プロテインバーおすすめ人気ランキングTOP15!摂取効果や自作プロテインレシピも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

河合光臣

毎週4日ジムに通うトレーニングマニア
ECコンサルタント

鍛え方にはかなり知識があるのと、サプリ関連にも詳しいです。
ガジェット好きで携帯会社の勤務経験もありPC周辺グッズにも詳しいです。
ダイエット・健康グッズ関連のECサイトのコンサルタントを通して得た知見を、皆さんにお伝えできればと存じます。

    選び方のポイント

    • タンパク質の含有量
      →もちろん多い方がいいのですが、あまり多いとパサパサして食べにくくなってしまうので、適量を見極めることが大事。
    • タンパク質以外の含有量
      →糖質や脂質などの成分が多いと体重増加の原因になってしまいますから、ほかの成分にも気をつける。
    • 好きなフレーバーがあるか
      →口にあわないものを食べるのは苦痛になるため、食べやすくて自分好みの味を探す。
    女性 ケルトベル フィットネス

    筆者は筋トレが好きで、週4でジムに通ってはトレーニングに励んでいます。
    昨日上がらなかった重量が上げられるようになったり、できなかったことが1回でも多くできるようになると、達成感が感じられてとても気持ちよく、見た目も変化してくるので、思わずみなさんにもおすすめしたくなってしまいました。

    でもそんなトレーニングにも欠かせないモノがあるのをご存知ですか?
    それは「食事」です。
    どんなに厳しいトレーニングも「食事」をおろそかにすると体は大きくならず、普段できることもできなくなってしまいます。
    もちろん食べ過ぎには注意が必要ですが、1日3食はしっかり食べて、食べた内容を見なおすことが大事なのです。

    今日は昼食と夕食の間の間食にちょうどよく、忙しい朝にも最適な「プロテインバー」をご紹介します!
    トレーニングしている人もしていない人も、おいしく食べて健康を意識してみませんか?

    目次

    プロテインバーとは?

    はてな


    まず勘違いしないで欲しいのが、「プロテインバーはトレーニングしている人の食べ物」ではないということです。
    一般の人でも朝食の代わりにしたり、おやつにしたりしている人もいます。
    マッチョの人だけが食べるものではなく、だれでも気軽に食べられる、それがプロテインバーです。

    プロテインバーは「少ない量でタンパク質を多くとれる食べ物」で、そのほかにもビタミンや鉄分、商品によっては葉酸まで摂取できます。
    そのためトレーニングに励む人の中には、忙しいときやトレーニング前、トレーニングの間に食べている人もいます。
    女性だと、葉酸を摂取するために、おやつに食べている人もいるそうです。
    最近ではいろいろな風味の商品が出ていて味も美味しく、コンビニでも販売されているので立ち寄ったときにはぜひ見てみてください。

    【こちらもCHECK】トレーニングに役立つサプリメントに関する記事はこちら

    BCAAサプリおすすめ人気ランキングTOP10!効果や副作用、飲み方についても【2018年最新版】

    2018.05.07

    アミノ酸サプリおすすめ人気ランキングTOP15!効果や副作用についても【2018年最新版】

    2018.04.30

    グルタミンサプリおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.24

    タンパク質は普通の人に必要?

    食事 料理

    「プロテイン」と聞くとトレーニングをしてる人や、摂取するとムキムキになるイメージがあるかもしれませんが、実はギリシャ語で「1番大切なもの」という意味なのです。
    もちろんトレーニングで筋肉を大きくしたい人にとって、タンパク質はとても大切な栄養素です。
    タンパク質が足りないと、筋肉が生成されず、体を大きくすることはできません。
    そのため、タンパク質=「1番大切なもの」といっても過言ではないのです。

    では一般の人にとってはどうでしょう?
    タンパク質はトレーニングを行っていない人にとっても「1番大切なもの」であることに変わりはありません。
    それはタンパク質が「免疫グロブリン」の原料になるため。
    「免疫グロブリン」とは抗体のことで、体内に入った細菌やウイルスをやっつけてくれる働きをします。

