化粧水のおすすめランキング!正しい塗り方やコットンパック&毛穴ケアについても【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    選び方のポイント

    • 肌質・悩みにあわせる
      →肌質や悩みにマッチしていなければせっかくの化粧水がムダになってしまう。
    • テクスチャー・使用感で選ぶ
      →ムダなく賢く化粧水を選びたいなら、テスターやサンプルなどを使って、テクスチャーや浸透性なども細かくチェックする。
    • 続けられる価格かどうか
      →数ヶ月じっくり使ってはじめて実力を実感できるので、使い続けられる価格かどうか考える。
    化粧水4

    洗顔後の肌に水分を補給して整える化粧水は、毎日のスキンケアに欠かせない大切なアイテムです。
    化粧品売り場をのぞくと数え切れないほどの化粧水が並んでいて、どんな基準で選べばいいのか迷って結局決めきれない……という人は多いですよね。

    本記事では「そろそろ肌にあった化粧水を見つけたい!」という方のために、最新の化粧水人気おすすめランキングを徹底解説!
    口コミサイトやショッピングサイトで売れている化粧水は本当に使いやすいのか、どんな美容効果が期待できるのかを解説していきます。

    目次

    化粧水の役割とは?

    美白化粧水6

    スキンケアの際に必ず使う基礎化粧品といえば、化粧水です。
    乾いた肌に水分を届けてくれる化粧水は、美容にいいだけでなく、気分もリフレッシュさせてくれますよね。

    そんな毎日何気なく使う化粧水ですが、実は洗顔後の肌を整え、次に使う美容液・乳液・クリームの浸透を助けるのが主な役割です。
    また水に溶けやすい性質の美容成分を届けるのも、役割のひとつ。
    つまり化粧水は、次に使う基礎化粧品の美容成分を肌の奥に届けやすくし、スキンケアの効率をアップさせるのが仕事なのです。

    【こちらもCHECK】化粧水に関連するおすすめ記事はこちら

    【美容家が選ぶ】コスパ最強のプチプラ化粧水おすすめランキング!30代・40代向けから美白も|2018年最新版

    2018.07.16

    資生堂の化粧水・美容液・乳液おすすめ人気ランキングTOP15!HAKUやONE by KOSEの新製品情報も【2018年最新版】

    2018.05.15

    肌荒れにおすすめの人気化粧水ランキングTOP10!花粉症対策も?【2018年最新版】

    2018.04.13

     

    化粧水の3つの選び方

    美肌を目指すなら、今の肌状態にあった化粧水を使うことが大切です。
    しかし数え切れないほどのブランドのなかからどう絞り込んだらいいのか、悩みますよね。
    満足できる1本に出会うためのコツをつかめば、化粧水選びに疲れることもありません。

    毎日のスキンケアがもっと楽しくなる化粧水選びのポイントを解説します。

    ① 肌質・悩みにあわせる

    スキンケア 鏡 女性 肌

    化粧水を選ぶとき、「話題になっているから」「パッケージがおしゃれだから」などと曖昧な基準で判断している人は多いです。
    話題性がある化粧水を購入して、肌にあっていれば問題ありませんが、肌質や悩みにマッチしていなければせっかくの化粧水がムダになってしまいます。

    まずは鏡の前に立って、じっくり肌の状態を確認してみましょう。
    赤みが気になる、ザラついている、同じ所にニキビが繰り返しできる……というように、具体的な悩みを洗い出しておくことが大切です。
    「この悩みを撃退したい!」というポイントを決めてから、化粧水を選びましょう。

    ② テクスチャー・使用感で選ぶ

    化粧水

    肌に直接つける基礎化粧品は、使用感がよいと感じられるものでなければスキンケアが苦痛になってしまうので、心地よく使い続けられるかどうかがひとつのポイントです。

    いくら質がよくても、使い心地が好みでない化粧水を買うと、使い切る前に新しいものが欲しくなってしまいます。
    ムダなく賢く化粧水を選びたいなら、テスターやサンプルなどを使って、テクスチャーや浸透性なども細かくチェックしておきましょう。

    ③ 続けられる価格かどうか

    財布

    基礎化粧品のなかでも、水分の割合が多い化粧水は美容液やクリームよりも作用が緩やか。
    短期間で劇的な変化は望めず、数ヶ月じっくり使ってはじめて実力を実感できます。
    数週間で効果の有無を判断したりせずに、ワンシーズン使い続けるつもりで選ぶことが大切なのです。

