カメラ用リュックサックおすすめ人気ランキングTOP13!防水や登山、一眼レフも【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 一眼レフカメラとレンズが多めに入る容量のものを選ぶ
    →現在のカメラシステムにあわせて大きさを選ぶと、機材が増えたときに対応できない可能性がある。
  • 長時間の登山やハイキングでも疲れにくい肩かけを選ぶ
    →“長時間背負って歩いたときに、より負担が少ないもの”を意識して選ぶことが大事。
  • 三脚装着や防水仕様の機能にも注目する
    →自分の求める目的にあった素材であるか、手持ちの三脚がつけられるかなどしっかり確認すること。

リュック 男性
初めて買った一眼レフ。
カメラにレンズに三脚にといろいろ揃えて、さあ撮影に行こうと思ったときにみなさんがまず悩まれるのは、それら機材の運搬手段ですよね。
普通のバッグではレンズとカメラがバッグの中でぶつかりそうですし、丈夫な専用の肩掛けバッグは重そうです。

そう考えると、運搬手段としては中にしっかりした緩衝材の入っている専用のリュックサックを使うのが一番でしょう。
リュックサックタイプのケースは体全体で荷物の重量を分散することができ、自転車やバイクなど乗り物に乗るときや、山登りやハイキングなどでも両手が使えて便利です。
今回は、そんな便利なリュックサックタイプのカメラバッグの選び方をご紹介いたします!

目次

カメラ用リュックサックとは?

カメラ リュック
カメラ用リュックサックとひとことで言っても、大きさや形はさまざまです。
普段使いできそうなおしゃれで小さいものから、大きなものになると登山で使うようなしっかりしたものまで出回っています。
またリュックサックは、材質や機能で使い勝手も違ってきますので、どんなものを選んだらよいかわからない、という方は多くいらっしゃるでしょう。

ここでは約10年にわたり各社のカメラを40台以上使ってきた筆者が、おすすめのカメラ用リュックサックをランキング形式でご紹介いたします。
最新のカメラ用リュックサック、これを読んでぜひチェックなさってください。

【こちらもCHECK】カメラ収納に関連するおすすめ記事はこちら

カメラバッグおすすめ人気ランキングTOP15!バックパックや可愛い&おしゃれなカメラバッグも【2018年最新版】

2018.02.27

おしゃれな女子用カメラリュックサックおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.01.04

カメラ用リュックサックを選ぶ3つのポイント

ポイント① 容量を決める

カメラ
写真を趣味にして一眼レフカメラを購入すると、まず欲しくなるのはさまざまなレンズたちではないでしょうか。
最初はカメラとセットになっていたズームレンズで満足していても「単焦点だ、広角だ」と、数年もすれば交換レンズが増えていくのは必定です。
また写真の幅を広げるため、フラッシュや三脚などの撮影に使うアクセサリー類も増えていくことでしょう。

カメラ用リュックサックの選び方を考えるうえで一つ目のポイントは、現在のカメラ・レンズが入る大きさ+レンズ2本分が入るほどの大きさを選ぶことです。
始めたばかりで現在のカメラシステムにあわせて大きさを選ぶと、機材が増えたときに対応できない可能性があります。

もちろん、現在のシステムにあう小さめのリュックを使い、先々レンズや周辺機器が揃ってきたところでもっと大きなリュックを選ぶのもよいかもしれません。
ですが例えば、ダブルズームのキットなどを購入する場合、すでに2本の4本分のレンズとカメラ本体が入る大きさを最初に選んでおけば、一つのバッグを長く使い続けることができます。
何度も買いなおすより経済的でもありますので、カメラ用リュックサックは最初から少し大きめのものを選ぶのがベストでしょう。

ポイント② 肩かけを選ぶ

女性 リュック
カメラ用リュックサックは肩に背負う形になりますので、当然ながらバッグの重さは肩にかかってきます。
レンズ一個の重さもばかになりませんので、カメラ本体+レンズ数本に三脚など装着すれば、かなりの重さになってしまいます。

