キャスティングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!オフショアも【2018年最新版】

選び方のポイント

  • オフショアの対象魚を知り、それにあわせて選ぶ
    →いずれの魚種においても7~8フィート程度の長さのロッドが使われることが多い。
  • トルク重視で選ぶ
    →ロッドの硬さだけで決まるわけではないので、各メーカーの性能に関する情報を確認してから選ぶのがよい。
  • ブリやカツオ狙いのときはキャスト力重視で選ぶ
    →やわらかいモデルを選んでいくとよい。
  • ヒラマサやシイラ狙いのときは操作性重視で選ぶ
    →ルアーを投げられるパワーがあるのはもちろんのこと、ルアー操作もしやすいことを重視して選ぶ。
  • マグロ狙いのときにはとにかくパワーのあるモデルを選ぶ
    →口に針をしっかりと貫通させて掛けるために、とにかくパワーのあるモデルを選ぶことが重要。

釣り 船


キャスティングロッドはオフショアと呼ばれる船からプラグやメタルジグを使ってフィッシュイーターを釣るための釣り竿。
対象となる魚は非常に種類が多く、それぞれに使うルアーや状況によって適したルアーは違います。
それに伴い適したキャスティングロッドの種類も変えなければなりません。

キャスティングロッドは今でこそオフショアを行っている釣り人ではスタンダードなものとなってきていますが、まだキャスティングの釣りを経験したことがない方はその選び方がわからない方も多いでしょう。

本記事においては、オフショア歴10年以上となる筆者がキャスティングロッドの選び方からおすすめ品までをご紹介。
ぜひ本記事でキャスティングロッドの選び方や使い方の注意点を覚えて、オフショアの釣りに挑戦してみてください。

目次

キャスティングロッドとは

釣り 船


キャスティングロッドとは、船からのオフショアの釣りにおいてルアーを投げて魚を狙うことに特化したロッド。
オフショアからの釣りではジギングが有名ですが、キャスティングロッドはそれとは違う竿の硬さや調子、長さとなっているのが特徴です。

キャスティングでの対象魚は1kg未満のブリの幼魚から、数十kgにもなるマグロまでさまざまなものとなっており、それぞれで特徴も違ってくるためそれにあわせてキャスティングロッドは選んでおく必要があります。
キャスティングロッドとひとくちにいっても、さまざまな種類があることをまずは知っておき選ぶようにしていきましょう。

【こちらもCHECK】ロッドに関連するおすすめ記事はこちら

サクラマスロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.09.14

ナマズロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.13

ジャッカルのロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.02.08

キャスティングロッドを選ぶときの5つのポイント

① オフショアの対象魚を知り、それにあわせて選ぶ

釣り 釣り竿 海


キャスティングロッドで狙うオフショアの釣りでは対象魚が多数いるので、まずそれらを選ぶ目安として把握しましょう。
日本におけるオフショアキャスティングでの対象魚というとブリ、ヒラマサ、シイラ、サワラ、カツオ、マグロといった「回遊魚」が主になります。
大きさとしては小さなものでは1kg未満、マグロであれば数十kgと幅広い!

魚によって引きの強さや、使うルアーが変わってくるので、それに適したキャスティングロッドを選んでいくことが必要です。
いずれの魚種においても7~8フィート程度の長さのロッドが使われることが多いことを覚えておきましょう。

② トルク重視で選ぶ

釣り 湖


オフショアのキャスティングで対象となる回遊魚は、とにかく引きが強いのが特徴。
回遊魚は常に泳ぎ回っているので筋肉が発達している!

そのためキャスティングロッドは「トルク」を重視して選ぶことが重要です。
トルクとはロッドが曲がるに伴って反発力が強まるもので、この性能を高めるために各メーカーが工夫を凝らしています。

トルクがあるキャスティングロッドは、強い負荷がかかっても人間は比較的楽でいることができ、強烈な引きでもラインを切られにくいのが特徴です。
各メーカーはトルクを強めるため、ロッド本体に使われるカーボン素材の組み合わせを工夫したり、ロッドのつぶれを防ぐためにテープや金属で補強しています。
トルクに関してはロッドの硬さだけで決まるわけではないので、各メーカーの性能に関する情報を確認してから選ぶのがよいでしょう。