    試しに数日間使ってみて、肌にトラブルが起きなければ数ヶ月使用を継続し、そこで手応えを感じたらさらに使い続けましょう。

    化粧水おすすめ総合ランキングTOP3

    保湿ケアの一番はじめに使う化粧水は、数え切れないほど種類があり、どれから選べばいいのか悩んでしまいます。
    今人気のある化粧水のなかから、保湿力や美容効果が期待できる注目の3本をピックアップ!
    なぜ売れているのか、どんな使用感なのかを徹底比較しました。

    3位 フィルナチュラント IC.U Wセラム

    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    プロの美容家が注目している、コーセー系列のブランドであるフィルナチュラントの化粧水。
    皮膚科学研究をもとに「ヒスチジン」という美容成分を配合、加齢による毛穴の目立ちや乾燥をケアしてふっくら潤いのある素肌に導きます。
    濃厚な2層タイプの化粧水で、リッチな使用感が特徴です。

    とろみのある濃厚なテクスチャーで浸透はやや遅めですが、化粧水+美容液でケアをしたあとのようなしっとり感を味わえると人気を呼んでいます。
    2018年注目の化粧水です。

    こんな方におすすめ

    • 加齢や乾燥による肌のダメージが気になる
    • とろみがある化粧水が好み

    2位 SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス

    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    日本国内のみならず、世界規模で人気なのがSK-IIのフェイシャルトリートメントエッセンスです。
    独自の発酵成分ピテラ™を配合したサラっとした化粧水で、くすみ・ごわつきをケアしてくれます。
    とろみのない軽いテクスチャーでしっとり感は少なめですが、ベタつきが残らない浸透性のよさが魅力のひとつ。

    年齢を重ねるとごわつきがちな肌表面もやわらかく整え、なめらかな素肌に導いてくれます。
    30歳前後から感じやすい「なんとなく肌の調子が悪い」という悩みを抱える方に試していただきたい化粧水です。

    こんな方におすすめ

    • ごわつき・くすみが気になる
    • ベタつきが残らないテクスチャーが好み

    【こちらもCHECK】SK-II 「フェイシャル トリートメント エッセンス」のレビュー動画はこちら

    1位 アクセーヌ モイストバランス ローション

    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    シンプルで使いやすい!と不動の人気を誇るのが、アクセーヌのモイストバランスローション。
    「超微細ナノカプセル化技術」を応用し、肌の水分蒸発をブロック、肌水分量のキープをサポートしてくれます。

    乾いた肌を水分で満たし、美容液や乳液が浸透しやすい土台作りをしてくれるのが人気の理由。
    水分を与えてもすぐに乾燥してしまう肌質で悩む方に向いています。
    デパコスブランドの化粧水は10,000円を超える価格帯が多い中、360mLで5,000円台と使い安い価格もポイントです。

    こんな方におすすめ

    • 肌の水分量低下に悩んでいる
    • マイルドな使い心地の化粧水が好み

    乾燥肌にばっちり!保湿化粧水TOP3

    ここからは、乾燥に悩んでいる人のために、一度は試してみて欲しい化粧水のランキングTOP3を紹介します。
    肌状態にマッチしているかどうか、配合成分の特徴を比較して化粧水を選んでみてください。

    3位 ライスフォース ディープシリーズ ディープモイスチュアローション

    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    本気で乾燥肌から脱却したいなら、ライスフォースのディープモイスチュアローションをお試しください。
    肌の水分保持能に対する効果が認められた「ライスパワーNo.11エキス」を配合しており、肌が本来持つ水分キープ力がアップ。
    「ライスパワーNo.11エキス」は、肌内部のセラミドを増加させて水分量をアップさせる注目の成分です。

    効果を実感できるようになるまで2~3ヶ月程度かかるため、根気よく使い続けるのがコツ。
    とろみのあるテクスチャーで、油分が少なくカサついてしまう肌質の方に向いています。

    こんな方におすすめ

    • 肌表面がカサついている
    • 水分を与えてもすぐに乾燥を感じる

    【こちらもCHECK】ライスフォース 「ディープシリーズ ディープモイスチュアローション」のレビュー動画はこちら

    2位 セザンヌ スキンコンディショナー高保湿

    セザンヌ スキンコンディショナー高保湿
    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    値段を気にせず毎日たっぷり化粧水を使いたいなら、セザンヌのスキンコンディショナー高保湿タイプ。
    500mL入りで700円台というリーズナブルな価格ながら、優れた保湿性があるヒト型セラミドを3種類配合しているのが特徴です。

    ヒアルロン酸Naを配合しているため表面にややペタペタ感が残りますが、ヒアルロン酸の潤い膜が水分蒸発をブロックします。
    セラミド入り化粧水を手軽な値段で試してみたい方にぴったりです!