    抗体の働きのおかげで、一度感染した感染症や伝染病などに、二度とかからない免疫力をつけることができるのはご存知の通り。
    この抗体の原料となるのがタンパク質であるため、タンパク質が不足すると免疫力が低下し、感染症などの病気にかかりやすくなってしまうのです。

    さらに女性に焦点をあわせると、髪や爪、肌の生成に必要なのもタンパク質。
    ですから不足すると肌荒れやニキビ、髪のパサつきや2枚爪の原因になってしまいます。

    これらのことを考えると、誰にでも大切な成分が「タンパク質」だとおわかりいただけるでしょう。

    プロテインバーの効果

    腹筋 ボール トレーニング


    プロテインバーは栄養補助食品ですので、食べたから何かになるというよりは、不足している栄養素を補う商品と考えた方がいいでしょう。
    例えばトレーニングをしている人は、トレーニングあとのプロテイン以外にもタンパク質が必要なので、プロテインバーを食べることがあります。
    一般の人では間食に食べることで、タンパク質と一緒に含まれているビタミンや鉄分、食物繊維が摂取でき、効率的に不足している栄養を摂るることが可能です。
    食べたから筋肉がつく、ということはないので、気軽におやつ代わりに食べてみてください。

    プロテインバーの3つの選び方

    ① タンパク質の含有量

    食事 女

    なんといっても大切なのが、タンパク質の含有量です。
    もちろん多い方がいいのですが、あまり多いとパサパサして食べにくくなってしまうので、適量を見極めることが大事。
    個人的には20g以上入っているとパサつきを感じ、口の中でねっとりしてしまうため、少し食べづらいです。
    個人差はありますが、参考にしてみてください。

    ② タンパク質以外の含有量

    キャンプ 食事

    タンパク質がたくさん摂れても、糖質や脂質などの成分が多いと体重増加の原因になってしまいますから、ほかの成分にも気をつけるようにしましょう。
    特に糖質には注意が必要。
    甘さを出すためにたくさんの糖分が入っているものは、避けた方が無難です。

    タンパク質のほかにも、ビタミンと鉄分の含有量が多いものはおすすめ。
    男性の場合、顔のはりや髪のつやにとってビタミンは重要。
    もちろん女性にとってもこの2つの成分が多く含まれている方が、美肌効果や貧血防止が期待できます。

    ③ 好きなフレーバーがあるか

    スパイス スプーン


    最後はやはり、自分にとって食べやすい味や香りのものを見つけられるかどうかです。
    口にあわないものを食べるのは苦痛ですから、食べやすくて自分好みの味を探してみてください。
    商品的には、チョコ味やストロベリー味が多く発売されていますが、海外製の物だとコーヒー味やオレンジ味など、変わった味も販売されています。

    【こちらもCHECK】プロテインに関連するおすすめ記事はこちら

    ダイエットプロテインおすすめ人気ランキングTOP10!ダイエット効果&美味しい飲み方も【2018年最新版】

    2018.08.04

    ホエイプロテインおすすめ人気ランキングTOP15!効果についても【2018年最新版】

    2018.07.26

    プロテインバーおすすめ人気ランキングTOP15

    ここまではタンパク質を摂取する意味や、プロテインバーを選ぶときのポイントについて説明してきました。
    ここからは、プロテインバーのおすすめ人気ランキングTOP15をご紹介!
    ランキングの最後には、筆者が家でよく作るプロテイン料理の簡単なレシピも紹介するので、ぜひお見逃しなく!

    15位 Oh Yeah! ONE

    ■エネルギー:220kcal
    ■タンパク質:20g
    ■脂質:8g
    ■糖質:1g
    ネットショッピングでも最近出てきた商品で、知っている方は少ないかもしれません。
    糖質がかなり低く、メーカー公表で1gしか入っていないのがウリ。
    最近流行りの低糖質ダイエットや、炭水化物抜きダイエット時にも、置き換え食として取り上げられています。
    タンパク質の含有量も20gと多いため、少しでも多くタンパク質を取りたい人にはおすすめですが、食感はやはりネットリした感じが強め。
    サクッと食べられそうに見えますが、チョコバー的な食感が強いので、苦手な方は避けた方がいいかもしれません。
    味はチョコとホワイトチョコの2種類です。

