メバリングタックルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 汎用性の高いメバリングロッドを選ぶ
      →まざまな環境で釣りをするため、多くのルアーや場所に対応ができる汎用性の高いものを選ぶ。
    • リールは2000番を選ぶ
      →全体的な重量バランスが取りやすく、メバルに対して適度なスピードでリールを巻きやすい2000番のものを選び。
    • できるだけ軽いものを選ぶ
      →タックルが軽いとあまり手に力を入れずに持てるため、手元の感度が向上する。

    釣り ロッド


    メバリングは小型のルアーを使ってメバルを狙う、冬から春にかけて人気の釣り方。
    時間帯は夜がメインとなるので、仕事帰りのちょっとした時間で楽しむ人も多いです。
    メバリングではやわらかくしなやかなロッドと小型のリールが使われ、それらの性能によって釣りのしやすさが変わります。
    本記事では、メバリングタックルの選び方について、メバリング歴10年以上となる筆者が解説!
    おすすめ品もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

    メバリングタックルとは

    釣り ロッド


    メバリングタックルの構成要素は、大きく「メバリングロッド」と「メバリングリール」の2つが挙げられます。
    この2つのタックルが釣りのしやすさの大部分を占めていて、メバリングタックルとしてはルアーが軽く使いやすい、リールがロッド下側に来るスピニングタイプが使われます。
    メバリングロッドはメバルがルアーに喰いついたときにうまく喰い込ませることができるよう、全体的にしなやかなのが特徴。
    一方メバリングリールは、細いラインを使うのに適した小型のものが使用されます。
    まずはこれらの基本を意識して、メバリングタックルを選ぶようにしましょう。

    【こちらもCHECK】メバリングに関連するおすすめ記事はこちら

    メバリングルアーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.10

    メバリングロッドおすすめ人気ランキングTOP30!長さは大切?【2018年最新版】

    2017.11.06

    メバリングリールおすすめ人気ランキングTOP10!シマノやダイワの特徴は?【2017年最新版】

    2017.10.26

    メバリングタックルを選ぶときの3つのポイント

    ① 汎用性の高いメバリングロッドを選ぶ

    釣り ロッド


    メバリングでは硬いプラスチックでできたハードルアーや、小さくやわらかい素材でできたワームを使ってメバルを誘います。
    使用するルアーの重さは1~10g程度までと幅広く、風が強い場所や、防波堤や磯といったさまざまな環境で釣りをします。
    そのためメバリングロッドは、多くのルアーや場所に対応ができる汎用性の高いものを選ぶとよいでしょう。
    具体的にはロッドの長さは7~8.6フィートのもの、投げられるルアーの重さが最大10g程度になっているモデルがおすすめです。

    ② リールは2000番を選ぶ

    釣り リール


    メバリングタックルにおけるリールのほとんどはスピニングタイプ。
    スピニングタイプのリールは番号でサイズが決まっていて、数字が大きいものほど大型です。
    メバリング用には、メバリングロッドと重さの兼ね合いで全体的な重量バランスが取りやすく、メバルに対して適度なスピードでリールを巻きやすい2000番のものを選びましょう。
    ラインを巻いておくためのスプールは、メバリングで使う細いラインに適したシャロータイプ(溝が浅いもの)がおすすめ。
    シャロータイプのスプールの目安は、リールのスペックにあるラインの「巻糸量」が100m前後となっている、3~4ポンドのものを選んでみてください。

    ③ できるだけ軽いものを選ぶ

    釣り ロッド


    メバリングタックルでは全体重量をできるだけ軽くしておくと、メバルがルアーに喰いついたことがわかりやすくなります。
    タックルが軽いとあまり手に力を入れずに持てるため、手元の感度が向上するのです。
    具体的な目安として、ロッドだと120g以下、リールは190g以下のものがおすすめ。
    以前は上位モデルで高価な商品ほど重量が軽い傾向がありましたが、現在では中間的な価格帯のロッドやリールでも上位モデルと同じくらいの軽さのものが登場しています。
    あまりに安い製品は重たい傾向にあるので、中間的な価格のものを選ぶのがおすすめです。

    メバリングタックルの最安値と価格帯の特徴一覧

    メバリングタックルの価格帯は、2,000~70,000円。
    価格の違いは使用されている素材、採用している製造方法や技術によって決まっています。
    売れ筋は7,000~30,000円の製品です。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約2,000円~7,000円~30,000円約40,000円~
    特徴メバリングに必要となる最低限の機能を持っている。軽量化されていない傾向がある。1日中使っても疲れにくい軽さがある。ラインが絡むトラブルが少ない。軽さや巻き心地を追求しており、非常に快適に使用できる中~上級者向けの価格帯。

