ジャッカルのロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • ブラックバスやアジングなど魚種にあわせて選ぶ
    →ロッドは対象魚によって長さや硬さがまったく異なる。
  • 名前の近いモデル名に注意
    →購入前に用途やモデル名をしっかり確認。
  • シマノから販売されているモデルもあることに注意
    →「ポイズン」シリーズはシマノとの共同開発のモデルであり、販売元もシマノ。

釣り 釣り具 ジャッカルロッド
ジャッカルはルアーフィッシングで人気の、比較的新しい釣り具メーカーです。
バスフィッシングを始め、ソルトウォーターからトラウトフィッシングまで数多くの製品を販売しています。
いずれの製品もプロアングラーがフィールドでテストを繰り返していて高い実釣性能を持っており、一般の釣り人がとても扱いやすい設計となっているのが特徴です。
本記事においてはジャッカルのロッドについて、釣り歴20年以上となる筆者が選び方やおすすめ品をご紹介していきます。

ジャッカルのロッドの種類

釣り 釣り具
ルアーフィッシングは釣り方にあわせてロッドが作られています。
ジャッカルのロッドは大きくわけると、フレッシュウォーター(淡水用)、ソルトウォーター(海水用)、TIMON(トラウト用)の3つ。
各カテゴリー内でさらに対象となる魚やルアーにあわせて細分化してあるので、そのなかから自分に適したロッドを選んでいくとよいでしょう。

【こちらもCHECK】ロッドに関連するおすすめ記事はこちら

キャスティングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!オフショアも【2018年最新版】

2018.02.06

エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.01.26

バス釣りロッドおすすめ人気ランキングTOP15!スピニングや硬さや選び方も【2018年最新版】

2017.11.21

ジャッカルのロッドを選ぶときの3つのポイント

ブラックバスやアジングなど魚種にあわせて選ぶ

釣り 釣り具 ロッド
ロッドを選ぶときには狙う魚種にあわせて選ぶようにしていきましょう。
例として、ジャッカルのロッドでブラックバスを狙おうと思うときには「BPM」シリーズ、アジングの場合は「スキャッドウォール」シリーズといったような選び方となります。
ルアーロッドは対象魚によって長さや硬さがまったく違いますので、メーカーホームページやカタログでそのロッドの対象となる魚種を確認してから購入するようにしましょう。

名前の近いモデル名に注意

JACKALL(ジャッカル) BRS BRS-S76L. BRS-S76L
JACKALL(ジャッカル) BRS BRS-S76L. BRS-S76L

ジャッカルにはさまざまなモデルのロッドがあるので、初心者の方はモデル名と用途をしっかり確認して購入するようにしましょう。
特にブラックバス用の「BPM」と、ソルトウォーター用の「BPS」は一文字違いとなっていますので注意するようにしてください。
実際に購入してから違っていたことに気付いたという話もあるので、購入前にもう一度しっかりと確認してみてください。

バスロッドはシマノから販売されているモデルもあることに注意

シマノ ロッド ポイズングロリアス 174XH-SB
シマノ ロッド ポイズングロリアス 174XH-SB

バスロッドには、ジャッカルとシマノが共同で開発しているモデルもあります。
ブランド名は「ポイズン」シリーズとなっていて、こちらの販売元はシマノです。
スペックの確認などはシマノのホームページで可能なので覚えておきましょう。
こちらのポイズンシリーズは中~上級者向けのモデルが多くなっているのも特徴となっていますので、あわせて覚えておきましょう。

ジャッカルのロッドおすすめ人気ランキングTOP5

ここからはジャッカルのロッドのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介。
筆者がジャッカルのロッド選びのポイントを踏まえてセレクトしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

5位 BIN-BIN STICK HS BSC-HS710UL-ST

ロッドの長さ:7.10フィート
ロッドの硬さ:ウルトラライト
ロッドの重さ:-
継数:2本(グリップジョイント)
適合ライン:PE 0.6~1.2号/MONO –
適合ルアーウエイト:MAX120g

