バス釣りロッドおすすめ人気ランキングTOP15!スピニングや硬さや選び方も【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 自分のレベルや釣り方にあった適切な長さを選ぶ
    →バスロッドでよく使われる長さは6フィートから7.6フィート程度。
  • 硬さの違いを知って選ぶ
    →ルアーロッドにはLやMといった表示がしてあり、これが硬さの違いを表している。
  • スピニングロッドとベイトロッドの特徴を知って選ぶ
    →ベイトロッドは、バスフィッシングがはじめてに近い方は使うことが難しいので注意。
  • テーパーについて理解しておく
    →テーパーとは曲がり方のことを指し、先端だけがやわらかいものや、真ん中あたりで曲がるようになっているものなどがある。
  • ルアーによってロッド素材の選び方を変える
    →低弾性やグラスが使われているものは巻いて使うハードルアーに向き、高弾性カーボンを使用したバスロッドはワームの釣り向き。

釣り道具


バスフィッシングは1魚種を狙うのに対して、多種類のロッドやリール、ルアーといった道具が多い、ほかの釣りとは違った楽しみを人それぞれが持てるルアー釣りです。
春夏秋冬狙い方を変えることで1年中釣ることができる魚は非常に珍しく、釣り場にはいつもバスを狙っている釣り人が見かけられます。
このバスフィッシングにおいて重要な部分を占めるのがバスロッドです。
バスロッドはさまざまな長さや硬さ、値段があり、初心者の方は選ぶときに迷ってしまうことでしょう。
本記事では釣り歴20年以上となる筆者が、バスロッドの選び方からおすすめ品、使用時の注意点までをご紹介します。
経験に基づいた情報をお届けしますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

バスロッドとは

釣り竿


バスロッドとはブラックバスを狙うための釣り竿で、ルアーを投げやすく操作しやすい工夫がしてあるものです。
ほかの釣りと違ってほぼ共通となっているのが、最大でも長さが8フィートとなっていることです。
これは日本のブラックバストーナメントのルールにもとづいてロッドが製造されているので、この長さまでがバスロッドの基本となっています。
実際に釣りをするときにおいては8フィートという長さを使うことは珍しいですが、バスロッドにはこのような特徴があることを知っておくとよいでしょう。
バスロッドは使うルアーやシチュエーションによって、硬さや長さ、タイプを使い分けることで釣れる確率を高めることができます。
ただし、その人のレベルによって決めていく必要がある部分も多く、極端な例ですが初心者の方がプロ仕様のロッドを使っても使いこなすことは難しいです。
そのため選び方のポイントを知っておき、自分に適したバスロッドを選んでいく必要があります。

【こちらもCHECK】バス釣りに関連するおすすめ記事はこちら

バス釣りラインおすすめ人気ランキングTOP10!太さや結び方についても【2017年最新版】

2017.11.21

バス釣りリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

2017.11.21

バス釣りスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

2017.11.17

バスロッドを選ぶときの5つのポイント

自分のレベルや釣り方にあった適切な長さを選ぶ

バスロッドを選ぶときにまず考えたいのが長さです。
一つ覚えておきたいのがバスフィッシングの本場はアメリカなので、英語圏の長さ表示がそのまま日本の製品にも反映されています。
バスロッドの長さは「フィート」であらわされていて、これを目安に選んでいく必要があります。
1フィートは約30cmとなっていますので、換算したいときのために覚えておくとよいでしょう。
バスロッドでよく使われる長さは6フィートから7.6フィート程度までが多いです。
基本的には短いほうが扱いやすいので初心者向き、長くなるほどに上級者向きという考え方をしておくとよいでしょう。
初心者の方においては6フィートから6.6フィートの間で最初のバスロッドを選んでおき、投げ方やルアーの操作になれてから、長いものへと移行していくと上達が早いです。

硬さの違いを知って選ぶ

バスフィッシングでは5cmほどの小型ルアーや2g程度の小さなオモリから、最大で30cm以上の大きなルアーなど、非常に多くのルアーを使っていきます。
そのためすべてのルアーに1つのバスロッドで対処することは難しいです。
バスロッドをはじめとするルアーロッドにはLやMといった表示がしてあり、これが硬さの違いを表しています。
やわらかいほうから紹介すると、UL(ウルトラライト)・L(ライト)・ML(ミディアムライト)・M(ミディアム)・MH(ミディアムヘビー)・H(ヘビー)・XH(エクストラヘビー)というのが基本です。
さらにメーカーによっては「MMH」といったように、先端はミディアムで手元に近い部分はミディアムヘビーの硬さとになっているようなものもあります。
初心者の方においてはML(ミディアムライト)か、M(ミディアム)のものからスタートするのがおすすめなので参考にしてください。

