スピニングリールおすすめ人気ランキングTOP15!ハンドルノブやメンテナンス&使い方についても【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 価格や種類が違っても使い方は同じ
      →サイズや価格が違ってもスピニングリールの使い方は共通。初心者なら価格は6,000円から2万円程度の製品がおすすめ。
    • 番手を基準にして選ぶ
      →例えば500~2,000番は渓流魚やメバル・アジなど小型の魚を狙うのに◎。
    • ギア比に注意して選ぶ
      →ギア比で、ハンドル1回転あたりで巻き取れる量やリールの巻き取りパワーが決まる。
    • メンテナンスがしやすいモデルを選ぶ
      →ある程度のランクのスピニングリールであれば、マイナスドライバーだけあれば簡単な分解はできることが多い。
    • 迷ったら2,500~3,000番のノーマルギアを選ぶ
      →どこで何を釣るかが決まっていないなら2,500~3,000番のノーマルギアのスピニングリールがおすすめ。
    スピニングリール

    魚釣りで使われるリールには、自分で巻くものや自動で巻き上げをしてくれるもの、さらには複雑な仕組みをもったものや太鼓型など、実に多くの種類があります。
    そのなかでも最も使われることが多いのが今回ご紹介する「スピニングリール」です。

    スピニングリールは、エサ釣りでもルアーフィッシングでも、岸からでも船からでも使われることが多いリールで、同じような形であっても釣り方に適切な機能を持った製品が販売されています。

    本記事では、釣り歴20年以上の筆者がスピニングリールの選び方やおすすめ商品をご紹介。
    ぜひ参考にして、ご自身にあったスピニングリールで釣りに挑戦してください。

    目次



    スピニングリールとは

    スピニングリール

    スピニングリールとは釣り竿の下側に付けて使うもので、ラインを巻き取るときに「ローター」というパーツが回転(spin)することが名前の由来です。

    ベールと呼ばれる部分を開けば自動でラインが出ていくようになり、投げっぱなしにしても基本的にトラブルが生じません。
    使い方も、投げて巻くまで一連の動作をゆっくりと行っても問題ないため、ほかのリールに比べて扱いやすいです。
    そのため、リールを使った釣りに始めて挑戦する方には最適と言えます。

    【こちらもCHECK】リールに関連するおすすめ記事はこちら

    【釣り】リールの種類を徹底解説!ベイトリールからスピニングリールまで

    2018.08.31

    シマノのスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.06.28

    バス釣りスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.11.17

    スピニングリールを選ぶときの5つのポイント

    ① 種類が違っても使い方は同じ

    スピニングリール

    スピニングリールは、サイズや価格が違うほか「レバーブレーキ」などの機能を持ったモデルもありますが、基本的な使い方はどれも同じ。
    基本的に「ベール」と呼ばれる部分を開けることで投げることができ、閉じることでラインを巻き取ることができます。

    ただし、選ぶときに気にしておきたいのが価格で、スピニングリールには数千円のものから10万円近くするものまであり、高価になるに連れて使い勝手は向上します。
    極端に安価なものだとトラブルが多くなって釣りがしにくくなるので、初心者には6,000円から2万円程度の範囲の商品をおすすめしたいです。

    ② 番手を基準にして選ぶ

    スピニングリール

    釣り竿の長さは2m程度から5m以上のもの、そして対象となる魚も20cm程度のものから1m以上になるものまでさまざま。
    いろいろな竿と魚に対応するために、スピニングリールにもさまざまなサイズが用意されていますが、これを「番手」と呼びます。

    スピニングリールの番手は数字で示され、現在販売されている番手は500番から30,000番まであります。
    基本的には番手で対象となる釣り方や魚が決まってくるので、それを目安にして選ぶとよいでしょう。

    一般的なスピニングリールの番手に対する釣り方や魚の目安としては、500~2,000番は渓流魚やメバル・アジなど小型の魚狙いに、2,500~3,000番は防波堤での釣りやルアーフィッシングに、4000番以上は船からのジギングや1m近くなる大きな魚を狙う際に使います。
    釣り方や魚によって最適なモデルは変わってきますが、基本的に番手を目安にして選ぶということを覚えておきましょう。