③ ブリやカツオ狙いのときはキャスト力重視で選ぶ

魚 水揚げ

キャスティングの対象魚となる魚で比較的小型になのがブリやカツオ。
この2魚種を狙うキャスティングロッドはキャスト力重視で選んでおきましょう。

基本的にブリやカツオ狙いのときは、水面で小魚を追いかけている「ナブラ」の状態を追いながら釣りをしていきます。
このブリやカツオのナブラですが移動がとても速く、その移動する先に正確にルアーを投げなければいけません。
5cmにも満たない小魚を捕食していることも多いので、魚の活性が高い割には釣りきれないといったことも多くなりがちです。

このナブラを攻略するためには、10g以下の小型でも投げられるキャスト力重視のキャスティングロッドを選んでいくことが重要になります。
キャスティングロッドのなかでも、やわらかいモデルを選んでいくとよいでしょう。

④ ヒラマサやシイラ狙いのときは操作性重視で選ぶ

魚 水揚げ


キャスティングでの対象魚で中型となるのがヒラマサやシイラ。
これらの魚種を狙っていくときには、トップウォータープラグと呼ばれる水面で操作するルアーを使って釣りをしていきます。

水面で「ドッグウォーク」や「ダイビング」といったアクションでルアーを操ってヒラマサやシイラを誘い出してくるので、キャスティングロッドはルアーを投げられるパワーがあるのはもちろんのこと、ルアー操作もしやすいことを重視して選ぶことが必要です。

操作性に優れたキャスティングロッドは適度なしなやかさも併せ持っているので、ヒラマサやシイラのようなヒット直後の「ファーストラン」が強烈な魚の場合でもバラシにくい特徴を持っていることが多いので覚えておきましょう。

⑤ マグロ狙いのときにはとにかくパワーのあるモデルを選ぶ

魚 海中


キャスティングロッドで狙う対象魚で最も大型で引きが強いのがマグロです。
大きさは5kg程度から最大で数十kgにもなり、大型がヒットしたときには船でマグロを追いながら時間を掛けてやり取りすることもあるくらい強い引きを見せてくれます。

このマグロ狙いでのキャスティングロッドですが、とにかくパワーのあるモデルを選ぶことが重要になります。
その理由としては強い引きを受け止める役割はもちろんですが、マグロがルアーに喰い付いてから口に針をしっかりと貫通させて掛けるためにロッドにパワーを持たせてあるといった部分も大きいです。
マグロ狙いではとにかくパワーのあるキャスティングロッドを選ぶようにしてください。

キャスティングロッドおすすめ人気ランキングTOP15

ここからはキャスティングロッドのおすすめ人気ランキングTOP15をご紹介します。
筆者が商品ごとに、適した魚種もあわせて紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

15位 ダイワ ソルティガ エアポータブル C80HS


ロッドの長さ:8フィート
ロッドの硬さ:ヘビー
継数:3本
適合ライン(PE):4~6号
適合ルアーのウエイト:30~120g

遠征時にも持ち運びやすい3本継ぎ仕様となっているキャスティングロッド。
荷物が制限されがちな遠征時でも、30gから120gまで投げることができる汎用性の高さが魅力となっています。
最大で50kgクラスのマグロまで対応でき、日本人の体格にも併せたブランクス設計で使い勝手もよいキャスティングロッドです。

14位 シマノ オシアプラッガー BG FLEX ENERGY S79MH


ロッドの長さ:7.9フィート
ロッドの硬さ:ミディアムヘビー
継数:2本
適合ライン(PE):MAX10号
適合ルアーのウエイト:200g

最大でPE10号の太さまで対応できるパワーの強さが魅力のキャスティングロッド。
ガイドはすべて強度重視のステンレスオーシャンガイドとしてあり、トップガイドは12Hというサイズを用いて、メインラインとリーダーの結束部も通りやすいようにしてあります。
フロントグリップはEVA素材採用で、やり取りのときに握りやすいように先にいくにしたがって細い設計としてあり、マグロや大型ヒラマサを狙っていく釣りで活躍してくれるキャスティングロッドとなっています。