ここで重要なのは、バッグの重さをしっかり受け止める肩掛け。
この肩掛けの形状で、背負ったときの体への負担が変わってきます。

肩掛けの形状の種類として、取り回しがしやすい肩掛け1本のスリングタイプと、両肩でしっかり担げる肩掛け2本のリュックタイプとがあります。
1本のスリングタイプの利点は、リュック本体を背中側からくるっと腹側に回せること。
開口部が目の前に来ますので「リュックを地面に下ろさずそのままレンズ交換」といった使い方ができて便利です。
頻繁にレンズを交換したい場合やカメラの台入れを行う場合は非常に使い勝手がよいのですが、逆に弱点として挙げられるのが、1本の肩掛けに全重量がかかってしまうことでしょう。
少ない機材であればそこまで負担はないかもしれませんが、多くのレンズを持っていきたい場合は片方の肩にずっしり重さがかかってしまいます。
場合によっては首を圧迫してしまうこともありますので、これには注意が必要です。

反面2本タイプは、しっかりと両肩でリュックを担ぐことができるので体への負担は軽くなります。
2本タイプは、商品によっては楽に出し入れできるものもありますが、基本的にカメラやレンズの出し入れはリュックを下ろして行うことになるでしょう。
大きなリュックになると、腹側に抱え直してカメラの簡易撮影台として使えるものもあり、こちらもおすすめです。

2本タイプを選ぶ際に重要なのは、自分の背中の大きさとリュックの肩掛けの幅があうかどうかを確認すること。
肩幅より広い肩掛けだとずり落ちやすくなりますし、狭いと首への圧迫が心配です。
背負ったときの感覚などは大手通販サイトでのレビューによく書かれていますので参考にするとよいでしょう。

1本タイプ、2本タイプともに言えることですが、肩掛けの素材や硬さ、造りによって肩への負担は大きく異なります。
細い肩掛けより厚みがあるもの、硬いものよりやわらかいもののほうが肩への負担が少なくなる、ということを覚えておきましょう。
実店舗で試しに背負う場合は物が入っていない状態ですから、そこに自分の機材の総重量が加わったときにどれぐらいの背負い心地になるか想像してみるといいです。
リュックは、“長時間背負って歩いたときに、より負担が少ないもの”を意識して選ぶことが大事なのです。

ポイント③ 機能に注目する

リュックにとまる蝶
リュック本体の素材はナイロン、綿などいろいろあり、小雨のときなどに威力を発揮する撥水加工がなされているものもあります。
綿の生地の場合そのやわらかさを活かして、使わないときはくるくると巻いておける仕様のものも。
また綿はデザインもさまざまで、かわいいものも多くありますから、カメラ女子の方々が楽しみながら選ぶ、といったシチュエーションにもぴったりですね。
逆にナイロンやポリエステル系は、丈夫でしっかりした作りのものが多いです。
硬めの生地ですので、体に当たる部分で不快なところがないか、購入前に確認しておいたほうがよいでしょう。

機能部分に注目しますと、リュックは内部の荷室が1室のものと、上下に分かれての2室のものがあります。
カメラを取り出しやすいよう、サイドにカメラ出し入れ口がついているものもあり、いちいちリュックを全開にしてカメラを出さなくてよいのでおすすめです。

外部ポケットと内部ポケットは、その数の多さより大きさを確認しましょう。
予備バッテリーすら入らないような小さなポケットがいくつもついた商品がありますが、使えない小さなポケットがたくさんついているよりも、大きめのポケットがいくつかついているほうが断然使えます。
小分けにする場合は100円ショップなどで売られている、小さなクッション素材のポーチを利用するとよいでしょう。

サイドやバックに三脚を装着できるものもおすすめです。
三脚が装着できるものは、「せっかく買ったのに、自分の持っている三脚が大き過ぎてつけられなかった」というのもよくある話ですから、ご自分の手持ちの三脚がつけられるかきちんと確認されてください。
レインカバーつきの場合、全体がカバーできるか、上部のみのカバーになっているかも確認したいところです。