    ③ ギア比に注意して選ぶ

    シマノ リール ヴァンキッシュ 4000XG
    シマノ リール ヴァンキッシュ 4000XG

    スピニングリールには「ギア比」というものがあり、これによってハンドル1回転あたりで巻き取れる量やリールの巻き取りパワーが決まります。
    ギア比にはハンドル1回転あたりの巻き取り量が少ない順から、ローギア、ノーマルギア、ハイギア、エクストラハイギアといったものがあります。

    ローギアやノーマルギアを「ギア比が低い」、ハイギアやエクストラハイギアを「ギア比が高い」と呼び、スピニングリールを選ぶときにはギア比に注意しながら選びましょう。

    初心者であればローギアやノーマルギアがおすすめで、中級者以上に関してはギア比が低いリールとの使い分けを意識してギア比が高いモデルを選ぶとよいでしょう。

    ④ メンテナンスがしやすいモデルを選ぶ

    マイナスドライバー―

    スピニングリールをはじめ、釣りで使うリールはメンテナンスをしないとさびが出てきたり、不具合が生じたりします。
    特に海水で使用した場合は、最低限の水洗いや簡単な分解をしてメンテナンスを行わなければなりません。

    ある程度のランクのスピニングリールであれば、マイナスドライバーだけあれば簡単な分解はできることが多く、「ラインローラー」や「ハンドルノブ」といった回転することが多い部分に関しては、初心者であっても自分でメンテナンスをすると長く快適に使い続けられるでしょう。

    快適さに加えてメンテナンスも考慮すると、初心者には先にお伝えした6,000円から2万円程度のモデルを選ぶことが重要になってきます。

    【こちらもCHECK】スピニングリールのメンテナンスを動画で確認

    ⑤ 迷ったら2,500~3,000番のノーマルギアを選ぶ

    ダイワ(Daiwa) スピニングリール プレジャーII 2500 ナイロン3号 約120m付
    ダイワ(Daiwa) スピニングリール プレジャーII 2500 ナイロン3号 約120m付

    釣りを始めたいと考えている方のなかには、そもそも何を釣りに行くか、どこにいくのかが決まっていない方もいることでしょう。
    わからないことが多い方に関しては2,500~3,000番のノーマルギアのスピニングリールを購入することをおすすめします。

    2,500~3,000番という大きさであれば、船から大型魚を狙う釣りを除き、一般的なエサ釣りやルアーフィッシングには十分に対応可能です。
    まずは汎用性の高いサイズを基準に釣りを始めて、やっていくうちにより釣り方に適した番手を選ぶとよいでしょう。

    スピニングリールおすすめ人気ランキングTOP15

    ここからはスピニングリールのおすすめ人気ランキングTOP15をご紹介。
    筆者がスピニングリール選びのポイントを踏まえて、数ある製品のなかから選んだのでぜひ参考にしてみてください。

    15位 シマノ 16 ストラディック C5000XG

    リールの自重:320g
    ギア比:6.2(エクストラハイギア)
    最大巻上長:105cm
    ライン巻糸量:20ポンド150m

    ハンドル1回転で最大105cmの巻き上げができる大型スピニングリール。
    巻き上げが大きくなるほどギア部はパワー不足になる傾向がありますが、シマノの持つ「HAGANEギア」や「X-SHIP」技術によってパワー不足を補い、使い勝手を向上させています。

    船からのジギングやキャスティングで、ブリやマダイを狙う際におすすです。

    14位 ダイワ 14 プレッソ 1025

    リールの自重:170g
    ギア比:4.8(ローギア)
    最大巻上長:60cm
    ライン巻糸量:2.5ポンド100m

    管理釣り場でのルアーフィッシングをメインの対象とした、中級者向けのスピニングリール。
    釣り人が毎日訪れる管理釣り場において、丁寧にルアーを引くことができるローギア設計のエリアトラウト専用と言えるモデルです。
    より軽く巻くことができるザイオン製エアローターやハンドルノブを標準搭載していて、感度の向上が図られています。

    13位 シマノ 15 スーパーエアロ スピンジョイ SD 30 標準仕様

    リールの自重:510g
    ギア比:4.3(ローギア)
    最大巻上長:84cm
    ライン巻糸量:20ポンド200m

    投げ釣り専用設計でしっかりとした重さを持たせてあるアイテム。
    ラインを収納するスプール部分に長さを持たせてあり遠くへと投げやすく、ローギア設定とすることで重たい仕掛けの巻き上げも少ない力で行うことができます。

