ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!使い方やメンテナンスについても【2018年最新版】

選び方のポイント

  • ブレーキの使い方がわかりやすいものを選ぶ
    →ブレーキシステムは外部から調整がしやすいモデルを選ぶのがおすすめ。
  • スプールの寸法を見て選ぶ
    →基準となる大きさは34mm。
  • できるだけ自重の軽いモデルを選ぶ
    →各ベイトリールのスペックに必ず表示してあるので、それを目安にして選んでいく。
  • 海釣りには海水対応のものを選ぶ
    →海釣りで使う場合には「海水対応」や「ソルト対応」とスペックに表記してあるものを選ぶ。
  • スプールメンテナンスがしやすいモデルを選ぶ
    →スプールメンテナンスがしやすいモデルを選んでおくのがおすすめ。

リール


ルアーフィッシングにおいて使われることが多いベイトリール。
正確にポイントに向けてルアーを投げ込めて、巻いてきてから次の投げる動作までがスムーズに行える手返しのよさが大きなメリットのリールです。

ベイトリールを使うためには、ちょっとした使い方のポイントの理解と慣れが必要になるので、使えれば初心者ではないといった見方をする方もいます。
そんなベイトリールですが、基本の使い方を知っておくほかに選び方で釣りやすさがかなり変わってくるものです。

本記事においては、釣り歴20年以上となる筆者がベイトリールの選び方やおすすめ品をご紹介しています。
ベイトリールを使いこなすと釣れる魚の数や楽しさが増えてきますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ベイトリールとは

釣り竿 ルアー


ベイトリールの名称は一般的ですが、本来の呼び名は「ベイトキャスティングリール(bait casting reel)」です。
もともとは大きな重たい餌を投げて使うためのリールだったのでこの呼び方をされていましたが、現在ではほとんどそのような使い方の釣りはありません。
ベイトリールが正式名称であると考えている釣り人も多いかもしれませんが、使い方を理解するうえでも大事なので覚えておくといいでしょう。

ベイトリールは先に挙げたように重たい餌を投げるのに適していて、あまりにも軽いルアーを投げることには向いていない基本的な特徴を持っています。
最近では製造技術の向上によって、3g程度の軽いルアーから投げることも可能となっていますが、根本的な特徴は変わりません。

ベイトリールは巻き上げる力が非常に強いことも特徴で、リールから出ているラインにほとんど角度がつかないことと、ハンドルを回したパワーがそのまま伝達されやすいといったことがその理由となっています。

ベイトリールを選ぶときには、重たいルアーを投げるのに向いていて巻き取りの力が強いということを、意識しながら選んでいくのがポイントです。

【こちらもCHECK】リールに関連するおすすめ記事はこちら

シマノのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

2018.06.27

ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

2018.06.26

ベイトフィネスリールおすすめ人気ランキングTOP10!低価格な商品も【2018年最新版】

2018.05.16

ベイトリールを選ぶときの5つのポイント

① ブレーキの使い方がわかりやすいものを選ぶ

釣り用品 ルアー


ベイトリールでは投げるルアーや風の有無などによってスプール回転の速さを調整する「ブレーキ」の使い方がわかりやすいものを選ぶようにしてみてください。
ベイトリールのブレーキは2つあり、「メカニカルブレーキ」と「ブレーキシステム」にわかれています。

メカニカルブレーキは直接スプールを押さえるもので、リールサイドにあるツマミで調整し、どのベイトリールにおいても基本的に同じ構造となっています。

ブレーキシステムはスプールの回転にあわせてブレーキ力を微調整するもので、磁力を利用した「マグネットブレーキシステム」、遠心力を利用した「遠心力ブレーキシステム」、電子制御による「デジタルコントロールブレーキシステム」があります。

マグネットブレーキと遠心力ブレーキの2つを組みあわせたベイトリールもある。

ブレーキシステムに関しては外部から調整がしやすいモデルを選ぶのがおすすめです。
種類によってはサイドプレートを外してからでないと調整ができないものもあるので注意してください。

