アジングリールおすすめランキングTOP10!シマノやダイワが人気?【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 大きさは1000~2000番を選ぶ
      →この範囲ならタックルが軽く感じられて快適。
    • スプールを選ぶ
      アジングでは浅溝スプールのリールを選択。
    • ドラグの微調整ができるものを選ぶ
      →「ドラグ最大値」が小さなものほど微調整が効きやすい。
    • メーカーの特徴を把握する
      →ダイワのリールは遠投向き、シマノのリールは近距離向き。
    アジングリール

    ワームをはじめとする小型ルアーを使ってアジを釣る「アジング」。
    アジングではロッドやラインが細く繊細なものとなるので、それにあわせて小型のリールが使われることがほとんどです。

    初心者の方にとってはこのアジングリールに何を選べばよいのか、基準がわからない方も多いでしょう。

    そこで本記事ではアジング歴10年以上となる筆者が、アジングリールの選び方のポイントや扱う際の注意点、おすすめのアジングリールまでを一挙にご紹介。
    快適なアジングをする近道になってくれるはずなので、ぜひ最後まで読んで実践してみてください。



    アジングで使われるリールとは?

    アジングリール

    アジングで使われるリールは、スピニングリールがメインとなります。
    スピニングリールはアジングで使うような軽量なルアーを誰でも投げやすいのが特徴です。

    アジングリールはほかの釣りよりも小さく、軽いリールが求められます。
    軽いリールを使うことでアジの小さなアタリを感じ取ることが容易になります。

    また、アジングでは非常に細いラインを使っていきます。
    この細いラインは強い負荷が掛かると切れてしまうこともあります。
    これを「ラインブレイク」と言いますが、スピニングリールでは強い負荷が掛かったときにラインが出ていくドラグ機能がしっかりしているので、安心して使うことができます。

    上記のような理由から、アジングでは小型の軽量なスピニングリールが使われるようになっています。

    【こちらもCHECK】スピニングリールに関連するおすすめ記事はこちら

    シマノのスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.06.28

    バス釣りスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.11.17

    【こちらもCHECK】アジングに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングとは?ロッドやリール&仕掛けの解説や初心者向け動画も

    2018.03.19

    アジングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!選び方や注意点も【2018年最新版】

    2017.12.08

    アジングジグヘッドおすすめ人気ランキングTOP10!重さや形状も【2017年最新版】

    2017.12.04

    アジングリールを選ぶときの5つのポイント

    ①大きさは1000~2000番を選ぶ

    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ジョイナス 2000 糸付 2号-150m
    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ジョイナス 2000 糸付 2号-150m

    アジングリールでメインとなるスピニングリールの大きさは、リール本体に数字で表してあります。
    各メーカーによって多少のサイズの違いがありますが、アジングでは1000~2000番と表記してある番手を選んでみてください。

    この大きさの範囲であれば、組みあわせて使うアジングロッドとの重心バランスが取れて、持ったときにタックルが軽く感じられるようになり、快適に釣りをしていくことができます。
    特にルアーフィッシングのなかでも繊細なアタリになるアジングでは、このバランスを重視してリールを選んでみてください。

    ②浅溝スプールを選ぶ

    ダイワ(Daiwa) スプール スピニングリール(2000サイズ)用 SLPW RCSエアスプール2 2004 ゴールド
    ダイワ(Daiwa) スプール スピニングリール(2000サイズ)用 SLPW RCSエアスプール2 2004 ゴールド

    アジングでは細くしなやかなフロロカーボンラインやエステルライン、PEラインといった種類のラインを使っていきます。
    これによって軽いルアーでも遠くに投げることが可能となりますが、注意したいのがリールに巻くことができるラインは量が決まっているということです。

    細いラインを使うときにラインを多く巻ける深溝スプールでは不都合が多いため、アジングリールを選ぶときには浅溝スプールのリールを選びましょう。
    メーカーによって浅溝スプールのモデルは「1003」や「2004」と番手の最後の数字が変わっていたり、シャロー(浅い)の頭文字「S」で表記されていたりするので、選ぶ際の目安にしてみてください。

    ③ドラグの微調整ができるものを選ぶ

    アジングリール

    アジングで使う細いラインは、その持っている強度以上の強い負荷が掛かると途中から切れてしまいます。
    釣りで使うリールには、ある程度の負荷が掛かったときにラインが自動的に出ていき、切れることを防ぐ「ドラグ」という機構があります。
    アジングで使うスピニングリールではこのドラグが微調整できるものを選びましょう。