    14位 ハイプロテインバー ピーナッツ&バター

    ■エネルギー:300kcal
    ■タンパク質:34g
    ■脂質:7g
    ■糖質:1g
    こちらも最近有名になってきた商品。
    見た目がブラックサンダーに似ていて、視覚的にはハイカロリーなイメージですが、タンパク質は34gとかなり多く取れるため、トレーニングあとの小腹に入れるにはもってこい!
    鉄類も多く含まれているため、へとへとに疲れてしまったときにもおすすめです。
    食べた感触はネットリした生地の中にピーナッツが入っている感じ。
    ピーナッツがカリカリしていて食べやすいのが特徴です。

    13位 コンバット クランチバー チョコレートクッキーダフ

    ■エネルギー:210kcal
    ■タンパク質:20g
    ■脂質:7g
    ■糖質:5g
    海外ではプロの格闘家が愛用するほどメジャーですが、日本国内ではあまり聞かない商品。
    実際に食べてみるとスニッカーズのような感じで、まさにお菓子感覚で摂取できるプロテインバーです。
    普通においしいですし、摂取できるタンパク質も20g取れるのでおすすめ!
    キャラメルやソフトキャンディーの食感が苦手な人は、口当たりが似ているので注意してください。

    12位 BSN Syntha-6 プロテインバー

    ■エネルギー:240kcal
    ■タンパク質:20g
    ■脂質:7g
    ■糖質:4g
    今まで食べたプロテインバーのなかで群を抜いておいしく、ケーキ屋さんのレジ横に置いてある焼き菓子のようなイメージです。
    糖質は4gと少なめですが、とても甘く感じます。
    もちろん個人差があるので、気になる人はぜひ一度試してみてください。
    食べやすい食感なので、ほかのプロテインバーが苦手な人にもおすすめです。

    11位 Quest Nutrition プロテインバー シナモンロール

    ■エネルギー:170kcal
    ■タンパク質:20g
    ■脂質:7g
    ■糖質:1g
    チョコ味やキャラメル味・塩キャラメル味が多いプロテインバーのなかでは珍しく、シナモン味のプロテインバーがこちらです。
    シナモン味が苦手な人でも食べやすい、すっきりした風味の商品。
    シナモン感はしっかりありますが、シナモンが得意ではない筆者も食べることができる味でした。
    カロリーが少なめなのがうれしいポイント。

    10位 Weider ウイダーインバー プロテイン ベイクドチョコ

    ■エネルギー:165kcal
    ■タンパク質:10g
    ■脂質:8g
    ■糖質:11g
    とにかく値段が安くて、プロテインバーをはじめて購入するときに手に取りやすいのがこちらの商品。
    プロテインバーの入門品といってもよい商品で、コンビニやスーパーでも購入できる手軽さがうれしいですね。
    タンパク質の含有量はそこまで多くなく、カロリーも高すぎないので、プロテインバーを試したいという人におすすめです。
    しっかりとしたチョコ味のベイクドチョコなので、溶けにくいのもうれしいポイント。
    ずっしりとしており、歯に挟まる感じが苦手な人もいるかもしれません。

    9位 DNS Woman ソイフィット プロテインバー チョコレート&ナッツ

    ■エネルギー:140kcal
    ■タンパク質:10.6g
    ■脂質:4.1g
    ■糖質:- (炭水化物:15.1g)
    DNSというメーカーは、プロテインもサプリメントも作っている会社です。
    プロテインバーのなかでも、特にこの女性向けソイフィットは、食べやすくておいしいのが特徴。
    ナッツも入っていて、葉酸やビタミンの摂取も同時にできるのがうれしいですね。
    ウィダー系と同じで、はじめてプロテインバーを食べる人に向いています。
    食感はサクサクで、ピーナッツの歯触りが食欲をそそる商品です。
    甘さも控えめで女性はもちろん、甘いのが苦手な男性にもおすすめできます。