    また、ライン巻糸量が違う替えスプールが付属していてお得感もアリ。
    砂浜からのシロギスやカレイ、磯からの遠投カワハギ狙いにおすすめです。

    12位 シマノ 16 バイオマスタ-SW 6000PG

    リールの自重:450g
    ギア比:4.6(ローギア)
    最大巻上長:83cm
    ライン巻糸量:20ポンド190m

    船からのジギングに適したローギア設定の大型タイプ。
    強度の高いボディ・ギアで設計されていて、大きめのエッグ型ハンドルノブをしっかり握り込んで巻き上げられるので、深い水深で釣りをするジギングでも少ない力で巻き取ることが可能です。

    大型魚を釣る際に最も負荷が掛かるドラグワッシャーは、耐久性の高いカーボンクロスワッシャーを採用することで耐久性の心配をほぼなくしてあります。
    ジギングで使うリールとしては、このクラスの価格のものを選ぶと長く使えるのでおすすめ。

    11位 ダイワ 16 トライソ 2500H-LBD

    リールの自重:280g
    ギア比:6.2(ハイギア)
    最大巻上長:91cm
    ライン巻糸量:12ポンド150m

    レバーブレーキ」を搭載したウキ釣りにおすすめのスピニングリール。
    レバーブレーキはブレーキを引く力によってラインを送り出す力を調整できるので、細いラインや釣り竿を使っていても強い引きの大きな魚とやり取りできるようになっています。

    もちろんレバーブレーキを使わなくても、ドラグ調整をしておけば強い負荷が掛かったときにラインが勝手に送り出されるので、初心者も安心して使えますよ。
    ウキ釣りでクロダイやメジナを狙おうと考えている方におすすめです。

    10位 シマノ 17 セフィアCI4+ C3000SDH HG

    リールの自重:195g
    ギア比:6.0(ハイギア)
    最大巻上長:88cm
    ライン巻糸量:PE0.8号150m

    エギを使ってイカを狙うエギング専用設計のリール。
    名前にもあるようにカーボン素材の「CI4+」をボディやローター、ハンドルに使用することで、このサイズでも自重195gの軽さを実現しました。
    また、勝手に回転することを防ぐダブルハンドルを搭載し、エギングに最適なハンドルノブで握る方向を選ぶ必要がないので使いやすいです。

    アオリイカやコウイカ、ヤリイカをエギングで狙うときに、岸でも船でも場所を問わずに使えるスピニングリールとなっています。

    9位 ダイワ シーパラダイス 3500

    リールの自重:405g
    ギア比:4.9(ノーマルギア)
    最大巻上長:83cm
    ライン巻糸量:PE4号100m

    海上釣り堀での利用に最適な設計の大型タイプ。
    ブリやマダイといった引きのかなり強い魚にも負けない、しっかりとした強度とパワーを持っています。

    ハンドルノブがEVA製ラウンド型となっていて、手のひら全体で握り込んで巻き上げられるようになっているのも魅力的。

    8位 シマノ 17 サステイン 4000XG

    シマノ リール 17 サステイン 4000XG

    シマノ リール 17 サステイン 4000XG

    25,680円(07/08 10:49時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    リールの自重:285g
    ギア比:6.2(エクストラハイギア)
    最大巻上長:99cm
    ライン巻糸量:16ポンド150m

    最新技術を数多く搭載し、海でのルアーフィッシングの使用を想定されたスピニングリールです。
    ボディ内への海水の浸入を防ぐ「Xプロテクト」や、強い負荷が掛かっても問題ない強度を持つ「HAGANEギア」と「HAGANEボディ」を採用。
    なおかつハンドル1回転あたり最大99cmの巻き取りができるので、ショアジギングやサーフフィッシングでの使用が特におすすめです。

    ミドルクラスモデルですが、上位機種との機能差はほとんどないのでかなりお得なモデルと言えます。

    7位 ダイワ 17 セオリー 2004H

    リールの自重:175g
    ギア比:5.6(ハイギア)
    最大巻上長:75cm
    ライン巻糸量:4ポンド100m

    ところどころにカーボン素材を使用し、軽量設計と感度のよさが魅力のスピニングリール。
    ボディとローターに「ザイオン」と呼ばれるカーボン素材を使用することで軽さを持たせ、軽さによる慣性力の低減や素材自体の振動伝達率のよさがあります。
    そのため、魚の小さなアタリやルアーの動きを感じ取りやすくなっています。

