トラベルケトルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 目的にあわせて種類を選ぶ
    →2人分以上のお湯を沸かしたいなら「ポット」、1人分の飲み物を作るためなら「電熱コイルヒーター」、旅行先で自炊もしたいなら「トラベルクッカー」と使い分けるのがおすすめ。
  • サイズ・重量をチェックする
    →スーツケースやかばんに入るサイズを選ぶことも大事。
  • 電圧を確認する
    →プラグの形が異なる国に行く場合は、変換プラグも一緒に持って行くことを忘れないようにすること。

ケトル アルミ製


海外旅行好きの人を中心に注目を集めているのが「トラベルケトル」。
飲料水が確保しにくい海外で、気軽にお湯を沸かせるアイテムとして重宝されています。

コンパクトで持ち運びしやすいものや簡単な調理までできてしまうものなど、さまざまなニーズに対応できる商品が販売されています。

今回は、そもそもどのような使い方をするのか、どのような種類があるのかを知りたい方のために、15カ国以上旅した私がおすすめするトラベルケトルをご紹介いたします。

トラベルケトルとは

庭 葉 ケトル


トラベルケトルとは、旅行でも持ち運びのしやすいコンパクトな湯沸かし器のこと。

水道水をそのまま飲めない海外でも、ケトルでお湯を沸かせば気軽に飲料水を確保することができます。
また、日本食が恋しくなったときにインスタントのお味噌汁やカップラーメンをサクッと作ることもできます。

高級ホテルであれば、部屋にケトルが備えつけられているケースが多いので心配ありません。
しかし、私も一度経験したことがあるのですが、中級ホテル以下のクラスだとケトルが部屋になくて困ってしまうことがあります。
とくに、中級ホテルやユースホステルに1週間以上滞在するときにはトラベルケトルがあると非常に便利です。

トラベルケトルの3つの選び方

ポイント① 目的にあわせて種類を選ぶ

キッチン ケトル お茶


トラベルケトルには「ポット」「電熱コイルヒーター」「トラベルクッカー」の3種類があります。
詳細を下記にまとめたので、参考にしてください。

ポット

デバイスネット【全世界で使える携帯ポット】トラベルケトル スマート(VA33)【容量500ml 日本デザイン】
デバイスネット【全世界で使える携帯ポット】トラベルケトル スマート(VA33)【容量500ml 日本デザイン】

一番スタンダードな形で、ポットの中に水をいれてお湯を沸かすという家庭用ケトルと同じ使い方をします。

電熱コイルヒーター

JTB セラミックヒーター リトルボコボコ NEW 122415
JTB セラミックヒーター リトルボコボコ NEW 122415

マグカップなどにヒーターを直接差し込んでお湯を沸かすもので、持ち運びしやすいサイズなのが特徴です。

トラベルクッカー

ヤザワ トラベルマルチクッカー 全世界対応 変圧器不要 本体プラグA ヒーター・なべ(どんぶり・ふた・スプーンフォーク・専用ポーチ付属) 容量1.3L TVR21BK
ヤザワ トラベルマルチクッカー 全世界対応 変圧器不要 本体プラグA ヒーター・なべ(どんぶり・ふた・スプーンフォーク・専用ポーチ付属) 容量1.3L TVR21BK

小さい鍋とヒーターがセットになったもので、簡単な自炊もできる代物です。

2人分以上のお湯を沸かしたいなら「ポット」、1人分の飲み物を作るためなら「電熱コイルヒーター」、旅行先で自炊もしたいなら「トラベルクッカー」というように、目的にあわせて種類を選びましょう。

ポイント② サイズ・重量をチェックする

ケトル 黄色

旅行ではできる限り荷物をコンパクトにまとめたいもの。
あまりにも大きいケトルはかさばりますし、重たすぎるものは荷物を持ち運ぶときに邪魔になってしまいます。
トラベルケトルはなるべく小さく、軽いものを選ぶことをおすすめします。

また、スーツケースやかばんに入るサイズかどうかも重要です。
幅が広くてスーツケースの蓋が閉まらなくなってしまったり、入れるべき荷物が入らなくなってしまったりしないよう注意してください。

ポイント③ 電圧を確認する

コンセント 電圧

電圧は国によって異なります。
トラベルケトルは電圧切り替えスイッチがついているものか、目的の国の電圧に対応しているものを選ぶようにしましょう。

プラグの形が異なる国に行く場合は、変換プラグも一緒に持って行くことを忘れないようにしてください。

トラベルケトルおすすめ人気ランキングTOP5

トラベルケトルは、目的にあわせたいろいろな種類のものがあります。
今回は、コンパクトで持ち運びしやすくさまざまな用途に対応できるトラベルケトルを5種類厳選しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

5位 デバイスネット トラベルケトル スマート VA33

容量:500ml
重量:460g
電圧:100~120V、220~240V

500mlのお湯が沸かせる大容量タイプですが、とても軽いのが特徴。
凹凸が少なくスマートで、ケーブルを取っ手部分に巻きつけて収納できるのでスーツケースにも収まりやすいです。

