アジング仕掛けおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • ジグヘッドリグは重さを細かく揃える
      →重さは0.5グラムから3グラム程度まで揃えるのがおすすめ。
    • キャロライナリグはバックスライドするものを中心に選ぶ
      →ロッドで仕掛けを動かしてアジを誘っても手前に寄ってきにくいので、より多く喰い付かせるタイミングをとることが可能となる。
    • フロートリグは浮力と機能を重視して選ぶ
      →基本的には少しだけ浮力を抑えてあるものを選んだほうが、波や風の影響を受けづらくワームを自然と泳がせやすくなる。
    • スプリットショットリグは簡単に交換できるものを選ぶ
      →ストッパーを使うことによって重さの交換もしやすくなり、釣り場の深さやアジの喰い付き方によってオモリを使い分けていくことが可能。
    • Fシステムはジグヘッドリグとのバランスで選ぶ
      →Fシステムリグを選ぶときには水面に浮くものや、ジグヘッドリグよりも沈む速度が遅いモデルを選ぶことが重要。

    ルアー


    アジングは海のルアーフィッシングのなかでも最も繊細さが要求される釣り方。
    基本的にはやわらかい素材のワームが使われることが多くそれらには必ず仕掛けが必要となり、さらにアジは岸に近い場所から、時には岸から遠くへ投げれば投げるほど釣れる事もあります。

    そのためアジングではほかのルアーフィッシングに比べて多くの仕掛けが使われていて、それらの基本を知っておき使い分けるのが釣果の鍵です。
    本記事においてはアジングで使われる仕掛けについて種類や選び方、おすすめ品までをアジング歴10年以上となる筆者がご紹介します。



    アジング仕掛けとは

    ルアー


    アジング仕掛けをはじめ、ルアー釣りにおいて仕掛けは「リグ」と呼ばれていて、下記の5つの種類があります。
    • ジグヘッドリグ
    • キャロライナリグ
    • フロートリグ
    • スプリットショットリグ
    • Fシステムリグ

    それぞれに得意とするシチュエーションがありますので、特徴を知って使い分けしていくことがとても重要です。
    基本的な特徴を知って持っておくことでその応用もしやすくなり、使い分けすることでアジングでは釣果を伸ばすことができます。

    【こちらもCHECK】アジングに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングタックルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.12

    アジングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!選び方や注意点も【2018年最新版】

    2017.12.08

    アジングジグヘッドおすすめ人気ランキングTOP10!重さや形状も【2017年最新版】

    2017.12.04

    アジング仕掛けを選ぶときの5つのポイント

    ① ジグヘッドリグは重さを細かく揃える

    バークレイ ウキ  アジデント 0.6g BAD0.6G
    バークレイ ウキ アジデント 0.6g BAD0.6G

    アジング仕掛けの基本となるのがジグヘッドリグ。
    ジグヘッドリグはオモリと針が一体になったもので、ワームをセットすればそのまま使うことができます。

    オモリの形状には丸型や多面のもの、三角形になっているものなどメーカーによってさまざまなモデルが販売されており、主に15メートル程度の近距離を丁寧に釣っていくのに向いているアジング仕掛けです。
    ジグヘッドリグは重さを0.5グラムから3グラム程度まで揃えるのがおすすめ。

    揃え方は最初は0.5グラムごと、さらに揃えられるのであれば0.2~0.3グラム単位で持っておくとよいでしょう。
    また、ほかのアジング仕掛けにおいても軽量なジグヘッドリグを使ってワームをセットするのが基本となります。
    ジグヘッドリグは少し重さがあるだけでも、ワームの姿勢が安定してくれるので、アジが喰い付きやすくなりやすいです。

    ② キャロライナリグはバックスライドするものを中心に選ぶ

    Arukazik Japan(アルカジックジャパン) Ar.キャロ フリーシンカー ベーシック
    Arukazik Japan(アルカジックジャパン) Ar.キャロ フリーシンカー ベーシック

    キャロライナリグは飛距離を出しやすいアジング仕掛けです。
    アジング仕掛けの中では最も重たい仕掛けで、30メートル以上投げて使うのがよく、アジングロッドだけでなくほかのルアーフィッシングで使うロッドでも投げられるので人気があります。

    このキャロライナリグにはさまざまな種類がありますが、この中で「バックスライド」という動きをするものがおすすめで、バックスライドとはキャロライナリグを沈めたときに、釣り人から遠ざかる方向へアジング仕掛けが進むことを指します。

