(有効画素)
    ・撮像素子:APS-C 23.5mm×15.6mm CMOS
    ・ローパスフィルターレス:無し
    ・撮影感度:標準 ISO100 - 25600 拡張51200
    ・記録フォーマット:JPEG/RAW
    ・連写/秒:11コマ/秒
    ・シャッタースピード:1/4,000 - 30秒
    ・液晶モニター:3インチ 92.16万ドット
    ・ファインダー:電子ビューファインダー XGA OLFD Tru-Finder
    ・ファインダー倍率:1.07倍
    ・AFシステム:425点(位相差検出方式)/169点(コントラスト検出方式)
    ・手ブレ補正機能:5軸手ブレ補正
    ・電池:専用電池 NP-FW50
    ・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード メモリースティックPRO Due
    ・動画:4K
    ・無線:NFC Wifi Wifi Direct対応 Bluetooth4.1
    ・サイズ(幅×高さ×奥行):約120×66.9×53.3mm
    ・重量:約410g

    SONYは早くからミラーレス一眼を世に送り込んでいたメーカーであり、APS-Cサイズの大きなセンサーを搭載したNEXシリーズはかなりの人気シリーズでした。
    NEXシリーズがαコードとなり、このα6500はNEXタイプのミラーレス一眼最新モデルになります。

    特徴はコンデジタイプのミラーレス機ですので大きさが小さいのですが強力な5軸手振れ補正に爆速のオートフォーカスと強力な連写機能で、走り回るペットや小さいお子さんから鉄道・飛行機などの動体撮影にも向いており、コンパクトデジタルカメラからのステップアップ機として、またはオールラウンドに使えるカメラとして最適です。

    5位 NIKON D500

    【基本性能】
    ・タイプ:一眼レフ
    ・レンズマウント:ニコン Fマウント
    ・画素数:2,151万画素(総画素)/ 2,055万画素(有効画素)
    ・撮像素子:APS-C 23.5mm×15.7mm CMOS
    ・ローパスフィルターレス:有り
    ・撮影感度:標準 ISO100 - 51200 拡張ISO50相当 1640000相当
    ・記録フォーマット:JPEG/RAW/TIFF
    ・連写/秒:10コマ/秒
    ・シャッタースピード:1/8,000 - 30秒
    ・液晶モニター:3.2インチ 236万ドット
    ・ファインダー:ペンタプリズム
    ・ファインダー倍率:1倍
    ・AFシステム:フォーカスポイント153点 クロスタイプセンサー99点
    ・手ブレ補正機能:無し
    ・電池:専用電池 EN-EL15
    ・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード
    ・動画:4K
    ・無線:NFC Wifi  Bluethooth4.1 BLE
    ・サイズ(幅×高さ×奥行):約147×115×81mm
    ・重量:約760g

    NIKONの中級デジタル一眼レフはかつてD300sという名機があり、その後継機が出ないまましばらくの間D7000シリーズが中級デジタル一眼レフのトップモデルのような扱いでした。
    昨年、ついにD300sの正統な後継機として発売されたD500は、NIKONファンの期待を裏切らない素晴らしい出来で「カメラグランプリ2017 カメラ記者クラブ賞」受賞モデルです。

    画面いっぱいに広がるAFエリアとフラッグシップ機であるD5譲りの高速連写と画像処理エンジンによりとにかく動体に強い一眼レフになります。
    イメージセンサーがAPS-Cであるために望遠撮影が有利で、動物や飛行機、運動会でのかけっこ撮影など少し距離のある動体撮影に特におすすめ。