    最大ドラグ力は2kgとなっていて、細いラインを使っても微調整がしやすく、魚にラインを切られることないためやり取りがしやすい仕様。
    管理釣り場でのトラウトやアジ・メバルといった細いラインを使う釣りにおすすめです。

    6位 シマノ 17 サハラ C3000

    シマノ リール 17 サハラ C3000

    シマノ リール 17 サハラ C3000

    6,435円(07/08 10:49時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    リールの自重:250g
    ギア比:5.0(ノーマルギア)
    最大巻上長:73cm
    ライン巻糸量:12ポンド150m

    機能を最小限にとどめて価格を抑えたシマノのスピニングリール。
    機能は絞ってありますが、強度の高い「HAGANEギア」や最適なギア配置の「X-SHIP」システム、手元に重心を近づけた「Gフリーボディ」といった装備はしっかりと備えているのが魅力です。

    汎用性の高いサイズとなっているので、どんな釣りをしようか決まっていない方が最初に購入するスピニングリールとしておすすめ!

    5位 ダイワ 17 Xファイア 2510PE-H

    ダイワ リール 17 Xファイア 2510PE-H

    ダイワ リール 17 Xファイア 2510PE-H

    25,923円(07/08 10:49時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    リールの自重:205g
    ギア比:5.6(ハイギア)
    最大巻上長:84cm
    ライン巻糸量:8ポンド150m

    シルバーとブルーのパーツが特徴的なソルトルアーフィッシング用スピニングリール。
    カーボン素材の「ザイオン」を使用したボディは軽く、投げて巻くことを繰り返しても疲れにくいです。

    そのほかにもライントラブルを防いでくれる「ツイストバスターⅡ」や「クロスラップ」、強い引きの魚をムダに暴れさせることのないドラグシステム「ATD」など、機能が満載。

    防波堤からのシーバスやサワラ、砂浜からのヒラメやマゴチ狙いでソルトルアーフィッシングをしようと考えている人におすすめです。

    4位 ダイワ 18 カルディア LT2500S-XH

    ダイワ 18 カルディア LT2500S-XH

    ダイワ 18 カルディア LT2500S-XH

    12,550円(07/08 10:49時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    リールの自重:185g
    ギア比:6.2(エクストラハイギア)
    最大巻上長:87cm
    ライン巻糸量:4ポンド150m

    2018年にモデルチェンジした、人気のカルディアシリーズの中型番手モデル。
    スピニングリールとしてはミドルクラスで、性能と価格のバランスが取れているので、多くの釣り人に愛用されています。

    水の浸入を防ぐ「マグシールド」や、強度があり巻き上げパワーがある「タフデジギヤ」を標準搭載としながら、新設計ボディによって自重185gととても軽い仕様となっているのが特徴。
    そのため、長時間の釣りで持ち続けても疲れにくくなっていますね。

    また、巻き取りが速いギア比「エクストラハイギア」となっていて、海でのシーバス狙いやエギを使ったイカ狙いで活躍してくれます。
    機能が十分で、一つのリールを長く使おうと考えている方にはおすすめのスピニングリールです。

    3位 ダイワ 15 レブロス 3000

    リールの自重:290g
    ギア比:4.7(ノーマルギア)
    最大巻上長:79cm
    ライン巻糸量:16ポンド150m

    入門用としておすすめの低価格のピニングリール。
    高い強度で軽い巻きを実現する「エアローター」システムや、トラブルの生じにくい形状「ABSスプール」を採用しているなど、手ごろな価格でも十分な機能を持っているのが魅力です。

    ハンドルは折りたたみ式となっていて、折り曲げてバッグなどにコンパクトに収納可能。
    釣り方を問わず使うができる3,000番なので、ウキ釣りから投げ釣り、ルアーフィッシングまで幅広く使うことが可能です。

    【こちらもCHECK】ダイワ 15 レブロス 3000のレビュー動画はこちら

    2位 ダイワ 18 フリームス LT3000

    リールの自重:225g
    ギア比:5.2(ノーマルギア)
    最大巻上長:77cm
    ライン巻糸量:8ポンド150m

    2018年に発売されたダイワの新製品。
    これまでのダイワのスピニングリールよりも一回り小型化しつつも強度や軽さは向上させ、本来は相反する要素を新技術で両立させているのが特筆すべき点です。

