バス釣りラインおすすめ人気ランキングTOP10!太さや結び方についても【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 種類をチェック
      →初心者におすすめのナイロンラインなど3タイプからチョイス。
    • 太さを確認
      →迷ったら中間的な太さの10~12ポンドを選択。
    • 結び方を覚える
      →どんなに上手いプロが結んだとしても強度は表示されている強さの70%程度。そのため結び方は一つに絞るのも一案。
    バス釣り リール ライン

    バス釣りでルアーと釣り人を結ぶ役割を果たしてくれるライン。
    日本では「釣り糸」がもちろん定着していて一般的ですが、アメリカが本場であるバス釣りでは用語に英語が使われていることが多いです。
    バス釣りではさまざまなシチュエーションで、さまざまなルアーを使って釣りをしますので、それにあわせて多くのラインがあります。

    バス釣りで使われるラインには3つの種類があり、それぞれに特徴があるので、それらを使い分けていくことが重要です。
    また、各メーカーによって同じ種類のラインであっても使用感が違ってきますので、それらもできれば理解しつつ釣りにあわせていくことができるのがベストです。

    本記事ではバス釣りのラインについて、バス釣り歴20年を越える筆者がラインの選び方のポイントからおすすめ商品までご紹介。
    バス釣りのライン選びに役立ててもらえる内容をお伝えします。

    バス釣りラインとはどんなもの?

    バス釣りで使われるラインには3つの種類があります。
    その種類とは、「ナイロンライン」「フロロカーボンライン」「PEライン」の3つです。
    基本的な選び方としては、ナイロンラインは初心者の方向け、フロロカーボンラインは中~上級者向け、PEラインは比較的限定的な使い方といったものになります。
    さらにバス釣りではロッドの硬さや使うルアーが組み合わさってくるので、種類のほかに太さも関連してくるようになります。
    そのため、タックルの組み合わせは無限大になってくるといっても過言ではないでしょう。

    ライン一つで釣りのしやすさがまったく違うこともありますので、ラインはしっかりとポイントを知って選びましょう。

    【こちらもCHECK】バス釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    【釣り】リールの種類を徹底解説!ベイトリールからスピニングリールまで

    2018.08.31

    バス釣りリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.11.21

    バス釣りスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.11.17

    バス釣りラインを選ぶときの5つのポイント

    ① ナイロンラインはやわらかくて伸びがある

    サンライン(SUNLINE) ナイロンライン バススペシャル HG 100m 3号 12LB
    サンライン(SUNLINE) ナイロンライン バススペシャル HG 100m 3号 12LB
    バス釣りのラインで最も扱いやすいのが「ナイロンライン」で、バス釣り初心者の方が使うラインとしては「ナイロンライン」が最もおすすめです。
    ナイロンラインのメリットはやわらかくて伸びがあるので扱いやすく、最も3つの種類の中では価格が安いことです。
    デメリットとしては、紫外線に当たることや水を吸って劣化してしまうこと、また引っかかったりして伸びてしまうと弱ってしまいやすいといったことが挙げられます。
    釣り方としては水面を釣ったり、水中を巻いてきて釣るルアーに向いています。

    ② フロロカーボンラインは硬くて伸びが少ない

    サンライン(SUNLINE) フロロカーボンライン ベーシックFC 300m 1号 4lb
    サンライン(SUNLINE) フロロカーボンライン ベーシックFC 300m 1号 4lb

    中~上級者が多用するのがフロロカーボンラインで、バス釣りラインの中では多くのルアーに対応させやすいラインです。
    フロロカーボンラインのメリットは硬さがあり伸びが少ないことで、手元に伝わってくる感度が高いことにあり、障害物に擦れてもほかのラインより切れにくいといったことが挙げられます。
    デメリットとしては硬いのでうまく使わないとトラブルが起きやすい扱いにくさがあります。
    このデメリットを腕でカバーすることができれば、フロロカーボンラインはバス釣りで非常に使いやすいラインとなってくれます。

