マザーズバッグのリュックタイプおすすめ人気ランキングTOP15!ブランド品やおしゃれなものも【2018年最新版】

選び方のポイント

  • ポケットの数が多いもの
    →子供とのお出かけでは細々としたものが増えるので、仕分けして収納できるようポケットが多い方が望ましいです。
  • 財布や携帯電話を出し入れしやすいポケットがあるか
    →片手で出し入れしやすいポケットがあれば、子供から目を離さずに貴重品を出し入れすることができるので助かります。
  • バッグ自体が軽いもの
    →帆布製やフェイクレザーは丈夫ですがやや重くなるので、ナイロン製が軽くておすすめです。

母 娘
赤ちゃんとのお出かけはとにかく荷物がたくさんあって大変ですよね。
おむつはかさばるし、念のため着替えも持っていきたいし、ミルク育児なら哺乳瓶も必要だし、体温調節のための上着やケープもなどと考えていたらキリがありません。
たった数時間のお出かけでも、万が一に備えてあれこれ持っていこうとすると大荷物になってしまって大変です。
ここでは荷物を入れるのに欠かせないお役立ちマザーズバッグをご紹介していきます。
マザーズバッグにもいろいろなタイプがありますが、なかでも荷物が増えても背負いやすく、とっさのときに両手が使えて子供がいても便利なリュックタイプに注目してみました。
おすすめ商品をランキング形式で紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

目次

マザーズバッグのリュックタイプとは?

親子 リュック
マザーズバッグには、トートバッグやショルダーバッグなどさまざまなタイプがありますが、なかでも両手が空くリュックタイプはおすすめです。
抱っこ紐と併用でき、急に抱っこをせがまれたり手をつないで歩いたりするときにも両手が空いているので対応できるからです。
子供とのお出かけは何かと荷物が増えがちですが、リュックタイプなら大容量かつ重さが両肩に分散されるので負担も減ります。
ショッピングセンターやアウトドアでも、子供に気を取られて貴重品の管理が疎かにならないよう、背負ったままでも管理しやすいものを選びましょう。

【こちらもCHECK】マザーズリュックに関連するおすすめ記事はこちら

マザーズバッグおすすめ人気ランキングTOP15!中身にいれるべきものやブランドものも【2018年最新版】

2018.05.30

ママリュックおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.13

おしゃれなマザーズリュック(ママリュック)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.22

マザーズバッグの中身は?

ベビーグッズ
月齢に応じて必要なアイテムは異なりますが、お世話の種類ごとにまとめておくと出し入れしやすくて便利です。
ここでは「おむつセット」「おなかセット」「お着換えセット」「気分転換セット」の中身をご紹介します。

●おむつセット
・紙おむつ(外出時間に応じて3~5枚、やや多めに持っておくとよい)
・おしりふき(肌が弱い子でなければ、100均などにある半分サイズのコンパクトなおしりふきがかさばらずに便利)
・おむつかえシート(ペット用のトイレシートはかさばらず使い捨てできて便利)
・使用済みおむつを入れるビニール袋(おむつ用ゴミ箱がなかったときのために)

●おなかセット
母乳育児の場合
・授乳ケープ(体温調節にも使える)

ミルク育児の場合
・哺乳瓶(外出時間に応じて1~2本)
・粉ミルク(ミルクケースやスティックタイプが便利)

離乳食後期以降の場合
・離乳食スプーン、フォークなど
・スタイ(1~2枚)
・水分補給のお茶など(スパウト、ストローマグなど)

●お着換えセット
・体温調節のための上着(カーディガンやおくるみなど)
・外出時間に応じて1~2着分
・汚れた衣類を入れるビニール袋

●気分転換セット
・普段使っているおもちゃ
・お出かけ用の特別なおもちゃ
・おやつ(せんべいやボーロなど、満腹にならない程度のもの)