    こんな方におすすめ

    • ヒト型セラミドを配合した化粧水が欲しい
    • 水分蒸発をブロックしてぷるんと弾む肌をキープしたい

    1位 アクセーヌ モイストバランス ローション

    保湿力
    コストパフォーマンス
    浸透性
    総合おすすめ度

    総合ランキングで首位を獲得したアクセーヌのモイストバランスローションは、「とにかく乾燥をケアしたい!」という方にぴったりです。
    刺激を感じにくい処方にこだわって作られており、ベタベタしないのに潤う使用感が心地よいと評判の商品。

    油分が少ない頑固な乾燥肌はもちろん、肌表面がオイリーなのに水分量が少ない混合肌(ゆらぎ肌)タイプに使えます。

    こんな方におすすめ

    • 肌質を問わずに使える化粧水が欲しい
    • 肌の調子がいつも悪い

    【こちらもCHECK】混合肌の方におすすめ記事はこちら

    混合肌向けスキンケアグッズおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.08.24

    シミやくすみに最適な美白化粧水TOP3

    紫外線やストレスなど、シミ・くすみの原因となるダメージをケアしたい場合、どの化粧水が適しているか知りたいですよね。
    ここでは、美白マニアがこぞって愛用している注目の美白化粧水3つを紹介します。

    口コミに寄せられている情報をもとに、美白の効果実感・保湿力・マイルドさの3つを比較しました!

    3位 ファンケル ホワイトニング 化粧液

    効果実感
    保湿力
    マイルドさ
    総合おすすめ度

    「美白ケアをしたいけれど、美白系の基礎化粧品って使うと肌がヒリヒリする!」という人は多いです。
    そのような人はファンケルのホワイトニング化粧液を試してみてください。
    美白系の化粧水特有のヒリヒリ感の少ない使い心地で、肌への刺激も少なめです。
    使いきりサイズのフレッシュボトルは、防腐剤や保存料などの添加物をカットすることに成功したファンケルならではの特徴。

    容量が少なくコスパは決していいとは言えませんが、刺激リスクをなるべく避けて美白ケアしたい方向けの化粧水です。

    こんな方におすすめ

    • 美白化粧水を使ってヒリヒリしたことがある
    • 防腐剤や保存料などの添加物をなるべく避けたい

    2位 アクアレーベル ホワイトアップ ローション

    アクアレーベル ホワイトアップ ローション
    効果実感
    保湿力
    マイルドさ
    総合おすすめ度

    コスパの高さから長く使える美白化粧水として人気なのが、資生堂アクアレーベルのホワイトアップローションです。
    抗炎症・美白成分であるトラネキサム酸を配合していて、紫外線ダメージをしっかりケアできるのが魅力のひとつ。

    紫外線を浴びる時間が長い方や、紫外線を浴びると肌の不調を感じやすい方に適しています。
    水分保持をサポートするヒアルロン酸が乾燥もケアしてくれるので、水分量低下によるくすみと紫外線ダメージを同時にケアするなら、ホワイトアップローションをお試しください!

    こんな方におすすめ

    • お手ごろ価格の美白化粧水が欲しい
    • 乾燥のせいで肌がくすんでいる

    1位 アンプルール ラグジュアリー ホワイトシリーズ ローションAO

    効果実感
    保湿力
    マイルドさ
    総合おすすめ度

    注目の美容成分、新安定型ハイドロキノンを配合した化粧水がこちら。
    肌の透明感がアップすると口コミが寄せられていて、満足度が高い化粧水です。
    くすみにアプローチするハイドロキノンと、乾燥をケアするセラミドが疲れた大人の肌を潤しながら透明感を引き出します。

    顔色がくすんでなんとなくどんよりしている、前と比べて透明感がなくなったと悩む方はお試しください。

    こんな方におすすめ

    • ハイドロキノン配合化粧水を試してみたい
    • 保湿力も重視したい

    お肌が弱いあなたに!敏感肌におすすめの化粧水TOP3

    バリア機能が弱って刺激を受けやすい状態の敏感肌は、洗顔後すぐに使う化粧水が大切です。
    しかし洗顔後の肌は通常よりも刺激を受けやすいため、化粧水選びが難しい肌質です。
    基礎化粧品による刺激が気になるなら、敏感肌でも快適にスキンケアできる化粧水を見つけましょう!

