ロードバイクのバーテープおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

津田 良和

週に100キロ走るほどのロードバイク好き

週に一度100kmほど走るロングライドをやっています。
素敵なサイクルライフを送るための役に立つ情報を発信していきます。

    選び方のポイント

    • バーテープの機能性で選ぶ
      →振動吸収性はクッションが厚いものや、特殊なゲルを使用しているバーテープに優れたものが多い。
    • 目的や用途にあわせて選ぶ
      →レースも視野に入れてロードバイクに乗る方はグリップ力に優れたもの、普段のサイクリングや街乗りなどでロードバイクに乗る方は手が疲れにくい衝撃吸収性に優れたバーテープを選ぶ

    ロードバイク バーテープ (3)
    ロードバイクに乗っている方は「バーテープ」というものに気をかけたことはあるでしょうか。
    ライトユーザーの場合、あまり気にしないアイテムではありますが、ロードバイクに乗る上で、乗り心地や操作性を左右するアイテムとして、バーテープは重要と言えます。
    また、さまざまなカラーバリエーションがあるので、ロードバイクの見た目を左右するおしゃれアイテムにもなります。

    バーテープの場合、ほかのロードバイクの部品と比べて、気軽に購入できるうえに取り換えも簡単にできるので、初心者の方にもおすすめできるカスタマイズと言えるでしょう。
    今回はそんなロードバイクをおしゃれにアレンジできるバーテープのおすすめ商品を紹介していきます。



    ロードバイクのバーテープってどんなもの?

    ロードバイク バーテープ
    ロードバイクのバーテープはロードバイクのハンドル部分に巻き付けられているゴムのようなものです。
    バーテープが巻き付けられていることによって、走行中に手がハンドルから滑らなくする効果や、手に加わる振動を軽減することができます。
    また、バーテープの色によってロードバイクの印象をガラリと変えることができるので、デザインアイテムとしても使用されます。
    バーテープを購入するときは、バーテープに求める機能性や好みの色や車体と合うデザインのものを購入するといいでしょう。

    【こちらもCHECK】ロードバイクに関連するおすすめ記事はこちら

    輪行袋おすすめ人気ランキングTOP9!使い方の解説も【2018年最新版】

    2018.10.03

    ロードバイクおすすめ人気ランキングTOP10!初心者向けや選び方も【2017年最新版】

    2017.11.17

    ロードバイク用グローブおすすめ人気ランキングTOP9!冬用や夏用も【2017年最新版】

    2017.11.01

    ロードバイクのバーテープを選ぶポイント

    ① バーテープの機能性で選ぶ

    ロードバイク 走行 男性 バーテープ
    ロードバイクのバーテープの主な機能としては

    1. グリップ力
    2. 振動吸収性

    2点が挙げられます。

    それぞれ自分の目的にあったものをバランスよく購入することがおすすめです。
    バーテープのグリップ力は自分の手のサイズにあったもので、握りやすいものを選ぶとよいでしょう。
    一般的にクッションの厚いバーテープを使用するとハンドルが太くなってしまい手が小さい方にとっては握りにくくなってしまうこともあります。

    自分の手のサイズや素材など自分にあった握りやすいものを選びましょう。
    振動吸収性はクッションが厚いものや、特殊なゲルを使用しているバーテープに優れたものが多く、舗装の悪い道路を走ることが多い方や、サイクリングをしていて手の痛みに悩んでいる方におすすめです。

    ② 目的や用途にあわせて選ぶ

    ロードバイク 男性 バーテープ
    ロードバイクに乗る目的によってもバーテープを選ぶ基準は変わってきます。
    例えば、レースも視野に入れてロードバイクに乗る人にとっては、高速巡航でも安定した操作性を確保するためにもグリップ力に優れたものを選ぶとよいでしょう。
    普段のサイクリングや街乗りなどでロードバイクに乗る方にとってみれば、グリップ力も重要ですが、手が疲れにくい衝撃吸収性に優れたバーテープを選びましょう。
    また、見た目にこだわりたいのであれば、車体にあった色のバーテープを優先して購入するのがおすすめです。