13位 アブガルシア ソルティーステージ KR-X ツナ SXTS-82XXX-KR


ロッドの長さ:8.2フィート
ロッドの硬さ:エクストラヘビー
継数:2本
適合ライン(PE):MAX10号
適合ルアーのウエイト:20~180g

マグロ専用のパワーを持ったキャスティングロッド。
肉厚のカーボンブランクスを「Xテープラッピング」で強化してあり、大型のマグロのヒットやルアーのキャストも行いやすくなっています。
ヒットしてからのやり取りでサポートとなってくれるロッドエンドのラウンド形状も、おすすめのポイントとなっているキャスティングロッドです。

12位 ダイワ キャスティングロッド ソルティガ C82HS・J


ロッドの長さ:8.2フィート
ロッドの硬さ:ヘビー
継数:2本
適合ライン(PE):4~6号
適合ルアーのウエイト:60~130g

ティップからバットガイドまでダブルフットガイドを使ってあるキャスティングロッド。
各箇所にあわせてティップ部分には軽いチタン、バット部分はステンレスオーシャンガイドとしてあり、キャスティングのしやすさを確保しつつ、力の掛かりやすい部分はしっかり強化してあります。
長めのレングスを持っているので、ヒラマサやシイラにおすすめのキャスティングロッドです。

11位 シマノ ロッド オシアプラッガー フレックスリミテッド S80L


ロッドの長さ:8フィート
ロッドの硬さ:ライト
継数:2本
適合ライン(PE):MAX2.5号
適合ルアーのウエイト:MAX50g

キャスティングロッドとしてはかなりやわらかい仕様のモデル。
やわらかさのなかにも「スパイラルX」と「ハイパワーX」でロッドのトルクは確保してありますので、泳ぎの速い回遊魚がヒットしても問題なく取り込むことができます。
小型ルアーを使う必要性に迫られやすいカツオやブリ狙いで活躍してくれるロッドです。

10位 シマノ グラップラー キャスティングシリーズ S68L


ロッドの長さ:6.8フィート
ロッドの硬さ:ライト
継数:2本
適合ライン(PE):MAX2号
適合ルアーのウエイト:10~45g

比較的ライトなタックルでのキャスティングゲームにおすすめのロッド。
「ハイパワーX」でトルクを確保しつつ、グリップは「CI4+リールシート」を使って軽量化を図るといった工夫をしてあります。
価格は抑えてあり、ライトなキャスティングゲームに適しているので、初心者の方にもおすすめできるロッドとなっています。

9位 天龍 スパイク ツナ SK872TN-H


ロッドの長さ:8.7フィート
ロッドの硬さ:ヘビー
継数:2本
適合ライン(PE):4~6号
適合ルアーのウエイト:MAX150g

長めのレングスを持ったマグロ用キャスティングロッド。
群れに近づくと沈みがちなマグロを少しでも離れた距離から狙い撃ちすることを目的としています。
使うときにドラグ調整やファイト角度など、キャスティングロッドの扱いに慣れた釣り人におすすめのキャスティングロッドです。

8位 アングラーズリパブリック パームスエルア シーラプチャー C.F.CII オフショアキャスティング SRGS-76M


ロッドの長さ:7.6フィート
ロッドの硬さ:ミディアム
継数:2本
適合ライン(PE):2~4号
適合ルアーのウエイト:20~80g

カーボンの密度が高い「ナノアロイ」を使用して、バット部分をX状にテープで締め上げることでパワーを持たせてあるキャスティングロッド。
やり取りの最中でも緩みにくいリールシートスクリューを使ってある点も魅力です。
幅広い魚種に対応できるキャスティングロッドとなっています。

7位 がまかつ ラグゼ オーシャン トップギア 69M


ロッドの長さ:6.9フィート
ロッドの硬さ:ミディアム
継数:2本
適合ライン(PE):2~3号
適合ルアーのウエイト:15~60g

ルアーコントロールの正確性に重点を置いてあるキャスティングロッド。
トップ系のルアーを狙ったところに正確に投げいれていくことで釣れる確率を高めることが可能です。
群れの動きが早いことが多いブリやカツオを小型のルアーで正確に狙うのに適しています。