スピニングロッドとベイトロッドの特徴を知って選ぶ

釣り竿 テーブル


バスロッドにはスピニングロッドとベイトロッドという2種類があります。
スピニングロッドはリールがロッドの下側につくタイプで軽いルアーを使うのに適していて、ベイトロッドはリールがロッドの上側につき重いルアーを使うのに適しています。
初心者の方においてはまずスピニングロッドからスタートするがおすすめで、そのあとにベイトロッドを使うほうがよいでしょう。
スピニングロッドの場合は投げっぱなしにしてもトラブルが起きにくいですが、ベイトロッドではリールの設定や投げるタイミングにコツが必要となり、バスフィッシングがはじめてに近い方は使うことが難しいので注意してください。

テーパーについて理解しておく

バスロッドには「テーパー」というものがあります。
テーパーとは曲がり方のことを指し、バスロッドでは先端だけがやわらかいものや、真ん中あたりで曲がるようになっているものなどがあります。
先端だけが曲がるようなものを「ファストテーパー」、真ん中あたりで曲がるものを「レギュラーテーパー」、手元まで大きく曲がるものを「スローテーパー」と呼びますので覚えておきましょう。
現在のバスロッドにおいてはファストテーパーかレギュラーテーパーに設計してある製品がほとんどとなっていて、スローテーパーは一部のバスロッドでしか見られなくなっています。
初心者の方におすすめのテーパーは中間的なレギュラーテーパーのロッドです。
製品スペックや説明書に特に記載がなければ、レギュラーテーパーであることが多いので、選ぶときの参考にしてみてください。

ルアーによってロッド素材の選び方を変える

ルアー


バスロッドには見た目が同じようでも、使われている素材が違っているものがあり、ルアーによって素材の選び方を変えるとより釣果を得やすくなります。
基本としては炭素繊維を使った「カーボン」とガラス繊維を使った「グラス」の2種類があることを知っておきましょう。
さらにカーボンには「低弾性」「中弾性」「高弾性」といった反発力の違いがあり、グラスにはグラスだけが使われている「ピュアグラス」やカーボンと組みあわせた「グラスコンポジット」というものがあります。
使い分けの基本として低弾性やグラスが使われているものは巻いて使うハードルアーに向き、高弾性カーボンを使用したバスロッドはワームの釣りに向いています。
中弾性のカーボンについては比較的どの釣りにも対応できるので、初心者の方はこちらを最初に選ぶのがおすすめです。
これらの素材については、各バスロッドの説明書きに記載がしてありますので、選ぶときの目安としてみてください。

【こちらもCHECK】ルアーに関連するおすすめ記事はこちら

バイブレーションルアーおすすめ人気ランキングTOP5!バス用についても【2018年最新版】

2018.07.28

バスロッドおすすめ人気ランキングTOP15

ここからはバスロッドのおすすめ人気ランキングTOP15をご紹介。
筆者がバスロッド選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

15位 ダイワ ブラックレーベル

ロッドの長さ:7.2フィート
ロッドの硬さ:ヘビー
ロッドの自重:180g
継数:1本
適合ライン:16-30ポンド
適合ルアーのウエイト:3/8-2オンス

夏から秋にかけてのフロッグフィッシングでおすすめのベイトタイプバスロッド。
フロッグをカバーの奥に撃ち込んでアクションさせたり、多い茂るヒシモのうえを引いてきたりといった、パワーが必要な釣り方で活躍してくれます。
コルク製のグリップもおすすめのポイントで、使えば使うほど手になじみ、キャストが行いやすくなっていくことでしょう。
またフロッグの釣りだけでなく、オープンエリアでの大型トップウォーターの遠投とアクションも行いやすいので、湖や河川といった場所で使うのにもおすすめのバスロッドとなっています。