② スプールの寸法を見て選ぶ

ルアー


ベイトリールにはスプールの「寸法」というものがあり、これによって投げやすいルアーの重さが変わってきます。
基準となる大きさは「34mm」で、この大きさだと10~14gのルアーを投げるのに適しています。

この34mmよりもスプール寸法が大きくなると遠投に向きますが、同時に「バックラッシュ」というトラブルも多くなりがちです。
小さくなると軽いルアーを投げやすくなりますがその分飛距離は落ちる傾向があります。

自分がどのくらいの重さのルアーを使っていくのかによって、スプールの寸法を見て選んでいくのがよいでしょう。

③ できるだけ自重の軽いモデルを選ぶ

リール


ベイトリールは釣り竿の上側に来るようにして使うのが正しい使い方です。
軽ければ軽いほどバランスが取りやすくて疲れにくくなります。

理由は重たければ重たいほど下側に回転しようとする力が働き、投げたり巻いたりしていくときにこの力に常に抵抗しながら持っておく必要が出てくるためです。
なお、自重が軽ければその力が少なくて済みます。

自重については各ベイトリールのスペックに必ず表示してあるので、それを目安にして選んでいくとよいでしょう。

④ 海釣りには海水対応のものを選ぶ

釣り竿 リール


ベイトリールはシーバスやクロダイ、エギングといった海釣りでのルアーフィッシングにも使われます。
このようなときに気をつけておきたいのが、海水対応となっているベイトリールを使うこと。

ベイトリールのなかには、淡水専用として防錆性能の余分な部分を削ぎ落として自重を軽くしてあるものもあります。
このようなモデルを海水で使うと、異音や不具合の原因となりかねません。

海釣りで使う場合には「海水対応」や「ソルト対応」とスペックに表記してあるものを選ぶようにしてみてください。

⑤ スプールメンテナンスがしやすいモデルを選ぶ

リール


ベイトリールはスプール周りを常にメンテナンスしておくことで快適に使うことができます。
同じく多くのルアーフィッシングで使われるスピニングリールに比べると、メンテナンスの頻度は高めておいたほうがよいので、スプールメンテナンスがしやすいモデルを選んでおくのがおすすめ。

現状販売されているベイトリールであれば、メンテナンスしやすくするためサイドプレートを簡単に開閉できるものが多いです。
昔のモデルになると少し難しくなるので、できるだけ新しいベイトリールを購入しておくのがよいでしょう。

【こちらもCHECK】ベイトリールのメンテナンスおすすめ解説動画はこちら

ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15

ここからはベイトリールのおすすめ人気ランキングTOP15をご紹介。
筆者がベイトリール選びのポイントを踏まえたセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

15位 シマノ 17 エクスセンス DC XG


リールの自重:225g
スプール寸法:37mm
ギア比:7.8(エクストラハイギア)
最大巻上長:91cm
ライン巻糸量:12ポンド100m

主にシーバスフィッシングにおいての使用を考えて設計されているベイトリール。
「4×8DCエクスセンスチューン」という電子制御によってスプール回転をコントロールするデジタルコントロールブレーキを搭載しているので、PEラインも安心して使用できます。

大型ノブやパワーハンドルで巻き取りもしやすいので、メタルバイブレーションやビッグベイトを使うときにおすすめです。

14位 ダイワ HRF PEスペシャル 7.3-TW


リールの自重:225g
スプール寸法:mm
ギア比:7.3(ハイギア)
最大巻上長:77cm
ライン巻糸量:PE2号150m

アイナメやソイといった大型のロックフィッシュを対象とした設計のベイトリール。
太いPEラインを使うことを前提とし、ブレーキシステムやレベルワインドのスピードを調整してあります。
100mmのロングクランクハンドルは力いっぱい巻き上げてもたわむことない安心の設計です。

13位 シマノ 14 ブレニアス


リールの自重:200g
スプール寸法:32mm
ギア比:7.7(エクストラハイギア)
最大巻上長:77cm
ライン巻糸量:PE0.8号140m

クロダイやカサゴを手返しよく狙っていくことができるソルトベイトフィネスの釣りに最適なベイトリール。
スプールとボディの間に、PEラインが挟まらないようにスプールをナロー化しているのが、このベイトリールにしかない構造です。
一点だけ注意したいのがノーマルのSVSブレーキシステムについて。
ブレーキ設定時にはサイドプレートやブレーキシューを落とさないように注意してください。