    これによって、ロッドで仕掛けを動かしてアジを誘っても手前に寄ってきにくいので、より多く喰い付かせるタイミングをとることが可能となります。
    また、キャロライナリグでは仕掛けをセットするときに「スイベル」や「リーダー」が必要となりますので、忘れないように準備しておきましょう。

    ③ フロートリグは浮力と機能を重視して選ぶ

    ハヤブサ アジング専用キャスティングフロート アジロケット FS335 S 1(グロー)
    ハヤブサ アジング専用キャスティングフロート アジロケット FS335 S 1(グロー)

    フロートリグとは飛ばしウキの役割を果たす水面近くを釣るのに適したアジング仕掛けです。
    フロートリグ自体には浮力があり、なおかつ重さもありますので、遠投しながら水面近くを釣っていくことができます。

    このフロートリグには浮力が強いものや少し弱いものがありますので、それらを意識して選んでいくのがポイント。
    基本的には少しだけ浮力を抑えてあるものを選んだほうが、波や風の影響を受けづらくワームを自然と泳がせやすくなります。

    また、フロートリグには発光体をセットできるものや中にオモリを入れて浮力の調整ができるモデルもありので、浮力と機能を重視しながら選ぶようにしましょう。

    【こちらもCHECK】フロートリグに関連するおすすめ記事はこちら

    フロートリグおすすめ人気ランキングTOP5!フロートリグとは?【2018年最新版】

    2018.05.18

    ④ スプリットショットリグは簡単に交換できるものを選ぶ

    アマゾン画像 ルアー


    マリア(Maria) エアロシンカー 1.5g P(ピンク) VES15P

    スプリットショットリグとは小型オモリをラインにセットして使うアジング仕掛けです。
    スプリットショットリグは10メートル以上ある深場を釣ったり、ほかのアジング仕掛けでは沈ませきれないような流れの速い場所を釣ったりするのに適しています。

    アジングで使うラインは細いため、スプリットショットリグでは多くの場合「ストッパー」を使ってオモリを固定するモデルが多く、ストッパーを使うことによって重さの交換もしやすくなり、釣り場の深さやアジの喰い付き方によってオモリを使い分けていくことが可能。

    アジングにおいてはラインにオモリを噛み込ませて使うタイプのスプリットショットはラインに傷を入れてしまいますので、使わないほうがよいでしょう。

    ⑤ Fシステムはジグヘッドリグとのバランスで選ぶ

    Arukazik Japan(アルカジックジャパン) シャローフリーク F-15.0g
    Arukazik Japan(アルカジックジャパン) シャローフリーク F-15.0g

    Fシステムとはジグヘッドリグの細かな操作ができることに加えて、飛距離を出すことができるアジング仕掛け。
    ジグヘッドリグでは届かないような20メートルよりも遠い距離を投げて釣るのに適しています。
    Fシステムリグを選ぶときには水面に浮くものや、ジグヘッドリグよりも沈む速度が遅いモデルを選ぶことが重要となり、メーカーが目安を出していますのでそれを基準にして選んでみてください。

    より仕掛けを沈めたい場合にはキャロライナリグやスプリットショットリグを使ったほうがよいので使い分けを意識しておくのがポイントになります。
    また、Fシステムリグにおいては比較的新しいアジング仕掛けで使われ始めたばかりですので、販売されているモデルが少ないのが現状ですが、使いやすいものなのでぜひ持っておきましょう。

    【こちらもCHECK】Fシステムに関連するおすすめ動画はこちら

    アジング仕掛けおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはアジング仕掛けのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介します。
    筆者がアジング仕掛け選びのポイントを踏まえて、それぞれの種類でおすすめのモデルをセレクトしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 34 Sキャリー

    34 Sキャリー 3.0g

    34 Sキャリー 3.0g

    604円(08/17 16:14時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    単体で0.4グラム程度のジグヘッドと同じ速度でゆっくりと沈むFシステム専用ウエイト。
    0.8グラム以上のジグヘッドリグと組みあわせて使うと、仕掛けが絡みにくく、誘いも居れやすくなります。
    使うときには「ウキ止めゴム」や「スイベル」、「ストッパー」が必要となりますので覚えておきましょう。

    9位 シマノ タイディ ソアレ

    ラインを切らずにセットができるフロートリグ用ウエイト。
    ジグヘッドリグを使っていて飛距離が欲しいと思ったときに簡単にセットでき、必要がなくなれば取り外せる便利な機能を持っています。
    水中に沈む速度がさまざまあるのも大きな魅力です。