    ③ バーテープの簡単コーディネート術

    カラー
    ロードバイクのバーテープを交換するときに気になるのが、購入したバーテープが自分のロードバイクとマッチするかどうかですよね。
    せっかく新調したのにデザイン的にイマイチだったらテンションも下がってしまいます。
    そこで、ここでは簡単にできるバーテープのコーディネート術を紹介していきたいと思います。

    ロードバイク全体の配色を考えるうえで便利なのは色相環です。
    色相環は円状に色を種類ごとに並べたものです。
    これを使ってバーテープの色を決めていきましょう。

    同系色

    色相環上の特定の色の両隣の色を同系色と呼びます。
    ロードバイクのフレームカラーに対して、同系色のバーテープを選択すると統一感のある仕上がりにすることができます。

    補色

    色相環上の特定の色の反対側にある色を補色と呼びます。
    ロードバイクのフレームカラーに対して、補色のバーテープを選択すると、差し色となっていい感じのアクセントを加えることができます。

    フレームが白or黒の場合

    フレームカラーが白または黒の場合は基本的にどんな色のバーテープを選択しても、アクセントになって、おしゃれなデザインにすることができます。

    ロードバイクのバーテープおすすめランキングTOP10

    ロードバイク用のバーテープの選び方のポイントをお伝えしてきました。
    ここからはおすすめで人気のバーテープをランキング形式で紹介します!

    10位 サイクルプロ コルクバーテープ


    カラーバリエーションが豊富で14色の中から選ぶことができるので、自分のロードバイクにあったぴったりのものを選ぶことができます。
    価格もリーズナブルなので、初心者の方で初めてバーテープを交換するという方にはおすすめです。

    9位 CYCLE PRO(サイクルプロ) ベルベットバーテープ


    独特の手触りの良さが魅力のバーテープで、高級感が漂うリッチなバーテープです。
    とにかく握ったときの手触りがよく、これさえ巻けばロードバイクに高級感を出すことができ、デザイン的にも優れています。

    8位 チネリ コルクリボン バーテープ


    イタリアの歴史ある自転車メーカー「チネリ」が販売しているバーテープで、雰囲気が漂うなコルク素材で、クラシカルな仕上がりにすることができます。
    柄も無地のものから柄が入ったものまでラインナップされており、お気に入りのものを選ぶことができます。

    7位 ディズナ ロードバーテープ


    ゴルフグリップと同じ素材を使用しているため雨天時でもしっかりとしたグリップ力を提供してくれます。
    2種類の縫い合わせたステッチを採用することで抜群のホールド感を味わうことができます。
    耐久性に優れており、デザイン的にもレトロなスタイルをしたロードバイクにぴったりです。

    6位 ファブリック Silicone Tape PPB バーテープ


    高い機能性とスタイリッシュなデザインが魅力的なバーテープです。
    素材に医療用のシリコンをベースにしたものを使用しているので、どんなにのってもしっかりしたグリップ性能を維持することができます。
    お値段はほかのバーテープと比べてお高めですが、その分の品質を保証してくれます。

    5位 PROスポーツコントロールバーテープ


    日本の大手自転車部品メーカー「SHIMANO」が販売しているバーテープは、SHIMANOらしい高機能で高品質な商品です。
    シリコン素材のバーテープで、耐久性とグリップ性能に優れており、価格もリーズナブルでコストパフォーマンスに優れた商品といえます。

    4位 OGKカブト BT-06 薄手タイプ


    ヘルメットメーカーとして有名な日本のOGKカブトが販売しているバーテープで、薄手ながらしっかりとした握り心地とグリップ性能を発揮しており耐久性にも優れています。
    低価格と品質に優れた国産メーカーらしいコストパフォーマンスに優れた商品です。

    3位 スパカズ スーパースティッキークッシュ


    独特のデザインとカラーリングが魅力的なバーテープでおしゃれにロードバイクをコーディネートしたい人にはぴったりです。
    また表面に凹凸を設けることによってグリップ性能と握り心地を発揮してくれます。
    伸縮性もあって巻きやすいので、初めて購入される方におすすめのバーテープです。

