猫用ボールのおもちゃおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木壱

多数の猫やうさぎの飼育経験多数!

猫7匹と暮らしており、主にペット関連の記事を執筆中です。
動物と通販が大好きで、愛猫たちのアイテムを選んでいるときが至福タイムです。
見た目は可愛いけれど、洗いにくいものも多いペットグッズ。
だからこそ飼い主目線でチェックして、本当におすすめできるものをご紹介したいと思います。

    選び方のポイント

    • 大きさをチェック
      →猫の大きさに合うサイズのおもちゃを選ぶ。
    • デザインを重視しすぎない
      →色覚の弱い猫にとってカラフルなおもちゃは意味がない。
    • 猫は飽きやすい性格
      →気に入っていてもある日突然遊ばなくなるのはよくあること、同じものの大量購入は避けるのが無難。
    猫

    好奇心旺盛な猫は、毛糸玉やビー玉など転がるものなら何にでも興味をもちます。
    前足で一生懸命に遊ぶようすは、なんとも愛らしいものです。

    そんな猫が大好きなのが、ボールのおもちゃ。
    ひとりで遊んでくれるので、かまってあげる時間がない飼い主にもありがたい存在ですよね。

    ひとくちにボールのおもちゃと言っても、その種類や特徴は多種多様です。
    そこで我が家の7匹分のサンプルデータをもとに、5つのアイテムをピックアップしてみました。



    ニーズにあわせて進化するボール

    ボール

    近頃は天然素材のものや自動で動くものなど、さまざまなボールのおもちゃが登場しています。

    たとえば今でこそマタタビ入りのボールは珍しくありませんが、一昔前はここまでバラエティ豊かではありませんでした。
    猫は高齢になるとおもちゃへの反応が薄くなるもの。

    しかしマタタビの香りがするだけで、シニア猫が無邪気にはしゃぐ姿が見られます。
    年老いても遊んでくれるのは、飼い主にとってもうれしいことです。

    さらにプラスαの用途をもたせたり、変わった素材を使ったりとボールのおもちゃは日々進化しています。

    好みも性格も千差万別ですから、あれこれ試しながら愛猫が喜ぶボール探しができますよ。

    【こちらもCHECK】猫用おもちゃに関連するおすすめ記事はこちら

    猫用おもちゃおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.08.02

    猫じゃらし人気おすすめランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.11.24

    猫用ボールのおもちゃの3つの選び方

    ①猫にあわせた大きさ

    猫
    蹴ったり、運んだり、持ち上げたり、放り投げたり。
    転がすだけでなく、ボールを使っていろいろな楽しみ方をします。

    まずは猫の体の大きさや、遊び方にあわせたサイズを選んであげてください。

    ただし小さすぎると誤食や紛失しやすくなるため、ある程度の大きさがおすすめです。

    ②デザインだけで選ばない

    ボール
    おもちゃを選ぶとき、カラフルなボールをつい手に取りたくなりますが、猫にとって色は重要ではありません。

    デザインがよくても、猫が興味を示さなければガラクタ同然です。
    さらにおしゃれなおもちゃは正直なところ、高価なわりに壊れやすい印象があります。

    猫が関心をもつか、耐久性はあるか、不経済ではないかなど、猫と飼い主両方の目線で選びましょう。

    ③猫は飽きやすい動物と心得る

    猫

    お気に入りのボールだからといって、同じものを大量購入してはいけません。
    気まぐれな猫のことですから、ある日突然まったく遊ばなくなるのはよくある話ですね。

    そこでおすすめの対策法が、ボールのローテーションです。

    数種類のボールをストックしておいて、猫が飽きはじめたら別のボールを渡します。
    一度飽きてしまっても、久しぶりに遊ぶと再熱するものです。

    【こちらもCHECK】猫がボールで遊んでいる動画はこちら!

    猫用ボールのおもちゃおすすめ人気ランキングTOP5

    選び方のポイントが分かったところで、いよいよ猫用ボールのおもちゃおすすめ人気ランキングのご紹介です!

    5位 パウブレーカーズ

    ボール直径:3.5cm
    重さ:15g
    材質:オーガニックニットキャップ、ミツロウ、天然酵母

    100%天然のニットキャップ(マタタビ)を圧縮した食用おもちゃです。

    ビタミン・ミネラル・アミノ酸といった天然酵母もプラスしています。
    ミツロウでしっかり固めているので、ずっしり重めで簡単には割れません。

    我が家の場合、反応を示す猫とそうでない猫が半々の割合です。
    私は天然素材で安心して与えられるところが気にいっています。

    レンジで軽くチンすれば香りが復活しますよ。

    4位 じゃれ猫 ねこ玉遊び なちゅらる

    ボール直径:5.3cm
    材質:本体/ラタン、コットン、ポリエステル、ラテックス系接着剤、米粉、鈴/スチール

    ラタン製とコットン製のボール2個セット。
    転がるたびに、中に入った鈴がひかえめに鳴ります。

    わりと大きめのサイズなので家具の下に入りにくいです。
    見た目よりしっかりしたつくりで、ハードな遊びにも耐えます。

    ちなみに緑色のボールは糸を巻き付けたタイプです。
    今のところ大丈夫ですが、ほころびはじめたら破棄しようと思っています。
    (理由については下記「注意点」の項目で触れています。)

