フライロッドおすすめ人気ランキングTOP15!ブランクも【2018年最新版】

選び方のポイント

  • ロッドは番手を基準にして選ぶ
    →各メーカー間で規格が統一されているので、それに沿って選べば間違いなし。
  • 対象魚やシチュエーションにあったモデルを選ぶ
    →番手と比例してロッドが硬くなるので、数字が大きくなればなるほど、大型の魚やフィールド向けとなる。
  • ブランクに張りのあるモデルを選ぶ
    →ブランクに張りのあるモデルが、使いやすく手元への負担が少ないのでおすすめ。
  • スネークガイド搭載のロッドを選ぶ
    →太さを持ったフライラインでも滑りがよく、振ったときの空気抵抗も少ないので、キャストが行いやすいことがメリット。
  • セット品も選択肢として考慮する
    →必要なものがすべて手に入るので、セット品で釣りを始めてみるのもよい手段。

釣り用品 ロッド フライ


フライフィッシングは毛バリを使って行うとても奥深い釣りです。
毛バリは虫や小魚を模すことができるので、フライフィッシングの対象魚は淡水から海水まで多岐に渡ります。

そのフライフィッシングで使う道具で重要な部分となっているのがフライロッド。
しかし、フライフィッシングは人気があまりないため、フライロッドの取り扱いをしている釣具店は少ないです。

また釣具店の店員であってもフライの経験はないという方が多く、得られる情報も限られてしまっています。
本記事においてはフライフィッシング歴10年となる筆者が、フライロッドの選び方から使い方の注意点、おすすめ商品をご紹介します。
フライフィッシングに挑戦してみたい方は、ぜひ本記事を参考にフライロッドを選んでみてください。

目次

フライロッドとは

フライロッド ライン


一般的な釣りはルアーや仕掛けの重さを利用して投げるのに対して、フライフィッシングではラインの重さを利用して毛バリを投げていくため、その特徴や表示はほかの釣りとは大きな違います。

フライフィッシングは、虫や小魚を捕食する魚であればすべて対象となるため、フライロッドの種類もかなり細分化されているのです。
また、フライロッドだけではなくリールやラインに関しても、フライフィッシングで使う道具は、ほかの釣りと大きく異なります。
それらを念頭において選んでいく必要があることを理解しておきましょう。

フライロッドを選ぶときの5つのポイント

① ロッドは番手を基準にして選ぶ

フライロッド

フライロッドには通常の釣り竿のように、「ミディアム」などの硬さ表示がなく、代わりに番手が振られています。
これは適合するラインの番手を同時に表しており、フライロッドの表示が3番であれば、フライラインも3番を使用するということになります。
釣り竿としては珍しく規格が統一してあり、どのメーカーでも番手を目安に選んでいくことが可能です。

フライロッドの表示が3番であれば、フライラインも3番を使用するということ。

番手は♯と数字を組み合わせる形式で、♯0から♯15まで存在します。

番号表示はフライロッド特有ではありますが、各メーカー間で規格が統一されているので、それに沿って選べば間違いありません。

② 対象魚やシチュエーションにあったモデルを選ぶ

魚 フライロッド


フライフィッシングの対象となる魚は、20センチ程度のヤマメから1メートル近くの大きさになるシイラまで非常に多種多様。
そのため対象魚やシチュエーションにあったモデルを選ばなければなりません。

フライロッドには番手が♯0から♯15まであるので、これを目安にして対象魚やシチュエーションにあったモデルを選んでいくことになります。
番手と比例してロッドが硬くなるので、数字が大きくなればなるほど、大型の魚やフィールド向けとなっていく形です。

目安としては♯0から♯6までが河川や管理釣り場でマス類を狙うのに適していて、♯6から♯10は湖での大型マス類狙い、♯10から♯15は海水での大型魚向けとなっています。

フライロッド選びは、釣る魚とシチュエーションを明確にして選ぶようにしてみてください。

③ ブランクに張りのあるモデルを選ぶ

釣り 湖


フライロッドは、ほかの釣り竿と同じく本体部分の「ブランク」によって釣りのしやすさが変わります。
基本的にはブランクに張りのあるモデルが、使いやすく手元への負担が少ないのでおすすめです。