    4位 CANON EOS6D MarkⅡ

    【基本性能】
    ・タイプ:一眼レフ
    ・レンズマウント:キヤノン EFマウント
    ・画素数:2,710万画素(総画素)/ 2,620万画素(有効画素)
    ・撮像素子:フルサイズ 35.9mm×24mm CMOS
    ・ローパスフィルターレス:無し
    ・撮影感度:標準 ISO100 - 40000 拡張ISO50 51200 102400
    ・記録フォーマット:JPEG/RAW
    ・連写/秒:6.5コマ/秒
    ・シャッタースピード:1/4,000 - 30秒
    ・液晶モニター:3インチ 104万ドット
    ・ファインダー:ペンタプリズム
    ・ファインダー倍率:0.71倍
    ・AFシステム:最大45点(クロス最大45点)
    ・手ブレ補正機能:無し
    ・電池:専用電池 LP-E6N/LP-E6
    ・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード
    ・動画:フルHD
    ・無線:NFC Wifi Bluethooth4.1 BLE
    ・サイズ(幅×高さ×奥行):約144×110.5×74.8mm
    ・重量:約685g

    CANONのフルサイズ一眼レフの入門機的位置付けのカメラですが、そこはやはりフルサイズ。
    高感度に強いというイメージの6Dシリーズの特徴を継承しつつ、AF性能の強化や機能面でもタッチ式のバリアングルモニターがついていたりと、使い勝手は上位機種よりよいです。

    フルサイズというとどうしてもボディの大きさが気になるところですが、このカメラはコンパクトにまとめられているので女性でも扱いやすく中級機の上位カメラと同程度の価格というところで悩ましい選択となります。

    3位 OLYMPUS OM-D EM-1 MarkⅡ

    【基本性能】
    ・タイプ:ミラーレス
    ・レンズマウント:マイクロフォーサーズマウント
    ・画素数:2,177万画素(総画素)/ 2,037万画素(有効画素)
    ・撮像素子:フォーサーズ4/3型 LiveMOS
    ・ローパスフィルターレス:有り
    ・撮影感度:標準 ISO64 - 6400 拡張ISO25600
    ・記録フォーマット:JPEG/RAW
    ・連写/秒:60コマ/秒
    ・シャッタースピード:1/32,000 - 60秒
    ・液晶モニター:3インチ 104万ドット
    ・ファインダー:アイレベル式液晶ビューファインダー
    ・ファインダー倍率:1.48倍
    ・AFシステム:121点(クロスタイプ位相)、121点(コントラストAF)
    ・手ブレ補正機能:5軸手ブレ補正
    ・電池:専用電池 BLH-1
    ・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード
    ・動画:4K
    ・無線:Wifi
    ・サイズ(幅×高さ×奥行):約134.1×90.9×68.9mm
    ・重量:約498g

    OLYMPUSのマイクロフォーサーズ最上機種のこのカメラ、とにかく手ブレ補正が強力ということで話題になってます。
    レンズによってはレンズの手ブレ補正と本体の手ブレ補正をシンクロさせ、6.5段分、シャッタースピード2秒で手持ち撮影ができるとのこと。

    121点オールクロスセンサーにAF固定にはなりますが秒間60枚の高速連写、高画質撮影機能としてのハイレゾショットや深度合成モード、マイクロフォーサーズマウントであるがゆえの小型サイズは一眼レフ機より十分持ち出し易いです。
    まさにマイクロフォーサーズ熟成の一台と言えます。

    2位 SONY α7RⅢ

    【基本性能】
    ・タイプ:ミラーレス
    ・レンズマウント:α Eマウント
    ・画素数:4,360万画素(総画素)/ 4,240万画素(有効画素)
    ・撮像素子:フルサイズ 35.9mm×24mm CMOS
    ・ローパスフィルターレス:有り
    ・撮影感度:標準 ISO100 - 32000 拡張ISO50 - 102400
    ・記録フォーマット:JPEG/RAW
    ・連写/秒:10コマ/秒
    ・シャッタースピード:1/8,000 - 30秒
    ・液晶モニター:3インチ 144万ドット
    ・ファインダー:電子ビューファインダー XGV OLFD Tru-Finder
    ・ファインダー倍率:0.78倍
    ・AFシステム:399点(位相差検出方式)
    ・手ブレ補正機能:5軸手ブレ補正
    ・電池:専用電池 NP-FZ100
    ・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード メモリースティックPRO Due
    ・動画:4K
    ・無線:NFC Wifi
    ・サイズ(幅×高さ×奥行):約126.9×95.6×73.7mm
    ・重量:約572g