    2位 フィジーク パフォーマンス タッキー


    サドルメーカーとして有名なフィジークが販売しているバーテープはマイクロテックス素材で作られたグリップ性能が魅力的です。
    バーテープの厚さが3mmとほかの製品と比べて厚く振動吸収性にも優れています。

    1位 リザードスキン DSP

    多くあるバーテープのなかでも抜群のグリップ性能を誇るのがこちらのリザードスキンのバーテープです。
    その名の通りトカゲの皮膚をモチーフに作られたバーテープは乗り手の手になじみ、耐久性に優れています。
    独特ながらもコーディネートが楽しくなる魅力的な商品です。

    【こちらもCHECK】リザードスキンDSPに関連するおすすめ動画はこちら

    ロードバイクのバーテープの使用上の3つの注意点

    ① 交換するときは正しい巻き方で

    バーテープ 青
    バーテープを一人で交換するときは正しいやり方で、正確に行う必要があります。
    雑な巻き方になってしまうと、変な段差ができてしまったり、隙間ができてしまい見栄えが悪くなってしまいます。
    ロードバイクのバーテープを交換する方法に関しては、youtubeなどに解説動画がたくさんアップロードされていますので、バーテープをはじめて交換するのであれば、こういったものを参考にして正しいやり方で交換しましょう。

    バーテープの交換方法を解説する動画①

    バーテープの交換方法を解説する動画②

    ② 配色には注意が必要

    ロードバイク バーテープ
    ロードバイクのバーテープの簡単なコーディネート方法を解説しましたが、これだけですべてうまくいくわけではありません。
    ロードバイクにはフレームがツートンカラーになっているものや、ほかにもホイールやボトルゲージなど色の付いたものはたくさんあります。

    こういった部品ごとの配色のバランスを考慮に入れないと、全体的なバランスがおかしくなってしまうこともあります。
    バーテープを購入するときは色のバランスを前もって熟考してから自信をつけて購入することをおすすめします。

    ③ バーテープの交換のタイミングを見極める

    ロードバイク バーテープ
    バーテープを交換する理由は何もおしゃれ目的だけというわけではありません。
    バーテープは長期間使用していると表面が剥げてきて、グリップ力や衝撃吸収性を低下させてしまいます。
    こういった劣化などの理由からもバーテープの交換の必要性が生まれてきます。
    簡単にバーテープの交換のタイミングを見極める基準をご紹介しておきます。

    1. バーテープの表面が擦れてボロボロになっている
    2. 端がほどけている
    3. バーテープの間からハンドルが見えている

    バーテープがこのような状態になっている場合、交換した方がよいため、ぜひ一度ご自身のロードバイクをご覧になってください。

    Amazon&楽天のロードバイクのバーテープ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    ロードバイクのバーテープを購入して自分の愛車をおしゃれにデザインしよう!

    ロードバイク グローブ
    機能性だけではなくおしゃれにも効果的に使うことができるロードバイクのバーテープについて紹介してきました。
    バーテープは交換に特殊な工具を必要としないので、初心者の方でもちょっとしたコツさえ掴めば簡単に行うことができるおすすめのカスタマイズ方法でもあります。

    バーテープの中にも、さまざまな機能性や色、デザインをしたものがたくさんあるので、ぜひ一度購入を検討してみてください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】自転車用品に関連するおすすめ記事はこちら

    自転車用シートポストおすすめ人気ランキングTOP10!アルミ製やカーボン製の交換も【2017年最新版】

    2017.12.07

    自転車用ホイールライトおすすめ人気ランキングTOP4【2017年最新版】

    2017.11.13

    サイクルコンピューターおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.11.13

    自転車用の空気入れおすすめ人気ランキングTOP15!携帯用や電動も【2017年最新版】

    2017.11.01

    自転車用の鍵&チェーンおすすめ人気ランキングTOP10!ワイヤーやダイヤル式も【2017年最新版】

    2017.11.01