    3位 ラロッシュポゼ ターマルウォーター

    マイルドさ
    保湿力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    フランス南西部ラ・ロッシュ・ポゼ村の湧水をボトリングしたターマルウォーターは、世界の皮膚科医も認める実力派化粧水。
    ミネラルやセレンが肌の健康をサポートし、季節を問わずに使える、クセのない化粧水です。

    湧水と充填用の窒素のみで作られており、防腐剤や品質安定剤は含まれていません。
    美容成分も保存料無添加で、サラっとしていて保湿力は低めですが、肌のコンディショニング効果が実感できると人気を呼んでいます。
    季節の変わり目やストレスの影響で肌の調子がゆらぐ方にぴったりです。

    こんな方におすすめ

    • シンプルな化粧水が欲しい
    • 化粧水スプレーを使いたい

    【こちらもCHECK】ラロッシュポゼ 「ターマルウォーター」を紹介している動画はこちら

    2位 エトヴォス モイスチャライジングローション

    マイルドさ
    保湿力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    高機能保湿成分「POs-Ca」が乾燥した肌をしっとり潤し、肌へなるべく負担をかけずに美容成分を届けるのがモイスチャライジングローションの特徴です。
    水分を与えても潤いが逃げやすい敏感肌ならではの悩みに応える化粧水で、肌本来の水分キープ力をサポートしてくれます。

    シリコン・パラベン・界面活性剤・鉱物油・合成香料・着色料をカットし、ナチュラル志向の方でも快適にスキンケアできるのが人気の秘密。
    テクスチャーはややとろみがあり浸透は遅め、リッチな使用感が好みの方に向いています。

    こんな方におすすめ

    • 肌のバリア機能が低下し水分が逃げやすい
    • シリコンやパラベンなどを避けてスキンケアしたい

    1位 d プログラム モイストケア ローション W

    マイルドさ
    保湿力
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    季節の変わり目や生理前後に赤みを伴う肌荒れが起きやすいなら、dプログラムのモイストケアローションをお試しください。
    美白と抗炎症ケアが同時にできるトラネキサム酸を配合、肌荒れをケアするグリチルリチン酸ジカリウムが炎症を落ち着かせます。
    とろみがあるテクスチャーで摩擦が発生しづらく、コットンを使って保湿すれば、手のひらの摩擦で肌がヒリヒリしてしまう方にもぴったり。

    繰り返す肌荒れをケアして、トラブルが起きにくい肌質を目指したい方に適しています。

    こんな方におすすめ

    • ニキビ跡やシミ・そばかすも気になる
    • コットンを使うケアが苦手

    肌に若いころのハリや潤いを戻すエイジングケア化粧水TOP3

    年齢を重ねると肌の新陳代謝が鈍り、ハリや潤いが徐々に失われていきます。
    「年齢のせいだから仕方ない……」と諦める前に、今の肌状態に適した化粧水に切り替えてみましょう。
    ここでは、年齢の悩みに応えてくれる人気のエイジングケア化粧水の成分・特徴を比べていきます!

    3位 オルビスユー モイストアップローション

    オルビスユー モイストアップローション
    保湿力
    ハリ感
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    肌の弱点に集中的に働きかける、ヒートショックプロテインに注目したのがオルビスユーのモイストアップローション。
    人によって違う肌の弱点にアプローチし、ダメージをケアするのが特徴です。

    疲れるとくすむ、乾燥によって不調が出てくる、ハリやツヤがない……など複数の悩みを同時に抱えている方にぴったり。
    「肌悩みがたくさんあるけれど、あれこれ基礎化粧品を揃えるのは無理!」と感じるなら、モイストアップローションを試してみてください。

    こんな方におすすめ

    • 疲れやストレスのせいで肌の調子が悪い
    • 肌悩みが複雑

    【こちらもCHECK】オルビスユー 「モイストアップローション」のレビュー動画はこちら

    2位 フィルナチュラント IC.U Wセラム

    保湿力
    ハリ感
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    乾燥や加齢による肌の変化に立ち向かうなら、フィルナチュラントのWセラム。
    美容液クラスの濃厚なテクスチャーで保湿力があり、肌にハリと潤いを与えてくれます。

    美容液を塗らなくても肌がふっくらすると口コミで評価され、手間をかけずにエイジングケアできると人気です。
    この化粧水とクリームだけでも入念にお手入れしたような仕上がりが実現します!