    実はこのカメラは2017年12月14日時点では発売前ではありますが、超絶スペックは1位のD850すら霞んでしまうモンスターカメラとなる可能性が非常に高いですね。

    この画素数にしてAF追尾で秒間10枚、76枚まで連写可能と、バッファメモリーはかなりの大容量にアップされています。
    そしてこのカメラがミラーレスであるがゆえ、オールドレンズの名レンズも装着可能でもちろん強力な5軸手ブレ補正内臓ですので装着できるすべてのレンズが手ブレ補正で使えます。

    ミラーレスとしてはさらに上位機種のα9もありますが、期待も込めてこのα7RⅢをおすすめ機種2位にさせていただきました。

    1位 NIKON D850

    ニコン ニコンデジタルカメラ D850

    ニコン ニコンデジタルカメラ D850

    294,774円(07/08 23:23時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    【基本性能】
    ・タイプ:一眼レフ
    ・レンズマウント:ニコンFマウント
    ・画素数:4,689万画素(総画素) /4,575万画素(有効画素)
    ・撮像素子:フルサイズ 35.9mm×23.9mm CMOS
    ・ローパスフィルターレス:あり
    ・撮影感度:標準 ISO64 - 25600 拡張ISO32相当 102400相当
    ・記録フォーマット:JPEG/RAW/TIFF
    ・連写/秒:7コマ/秒
    ・シャッタースピード:1/8000 - 30秒
    ・液晶モニター:3.2インチ 236万ドット
    ・ファインダー:ペンタプリズム式
    ・ファインダー倍率:0.75倍
    ・AFシステム:フォーカスポイント153点/クロスタイプ99点/F8対応15点
    ・手ブレ補正機能:無し
    ・電池:専用電池
    ・記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード
    ・動画:4K(3840×2160)
    ・無線:Wi-Fi/Bluetooth4.1/BLE
    ・サイズ(幅×高さ×奥行):約146×124×78.5mm
    ・重量:約915g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディキャップを除く)

    やはり1位はこの機種をおいてほかに無いです。
    NIKONのD800シリーズといえば高画素仕様の機種でそのシリーズ最新作は高画素でありながら高感度も強い仕様となっております。

    カメラに詳しい方ならご存知かと思いますが、ほんの少し前までは高画素を取るか高感度を取るかの二者択一でありました。
    裏面照射型のセンサーを採用することで高画素も高感度も両立させた上に、高画素フルサイズ機でありながらフラッグシップ機のD5と同じ画像処理エンジンを採用することで秒間7コマの連続撮影を達成。

    少し前なら考えられないスペックを持ち、写真撮影において何を優先するかでカメラを選択する時代は終わるのかもと予感させてくれたNIKONのD800は現行のデジタル一眼レフでは最高のカメラです!

    デジタル一眼レフ&ミラーレス一眼カメラの価格について

    カメラの値段差とは同じ一眼レフカメラの形をしていても、場合によっては倍以上価格差があったりします。
    デジタル一眼レフカメラの価格について、結論を言えば高ければいい写りをするというものでは必ずしもありません。

    たとえばCANONのプロ写真家達が使っている最新一眼レフカメラ EOS 1DX MarkⅡになりますと60万円くらいします。
    このカメラは2,020万画素のフルサイズセンサーを用いてますが、同じフルサイズセンサーで2,060万画素のEOS 6D になりますと11万円位で購入できます。

    同じ大きさのセンサーを使っているカメラなのに50万円近くも差ができてしまう理由としては、カメラの値段は基本的にイメージセンサーの大きさ、画素数、そしてカメラの機能によって決まるからです。

    まずイメージセンサーの大きさですが、ミラーレス一眼で言いますと1インチから中判まで大きさが数種類あります。
    そこにまた画素がどれぐらい詰め込まれているかというところでイメージセンサーの価格が決まります。