張りのあるモデルとそうでないモデルを実際に振ってみると、手元に掛かってくる負担が大きく違いますので、選ぶときの大事なポイントとなります。
フライロッドは張りを持たせるために反発力の高い「高弾性カーボン」をつかったり、金属繊維を纏わせたりしているものなどがあるので、各メーカーのスペックを参考にしながら選んでいくとよいでしょう。

④ スネークガイド搭載のロッドを選ぶ

Maxcatch Premier 3-12wt ミディアムファストアクション フライロッドカーボンロッド ハイパフォーマンスのために (V-Premier, 9' 8wt)
Maxcatch Premier 3-12wt ミディアムファストアクション フライロッドカーボンロッド ハイパフォーマンスのために (V-Premier, 9′ 8wt)

フライロッドで特徴的な部分となるのが、ラインを通す「ガイド」。
フライロッドでは、「スネークガイド」という金属だけで作られたガイドがついていることが、一般的な仕様となっています。

スネークガイドは太さを持ったフライラインでも滑りがよく、振ったときの空気抵抗も少ないので、キャストが行いやすいことがメリット。
基本的にはスネークガイド搭載のフライロッドがおすすめですが、「SiCリングガイド」もモデルによってはおすすめです。

下記はラインを傷めにくかったり、トップガイドが砂によって擦り減ることを押さえたりするメリットがあるので覚えておきましょう。

  • 細番手のフライラインを使うため、キャスト距離が短いシチュエーションを想定したモデル
  • トップガイドのみSiCリングガイド搭載としてあるようなセッティング

⑤ セット品も選択肢として考慮する

Maxcatch Extreme フライフィッシングロッド コンボキット フライロッド セット 初心者 入門セット 収納バッグ付き(3 wt ロッドコンボ)
Maxcatch Extreme フライフィッシングロッド コンボキット フライロッド セット 初心者 入門セット 収納バッグ付き(3 wt ロッドコンボ)
初心者の方がフライロッドを選ぶときは、セット品もあることを知っておくとよいでしょう。
フライフィッシングでは必要となる道具が一式セットになって販売されているものも多く、必要なものがすべて手に入るので、セット品で釣りを始めてみるのもよい手段です。

実際に筆者も最初はセット品を購入してからフライフィッシングで必要な道具や表示について覚えました。
どうしてもほかの釣りと違う表示や道具がわかりにくいといった方は、渓流用セットや湖用セットを選ぶのもおすすめです。

フライロッドおすすめ人気ランキングTOP15

ここからはフライロッドのおすすめ人気ランキングTOP15をご紹介します。
筆者がフライロッド選びのポイントを踏まえてセレクトしているので、ぜひ参考にしてみてください。

15位 ティムコ LOOP クロスSW 1290-4MF


ロッドの長さ:9フィート
継数:4本
適合ラインナンバー:12番

海水域において大型のフィッシュイーターを狙うときにおすすめのソルト用フライロッド。
「ナノレジン」素材による力強さがあり、遠投時にも魚とのやり取り時でもそのパワーを発揮してくれます。
ストリーマーを使ってのシイラやサワラ狙い、また海外におけるターポンやボーンフィッシュ狙いにもおすすめのフライロッドです。

14位 アキスコ エアーライトストリーム ASFG 763-6


ロッドの長さ:7.6フィート
継数:6本
適合ラインナンバー:3番

ロッド素材にグラスファイバーを使用してあるフライロッド。
グラスファイバー特有のしなやかな曲がりによって、キャストモーションをゆっくりと取ることができるのが特徴となっています。

アルミケースが標準で付属しているので、「高巻き」や「藪漕ぎ」といった場合においてもロッドの破損を気にせず移動できます。
ゆっくりとした時間のなかでフライフィッシングを楽しみたい方におすすめです。

13位 シマノ ロッド ブルックストーン 904


ロッドの長さ:9フィート
継数:3本
適合ラインナンバー:4番

初心者の方も手に取りやすい低価格のフライロッド。
管理釣り場や渓流、また海におけるメバルやカマスのフライフィッシングで使える汎用性の高いロッドです。

釣りに慣れていない方であっても継ぎ数が3本としてあるので、緩みで起きるトラブルを最小限にしてあります。
フライフィッシングがどのようなものが試してみたい方におすすめのエントリーモデルとなっています。

