置くだけタイプのベビーゲートおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

山道登

家具・ベビー用品業界歴45年 約45年にわたり、家具およびベビー用品の販売店を経営してきた経験をもとに記事の執筆を行っています。
家具やベビー用品などは一生のうちでそんなに頻繁に買うものではありませんが、使用期間はいがいと長いものです。
そのために買われるときには慎重になります。
そのときのお手伝いが少しでもできればと思っています。

    選び方のポイント

    • 置く場所を決める
      →扉の位置などを考慮するとよい。
    • サイズを測る
      →商品によっては、長さを調節できたり、ドアパネル部分とサイドパネル部分の角度が変えられるものがある。
    • 材質を選ぶ
      →部屋のインテリアの雰囲気や、使い勝手などを考えて選ぶことが大切。

    赤ちゃん


    赤ちゃんが、ハイハイやヨチヨチ歩きをはじめるとママは大変。
    そんなときに手助けしてくれるのが、ベビーガードと呼ばれるベビーゲートやベビーフェンス、ベビーサークルです。

    これらのセーフティーグッズを利用して、赤ちゃんの安全エリアを作ると、ママは安心して家事ができるようになります。
    本記事ではセーフティーグッズのなかから、ベビーゲートの「置くだけタイプ」の紹介をします。



    置くだけタイプのベビーゲートとは

    おくだけとおせんぼ おくトビラ Lサイズ
    おくだけとおせんぼ おくトビラ Lサイズ

    一般的にベビーゲートとは、下記のように分類できます。

    • ベビーゲート
    • 扉がついているタイプ

    • ベビーフェンス
    • 扉のないタイプ

    • ベビーサークル
    • 囲ってしまうタイプ

    この3つは、正式に分類されているわけではないので、メーカーによって呼称が変わることも多いです。
    取りつけ方法も、ビス打ち付けタイプ、突っ張りタイプ、自立タイプの3つに分かれます。

    ここでは、扉つき自立タイプを「置くだけベビーゲート」として取りあげています。
    この「置くだけタイプ」は、ベビーセーフティーグッズのなかでは比較的新しく開発された製品です。

    今までは欠点が目立ったので製品としてはあまりないものでした。
    今回ご紹介する製品は、足元にセーフティープレートなる板を取り付けL型にすることにより、ブックエンドの原理を応用しています。
    こちらはゲートに近づくとプレートの上に乗ることになるので、自重で倒れることはありません。

    このタイプのベビーゲートは、国内では「株式会社日本育児」1社のみが発売しています。

    【こちらもCHECK】ベビーゲートに関連するおすすめ記事はこちら

    ワイドタイプのベビーゲートおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.06

    赤ちゃん用ベビーゲートおすすめ人気ランキングTOP15!置くだけタイプやワイドタイプも【2018年最新版】

    2018.02.20

    置くだけタイプのベビーゲートの3つの選び方

    ① 置く場所を決める

    テレビ視聴する家族


    お住まいの間取りや生活シーンによって、どの場所に設置すればいいのかを検討して決めます。

    ビス留めや壁に突っ張る必要がないので、置くスペースさえあれば設置できるので、比較的容易に決めることができるでしょう。
    赤ちゃんが通れないようにするバリアなので、扉の位置などを考慮してください。

    このタイプのベビーゲートは、階段の上には設置できません。

    ② サイズを測る

    建築士 測量


    設置場所が決まれば、次は設置場所のサイズを測ります。
    商品によっては、長さを調節できたり、ドアパネル部分とサイドパネル部分の角度が変えられるものがあります。
    奥行が広がるという問題はありますが、幅はぴったりに調整できるので、しっかりと確認しましょう。

    ③ 材質を選ぶ

    ベビーベッド 木製 柵


    置くだけタイプのベビーゲートには、下記のような素材で作られています。
    部屋のインテリアの雰囲気や、使い勝手などを考えて選ぶことが大切です。
    • 温かい雰囲気の木製
    • 少々当たっても赤ちゃんにやさしいネットなどの布製
    • カラフルで汚れても拭くだけのお掃除が楽なプラスチック系の樹脂製

    置くだけタイプのベビーゲートおすすめ人気ランキングTOP5

    ここまでは置くだけベビーゲートの選び方などについてお伝えしてきました。
    ここからは、現在販売されている「置くだけベビーゲート」のおすすめランキングTOP5を紹介していきます!