12位 ダイワ スティーズ SV TW 1016SV-H


リールの自重:160g
スプール寸法:34mm
ギア比:6.3(ハイギア)
最大巻上長:67cm
ライン巻糸量:14ポンド90m

ダイワベイトリール最上位のフラッグシップモデルです。
ベイトリールの心臓部となるドライブギヤを、従来よりも大型化してパワー向上を図りつつも、各パーツの軽量化を徹底して自重160gという軽さを実現しています。
グリッピングの形を自分なりに変えやすいボディデザインは多くの釣り人から好評化を受けています。

11位 シマノ 17 カルカッタコンクエスト BFS HG


リールの自重:200g
スプール寸法:32mm
ギア比:6.8(ハイギア)
最大巻上長:68cm
ライン巻糸量:8ポンド45m

市販されている丸型ベイトで最もコンパクトで、軽いルアーを投げることができるベイトリール。
ブレーキを直接スプールに掛ける「FTB」を採用することで、今まで以上に軽いルアーを扱うことができるようになっています。
さらに静穏性の高い「マイクロモジュールギア」を標準搭載。
渓流や管理釣り場でのトラウト狙い、バスフィッシングにおけるシャッドやスモールクランクベイトの釣りで活躍してくれます。

10位 ダイワ T3 エアー 8.6-TW


リールの自重:160g
スプール寸法:32mm
ギア比:8.6(エクストラハイギア)
最大巻上長:86cm
ライン巻糸量:8ポンド50m

「T-ウイングシステム」を搭載したベイトフィネス専用のベイトリール。
放出抵抗が少なく外部ダイヤルでブレーキの微調整もしやすいので、軽いルアーにおいてもトラブルなく投げやすくなっています。

淡水専用となっていて、ブラックバスのワームフィッシングや渓流でのトラウト狙いにおすすめのベイトリールです。

9位 シマノ 14 カルカッタコンクエスト100


リールの自重:215g
スプール寸法:36mm
ギア比:5.2(ノーマルギア)
最大巻上長:59cm
ライン巻糸量:12ポンド100m

丸型ゴールドボディで人気の高いベイトリールです。
以前のモデルよりもボディがコンパクトになり、丸型リールのデメリットであるパーミング性の悪さを改善してあります。

ギアノイズを従来よりも少なくした「マイクロモジュールギア」、レベルワインドに物や指を挟み込んでしまわないように、「セーフティレベルワインド」という安全機構が採用されているのは大きな魅力です。

8位 ダイワ モアザン 14 PE SV 8.1R-TW


リールの自重:220g
スプール寸法:34mm
ギア比:8.1(エクストラハイギア)
最大巻上長:86cm
ライン巻糸量:PE1号200m

シーバスでの使用を考えて設計されたダイワのベイトリール。
PEラインの使用を前提とし、トラブルの少ない34mm寸法スプールを「SVコンセプトPEセッティング」として、一定でない力の入れ方や向かい風などのさまざまな状況変化に対応できるようにしてあります。

ボールベアリングのマグシールド化も行っており、回転性能の低下を気にせず釣りができる点も魅力です。

7位 ダイワ ジリオンSV TW 1016SV


リールの自重:195g
スプール寸法:34mm
ギア比:5.5(ローギア)
最大巻上長:58cm
ライン巻糸量:16ポンド80m

手の小さな方でも握りやすいボディデザインのベイトリール。
ブレーキを強めておくと、ノーサミングでもバックラッシュを起こしにくいほど秀逸なブレーキシステムを搭載している非常に扱いやすいベイトリールです。
さらに4つのギア比設定があるので、力強さを必要とする釣りから、とにかく速く回収したい釣りまで適切なモデルを選んでいくことができます。