リュックタイプはポケットの数が多いうえにメイン収納も広いので、これらのセットを上手に仕分けて収納することができます。

マザーズバッグ・リュックタイプのおすすめブランド

リュック
マザーズバッグは、多くの育児用品ブランドが開発・販売しています。
ファッションブランドがママ向けにコラボ商品を出している場合もあり、機能的かつおしゃれなリュックが見つかるでしょう。
リュックタイプのマザーズバッグを主力商品としている3ブランドをご紹介します。
●ファムベリー femmebelly
●ハンナフラ Hanna Hula
●ディーコレ D′colle
そのほか、カレンコム(Kalencom)やルカルカ(RucaRuca)といったマザーズバッグ専門店でもリュックタイプを取り扱っています。
もちろん無名ブランドであっても機能性にこだわったマザーズバッグはたくさんあるので、機能性とコスパのバランスを考えて購入してみてください。

マザーズバッグ・リュックタイプの価格帯は?

妊婦 お金
マザーズバッグのリュックタイプは、3,000~5,000円が主な価格帯です。
ハイブランドやマザーズバッグ専門ブランドになると7,000~10,000円を超えるものもあります。
マザーズバッグとして売られていない普通のリュックでも代用することはできます。
でもやはり保温ポケットや乾湿分離設計、ベビーカーにつけるためのストラップなど細部にこだわったマザーズバッグは便利です。
妊娠中から使えて、子供が幼稚園や小学校に上がる頃までは出番が多いので、多少値が張っても機能的で丈夫なものをおすすめします。

リュックタイプのマザーズバッグを選ぶ3つのポイント

ポイント① ポケットの数が多いもの

リュック 中身
子供とのお出かけでは細々としたものが増えるので、仕分けして収納できるようポケットが多い方が望ましいです。
ミルク育児の方は、哺乳瓶を入れるために保温機能やクッション機能がポケットについているか確認しましょう。
この保温ポケットには、哺乳瓶だけでなくママが飲むペットボトルやスパウト・ストローマグも入れられます。
母乳育児は水分補給が大事なので、母乳育児やミルク育児に関係なく保温ポケットは重宝しますよ。
防水機能のあるポケットも、濡れた衣類や使用済みおむつを入れるのに便利です。

ポイント② 財布や携帯電話を出し入れしやすいポケットがあるか

リュック 中
選び方①でご紹介したようにポケットが多いものの方が便利ですが、なかでも「財布」と「携帯電話・スマホ」をどのポケットに入れるかを想定することが大事です。
これらは外出先でも出し入れする回数が多いからです。
子供と手をつないでお出かけするようになると一瞬の隙をついて子供とはぐれてしまうことがあります。
片手で出し入れしやすいポケットがあれば、子供から目を離さずに貴重品を出し入れすることができるので助かります。
おすすめは背中の当たる部分にジッパーで開閉できるポケットがついているタイプ。
貴重品はできるだけ体に接する場所に収納した方が取り出しやすいですよね。

ポイント③ バッグ自体が軽いもの

リュック 女性
子供とのお出かけは必然的に荷物が増えるので、バッグ自体の軽さにもこだわりたいところ。
おむつやおしり拭き、着替えやお茶などただでさえ重いものを持ち歩くことになるので、バッグは軽いに越したことはありません。
帆布製やフェイクレザーは丈夫ですがやや重くなるので、ナイロン製が軽くておすすめです。
この記事ではバッグ本体の重量も紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

マザーズバッグのリュックタイプおすすめ人気ランキングTOP15

ここまではリュックタイプのマザーズバッグに入れる中身やおすすめブランド、選ぶときに注目して欲しいポイントをお伝えしてきました。

ここからはおすすめ人気ランキングTOP15として、具体的な商品を紹介していきます。
総合ランキングに続いて、機能性だけでなくおしゃれな見た目にもこだわったリュックタイプのランキングもあるのであわせてご覧ください。

15位 RONGUI 大容量 3WAY ママリュック

サイズ:タテ34cmxヨコ34cmxマチ17cm
重 量:880g
機能性:3way(リュック、手提げ、ショルダー)