    微調整ができるかどうかは基本的に「ドラグ最大値」によって決まります。
    ドラグ最大値が小さなものほど微調整が効きやすくなりますので、覚えておくとよいでしょう。

    ④ダイワのリールは遠投向き

    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 リーガル 2004H PE付 (2000サイズ)
    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 リーガル 2004H PE付 (2000サイズ)

    釣り具メーカーで多くの製品を販売しているのがダイワです。
    このダイワから販売されているアジングリールは、どちらかというと遠投に向いています。
    理由としてはスプールが逆テーパー化してあり、遠投で使うことが多いPEラインを使っていてもトラブルが少ない傾向があるからです。

    また、構造上巻き取る力が強いので、小型のリールであっても遠くまで投げた仕掛けを回収しやすくなります。

    ⑤シマノのリールは近距離向き

    シマノ リール 13 ソアレCI4+ C2000PGSS
    シマノ リール 13 ソアレCI4+ C2000PGSS

    ダイワと同じく釣り具メーカーとして有名なのがシマノです。
    シマノのアジングリールは、どちらかというと近距離での釣りに向いています。
    理由はよりドラグの微調整がしやすく、スプールがロングテーパーとなっているのでラインの放出抵抗が少なく、軽いルアーを飛ばしやすいからです。

    近距離で極軽量なルアーを使用し、極細ラインを使ってアジを釣っていく際にはシマノのリールがおすすめです。

    アジングリールおすすめ人気ランキングTOP10

    ここではアジングリールのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    選び方のポイントを踏まえて筆者がセレクトしていますので、ぜひ参考にしてアジングリールを選んでください。

    10位 ダイワ 17エクセラー 2004

    自重:250g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):64cm
    ドラグ最大値:2kg

    実売1万円を切る価格ながら、マグシールドを搭載したダイワのスピニングリール。
    ほかにもオートマチックドラグシステム、エアローター、スーパーメタルボディなど、機能が満載です。
    エントリーモデルとしても、もしものときのサブタックル用としてもおすすめのアジングリールと言えます。

    9位 ダイワ 15 ルビアス 2004

    自重:185g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):64cm
    ドラグ最大値:2kg

    ボディにカーボン樹脂を使って軽量化が図られているダイワのスピニングリールです。
    このカーボン樹脂はザイオンと言い、従来の軽量素材として使われていたマグネシウムよりも高強度で軽く、かつ腐食しないといったメリットがあります。
    この素材をボディに採用することによって、自重が185グラムとかなりの軽量化に成功しています。
    ギアシステムにはデジタル設計されたマシンカットデジギアを採用してあり、力の伝達効率がよい快適な巻き心地を実現していますよ。

    8位 シマノ 13 ソアレBB C2000PGSS

    自重:190g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):57cm
    ドラグ最大値:3kg

    価格のわりに採用されている機能が多いシマノのスピニングリール。
    特徴的なのは、巻き始めの軽さを目的として、マグナムライトローターが実売10,000円強という価格で採用されていることです。
    CI4+というカーボンを使用することで軽量化されており、かつ形状を工夫してあるので従来よりも巻き始めの軽さが際立ちます。
    ほかにも不要なライン絡みを抑えるワンピースベールや、快適な巻き心地を実現するX-SHIPギアシステムが搭載されていたりと機能が充実している点も魅力的。
    さらに、イージーメンテナンス機構によって簡単にオイルを差すことができて、回転性能を保ちやすくなっています。

    7位 シマノ 17 アルテグラ C2000S

    自重:205g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):66cm
    ドラグ最大値:3kg

    上位モデルにも採用されている最新の防水構造を採用した、シマノのスピニングリールです。
    ボディ・蓋の合わせ面や、スプール・ドラグノブの接触面に強力なシーリングを施すことで、防水機能を高めいます。
    さらにボディは重心を手元に近づけてあるので、タックルバランスを取りやすいのも特徴です。
    大型のドラグノブは、ファイト中にドラグ調整をしたいときに役立ってくれますよ。
    実売10,000円ほどですが、多くの純正カスタムパーツにも対応しているので、自分の思う仕様にして釣りを楽しめます。