    5位 日本育児 おくだけとおせんぼ


    [本体サイズ]設置可能幅77cm~95cm 奥行65cm 高さ60cm
    [重量]4.6kg
    [素材]パイプ:スチール ネット:ポリエステル ナイロン
    [セット内容・付属品]本体 セーフティープレート
    [適応]0ヶ月~24ヶ月
    [製造国]中華人民共和国

    この製品は扉タイプではありません、またぐタイプになります。

    カラーは、明るいナチュラル、シックなブラウン、おしゃれなブラウンドット(一部店舗のみ)の3色。
    同じタイプのMサイズ(設置可能幅95cm~140cm)、Lサイズ(設置可能幅140cm~180cm)も発売されています。

    折り畳むことができるので、移動設置も簡単。
    収納場所もとりません。

    サイドパネルの角度を調節することで設置間口にぴったりそわせることができます。
    両手がふさがっていてもまたいで通れる高さです。

    Amazon商品価格(2018年3月6日現在)

    10,584円

    こんな方におすすめ

    • たまにしか使わない
    • 場所を変えて使いたい
    • ものを持って通ることが多い

    4位 日本育児 おくだけドアーズ

    [本体サイズ]設置可能幅75cm~102cm 奥行(パネルのみの厚さ2cm) プレート装着時70.5cm 高さ72cm
    [重量]5kg
    [素材]パイン材 ポリプロピレン スチール ABS樹脂 ナイロン
    [セット内容・付属品]扉パネル×1、9cm 拡張フレーム×2 セーフティプレート×1 スタンドフレーム×1 ジョイント(上)×2 ジョイント(下)×2
    [適応]0ヶ月~24ヶ月
    [製造国]中華人民共和国

    このSサイズのほかに、Mサイズ(75cm~126cm)、Lサイズ(75cm~178cm)、追加パネルSサイズ(14cm拡張)、追加パネルMサイズ(26cm拡張)があります。

    自然の木のぬくもりが感じられるベビーゲート。
    インテリアの雰囲気を損なわないシンプルなデザインです。

    パイン材のすっきりした色合いが、部屋のフロアや壁などにぴったり。
    二重ロックと解放機能つきなのでで出入りも楽々です。

    Amazon商品価格(2018年3月6日現在)

    15,800円

    こんな方におすすめ

    • インテリアにこだわりたい
    • 自然素材が好み
    • 移動させて使いたい

    3位 日本育児 ベビーゲート キッズパーテーション


    [本体サイズ]本体パネル:横幅83.5cm 奥行(厚さ)3.5cm 高さ61cm ジョイントパネル:横幅26cm 奥行(厚さ)3.5cm 高さ56cm 設置可能幅147cm~361cm
    [重量]10.8kg
    [素材]ポリプロピレン
    [セット内容・付属品]-
    [適応]0ヶ月~24ヶ月
    [製造国]中華人民共和国

    パーテションタイプのベビーゲート。
    カラーは、かわいいカラフルなマルチカラーとシックなブラウン(ブラウン/ベージュ)の2色から選べます。
    別売で、拡張追加パネル(107cm延長)も用意されているので、広いところでも対応可能です。

    角度をつければ、間口にぴったり。
    部屋の隅を利用してキッズコーナーにしたり、追加パネルで囲いベビーサークルとしたりして活用することができます。
    部屋を間仕切ると、広々としたスペースでパパやママと一緒に過ごせる点もうれしいですね。

    Amazon商品価格(2018年3月6日現在)

    18,899円

    こんな方におすすめ

    • 広いところで使いたい
    • かわいくカラフルにしたい
    • 掃除しやすいものがよい

    2位 日本育児 木製パーテーション FLEX300-W


    [本体サイズ]設置可能幅:98cm~約338cm ドアパネル:横幅75cm 奥行(セーフティープレート含む)70.5cm 高さ70cm フェンスパネル:横幅75cm 奥行(厚さ)2cm 高さ70cm サイドパネル:横幅6.5cm 奥行60cm 高さ70cm)
    [重量]14.8kg
    [素材]パイン材 ポリプロピレン スチール ABS樹脂
    [セット内容・付属品]扉(ドア)パネル×1 拡張(フェンス)パネル(75cm)×3 エンド(サイド)パネル×2 スタンドフレーム×2 ジョイント(上)×5 ジョイント(下)×5 補助スタンド×4 補助スタンドカバー×4 セーフティプレート×2
    [適応]0ヶ月~24ヶ月
    [製造国]中華人民共和国

