ショアジギングタックルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 自分の体力と体格にあったロッドを選ぶ
      →基本的にはロッドのグリップエンド部分を脇に挟めることができ、持ち手部分が手の大きさに合っているものを選ぶ。
    • 強度重視のガイドがついたモデルを選ぶ
      →「ステンレスフレームSiCガイド」や「チタンフレームSiCガイド」が搭載されているロッドがおすすめ。
    • 4,000~8,000番の大きさのスピニングリールを選ぶ
      →ロッドとリールのベストバランスに関しては、セットしたときにフロントグリップに全体の重心が来るようにしておくと疲れにくくなる。

    釣り 海


    ショアジギングは岸(ショア)から主にメタルジグを使って中~大型の魚を狙う釣り方。
    このショアジギングにおいてはパワーのあるタックルを使うのが一般的で、それによって重たいメタルジグを遠くへ投げることができたり、大物を釣り上げたりすることができます。

    ショアジギングタックルを持っていると防波堤や磯で大きな魚を狙う豪快な釣りが可能です。
    本記事ではショアジギング歴10年以上となる筆者がショアジギングタックルの選び方からおすすめ品までを一挙にご紹介します。
    ぜひショアジギングタックルの購入を考えている方は参考にしてください。

    ショアジギングタックルとは

    リール


    ショアジギングタックルはロッドとリール2つの釣具の組み合わせとなっており、岸から使うルアー釣りのタックルとしては最もパワーがある部類の釣り道具です。
    ショアジギングロッドは40~100グラムまでの重さのメタルジグを投げるため、また掛かった魚を釣り上げるためにミディアムヘビー(表記はMH)やヘビーアクション(表記はH)以上のロッドがほとんど。

    リールに関しては大型のスピニングリールを使い、強度のある素材を使ってあるモデルを選んでおく必要があります。
    いずれのショアジギングタックルでもパワー重視のものを選ぶということを基本として覚えておきましょう。

    【こちらもCHECK】ショアジギングの道具に関連するおすすめ動画はこちら

    【こちらもCHECK】ショアジギングに関連するおすすめ記事はこちら

    ショアジギングリーダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.12

    ショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.21

    ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP10!ダイワやシマノの選び方も【2017年最新版】

    2017.12.08

    ショアジギングタックルを選ぶときの3つのポイント

    ① 自分の体力と体格にあったロッドを選ぶ

    釣り竿 リール


    ショアジギングタックルにおいてロッドを選ぶときには自分の体力と体格にあったロッドを選ぶようにしてください。

    ショアジギングタックルを使った釣りでは長時間重たいメタルジグをキャストしてはアクションさせるといったことを長時間繰り返し行っていきますので、あまりにも自分の体力をかけ離れたものを選んでしまうと疲れが早く溜まってしまいます。

    基本的にはロッドのグリップエンド部分を脇に挟めることができ、持ち手部分が手の大きさに合っているものを選んでおきましょう。

    ② 強度重視のガイドがついたモデルを選ぶ

    釣り竿 ライン


    ショアジギングタックルにおけるロッドを選ぶときには強度重視のガイドがついたモデルを選ぶようにしましょう。
    ガイドは釣り糸を通しておく部分のことで、目安としては「ステンレスフレームSiCガイド」や「チタンフレームSiCガイド」が搭載されているロッドがおすすめです。

    価格が安いモデルの中にはロッドに付いている全部のガイドが「ステンレスフレームSiCガイド」や「チタンフレームSiCガイド」ではなく、一番先端部分のガイドのみがこのようなガイドとなっていることがありますのでよくスペックを確認してから購入するように注意してください。

    ③ 4,000~8,000番の大きさのスピニングリールを選ぶ

    釣り竿 リール


    ショアジギングタックルでのスピニングリールは4,000~8,000番の大きさのモデルを選んでください。

    スピニングリールは表記されている数字が大きいほど大きくなり、巻き取るパワーが大きくなってきますので、大きな魚を狙うことが多いショアジギングでは有利になります。

    ロッドとリールのベストバランスに関しては、セットしたときにフロントグリップに全体の重心が来るようにしておくと疲れにくくなりますので覚えておきましょう。

    ショアジギングタックルおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはショアジギングタックルのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介します。
    筆者がショアジギングタックル選びのポイントを踏まえたセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 シマノ 15 ツインパワーSW 8000HG


    自重:635グラム
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):107センチ

    強度の高い「HAGANEギア」が魅力のショアジギングリール。
    握りやすいカーボン製のハンドルノブは力が入れやすく、大きな魚が掛かったときでも安心してやり取りをすることが可能です。

    9位 ジャクソン オーシャンゲート JOG-1000MH-K SJ


    ロッドの長さ:10フィート
    ロッドの硬さ:ミディアムヘビー
    継数:2本
    ルアー重量:20~80グラム

    ソルトルアー用ロッドを長く製造しているジャクソンのショアジギングロッド。
    ロッドの各部分において適切な素材を用いており、20グラムから80グラムまでの幅広い重さのメタルジグが快適に扱えるようになっています。

    8位 シマノ 16 バイオマスタ-SW 6000PG


    自重:450グラム
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):83センチ

    上位機種譲りの「X-SHIP」や「高剛性ハイブリッドアルミボディ」による剛性が魅力のショアジギングリール。
    ミディアムヘビーのショアジギングロッドとの相性がよく、収納時に便利なリール袋やスプールバンドも付属している使いやすいリールです。