6位 ダイワ タトゥーラ SV TW 8.1R


リールの自重:200g
スプール寸法:33mm
ギア比:8.1(エクストラハイギア)
最大巻上長:83cm
ライン巻糸量:16ポンド80m

スプール寸法を33mmとすることで飛距離よりもトラブル抑制を目的としているベイトリールです。
ルアーを水面で跳ねさせていく「スキッピング」が比較的行いやすく、ほかの釣り人が釣り切れないようなスポットまで釣りをしていくことができます。
ギア比設定は3種類あり、釣り方にあわせた使い分けがしやすいです。

5位 シマノ 15 メタニウム DC


リールの自重:190g
スプール寸法:34mm
ギア比:6.2(ノーマルギア)
最大巻上長:66cm
ライン巻糸量:14ポンド100m

現在販売されているデジタルコントロールブレーキシステムを搭載したベイトリールのなかで最もコンパクトサイズのロープロファイルモデル。
調整が簡単な「I-DC5」のデジタルコントロールブレーキシステムで、スプール寸法が最も対応幅の広い34mmとなっていて、特にバスフィッシングでの使用がおすすめです。
ラインナップにはノーマルギア、ハイギア、エクストラハイギアと3つのギア比があるので自分の欲しい巻上長のモデルを選ぶことができます。

4位 シマノ 17 スコーピオン DC


リールの自重:215g
スプール寸法:34mm
ギア比:6.3(ノーマルギア)
最大巻上長:67cm
ライン巻糸量:14ポンド100m

デジタルコントロールブレーキシステムを搭載しているベイトリールのなかで最も安価なモデル。
今までハイエンドモデルにしか搭載されていなかったデジタルコントロールブレーキを比較的購入しやすい価格帯にしてあるのは大きな魅力です。
設定の簡単な「I-DC5」となっていてデジタルコントロールブレーキ特有の電子制御音もしっかりと鳴るので、DC音にあこがれを持っている方におすすめします。

3位 ダイワ フエゴ CT 103SH


リールの自重:205g
スプール寸法:34mm
ギア比:7.3(スーパーハイギア)
最大巻上長:77cm
ライン巻糸量:14ポンド100m

高強度の「スーパーメタルフレーム」、使いやすい「マグフォースZブレーキシステム」の使用で釣り方を問わず、エントリーモデルとしておすすめのベイトリール。
低価格でありながら、フラッグシップモデルの「スティーズ」と同様の軽量薄型ハイグリップⅠシェイプライトノブを搭載しているのは大きな魅力です。

2位 シマノ 16 カシータスMGL 100HG


リールの自重:190g
スプール寸法:34mm
ギア比:7.2(ハイギア)
最大巻上長:77cm
ライン巻糸量:14ポンド100m

「NEWマグナムライトスプール」を低価格で搭載しているハイコストパフォーマンスのベイトリール。
外部ダイヤルでブレーキの強さを調整できる「NEW SVSインフィニティ」との相乗効果、スプール寸法は34mmとすることで初心者の方におすすめです。
もしこのモデルより低価格帯の製品を購入しようと考えている方は、価格が上がってもぜひこちらを使ってほしいと思えるベイトリールになります。

1位 シマノ 16 メタニウムMGL HG


リールの自重:175g
スプール寸法:34mm
ギア比:7.4(ハイギア)
最大巻上長:79cm
ライン巻糸量:12ポンド100m

軽量ベイトリールとして人気のシマノのミドルクラスベイトです。
このモデル以前には技術的に不可能だったスプール側面へのブランキング加工を施した「NEWマグナムライトスプール」をはじめて搭載したモデルで、バックラッシュの発生を抑えつつ、飛距離を伸ばすことに成功しています。

また、回転が速くなりすぎることによって起こる振動を「サイレントチューン」機構で抑えて使用感も損なわない設計となっていて、バスフィッシングからシーバスフィッシング、ロックフィッシュまで幅広く使える汎用性の高いベイトリールです。

ベイトリール飛距離おすすめ人気ランキングTOP3

ここでは飛距離を出すのに適したベイトリールのおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介。
遠くにルアーを投げて釣りをしたい方はぜひ選ぶときの参考としてみてください。