船から「鯛ラバ」を使ってのマダイ狙いにおすすめのソルトウォーター用ロッド。
穂先が白く塗装してあり、魚のアタリを目で取りながら釣りをしていくことができます。
全長が長めになっていて、大きなマダイが掛かったときでも安心してやり取りできるロッドです。

4位 T-CONNECTION TCS-60L

ロッドの長さ:6.0フィート
ロッドの硬さ:ライト
ロッドの重さ:-
継数:2本
適合ライン:-
適合ルアーウエイト:1~4g

管理釣り場や渓流での使用がおすすめのトラウト用ロッド。
全体的に少し硬めにしてあり、キャストから操作まで機敏に行いやすいモデルとなっています。

3位 スキャッドウォール SWS-610LC-ST

ロッドの長さ:6.10フィート
ロッドの硬さ:-
ロッドの重さ:79g
継数:2本
適合ライン:PE MAX0.6号/MONO MAX4ポンド
適合ルアーウエイト:MAX7g

遠投しやすく、高い足場でも使いやすいアジング用ロッド。
グリップ部分を短めにしてありロッドの反発力を活かせる「有効レングス」が長いので、ワンランク上の長さを持つロッドと同等のパワーを発揮してくれます。

【こちらもCHECK】アジングに関連するおすすめ記事はこちら

アジング仕掛けおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.01.22

アジングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!選び方や注意点も【2018年最新版】

2017.12.08

2位 ジャッカル×シマノ ポイズンアドレナ 1610M-2

ロッドの長さ:6.10フィート
ロッドの硬さ:ミディアム
ロッドの重さ:112g
継数:2本
適合ライン:PE -/MONO 8~16ポンド
適合ルアーウエイト:7~21g

ジャッカルとシマノのコラボモデルであるブラックバス用ロッド。
中間的なバランスで使いやすく、ブラックバスで最も使われる重さのルアーとラインの太さに対応しています。
どんなシチュエーションやルアーでも使いやすいロッドです。

1位 BRS-S76L

ロッドの長さ:7.6フィート
ロッドの硬さ:ライト
ロッドの重さ:131g
継数:2本
適合ライン:PE 0.4~1.0号/MONO 4~10ポンド
適合ルアーウエイト:MAX15g

手軽に岸からでもボートからでも海のルアーフィッシングを楽しめるソルトウォーター用ロッドです。
初心者の方でも扱いやすく、シーバスやチヌ、カサゴといった幅広い魚種を狙えるおすすめのモデルとなっています。

ジャッカルのロッドを使用するうえでの注意点

欲しいモデルがあれば早めに購入する

釣り竿
ジャッカルのロッドは人気があり、特に購入しやすい価格帯のモデルは発売したらすぐ完売してしまうことも多いです。
新製品や人気スペックに関しては、事前にしっかりと下調べしておくことをおすすめします。
完売すると次の生産をメーカーが行うまで数か月待たないといけないこともあるため、欲しいロッドがあれば早めに購入しておきましょう。

Amazon&楽天のロッド・竿人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

ジャッカルのロッドで釣りを楽しもう

釣り バス
ジャッカルは若い方を中心に人気のあるルアーメーカー。
新製品はすぐ売り切れてしまうことが多いので、常に最新情報をチェックしておきましょう。
ぜひ本記事でご紹介した情報を参考に、ジャッカルのロッドを始めとする製品を使ってみてください。

【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

車用ロッドホルダーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.03.29

ジャッカルのルアーおすすめ人気ランキングTOP15!ソルトルアー用も【2018年最新版】

2018.03.22

フライロッドおすすめ人気ランキングTOP15!ブランクも【2018年最新版】

2018.02.05

アジングリールおすすめランキングTOP10!シマノやダイワが人気?【2017年最新版】

2017.11.17

夜釣り用ヘッドライトおすすめ人気ランキングTOP25【2017年最新版】

2017.11.01