大容量で、手提げやショルダーにもなる3wayリュックです。
ハンドル部分の縫製がしっかりしているので、重い荷物を入れても問題ありません!
前ポケットを広げるとおむつ替えシートになるのでお出かけ先でも衛生的です。
もちろん取り外し可能で洗えます。
サイドポケットは防水生地を使用しており、濡れた衣類や汚れたおむつなどを入れられます。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

3,580円

こんな方におすすめ

  • 大容量のリュックを探している
  • 一泊旅行にも使いたい
  • おむつ替えシートも探している

14位 UY マザーズバッグ リュック

サイズ:タテ39cm×ヨコ28cm×マチ13cm
重 量:570g
機能性:1way(リュックのみ)

スクエアシルエットはメイン収納が大きく開いて中身が出し入れしやすいところが人気です。
メイン収納には仕切りも多く、哺乳瓶が立てて入れられるフロントポケットや定番のサイドポケットなど収納力も優れています。
肩ベルトの付け根に補強がしてあり、長く使えます。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

3,998円

こんな方におすすめ

  • 肩紐の丈夫なものを探している
  • スクエアリュックが好き
  • パパも持てるシンプルなデザインがいい

13位 Ecosusi マザーズバッグ リュック

サイズ:タテ39cmxヨコ30cmxマチ19cm
重 量:700g
機能性:2way(リュック、カートバッグ)

大容量の22Lですが、肩紐がしっかりと厚く幅広なので、肩にかかる重さを軽減してくれます。
ベビーカーに取りつけるためのストラップが付属しており、カートバッグとしても使用可能。
保温効果のある哺乳瓶用ポケットがサイドにあるので、大きい前ポケットが苦手な人にもおすすめです。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

4,850円

こんな方におすすめ

  • 哺乳瓶ポケットは欲しいが前ポケットがごついのは嫌
  • ベビーカー移動が多い
  • 肩紐が食い込むとツライ

12位 mommore マザーズバッグ リュック

サイズ:タテ42cmxヨコ36cmxマチ18cm
重 量:720g
機能性:3way(リュック、ショルダー、カートバッグ)

ベビーカーに取りつけるためのストラップが付属しています。
600Dオックスフォードという素材が使われており、摩擦に耐え、多少の雨なら浸水しません。
内側と外側あわせて14ものポケットがあり、さまざまなベビーグッズを細かく収納できます。
明るめのグレー、ブルー、ダークグレーの3色展開で、いずれもパパが持っても違和感のないシンプルなデザインです。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

4,899円

こんな方におすすめ

  • ベビーカー移動が多い
  • パパも持ちやすいデザインを探している
  • 素材の丈夫さを重視

11位 Ticent マザーズバッグ

サイズ:タテ42cmxヨコ27cmxマチ21cm
重 量:600g
機能性:3way(リュック、ショルダー、トート)

保温断熱ポケット、ウェット服ポケットのほか、大きめスマホもすっぽり入る背面ポケットやポケットティッシュ専用ポケットなど、ポケットの種類がとにかく豊富です。
どのポケットに何を入れるかがすんなり決まるため何でもササッと出し入れできますよ。
防水性のあるオックスフォード生地を使用しており、多少の雨でも平気です。
5色のカラーバリエーションから選べます。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

3,495円

こんな方におすすめ

  • カバンの中の整理整頓が苦手
  • キャンバス地のカバンが好き
  • エレガントな色味が好き

10位 ABNII 大容量 マザーズリュック

サイズ:タテ43cmxヨコ29cmxマチ14cm
重 量:730g
機能性:2way(リュック、カートバッグ)

肩ベルトが緩やかなS字になっており、背負ったときにフィットしてくれます。
やや高い位置ではありますが、ベビーカーに取りつけるためのストラップもついており、ベビーカー移動にはもってこいです。
前ポケットには保温効果のある哺乳瓶用ポケットと乾湿分離ポケットがあります。
サイドにあるティッシュ用ポケットがファスナー式なので、ティッシュが飛び出したままにならないのもいいですね。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