    6位 ダイワ 月下美人 17 AIR 2002H

    自重:175g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):75cm
    ドラグ最大値:2kg

    ウエイトバランスを突き詰めた「AIR」が名前に入った軽量なダイワのスピニングリール。
    特にスプールの軽量化を徹底してあるのが特徴で、ラインストッパーを排除するなどの工夫で、従来モデルからスプールが約10g軽くなっています。
    極細ラインにあわせられた番手末尾の数字が「2」で終わるのも大きなポイントとなっています。

    5位 ダイワ 月下美人 17 EX 1003

    自重:165g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):60cm
    ドラグ最大値:2kg

    ボールベアリングまでマグシールド化されている、ダイワのライトソルトウォーター用リールのハイエンドモデルです。
    ダイワ独自の磁性を持ったオイルをボディだけでなく回転を支えるボールベアリング内にも採用することで、さらに長期間性能を維持してくれます。
    デザイン面でも、レッドボディをはじめ、エンジンプレートには三日月、ハンドルノブキャップにはロゴ、ボディカバーにはギア比と、細かなパーツにまでデザインにこだわってあります。
    釣り好きなら1度は手にしてみたいアジングリールの最上級モデルです。

    4位 シマノ 16 ヴァンキッシュ C2000HGS

    自重:155g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):80cm
    ドラグ最大値:3kg

    徹底された軽量化が魅力のシマノのスピニングリールで、自重はなんと155gと超軽量仕様。
    もちろん軽くするだけでなく強度面に関してもHAGANEボディでたわみを少なくし、巻き取りに影響が出ないようになっています。
    さらに、その内部のギアは細かな歯を多く設けて巻き取りのシルキーさを出す「マイクロモジュールギア」を採用。
    歯が多くなることによって、さらにパワーも上がっているアジングリールに仕上がっています。

    3位 ダイワ 15 レブロス 2004H

    自重:235g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):75cm
    ドラグ最大値:2kg

    コストパフォーマンスに優れたダイワのスピニングリールです。
    遠投性能に優れた逆テーパースプールの「アンチバックラッシュシステム」の採用で、より遠くにルアーを投げることができます。
    ハイギア設定によってハンドル1回転あたりに75センチ巻き取ることが可能です。
    これによって遠投した仕掛けを回収しやすく、手返しのよい釣りが行えます。
    ハイギアになると巻き始めの重さが気になりがちですが、当商品は軽量なエアローターの採用で気にならないようにしてあります。
    エントリーモデルとしておすすめのアジングリールです。

    2位 ダイワ 月下美人 16 MX 2004DH

    自重:230g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):64 cm
    ドラグ最大値:2kg

    ダイワの独自技術である「マグシールド」を採用したスピニングリール。
    海水の入り込みは避けたいボディとローターの隙間に磁力を持ったオイルを使うことで、長期間変わらない巻き心地を実現しています。
    ドラグは内部にボールベアリングが入ったフィネス仕様となっており、ドラグ最大値が2kgとなっていることとの相乗効果で、、しっかりと細いラインを扱える設計となっています。

    1位 シマノ 17 ソアレ CI4+ C2000SS PG

    自重:160g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):57cm
    ドラグ最大値:3kg

    シマノのライトソルトウォータールアーブランド・ソアレの最新スピニングリール。
    ハンドルの長さを5mm短くすることで、より丁寧にルアーを引くことができます。
    ボディ、ローター、ハンドルにはカーボン樹脂素材のCI4+を採用し、軽量かつ感度の向上が図られています。
    スプールをベアリング2点で保持することで不要なふらつきを抑えてドラグがスムーズに効くようになっており、ライトラインの使い勝手がさらに向上しました。
    アジングでぜひ使ってもらいたいミドルクラスのスピニングリールとなっています。

    アジングリールを使用するうえでの5つの注意点

    ①衝撃を与えないように注意

    アジングリール

    アジングリールは、軽量化を図るためにできる限り素材の厚みを抑えた構造となっています。
    そのため、衝撃を与えるとパーツが欠けてしまうこともあります。

    釣りをしていてリールに衝撃が加わってしまう原因として最も多いのが、ロッドをどこかに立てかけておいて、それが倒れてしまったときです。
    それゆえ、釣り場においては、防波堤や車にロッドを立てかけたりすることが無いようにするよう心掛けましょう。
    ロッドが倒れないようにするために便利な「ロッドホルダー」というものも販売されていますので、参考にしてみてください。