14位 ティムコ フェンウィックGP

ロッドの長さ:6.9フィート
ロッドの硬さ:ミディアムライト
ロッドの自重:107g
継数:1本
適合ライン:8-14ポンド
適合ルアーのウエイト:3.5-10.5g

中級者から上級者向けのベイトフィネス専用バスロッド。
ベイトロッドに通常あるトリガーを排除した「トリガーレス」となっている仕様のロッドで握り方の制限を受けにくく、自分が好きな持ち方をしてアクションやキャストを行っていくことができます。
またガイド数が多くブランクスのパワーを発揮しやすくなっているので、ミディアムライト以上のパワーを感じることができるでしょう。

13位 エバーグリーン ヘラクレス ファクト

ロッドの長さ: 7フィート
ロッドの硬さ:ヘビー
ロッドの自重:135g
継数:1本
適合ライン:10-20ポンド
適合ルアーのウエイト:1/4-1オンス

ソリッドティップ製でヘビーパワーの珍しいベイトタイプバスロッド。
ボートからの釣りで深い場所を重いフットボールラバージグや、ヘビースピナーベイトで攻略していくときにおすすめのロッドです。
トーナメントプロが監修しているバスロッドなので、中級者以上の方はぜひ使ってみてください。

12位 レジットデザイン WILD SIDE WSC

ロッドの長さ:6.8フィート
ロッドの硬さ:ミディアム
ロッドの自重:155g
継数:1本
適合ライン:10-16ポンド
適合ルアーのウエイト:7-21g

今では数少ないグラスだけを使用した、ピュアグラス製のベイトタイプバスロッド。
クランクベイトやバイブレーションを使う釣りに最適で、ルアーのアクションを最大限に活かしてくれます。
グラス特有の粘りによってブラックバスが低活性な場合でもフッキングしやすく、針が1本だけ掛かるような状態であっても外れにくい特徴を持っています。
また梅雨から夏にかけて効果的となる、クローラーベイトのような大型トップウォーターにも高く適応してくれますので、グラスロッドが重宝される秋や冬だけでなく1年中使っていくことができる製品です。
投げるときには少しゆっくりとした動きで投げると、スムーズに投げられるので参考にしてください。

11位 シマノ ポイズングロリアス

ロッドの長さ:7.4フィート
ロッドの硬さ:エクストラヘビー
ロッドの自重:135g
継数:2本
適合ライン:14-30ポンド
適合ルアーのウエイト:MAX150g

大型化していくビッグベイトの釣りに対応する、とてつもないパワーを持ったベイトタイプのバスロッド。
最大で150gまでのルアーを投げることができるロッドは数少なく、価格は高めですがビッグベイトを使って釣りをしていくという方には最適なモデルとなっています。
長さとパワーはありますが、それに対する自重は135gと軽いので繰り返しのキャストやアクションも行いやすいでしょう。
大型のブラックバスを湖やダムで狙っていくという方はぜひ使ってみてください。

10位 シマノ バンタム バス

ロッドの長さ:7フィート
ロッドの硬さ:ヘビー
ロッドの自重:135g
継数:2本
適合ライン:12-25ポンド
適合ルアーのウエイト:12-42g
ブランクスにハリがあり、パワーが強いベイトタイプのバスロッド。
テキサスリグやラバージグといった、フッキング時のパワーと引っ張りに力が必要となる釣り方におすすめのバスロッドです。
金属製のグリップは、手元まで強く振動を伝えやすいので、カバーにラインが接した状態であってもルアーの動きやバスの喰いついたアタリを明確に伝えてきてくれます。

9位 メジャークラフト スピードスタイル OVER7 スピニング

ロッドの長さ:7.6フィート
ロッドの硬さ:ミディアムライト
ロッドの自重:-g
継数:2本
適合ライン:5-10ポンド
適合ルアーのウエイト:1/8-3/8オンス

スピニングタイプで遠投できる長いバスロッドが欲しいという方におすすめの製品。
7.6フィートの長さがあり、市販されているスピニングタイプのバスロッドでは最長の部類に入ります。

ブランクスには「ナノカーボン」という均一性の取れたカーボン素材を使用してあり、シャープな振り抜きができて遠投することが可能です。
陸っぱりで遠投して、遠くにあるポイントを攻略したいという方はぜひ使ってみてください。

