バイブレーションルアーおすすめ人気ランキングTOP5!バス用についても【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 音が鳴るものと鳴らないものを用意する
    →音が鳴るものと鳴らないもの、それぞれの特徴を知って状況に応じて使い分けることにより、釣果が伸ばせる。
  • 基本的なカラーを選ぶ
    →「ベイトフィッシュカラー」「チャートリュースカラー」「クローカラー」があり、これらを最初に選んでみるとよい。
  • 持っているバス用タックルにあわせて選ぶ
    →スピニングタックルの場合は7~15gの範囲の重さが使いやすく、ベイトタックルの場合は10~30gまでの重さが目安。

釣り 釣果


バスフィッシングで使われるルアー(釣りの擬餌針の一種)には、水面を泳がせるものや底を這わせて使うもの、また硬いものややわらかいものとさまざまな種類があります。
そのなかでも初心者の方が扱いやすいのが「バイブレーション」というルアーです。
バスフィッシングはとても人気なので、バイブレーションとひとくちに言っても数多くの製品が販売されています。
本記事ではバス釣り歴20年以上となる筆者が、バス用バイブレーションの選び方やおすすめ品を経験にもとづいてご紹介します。
まだブラックバスを釣ったことがない初心者の方はもちろん、上級者の方もバイブレーション選びの参考にしてみてください。

バイブレーションルアーとは

ルアー


バイブレーションとは、硬いプラスチックで作られた扁平な形のルアーのことを指します。
引っ張ると細かく振動(バイブレーション)することが名前の由来。
ほかのルアーと比べて重たいものが多く、遠くまで投げることができて、そのままにしておくと沈んでいくので表層から底層付近までの釣りが可能です。
リールを巻いて使うだけで十分ブラックバスにアピールしてくれるので、バスフィッシング初心者の方におすすめのルアーとなっています。

【こちらもCHECK】ルアーに関連するおすすめ記事はこちら

スプーンルアーおすすめ人気ランキングTOP10!スプーンルアーとは【2018年最新版】

2018.05.01

ソルトルアーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.13

ジャッカルのルアーおすすめ人気ランキングTOP15!ソルトルアー用も【2018年最新版】

2018.03.22

 

バイブレーションルアーを選ぶときの3つのポイント

① 音が鳴るものと鳴らないものを用意する

バイブレーションには音が鳴るものと鳴らないものがあり、それぞれの特徴を知って状況に応じて使い分けることにより、釣果が伸ばせます。
ブラックバスには「耳石」という器官があり、そこで音を感知するので、音が鳴るルアーも効果的。
音が鳴るものは「ラトルインタイプ」や「ワンノッカータイプ」と呼ばれ、主にバスの活性が高いときや、どこにブラックバスがいるかわからない状況で効果的です。
音が鳴らないものは「サイレントタイプ」と呼ばれ、釣り人が多くてバスの警戒心が高いときや、障害物があってそこにバスがいるだろうと予想がつくときに使うのがおすすめ。
それぞれの見分け方は、各メーカーやパッケージの説明に「ラトルイン」「ワンノッカー」「サイレント」と表示がしてあるので、それを目安に選んでみてください。

② 基本的なカラーを選ぶ

メタルバイブレーション ルアー5個セット 26g 73mm ジグ 港 堤防 河口 海釣り 遠投 シーバス 青物 タチウオ ヒラメ メタルバイブ 鉄板バイブ バイブレーションリップレス シンキングミノー ペンシルベイト フック付き 飛距離抜群でかっとびます

メタルバイブレーション ルアー5個セット 26g 73mm ジグ 港 堤防 河口 海釣り 遠投 シーバス 青物 タチウオ ヒラメ メタルバイブ 鉄板バイブ バイブレーションリップレス シンキングミノー ペンシルベイト フック付き 飛距離抜群でかっとびます
バイブレーションをはじめ、ブラックバス用ルアーにはたくさんのカラーがあります。
まずはこのなかから基本的なカラーを選んでおきましょう。
バス用の基本カラーとしては、バスの餌となるブルーギルやワカサギの見た目にあわせた「ベイトフィッシュカラー」、緑や黄色のように目立つ「チャートリュースカラー」、ザリガニにカラーを似せてある「クローカラー」があり、これらを最初に選んでみるとよいでしょう。
バスフィッシングにおいて、ルアーのカラーは釣果に影響しやすいので数色持っておき、どのカラーが釣れるか試しながら釣りをすることをおすすめします。

③ 持っているバス用タックルにあわせて選ぶ

ロッド


バイブレーションには7g程度の軽いモデルから30g近い重たいモデルまで、種類があります。
持っているバス用タックルに適さない重さのバイブレーションを選んでしまうと、うまく投げられなかったり引いてくるときに重かったりして使いにくいので、基本的な選び方を知っておくことが大切です。

バス用タックルはロッド(竿)とリール(釣り糸を巻き取る道具)の組み合わせとなり、リールが下側に来る「スピニングタックル」と、リールが上側に来る「ベイトタックル」の2種類に分けられます。
持っているバス用タックルがスピニングタックルの場合は7~15gの範囲の重さが使いやすく、ベイトタックルの場合は10~30gまでの重さが目安です。
しかし各タックルには投げられる限界の重さがあります。
自分が持っているロッドに表記してあるルアーウエイト(投げられるルアーの重さ)の最大値を超えない範囲で選ぶようにしてください。