12位 リバーピーク スペイフライロッド 12.6フィート #7


ロッドの長さ:12.6フィート
継数:4本
適合ラインナンバー:7番

ツーハンドで7番ラインを使って遠距離のアプローチを得意としているフライロッド。
両手で握ったときに左右の手それぞれで力を込めやすいように、コルクグリップの形状に工夫がくわえられています。
海水域でのシーバスやサワラ、また河川でのニジマスやアメマス狙いにおすすめのロッドです。

11位 ティムコ オービス 4Y06 クリアウォーター 105-4


ロッドの長さ:10フィート
継数:4本
適合ラインナンバー:5番

湖や河川において大型フライをロングキャストする必要があるときにおすすめのフライロッド。
5番で10フィートの長さを持つことによるロッドパワーでフライを遠くまで運んでくれます。
湖におけるブラウントラウト、河川におけるサクラマスなど大型マス類を狙うときにぜひ使ってみてください。

10位 ティムコ ユーフレックス・インファンテツーハンド TH 1307-4


ロッドの長さ:13フィート
継数:4本
適合ラインナンバー:7番

ウェーディングしながらブラウントラウトやアメマスを狙うのにおすすめのツーハンドタイプのフライロッド。
通常のフライロッドが片手で振るのに対して、グリップ部分を長くすることによって両手でロッドを振ることができ、より遠くへキャストすることができるようにしてあるロッドです。
力強いキャスティングができるので、冬場の悪天候時でもしっかりと狙ったポイントまでフライをアプローチして、大型マス類を釣り上げることができます。

9位 ダイワ シルフ F-865 COMBO・F


ロッドの長さ:8.6フィート
継数:2本
適合ラインナンバー:5-6番

総合釣り具メーカーであるダイワが販売しているセットのフライロッド。
先の方に重さを集中させているウエイトフォワードのフライラインがセットになっていて、初心者の方でもフライのキャスティングが習得しやすいです。

渓流や管理釣り場でのマス狙い、池でのブラックバス狙いなどさまざまな魚を狙える5-6番の番手も魅力のフライロッドとリールのセットとなっています。

8位 ティムコ ユーフレックス・インファンテ 801-4 オイカワSP


ロッドの長さ:8フィート
継数:4本
適合ラインナンバー:1番

超軽量で繊細なフライラインでのアプローチに適したフライロッド。
フライラインによって掛かる抵抗を極力少なくできるため、よりフライを自然に流していくことが可能です。
釣り人が多くなりがちな連休や、常に人が入るような人気スポットにおいて活躍してくれるライトなフライロッドとなっています。

7位 天龍 フェイテス パッカー FP703-6


ロッドの長さ:7フィート
継数:6本
適合ラインナンバー:3番

6本継ぎで携帯性に優れたフライロッドです。
仕舞寸法が約40センチとなるので、狭い山道を歩いて釣り場まで行く必要がある場合や、「高巻き」といって崖を登ってさらに上流を目指したりするときに重宝することでしょう。

全長7フィートと短めで、番手も3番と細めのフライラインを使う仕様にはなっていますが、手つかずのポイントに潜む大きな渓流魚の引きにも負けないトルクを持っている魅力あるロッドです。

6位 ダイワ ロッホモア プログレッシブII F7113-3


ロッドの長さ:7.11フィート
継数:3本
適合ラインナンバー:3番

比較的コストが抑えられているダイワのフライロッド。
基本的な性能を重視しており、誰でもフライのキャスティング感覚が理解しやすい調子となっています。

渓流はもちろんのこと、管理釣り場におけるフライフィッシングにもおすすめの長さと番手です。
ドライフライはもちろんのこと、管理釣り場におけるエッグフライやインジケーターを使用した釣りにおいても使いやすい仕様のフライロッドでしょう。

5位 ティムコ ユーフレックス・Jストリーム JS703-6


ロッドの長さ:7フィート
継数:6本
適合ラインナンバー:3番

日本の渓流の様相にあわせた仕様としてあるフライロッド。
6本継ぎによる携帯性、3番といった番手は日本各地の渓流で活躍してくれるスタンダードなスペックとなっています。