    8位 アルカジックジャパン スプリットシンカー

    ブラス素材で少し大きさを持たせてあるスプリットショットシンカー。
    水の抵抗を受けやすくすることによって、同じ重さのほかの素材よりもゆっくりと沈ませることが可能となっています。
    スリットが入っているためラインが真っ直ぐな状態を保ち、アジがルアーに喰い付いたアタリがわかりやすいのも特徴です。

    7位 34 ダイアモンドヘッド

    重り部分を多面にすることによって輝きによるアピールを付加したジグヘッドリグです。
    ワームをセットしてジグヘッドリグ単体で使うのに適しており、ロッドで細かく動きを加えては落とし込んでアジに喰わせる時間を与える使い方がおすすめ。
    針先は外側に向けられており、少しラインを張るくらいの力でもしっかりとアジの口にかけることができます。

    6位 レイン アジキャロショット

    シンカーにスリットを設けてあり、ラインを切らずにセットできるキャロライナリグ用シンカーです。
    重さごとに色分けしてあるため、釣り場でのセット時に見分けしやすく、ウエイトの位置を変えることができるのでバックスライドや水平フォールなど自分が好きな沈む姿勢を作ることが可能となっています。

    5位 キザクラ シャローフリーク

    高密度の素材を使いつつ低比重化することで強度と浮力を持たせてあるFシステム専用ウエイト。
    浮力のあるこのウエイトを支点としてワームをゆっくり漂わせたり、上下に動かしたりといったさまざまなアクションが可能となっています。
    釣り場で使いやすい浮力をテストを繰り返し行うことで実現してあるFシステム専用のウエイトです。

    4位 ティクト Mフロート

    小さいながらも後ろ側を膨らませることによって飛距離を出しやすいフロートリグ用ウエイト。
    水中に少し沈み込むようなバランスとしてありますので、見やすくも波の影響を受けにくくなっています。
    前後に滑りのよいリングを使用しているため、アジが喰い付いてきたときは抵抗が少ないので違和感なく吸い込ませてくれるフロートリグ用ウエイトです。

    【こちらもCHECK】Mフロートに関連するおすすめ動画はこちら

    3位 ダイワ 月下美人 TGアジングシンカー

    タングステンで作られているスプリットショットリグ用シンカーです。
    比重のあるタングステンによってコンパクトに重心をまとめて、ティアドロップ型にすることで飛距離を出しやすくしてあります。
    見やすくも抵抗を抑えた極小シリコン製ラバーキャップで視認性も高く使いやすいスプリットショットシンカーとなっています。

    2位 がまかつ コブラ29

    キャロライナリグやスプリットショットリグと組みあわせて使うのに適したジグヘッドリグです。
    「コブラヘッド」と呼ばれる三角に尖った重りの形状によって、スムーズにワームが滑るようにフォールしながら左右に少し揺れてアジを誘ってくれます。
    針先は内側を向いていますので、少ない力でもアジを掛けることができる点も魅力のジグヘッドリグとなっています。

    1位 ティクト Mキャロ Ver.2

    多くのアジング用品を販売しているティクトの人気キャロライナリグ用シンカーです。
    パイプの中にラインを通して使うようになっており、バックスライドしてくれるので仕掛けが手前に寄ってきにくいのが最大の特徴。

    それぞれのシンカーの大きさは変わりませんが、フォール角度の違うロングスライド(L)、ノーマルスライド(N)、ショートスライド(S)の3つのタイプがあり、それぞれに違う重さが用意されています。
    最初に選ぶモデルとしてはノーマルスライドがおすすめで、アジングロッド以外のロッドでも使えますので常に持っておきたいモデルです。

    【こちらもCHECK】Mキャロ Ver.2に関連するおすすめ動画はこちら

    アジング仕掛けを使用するうえでの5つの注意点

    ① ワームをセットするのはどのアジング仕掛けでもジグヘッドリグが基本

    シマノ ソアレ タングステンファインヘッド 2.5g SS-T25K ノーマル 01T
    シマノ ソアレ タングステンファインヘッド 2.5g SS-T25K ノーマル 01T

    アジング仕掛けを使うときには基本的にジグヘッドリグにワームをセットするようにしてください。
    ジグヘッドリグは少しでもオモリがついていればワームの姿勢が安定しますので、アジが喰い付きやすくなります。