    釣り方としては底を釣っていく釣りや障害物周りを釣っていく時に向いています。

    ③ PEラインの使い方は限定的

    PEラインは4本もしくは8本の原糸を編んで作ってあるラインです。
    バス釣りでは一部の釣りで限定的に使われています。
    その釣りとは、カエルを模したルアーを使うフロッグゲーム、とても密度のある藻を釣るパンチングといったパワーを必要とする釣り方です。

    PEラインは使い方に慣れが必要ですが、これらの釣りではほかのラインを使う必要が無くなるくらいに特化した性能を見せてくれます。
    PEラインはパワーと引き換えに、摩擦に非常に弱く金属に結ぶと滑りやすいといったデメリットがあります。
    そのためルアーを結束するときには結ぶというよりも編み込んで固定するような方法が取られます。

    使い方によってほかのラインを圧倒する性能を持つのがPEラインの特徴です。

    ④ 太さはルアーや狙う場所にあわせる

    バス釣り リール ライン
    バス釣りのラインにはたくさんの太さがあります。
    これは使うルアーや狙う場所によって適切な太さが変わってくるからです。
    バス釣りのラインの太さはポンド(単位表記はlb)か号数で表されています。

    もともとバス釣りの本場はアメリカで、その流れからポンドで表記されていることがほとんどです。
    バス釣りでは2ポンドから30ポンドくらいまで幅広く使われるので、初心者の方は特にどれを選べばよいのか迷ってしまうと思います。
    どれから選べばよいかわからないときは、中間的な太さの10~12ポンドから始めるのがおすすめです。

    中間的な太さでラインの使い方を覚えると、それを基準にしてルアーや使う場所によるライン選びが自然とできるようになるでしょう。

    ⑤ 結び方は一つに絞って覚える

    ライン 結び方
    釣りでは結ぶといってもその種類はかなり多いです。
    ラインの結び方ですが、一つに絞って覚えることを筆者はおすすめします。
    結び方はそれぞれに手順や引っ張る力の掛け方が違い、それらを多く覚えようとすると結んだときに強度が落ちてしまうことが多くなりがちです。
    どんなに上手いプロが結んだとしても強度は表示されている強さの70%程度になるとされていますので、結び方は非常に大事なので、結び方は一つに絞って繰り返しやってみて覚えるのがおすすめです。

    最初はタコ糸などの太めの糸を使って、結んではほどくを繰り返すと覚えが早いです。
    ちなみに筆者はどの釣りにおいても「4回巻き付けのダブルクリンチノット」を使っています。

    【こちらもCHECK】筆者推薦の「ダブルクリンチノット」の動画はこちら

    バス釣りライン人気おすすめランキングTOP10

    ここではバス釣りライン人気ランキングTOP10をご紹介。
    ライン選びのポイントを抑えつつ、筆者が経験に基づいて選んだラインとなっていますのでぜひ参考にしてください。