8位 シマノ 17 エクスプライド バス

ロッドの長さ:6.8フィート
ロッドの硬さ:ミディアムヘビー
ロッドの自重:120g
継数:2本
適合ライン:10-20ポンド
適合ルアーのウエイト:10-30g

中間的なパワーよりも少し強めのベイトロッドが欲しい方におすすめの製品。
ブランクスをカーボンラッピングで強化してあり、負荷に対して素直に曲がってパワーを発揮してくれます。
ミディアムヘビーのパワーがあるので、ディープクランクやチャターベイトといった投げるときにも巻いてくるときにもパワーが必要となる釣りで特に使いやすいです。

7位 ダイワ エアエッジ

ロッドの長さ:6.2フィート
ロッドの硬さ:ウルトラライト
ロッドの自重:89g
継数:1本
適合ライン:3-6ポンド
適合ルアーのウエイト:1/32-3/16オンス

ソリッドティップ搭載で約5gまでのリグが使いやすいスピニングタイプのバスロッド。
やわらかくなるとダルさがでてくるロッドが多いですが、「HVFカーボン」という高弾性の素材を使用し、「X45」や「ブレーディング X」といった構造で組み上げることによってデメリットを解消しています。
休日で人が多く、フィッシングプレッシャーが高いフィールドにおいては特にメリットを感じられるでしょう。
ダウンショットリグやワッキーリグのように、シェイキングアクションを多用していく釣り方をやってみたい方におすすめです。

6位 ダイワ モバイルパック

ロッドの長さ:6.1フィート
ロッドの硬さ:ライト
ロッドの自重:87g
継数:5本
適合ライン:3-8ポンド
適合ルアーのウエイト:1-10g

5本継の振出式でコンパクトに収納できるタイプのバスロッド。
仕舞寸法が46cmとなっているので、バッグに入れたり手に持ったりしたままの移動がしやすいです。
バスロッドとしてはもちろんのこと、管理釣り場でのトラウトフィッシングや海でのライトソルトウォーターゲームまで幅広く対応してくれる仕様となっているので魚種を選ばずに釣りをすることも可能となっています。
都心部に住んでいて電車などの公共交通機関や、自転車で釣り場に向うような方におすすめです。

5位 メジャークラフト BENKEI

ロッドの長さ:6.5フィート
ロッドの硬さ:ウルトラライト
ロッドの自重:-g
継数:2本
適合ライン:3-10ポンド
適合ルアーのウエイト:1/32-1/4オンス

軽量なルアーをベイトタックルで使うベイトフィネスに適したバスロッド。
2ピースで持ち運びしやすく、7gまでのルアーを投げられるので、ベイトフィネス入門におすすめの製品です。
特に野池での釣りにおいて、持ち運びできるロッドの本数が1本ないし2本と限られる場合には使い勝手がよいでしょう。
小型のハードルアーやライトテキサスリグ、スモラバなど幅広く使うことができますので、これからベイトフィネスに挑戦するという方はぜひ使ってみてください。

4位 メジャークラフト DAYS

ロッドの長さ:6.3フィート
ロッドの硬さ:ライト
ロッドの自重:-g
継数:2本
適合ライン:4-8ポンド
適合ルアーのウエイト:1/16-1/4g

最新型ガイド「SiC-S」を搭載して復刻したメジャークラフトのバスロッド。
ラインに優しいガイドを使用しつつ、価格が抑えられているのが最大の魅力です。
ブランクスを4軸方向に組まれたカーボンを使用することによって、細身ながらも強いパワーを持ったバスロッドとなっているのも特徴となっています。
シャッドプラグや小型クランクベイトを始めとした初心者の方が行いやすい釣り方から、ジグヘッドリグでのスイミングワームなどの釣り方まで幅広くこなしてくれるおすすめのバスロッドです。

3位 シマノ ゾディアス

ロッドの長さ:7フィート
ロッドの硬さ:ミディアム
ロッドの自重:140g
継数:1本
適合ライン:10-20ポンド
適合ルアーのウエイト:7-28g

カーボンとグラスを使用したグラスコンポジットのベイトタイプバスロッド。
グラスが持つ食い込みのよさや、バスが掛かってからの外れにくさを比較的低価格帯で実感できるバスロッドです。
グラスを使用しているため、カーボン製ロッドに比べてスペック上では少し重さがありますが、その重さがリトリーブ時の安定性も生み出してくれるので扱いやすいでしょう。
クランクベイトやスピナーベイト、チャターベイトといった、リールを巻き続けてブラックバスを誘う釣り方に最適です。