2人分のお湯が一度に湧かせるので、友だちやカップルで旅行するときにもおすすめです。

Amazon商品価格(2018年3月13日現在)

3,996円

こんな方におすすめ

  • たくさんお湯を沸かしたい方
  • 2人以上で旅行する方

4位 ヤザワ トラベルマルチクッカー

容量:1.3l
重量:鍋178g、ヒーター636g
電圧:100~130V、220~240V

鍋とヒーターがセットになったトラベルクッカータイプ。
お湯はもちろんのこと、おかゆやボイル野菜など簡単な調理もできます。

少し重たいですが、海外に長期滞在する場合など食費節約のために自炊を検討される方におすすめです。
どんぶり、ふた、スプーンとフォークもついており、コンパクトに収納することができます。

Amazon商品価格(2018年3月13日現在)

2,599円

こんな方におすすめ

  • 旅行先で自炊したい方
  • たくさんお湯を沸かしたい方

3位 ヤザワ トラベルケトル

容量:400ml
重量:430g
電圧:100~130V、220~240V

飲み物やカップ麺でも十分使える400mlのお湯を沸かせます。
430gと非常に軽く、持ち運びに便利です。
値段もトラベルケトルのなかでは比較的安いので、一度試してみたいという方におすすめです。

一人暮らしにもちょうどいいサイズなので、旅行以外でも普段使いとして使うこともできます。

Amazon商品価格(2018年3月13日現在)

2,000円

こんな方におすすめ

  • トラベルケトルを試してみたい方
  • 一人暮らしで旅行でも家でもケトルを使いたい方

2位 JTB セラミックヒーター リトルボコボコ

容量:-
重量:200g
電圧:100~240V

ヒーターを直接水の入ったコップにセットしてお湯を沸かす「電熱コイルヒーター」タイプ。

基本的に1人分のお湯しか沸かせませんが、すぐに沸騰するので2人以上で旅行する場合でもそこまで時間はかかりません。

なんといっても、200gとたいへん軽いので携帯性抜群。
かばんのなかでも邪魔にならないので、とりあえず持って行っても損はありません。

Amazon商品価格(2018年3月13日現在)

4,790円

こんな方におすすめ

  • 軽いトラベルケトルが欲しい方
  • ホテルにケトルがあるか不安な方

1位 折りたためるトラベルケトル

容量:500ml
重量:540g
電圧:100~127V、220~240V

本体がシリコン製で、折りたたむと2/3サイズまで小さくなります。
見た目がかわいらしく、スーツケースのなかでも場所をとらないので持ち運びに便利です。

500mlのお湯を約4分で沸かすことができ、冷めると自動で再沸騰する保温機能も搭載されている優れものです。

Amazon商品価格(2018年3月13日現在)

3,980円

こんな方におすすめ

  • 荷物をコンパクトにまとめたい方
  • 保温機能のあるケトルが欲しい方

トラベルケトルの使用上の3つの注意点

① 荷物に入れるときはケトル内の水を捨てる

ケトル

水が漏れて荷物がびしょびしょになってしまうのを防ぐために、トラベルケトルを荷物の中に入れるときは中の水をすべて捨てるようにしてください。

とくに、荷物を機内に持ち込む場合は注意が必要です。
飛行機内への液体の持ち込みは厳しく制限されているので、事前に水は捨てておきましょう。

② 空焚きは絶対にしない

ケトル スマホをいじる女性


水が入っていないのにスイッチを入れる「空焚き」は絶対しないように注意しましょう。

うっかり気づかないまま放置していると、火事や故障につながってしまいます。
不安であれば、空焚き防止機能のついたトラベルケトルを選ぶことをおすすめします。

③ 電圧に対応していない国では変圧器を使う

コンセント 三点式


トラベルケトルは基本的に幅広い国に対応できる電圧になっていますが、対応していない国にいく場合は変圧器を持っていきましょう。

対応していない電圧のコンセントに差し込みスイッチを入れると、爆発する危険もあります。
電圧は必ずチェックするようにしてください。

Amazon&楽天の電気ケトル人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

トラベルケトルで旅行を快適に

ラテアート 女性

気軽にお湯を沸かせるトラベルケトルがあれば、旅先でもお茶やカップ麺も手軽に作ることができます。
なかには自炊ができるタイプもあるので、食費を少しでも節約したい方にもおすすめです。

とくに長期滞在であれば、トラベルケトルはなにかと重宝するでしょう。
できる限りかさばらないものを選んで、快適な旅行を楽しんでください。

【あわせて読みたい】旅行に関連するおすすめ記事はこちら

スーツケース用の鍵おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.18

スーツケース用ネームタグおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.09

日本製のスーツケースおすすめ人気ランキングTOP5!メーカーについても【2018年最新版】

2018.03.05

60Lスーツケースおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.02.26

おしゃれなスーツケースおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.02.19

ABOUTこの記事をかいた人

山岡理帆

世界を旅するフリーライター

高校時代から旅行にハマり、国内外問わず毎月旅行に飛び回るフリーライターです。
15カ国以上旅した経験を活かし、本当に使える旅行のお役立ち情報を発信していきます!