    3位 ゴーゴーボール 猫用

    ボール直径:9cm
    材質:ボール/ABS、EVA、PP、コントローラー/ABS

    リモコンで操作できる電池式のおもちゃです。
    LED内蔵でピカピカ光りますが、暗闇で使うと猫も人も目がチカチカするので要注意。

    フローリングなどの床材が傷つきにくい素材ですが、布の上では転がりにくくなります。
    毛足の長いカーペットの場合、カバーを外した方がいいかもしれません。

    猫用おもちゃにしては値段がやや高めです。
    やんちゃな猫は猛烈に遊びますが、怖がりな猫は逃げまわるので飼い猫の性格をよく考えましょう。

    なお水色バージョンの犬用はLEDなしで、猫用よりもお安くなっています。

    2位 ボール型フードディスペンサー

    ボール直径:7cm
    材質:-

    ボールの中にエサをいれるボールで、出てくる量の調節ができます。
    材質は恐らくプラスチックで、食洗機にも対応していますよ。

    筆者の飼い猫の運動不足と肥満が気になったので試してみたところ、最初の反応はまさかの皆無!
    ところが転がしてエサが出ることを教えたら、途端に遊ぶようになりました。

    同じエサばかりだと飽きられていまうため、時々変えながら遊ばせています。

    1位 マシュマロボール

    サイズ(幅×高さ×奥行):65×55×60mm
    材質:本体/ポリエステル、鈴/PVC、鉄

    マタタビと鈴が入ったふわふわボールで、その名のとおりのやわらかさです。
    色展開はホワイト・ピンク・ブルーの3色あります。

    まさに「シンプルイズベスト」を体現したおもちゃ。
    大人猫は咥えたり持ち上げたり、子猫は抱きつきキックでよく遊びますよ。

    買いやすい値段なのでいくつかストックを用意して、古くなるたびに交換しています。
    大きいので、誤って掃除機で吸ってしまうこともありません。

    猫用ボールのおもちゃ使用時の3つの注意点

    猫の室内事故で一番多いのが、異物誤食(いぶつごしょく)です。
    夢中で遊んでいるうちにおもちゃを食べてしまい、開腹手術にいたるケースが後を絶ちません。

    猫も人間の子供と一緒。
    興味をもったものは何でも口にいれてしまいます。

    最悪の事態をさけるために、飼い主が気をつけるべき注意点を見てみましょう。

    ①使わないときは基本的に隠す

    猫
    遊び終わったら見えない場所にボールを隠しましょう。

    みなさんもご存知のとおり、猫の記憶力と執念深さはなかなかのものです。
    すぐれた身体能力を駆使し、おあずけにされたボールを取り返そうとします。

    隠している現場を猫に見られないことも重要です。

    おもちゃに慣れた成猫であれば問題ありませんが、想定外の行動をする子猫は注意が必要!
    ボールの数が減っていないかも確認しましょう。

    ②ヒモがついていないものを選ぶ

    猫

    ヒモ状のおもちゃは腸管にひかかりやすく、細ければ細いほど危険です。

    奥の方で巻きついてしまった場合は、手術でも対応できなくなる恐れがあります。
    毛糸や麻ヒモを圧縮したボールも、分解されてヒモになってしまえば一緒です。

    ボールにヒモがついていたら取る、破壊されたときにヒモ状にならないか確認するなど、事前に気をつけましょう。

    ③過剰に興奮させないものを選ぶ

    ボール
    ウサギなどの毛を使ったおもちゃは、猫から絶大な支持を得ます。
    しかし興奮のあまり食べてしまう猫もいて、これも誤食事故に多い事例のひとつです。

    「毛皮なら大丈夫でしょ?」と思うかもしれませんが異物は異物。
    消化が困難となる可能性は充分に考えられます。

    また羊毛フェルトも誤飲の対象。
    グルーミングの毛が消化管につまる病気もあるのですから、サイズが小さければその分リスクも高まります。

    猫の毛を丸めておもちゃとして与える人も多いですが、そういった危険性があることを知っておいてください。

    Amazonの猫用ボールのおもちゃ人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    愛猫好みのボールを選ぼう

    猫

    安全性を基準にして選びましたが、ここで挙げたもの以外にもおすすめのボールはたくさんあります。

    選ぶときのポイントと、誤食事故を避けるための注意点。
    この2つをしっかりおさえて、愛猫好みのボールのおもちゃを選んであげましょう。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】猫用アイテムに関連するおすすめ記事はこちら

    猫のおやつおすすめ人気ランキングTOP15!無添加で安全性の高い商品も【2018年最新版】

    2018.08.24

    猫用ブラシおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.23

    またたびおすすめ人気ランキングTOP15!効果や中毒性についても【2018年最新版】

    2018.06.01

    猫草おすすめ人気ランキングTOP15!種類や食べすぎの危険性も【2018年最新版】

    2018.04.30

    キャットフードおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.27

    ABOUTこの記事をかいた人

    鈴木壱

    多数の猫やうさぎの飼育経験多数!

    猫7匹と暮らしており、主にペット関連の記事を執筆中です。
    動物と通販が大好きで、愛猫たちのアイテムを選んでいるときが至福タイムです。
    見た目は可愛いけれど、洗いにくいものも多いペットグッズ。
    だからこそ飼い主目線でチェックして、本当におすすめできるものをご紹介したいと思います。