3,660円

こんな方におすすめ

  • ベビーカー移動が多い
  • ミルク育児で哺乳瓶を持ち歩く
  • ユニセックスなデザインが好き

9位 よくばり3way アレンジ マザーズリュック

サイズ:タテ39cmxヨコ37cmxマチ16cm
重 量:699g
機能性:3way(リュック、手提げ、ショルダー)

保温断熱ポケット、ウェット服ポケットのほか、大きめスマホもすっぽり入る背面ポケットやポケットティッシュ専用ポケットなど、ポケットの種類がとにかく豊富です。
どのポケットに何を入れるかがすんなり決まるため何でもササッと出し入れできますよ。
防水性のあるオックスフォード生地を使用しており、多少の雨でも平気です。
5色のカラーバリエーションから選べます。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

3,495円

こんな方におすすめ

  • カバンの中の整理整頓が苦手
  • キャンバス地のカバンが好き
  • エレガントな色味が好き

8位 ALLCAMP マザーズバッグ リュック

サイズ:タテ42.5cmxヨコ29cmxマチ23cm
重 量:約1,000g
機能性:3way(リュック、トート、カートバッグ)

フロントポケットのさりげないデザインが特長的で、ハンドル部分のレザーとあわさってカジュアルかつトラッドな雰囲気のリュックです。
内側には保温ポケット3つを含む合計12のさまざまなポケットがあります。
ベビーカー吊り下げ用のバックルがついており、シチュエーションにあわせてカートバッグとしても使えて便利です。
カラーバリエーションは、グレー、ブラック、柄ありベージュの3種類です。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

4,980円

こんな方におすすめ

  • ベビーカーでの外出が多い
  • カジュアルなデザインが好き
  • 大きめリュックを探している

7位 NAOMI ITO mere 2wayマザーズリュック

サイズ:タテ40cmxヨコ50cmxマチ17cm
重 量:-g
機能性:2way(リュック、トート)

大容量かつポケットの数は少なめなので、バッグインバッグなどで上手に整理したい人におすすめ。
白ベースのドリーム、茶ベースのアドベンチャー、明るめグレーのピエールなどいずれもカラフルで可愛らしくウキウキしてきます。
表には撥水加工が施されており、多少の雨や汚れも気にせずどんどん使い倒せそうですね。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

10,584円

こんな方におすすめ

  • 華やかなデザインが好き
  • バッグインバッグを愛用している
  • 子連れじゃなくても使いたい

6位 Boonor マザーズバッグ

サイズ:タテ40cmxヨコ25cmxマチ16cm
重 量:740g
機能性:3way(リュック、ショルダー、トート)

開口部にメタルフレームが入っているので、ガバッと大きく開きます。
中身が一目瞭然なので取り出しやすく、内ポケットも多いので小物が散乱しにくいです。
三重保温設計の哺乳瓶用ポケット、貴重品をしまえる背面ポケット、濡れた衣類をしまえる乾湿分離設計など、細やかな配慮が行き届いています。
水や汚れも気にせず使える防水オックスフォード生地を使用。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

3,080円

こんな方におすすめ

  • 荷物の出し入れがしやすいリュックがいい
  • 夏、水場へのお出かけが多い
  • アウトドア派

5位 Keepbin マザーズリュック

サイズ:タテ38cmxヨコ34cmxマチ20cm
重 量:800g
機能性:3way(リュック、トート、カートバッグ)

ベビーカーに取りつけるためのストラップやスーツケースに乗せるためのベルトがついていたりと、便利さを追求したリュックです。
ティッシュが入れられるサイドポケットや哺乳瓶が入れられるフロントポケットなど、マザーズバッグとしてうれしい機能も満載。
カラーはグレー、ブラック、アクア(水色)、ドットブルーの4色展開です。
生地には防水ポリエステルキャンバス素材が使われていて、多少の雨でも気にせず使えます。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