3位 シマノ 12アンタレス


リールの自重:225g
スプール寸法:37mm
ギア比:5.6(ノーマルギア)
最大巻上長:65cm
ライン巻糸量:12ポンド120m

飛距離を出すためにスプール寸法として最大級の37mmを採用してあるベイトリールです。
アンタレスシリーズは初代モデルの発売からずっと飛距離を重視した設計となっていて、積み重ねてきたデータを元に改善しながらモデルチェンジしてきています。
過去のモデルは遠心力ブレーキがサイドプレートを外してからの調整でしたが、本モデルに関しては外部ダイヤルでブレーキ調整可能で扱いやすさが向上されています。

2位 ダイワ 15 タトゥーラ HLC 7.3-TW


リールの自重:220g
スプール寸法:34mm
ギア比:7.3(ギア)
最大巻上長:77cm
ライン巻糸量:14ポンド105m

34mm寸法スプールでありつつHLC(ハイパーロングキャスト)仕様で、Tウイングシステムとの相乗効果で飛距離を伸ばせるベイトリール。
14g程度のルアーであれば快適に飛距離を伸ばすことができ、それより多少軽いルアーであっても対応することが可能となっています。
飛距離と同時に少し汎用性が欲しい、また価格を抑えておきたい方におすすめのベイトリールです。

1位 シマノ 16 アンタレス DC


リールの自重:220g
スプール寸法:37mm
ギア比:5.6(ノーマルギア)
最大巻上長:65cm
ライン巻糸量:12ポンド130m

デジタルコントロール(DC)ブレーキシステムを搭載したシマノベイトリールのフラッグシップモデル。
1,000分の1秒単位でスプール回転を制御するので、回転にあわせた最も最適なブレーキを自動で掛けてくれるので飛距離を伸ばすことが可能です。
飛距離を出したいときには重く空気抵抗の少ないルアーで、ブレーキモードを「エクストリームロングキャスト」にして使ってみてください。

ベイトリールラインおすすめ人気ランキングTOP3

ここではベイトリールでの使用に適したラインおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介します。
おすすめのベイトリールランキングとあわせて参考にしてみてください。

3位 モーリス バリバス ナマズ プレミアム

ナマズにはもちろんのこと、ライギョやブラックバスのフロッグゲーム、ロックフィッシュ狙いのテキサスリグでの使用も可能なPEライン。
8本編みのホワイトカラーで見やすく扱いやすさがあり、かつ価格も抑えられているおすすめのラインです。

2位 サンライン シューター マシンガンキャスト

特殊なコーティングで耐久性の高いナイロンライン。
150m巻きですが、75m部分にマーキングが入っていますので全部を一度で使い切らずに2回に分けて使うのがよいでしょう。
特にバスフィッシングでクランクベイトやバイブレーションを使って広い範囲を釣っていくときにベイトリールと組みあわせるのがおすすめです。

1位 クレハ シーガー R-18フロロリミテッド

障害物にラインをこすらせて使ったり、歯の鋭い魚にも切られにくい強度が魅力のとにかく強いシーガーのフロロカーボンライン。
フロロカーボンのなかでも特に表面硬度の高さを誇っていて、淡水でのバスフィッシング、海釣りでのシーバスやロックフィッシュ狙いまで幅広く使うことができるベイトリールにおすすめのラインです。

ベイトリールを使用するうえでの5つの注意点

① ブレーキ調整は慎重に

リール


ベイトリールで快適に投げるにはブレーキ調整が最も重要となるので、選び方のポイントで挙げた「メカニカルブレーキ」と「ブレーキシステム」の調整の基本を覚えて使うようにしましょう。

まずメカニカルブレーキですが、釣り竿にラインを通して使うルアーを結んだ状態にしてから調整していきます。
ルアーを結んだら釣竿を水平にしてメカニカルブレーキのツマミを締め込んでおいてから「クラッチ」を切り、徐々にメカニカルブレーキのツマミを緩めていってみてください。

そうするとある一定のところでルアーの重みでラインが引っ張り出されていくところが出てくるので、そこでツマミの調整を止めるようにしてください。

次にブレーキシステムですが、慣れないうちはブレーキの効きが最大の状態から投げてみて、徐々に効きを弱めて投げたときにラインがスプール上で浮き上がらない調整位置で止めてみてください。