【こちらもCHECK】三脚に関連するおすすめ記事はこちら

カメラ用の三脚おすすめ人気ランキングTOP15!コンパクトで軽量なアイテムについても【2018年最新版】

2018.03.05

カメラ用リュックサックおすすめ人気ランキングTOP13

ここから、おすすめカメラ用リュックサックのTOP13を発表します。
大きさや機能も実にさまざまなカメラ用リュックサックですが、最新モデルから13種のリュックをピックアップしました。
きっとお気に入りのカメラリュックが見つかります!

13位 Aliciga 一眼カメラバッグ 防水 カメラバックパック スリングバッグ

メーカー:Aliciga
製品型番:NH-03-79
容量:-
肩掛:1本
荷室:1室
素材:ポリエステル
外寸:約26cm×30cm×18cm
内寸:-
重量:582g

小雨程度ならはじいてしまう撥水加工のポリエステル素材を使った、肩掛け1本のスリングタイプのリュックです。
耐水性と摩擦に強くしっかりした耐久性の生地に、肩掛けはストレッチ性に富み背中部分が密着しないようになっていますので、長時間の使用でも通気性がよく快適に使える作りになっています。
スリングタイプのリュックですので体の前に回して収納できるところが利点ですが、片方の肩に荷物の重さが集中しますから、たくさんの機材を入れる際は注意しましょう。

Amazon商品価格(2018年4月16日現在)

2,400円

こんな方におすすめ

  • スリングタイプのリュックをお探しの方
  • 安価なリュックをお探しの方
  • 少なめの機材で軽快に写真を撮りたい方

12位 Fanspack カメラ バックパック リュック

メーカー:Fanspack
製品型番:NH-03-79
容量:-
肩掛:2本
荷室:2室
素材:ナイロン
外寸:約27cm×38cm×15cm
内寸:-
重量:748g

このリュックは、通常は2室ですが内部の仕切りを外せば1室として使うことができる2WAY構造です。
両側面に下段のカメラ・レンズ出し入れ用の専用口がついていて、リュック内へのアプローチが楽にできるようになっています。
また背面にはレンズキャップ専用のポケット、前面には小物の収納ができるポケットつき。
こちらは下段にカメラを入れるとそれだけで一杯になってしまいますので、上段にカメラ本体、下段にレンズやアクセサリーを収納するのがおすすめです。
ナイロン生地の表面は撥水加工されていますので、軽い雨程度なら弾くことができる点もよいですね。

Amazon商品価格(2018年4月16日現在)

4,303円

こんな方におすすめ

  • 2室のカメラリュックをお探しの方
  • 通常のリュックとしても使用したい方
  • 撥水加工されたリュックをお探しの方

11位 Koolertron 一眼レフカメラリュック 女子用 おしゃれカメラキャリングケース

メーカー:Koolertron
製品型番:-
容量:-
肩掛:2本
荷室:2室
素材:ズック+PU
外寸:約30cm×17cm×42cm
内寸:約30cm×14cm×20cm
重量:943g

とにかくデザインがかわいいので、女性の方におすすめのリュックです。
素材は潰れにくい丈夫なズック素材。
下側のカメラ収納ケースはリュックから脱着でき、収納ケースを外せば本体は普通にリュックとしても使用可能です。
収納ケースは自由にレイアウトできる間仕切りが入っており、カメラとレンズの数によってレイアウトを自由に変更できるのもうれしいところ。
大口径のメインポケットは中身の収納物を見やすく、取り出しも簡単。
底部には三脚を装着できるようになっていますし、意外と本格的に機材を収納できるリュックです。

Amazon商品価格(2018年4月16日現在)