    こんな方におすすめ

    • 肌がカサついてツヤがない
    • 手間をかけずにしっかりエイジングケアしたい

    1位 SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス

    保湿力
    ハリ感
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    「使い続ければ続けるほど違いを感じられる!」と人気なのが、SK-IIのフェイシャルトリートメントエッセンスです。
    新陳代謝が落ち硬くなった年齢肌をやわらかく整え、ハリ・ツヤを呼び覚ます化粧水として人気トップをキープしています。

    サラサラしたテクスチャーで季節を問わずに使えて、メイク前でも手早くスキンケアできるのが特徴。
    ハリ・透明感・ツヤがある肌を目指したい方に適しています。

    こんな方におすすめ

    • 肌のごわつきが気になる
    • ハリ・透明感・ツヤが失われている気がする

    大人ニキビに悩む脂性肌向け化粧水TOP3

    ニキビは若い人だけの悩みではありません。
    一度できたら簡単には治ってくれないのも大人ニキビの特徴ですよね。
    ここからは、大人ニキビに悩む脂性肌向けの化粧水ランキングTOP3を紹介していきます!

    3位 ペアアクネ クリーンローション

    ニキビケア成分
    さっぱり感
    浸透性
    総合おすすめ度

    ペアアクネのクリーンローションは、殺菌成分イソプロピルメチルフェノール・消炎成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合している医薬部外品タイプの化粧水です。
    アクネ菌の繁殖を抑えて炎症の悪化をブロック、皮脂量が多い肌でもさっぱり使える軽い使用感が心地よいのが特徴。
    赤ニキビができやすい肌質の方にぴったりです。

    こんな方におすすめ

    • ニキビの原因菌を殺菌したい
    • 炎症を伴う赤ニキビができやすい

    2位 メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水

    ニキビケア成分
    さっぱり感
    浸透性
    総合おすすめ度

    美白とニキビケアが同時にできると人気なのが、メラノCC薬用しみ対策美白化粧水です。
    炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムがニキビをケアし、ビタミンC誘導体がメラニンの生成をブロック。

    ビタミンC誘導体は美白効果のほかに皮脂分泌コントロール効果もある成分です。
    過剰な皮脂分泌をケアしたい方に適しています。

    こんな方におすすめ

    • 美白とニキビケアを同時に行いたい
    • ビタミンC誘導体配合化粧水を使ってみたい

    1位 オルビス 薬用クリアローション

    オルビス 薬用クリアローション
    ニキビケア成分
    さっぱり感
    浸透性
    総合おすすめ度

    さっぱりしてベタつかない化粧水をお探しなら、オルビスの薬用クリアローション。
    ベタつきを残さず、湿度が高い夏でも快適に使える化粧水です。

    繰り返し同じ場所にニキビができてしまう肌質の方に最適で、グリチルリチン酸ジカリウムが炎症を抑え、紫根エキスが肌のバリア機能をサポート。
    乾燥やストレスダメージによってできる大人ニキビをケアしてくれます。

    こんな方におすすめ

    • ベタつきが残らない化粧水が欲しい
    • 繰り返し同じ場所にニキビができてしまう

    コスパで選ぶプチプラ化粧水TOP3

    毎日使うものだからこそ、惜しげもなくバシャバシャと使いたい!という方も多いですよね。
    ここからは、コスパのよさで選ばれている人気プチプラ化粧水TOP3を紹介していきます。

    3位 無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ(大容量)

    コストパフォーマンス
    保湿力
    美容成分
    総合おすすめ度

    「コスパを重視したいけれど、安い化粧水はヒリヒリしないか心配!」という方に試して欲しいのが、無印良品の化粧水です。
    敏感肌でも使いやすい、マイルドな処方が特徴のひとつ。