    メバリングタックルおすすめ人気ランキングTOP5

    ここからはメバリングタックルのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介します。
    筆者がメバリングタックル選びのポイントを踏まえセレクトしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    5位 シマノ ソアレSS S806LT

    汎用性
    軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    ロッドの長さ:8.6フィート
    ロッドの硬さ:ライト
    ロッドの自重:93g
    継数:2本
    ルアー重量:0.8~10g

    人気メーカー「シマノ」のミドルクラスメバリングロッド。
    ロッドが長めなので、足場の高い場所で釣りをする方や、より遠くへ投げたい方におすすめのロッドです。
    ただし竿全体がしなって操作がしにくくなるため、強風時の使用はおすすめできません。

    4位 ダイワ 月下美人 17 AIR 2002H

    ダイワ 月下美人 17 AIR 2002H
    汎用性
    軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    リールの自重:175g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):75cm

    リールの自重がとても軽いメバリングリール。
    ハンドル1回転あたりの巻き取り量が多く、アタリを感じ取りやすい「ハイギア」仕様となっています。
    やや高価格ですが、アタリの取りやすさによる釣果アップが期待できます。

    【こちらもCHECK】ダイワ 「月下美人 17 AIR 2002H」の紹介動画はこちら

    3位 アブガルシア ソルティーステージ メバル STMS-762ULT-KR

    アブガルシア ソルティーステージ メバル
    汎用性
    軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    ロッドの長さ:7.6フィート
    ロッドの硬さ:ウルトラライト
    ロッドの自重:97g
    継数:2本
    ルアー重量:0.5~8g

    ロッドに張りがあり、メバルのアタリをとらえやすい高感度なメバリングロッドです。
    ロッドを横方向へ動かしながら釣りをするメバリングで使用しやすい、「TVS」というパーツを持ち手に採用しているのがポイント。

    2位 アブガルシア REVO PRM 2000SH

    アブガルシア REVO PRM 2000SH
    汎用性
    軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    リールの自重:183g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):83cm

    アブガルシア独自のギア設計で、巻いたときの回転が滑らかなメバリングリール。
    一般的なリールがハンドル1回転あたり60~70cmの巻き取りなのに対して、この製品では83cmの巻き取りが可能です。
    巻き取りが長い分、同じ距離をゆっくり巻いたり、メバルが掛かったとき一気に巻き取ったりと臨機応変に対応できますよ。

    【こちらもCHECK】アブガルシア 「REVO PRM 2000SH」のレビュー動画はこちら

    1位 ダイワ メバリングX 78L-T

    ダイワ メバリングX 78L-T
    汎用性
    軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    ロッドの長さ:7.8フィート
    ロッドの硬さ:ライト
    ロッドの自重:120g
    継数:2本
    ルアー重量:1~10g

    ロッドのネジレ(ロッドが真っすぐでない方向に曲がること)を抑える「ブレーディングX」構造を採用しつつ、価格が1万円以下に抑えられているメバリングロッドです。
    一般的なロッドが7g程度の重さまでしか投げられないのに対し、この製品は10gまで対応しており、汎用性が高いのも特長のひとつ。
    比較的手ごろな価格ながら性能面が優れているので、メバリング初心者の方に最もおすすめしたいロッドです。

    メバリングタックルを使用するうえでの注意点

    強い負荷が掛からないように注意

    釣り ロッド


    メバリングタックルはできるかぎり軽量化するために、使用しているカーボン素材が薄くなっているものがほとんど。
    ある程度までの負荷であれば耐えられますが、雑に扱ったり落としてしまったりして強い負荷が掛かると、破損してしまうことがあります。
    そのため手から下ろすときはゆっくりと丁寧に置き、ほかの釣り道具の重さが掛からないよう注意して、慎重に使うよう心がけてください。

    Amazon&楽天のロッド・竿人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    最適なメバリングタックルを選んでみよう!

    メバル 釣り


    今回ご紹介した選び方のポイントは、メバリングタックルを選ぶうえでとても重要です。
    それらを踏まえてご紹介したものが上記ランキングの商品なので、ご自身の予算にあったものがあればぜひ使ってみてください。
    そして今回ご紹介したメバリングタックルの選び方やおすすめ品を参考に、メバル狙いを楽しんでくださいね。

    【あわせて読みたい】おすすめのロッド・リールに関連する記事はこちら

    シマノのスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.06.28

    ロッドスタンドおすすめ人気ランキングTOP15!壁掛け用の特集も【2018年最新版】

    2018.05.30

    タックルバッグおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.30

    エギングタックルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.29

    ショアジギングタックルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.22