    10位 ラインシステム オールバス

    バス釣りを始める方におすすめの大容量のナイロンライン。
    300メートルを75メートルごとに分けてあるので、4回分として使うことができます。

    9位 サンライン PEライン バス スーパー

    フロッグやパンチングにおすすめのバス用PEライン。
    グリーンのカモフラージュカラーでバスに警戒心を与えにくくしてあります。

    8位 クレハ フロロマイスター


    最初に使うフロロカーボンラインとしておすすめのモデル。
    フロロカーボンラインの特徴を理解するのに持ってこいです。

    7位 東レ ソラローム2 ビックバス ナイロン

    大きく重たいビッグベイトを使うときにおすすめのナイロンライン。
    太い番手での使い勝手がよいラインとなっています。

    6位 東レ バウオ スーパーハードポリアミドプラス

    ポンド数ごとに最適なバランス設定としてあるナイロンライン。
    価格に対して高めの性能を持ったラインとなっています。

    5位 クレハ R-1フロロリミテッド

    表面硬度が非常に高いフロロカーボンライン。
    障害物周りを釣るときにおすすめのラインです。

    4位 モーリス デッドオアアライブ ストロング

    モーリスの独自技術で強度アップを図ったナイロンライン。
    特殊2層ハードコーティングにより耐摩耗性・耐久性をアップしてあるので長く使うことができます。

    3位 サンライン シューター FCスナイパー


    1ポンドから30ポンドまでの幅広いラインナップがあるフロロカーボンライン。
    特に細い番手での直線強度は非常に高い印象を受けるラインです。

    2位 サンライン シューター マシンガンキャスト


    サンライン独自の技術でデメリットをできるかぎり少なくしたナイロンライン。
    半分の75メートルのところにマーキングしてあるので、2回に分けて使えます。

    1位 モーリス フロロカーボンライン デッドオアアライブ


    半分の75メートルのところにシールが貼ってあるので2回分に分けて使うことが出来るフロロカーボンライン。
    フロロカーボンラインのなかでも質感がやわらかいので、扱いやすいおすすめのラインです。

    バス釣りラインを使うときの2つの注意点

    ① 摩擦熱に注意

    マッチ 炎 炙る
    バス釣りで使うラインですが、どの種類も摩擦熱に弱いことを覚えておきましょう。
    特にラインを結ぶときと、リールにラインを巻くときに注意が必要です。
    結ぶときにはどうしても摩擦熱が発生しますので、それを抑えるために唾で結び目を湿らせてから締めこむようにするのがおすすめです。
    また、締めこむときにはゆっくりと力を加えつつ結ぶのも摩擦熱の発生を抑える方法なので覚えておきましょう。

    リールにラインを巻くときですが、ラインはスプールといった丸型で厚みの薄いものに巻かれて販売されています。
    このスプールからラインを巻いていくときにはスプールの淵にラインが当たってしまうとそこで摩擦熱が発生してしまうので、そうならないように気を付けつつ巻くようにしてください。

    ② 傷が目立ってきたら注意

    ラインは使っているうちに細かな傷がどうしても入ってきます。
    特にルアーに近い部分は傷が入りやすいので、指で挟んで滑らせて傷が入っていないか確かめつつ釣りをしてみてください。
    また、全体的に白っぽくなってきたり、毛羽立ちがめだつようになってきたときにはラインを巻き替えるようにしましょう。
    弱ったラインは癖がついたりして使いにくく釣果にも影響してしまうので、定期的な交換を心掛けてみてください。

    Amazonのバス釣りライン人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    バス釣りライン選びは釣りにあわせて選ぼう!

    バス釣り リール ライン
    バス釣りにはたくさんの釣り方があり、それにあったライン選びが出来ると釣果にもつながってきます。

    最後に一つ気をつけて欲しいポイントをお伝えします。
    雑誌などで紹介されているプロの使っている「5ポンド以下の細番手のラインの太さ」はあくまでも参考程度にしておきましょう。
    太い番手のラインでは特に気にしなくてもよいですが、細い5ポンド以下の番手をプロが使っているとすれば、一般に釣りをしている方はそれよりも2ポンド程度太いラインを使っておいたほうが実際の釣り場では使いやすさが上になりやすことが多いです。
    もちろん慣れてきたらプロの選んでいる番手と同じものを使ってみてもよいです。

    ぜひ今回の記事を参考にバス釣りで使うラインを選んでみてくださいね。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    バイブレーションルアーおすすめ人気ランキングTOP5!バス用についても【2018年最新版】

    2018.07.28

    吊り秤おすすめ人気ランキングTOP5!デジタルも【2018年最新版】

    2018.07.15

    シマノのスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.06.28

    ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.26

    バス釣り用ワームおすすめ人気ランキングTOP10!リグや仕掛けのポイントも【2017年最新版】

    2017.11.30