    無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリーのこだわりある化粧水が、400mL入り1,000円台で手に入ります。
    お手ごろな価格で添加物をなるべくカットした処方の化粧水を使いたい方は、使ってみてくださいね。

    こんな方におすすめ

    • マイルドな処方にこだわりたい
    • アレルギー体質

    2位 ナチュリエ スキンコンディショナー

    コストパフォーマンス
    保湿力
    美容成分
    総合おすすめ度

    コスパ最優先で化粧水を選びたい方にぴったりなのが、ハトムギエキスを配合したナチュリエのスキンコンディショナー。
    ベタつきのないさっぱりした質感で、導入化粧水として使うこともできる基礎化粧品です。

    保湿力はやや低めですが、乾燥が気になるならこの化粧水にプラスして保湿力のある美容液やクリームを使えばOK。
    肌の調子を整えるハトムギエキスがニキビや肌荒れをケアし、トラブルのない健康的な肌環境に導きます。

    こんな方におすすめ

    • さっぱり系の化粧水が好み
    • 肌荒れ・ニキビが気になる

    【こちらもCHECK】ナチュリエ 「スキンコンディショナー」のレビュー動画はこちら

    1位 菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿

    コストパフォーマンス
    保湿力
    美容成分
    総合おすすめ度

    100mLあたりの単価が200円台とリーズナブルでありながら、アミノ酸やヒト型セラミドなど高級化粧品に配合される成分と同じ成分が配合されていることで話題になっているのが菊正宗。
    日本酒由来の保湿成分が乾燥した肌をしっとり潤し、プチプラ品とは思えない保湿力を実感できるという口コミが寄せられています。

    潤いだけでなく肌の透明感もゲットしたい方にぴったりです!

    こんな方におすすめ

    • 日本酒コスメに興味がある
    • ヒト型セラミド配合化粧水をお手ごろな値段でゲットしたい

    【こちらもCHECK】菊正宗 「日本酒の化粧水」 高保湿のレビュー動画はこちら

    いまさら聞けない化粧水の基本的な使い方

    毎日当たり前のように使う化粧水ですが、その正しい使い方を知っている人は実は少数。
    「しっかりスキンケアしているのにいつも肌の調子が悪い」と感じるなら、まずは基本的な使い方ができているかどうか見直してみましょう。

    皮膚科医やエステティシャンが教える「これだけは守って!」というポイントも解説します。

    乳液が先、それとも化粧水?スキンケアの順番は

    乳液 使用

    テクノロジーの進化でどんどん複雑になる化粧品の種類、一体どの順番で使えばいいのかわからない……そんなときは、スキンケアの順番の基本を思い出してみてください。

    基礎化粧品を数種類併用する場合は、油分が少ないものから順に使うのが基本。
    まずはステップケアの基本順序をおさらいしておきましょう。

    1. 導入美容液(使用しない場合は化粧水からスタート)
    2. 化粧水
    3. 美容液
    4. 乳液(またはクリーム)

    油分の配合量が多い基礎化粧品を先に塗ってしまうと、水に溶ける性質の美容成分がはじかれてしまい、せっかくの成分が十分浸透しません。
    乳液とクリームは同じ役割を果たしますが、テクスチャーや水分・油分の配合バランスに違いがあります。

    クリームを塗るとベタついてテカってしまう人は乳液を、油分が少なくカサカサする人はクリームを選ぶといいでしょう。

    【こちらもCHECK】乳液に関連するおすすめ記事はこちら

    保湿乳液おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.13

    プチプラ乳液おすすめ人気ランキングTOP5!敏感肌やニキビ肌に最適【2018年最新版】

    2018.01.06

    アルビオンの乳液おすすめ人気ランキングTOP5!使い方も【2017年最新版】

    2017.12.21

    これが正しい化粧水の塗り方!

    女性 モデル コットンパッド

    化粧水を塗るとき、手でつけるべきかコットンを使用すべきか、どちらが効果的かわからないという声をよく耳にします。
    筆者もエステティシャン時代、お客様から相談を受けていました。

    どちらもメリット・デメリット両方あるため、付け方の特性が自分の肌にマッチしているか確認してみましょう!