    【こちらもCHECK】シマノ 16バイオマスター6000PGに関連するおすすめ動画はこちら

    7位 シマノ コルトスナイパー ショアジギング S100XH-3


    ロッドの長さ:10フィート
    ロッドの硬さ:エクストラヘビー
    継数:3本
    ルアー重量:MAX100グラム

    ロッドパワーを高める「ハイパワーX」と「スパイラルX」構造が採用されているショアジギングロッド。
    パワーロスが少ないので投げやすく魚が掛かってからリフトアップもしやすい、初心者から中級者の方におすすめのショアジギングロッド人気のロッドです。

    6位 ダイワ 16 ブラスト 4000


    自重:415グラム
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):87センチ

    ショアジギングリールとしてはコンパクトなサイズのモデル。
    比較的短めの9フィート台のショアジギングロッドとの組み合わせでおすすめです。

    5位 ダイワ ジグキャスター MX 96MH


    ロッドの長さ:9.6フィート
    ロッドの硬さ:ミディアムヘビー
    継数:2本
    ルアー重量:25~90グラム

    ショアジギングで必要となる飛距離に重点を置いたショアジギングロッド。
    ロッド本体のカーボン素材を厚く巻くことによってパワーを持たせてあり、PタイプフレームKガイドでラインにも優しい設計となっています。

    4位 ダイワ 16 キャタリナ 5000


    自重:605グラム
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):104センチ

    磁性オイルを使った「マグシールド」でボディ内部とベアリングの回転性能に耐久性を持たせたショアジギングリール。
    強度を各パーツに持たせつつもスプールへの穴あけやローター部分のカーボン化によって軽量化も図ってあるリールとなっています。

    3位 メジャークラフト スカイロードショアジギ SKR-962H


    ロッドの長さ:9.6フィート
    ロッドの硬さ:ヘビー
    継数:2本
    ルアー重量:MAX100グラム

    80グラム前後のメタルジグがメインとなるショアジギングに丁度よい長さと硬さを持つショアジギングロッド。
    使いやすい細身のブランクスとグリップで、手の小さな方におすすめです。
    メジャークラフト独自の「マイクロピッチクロスフォース製法」によるパワーが魅力のロッドとなっています。

    2位 ダイワ 16 BG 5000H


    自重:625グラム
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):120センチ

    頑丈なアルミで作られた「スーパーメタルボディ」を採用してあるショアジギングリール。
    スプール素材にもアルミを採用し、使い勝手のよいオートマチックドラグシステムで細めのラインにも対応してくれます。
    どのようなショアジギングロッドとも相性のよいリールとなっています。

    1位 ダイワ ショアスパルタン スタンダード 106H


    ロッドの長さ:10.6フィート
    ロッドの硬さ:ヘビー
    継数:2本
    ルアー重量:30~100グラム

    メタルジグはもちろんのこと、大型プラグに対する適応力も高いショアジギングロッド。
    ダブルフットのステンレスフレームSiCガイドでガイド周りの強度も非常に高いです。

    【こちらもCHECK】ショアスパルタン スタンダードに関連するおすすめ動画はこちら

    ショアジギングタックルを使用するうえでの3つの注意点

    ① 手の保護のためグローブを付けておく

    ダイワ(Daiwa) フィッシンググローブ ジギンググローブ DG-7106 ブラック 2XL
    ダイワ(Daiwa) フィッシンググローブ ジギンググローブ DG-7106 ブラック 2XL

    ショアジギングタックルを使って釣りをするときには、手の保護のためグローブを付けてください。
    釣り用のグローブには指が出せるようになっているタイプもありますが、ショアジギングタックルを使うときには少なくとも人差し指が隠れるものを選んでおきましょう。

    ショアジギングタックルでメタルジグを投げるときにはラインを指に掛けておきますが、投げたときの衝撃や摩擦はかなり強いので人差し指が隠れるグローブがおすすめです。

    ② ロッドガイド周りの劣化に注意

    釣り竿


    ショアジギングロッドでは強い負荷が掛かると徐々にではありますが、ガイドのフット周りがだんだんと劣化してくるようになります。

    購入してすぐに劣化するわけではありませんが、釣りが終わってからメンテナンスをするときにガイドをロッド本体に固定している部分が割れたり大きく動いたりしないか確認しておくことをおすすめします。

    もし劣化して弱っている場合はすぐメーカー修理に出したほうがほかの部分まで影響を及ぼす可能性を少なくできることを覚えておきましょう。

    ③ 定期的にラインは巻き替える

    釣り用品 ライン


    ショアジギングでは岩にラインが擦れてだんだんと傷が入ってしまっていたり、メタルジグはほかのルアーよりも回転してラインに「撚れ」が入りやすかったりします。

    そのためラインは定期的に巻き替えておき、突然切れてしまったり絡んだりするトラブルが起きないようにしておきましょう。
    目安としては、ラインを見て表面の毛羽立ちが目立ったり、多く撚れが入ったりしたときには巻き替えしておくのがよいです。

    ショアジギングタックルで大型魚をゲット

    海 夕日 釣り


    ショアジギングタックルでの釣りでは大きな魚の強烈な引きを楽しむことができるのが最大の魅力。
    また、ショアジギングタックルで釣れる魚はブリやサワラ、ヒラメや根魚などいずれも美味しい魚ですので、持ち帰り用の大型クーラーを用意しておくのがおすすめです。

    ぜひご紹介したショアジギングタックルを使って魅力たっぷりのショアジギングをやってみてください。

    【あわせて読みたい】釣り具に関連するおすすめ記事はこちら

    【釣り】リールの種類を徹底解説!ベイトリールからスピニングリールまで

    2018.08.31

    メバリングタックルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.27

    フィッシンググローブおすすめ人気ランキングTOP10!防寒も【2018年最新版】

    2018.05.31

    タックルバッグおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.30

    アジングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!選び方や注意点も【2018年最新版】

    2017.12.08