6位 テイルウォーク SALTYSHAPE DASH OFFSHORE CAST 70M


ロッドの長さ:7フィート
ロッドの硬さ:ミディアム
継数:2本
適合ルアーのウエイト:MAX60g

コストパフォーマンスが高いキャスティングロッド。
「Xラッピング」でロッドのトルクを持たせ、フジステンPカラーKガイドでライン絡みを抑えてあります。
初心者の方が挑戦しやすいブリやカツオのナブラ狙いで活躍してくれるロッドとなっています。

5位 天龍 スパイク イエローテール SK802YT


ロッドの長さ:8フィート
継数:2本
適合ライン(PE):3~5号
適合ルアーのウエイト:MAX 100g
青物の別称である「イエローテール」を名前に持ったキャスティングロッド。
名前のとおり、ヒラマサやブリを狙っていくのに適しており、100gまでのトッププラグをオーバーヘッドキャストで遠投して操作することを得意としています。
日本で想定される青物のサイズであれば難なく使えるキャスティングロッドです。

4位 ダイワ キャタリナ キャスティングモデル C74MS・E


ロッドの長さ:7.4フィート
ロッドの硬さ:ミディアム
継数:2本
適合ライン(PE):3~4号
適合ルアーのウエイト:20~70g

さまざまなキャスティングがしやすいミディアムレングス・ミディアムパワーのキャスティングロッド。
乗り合い船での釣りが多くなるキャスティングゲームにて、キャストのしやすさは釣りの集中力につながってくれます。
魅力は高弾性カーボン素材である「HVFナノプラス」を「X45」構造で組み上げることによるロッドのトルクでしょう。
青物からシイラまで中型の対象魚で使うのがおすすめのロッドです。

3位 シマノ オシアプラッガー フルスロットル S77M


ロッドの長さ:7.7フィート
ロッドの硬さ:ミディアム
継数:2本
適合ライン(PE):MAX5号
適合ルアーのウエイト:30~90g

プラグの操作性に優れたキャスティングロッド。
ドッグウォークやダイビングといったアクションを遠投した先でも、しっかりとルアーに与えて操作できる仕様になっています。
キャストしやすい中間的な長さなので、オーバーヘッドキャストからアンダーハンドキャストまでさまざまなキャスト方法を行いやすく、ヒラマサやシイラのトップゲームや30kgクラスまでのマグロまで広く対応できるプラグ用キャスティングロッドです。

【こちらもCHECK】オシアプラッガー フルスロットルのおすすめレビュー動画はこちら

2位 メジャークラフト 3代目 クロステージ オフショアキャスティング CRXC-70L


ロッドの長さ:7フィート
ロッドの硬さ:ライト
継数:2本
適合ライン(PE):1~2号
適合ルアーのウエイト:10~45g

1万円前後の価格で買うことができるライトなキャスティングロッド。
対象魚としてはブリやカツオ、また内湾におけるサワラといった比較的小型の回遊魚の釣りで使いやすいのが特徴です。
扱いやすい長さとやわらかさで初心者の方が最初に使うキャスティングロッドとしておすすめのモデルとなっています。

1位 ヤマガブランクス ブルースナイパー ボートキャスティング 79/3


ロッドの長さ:7.9フィート
継数:2本
適合ライン(PE):2~4号
適合ルアーのウエイト:30~70g

全国的に使われることが多いスペックを持っているヤマガブランクス人気のキャスティングロッド。
ティップとバットでパワーを変えてあり、キャスティング性と操作性、やり取り時のパワーのバランスを取ってあります。

ティップが少しやわらかいことによってトップウォータールアーを魚に吸い込ませやすいです。
そのため深くフッキングさせることができるので、バラシを少なくすることにもつながっているロッドになります。

15kg未満の回遊魚を対象とした設計のキャスティングロッドとなっており、プラグを使ってのヒラマサやカツオ、シイラ狙いにおすすめです。

キャスティングロッドを使用するうえでの5つの注意点

① グローブ・キャップ・偏光サングラスは必ず装着しておく

釣り 船

キャスティングロッドを使って釣りをするときにはグローブ・キャップ・偏光サングラスを手や頭、目の保護のために必ず装着しておくようにしましょう。
グローブはキャスト時に人差し指に掛かるラインの擦れや、タックルを持って操作し続けることによる擦れから手を守ってくれます。

キャップと偏光サングラスに関しては、自分に向かってルアーが飛んできたり、ロッドが折れて破片が飛んできたりといった突然起きるトラブル時に頭や目を保護してくれる役割があります。
また、偏光サングラスに関しては強い日差しをさえぎり、目を守ってくれる役割も併せ持っています。