基本的には小さなフライの使用を前提としていますが、張りのあるブランクを採用しているので、カディスやビートルといった少し大きめで抵抗のあるフライでも問題なく使うことができます。

4位 グレイン ストリームカレント 814-F #4


ロッドの長さ:8.1フィート
継数:4本
適合ラインナンバー:4番

フライフィッシングに必要となるフライロッドからリール、ラインやフライまでがすべてセットになっている初心者の方におすすめのスタンダードな渓流用フライロッドのセット。

セットの内容は初心者の方が渓流でのフライに挑戦しやすいように「フローティングライン」や「ドライフライ」と、目で確認しながら釣りができるようにしてあるので、最初に使うフライタックルとしておすすめです。

持ち運び時に便利な袋もセットになっていますので、携帯時に傷を入れてしまうことも少ないです。
フライフィッシングに必要となる道具やキャストを身につけるためには最適なスターティングキットとなっています。

3位 ティムコ ユーフレックス エリアブースター AB905-4


ロッドの長さ:9フィート
継数:4本
適合ラインナンバー:5番

管理釣り場でのフライフィッシングに特化したフライロッド。
常に釣り人が訪れハイプレッシャー化した管理釣り場においても、フローティングラインからシンキングラインまで使える汎用性の高さでマス類をうまく攻略していくことが可能です。

手返しよく繰り返しキャスティングしやすい仕様としてあり、着水音が喰わせるきっかけとなる状況で特に釣果を伸ばしてくれます。

2位 モーリス イワイドリフト ID783-4


ロッドの長さ:7.8フィート
継数:4本
適合ラインナンバー:3番

渓流におけるフライフィッシングでおすすめのフライロッド。
自重が50グラムと非常に軽く振りやすいロッドで、グリップが先にいくにしたがって細めてあるので握りこみもしやすく、狭くポイントが点在しているような渓流においても正確なアプローチを繰り返していくことができます。

ドライフライ、ニンフフライ、ウェットフライといったスタンダードな毛バリを使ってヤマメやイワナを狙っていきたい方におすすめのロッドです。

1位 天龍 フェイテス エクスドライブ シングルハンド FES904-#5


ロッドの長さ:9フィート
継数:4本
適合ラインナンバー:5番

湖や広い管理釣り場においてマス類を狙うのに適したフライロッド。
5番仕様とすることによって遠投性を持たせてあるので、多少の風であれば気にせず釣りを行うことが可能でしょう。
ロッドの中央部分がよく曲がるようにレギュラーテーパーとしてあり、これによってキャスティング時の振り抜けのよさを実現しています。

トップガイドとバットガイドをSiCリングガイドとすることで、トップガイドの削れを軽減する工夫もしてあるフライロッドです。

フライロッド使用上の5つの注意点

① 継ぎ目が多いので適宜緩みをチェックする

ダイワ(Daiwa) フライロッド ロッホモア プログレッシブ MP F804-5 釣り竿
ダイワ(Daiwa) フライロッド ロッホモア プログレッシブ MP F804-5 釣り竿

フライロッドは3~6本程度に分割して作られていて、継いで使うようになっています。
使っているうちに継ぎ目部分はだんだんと緩んできますので、適宜緩みをチェックするようにしておきましょう。

フライロッドはほかの釣り竿に比べて繊細に作られているので、継ぐときに力を入れすぎると割れてしまうことがあります。
回避方法としては、ゆっくりと少しずつ力を入れながら継いでいくこと。

釣り竿のなかでも特にフライロッドの継ぎ目は、ラインの抵抗やロッドの反発力の影響で緩みやすいので注意しなければなりません。

② キャスト練習は必須

釣り

フライロッドはラインの重さや水の抵抗を利用してキャストしていくため、ほかの釣りとはまったく違う投げ方となってきます。
最初からフライロッドでうまくキャストできる人は少ないので、まずは周りに何もない広い内水面でキャスト練習をしてください。

まずは5メートル程度ラインを出して、水面にラインを真っ直ぐにおけるように練習するといいでしょう。
水の抵抗をうまく利用しながらラインがきれいなループを描くようにし、力を入れすぎずにロッドの反発力をうまく使うのがコツです。

力を入れすぎるとループが乱れてしまい、うまくキャストすることができないので注意!