    機能面では、水やほこりの浸入を防ぐ「マグシールド」構造や、しっかりとした巻き上げが可能な「タフデジギヤ」の搭載が特徴で、実釣での使用で不足はありません。

    基本的にはどの釣り方でも使うことができますが、ルアーフィッシングメインで考えている方に特におすすめです。

    1位 シマノ 16 ナスキー 2500

    シマノ リール 16 ナスキー 2500

    シマノ リール 16 ナスキー 2500

    8,943円(07/07 18:21時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    リールの自重:250g
    ギア比:5.0(ノーマルギア)
    最大巻上長:73cm
    ライン巻糸量:10ポンド150m

    釣り方や魚を問わず使えるシマノのエントリー用スピニングリール。
    価格は安めですが海水での使用も問題なく、さびを気にせず釣りをすることができます。
    「Gフリーボディ」や「コアプロテクト」などの上位機種に搭載されている技術を多数組み込んであるのも魅力的。

    淡水でのブラックバスフィッシングから防波堤でのエサ釣りからルアーフィッシングまで、幅広く使える汎用性の高いスピニングリールとなっています。

    【こちらもCHECK】シマノ 16 ナスキー 2500のレビュー動画はこちら

    ハンドルノブおすすめ人気ランキングTOP3

    ここではスピニングリールの使いやすさを向上できるハンドルノブのおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介します。
    ハンドルノブの付け替えは、標準で付いているハンドルノブのキャップを外し、内部のスクリューを緩めれば簡単に行えますよ。

    ただし、付け替えできるハンドルノブはリールによって決まるので、購入の際にはメーカーやハンドルノブの大きさが持っているスピニングリールと適合しているかどうかを確認しましょう。

    ここでは性能面やデザイン面で優れたおすすめのハンドルノブを3つセレクトしたので、ぜひチェックしてみてください。

    3位 ダイワ SLPW RCSTシェイプノブ・ラージ

    ダイワのスピニングリールに取り付け可能な大型のT字ハンドルノブ。
    広い面を指で抑え込んだり、T字の部分を指で挟み込んだりと、自分にあった持ち方でしっかりと力を入れることができ、大物とのやり取りがしやすくなっています。

    2位 シマノ 夢屋 アルミセンシティブノブ

    アルミで成形されたI字型のハンドルノブ。
    シマノスピニングリールのハンドルノブタイプAの製品に装着することができます。

    通常のハンドルノブがコルクやEVAのやわらかな素材で作られているのに対し、このモデルは金属特有の感度のよさでより小さなルアーの振動や魚のアタリを感じ取ることが可能です。

    1位 ダイワ SLPW Iシェイプザイオンノブ

    ダイワのスピニングリールに取り付けできるブランキングが特徴的なハンドルノブ。
    カーボン素材のザイオンで成形されていてとても軽く、ブランキングされているのでハンドルリベット(軸)の部分に触れられるようになるため、繊細な釣りがしやすくなるのが特徴です。
    渓流や管理釣り場でのトラウトフィッシングのほか、海でのアジングやメバリングといった繊細な釣りに適したハンドルノブとなっています。

    スピニングリールを使用するうえでの5つの注意点

    ① 投げる際はベールの向きに注意

    スピニングリール

    スピニングリールで仕掛けやルアーを投げるときには「ベール」を返して開けておく必要がありますが、このとき向きに注意しましょう。
    ベールの向きが悪いと投げるときの衝撃で勝手にベールが返ってしまい、仕掛けが切れたり、ときには切れずに自分に向かって勢いよく飛んできたりするので注意が必要です。

    トラブルが生じにくいのは、「ラインローラー」がリールの手元側にきていて、釣り竿と重なる向きとなります。
    この向きでベールを返すようにしておくとトラブルが起きにくいだけでなく、投げるときにラインを人差し指で拾いやすくなります。
    最初は常に意識が必要ですが、慣れると無意識にできるようになるので覚えておきましょう。

    ② ドラグノブやハンドルに強い負荷が掛からないように注意

    スピニングリール

    スピニングリールは数多くのパーツで構成されていて、負荷に弱い部分も少なからずあります。
    特にスプール上部の「ドラグノブ」や巻くための「ハンドル」には、強い負荷が掛からないように注意しましょう。