    もう一つのカメラの価格を決める大きな要因として連写性に優れてて何十連写ができるとか、高感度に強いとか作りがしっかりしているなど機能が挙げられます。

    さきほどご紹介したEOS 1DX MarkⅡですが、スコールが降りしきるジャングルの中とか、砂嵐の砂漠の中や銃弾飛び交う戦地などで、転げ回りながら写真を撮ったりするカメラマンの過酷な撮影スタイルにも対応できるよう、防塵防滴はもちろんフレーム自体も頑丈に作られております。
    過酷な条件のなかでも壊れない、カメラマン自身に何かあっても撮影データだけはちゃんと持って帰るという仕事に耐えうる道具として信頼を得るべく設計された構造自体にお金がかかっています。

    カメラに対してそのような使い方をしないのであれば、不必要な構造にお金がかかっているであろう高い機種をわざわざ買う必要はありません。

    風景しか撮らなければ連写はいらないし、明るい所でしか撮らなければ高感度もいりません。
    逆に動くものが撮りたければそこに重点を置いて探すべきでしょう。

    機能豊富な高いカメラを買えばいい写真が撮れるというのは間違いで、あくまで自分の用途を使い方に応じてカメラを選び、予算が余れば良いレンズにお金をかける方がよっぽど良い購入法です。

    Amazon&楽天のデジタル一眼レフ&ミラーレス一眼カメラ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!




    デジタル一眼レフ&ミラーレス一眼カメラをエンジョイしましょう

    カメラ リス 雪

    まとめになりますが、デジタル一眼レフカメラの選び方についてはまず、何を撮りたいかどういう用途で使いたいかを考えることが一番です。
    常に持ち歩いて料理やお菓子のテーブルフォトを撮りたければ小型のミラーレス一眼にパンケーキタイプの薄い単焦点のレンズがいいでしょうし、三脚を据えて広大な風景を撮ろうというのであればフルサイズで高画素機を選択するのもよいでしょう。

    何を撮るかという使用目的が一番大きなポイントとなりますので使用目的で自分が明らかに使わなそうな機能にお金がかかっているであろう機種は避け、目的にあった機種と予算が余れば良いレンズを選ぶことが秘訣になります。

    購入時は必ず一度、実際に購入予定のカメラに触れられることをおすすめします。
    カメラは手に持って使う物でありますから、自分の手に馴染むかどうかというが実は非常に大きなポイント。
    思ったよりグリップが大きすぎて持ちにくいとか、逆に小さすぎてホールドできないなどがあると、それがストレスの元となり写真撮影が楽しめなくなってしまいます。

    カメラを手に取ってシャッターやほかのボタンの操作性を確認し、大きなレンズや重いレンズがついたらどうか想像することも大切にしてください。

    お気に入りの一台と一緒に、楽しいカメラライフをエンジョイしましょう!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    ニコン ニコンデジタルカメラ D850

    ニコン ニコンデジタルカメラ D850

    294,774円(07/08 23:23時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    【あわせて読みたい】カメラに関連するおすすめ記事はこちら

    ネオ一眼おすすめ人気ランキングTOP5!ネオ一眼の解説も【2018年最新版】

    2018.07.29

    カメラレンズおすすめ人気ランキングTOP15!種類や掃除も【2018年最新版】

    2018.03.01

    カメラストラップおすすめ人気ランキングTOP15!革製やおしゃれなアイテムのセレクトに付け方の解説も【2018年最新版】

    2018.02.19

    ストロボディフューザーおすすめ人気ランキングTOP10!効果や使い方も【2018年最新版】

    2018.02.15

    コンパクトビデオカメラおすすめ人気ランキングTOP10!防水や高画質も【2018年最新版】

    2018.01.05

    ABOUTこの記事をかいた人

    趣味で写真撮影を始めて10年
    40機種以上のカメラでの撮影経験後、プロカメラマンに

    コンパクトデジタルカメラからプロ仕様の一眼レフまで各メーカーの40機種以上のカメラで撮影をしてきました。
    商用では店舗HP用写真や不動産紹介写真も手がけております。
    インスタグラムのフォロワー数は現在3400人を突破。