    8位 Quest Nutrition クエストニュートリション プロテインバー クッキー&プロテイン

    ■エネルギー:190kcal
    ■タンパク質:20g
    ■脂質:9g
    ■糖質:1g
    お菓子のオレオのようなクッキー味で、とてもおいしいです。
    食感はサクサクとネットリの中間くらいで食べやすく、甘さも主張しすぎずほどよいのが特徴。
    カロリーも低めですから、これまで違うプロテインバーをリピートしていた人にもぜひ試して欲しい一品です。

    7位 thinkThin クリーミーピーナッツバター

    ■エネルギー:240kcal
    ■タンパク質:20g
    ■脂質:9g
    ■糖質:0g
    ThinkThinというメーカーは、オールオーガニックを掲げている会社で、ユーザー層は女性が圧倒的に多くなっています。
    このプロテインバーも女性向けに出されたものですが、カロリーが240kcalと高め。
    間食として食べるよりも、朝ごはん代わりに食べたり晩御飯に置き換えたりするのがおすすめです。
    なにより腹持ちがよく、1つ食べるだけで長時間、空腹をまぎらわせてくれます。
    ピーナッツバターというなじみ深い味で、食べやすく続けやすいのも特徴です。

    6位 ソイジョイ アーモンド&チョコレート

    ■エネルギー:146kcal
    ■タンパク質:5.4g
    ■脂質:9.9g
    ■糖質:7.1g
    ソイジョイはウィダーに並ぶ国内プロテインバーの有名商品です。
    特にアーモンドチョコレートは販売当初から人気の商品で、おいしくて食べやすい食感がおすすめポイント。
    カロリーも150kcalを切るので摂取しやすく、なにより安価なのがうれしいところ。
    まとめて買っても5,000円以下なので、食べる回数を多くすることもでき、お財布にもやさしい商品です。

    5位 パワークランチプロテインエネルギーバー トリプルチョコ味

    ■エネルギー:205kcal
    ■タンパク質:13g
    ■脂質:13g
    ■糖質:5g
    とても甘みの強い商品です。
    その分満足度も高く、甘いものが好きな人に特におすすめ。
    持ち運びやすい小さめサイズなので、女性の小さいバックにも入れることができ、外出先で摂取するのに向いています。
    サクサクした食感ですが、食べているとややネットリしてくるので、苦手な人は注意してください。

    4位 ウイダーinバー プロテイン グラノーラ

    ■エネルギー:108kcal
    ■タンパク質:10.5g
    ■脂質:0.7g
    ■糖質:-(炭水化物14.8g)
    こちらはカロリーの低さとタンパク質含有量の多さが特徴の、ウィダーシリーズ・グラノーラ味。
    脂質も0.7gしか入っていないので、減量期やダイエットをしている人にはもってこいのプロテインバーです。
    味もサクサクしていておいしく、食感もさっぱりしています。

    3位 Pure Protein High Protein Bar

    ■エネルギー:190kcal
    ■タンパク質:20g
    ■脂質:6g
    ■糖質:2g
    糖質の含有量が少なく、タンパク質が20g取れるというだけでもすばらしいのですが、コンビニスイーツのようなおいしさもおすすめポイントのひとつ。
    カロリーも190kcalと高すぎないため、安心してつい食べ過ぎてしまわないように注意しましょう。

    2位 DNS・バーエックス(チョコレート風味)

    ■エネルギー:214kcal
    ■タンパク質:15.6g
    ■脂質:9.3g
    ■糖質:-(炭水化物17.1g)
    9位にもランクインしたDNSの商品です。
    国内のプロテインバーのなかではカロリーが高めですが、タンパク質の含有量も多いため、海外製のプロテインバーは手が出しにくいという人におすすめ。
    ただし脂質も多く含まれているので減量期の方や、ダイエットを考えている方は食べすぎに注意してください。
    味はお菓子感覚で食べられますが、やや価格が高めなので本数に注意して購入してください。