3,694円

こんな方におすすめ

  • ベビーカーでの外出が多い
  • 旅行が好き、帰省も多い
  • ポケットの機能性を重視

4位 Cute Wink 4Way マザーズバッグ & リュック

サイズ:タテ36cmxヨコ30cmxマチ13cm
重 量:540g(リュック本体のみ)
機能性:3way(リュック、トート、ショルダー、斜め掛け)

ポケットの数は、内側に5つ、外側正面に2つ、側面にはおしり拭き用ポケットとファスナーポケットが1つずつと収納力にたけたマザーズバッグです。
リュック本体が約540g、ストラップや付属品を含めても約680gと比較的軽く、パパママの負担も軽減されますね。
リュックとして使わないときは肩紐を収納できます。
ボトルポーチやおむつ替えシートなども一緒に買えてお得です。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

3,680円

こんな方におすすめ

  • コスパ重視
  • バッグ自体は軽いのがいい
  • おまけつきの商品が好き

3位 D’COLLE×ママモデルコラボ 2層式多機能ママリュック

サイズ:タテ42cmxヨコ29cmxマチ12cm
重 量:670g
機能性:1way(リュックのみ)

D’COLLEとママモデルによるコラボ商品で、ママのニーズをたっぷり詰め込んだ機能的なリュックです。
肩紐がバックル式になっており、抱っこ紐をしたままでも着脱しやすいのがありがたいですね。
たっぷり荷物を詰め込んでも下に偏らない二層式だからスマートに背負えます。
キルティングにゴールドの四角ファスナー、ブランドタグつきで見た目も上品。
カーキ、ネイビー、ブラック、グレーの4色展開です。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

15,984円

こんな方におすすめ

  • 子供が抱っこ紐で寝ることが多い
  • 機能的にはリュックのみでいい
  • 少し値段が張ってもOK

2位 ファムベリー マザーズリュック

サイズ:タテ35cmxヨコ30cmxマチ10cm
重 量:550g
機能性:2way(リュック、ショルダー)

ファムベリーのH型マザーズリュックは不動の人気があります。
抱っこ紐の上からでも背負えてずれにくく、おんぶのときはサッと腕を通してショルダーに早変わり。
2wayで使えるH型リュックです。
改良型は肩紐に中綿が入り、さらに背面ファスナーが左右両方についてとても便利になりました。
水汚れ・油汚れの両方に耐えられる生地が使われているので、どんなお出かけにも気にせずどんどん使えます。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

9,694円

こんな方におすすめ

  • 長時間背負っても疲れにくいものがいい
  • 背面ファスナーは譲れない
  • H型リュックを探している

1位 Hanna Hula(ハンナフラ)3WAY H型リュックトートバッグ

サイズ:タテcmxヨコcmxマチcm
重 量:450g
機能性:3way(リュック、ショルダー、トート)

バッグ自体の重量が約450gと軽いのが魅力です。
ペットボトル一本分よりも軽いため、荷物を増やすのに抵抗がありません。
H型リュックなので開口部が広く、また抱っこ紐との併用もしやすいので私も愛用しています。
外側のかぶせポケットには、ちょっと大きめなハンナフラの母子手帳ケースLもすっぽり入り、長財布派にもおすすめです。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

8,532円

こんな方におすすめ

  • バッグ自体の軽さが重要!
  • 大きめ母子手帳ケース・長財布を使用している
  • H型リュックを探している

おしゃれなマザーズリュックおすすめ人気ランキングTOP3

ここからは、通勤やフォーマルにもおすすめなおしゃれなリュクタイプのマザーズバッグに限定してランキングTOP3を紹介していきます!

