スペシャライズドのサドルおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

津田 良和

週に100キロ走るほどのロードバイク好き

週に一度100kmほど走るロングライドをやっています。
素敵なサイクルライフを送るための役に立つ情報を発信していきます。

    選び方のポイント

    • 座り心地で選ぶ
      →お尻の痛みはサドルの種類によっても変わる。
    • 目的や用途にあわせて選ぶ
      →サイクリングしかしないのにレース向けのサドルを購入してしまうと逆に疲れやすくなってしまうこともある。
    • 価格によって選ぶ
      →価格帯はおおよそ5,000円から30,000円だが、どのサドルでもスペシャライズドらしさを実感することはできる。

    自転車 ロードバイク サドル


    ロードバイクに乗り始めたときに最初に痛みが生じるのがお尻であったはずです。
    そのお尻を支える部品であるサドルは乗り心地を大きく左右するといっていいでしょう。

    あまりカスタマイズをする部品としては選択肢の中には入らないようですが、サドルを交換すると走りが大きく変わること間違いありません。
    今回はそんなロードバイクのサドルのなかでも評価の高いスペシャライズド製のサドルでおすすめなものを紹介していきます。

    スペシャライズドのサドルってどんなもの?

    自転車 ロードバイク サドル (3)


    ロードバイクなどのサドルは長時間の走行に適した設計をしています。
    しかし、負荷のかかかるお尻の痛みはどうしても避けることができません。
    またロードバイクのサドルは血流を圧迫しないため通常のサドルよりも硬い作りになっています。
    さらに、スペシャライズドのサドルとして特徴的なのが、サドルの中央部分に穴が開いていること。
    これによって痛みを軽減しながら、ペダリング効率を維持することができる画期的なものとなっています。

    【こちらもCHECK】ロードバイクに関連するおすすめ記事はこちら

    ロードバイク用輪行袋おすすめ人気ランキングTOP5!使い方も【2017年最新版】

    2017.12.06

    ロードバイクおすすめ人気ランキングTOP10!初心者向けや選び方も【2017年最新版】

    2017.11.17

    ロードバイク用グローブおすすめ人気ランキングTOP9!冬用や夏用も【2017年最新版】

    2017.11.01

    スペシャライズドのサドルの3つの選び方①

    ① 座り心地で選ぶ

    自転車 サドル


    スペシャライズドのサドルといってもモデルによってさまざまなタイプが販売されています。
    何よりもまずは座ってみたときの心地よさやペダルの漕ぎやすさなどで選んでみるといいでしょう。

    お尻の痛みは乗車姿勢やサドルの位置によって左右されますが、またサドルの種類によっても変わってきます。
    スペシャライズドのサドルを選ぶ際は、まずは試してみて自分にあったものを買いましょう。

    【こちらもCHECK】サドルの幅選びに関連するおすすめ動画はこちら

    ② 目的や用途にあわせて選ぶ

    自転車 サドルバック


    サドルの中にもレースに出場することを目的としたより前傾姿勢をとれるものから、長時間のサイクリングに適した疲れにくいものまでさまざまです。
    大切なことは自分が自転車に乗る用途や目的にあわせてサドルを選ぶということです。
    サイクリングしかしないのにレース向けのサドルを購入してしまうと逆に疲れやすくなってしまうこともあるので、事前に確認しておきましょう。

    ③ 価格によって選ぶ

    自転車 ロードバイク サドル (2)


    スペシャライズドのサドルの価格帯はおおよそ5,000円から30,000円となっています。
    どのサドルもスペシャライズド特有の中央部分に穴の開いたモデルとなっているので、どのサドルでもスペシャライズドらしさを実感することはできます。

    スペシャライズドのサドルを購入するときはサドルを購入するときの予算を決めてから、合うものを選ぶといいでしょう。

    スペシャライズドのサドルおすすめランキングTOP5

    スペシャライズドのサドルを選ぶポイントをお伝えしてきました。
    ここからはおすすめの人気なスペシャライズドのサドルラキングを紹介していきます!

    5位 Sitero Pro

    タイムトライアルやトライアスロンをする方におすすめのサドルです。
    座面に3種類の硬さのパットを使用することで、体重のかかり具合にあわせてしっかりフィットしてくれます。

    4位 TOUPE SPORT

    5,000円ほどで購入できるリーズナブルなモデルです。
    快適性と効率性のバランスがよく、防水性にも優れているので、カジュアルに使いたい方にはおすすめのサドルです。

    3位 Women’s Ruby Pro

    女性におすすめなのがこちらのサドルです。
    女性の骨盤の形状にあわせて設計されたサドルは長時間の走行でも快適さを維持してくれます。

    2位 Romin Evo Expert Gel

    スペシャライズドのサドルのミドルグレードのモデルです。
    座面に衝撃吸収のゲルパットが使用されているので、路面からの振動を抑えお尻の疲労を軽減します。

    1位 S-Works Power

    スペシャライズドのサドルの最上位モデルがこちらのサドルです。
    価格は3万円近くしますが、その性能は折り紙付きです。
    フルカーボンで成型することで超軽量を実現し、サドル後部の幅が広めに作られているので安定したペダリングを実現します。

    【こちらもCHECK】S-Works Powerに関連するおすすめ動画はこちら

    スペシャライズドのサドルの使用上の2つの注意点

    ① ポジション調整は入念に行う

    自転車 ロードバイク サドル 男性 (3)


    快適な走行に必要なのはサドルだけではなく、サドルをどのような位置にセッティングするかという点にもあります。
    サドルの角度や高さなど少しでも違えば乗り心地が格段に変化してきます。
    ポジション調整をするにはショップでプロの店員にお任せするのが一番ですが、簡易な工具さえあれば自分で行うこともできます。

    ② 過度な前傾姿勢は安全性を低下させます

    自転車 ロードバイク サドル 男性 (2)


    レース向けに設計されたサドルは乗車中に前傾姿勢を取れるようにできており、空気抵抗を軽減することで高速巡航を可能にしますが、前傾姿勢をとった場合は視界が下方に向きやすくなります。
    視界が下方に集中してしまうと前方の視野が狭くなり、安全性を低下させてしまう恐れがあります。
    そのため、レース向けのサドルを購入するときは前傾姿勢でも視界を確保できる乗り方を練習しておきましょう。

    スペシャライズドのサドルでサイクリストとしてランクアップしよう

    自転車 ロードバイク サドル 男性


    ロードバイクのサドルは初心者にはなかなか手が出ないカスタマイズでもありますが、サドルを交換することによって、乗り心地を格段に変えることができます。
    今使用しているサドルに悩みがあるのであれば、ぜひスペシャライズドのサドルがおすすめです。

    【あわせて読みたい】自転車に関連するおすすめ記事はこちら

    サドルバッグおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.11.20

    明るい自転車ライトおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.11.17

    自転車用おすすめ人気U字ロックランキングTOP10!最強ロックは【2017年最新版】

    2017.11.16

    自転車用ホイールライトおすすめ人気ランキングTOP4【2017年最新版】

    2017.11.13

    サイクルコンピューターおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.11.13