ベイトリールのブレーキ調整はご紹介した内容が基本にはなりますが、風の吹き方やライン量によっても細かく変わってくるので、ご自身でベストな状態を探し出してみてください。

② 根掛かりしたときは無理に引っ張らない

釣り 夕日


ルアーフィッシングをしていると障害物に針が引っ掛かってしまうことがあります。
このようなときに無理やり引っ張ると、ベイトリールのスプール軸が曲がってしまい使えなくなってしまうことがあるので、無理に引っ張るのは厳禁です。

根掛かりしたときのために小型の「ラインブレーカー」を一つ持っておくことをおすすめします。
ラインブレーカーで力を掛けてゆっくりと引っ張ればルアーの針が伸びて回収できることも多いので、購入しておくのがよいでしょう。

③ 細すぎるラインは使わない

リール ライン


ベイトリールでは細すぎるラインを使うと、スプールとボディの隙間に挟まってしまうことがあるので使わないようにしておくことをおすすめします。

基準としてはナイロンラインやフロロカーボンラインだと4ポンド以下、PEラインだと0.8号以下の使用は避けたほうがよいでしょう。

細いラインを使いたい場合は、ベイトリールよりもスピニングリールを使うほうが、トラブルが圧倒的に少なく使いやすいのでおすすめです。

④ クラッチが中途半端にならないよう注意

釣り竿


ベイトリールを使うときには「クラッチ」というボタンでギアとスプールの切り離しを行っていて、押すとラインが出て、戻すと巻き取りができます。
このクラッチがしっかり押しきれていない、または戻り切っていない状態で投げたり巻いたりすると、ギアの噛み合いがうまくできていないのでとても大きな異音がすることがあり、故障の原因となりますので注意しましょう。

クラッチがしっかり押されたり戻ったりしているかの確認は「カチッ」と音が鳴ったことを目安にするとよく、しっかりと押し込むこと、ハンドルを回して元の位置に正しく戻すことを常に意識してみてください。

⑤ 動かなくなったときは使用を中止する

釣り竿


ベイトリールを使っていると急に動かなくなることがあります。
原因としてはメンテナンス不足によって汚れがパーツの隙間に溜まってしまったことや、パーツが破損してうまく全体が駆動しなくなったりすることが挙げられます。

このようなときに無理に動かそうとすることは、さらなる不具合を起こす原因となるので、避けるようにしてください。
動かなくなってしまったときには自分で分解することもできますが、メーカーにメンテナンス依頼をすることをおすすめします。
メンテナンスの基本料金はどのメーカーにおいても基本技術料3,000~4,000円で、不具合のあるパーツを交換した場合はその代金がかかります。
突然使えなくならないようにするためにも、日ごろから水洗いして汚れを落としたり、簡単な注油をしたりといったメンテナンスは行っておくことをおすすめします。

【こちらもCHECK】ベイトリールの使い方のおすすめ解説動画はこちら

Amazon&楽天のベイトリール人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


ベイトリールを使って釣果アップを図ろう

釣り竿 リール 夕日


ベイトリールの使い方に慣れてくると、ルアーフィッシングの楽しみがより多くなることは間違いないです。
現在のルアーフィッシングでは釣り人が増えルアー操作の繊細さが優先されることが多くなってきているため、スピニングリールを使うシーンが多くなってはいますが、ベイトリールでないと釣れないといった状況も存在します。

特に巻き取りのパワーや手返しの速さを必要とする障害物周りの釣りにおいては、圧倒的にベイトリールを使ったほうが有利となり、釣れる魚の数もおのずと変わってきますので使わないのはかなり損です。

ぜひベイトリールを使って釣りを楽しんでください。

【あわせて読みたい】釣り用品に関連するおすすめ記事はこちら

穴釣り用リールおすすめ人気ランキングTOP6【2018年最新版】

2018.09.15

【釣り】リールの種類を徹底解説!ベイトリールからスピニングリールまで

2018.08.31

穴釣り用タックルおすすめ人気ランキング!仕掛けとセット品も【2018年最新版】

2018.07.30

PEラインおすすめ人気ランキングTOP15!リーダーや結び方も【2018年最新版】

2018.01.30

フィッシングナイフおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.01.15