5,986円

こんな方におすすめ

  • かわいいカメラリュックをお探しの方
  • 2室のカメラリュックをお探しの方
  • 普段使いもできるリュックをお探しの方

10位 Amazonベーシック カメラリュック 22.8L

メーカー:Amazon
製品型番:-
容量:22.8L
肩掛:2本
荷室:1室
素材:-
外寸:約50cm×29cm×40cm
内寸:-
重量:約1400g

こちらはAmazonオリジナル商品です。
荷室は1室ですがカメラ1台とレンズ3~4本、三脚にノートパソコン、周辺機器まで含め、そこそこ多くの機材を収納することができます。

Amazon商品価格(2018年4月16日現在)

4,580円

こんな方におすすめ

  • ベーシックなリュックをお探しの方
  • 肩掛け2本タイプのリュックをお探しの方
  • 三脚やノートパソコンなども持ち歩きたい方

9位 NATIONAL GEOGRAPHIC カメラリュック Africaコレクション ブラウンキャンバス

メーカー:NATIONAL GEOGRAPHIC
製品型番:-
容量:6.7L
肩掛:2本
荷室:2室
素材:コットンキャンバス/本革
外寸:約43cm×27.5cm×14cm
内寸:約23cm×24.5cm×12cm
重量:約1350g

NATIONAL GEOGRAPHIC社の「Africaコレクション」は素材に茶色のコットンキャンパス地が採用されています。
内寸に対して大きめの本体は、カメラ保護性能も高くデザイン性もよいので普段使いに町で背負っても絵になるリュックです。
2室式でカメラ関係の機材は下段に、小物類などは上段に入れるとよいでしょう。
サイドにカメラ取り出し口のついたリュックはよくありますが、このリュックの場合は背面中央部分からカメラを取り出せるようになっていますし、サイドには三脚を装着できる革ベルトもついています。
大きさから、ミラーレスカメラや小型デジタル一眼レフカメラのリュックとしておすすめのリュックです。

Amazon商品価格(2018年4月16日現在)

13,185円

こんな方におすすめ

  • おしゃれなカメラリュックをお探しの方
  • ミラーレスカメラや小型一眼レフで使用したい方
  • 普段使いもできるリュックをお探しの方

8位 HAKUBA カメラリュック GWアドバンス ピーク25

メーカー:HAKUBA
製品型番:SGWA-P25DGY
容量:25L
肩掛:2本
荷室:2室
素材:210D ハニカムリップストップナイロン
外寸:約56cm×28cm×22cm
内寸:約22cm×22cm×12cm
重量:約1120g

HAKUBAのカメラリュック、「GWアドバンス ピーク25」は日本人の体形にあわせて設計されており、「210デニールリップストップナイロン」という堅牢さと軽さに定評ある素材を使用しています。
背あて部分なども独自の曲面構造設計で、体へ触れる部分には汗を逃がすメッシュパッドなどを使用しておりますし、長時間背負っても疲れにくいリュックとして、山登りやハイキングなどでの使用に適しています。
上下2室構造となっていますから、上部には食料や小物類を収納し下部にはカメラ機材を入れるのがおすすめです。
サイドのベルトを使って三脚を固定することも可能ですし、耐水圧1500mmの専用レインカバーも標準装備されています。

Amazon商品価格(2018年4月16日現在)

28,900円

こんな方におすすめ

  • 疲れにくいカメラリュックをお探しの方
  • しっかりした作りのカメラリュックをお探しの方
  • 2室のカメラリュックをお探しの方

7位 thinkTANKphoto カメラリュック エアポートコミューター

メーカー:thinkTANKphoto
製品型番:004865
容量:20.9L
肩掛:2本
荷室:1室
素材:-
外寸:-
内寸:-
重量:約1900g

こちらは容量約21Lの1室仕様ですので、上限2室で下だけがカメラ収納スペースとなっているものと違い、全面カメラ収納スペースとして使えます。
例えば、一眼レフカメラを2台とズームレンズを約4~6本収納できる、と考えるとうれしいですね。
三面にハンドルがついていますので、電車の網棚や飛行機の座席上の荷物室からの出し入れがしやすいのも便利。
付属品でレインカバーと三脚取付け部材があります。