    手で化粧水を塗るメリット・デメリット

    • コットンを使用するよりも摩擦が発生しにくい
    • 少量でもしっかり保湿できる
    • 丁寧に塗らないとムラになってしまう

    コットンを使用するメリット・デメリット

    • 顔全体をムラなく保湿できる
    • 繊維による摩擦刺激が発生してしまう
    • 化粧水の消費スピードが早い

    このように手でつけるのとコットンを使用するのでは、大きな違いがあります。
    こすれに弱い肌質ならハンドプレスするように丁寧になじませるのが正解。

    サラサラして手からこぼれ落ちやすい化粧水をムラなく塗るなら、コットンを使用するのがベター。
    コットン繊維による刺激を受けないように、肌の上をすべらせるのではなくやさしく押し込むように保湿するとダメージを最小限に抑えられます。

    【こちらもCHECK】化粧水を塗る前のケアに関する記事はこちら

    女性用シェーバーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.07.30

    化粧水でのパック、やり過ぎは厳禁!

    スキンケア パック

    乾燥が気になるときの集中ケアとして人気なのが、シートやコットンを使用した化粧水パックです。
    化粧水がしみ込んだシートを貼りつけて水分や美容成分を届けるお手入れ方法として知られていますが、やり過ぎはかえって乾燥のもととなるため要注意。

    長時間置いてしまうと、化粧水が蒸発する際に肌の水分を奪ってしまうため、シートやコットンで保湿ケアするなら5~10分程度にとどめましょう。

    【こちらもCHECK】パックに関連するおすすめ記事はこちら

    美白パックおすすめ人気ランキングTOP10!洗い流すタイプや韓国コスメも【2018年最新版】

    2018.05.16

    おもしろフェイスパックおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.30

    洗い流すパックおすすめ人気ランキングTOP5!使い方も【2018年最新版】

    2018.04.22

    化粧水のあとは美容液や乳液でケアしよう

    プラセンタ美容液 アイキャッチ

    家事でバタバタしているときや、仕事で疲れて化粧水を塗ったあとそのままにしてしまうことが多い……そんな方は要注意です!
    化粧水を塗ったあとに乳液やクリームなどで油分を補給しないと、せっかく与えた水分が蒸発し、逆に乾燥を招いてしまいます。

    化粧水を塗ったあとは、なるべく時間を置かずに油分を含む基礎化粧品で肌に蓋をし、肌の奥深くまで水分を送り届けてあげましょう。

    【こちらもCHECK】美容液に関連するおすすめ記事はこちら

    ビタミンC誘導体美容液おすすめ人気ランキングTOP5!効果など解説も【2018年最新版】

    2018.05.01

    プラセンタ美容液おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.14

    美容液オイルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.27

    美容家が教えるおすすめの化粧水ケア方法

    肌に水分を与えて整える化粧水は、使い方次第でさらに効果のほどを実感できます。
    メイクアップアーティストもおすすめするプロイチオシのケア方法をマスターしましょう!

    忙しくてもできる!超簡単1分パック

    スキンケア 美容液 コットン

    化粧水をしっかり肌に浸透させたい、そんなときに思い浮かぶのがコットンパック。
    しかし先ほど説明した通り化粧水でのパックのやり過ぎはかえって肌をいためる可能性があります。
    「パックのやり過ぎはだめってわかっているけど、手だけでつけると物足りない……」そう悩んでいる人には、忙しくても毎日できる1分間コットンパックを試してみましょう。
    肌にダメージを与えず、確実に化粧水を届けられるメリットがありますよ。

    やり方はとても簡単で、次の3ステップを実践するだけです。

    1. 顔全体に手またはコットンで化粧水をなじませる
    2. 化粧水を含ませたコットンを乾燥が気になる部分に貼りつける
    3. 1分間経過したらコットンをはがし、美容液やクリームなどで整える

    コットンパックをする前に、顔全体に化粧水をなじませておくのが1分間パックのコツ。
    あらかじめ肌に水分を軽く与えておくことでコットンに含まれた化粧水がなじみやすくなり、効率的なスキンケアができます。
    もうひとつのコツは、パックするコットンに化粧水をたっぷり含ませておくこと。
    化粧水の量が足りないと肌の水分がコットン側に移ってしまうため、ひたひたになるまでたっぷりと化粧水をふくませてください。

    コットンパックが経済的に続けられる裏技!