    1位 丸善 プロフィットささみプロテインバー ペッパー

    ■エネルギー:67kcal
    ■タンパク質:10.5g
    ■脂質:0.8g
    ■糖質:-(炭水化物4.5g)
    鳥のささみ肉をソーセージのように加工してあるこちらの商品。
    そのまま食べたりサラダに入れたり、スープに入れても美味しく食べられるという万能プロテインバーです。
    タンパク質が10.5g、脂質は0.8gと数値的にもうれしい一品。
    1袋に2本入っていて価格がお手ごろなのもうれしいですね。

    【こちらもCHECK】「丸善 プロフィットささみプロテインバー」のレビュー動画はこちら

    プロテインバーを食べるうえでの2つの注意点

    ① 食べるタイミング

    タンパク質は消化するのにエネルギーを使います。
    そのためトレーニングや運動の直前に食べてしまうと、体だけでなく胃腸など内臓への負担も大きくなってしまう恐れが。
    なるべく食べたあとは30分から1時間空けて、運動を開始するといいでしょう。

    おすすめの摂取タイミングは、トレーニングのあと30分以内。
    これは医学的に「運動後、30~45分以内の筋肉の生成効果が高い」という根拠があるためで、トレーニングで傷つけた筋肉の回復効果が高いうちに、タンパク質を多く摂取し筋肉の回復と増幅を手助けするという理由があります。
    プロテインバーを摂取するタイミングでお悩みの方は、ぜひ試してみてください。

    ② 過剰摂取は避ける

    プロテインは多く摂ればそれだけ筋肉がつく、というような食べ物ではありません。
    運動あとや運動中の筋肉に対して効果を発揮するもので、たくさん食べたからといって痩せたり筋肉がついたりはしないので注意しましょう。
    それどころか過剰に摂取しすぎると、カロリー過多で太り気味になってしまうことも。
    なにごとも適量が一番です。

    ランキング番外編 筆者のおすすめプロテイン料理2選

    タンパク質の摂取は、プロテインを飲んだりプロテインバーを食べたりする以外にも、3度の食事でしっかり摂ることが大切です。
    プロテインバーでのタンパク質摂取は、あくまでも間食であり補助的なもの。
    基本的には1日3回の食事で、バランスよく栄養をとることが重要です。

    ここからは筆者が好きでよく作っているプロテイン料理のレシピを2つ紹介します。
    ぜひ参考にしてみてください。

    やわらか鶏むね肉の蒸し鶏(1人前)

    ①フライパンに鶏むね肉を1枚入れて塩、料理酒を振り、少し水を入れる。

    ②蓋をして中火で7~8分火にかけ、ふつふつと沸騰してきたら裏返して、また蓋をして弱火で5分くらい火にかけます。

    ③火を止めて蓋をしたまま放っておき、冷ませばでき上がり。

    そのまま食べてもOKですし、サラダやほかの料理に入れても美味しく食べられます。
    ③の工程で、温かいまま食べるのもおすすめ。
    お酒にもあうので、トレーニングをしない日に、お酒を飲むタイミングがあるのなら、アルコールで分解される筋肉への栄養補給に、ぜひ食べてみてください。

    蒸し鶏を作る際の注意点① 酒の量に注意する

    個人的に感じた注意点を紹介します

    ①の工程で料理酒をあまり入れすぎるとでき上がりに料理酒の香りが少し残るので、振りかけるくらいかフライパンに入れる前に、鶏むね肉を酒に少し浸して(2~3分)からの方がいいかもしれません。

    蒸し鶏を作る際の注意点② 吹きこぼれと火の入れすぎに注意

    ②の工程で沸騰させすぎると固くなってしまいますし、吹きこぼれてしまうことがあるので注意してください。
    煮込む時間を短めにして、余熱で火を入れるのもありですから、いろいろと試してみてください。

    プロテインパンケーキ(3枚分)

    ①市販されているホットケーキミックスに、水に溶かしたプロテイン(なるべくホエイプロテインがいいです)を付属のスプーン2杯分入れます。
    このとき、買っているプロテインによってスプーンの大きさが違うのですが、サバスとビーレジェンドであれば2杯が適量です。

    ②卵と牛乳は先に混ぜる!(牛乳は①でプロテインを先に溶かしているので水分量に注意してください)