Amazon商品価格(2018年4月16日現在)

22,420円

こんな方におすすめ

  • よく海外へ飛行機で移動される方
  • 大きな1室のカメラリュックをお探しの方
  • 肩掛け2本のカメラリュックをお探しの方

6位 EtsHaim カメラリュック A-270 ROLL-TOP

メーカー:EtsHaim
製品型番:004865
容量:24L
肩掛:2本
荷室:2室
素材:コットンキャンバス
外寸:約28cm×45cm×12cm
内寸:約28cm×26cm×12cm
重量:約1800g

EtsHaimの「A270 ROLL-TOP」の特徴は、素材が厚手で丈夫ながらやわらかいキャンパス地であること。
その名の通り上部がくるくると巻ける“ロールトップ”になっています。
背に当たる部分はメッシュ素材なので、蒸れにくくなっているのがうれしいですね。
下部カメラ機材収納スペースはパーティションの組みあわせでレイアウト変更可能で、両サイドのポケットはベルトを使うと三脚も持ち運びできるようになります。
またノートパソコンが入るポケットや、レインカバーも付属しています。

Amazon商品価格(2018年4月16日現在)

17,798円

こんな方におすすめ

  • やわらかい素材のリュックをお探しの方
  • 容量の大きなリュックをお探しの方
  • 肩掛け2本のリュックをお探しの方

5位 VANGUARD カメラリュック UP-Rise IIシリーズ  UP-Rise II 43

メーカー:VANGUARD
製品型番:UP-Rise II 43
容量:16L
肩掛:1本
荷室:1室
素材:ポリエステル
外寸:-
内寸:-
重量:約1220g

VANGUARDの「UP-Rise」というスリングタイプのリュックシリーズは世界中でベストセラーとなりましたが、この「UP-Rise II」はその後継モデルです。
スリングタイプのリュックは前に回すことで素早くカメラを出したりレンズ交換が可能だったり、というメリットがありますが、この「UP-Rise II 43」では前面がフルオープンになり、以前に増して使いやすくなりました。
マチを広げるエクスパンドシステムでさらに収納力を高めることもできます。

Amazon商品価格(2018年4月16日現在)

7,880円

こんな方におすすめ

  • スリングタイプのリュックをお探しの方
  • しっかりした素材のリュックをお探しの方
  • レンズ交換を頻繁に行いたい方

4位 NATIONAL GEOGRAPHIC オーストラリアコレクション 13.3L NG AU 5310

メーカー:NATIONAL GEOGRAPHIC
製品型番:NG AU 5310
容量:13.3L
肩掛:2本
荷室:1室
素材:撥水性ナイロン生地
外寸:約30cm×40cm×19cm
内寸:約27cm×38cm×13cm
重量:約1360g

NATIONAL GEOGRAPHICの「オーストラリアコレクション」は、デザインと機能を両立させたカメラリュックです。
このリュックの一番の特徴は、ハンドバッグ、ショルダーバッグ、リュックと3通りの使い方ができるところと言えます。
普段はリュックとして使用しながら、人の多い場所ではショルダーバッグに変更したり、公共交通機関ではハンドバッグとして手に持ったり、という使い方ができるでしょう。
また海と大地をイメージしたデザインも秀逸なので、持っていて楽しくなりますね。
素材は撥水性のナイロン生地を採用しており、三脚をバッグ横につけることも可能となっています。

Amazon商品価格(2018年4月16日現在)

13,999円

こんな方におすすめ

  • デザインがよいリュックをお探しの方
  • リュックとしてだけでなくバッグとしても使いたい方
  • 撥水性の生地を使用したリュックをお探しの方

3位 Manfrotto 26.5L バックパック ムーバー50 MN-BP-MV-50

メーカー:Manfrotto
製品型番:MB MN-BP-MV-50
容量:26.5L
肩掛:2本
荷室:2室
素材:-
外寸:-
内寸:-
重量:約1580g

三脚などでおなじみ、Manfrottoの「Manhattanコレクションシリーズ」のカメラ用リュックサックです。
このリュックの特徴は、カメラの収納方法と取り出し方法が多様であることでしょうか。
背面からも上からもカメラの取り出しが可能ですし、リュックの上段・下段ともにカメラ用のクッション仕切りがついており「頻繁に出し入れするカメラは上段、あまり出し入れしないカメラは下段」といったように分けて収納することが可能です。
容量も大きく、本格的なカメラ用リュックサックとなっています。