    ドラグノブに強い負荷が掛かると、負荷によって内部のスプールを上下してきれいに巻き取るための機構に影響してしまい、きれいに巻き取れなかったり、ゴロゴロとした心地よくない振動が伝わってきます。

    ハンドルに関しては強い負荷が掛かると変形してしまい、スムーズな巻き取りができなくなります。
    リール単体で落下させたり、保管時に上に重たいものを乗せないようにしたりといったことに注意しておくようにしましょう。

    ③ スプール内部やローターにラインが絡まないように注意

    スピニングリール

    スピニングリールを使っていると、スプールの内部やローターといった回転部分にラインが絡んで動かなくなってしまうことがあります。
    特にこのトラブルは、風が強いときに仕掛けを組んでいる際にラインがたるんでしまい、リールが勝手に回転して起こることが多いです。

    これを防ぐためには、仕掛けを組むときにベールを返してラインが出ないようにしておき、仕掛けを組み終わったらラインがスプール内部やローターに絡んでいないか確認してベールを戻して巻き始めること大切。

    スプール内部に絡んだときはドラグノブを外れるまで緩めてスプールを丁寧に取り外して絡みを解消させ、ローターに絡んだときにはベールを返して回転しないようにしてから絡みを取るようにしてください。

    絡んだ部分のラインはリールのオイルがついたり、隙間に挟まったことで傷が入ったりしていることが多く、そのまま使うと別のトラブルの原因にもなりかねません。
    そのような場合には、面倒ではありますが新しく仕掛けを結びなおすことをおすすめします。

    ④ ラインは定期的に巻き替えるようにする

    ライン リール

    スピニングリールは、投げて巻くことを繰り返すほど「よれ」が入る構造となっています。
    各メーカーがよれを軽減する仕組みはを取り入れていますが、長く同じラインを使い続けていると一気にラインが固まって飛び出したり、釣り竿やガイドにラインが絡まってしまったりするトラブルを引き起こすのです。

    特に「ナイロンライン」や「フロロカーボンライン」に関してはよれが入るとトラブルが起きやすくなるので、毎週釣りに出かけるような方であれば、2~3ヶ月程度を目安に巻き替えるのがおすすめです。

    ⑤ リールの根元を持つようにする

    リール

    釣り初心者は、リールのついた釣り竿を持つときに竿の一番下側を持ってしまうことがありますが、これだと力を入れられずとても重たく感じてしまいます。

    スピニングリールがついた釣り竿は、リールの根元を持つことで力が入れやすくなり、タックル全体の重心に近い部分が持てるので疲れにくくなるのです。
    リールの根元を持つときは「リールフット」を中指と薬指の間で持つのが基本で、これによって持ちやすくなるだけでなく、投げやすくもなるので覚えておきましょう。

    また、スピニングリールは巻くためのハンドルを左右どちらでもセットすることができます。
    スピニングリールではできれば利き手で釣竿を持ち、反対の手でハンドルを回してラインを巻き取るようにセットした状態に慣れておくと釣りがしやすくいのでおすすめです。

    Amazonのスピニングリール人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    スピニングリールでさまざまな釣りに挑戦

    リール

    スピニングリールは、初心者が釣りを始める際に最適であると同時に、どんな釣り方でも欠かすことができない重要アイテム。

    スピニングリールはどこでもどんな釣りでも使える一方で、釣り人が増えたことで魚に警戒心を与えづらい細いラインを使うことが多くなっている現在の繊細な釣りシーンにおいて活躍の場は拡大。
    今後もさまざまな性能を持ったモデルが次々に販売されていくはずです。

    選び方や使い方の基本は釣りに慣れた人であっても誤って認識していることも多いですので、本記事を参考にそれらをしっかりと覚えてください。
    ランキングでご紹介したスピニングリールは、2018年の春に発売になった新製品を含め、数ある製品のなかから価格や機能面などを考慮して筆者がセレクトしたものです。
    自分にマッチする一品を見つけ出してください!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    シマノ リール 16 ナスキー 2500

    シマノ リール 16 ナスキー 2500

    8,943円(07/07 18:21時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.26

    エギングリールおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.27

    リールケースおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.12

    ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP10!ダイワやシマノの選び方も【2017年最新版】

    2017.12.08

    バス釣りスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.11.17