2位 シマノ バスワン

ロッドの長さ:6.6フィート
ロッドの硬さ:ミディアム
ロッドの自重:117g
継数:2本
適合ライン:10-20ポンド
適合ルアーのウエイト:7-21g

ベイトタックルにはじめて挑戦する方におすすめのエントリーモデル。
エントリーモデルではありますがグリップ周りのデザインが秀逸で、投げやすさと見た目のよさを感じることができる製品となっています。
テーパーも中間的にロッドが曲がるレギュラーとなっているので、投げるのにコツが必要なベイトタックルに慣れるには最適なおすすめ品です。

1位 ダイワ ブレイゾン

ロッドの長さ:6.4フィート
ロッドの硬さ:ライト
ロッドの自重:89g
継数:2本
適合ライン:4-8ポンド
適合ルアーのウエイト:1.8-7g
さまざまな釣りに対応する汎用性の高いスピニングタイプのバスロッド。
低価格帯に属するバスロッドですが、しっかりとした性能を持っていて、小型のハードルアーからワームのフィネスフィッシングまで幅広く行うことが可能です。
少し性能が高めのエントリーモデルといった位置づけのバスロッドで、初心者の方におすすめの製品です。

スピニングタイプバスロッドおすすめ人気ランキングTOP3

ここからはスピニングタイプバスロッドのおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介。
初心者から中級者の方向けに汎用性の高いバスロッドをピックアップしましたので、ぜひ参考にして選んでみてください。

3位 ダイワ クロノス

ロッドの長さ:6.4フィート
ロッドの硬さ:ウルトラライト
ロッドの自重:81g
継数:2本
適合ライン:3-6ポンド
適合ルアーのウエイト:1/32-3/16オンス

軽量なルアーを使えてコストパフォーマンスが高いロッドが欲しい方におすすめの製品。
グリップをセパレートにして軽量化してあり、デザインもよいバスロッドとなっています。
6.4フィートという長さはキャストを正確に決めやすく、細かな操作もしやすい長さです。
ダウンショットリグやジグヘッドリグといった、繊細にアクションさせてブラックバスを誘う釣り方で使ってみてください。

2位 シマノ 17 エクスプライド バス

ロッドの長さ:6.10フィート
ロッドの硬さ:ミディアムライト
ロッドの自重:95g
継数:1本
適合ライン:4-8ポンド
適合ルアーのウエイト:4-12g

少し長さがあり陸っぱりで遠投したい人におすすめのシマノのスピニングタイプバスロッド。
フロントグリップを小さくしてあり、ブランクスの長さをより活かしていけるようにしてあります。
またフロントグリップが小さなことで、「ブランクタッチ」ができるようになり、小さなブラックバスのアタリも感じ取りやすくなります。
さらにシマノオリジナルのリールシートは握りやすく、キャスト時に力を入れたり、手のひらで支えるように持って操作したりしやすい仕様です。
特に中級者の方に手にして欲しいバスロッドとなっています。

1位 ダイワ バスX

ロッドの長さ:6.3フィート
ロッドの硬さ:ミディアムライト
ロッドの自重:125g
継数:2本
適合ライン:4-10ポンド
適合ルアーのウエイト:2-14g

バス釣り初心者の方が最初に使うバスロッドとして最適なダイワの製品。
ミディアムライトの硬さで最大14gのルアーまで投げられるので、少しスピニングロッドでは重たいと感じるようなものまで使っていくことが可能です。
使用ルアーはハードルアーからワームまで、場所も陸っぱり・ボートと選ばず万遍なく使うことができます。
道具をまだ持っていないという方は、ぜひこのスピニングタイプのバスロッドを最初に使ってみてください。