Amazon商品価格(2018年4月16日現在)

17,071円

こんな方におすすめ

  • 2室のカメラリュックをお探しの方
  • しっかりしたカメラリュックをお探しの方
  • 収納方法が多様なリュックをお探しの方

2位 Manfrotto カメラリュック Pro-lightコレクション 24L MB PL-3N1-36

メーカー:Manfrotto
製品型番:MB PL-3N1-36
容量:24L
肩掛:2本
荷室:2室
素材:-
外寸:約49cm×35cm×28cm
内寸:約46.5cm×31cm×17cm
重量:約2010g

Manfrottoの「Pro-lightコレクション」は軽さと保護能力の高さが特徴。
サイドから素早くカメラを取り出せる3N1バックパックをさらに進化させた形状で、バックパック、スリングタイプ、クロスと3タイプのリュックにすることができます。
カメラへは両サイドからアクセスが可能ですので素早く機材が取り出せるのもポイント。
三脚も取付が可能で、レインカバーも付属しており、軽くて丈夫、機動力が高いリュックとしてすべての用途におすすめのリュックです。

Amazon商品価格(2018年4月16日現在)

20,848円

こんな方におすすめ

  • 軽くて丈夫なリュックをお探しの方
  • 2室のカメラリュックをお探しの方
  • 三脚がつけられるカメラリュックをお探しの方

【こちらもCHECK】MB PL-3N1-36おすすめ紹介動画はこちら

MANFROTTO Pro-Light Camera Backpack for Canon C100 & DJI Phantom | MB PL-3N1-36

MANFROTTO Pro-Light Camera Backpack for Canon C100 & DJI Phantom | MB PL-3N1-36

1位 Lowepro カメラリュック フリップサイド 500 AW 25L

メーカー:Lowepro
製品型番:MB PL-3N1-36
容量:25L
肩掛:2本
荷室:1室
素材:ポリエステル
外寸:約30cm×51cm×32.5cm
内寸:約28cm×48cm×18.5cm
重量:約2000g

Loweproといえば世界でも有名なカメラバッグブランドですが、こちらはそのLoweproの大容量カメラ用リュックサックです。
25Lを誇る収納部にはカメラ本体とレンズが数本入る上、レイアウト変更可能なクッション材が大切な機材をしっかりガード。
バックには三脚も装着でき、レインカバーも付属しています。
しっかりした造りと、最も機能のバランスが取れているカメラ用リュックサックとして、初心者からプロの方までおすすめできる商品です。

Amazon商品価格(2018年4月16日現在)

14,648円

こんな方におすすめ

  • バランスの取れたリュックをお探しの方
  • 大容量のカメラリュックをお探しの方
  • 三脚を装着できるリュックをお探しの方

【こちらもCHECK】フリップサイド 500 AWおすすめ紹介動画はこちら

ロープロ フリップサイド 500 AW ( Lowepro Flipside500AW )

ロープロ フリップサイド 500 AW ( Lowepro Flipside500AW )

カメラ用リュックサックの使用上の注意点3つ

①カメラを出したらチャックは確実に閉めましょう

ファスナー
肩掛けのカメラバッグの場合は、カメラを取り出したあとに留め具やチャックを閉めなくても中身が落ちることはありません。
カメラバッグの場合は頻繁にレンズ交換をする場合、むしろチャックを開けておいたほうが何かと便利だったりもするものです。
しかしカメラ用リュックサックの場合はチャックや留め具を閉め忘れて背負うと、中のカメラ本体からレンズまですべて落下し大惨事になる可能性があります。
不意のシャッターチャンスで、チャックを閉めないまま慌てて背負ってレンズを落下させたというのはよく聞く話ですので、どんなときでも“開けたら閉める”の癖をつけるようにしましょう。