    ②ラインの強度にあわせてドラグ調整する

    櫻井釣漁具 BOUZ ドラグチェッカー 15kg DC2015
    櫻井釣漁具 BOUZ ドラグチェッカー 15kg DC2015

    アジングでは細いラインを使いますので、リールのドラグ調整は必須です。
    基本としては、ラインの最大強度の半分から3分の1程度でラインが出ていくようにしましょう。

    例として4ポンドと表記してあるラインは約2kgまで耐えることができます。
    この場合は約1キロ~700グラムの負荷が掛かったときにラインが出ていくように調整します。
    調整するときはロッドにラインを通してから負荷を掛けて調整するようにしてください。
    調整の際には「ドラグチェッカー」という道具があると便利です。
    1度これで調整してしまうと、その後はドラグノブをどれだけ回転させたか覚えておけば調整が可能となりますので、覚えておきましょう。

    ③ラインの巻き替えは定期的に行う

    ユニチカ(UNITIKA) ライン ナイトゲーム ザ・アジFC 150m ナチュラルクリアー2LB ナチュラルクリアー
    ユニチカ(UNITIKA) ライン ナイトゲーム ザ・アジFC 150m ナチュラルクリアー2LB ナチュラルクリアー

    アジングでは軽量なルアーを使うことやドラグの多用によって、ほかのルアーフィッシングよりもラインにヨレが入りやすくなります。
    ヨレが入り過ぎると、釣りの最中に突然ラインが絡まって一気に出てしまうトラブルを引き起こしてしまいます。
    そのため、ラインの巻き替えは釣行回数にあわせて定期的に行うようにしましょう。

    このラインの巻き替え頻度は、より値段が高い上位機種のリールほど少なくて済むようになりますので、リール選びのときに意識することをおすすめします。

    ④釣りから帰ったら必ず水洗い

    アジングリール

    アジングのリールに限らず、海水で釣りをしたあとには必ず水洗いをしてリールを保管するようにしましょう。
    海水で使ったままにしておくと、塩の結晶ができてしまい、錆や不具合につながってしまいます。

    水洗いの方法は全体をシャワーの流水で洗い流してから、ドラグノブスプール、本体に分解して陰干しして乾かすようにしましょう。
    決して水に浸け込んだり、太陽に当てて乾かすことはしないでください。
    水に浸け込むと水圧によってかえって汚れが内部に入り込んだり、太陽に当たり続けると塗装剥がれの原因となったりしますので注意しましょう。

    ⑤各メーカーのオリジナルリールシートに注意

    17 ソアレ CI4 アジング S408ULS 2017年9月末発売予定】
    17 ソアレ CI4 アジング S408ULS 2017年9月末発売予定】

    アジングで使うロッドですが、各メーカーがオリジナルリールシートを採用することも多くなっています。
    リールシートはリールをセットする部分となりますが、このサイズや厚みに関しては各メーカー間で統一された規格がありません。
    そのため、ロッドとリールが別メーカーだとうまくセットできなかったりすることもあります。
    各メーカーで極端に違うということは少なくなっていますが、リールシートの緩みや隙間があることによるガタツキなどによるトラブルも無いと言えないので、購入前に実際にセットできるかどうか確認しておくことをおすすめします。

    Amazonのアジングリール人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    アジングリール選びはどの釣りよりも慎重に!

    アジングリール

    アジングではロッドやリールのタックルバランスが釣果につながります。
    できるだけ予算内で価格の高いものを選んだ方が、軽量で精度が高く、巻き心地がスムーズで快適にアジングを楽しむことができます。
    おすすめランキングで紹介しているモデルは筆者が経験をもとに選んだアジングリールなので、ぜひ参考にしてみてください。
    本記事を参考にアジングリールをセレクトし、繊細なアジングにぜひ挑戦してみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】アジングに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングスプーンおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.18

    アジングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!選び方や注意点も【2018年最新版】

    2017.12.08

    アジングラインおすすめ人気ランキングTOP10!理想の太さやフロロカーボンラインとは【2017年最新版】

    2017.11.21

    アジングワームおすすめランキングTOP10!ケースやカラーの選び方も【2017年最新版】

    2017.11.13

    アジングルアーおすすめ人気ランキングTOP10!仕掛けや重さの違いは?【2017年最新版】

    2017.10.27