3位 PomeloBest マザーズバッグ 大容量ママリュック

サイズ:タテ40cmxヨコ25cmxマチ16cm
重 量:821g
機能性:1way(リュックのみ)

カラーバリエーションが豊富で、なかでもトリコロールを連想するレッド+ブルー+ベージュが魅力的!
一見マザーズバッグに見えないおしゃれなデザインが人気です。
哺乳瓶の持ち運びに便利な保温ポケットや、濡れた衣類などを入れられる乾湿分離設計のポケットなど、機能面でも優れています。
フレーム入りの開口部はガバッと大きく開くので荷物の出し入れもしやすく、たくさん荷物を入れても型崩れしにくいのもうれしいですね。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

3,780円

こんな方におすすめ

  • カラバリ豊富な中から選びたい
  • 機能面も譲れない
  • 大きく開くフレーム入りのリュックがいい

2位 MILA BORSA マザーズリュック

サイズ:タテ42cmxヨコ30cmxマチ11cm
重 量:670g
機能性:1way(リュックのみ)

全面のキルティングとゴールドのファスナーが上品なマザーズリュックです。
カラーバリエーションはブラックとネイビーの2色展開。
フォーマルなシーンでも違和感がなく、お宮参りなどにもおすすめできます。
A4サイズが入るメイン収納とサブ収納の2層式で、小物の整理もしやすく、バッグインバッグ要らずなのがうれしいですね。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

6,990円

こんな方におすすめ

  • サイドポケットがごついのは好きじゃない
  • 公園によく行くので底面は鋲つきがいい
  • シンプルかつ上品なデザインが好み

1位 ファムベリー マザーズリュック3way

サイズ:タテ30cmxヨコ43cmxマチ8cm
重 量:-
機能性:3way(リュック、ショルダー、トート)

フォーマルや通勤にもおすすめな、キルティング使用のH型リュックです。
マチが8cmと薄く、タテヨコの大きさを感じさせないのでスマートに着用できます。
ファムベリーのH型リュックはポケットの使い勝手がよいので、機能性も兼ね備えているのがうれしいですね。

Amazon商品価格(2018年2月17日現在)

15,984円

こんな方におすすめ

  • H型リュックがいいけどカジュアルなのは嫌!
  • 通勤やフォーマルに使いたい
  • 荷物は少なめ

Amazon&楽天のマザーズバッグ人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

マザーズバッグのリュックタイプは妊娠中にもおすすめ

リュック 女性
私は総合ランキング第1位で紹介したハンナフラのマザーズリュックを妊娠後期からずっと愛用しています。
実は、リュックタイプは妊娠中から使うのもおすすめなんです。
お腹が大きくなるとバランスを崩しやすいので、とっさのときにお腹をかばえるよう両手がフリーになるからです。
歩くときも、お腹側に重心が偏るため背中を反ることで支えようとしてしまいがちですが、リュックを背負うことで重心を体の中心にキープしやすくなります。
妊娠中から産後まで長く使い続けられるので、お出かけの相棒として使い勝手のよいお気に入りのマザーズリュックをぜひ見つけてみてくださいね。

【あわせて読みたい】ベビー用品に関連するおすすめ記事はこちら

授乳ケープおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.22

5か月からのベビーフードおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.20

抱っこ紐用収納カバーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.03.20

ベビーフェンスおすすめ人気ランキングTOP15!自立の時期や手作りについても【2018年最新版】

2018.03.12

赤ちゃん用ベビーゲートおすすめ人気ランキングTOP15!置くだけタイプやワイドタイプも【2018年最新版】

2018.02.20

ABOUTこの記事をかいた人

椥辻 夕子

妊娠に関する書籍を複数執筆

2017年6月に娘を出産した新米ママです。
第一子で両家とも初孫なので、ベビー用品は何もかもいちから揃えました。
家が狭く収納が少ないので、必要十分なものを厳選しています。
図書館司書の経験があり、絵本は定番から仕掛け絵本まで詳しいです。
在宅ライターとして、育児・家事・執筆活動に奮闘中!