バイブレーションルアーの最安値と価格帯の特徴一覧

バイブレーションの価格帯は、500円~2,000円。
売れ筋としては1,000~2,000円のもので、この価格帯であれば音の違いやカラーが豊富です。
あまり安いものだと音が1種類のみだったり、カラーが少なかったりするので、覚えておきましょう。

バイブレーションルアーおすすめ人気ランキングTOP5

ここからは、バイブレーションのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介。
筆者がバイブレーション選びのポイントを踏まえ、経験を元にセレクトしているので、初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

5位 エバーグリーン ブザービーター

音の豊富さ
カラーの選びやすさ
使いやすさ
総合おすすめ度

ルアーの全長:72mm
ルアーの重さ:20g
巻いたときの動きが大きく、内蔵されたタングステン(鉛より高比重で強度が高い素材)によって音が鳴ることから、広範囲を釣ることに適したバイブレーションです。
動きが大きい割に巻きが少なく、一日中繰り返し投げて使っていても疲れにくいのが特徴となっています。
こちらのバイブレーションは、ベイトタックルでの使用がおすすめです。

【こちらもCHECK】エバーグリーン ブザービーター水中の様子動画はこちら

4位 レイドジャパン レベルバイブ


レイドジャパン レベルバイブ
音の豊富さ
カラーの選びやすさ
使いやすさ
総合おすすめ度

ルアーの全長:54mm
ルアーの重さ:11g
岸からのバスフィッシングでの使用におすすめのバイブレーション。
ルアーの全長が54mmとほかのバイブレーションよりも10~20mm小さく、バスの餌となる小魚が小さいフィールドでも使いやすい設計となっています。
重さが11gなので、スピニングタックルを使っている方におすすめです。

【こちらもCHECK】レイドジャパン レベルバイブの使用動画はこちら

3位 メガバス VIBRATION-X SMATRA

音の豊富さ
カラーの選びやすさ
使いやすさ
総合おすすめ度

ルアーの全長:64.5mm
ルアーの重さ:11g
スピニングタックルでの使用がおすすめの小型バイブレーション。
ボディを回転させるような「ロールアクション」が特徴的なルアーで、主に水が澄んでいる場所で使ってみるのがおすすめです。

2位 ダイワ TDバイブレーション 107S

音の豊富さ
カラーの選びやすさ
使いやすさ
総合おすすめ度

ルアーの全長:74mm
ルアーの重さ:21g
バスフィッシングにおいて大会での優勝に貢献するなど、数多くの実績を持っているバイブレーション。
発売から数十年経った現在でも、モデルチェンジを繰り返しながらスタンダードなバイブレーションとして君臨しているモデルで、一般の釣り人だけでなくプロでも愛用者多数。
重さが21gなので、ベイトタックルで使うのがおすすめです。

1位 ジャッカル TN65

音の豊富さ
カラーの選びやすさ
使いやすさ
総合おすすめ度

ルアーの全長:64mm
ルアーの重さ:15g
ルアー内部だけでなく口の外側にもウエイトを配置した「アウトメタル」構造が特徴的なバイブレーション。
アウトメタル構造によって頭が下がるので、巻いたときの前傾姿勢が保たれ、根掛かりしにくく使いやすいです。
重さは15gなので、スピニングタックル・ベイトタックルどちらでも使うことができておすすめです。

【こちらもCHECK】ジャッカル TN65の使用動画はこちら

バイブレーションルアーを使用するときは根掛かりに注意!

バイブレーションは遠くまで投げられて、引くだけでブラックバスを誘ってくれるルアーですが、障害物を避けることを苦手としています。
そのため障害物に針が引っかかる「根掛かり」には注意が必要です。
バイブレーションは、木や岩といった障害物が多いところや水深1m未満の浅すぎる場所では引っかかりやすいので、使用する場所を選んで使うようにしましょう。
もし根掛かりしてしまった場合は、無理に引っ張ると余計に取れなくなるので、反対側から引っ張ったり、ロッドの反発力でバイブレーションを揺さぶるようにしたりして外すことを試みてください。
また、岸からバイブレーションを使う場合は沖に向かってまっすぐ投げるのではなく、斜め方向に投げていくと、根掛かりしたときに反対側から引っ張って外しやすいので覚えておきましょう。

【こちらもCHECK】根掛かりしてしまった時の外し方の解説動画はこちら

Amazon&楽天のルアー人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


バイブレーションルアーでたくさんのバスを釣り上げよう!

魚 水中


バイブレーションは誰もが使いやすく、ブラックバスを釣りやすいルアーです。
音が鳴るモデル・鳴らないモデルを使い分けたり、カラーを変えたりすることによって釣果を伸ばせます。
初心者だけでなく、上級者も効果的に使ってバスを釣っていくためによく使うルアーなので、ぜひ本記事で紹介した選び方やおすすめ品を参考にして、バイブレーションを使ってみてください。

【あわせて読みたい】バス釣りに関連するおすすめ記事はこちら

バス釣りロッドおすすめ人気ランキングTOP15!スピニングや硬さや選び方も【2018年最新版】

2018.05.21

バス釣りルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類の説明も【2017年最新版】

2017.12.12

バス釣り用ワームおすすめ人気ランキングTOP10!リグや仕掛けのポイントも【2017年最新版】

2017.11.30

バス釣りラインおすすめ人気ランキングTOP10!太さや結び方についても【2017年最新版】

2017.11.21

バス釣りリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

2017.11.21