バスロッドを使用するうえでの5つの注意点

ルアーをセットしたまま保管しない

釣り竿 ルアー


バスロッドにルアーをセットしたまま保管している人も多いですが、破損やティップの変形の原因になるので避けた方がよいです。
車に載せて移動する際は特に注意が必要で、振動によってだんだんとリールが巻かれ強い負荷が掛かっていくので気をつけるようにしてください。
またロッドは負荷を掛けたままにしておくと、曲がり癖がついてしまうこともあります。
曲がり癖がついたバスロッドは元に戻すことはできず、本来持つ性能を十分に発揮できないので注意が必要です。
1日程度の負荷であれば問題はありませんが、釣りが終わってからタックルを次の釣行までそのままにされる人は多いので気をつけるようにしてください。
また、1日の使用中においても、ルアーのフックを掛ける箇所によってはラインの傷つき原因となり、負荷が掛かったときに簡単に切れてしまうこともありますのでセットする位置には気をつけておきましょう。

価格が高いものほど傷に注意

バスロッドをはじめ釣り竿は、価格が高いものほど扱いに慣れた人向けに作られています。
特に気をつけたいのが岩やコンクリートにぶつけて傷をつけてしまうことです。
安価なバスロッドに関しては表面にコーティングが十分にされていることが多いですが、高価なものになるほどコーティングを薄くして軽量化してあるものが多いです。
ロッドは傷が一度入ってしまうと、曲がったときにその部分に負荷が集中するようになってしまい、本来耐えられる負荷よりも小さな力で破損してしまいます。
価格が高いバスロッドは取り扱いに十分気をつけて使用するようにしてください。

周りを確認して投げる

釣り人


バスフィッシングでは周りに木や草が多い茂るなかで釣りをすることも多々あります。
また釣りをしていると人が寄ってくることもあります。
ルアーには鋭いフックがついていて、それが引っかかってしまうと大変です。
そのため常に周りを確認しながら投げることが必要となります。
考えている以上に投げるときには広い範囲を必要としますので、初心者の方においては特に素振りをして投げるのがおすすめです。
また、上級者であっても釣りに集中するにしたがって周囲確認を怠りがちとなりますので、意識して行うようにしてください。

2ピースやグリップジョイントのロッドは抜けに要注意

釣り道具


バスロッドには2ピースやグリップジョイントといった、何本かに分かれたロッドを継いで使うものもあります。
これらは使っているとだんだんと緩んできますので、都度チェックしながら使うようにしましょう。
バスロッドの場合はほかの釣りに比べると継ぎ目が緩むペースは遅いですが、1時間に1回は必ず緩んでいないか確認しながら釣りをするのがおすすめです。
継ぎ目が緩んだままの状態で破損した場合は、継ぎ目の両側が使えなくなってしまえなくなることも多く、その場合は1本まるごと交換しなければならないこともありますので注意してください。

メンテナンスはこまめに行う

シャワー


バスロッドは淡水で使用するので錆の心配は少ないですが、水洗いや水拭きといったメンテナンスはこまめに行うことをおすすめします。
少なくとも3回ほどの釣行ごとにメンテナンスを行っておくと、バスロッドが本来持つ性能を発揮しながら釣りが快適に行いやすいでしょう。
ただし、釣り場に「アオコ」が発生していた場合は釣行ごとのメンテナンスを行うようにしてください。
アオコはバスロッドとリールに悪影響を与えやすく、溜まって固まると不具合の原因となってしまいます。
このような場合は自宅に帰ってから都度メンテナンスを行ってみてください。

Amazonのバスロッド人気ランキング

Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

自分に適したバスロッド選びをしよう!

ブラックバス


今回ご紹介してきたようなポイントを踏まえてバスロッドを選べば、自分に適したものを選ぶことができます。
改めて初心者の方向けにまとめると、「長さは6~6.6フィート」「硬さはミディアムライトかミディアム」「タイプはスピニング」といった3つのポイントを抑えて選べば大丈夫です。
まずはスピニングタイプのバスロッドから釣りを始めて、バスフィッシングを続けていくにつれて、自分が好きな釣り方や必要となるタックルが分かってくるので、そのときに新しいバスロッドを購入してみてください。
釣りを続けていき慣れたうえで、再度こちらの記事でおすすめしている製品の説明を見てみていただくと、そのときにも自分にあったモデルを見つけることができることでしょう。
本記事の内容とおすすめ品を参考にバスロッドを選び、多くのバスを釣って楽しんでみてください。

【あわせて読みたい】釣り用品に関連するおすすめ記事はこちら

鮎竿おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.08.01

吊り秤おすすめ人気ランキングTOP5!デジタルも【2018年最新版】

2018.07.15

コマセミキサーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.11

シマノのスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.06.28

ラバージグおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.16