    スキンケア コットン

    短時間でもしっかり水分を肌に補給できる1分間コットンパック、化粧水の消費量が多くて続けられない……と感じるかもしれません。
    そう諦めてしまう前に、コットンパックを経済的に続けられる裏技を実践してみてください!
    手持ちの化粧水の実力を活かしつつ、経済的にコットンパックを続けるコツは以下の2つです。

    1. パック向けのコットンを使用する
    2. 精製水を使う

    毎日使う化粧水の消費量が気になるなら、少ない量の化粧水でもひたひたになるパック向けのコットンを使ってみてください。

    この「うるうるスポンジ仕立て」は薄くて顔にフィットしやすく、少ない量の化粧水でもパックできると口コミで広がっています。
    コスパが気になる高級化粧水を使うなら、精製水をミックスして使うのがよいでしょう。
    コットンに精製水を含ませて軽く絞り、それから化粧水をひたひたになるまでしみ込ませて1分間パックすればOK。
    化粧水が持つ美容効果を保ちつつ、使用量を節約できます。

    季節ごとに使う化粧水って変えるべき!?

    毎日の保湿ケアに欠かせない化粧水は、一年中同じ製品を使い続けると「夏場ベタベタする」「冬に使うと保湿力が物足りない」と感じることがあります。
    基礎化粧品は長く使い続けてこそ効果を実感できますが、季節によって肌のコンディションは変わるものです。
    一年中同じ化粧水を使い続けるべきなのか、それとも季節ごとに使いわけるべきなのかを解説します!

    肌の調子にあわせて化粧水を使いわけてみよう

    鏡 女性

    日替わりでコロコロ基礎化粧品を変えるのではなく、季節ごとに肌に起こるトラブルの種類は違うため、肌の調子にあわせて化粧水も使いわけてみましょう。
    皮脂分泌が活発になる夏はニキビ対策できる化粧水を、夏の疲れが出てくる秋~冬は保湿力が高いものを……というように肌の調子にあわせるケアをするのが大切です。

    湿度や花粉など環境の変化に対応させよう

    花粉症 女性

    気温や湿度が高い夏になると肌がベタつきやすいなら、油分配合量が少ないさっぱり系の化粧水を使ってみてください。
    乾燥する冬は保湿力が高いタイプに切り替え、季節にあわせて快適に使える化粧水を数本用意しておくといいでしょう。

    季節の変わり目に荒れやすい敏感肌・ゆらぎ肌の方は、肌の調子が悪いときマイルドな化粧水に切り替えてみてください。
    花粉の季節に肌にかゆみを感じやすいアレルギー体質の方は、アレルギー反応を起こしにくい処方の化粧水を選ぶと快適にスキンケアできます。

    同じ化粧水の「しっとり」「さっぱり」を使いわけるのもGood!

    化粧水3

    お気に入りの化粧水を一年中ずっと使い続けたい、でも季節が変わるとベタベタ感や保湿力の物足りなさを感じる、そんな人は同じ化粧水の「しっとり」「さっぱり」をシーズンごとに変えてみましょう。

    配合されている美容成分は同じですが、テクスチャーを調節して仕上がりに差が出るように作られています。
    ベタつきが気になる夏はさっぱり処方を、乾燥のせいで肌がつっぱる冬場はしっとり処方を選んでみてください。

    Amazon&楽天の化粧水人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    肌にあう化粧水を見つけて、褒められ美肌を目指そう!

    スキンケア 美肌 モデル

    保湿ケアの最初に使う化粧水は、製品の数が多くどれを選ぶべきか悩んでしまうものです。
    あれこれ試してもまだお気に入りの化粧水が見つからず悩んでいるのなら、まずは人気の化粧水を比較して肌にあうかどうかチェックしてみましょう!

    売り上げトップを誇る注目の化粧水は、製品ごとに成分設計が異なり使用感や効果に違いがあります。
    まずは鏡をじっくり見て肌悩みを洗い出し、どうケアしたいのか、どんな肌を目指したいのかをはっきりさせてみましょう。
    優先してケアしたい悩みに適した化粧水を選べば、毎日のスキンケアがもっと楽しくなります。

    手応えが感じられる化粧水を見つけて、周囲から褒められる美肌を手に入れてください!

    【あわせて読みたい】保湿効果や乾燥肌に効くおすすめの化粧水に関する記事はこちら

    脂性肌向け化粧水おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.12

    プチプラ収れん化粧水おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.10

    乾燥肌向けの化粧水おすすめ人気ランキングTOP15!原因と対策についても【2018年最新版】

    2018.03.30

    オーガニック化粧水おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.27

    アロエ化粧水おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.27

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。