    ③次に①で作ったミックスを加え、少しダマが残る程度でOKなので、20回くらい大きくざっくり混ぜます。

    ④フライパンを中火で熱し、そのあと濡れ布巾の上に一度乗せ少し冷ましてください。

    ⑤弱火にして、生地の1/3量(1枚分)を高めの位置から一気に流すのが、ダマにならず均等に広げるコツ。

    ⑥弱火で約3分焼き、プツプツと小さな泡がでたらひっくり返します。

    ⑦さらに弱火で約2分焼き、火が通ればできあがり。

    パンケーキ編を作る際の注意点① 使う水分ででき上がりが変わる パンケーキ

    ②の工程で牛乳を使うと「ふわふわ」に、牛乳の代わりに水を使うことで「もちもち」なパンケーキに変わります。
    ぜひお試しください。
    ※パンケーキミックスや牛乳、卵の量は、パッケージに記載されている分量を参考にしてみてください。

    パンケーキ編を作る際の注意点② プロテインの量は試行錯誤が必要な場合も

    ①の工程で、最初はプロテインの量を少なめにして丁度よい量を調整した方がいいでしょう。
    面倒かもしれませんが、ご自身の使っているプロテインで何回か試してみてください。

    パンケーキ編を作る際の注意点③ 使うプロテインの種類

    使用するプロテインですが、ホエイではなくソイ(大豆由来のプロテイン)を使うと焦げやすい傾向にあるようです。
    無調整の豆乳を使うと比較的焦げにくいので、こちらもぜひお試しを。

    【こちらもCHECK】ダイエット食品に関連するおすすめ記事はこちら

    サラシア茶おすすめ人気ランキングTOP5!効果・効能の解説も【2018年最新版】

    2018.08.16

    バジルシードおすすめ人気ランキングTOP5!ドリンクや食べ方についても【2018年最新版】

    2018.08.12

    Amazonのプロテインバー人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    プロテインバーは補助食品として活用しよう

    歯 シニア


    プロテインバーはあくまで補助食品です。
    3食しっかり食べたうえで、何を補いたいかを考えると選びやすいはず。
    もちろん筋肉を大きくしたい人にとっては、タンパク質だけでなく、プロテインバーに含まれるさまざまな成分が、体の調子を整えてくれるため、必須の食べ物といえます。
    半面あまり馴染みのない人たちには「何が入っているかわからない」「体によくなさそう」など、間違った情報が伝わりがち。
    何が含まれているかをしっかりと理解すれば、自分にあった摂り方が見えてくるはずです。

    最近では多くの企業から、プロテインバーも含め、多種多様なサプリメントが販売されています。
    成分の量も種類も多くなっているため、必要なものと不必要なものをしっかり理解し、本当に自分の体に必要な栄養素を取り入れていくことが大切。

    ランキングで紹介した成分を参考にしつつ、それ以外に含まれている栄養素も確認しながら購入していただくのがおすすめです。
    これを機に、ぜひプロテインバーの購入を検討してみてください。

    【あわせて読みたい】ジムやトレーニングに関連するおすすめ記事はこちら

    ソイプロテインおすすめ人気ランキングTOP15!3つの効果についても【2018年最新版】

    2018.07.11

    カゼインプロテインおすすめ人気ランキングTOP15!効果や飲み方も【2018年最新版】

    2018.06.26

    【初心者必見】女性に最適なジムの服装は?おすすめのレディースウェアランキング【2018年最新版】

    2018.05.10

    東京都内でおすすめのパーソナルジムランキングTOP10!料金の比較ランキングも【2018年最新版】

    2018.05.01

    ジム用トレーニングシューズおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.11.30

    ABOUTこの記事をかいた人

    河合光臣

    毎週4日ジムに通うトレーニングマニア
    ECコンサルタント

    鍛え方にはかなり知識があるのと、サプリ関連にも詳しいです。
    ガジェット好きで携帯会社の勤務経験もありPC周辺グッズにも詳しいです。
    ダイエット・健康グッズ関連のECサイトのコンサルタントを通して得た知見を、皆さんにお伝えできればと存じます。