    パーテーションタイプのベビーゲートです。
    カラーは明るいナチュラルと落ち着いたブラウンの2色が用意されています。
    これより長いFLEX400(75cm~418cm)サイズのものもあります。

    インテリアの雰囲気にあわせやすい温かみのある天然木を使っているのもいいですね。
    天然木のため色合いや木目柄や色むらなども、趣のひとつ。

    ジョイント部分で角度がつけられるので間口にあわせたり形を変えて使えますよ。

    Amazon商品価格(2018年3月6日現在)

    26,980円

    こんな方におすすめ

    • 保育園や託児所などの業務用として使いたい
    • 部屋を間仕切りたい
    • キッズコーナーなど形を変えて使いたい

    1位 おくだけとおせんぼ


    [本体サイズ]設置可能幅80cm~120cm×奥行40cm~60cm×高さ70cm
    [重量]6kg
    [素材]スチール ポリエステル ナイロン ABS樹脂
    [セット内容・付属品]本体(スタンドフレーム×1を含む) セーフティプレート×1 ドア開閉補助プレート(ステッププレート)×1
    [適応]0ヶ月~24ヶ月
    [製造国]中華人民共和国

    このsサイズのほかに、Lサイズ(設置可能幅197~248cm)もあります。
    いるときに置くだけ、いらないときには折りたたんで収納することが可能です(折りたたみ時78cm×14cm×70cm)。

    サイドパネルが曲がるので、間口にぴったりセットできます。
    子供には開けにくく大人なら片手で開けられるダブルロックなので、安心できる点もうれしいですね。

    Amazon商品価格(2018年3月6日現在)

    10,980円

    こんな方におすすめ

    • 普段はあまり使わない
    • 場所を変えて使いたい
    • 片づけられるものが欲しい

    置くだけタイプのベビーゲートの使用上の2つの注意点

    ① 念入りに確認して設置する

    赤ちゃん ベビーベッドガード


    簡単に設置ができるためただ置くだけではなく、きっちりと赤ちゃんの安全を守るために、念入りに確認をしながら設置するようにしましょう。
    どうしてもずれたり動いたりする場合は、玄関マットなどに使用する「滑り止めシート」を利用するのもひとつの方法のようです。

    一度設置するとしばらくはそのまま使うことが多いのですが、置くだけのタイプは使用しているうちにずれたり、赤ちゃんが無理やり動すことがあるかもしれません。
    置くだけタイプの場合は、設置後の確認も念入りに行うようにしましょう。

    ② 常に設置状況を考える

    小首をかしげる 女性


    赤ちゃんは大人の想定外の行動をします。
    常に赤ちゃんの行動を見て、ベビーゲートの設置場所や設置方法などを変えてみましょう。

    Amazon&楽天のベビーゲート人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    置くだけタイプのベビーゲートを利用して安全な育児環境をつくろう

    一家団欒 ソファー

    「置くだけタイプのベビーゲート」をうまく使えば赤ちゃんもママも安心することができます。
    家族みんなで安全な環境をつくり、楽しい育児ライフを送りましょう。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】ベビー用品に関連するおすすめ記事はこちら

    ベビーベッドおすすめ人気ランキングTOP15!持ち運びや中古、柵についても【2018年最新版】

    2018.02.12

    離乳食食器おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.01.24

    抱っこ紐おすすめ人気ランキングTOP15!新生児向けやよだれカバー、ケープも【2018年最新版】

    2018.01.11

    ベビーベッドガードおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.12.29

    ベビーチェアおすすめ人気ランキング15!ベビーチェアベルトやベビーチェアクッションも【2017年最新版】

    2017.12.25

    ABOUTこの記事をかいた人

    山道登

    家具・ベビー用品業界歴45年 約45年にわたり、家具およびベビー用品の販売店を経営してきた経験をもとに記事の執筆を行っています。
    家具やベビー用品などは一生のうちでそんなに頻繁に買うものではありませんが、使用期間はいがいと長いものです。
    そのために買われるときには慎重になります。
    そのときのお手伝いが少しでもできればと思っています。