次に空中でラインを前後に大きく振って、水面や地面に触れないようにうまくループを作れるように練習してみてください。
以上の練習で得られる反発力の使い方やタイミングの取り方がわかるようになると、フライフィッシングにおけるほかの「トリックキャスト」もできるようになります。

③ ロッドをぶつけないように注意

釣り フライフィッシング


フライロッドは振るために大きなスペースを必要とするので、キャスト時には常に周りを確認しながら振るようにしましょう。
ぶつけてしまうとその部分に負荷が集中して折れやすくなるので、取り扱いには注意しなければいけません。
また、ロッド自体をぶつけないようにすることはもちろんですが、ラインやフライが木の枝などに引っ掛からないようにすることも意識してください。

ロッドをぶつけないようにするには、より多くのキャスティング方法を知っておくことも必要です。
特に狭いスペースでキャストするためには「ロールキャスト」といった方法がありますので、どのようなキャスト方法なのか知っておき使えるようになっておくことをおすすめします。

④ ラインのメンテナンスを釣行ごとにしておく

ティムコ(TIEMCO) TMC フライラインクリーナー
ティムコ(TIEMCO) TMC フライラインクリーナー

フライフィッシングでは太いラインを使うため、表面が汚れていると抵抗となってしまいキャストしにくくなります。
そのため、ラインは釣行が終わるごとにメンテナンスをしておくことをおすすめします。

メンテナンスにはフライライン用クリーナーがあり、使い方はクリーナーを付けたスポンジでラインをはさんで拭くだけです。
クリーナーには汚れを落とすとともに、表面の滑りをよくするためのコーティングも一緒にできるので、使用すると快適な釣りを実現してくれます。
フライライン用クリーナーは、安価で一度購入しておけば長く使えるので、ぜひ持っておくようにしてみてください。

⑤ 免責保証書の保管はしっかりとしておく

マニュアル 説明書


釣り竿には「免責保証書」といって、万が一破損してしまった場合に安くメーカーがパーツ交換を行ってくれる書類がついていることが多いです。

通常の釣り竿であれば免責保証書の有効期限は1年となっていることが多いのですが、フライロッドに関しては数年、メーカーによっては生涯保証となっている場合があります。
そのためフライロッドを購入したときに免責保証書がついていた場合は、しっかりと保管しておくようにしましょう。

免責保証書についての注意点として、メーカーによって先に登録を行っておく必要があるなど細かな違いがありますので、最初に説明を読んでおき必要な手続きの有無を確認してください

キャスティングが上達したい方にもフライロッドはおすすめ

釣り人 フライフィッシング


ルアーフィッシングにおいて釣果を出すためには、キャスティングが重要だと実感している方も多いのではないでしょうか。
そういった方はぜひフライロッドを一度使ってみることをおすすめします。

フライロッドはロッドが持つトルクの意味を理解したり、キャストタイミングを体得したりすることに優れているため、キャスティングが自分の力で行うものではないということを体感することができます。
普段のルアーロッドでのキャスティングが上達したいという方は、ぜひフライロッドを一度使ってみてください。

【こちらもCHECK】フライロッドのグリップの握り方の解説動画はこちら

Amazon&楽天のフライロッド人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


フライロッドで釣りを楽しもう

フライロッド


フライフィッシングをしていると、最大の楽しみは釣りで使う毛バリを自分で作成することになってくると多くの釣り人が口にします。
自分で作った毛バリで魚が釣れたときの嬉しさはとても大きいものです。
その毛バリを魚の目先に届けるための役割として大きな部分を占めるのがフライロッドとなります。

フライロッドによって釣りのしやすさは本当に大きく変わってきますので、今回の記事でご紹介してきたような選び方や注意点を踏まえてフライフィッシングを楽しんでみてください。

【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

ジャッカルのロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.02.08

魚群探知機おすすめ人気ランキングTOP15!仕組みや使い方&見方についても【2018年最新版】

2018.01.21

フィッシングナイフおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.01.15

フィッシングカヤックおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

2017.12.14

夜釣り用ヘッドライトおすすめ人気ランキングTOP25【2017年最新版】

2017.11.01