キャスティングロッドを使うときには、グローブ・キャップ・偏光サングラスの3種類を必ず用意しておき、装着しておくようにしましょう。

② 岸でキャスト練習をしておく

釣り キャスト


キャスティングロッドはパワーを重視してあることも多く、投げやすいとは決して言い切れません。
また、船で行うオフショアの釣りは周りに人がいたりしてキャストの方法が限られたり、波で足元が上下する状態で投げる必要がでてきたりしますので、思ったようにキャストできないことも多いです。

そのため、船の上ではなくまずは岸でキャスト練習をしておくことをおすすめします。
必要となるキャスト方法は「オーバーヘッドキャスト」と「アンダーハンドキャスト」となっており、どちらのキャスト方法もほかの釣りに比べて投げるタイミングが重要となりますので、その点を意識しながら練習してみてください。

【こちらもCHECK】キャスティングのやり方に関するおすすめ動画はこちら

③ 周りに注意しながら投げる

釣り 男性 リリース

キャスティングロッドを使った釣りでは、「ナブラ」と呼ばれる水面でフィッシュイーターが小魚を追う場面を追いつつ釣りをしていくことが多いです。
この状態は魚が釣りやすい最大のチャンスであるため、周りへの注意がおろそかになりがちで、事故やトラブルが起きやすい傾向があります。

もっともも怖いのはほかの釣り人に誤って釣り針を掛けてしまうことで、毎年そのような事故が起きているのが現状です。
オフショアの釣りでは必ずといっていいほど数人での釣りとなりますので、絶対にキャストごとに後ろを確認して注意しながら投げるようにしましょう。

④ ジョイントやリールシートの緩みに気をつける

釣り リール


キャスティングロッドはパワーを持たせるために硬さが持たせあるので、使ったときの衝撃がジョイント(竿の継ぎ目)やリールシート部分に掛かりやすいです。
そのため、定期的にジョイントやリールシートの緩みが無いか注意しましょう。

もしジョイント部分が緩んだまま魚が掛かってしまうとその部分から折れてしまったり、リールシートが外れてしまったりすることもあります。
筆者の感覚としてですが、30分に1回は緩みがないか確認したほうがいいですね。

⑤ 釣りが終わったら必ず水洗い

シャワー


キャスティングロッドは釣りが終わったらセットにして、使うリールもあわせて必ず水洗いしてください。

オフショアの釣りでは船が走っているときに水しぶきが上がり、それがタックルにかかりますので、岸でのソルトウォータールアーとは比べ物にならないくらい海水の影響を受けています。

岸での使用よりは長めに水で洗い流すようにしておき、軽くやわらかい布で拭いて乾燥させるようにしておいてください。
また、水洗いしたときにロッド本体に傷が入っていないか、ガイドが曲がったりしていないかといったところもあわせて確認しておくと、不意のトラブルに悩まずに済むので覚えておきましょう。

【こちらもCHECK】釣具のメンテナンス方法の紹介動画はこちら

Amazonのキャスティングロッド人気ランキング

Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

キャスティングロッドでの釣りを楽しもう

魚 海中


キャスティングロッドを使った釣りは視覚的にも体感的にもとても楽しめるもの。
岸ではなかなか巡り会えないような大物がルアーに喰い付いてくることも珍しくない魅力のある釣りです。
その巡りあわせの確率を高めるためにも、それぞれの対象魚にあわせて適切なキャスティングロッドを選んでおくことが必要となります。

本記事においてご紹介してきた選び方のポイントや使い方の注意点を踏まえておき、ぜひオフショアの釣りを楽しんでみてください。

【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

車用ロッドホルダーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.03.29

投げ竿おすすめ人気ランキングTOP15!遠投も【2018年最新版】

2018.03.22

釣り用バッグおすすめ人気ランキングTOP15!防水も【2018年最新版】

2018.03.16

釣り用クーラーボックスおすすめ人気ランキングTOP15!おしゃれ、小型なものや選び方も【2018年最新版】

2018.03.15

夜釣り用ヘッドライトおすすめ人気ランキングTOP25【2017年最新版】

2017.11.01