    アジング用としてオモリがついていない「ノーシンカーフック」もありますが、アジング用ワームはとても小型であるためこのフックでは回転してしまってアジが喰い付きにくくなることも多いです。

    ジグヘッドリグ単体やFシステムリグで使う場合は0.8グラム以上の重さが使いやすいですが、キャロライナリグ、フロートリグ、スプリットショットリグにおいては0.5グラム以下の重さを使ってみるとよいでしょう。

    ② 重さを複数用意しておく

    釣り用品 重り


    アジング仕掛けでは釣れないときには重さを変えてみるのがおすすめです。
    アジは仕掛けが落ちていくスピードの速さに非常にシビアなことがありますので、アジング仕掛けの重さは複数準備しておきましょう。
    ジグヘッドリグに関しては0.5グラム単位、そのほかのアジング仕掛けに関しては3グラム程度を目安にして重さを揃えてみてください。

    ③ 小分けして保管できるケースを持っておく

    釣り用品 重り


    アジング仕掛けは見た目ではそれぞれの重さがわかりにくいので、小分けして保管できるケースを持っておきましょう。
    ジグヘッドリグではスリットフォーム付きのもの、そのほかのシンカーやウエイトに関しては小型のルアーケースに入れておくのがおすすめです。

    それぞれの重さのところにはウエイトを表示するシールや、パッケージの一部を切り取っておきわかりやすくしておくとよいです。
    また、保管しておくときには熱による変形や変色を防ぐため、直射日光が当たる場所や車の中を避けて保管するよう注意してください。

    ④ 仕掛けの巻き込み過ぎに注意

    海釣り 釣り竿 リール

    アジング仕掛けを使っているときには巻き込み過ぎに注意しなければなりません。
    アジングロッドは先端がとても細いので、仕掛けを巻き込み過ぎてしまうと折れてしまうことがあり、もし巻き込んでしまった場合はリールのドラグを緩めてゆっくりとラインを出すようにしてください。

    リールのベールを返してしまうと、返す瞬間にラインが引っ張られますのでその瞬間に先端部分に強い負荷が掛かってしまいますので注意が必要です。
    また、初心者の方でアジングに慣れていない方は、巻き込みを防ぐために見やすいピンクや発光色のアジング仕掛けを使っておくと対策となりますので覚えておきましょう。

    ⑤ 仕掛けや状況によってフッキング方法を変える

    海釣り 釣り竿


    ルアーに喰い付いてきたアジを針にしっかりと掛けることを「フッキング」といいます。
    フッキングはロッドを引き寄せてくるのが基本となりますが、アジング仕掛けにおいてはそれぞれの仕掛けで少しフッキング方法を変えたほうが掛かりやすいので覚えておきましょう。

    具体的にはジグヘッドリグ、Fシステムリグにおいては鋭く瞬間的にフッキングするようにしておき、キャロライナリグ、スプリットショットリグ、フロートリグではラインの弛みが多いため大きな動作でフッキングするようにしたほうがよいです。
    また、風や波が強いときにはラインに抵抗が掛かっているので、穏やかなシチュエーションのときよりも強めにフッキングすることを心掛けるのがポイントとなります。

    アジング仕掛けを効果的に使い分けてみよう

    水族館 アジ


    ご紹介してきたようにアジング仕掛けには全部で5種類あり、それぞれを使い分けることでアジを釣りやすくなります。
    どの仕掛けがよいかというのは釣り場のシチュエーションによって変わってきますので、まずはそれぞれの種類を1つずつ揃えておくのがよいです。

    アジングでは釣れなかった状況で仕掛けを変えてみると、そこから連続で釣れることも多く、自分が考えてアジング仕掛けを使い分けながら、釣れなかった状況を打開できたときはアジングの面白さがとてもわかります。

    そういった面白さが分かってくると、釣りの腕も上がってきている証拠で、ほかのタックルを含めてどういったものが使いやすいのかが理解できてくることでしょう。
    ご紹介したランキングのおすすめ品は数多くあるアジング仕掛けの中から筆者が経験を元にして選んだものとなっていますので、ぜひこの中から5種類の仕掛けに必要なものを選んで使ってみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】アジングに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングとは?ロッドやリール&仕掛けの解説や初心者向け動画も

    2018.03.19

    アジングスプーンおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.18

    アジング用リーダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.18

    アジングセットおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.12

    アジングラインおすすめ人気ランキングTOP10!理想の太さやフロロカーボンラインとは【2017年最新版】

    2017.11.21