またメインのチャックは、左右二方向から閉める形になっているものが多いです。
この場合、左右どちらかにチャックを閉めるのではなく、リュックの一番てっぺんで左右均等にチャックを閉めるようにしましょう。
こうすると、仮に少しチャックが開いたくらいでは、中身が落ちる可能性は低くて済みます。

②リュックの中は整理整頓しましょう

リュックの中を探す男性
大きなカメラ用リュックサックになると、容量が大きい分、カメラやレンズなどの機材を詰め込んでもまだ内部に余裕ができることがあります。
この余裕はリュック内でのカメラとレンズ、レンズ同士の衝突を起こす可能性がありますので、ぶつからないよう間仕切りのセッティングを確実に行いましょう。
一般的に、カメラ用リュックサックにはカメラやレンズを抑える間仕切りがついています。

またリュックの曲がる位置、重さがかかる位置や底部など、リュックを置いたときに衝撃がかかりそうな位置には、ノートパソコンやタブレットなどの精密機器を入れないよう注意しましょう。
パンやおにぎり、ジュースなどの飲食物を一緒に入れる場合もあるかと思いますが、特にジュースやお茶などの飲料はきちんとキャップが閉まっているか確認して入れる、という点も要注意です。
背負っているときにジュースのキャップが外れ、入れていたカメラとレンズと携帯がジュースまみれに……という話もあります。
なおリュックによっては、外側にペットボトルホルダーがついているものもありますので、飲料はなるべくなら外側に装着し、中に入れる場合はしっかりキャップが閉まっていることを確認して入れるようにしましょう。

③人が多いところでは配慮を

山ガール
電車やバスなどの公共交通機関を利用する際、車内が空いているときは構いませんが、混雑してくると背負ったリュックが周りの人の邪魔になることがあります。
公共の乗り物に乗る際は、周囲に配慮して、リュックを腹側に抱えたり、網棚に上げたりする、などの気配りをしましょう。

また行楽地など人の多い場所では、背負ったリュックが人に当たらないような注意も必要です。
特に小さな子供などは、大人が背負ったリュックの高さに顔や頭がきたりするので、人が多い場所で不意に方向転換するとリュックが当たってしまいます。
事故防止のため、周囲の状況には注意しましょう。

Amazon&楽天のカメラバッグ人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

カメラ用リュックサックで野へ山へ!

並んだリュック
カメラ用リュックサックはバッグと違い、背負うことで機材の重さをバランスよく両肩で支えることができます。
また両手が使えるので、自転車やバイク、山登りなどでのカメラの運搬にも最適です。
さあ、お気に入りのカメラ用リュックサックを背負って野に山に繰り出しましょう!

【あわせて読みたい】カメラに関連するおすすめ記事はこちら

カメラケースおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.04.16

カメラレンズおすすめ人気ランキングTOP15!種類や掃除も【2018年最新版】

2018.03.01

チェキアルバムおすすめ人気ランキングTOP15!結婚式(ウェディング)用やおしゃれなアルバムも【2018年最新版】

2018.02.28

カメラストラップおすすめ人気ランキングTOP15!革製やおしゃれなアイテムのセレクトに付け方の解説も【2018年最新版】

2018.02.19

デジタル一眼レフ&ミラーレス一眼カメラ人気ランキングTOP10!初心者用も【2017年最新版】

2017.12.14

ABOUTこの記事をかいた人

趣味で写真撮影を始めて10年
40機種以上のカメラでの撮影経験後、プロカメラマンに

コンパクトデジタルカメラからプロ仕様の一眼レフまで各メーカーの40機種以上のカメラで撮影をしてきました。
商用では店舗HP用写真や不動産紹介写真も手がけております。
インスタグラムのフォロワー数は現在3400人を突破。